自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<November 2019>
SunMonTueWedThuFriSat
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1234567
Monthly
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
10 29

Written by: 中紙育朗
2019/10/29 15:40

 

 

子牛を自然哺育(親付け)されている農家さんに向けて書きたいと思います。

 

子牛のスペースを作っている農家さんがほとんどですが、

 

まだ作っていない農家さんは是非、出来そうな方法を紹介させて頂きますので

 

参考にして頂ければと思います。

 

 

 

 1つ目は制限哺育の農家さんになります。

 

 

 

木の板で仕切り、哺育の時は板を上げ子牛を親につけてあげます。

 

 

(子牛のスペースは3メートル×2メートルくらいだと思います)

 

分娩房が縦に長く、ゆとりがある牛舎でしたら改築は必要ですが

 

可能かと思います。

 

母牛、子牛の管理がしやすく、制限哺育ですので母牛の発情回帰もさせやすい

 

かと思います。

 

 

2つ目は木の棒で子牛のスペースを作っている農家さんになります。

 

 

 

 

 

 

木の棒の高さは母牛の首に当たるくらいだと、入って来れないそうです。

 

木の棒をひもで縛っておく方法であれば、手軽に出来ると思いますし

 

位置を変える時も、除糞の時も楽だと思います。

 

 

もし1つの分娩房にゆとりがなく、子牛のスペースを作ってしまうと狭く

 

なってしまう牛舎では、分娩が近い牛と合わせて2スパン(1群を2頭)で

 

飼うのも1つの方法かもしれません。

 

もちろん、スターター、水、粗飼料を子牛が食べやすい高さで設置し

 

綺麗な状態を維持して頂ければと思います。

 

 

 

 

子牛の発育が変わってくると思います。

 

 

Tags:

Your name:
Title:
Comment:
Add Comment    Cancel