自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<June 2021>
SunMonTueWedThuFriSat
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930123
45678910
Monthly
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
5 30

Written by: 礒 匠
2021/05/30 15:58

 

皆さんこんにちは。

道東担当の礒です

 

 

さて、僕が回っている道東地区

特に、釧路・根室地方では

酪農家さんの数が多く

耕地面積も牧草地が90%後半を占める地域です 

 

 

他の地域同様、乳牛飼養戸数は年々減っていますが

1戸当たりの飼養頭数は増えています

 

 

そして、5月上旬から下旬にかけては

スラリー散布の光景も良く見られます

 

さて、アースジェネターのユーザーさんの中には

(特に釧路根室地域が多いのですが)

スラリーの発酵改善や

臭いの軽減に役立てるための

ひとつのアイテムとして

アースジェネターを給与してくださっている方も

多くいらっしゃいます。

 

スラリー散布の時期は

街中までにおいが広がることもあり

農家さんたちはその対策に苦労しているという

お話を聞くこともあります。

 

 

あまり、言い過ぎになってしまうとアレですが・・・

『スラリー撹拌時の空気のぷくぷくが多くなった』

『においが軽減されている』

『スラリースカムが以前より崩れやすくなった』

などの効果を実感されているようです

おそらくですが、アースジェネターが

何らかの形で

スラリーの発酵の手助けを

してくれているのかもしれませんね

 

曝気処理などをしている方のほうが

より効果は見えやすいかもしれません

 

さらに微生物の手助け

〈攪拌などで空気を入れてあげる〉

〈スラリーの濃度を調整してあげる〉

といったことで、植物や土にやさしく調和し

良い循環ができるのではないかと思います。

 

うんちは正しく使えば貴重な窒素源になります

良い肥料を作り、良いえさを作ることは

経営においても大事なポイントですね!

Tags:

Your name:
Title:
Comment:
Add Comment    Cancel