自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<February 2021>
SunMonTueWedThuFriSat
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28123456
78910111213
Monthly
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
1 31

Written by: 礒 匠
2021/01/31 16:59

 

今シーズンはいつにもまして

寒さが厳しい北海道です

 

いつまでこの寒さは続くのでしょうか

 

特に1月初めの厳寒が続き

子牛の調子がイマイチという牧場さんの話も

ぽつぽつありました

 

今回は、まだ続く寒さと

来シーズンの冬に向けて

以前、紹介したこともあるかもしれませんが

イイ感じの寒さ対策をしている牧場のアイデアを

ご紹介したいと思います

 

 

こちらの哺育舎は

ハッチとロボット群で

生まれたては手やりでミルクをやり

群にした後に、すぐに哺乳ロボットに

付けるのではなく

数日間はしっかりと様子を見ながら

ミルクボトルで与えています

落ち着いてきたころ、ロボット哺育に切り替わります

 

さて、こちらの牧場の寒さ対策は

 

上部を覆うシートです

屋根を低くし、熱が逃げていくのを

防いでいます

 

このシート屋根はワイヤーで吊られており

柱に取り付けられたハンドルを回すことで

開閉することができます

 

これは、手作りででき

ある程度の高さをつければ

子牛もいたずらして

シートを破ってしまうということも防げます

 

とにかく、シートなどで

上に逃げてしまう熱を

覆ってあげることで

特に寒さが厳しい時には有効だそうです

 

もちろん、床からの冷えは厳禁ですので

子牛のうちだけでも

ふかふかに敷料を入れてあげましょう

 

ちなみに、こちらの牧場は

ロボット哺育群になると

戻し堆肥を利用して発酵床にしています

お腹も背中も暖かく

快適そうにしていました

 

比較的簡単な工事でできるのでおすすめですよ

Tags:

Your name:
Title:
Comment:
Add Comment    Cancel