自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<December 2019>
SunMonTueWedThuFriSat
24252627282930
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234
Monthly
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2 27

Written by: 礒 匠
2019/02/27 20:31

 

先日、とある酪農セミナーに行ってきました

 

テーマは子牛の管理と腸の健康に関してでした

 

 

牛の表現型や生産性、健康に大きく関わるのは

子牛、特に生後に大きく左右され

その牛の人生が決まるといっても過言ではないほど

子供の時期の管理は大切だそうです。

 

なので、小さい時期にどれだけストレスをかけずに

成長を促せるかが大事になってきますね

 

 

まず、生まれて一番大切なのは

初乳を飲んでもらうこと、

 

免疫成分のIgG濃度は、糖度の指標であるBRIX濃度を調べることで

おおよその数値が分かり、良質の初乳かどうかを調べることができます

BRIX濃度を測る糖度計があるので、購入して自分の牧場の牛の初乳を

調べてみるといいかもしれませんね!

 

ほかにも、

・分娩時は特にベッドや牛体の清潔を保ち、生まれた子牛を悪い菌にさらさない

・時間をかけて離乳のすることでストレスを減らす、

・スターターをしっかり食べてもらうためにきれいな水をいつでも飲めるようにしておく

 

 

などなど、ここでは書ききれませんが

特に印象に残ったのが

 

牛の一生を決めるのは

成牛 < 育成牛 < 離乳後 < 哺育期

で特に子牛の時期は大切ですが

 

さらに言えば、一番影響が大きいのは

お母さんのおなかの中にいる胎児のときだそうです

 

まだまだ胎児の研究は進んでいないそうですが

出産前の母牛の影響が、その子の将来に大きく影響されるとのことでした

 

母体の飼養管理を振り返ってみることで

より良い牛づくりにつながるかもしれませんね!

Tags:

Your name:
Title:
Comment:
Add Comment    Cancel