自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<December 2019>
SunMonTueWedThuFriSat
24252627282930
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234
Monthly
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2 26

Written by: 岩本尚吾
2019/02/26 16:33




ある繁殖農家さんから電話がありました。



その農家さんは、2016年5月18日に 僕が書いていたブログ ”ある子牛の話。” のなかの



子牛(直太郎ー安福久ー平茂勝ー安福165の9)を育てた繁殖農家さんでした。



 http://www.labogenitor.com/tabid/77/EntryID/1535/Default.aspx



 ☆2016年5月18日 ”ある子牛の話 。”のリンクを上手に貼ることができず申し訳ありません・・・ *_*




実は、あの子牛のこと(表現形)は今でも覚えています。



2年以上前の子牛のことを本当に覚えているのか と言われるかもしれませんが



表現形 が 画像として 頭に残っています。 少し不思議です。




ところで・・・



ブログを読むと 分かる人には分かったのかもしれませんが



”今日の一番は この牛ですよ!!” と 話していたのは



熊本県 の 佐々隆文さん でした。



ちなみに、あの子牛を競りきった(購買した)のは



佐賀県 の 松尾勝馬さん でした。




あの 直太郎ー安福久ー平茂勝ー安福165の9(去勢)



275日齢 281キロ 98.3万円(セリ価格)の 子牛は



結局、 BMS 12 で 枝肉重量 は 620キロ くらいあったようですよ。 ムフフフフ・・・❤





井さん 連絡ありがとうございます!! (*^_^*)





Tags:

6 comments so far...

Re: ある子牛の話。 つづき

度々申し訳ございません。

肉牛の種雄牛でも、時代遅れというのは、有るのでしょうか?

今年、産まれた雌牛に、安福165-9・平茂勝の交配

どう思いますか?

By 北海道 on   2019/02/28 20:59

北海道 さま

おはようございます!!

連絡ありがとうございます。

安福165の9-平茂勝 の 流れは

血統的には古いと思います。

☆もちろん、どちらも名牛なのですが・・・


ただ、この血統が種雄牛のもの だとすれば

どの種雄牛か ということが重要になってくると思います。


肉牛の種雄牛の中でも 流行(はやり)というものはあると思います。 


個人的な意見を言えば

母牛も ある程度の速さで改良していかないと

(産子数も影響するのですが)

肥育牛の結果として ”確率的に” 成績が落ちていくということがある

(肥育農家さんの利益が少なくなる可能性がある)

と 思っています。

ですので、出荷する子牛のセリ価格も 

流行の血統の牛 と そうでない血統の牛 を 比較すると

同じ日齢 同じ体重 同じ表現形でも

1頭当たり 10~20万円 価格差がある ということは よくありますし

1頭当たり 30~50万円 差があることも 頻繁におきます。


和牛に関していえば 血統は大切だと思いますよ。 (*^_^*)


☆僕の携帯番号は♯090に6697く8967です。

 もし何かありましたら いつでも携帯電話にご連絡くださいませ。 

 その方が もっと具体的に話ができるかもしれません。

 もちろん、コメント欄でも構いません。 (*^_^*)

By 岩本尚吾 on   2019/03/01 9:18

Re: ある子牛の話。 つづき

こんにちは

自分の書き方が、悪っかったですね。

安福165の9とか、平茂勝などの意味でしたが、時代遅れかもしれませんね!

平茂勝で、採卵してみようかな?と思ったので、質問しました。

ありがとうございます。

皆さんの、意見は、素人の私にっとて、とても、勉強になります。

By 北海道 on   2019/03/02 19:28

北海道 さま

コメントありがとうございます。

連絡が遅くなり申し訳ありません。

平茂勝、安福165の9(どちらも もちろん超名牛なのですが)での採卵は

オススメしません。

理由は その血統の子牛を欲しい方が おそらく!? 少ないと思うからです。

ですので、子牛価格もそれなりになってしまうと思います。

☆あくまでも、個人的な意見です。

またいつでもご連絡くださいませ。(*^_^*)

By 岩本尚吾 on   2019/03/04 7:36

Re: ある子牛の話。 つづき

ありがとうございます。

獣医も、岩本さんと、同じ事を、言っていました。

安福久の受精卵でも、岩本さんと、同じ様に、微妙な意見を、言っていました。

これからも、日記、読ませて頂きます。

By 北海道 on   2019/03/06 21:03

北海道 さま

コメント ありがとうございます!!

またいつでもご連絡くださいませ。(*^_^*)

By 岩本尚吾 on   2019/03/06 21:47

Your name:
Title:
Comment:
Add Comment    Cancel