自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<December 2019>
SunMonTueWedThuFriSat
24252627282930
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234
Monthly
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2 26

Written by: 松浦 洋明
2014/02/26 20:40

 

皆さん、こんにちは。

 

先日、日高町は杉山牧場 (発酵床牛舎・和牛繁殖母牛300) の牛舎を視察しました。

 

 

 

手前のお二人は栗山町から来られた菅野さんです。

 

菅野さんは町内で新規就農し、和牛繁殖を経営する予定で日々奮闘中です。

 

  

とても勉強熱心で、杉山さんの話を聞き入ってました。

 

 

哺育舎‐育成舎‐繁殖母牛舎の順で見学。

 

 

哺育舎では、ミルクの種類や哺乳ロボットの利点、子牛のワクチンプログラムについて。

 

特に体重計付き自動給餌機とネックタグによる子牛の個体管理には改めて私も驚かされました。

 

  

パソコンで子牛の体重が全て管理されているので、

 

エサがあまり食べていない子牛はデータで一目瞭然。

 

  

杉山さんいわく、見た目では何も異常が無さそうな子牛であっても、

黒毛和種はホルより体調の異常や変化に我慢強いために、

異常の発見や対処が後手になりやすいとのこと。

 

 

あるとき人が子牛を見て、“体調不良‥かな?”と感じ対処した時は、すでに牛にとっては手遅れになる場合も起こりうるため、

 

その異常発見の発端である“体重測定”はとても重要なことと言えます。

 

自動給餌機の下にある体重計は毎日測定されているので、体重の微妙な変化が数値としてすぐパソコンに送られてくるため、異常がある子牛は病気をあらかじめ予測して対処することが可能ですよね。

 

 

  

 

そして育成舎ではさらなる工夫の品がありました。

 

 

  

この鉱塩木枠は土台がコンクリですが、上部に木枠が使われている逸品です。

 

 

鉱塩って牛舎の飼槽にそのまま置いておけますが、牛のベロの力であっち行ったり、

 

こっち行ったり‥作業の邪魔になるケースもあり、紛失したりする方もおられるかと思います。

 

カウプラッターなどの飼槽であれば中に置く事が出来ますが、常に鉱塩が同じ場所にあって、

 

いつでも塩分やミネラルを確実に補給出来た方が牛さんには良いですよねっ。

 

なおかつ同じ場所に鉱塩があれば作業する人も鉱塩の減り具合を見て、補充出来ますし、

 

鉱塩自体木枠に納まっているので紛失の心配もありません。

 

 

この木枠の部分は時間の経過とともに削れて徐々に減っていきますが、木枠の部分“だけ”ですし、

 

タルキ木材一本あれば手軽に作れるところがポイントです。

 

土台のコンクリ部分は削れませんし、いつでも補強が出来るのでおススメです。

 

 

杉山さん、菅野さんお忙しい中有難うございました。

Tags:

Your name:
Title:
Comment:
Add Comment    Cancel