自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<September 2021>
SunMonTueWedThuFriSat
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293012
3456789
Monthly
2021年9月
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
By 岩本尚吾 on 2021/09/19 20:55




いつもありがとうございます。



東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 




少し前に ある(牛関係の)先輩とメールをしていた時に・・・



”生きているといろんなことがあるね。 ま、ぼちぼち自分なりの生き方を通すよ”



という返信が来ました。



本当に生きていると いろいろなことがありますよね・・・



(先輩には大変なことがありました  )




皆さまも 今まで いろいろな経験をしてきているのではないかと思います。




朝起きて牛舎へ行ったら出荷前の肥育牛が死んでいたり



お産の時の事故で子牛、母牛も死んでしまったり



そういう事故が続いたり



家族の病気だったり、介護だったり




突然の友人との別れだったり



自分自身が病気になったり・・・




それとは別に




子牛の誕生だったり



家族の誕生だったり



新しい出会いだったり



病気の家族や仲間たちが元気になったり



自分自身の病気が良くなったり・・・



嬉しいこと、悲しいこと、ありえないようなことなどを含めいろいろありますよね。




起きることすべてに意味があると思っています。



その中で反省したり、改善したりの毎日ですよね。 




今はコロナ禍で大変な時期でもありますし



ビックリするようなこと!?も 多々起こるのですが



すべてを受け入れて一歩一歩(時々ゆっくりしながら)進んでいきましょう。







By 中紙育朗 on 2021/09/14 19:46



皆さま、こんにちは!!



本日行われました、都城家畜市場子牛セリ1日目の結果を



書きたいと思います。




  入場頭数 売却頭数 最高価格(税抜) 平均価格(税込み)
メス 132頭 125頭 150.6万 67.6万
去勢 190頭 190頭 116万 75.6万
合計 322頭 315頭   72.4万



1日目は前回に比べ1.4万円高でした。




1日目種雄牛別出場頭数(欠場牛を除く)

耕富士    101頭

満天白清   101頭

勝美利     48頭

秀正実     16頭

義美福      8頭

宗守富士     7頭

桃白鵬      6頭

秀百合久     5頭

忠美智晴     5頭

富久竜      4頭

福之姫      3頭




僕のわかる範囲内で高値だったメスと去勢の結果を書きたいと思います。


※すべて税抜き価格




メス


耕富士ー義美福ー耕富士ー安福久  273日  290キロ  100.2万



耕富士ー勝平正ー第一花国ー安平  267日  294キロ  100.1万



耕富士ー美穂国ー勝平正ー福桜   280日  327キロ   87.1万






去勢


耕富士ー安福久ー平茂勝ー神高福  279日  344キロ  111.6万


耕富士ー諒太郎ー安福久ー勝忠平   289日 346キロ 107.9万



耕富士ー安福久ー勝忠平ー金幸    275日 339キロ 107.3万



耕富士ー安福久ー勝忠平ー百合茂   286日 325キロ 103.2万



福之姫ー安福久ー平茂晴ー安平    273日 330キロ  96.6万



耕富士ー秀正実ー安福久ー勝忠平   273日 356キロ  93.4万




耕富士ー安福久ー第一花国ー安平   277日 319キロ  84.7万




上記のような結果となりました。






何かの参考になりましたら幸いです。





By 植田秋良 on 2021/09/09 10:28

 

先日、日高キャトルセンター株式会社さんに

お伺いしました。

 

現場では、来月(10月中旬)に農場の稼働を控え、

牛舎や堆肥舎の建設が大詰めを迎えていました。

 

今までの建設中の様子はこちらからご覧ください。

   ↓   ↓   ↓

 

建設中の牛舎(発酵牛床・北海道)

http://www.labogenitor.com/Default.aspx?tabid=77&EntryID=2359

 

建設中の牛舎②(発酵牛床・北海道)

http://www.labogenitor.com/tabid/77/EntryID/2379/Default.aspx

 

建設中の牛舎③(発酵牛床・北海道)

http://www.labogenitor.com/tabid/77/EntryID/2420/Default.aspx

 

 

それでは今回の様子をお知らせいたします。

 

まずは農場に入ったところの様子です。

 

 

広い敷地には大きな牛舎が立ち並び、

通路は、ほとんど舗装されています。

 

入口のすぐ横には事務所があります。

 

 

事務所の内部です。

 

 

事務室や検査室、薬品などの納品庫、

シャワー室などが完備されています。

 

 

社宅は4戸(単身用)が入居可能です。

 

 

牛舎は入口から近い順に、

隔離舎、哺育舎、離乳舎、育成舎3棟となっています。

 

まずは隔離舎です。

(約60頭、掘り下げ式発酵牛床、

フィードステーション及び体重測定器4基

 

 

牛舎内は、採光屋根の導入(1採光:3通常)で

ほどよい明るさになっています。

 

 

フィードステーション及び体重測定器の設置は、

およそ15頭に1基となります。

 

Read More »

By 岩本尚吾 on 2021/09/08 8:08




いつもありがとうございます。


東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。


皆さま いかがお過ごしでしょうか。 



先月、ある農家さん(Hさん)と一緒にいたときに・・・



Hさん:”今日、ETスモールセリ(熊本県家畜市場 4か月齢以下《前後》の子牛セリ)


     に 福之姫《雄》を出してるんだけどいくらしたと思う?


     おそらく、180キロくらいあったと思うんだけど・・・”



 と  質問されました。



ちなみに、その農家さんはその日の子牛セリに参加していませんでした。




岩本:”ち
なみに、母牛の血統はなんだったのですか?”


Hさん:”ムフフ・・・ 実は・・・ 金幸ー平茂勝 なんだよ・・・  ”


岩本:”おおっ・・・ 往年のステキな流れですね・・・  ”
   

    ”金幸母牛なんですね・・・”



その話の後に熊本県家畜市場の結果を見ました。 


☆子牛セリの結果は熊本県畜産農業同組合のホームページから確認できます。 

            ↓↓↓↓↓

      熊本県畜産農業協同組合 (kenchikukyo.jp)




質問なのですが、皆さま Hさんの子牛 福之姫ー金幸ー平茂勝(雄) 


121日齢 体重は176キロ は いくらだったと思いますか。




結果は・・・



福之姫ー金幸ー平茂勝(雄) 121日齢 176キロ 70.6万円(セリ価格) でした。 



Hさんの子牛は人気がありますし


子牛の発育も良かったのですが、素晴らしい価格ですよね。 


☆子牛は見ておりません。 



数日後、HさんからLINEがきました・・・


”こすもす(母牛の名前《金幸ー平茂勝》)は 2008年10月生まれだったよ。 


 英(ヒデ)くん《こすもすを導入してくれた農家さんの名前》に感謝。” 




こすもすは Hさんが12年前に導入した牛でした。


その時のことは覚えています。 



この地域の農家さんの牛たちを 英さんに10数頭導入していただきました。


その牛たちが良い子を産んで その後継牛たちもたくさん残っています。 


もちろん、こすもすの子(安福久ー金幸ー平茂勝)も残っていますよ。




牛たちも 人の縁も つながっていきますね。



こすもすさん、英さん に 感謝ですね。 






By 中紙育朗 on 2021/09/07 11:49


皆さま、こんにちは!!



9月4日に九州管内系統和牛枝肉共励会が行われましたので



その結果を書きたいと思います。







〈団体賞〉

優勝(九州農政局長賞) 鹿児島  BMS平均   11.76


2位 熊本(和牛のみ)      BMS平均    11.75


努力賞   福岡



鹿児島県は団体賞6連覇になりました!!



〈個人賞〉


金賞(農林水産大臣賞)鹿児島 東川 勝広 様

幸紀雄ー安福久ー平茂勝 枝重582.9キロ   ロース芯113

バラ厚 9.8  皮下厚 1.7 BMS 12 

                 枝肉単価  8,600円



銀賞1席 田中  良信 様

華春福ー安福久ー勝忠平 枝重 556.2キロ ロース芯 106

バラ厚 10.4 皮下厚 2.2 BMS 12 枝肉単価 5,500円



銀賞2席  川口 誠二  様

喜亀忠ー幸紀雄ー安福久  枝重 528.1キロ  BMS 12




銀賞3席  新地 正清 様

安亀忠ー華春福ー安福久 枝重  539.3キロ BMS  12




銅賞1席 (同)林ファーム 様

華春福ー安福久ー百合茂 枝重  583.9キロ BMS  12



銅賞     浜川 光博 様

真華盛ー富久竜ー勝平正 枝重  560.6キロ BMS  12



銅賞     ㈲三宅牧場 様

幸紀雄ー美国桜ー安福久 枝重  548.0キロ BMS  12




銅賞     岩根 大三 様    

美津照重ー安福久ー平茂勝 枝重  553.3キロ  BMS  12




銅賞    江口 和敬 様

福之姫ー百合白清2ー安福久 枝重  571.8キロ BMS  12





入賞農場の皆さま、おめでとうございます。


出品農家さま、関係者の皆さま


おつかれさまでした。


1年に一度の、この大きな共励会は、僕にとってもすごく楽しみです。



皆さま、本当にありがとうござます。

By 礒 匠 on 2021/09/06 16:51

 

皆さんこんにちは

北海道内の馬担当もしている

礒です

 

アースジェネター

馬にもイイです!

 

今回は競走馬のセリについて

書きたいと思います。

 

このブログを見ている方は

牛の農家さんが多いかと思いますが

馬の世界はこんな感じなんだなと

気軽に読んでもらえればと思います!

 

 

8月にサマーセールという

5日間にわたる国内最大の

1歳馬のセリが新ひだか町

でありました

 

新型コロナウイルス対策を

きちんと行ったうえで開催され

オンラインでの入札もできるような

仕組みになっています。

 

競走馬の生産頭数は年間で

7,500頭ほど。

98%が北海道で生産されています。

(そのうち80%は日高地方)

 

日高地方をドライブしていると

放牧地にいる馬たちを眺めることができて

最高です!美しい!

 

 

そして、競走馬産地

現在、なかなかの好景気となっております!

 

上場頭数は1,336

落札頭数が1,004頭(売却率75.15%)

平均価格6,258,964

最高価格42,000,000

 

 

10数年ほど前のサマーセールでは

売却率が2030%台でしたので

今年の売却率を見ると

大変良い売れ行きです

 

ここ5年くらいで

セリでの売却率が上がり

高く落札されるようになりました

(競走馬の世界では庭先取引が多い)

 

・若い馬主さんが増えてきたこと

(ダビスタ世代!)

・コロナ禍でも競馬を開催できていること

 等が好景気の要因と思われます

 

競馬はブラッドスポーツと言われ

血統が重要な要因になってくるため

血統に応じて数千万から数億円で

取引されることもあります

 

想像できないようなお金持ちって

いるものですね()

 

馬は歴史上、人類の友であり

現在でもロマンを求めて

没頭する人が多いのも事実です

 

そんな、我が子同然の馬の

健康が気になる馬主の皆様

アースジェネターのお問い合わせ

お待ちしております()

By 植田秋良 on 2021/09/03 16:24

 

 

912日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

 

(今回は、2日目のみ見学しました。)

 

上場頭数は1,628頭(メス646頭、去982頭 ※素牛のみ)で

前月より74頭増でした。

 

主な種雄牛は以下の通りでした。

 

福之姫  245頭 

勝早桜5 189頭

愛之国  140頭

美津照重 117頭

百合白清2 89頭

美国桜   76頭

若百合   71頭

知恵久   60頭

諒太郎   52頭

鈴音    43頭

 

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

 

メス 661,249(前月683,309円、前々月719,174円)

去勢 781,847(前月798,090円、前々月837,126円)

 

前月と比べ、メス、去勢ともに約2万円安でした。

 

去勢は6070万円台を中心に、

おおむね5080万円台の間で推移していました。

 

前月より80万円台は少なめで、

私が見学した時に90万円台は見かけませんでした。

 

高値だったのは前月同様に

福之姫、百合白清2、勝早桜5、若百合などの種雄牛でした。

 

メスは5060万円台中心に、

おおむね5070万円台の間で推移していました。

 

繁殖用は、おおむね70万円以上していました。

 

高値だったのは前月同様に、

前述した去勢の高値牛のほか、美国桜、諒太郎などでした。

 

それでは参考までに、

いくつか高額で販売された牛の結果を

お知らせします。(セリ価格)

 

【去勢】

Read More »

By 堀田忍 on 2021/08/31 18:18

こんにちわ。

関東甲信越北陸東海近畿中国担当の堀田です。

 

先日の牛さんに出会い、数年前の出来事を思い出したので、

記録がてら記事に残しておこうと思います。

 


左後肢が腫れて跛行しています。

痛そうです趾間腐爛とのこと。

ホルスタイン虚勢肥育20ヶ月。





十数年前の出来事は


*********************************************************************************************

お客様同士の繋がりで「堆肥がものすごく良くなる」と、

和牛肥育200頭で全頭給与がスタートしました。

半年ほど経って、畜舎の臭気や堆肥の発酵に変化が現れ、消

化器系の疾患にも変化が現れてきたのが顕著で、

新規のお客様も費用対効果に満足されているようでした。

「これは継続して使ってもらえるかな」とピチピチ新人な堀田青年は歓喜。

顧客ほぼ無しで担当になった地域だったので、紹介していただいたお客様にも、

感謝カンゲキ雨嵐!



ここで、新規のお客様から一言…

「またぐされ出なくなったけど、なんで?」

 


聞けば、二ヶ所に分かれている畜舎の片方でずっと蹄病が頻発していて、

治療も厄介だったとのこと。

特に症状散発するのは梅雨〜夏にかけて。

 

それが今年は全く出なくなって、

飼養管理で変えたのはアースジェネターくらいだから

「なんで??」と。

 

どこに出しても恥ずかしくない無知無学な堀田青年は困りました。

またぐされ?ふれぐもーね?ていようえん? なんだそれ?w

それっぽい言葉で取り繕ったのかな?…と記憶しています。

 

************************************************************************************

 


⇧画像のアースジェネターを食べていない牛さんに出会って

若かりし頃のそんな出来事を思い出し、

甘酸っぱい気持ちになった2021夏。牛さんに感謝です。

 

規模拡大してからも、ずっと全頭給与を続けてくださってるのに

蹄病関係の話題が、いま全く出ないのは、

ずっと安定しているからでしょうね。

今度、数年ぶりに再説明に参りますw Tさんよろしくお願いしますw

 

 

Read More »

By 堀田忍 on 2021/08/31 12:12

緊急事態宣言発令直前に息子の運動会が無事終わりました。
明け方までの降雨にもかかわらず、
阪神園芸ばりにグラウンド整備してくださった先生方には感謝しかないです。

そう、北海道にも緊急事態宣言が発令されました。
秋の観光シーズンに向けて管内でも様々なイベントが企画されています。
1日でも早く状況が改善されることを願っています。

ここ1年はほとんど無かったですが、
お客様や関係者、はたまた知人が十勝に観光に来られた際、
ちょいちょいアッシーを引き受けさせてもらってます。

で、堀田ツアーのお土産購入には、基本的に↓こちらを利用させてもらってます。


ばんえい競馬場に隣接した店舗で、タイミング合えば競馬もできますw


そしてそして、飲食関係の方や、料理好きな方には、
鉄板で購入してもらうものが⇩これっす。




自然沈殿方法と低温長時間乾燥という
昔ながらの製法によって作られた大粒子のでんぷん。
要するに「片栗粉」です。

この片栗粉は、その名の通り見た目が粒々なのですが、
一番の特徴は“揚げ物”に使うと半端なくカリカリサクサクに仕上がることです。
鶏の唐揚げなんかは「2度揚げ」したりするなど、
創意工夫されている人もいると思いますが、
一発でサクサクカリカリジューシーに仕上がりますよ。

内地の居酒屋で、揚げ物用片栗粉をこれに変させた実績も多数w
自称「つぶつぶでんぷん伝道師@非公認」として日々活動してますw

インターネット購入もできますので、興味ある方は是非!








By 堀田忍 on 2021/08/31 11:11

こんにちは。

本来なら稲刈り始まる前に回れるだけ!

なテンションでストイック風に出張している時期ですが、

状況が状況ですので、わりと自宅にいる堀田忍です。

しかし、暑いですね。

帯広が8月の下旬に30度になるなんぞ、いったいどうなってるんだか。

しょうがないので、炭起こして牛肉消費に勤しんでますw

 

ま、内地のそれに比べたら北海道なんて…と思われるかもしれませんが、

家の中や、しばらくお日様に当たった車は同じくらい灼熱です。

 

そうそう、晴れた日の灼熱車。

農場を訪問させていただくとき、

1件あたりの滞在時間がものすごく長くなりがちな自分は

(早く帰って欲しい人は言ってくださいw)

灼熱車をよく製造します。

 

トランクなどに避難させておいても、

飲み物・食べ物・電子デバイス…どれも結構な熱を持っちゃいます。

それはそれは図々しいお願いをしにくるので有名な営業ですので、

一応そんな時は手土産の一つでも…と北海道の土産を携えて行きたいのですが、熱によるダメージが怖くて、某チョコレートな恋人や、某バターなサンドは

なかなか持ち歩けません。この時期は。

 

今、ヘビロテ購入しているには⇩これです。



「北菓楼 開拓おかき」

https://www.kitakaro.com/category/OKAKI01/

 

 

 

バカウマです。

やめられない止まらない系のやつです。

 

北海道では超メジャーなオカキですが、本州ではまだまだ知られていません。
「え?『探偵はバーにいる』で大泉洋ちゃんが食べてるヤツっすよ?」
観てない人多いみたいですw

コロナが落ち着いたら、全国の皆様方に図々しいお願いをしに行きますので、
そん時は楽しみにしておいてくださいませw

上記リンクからネット購入もできますので、皆様も是非。