自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<May 2022>
SunMonTueWedThuFriSat
24252627282930
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234
Monthly
2022年5月
2022年4月
2022年3月
2022年2月
2022年1月
2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年9月
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
By 植田秋良 on 2022/05/26 9:04

 

とある農場さんにお伺いしました。

 

 

農場さんには、これまで何度かお伺いしましたが、

あらためて感じたことがありました。

 

 

それは

“牛への愛情(やさしさ)の大切さ”

です。

 

 

この農場さんの人柄や経営の考え方(理念)、

そして、牛に対する接し方(もちろん人にも)を通し、

その大切さを再認識いたしました。

 

どの牛も農場主さんに、とてもなついています。

そして、落ち着いています。

 

やはりこの農場さんは

良い牛をつくられています。

 

ご本人は、まだまだ課題が多いと

おっしゃっていますが、

私は更にまた、良い牛をつくられると確信しています。

 

 

 

農場さんの今後益々のご発展を祈っています!

By 礒 匠 on 2022/05/25 21:15

 

皆さんこんにちは!

 

とある北海道の和牛一貫農家さんでの光景です

 

生まれた一部の子牛は

親付で育ちますが

子牛だけが入れるスペースが作られています

 

このスペースは常に敷料が豊富で清潔にしてあり

寒い時期、暖を取るためのヒーターも取り付けてあります

 

今は暖かい気候ですが

秋から春にかけての寒い季節は

ここに入って休んでいることも多いようです

子牛にとって、きっととても心地よいスペースなのでしょう!

 

 

今は、敷料も高騰しており

なかなか手に入りづらくなっているかと思います

常に清潔に保つというのは難しいと思います。

 

ですが、子牛のスペースだけでもふかふかにしてあげて

ゆったりと寝られるスペースを

作ってあげるのはとてもいいですね!

 

 

もちろん、きちんと子供のお世話して

おっぱいが出ていることがとても大切ですが

やっぱり、親につけている子牛は大きい!!

By 岩本尚吾 on 2022/05/21 19:55



いつもありがとうございます。


東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。


皆さま いかがお過ごしでしょうか。 



5月になり、全国どこの家畜市場も子牛価格が下がっていますよね。


今月12日、13日に開催された熊本県家畜市場では 


先月の平均価格と比べ メス 4.0万円 去勢 6.8万円 下がりました。


昨日(20日)の肝属家畜市場(鹿児島県)では


先月と比べ メス 7.4万円 去勢 9.9万円 下がっています。


飼料価格 や 粗飼料の価格が高騰しているうえに


いろいろな資材の価格も上がっていますよね。



ネガティブなことを考え出すと、


本当にどこまでも良くないことを考えてしまいそうなのですが 


現状をポジティブに捉えるのはなかなか難しい状況です。



繁殖農家さん、肥育農家さん、酪農家さんだけでなく


すべての農家さんたちにとって大変な状況だと思っています。



ただ、良くないことばかり考えていても仕方ないので、


その中でも どう考えて どう行動していくのかということが大切なのかもしれませんね。



ところで・・・



なにかの雑誌に、井上康生さん(2000年 シドニー五輪 柔道 金メダル)の記事があり


井上さんの言葉が載っていました。



”人間は楽な方に行くし、物事は変えない方が楽。 ただ、そこに成長はない”



何かを大きく変える必要はないのかもしれないのですが


牛たちの観察だったり、牛舎環境の改善だったり


家族や周りの方たちに対する態度だったり、自分のこだわりだったり・・・


成長するために、なにかを変えることが大切なのかもしれませんね。






By 礒 匠 on 2022/05/18 19:25

 

道東・関東担当の礒です

 

今週行われました

十勝和牛素牛市場の結果をお知らせいたします。

 

まずは、出場した主な種雄牛ですが

以下の通りです

10頭以上の出場の種雄牛を抽出)

 

 

 

次に結果です

 

 

1日目は良い牛を購入する購買者さんが入っていたようで

90万円台も多く見られましたが

今回の市場では出場頭数も多く

2日目は少し平均が落ちた印象でした。

 

 

飼料や資材、燃料の高騰などの影響も出ているためか

全国的にも素牛価格は下がってきているのではないでしょうか。

 

参考までにチェックした牛の価格を載せます

 

 

価格は税抜きです

 

去勢では福之姫は増体も良く

高く売れていました。

80後半から90万円台も多く見られます。

勝早桜5、百合白清2、若百合なども

平均以上の値段で売れている血統です。

 

めすも福之姫は70万円台と高く売れていました。

表のように繁殖用として諒太郎、安福久などが

高値で取引されました。

 

 

2代祖が福之姫や百合白清2といった牛も

増えてきました。

今後枝肉の成績が楽しみですね!

 

以上、簡単ではありますが

市場結果のお知らせでした!

By 礒 匠 on 2022/05/17 20:15

 

皆さんこんにちは。

 

道東・関東担当の礒です

 

今回は発酵床牛舎(バイオベッド、コンポストバーン)

の話をしたいと思います

 

とある道内の発酵床牛舎をお邪魔し

農家さんとお話をしたところ

牛・ベッドの状態ともにとても良好とのことで

牛たちにとってとてもよい季節になりました

 

この牧場さんでは

毎朝1回のベッドメイキング(敷料の補充)を行っています

ベッド内の堆肥の攪拌などは行わず

発酵に適した水分にするための敷料足しだけです

 

時々、パワーハローなどで攪拌し、ベッド内に空気を入れてあげたり

年に数回、たまってきた堆肥の上部を取り出したりします。

 

ベッドの微生物たちにとってこれからの時期は

活動するために良い条件になってきます

適度な水分(手で握ってしっとりするくらい)を保ち

日光や自然の風を牛舎内に取り込んであげていることもあり

牛もとても気持ちよさそうに寝ていました!

 

 

他の牧場さんでは

パドックや放牧地に日中出している所は

発酵床のベッドメンテナンスを全くしないで大丈夫!

というところもあります

 

僕は発酵床に重要なのは水分量

と考えており

牛の密度や、換気方法、日光、敷料足し

などどれも無理なく、程よくやることで

牛たちに快適なベッドが提供できるはずです!

 

 

でも、これからは暑熱対策の季節ですね(^^;

By 植田秋良 on 2022/05/13 9:34

 

51112日の2日間、

南北海道肉牛市場が開催されました。

 

上場頭数は1,810頭でした(素牛のみの頭数)

 

1日目メス401頭、去559

2日目メス352頭、去498

 

主な種雄牛は以下の通りでした(上場頭数が多い上位10頭)

 

福之姫   312頭(メス113頭、去199頭)

勝早桜5  201頭(メス79頭、去122頭)

美国桜    94頭(メス26頭、去68頭)

百合白清2  83頭(メス33頭、去50頭)

紀多福    78頭(メス34頭、去44頭)

若百合    71頭(メス35頭、去36頭)

美津照重   67頭(メス27頭、去40頭)

愛之国    66頭(メス29頭、去37頭)

鈴音     54頭(メス24頭、去30頭)

知恵久    50頭(メス20頭、去30頭)

 

平均価格は以下の通りでした(税込価格)Read More »

By 岩本尚吾 on 2022/05/11 21:29



いつもありがとうございます。


東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。


皆さまいかがお過ごしでしょうか。 



少し前にある農家さんから連絡がありました。



農家さん: ”褐毛のメスを導入したのですが、黒毛和牛の受精卵を入れようと思っています。


        どのような感じの血統が良いのでしょうか”


ということでした。



おそらく、血統 や 受精卵のことが気になる方にとっては大好きなお話ですよね。 



質問があったのは、褐毛和牛の繁殖農家さんからでした。



今までは褐毛の子牛を産ませていたのですが、



今回導入した牛には初めて黒毛和牛の受精卵を活用するということでした。



和牛の血統に関しては そんなに詳しくなくて 受精卵は今まで活用したことがない ということでした。





皆さまなら どんな血統をオススメしますか。 





今、手に入りそうな受精卵について 農家さんに質問すると・・・



農家さん: ”華春福ー百合茂、美国桜ー華春福、幸紀雄ー美津照重、耕富士ー秀菊安 など 


       といったドナー(母牛)に 安福久 で 採卵する方から 受精卵を買うかも!?しれません”



ということでした。



とても魅力的な血統の流れなのですが、



初めて受精卵を活用するという農家さんにとっては 少しグレードが高そうな気がしました。



(もしかしたら 受精卵の価格も高値なのかも!?しれませんが・・)



どうしても 安福久(メス)を残したい農家さんには良いのかもしれませんが



黒毛和牛を 初めて産ませて 初めて育てる という農家さんには



そのような血統の流れでなくても良いのかもしれません。



先ずは(初めての試みなので)、何度か受胎しなくても くじけないような 受精卵の価格



そして、ある程度しっかりした子牛が産まれてきそうな血統の構成が良いのかもしれませんね。




もし・・・



”受精卵を活用するのが初めてじゃなくて 我が家は受精卵めっちゃ着くよ”



という農家さんがいましたら



(ここからはあくまでも個人的な意見ですが)



今は 福之姫ー安福久 福之姫ー美国桜 福之姫ー諒太郎 の ような血統の流れだったら



メスが産まれても オスが産まれても 高値で販売できるかもしれませんね。



子牛の育てやすさもあると思いますし(確率的にという意味です)



肥育農家さんも 繁殖農家さんも(母牛として) 欲しい血統の流れですよね。 




今の(来年にはどうなるか分からないのですが)王道の話になってしまい申し訳ありません。




北海道では 牛乳の生産抑制もあり(搾乳牛を増やすことが難しいので)



これから 和牛の受精卵を活用していく酪農家さんが増えていくと思います。




未来のことは どうなるか分からないのですが



過去のことを学びながら 一歩一歩進んでいくしかないのかもしれませんね。 







By 中紙育朗 on 2022/05/10 13:02






皆さま、こんにちは!!





現場には行けていないのですが、





今月6日に行われました、与論家畜市場子牛セリの結果について






書きたいと思います。








  入場頭数 売却頭数 最高価格(税抜) 平均価格(税込)
メス 166頭 166頭 82.5万 63.6万
去勢 257頭 257頭 100万
75.0万
合計 423頭 423頭   70.5万
(前回比 +0.9万)










種雄牛別出場頭数(上位10)




若百合   94頭

諒太郎   50頭

紀多福   49頭

華忠良   46頭

美国桜   40頭

関平照   31頭

秀幸福   29頭

夏百合   24頭

安亀忠   17頭

福之姫   13頭









僕のわかる範囲内で高値だった牛の結果を書きたいと思います。








去勢



紀多福ー安福久ー勝忠平ー安平  262日 308キロ  100.0万



紀多福ー安福久ー勝忠平ー金幸  252日 325キロ   98.9万



若百合ー美国桜ー勝忠平ー奥安福 276日 308キロ   86.9万



紀多福ー美国桜ー百合茂ー金幸  274日 304キロ   86.5万




福之姫ー安福久ー平茂勝ー神高福 283日 309キロ   84.9万




夏百合ー諒太郎ー芳之国ー安福久 230日 298キロ   84.5万




秀幸福ー安福久ー平茂勝ー神高福 249日 291キロ   83.0万




関平照ー幸紀雄ー勝忠平ー北国7の8 266日 356キロ 81.1万








何かの参考になりましたら幸いです。










By 岩本尚吾 on 2022/05/01 22:29




いつもありがとうございます。


東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。


皆さま いかがお過ごしでしょうか。



5月になりましたね。 



北海道は 暖かくなっていたのですが


(ここ最近は少し寒くなってきていて、我が家は今 暖房がついています・・・  )


なんか変な感じです。


もっと春っぽく(暖かく)なって欲しいと思っています。 




ところで・・・



先月、ある繁殖農家さんのところへ行ってきました。



農家さん:”少し前に採卵したのですが、今までで一番良い結果でした。 


      13頭採卵して、平均すると(1頭当たり)Aランクが14個取れましたよ”


と 成績を見せてくださいました。


もちろん、Aランクが 2~3個の牛もいたのですが、


20個を超える牛 や 30個近い牛もいましたので 平均が 14個だったようです。


今回の受精卵は すべて(買取の)販売用でした。


使用した種雄牛の精液は 安福久 や 福之姫 が メインでした。 



ということは、 ムフッフフフ・・・ 



今回会った農家さんのところへは 実は15年以上前から行っていました。


ただ、最初の頃は今の社長(息子さん)ではなく お母さまといろいろなことを話していました。


お母さまはお話好きのとてもカワイイ方でした。  


以前は お母さまと息子さんのことをよく話していました・・・



お母さま: ”ノリ(息子さん)は、いつも飲み会ばっかりで夜は全然家にいないんですよ。


        岩本さん どう思う?”
 

岩本: ”誘ってくれる方がいるからそれも悪くないんじゃないですか。


      息子さんの人徳だと思いますよ。


     もし、誰からも誘ってもらえなくて、いつも家にいたらどう思いますか”


お母さま: ”そうかもしれないね・・・”



そのお話好きなお母さまと(コロナ禍ということもあり)最近会っていなかったので



岩本: ”最近お母さまに会っていませんが 元気ですか?”


と 尋ねたら 


農家さん: ”実は、病気で(3週間前)亡くなりました・・・”


岩本: ”えっ・・・”



お母さまは 享年63歳だったようです。


出会った頃は、今の僕と同じくらいの歳だったんだなと思います。



岩本: ”今回、採卵の成績が良かったのはお母さまのおかげですね。   間違いないです。


     お母さまが残していったのだと思います  ”



農家さん: ”そうですね。 今回の受精卵で得たお金は無駄遣いできないですね・・・”





今は いろいろな意味で、何が起きるか分からない時代ですよね。



会いたいと思った人(時)には、自分から行動して会うようにしようと改めて思いました。



行動を変えていきます。




Yさま(お母さま)のご冥福を心よりお祈り申し上げます。







By 礒 匠 on 2022/04/30 18:41

 

皆さんこんにちは

道東担当の礒です

そういえば、わたしたち

ラボジェネターの本拠地

音更町に新たな道の駅が誕生しました

平日でも車がたくさんとまっており

なかなかな盛況ぶりです。

  ↑牛舎をイメージしたモニュメント

そして、十勝では畑の作付けが始まり

桜も咲き

春を感じるような季節になりました

 でも、まだ朝晩は寒いです

 

さて、とある十勝の農家さんでの

一コマです

 

十勝は北海道屈指の小麦の生産地であり

麦わらが牛の敷料として使われることが良くあります

 

この、牛舎は掃除をして敷料をたくさん敷いてもらったばかりですが

このように、ほぼ全頭が気持ちよさそうに寝ていました

 

リラックスして足を投げ出して寝ている牛もいました

 

 

こちらの牛舎でも寒い時期はお腹を冷やさないために

大量の麦稈を敷料に使うことで

横になる時間が増え、増体が良くなったようでした

 

敷料だけの問題ではなく

適正な密度や気温、えさをしっかりと食い込めていること

などなど

しっかりと寝て反芻してくれる要素はたくさんあると思いますが

寝床の環境を整えてあげることはとても重要ですね!

 

今は、麦稈、おが粉、もみ殻などの

値段が高騰しており

敷料としてなかなか豊富に使うことが

簡単ではないと思います

 

ですが、どんなことでも

少~しだけ環境を良くしてあげることで

牛の快適度がアップして

コスト以上のパフォーマンスを発揮してくれるのかなと感じました

 

アースジェネターも環境を良くするのをお手伝いする

ひとつのアイテムだと思います

何か、ベッドの環境のことなどで

お困りの事がありましたら

ご相談ください!( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

それにしても

本来、自然界では襲われる立場の草食動物である

牛たちがリラックスして寝ていると

なんだかとっても嬉しい気持ちになりますよね