自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<July 2019>
SunMonTueWedThuFriSat
30123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123
45678910
Monthly
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
By 岩本尚吾 on 2019/07/17 9:29





東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。 



先日、ある肥育農家さん(Hさん)のところへ行ってきました。



とても優秀な農家さんです。 



毎年、きちんと利益を上げているイメージ()があります。 



牛舎はいつ行ってもキレイですよ。   ムフフフフ・・・ 




ところで、 その肥育農家さんが 言っていたのですが・・・




Hさん : ”去年までは まだ利益があったんだけど 今年は厳しいね。



        他の肥育農家さんたちは大丈夫かな・・・” 





今の 枝肉相場 と 子牛価格では 肥育農家さんにとって 少なからず厳しいと思っています。



今は 一頭でも事故だったり、病気で死んだりすることがあったら大変ですよね。



もちろん、事故を ゼロにするのは難しいと思うのですが



ゼロに近づける 努力はしていかなければいけないと思っています。




今回、Hさん と 話していた時に・・・



Hさん : ”最近 これをつけるようになって 助かっているよ”



 と 言っていたのが U‐motion(ユーモーション)  でした。




☆U-motion  デザミス株式会社   https://www.desamis.co.jp/product/




Hさん : ”U-motion は 肥育牛が 起き上がれなくなったら 知らせてくれるんだけど



       (もちろん、それ以外の機能もあります)



       今年の2月につけて もう4回(3頭)助けたよ。 



       そのうちの2回は 同じ牛だったから その牛は別牛舎へ移動して



       今は、 ゴローンと!?して 寝れないところにいるよ。



       U-motion が なかったら おそらく何頭かはダメだったよ・・・”



       と いうことでした。




この肥育農家さんは 導入後 11か月してから削蹄をするのですが



その時に U-motion を 肥育牛に装着(首につける)しているようです。



そこから 出荷までの 9か月間 活用しています。




U-motion(ユーモーション) の コストを デザミスさんに聞いたのですが



頭数 や 規模に 関係なく



初期費用ナシ 1頭当たり 月額 約500円(税抜き)



☆現地調査の上 正式な お見積もりを用意します。



ということでした。




もし気になる方がいましたら 是非 デザミスさんに 連絡してくださいませ。 



もしかしたら U-motion 以外にも こういった機器があるのかもしれません。



農家さんのためになるようなものを見つけたら また書いていきます。 









By 岩本尚吾 on 2019/07/12 18:55




今週のことなのですが ある九州の獣医さん(M先生)とご飯に行く約束をしていました。



今回、僕が誘ったのですが 一緒に飲むのは 5~6年ぶりだったのかもしれません。



僕は最初 二人でご飯に行くんだろうな と 思っていたのですが



先生が気を利かせてくれて (肥育農家さん、繁殖農家さんを集めてくださって)



総勢 6人の飲み会でした。 



今回来ていた 繁殖農家さん と お話をするのは 数年ぶりだったと思います。



肥育農家さんたちとは 子牛セリで会うので 挨拶をするのですが



なかなか セリ場では ゆっくり話すことができず・・・



(肥育農家さん達は 導入しなければいけないのでゆっくりできませんよね)



一緒に食事をして 飲むということになると(良い意味で)いつもとは違ってきます。 



お酒も 入りますしね。 




今回来ていた 肥育農家さんたちは



僕のよく知っている 大分の繁殖農家さんたちの子牛を 導入している方でもありました。



1度の子牛セリで 数頭 同じ農家さんの子牛を買うことも少なくなかったです。 



ですので、 僕は 



”あの繁殖農家さんの子牛は(よく購買していますが)大きくなっていますか” 



とか  いろいろと 興味のあることを質問していました。 




”もちろん 大きくなっているよ” 



とか



”サシは少し弱いかも!?しれないね・・・” 



とか  いろいろな回答がありました。  




ある肥育農家さんから



”先月のMさん(繁殖農家さん)の子牛は肩が薄くなってたけど エサを変えたのかな”




と聞かれて



肥育農家さんたちは よく子牛を見ているなぁ・・・  



と 思いながら 話をしていました。




お酒を飲むと どうしても 誰かこの場にいない人の良くない話だったりをする方も出てくるのですが



今回は そんなことが全くない 楽しい飲み会でした。 




実は 翌日 今回来ていた 繁殖農家さん、肥育農家さんともに 子牛セリだったので



ある肥育農家さんが 繁殖農家さんに



”明日は どんな(血統の)子牛を出すんですか”



と 質問していて



繁殖農家さんが その子牛の血統 や 発育などの話をすると



”その血統は 少しヤバいかもしれませんね・・・” 



と 言っていて



普段、子牛セリではできない話も 今回はできていたと思います。   ムフフ・・・ 



(具体的な話が聞きたい方は 僕に聞いてください  )





M竹先生 このような機会を作っていただき ありがとうございます!!




そして ごちそうさまでした!!  とても楽しい時間でした。 




といいますか、 この日 僕は M先生と ほとんど 話ができませんでした。 




道竹先生 今度は ゆっくり お話を聞かせてくださいませ。 







By 中紙育朗 on 2019/07/11 10:38

 

皆さま、こんにちは!!

 

現場には行っていないのですが、

 

先日7月5日に行われた、第21回  全農肉牛枝肉共励会の結果を

 

書きたいと思います。

 

出場頭数は300頭になります。

 

交雑種      31頭

 

和牛メス     79頭

 

和牛去勢    190頭

 

 

早速ですが入賞牛の結果を書きます。

 

 

交雑種の部     最優秀賞      坂田  文子    様

 

 第一花藤  24カ月  枝重  656キロ   A5   BMS  8

    枝肉単価  2,199円

 

 

去勢の部     名誉賞       佐々木  敏朗    様

 

美津百合ー安福久ー平茂勝  29カ月  枝重 570キロ  A5 BMS 12

        枝肉単価  11,111円  

 

最優秀賞  

 美津照重ー美国桜ー平茂勝 31カ月  枝重 615キロ A5 BMS 12

    枝肉単価  5,000円

 

優秀賞    (出品番号順)

第1花国ー安福久ー百合茂  30カ月  枝重 686キロ A5  BMS12

   枝肉単価  3,205円

 

好平茂ー美国桜ー百合茂  30カ月   枝重 712キロ A5 BMS 12

   枝肉単価  2,987円

 

美津照重ー美国桜ー金幸  30カ月   枝重 637キロ A5 BMS 12

   枝肉単価 3,473円

 

優良賞(出品番号順)

美国桜ー安福久ー金幸   29カ月   枝重 642キロ A5 BMS 12

   枝肉単価 3,002円

 

芳之国ー安福久ー勝忠平  29カ月  枝重 624キロ A5 BMS 12

   枝肉単価 3,097円

 

美国桜ー安福久ー平茂勝  31カ月  枝重 642キロ A5 BMS 12

   枝肉単価 2,913円

 

福華1-安福久ー第1花国 31カ月  枝重 695キロ A5  BMS 12

   枝肉単価 3,010円

 

華春福ー安福久ー百合茂  27カ月  枝重 620キロ A5 BMS 12

   枝肉単価 3,319円

 

平茂晴ー安福久ー平茂勝  29カ月  枝重 603キロ A5 BMS 12

   枝肉単価 3,203円

 

耕富士ー美穂国ー福桜(宮) 29カ月  枝重 561キロ A5 BMS 12

   枝肉単価 3,181円

 

 

 

 

和牛 メスの部

 

最優秀賞

美国桜ー安福久ー百合茂  31カ月  枝重 537キロ A5 BMS 12

   枝肉単価 5,330円  

 

優秀賞

安福久ー百合茂ー白清85の3 32カ月 枝重 539キロ A5 BMS 12

  枝肉単価  3,311円

 

優良賞(出品番号順)

美津百合ー安福久ー勝忠平  31カ月 枝重 430キロ A5 BMS  12

  枝肉単価  3,601円

 

富久竜ー美穂国ー安平    30カ月  枝重 497キロ A5 BMS 12

  枝肉単価 3,277円

 

耕富士ー福之国ー糸弘2    31カ月 枝重 416キロA5 BMS 12

  枝肉単価 3,326円

 

美津百合ー安糸福ー百合茂  32カ月 枝重 444キロ A5 BMS 12

  枝肉単価 3,472円

 

 

受賞者の皆さま、おめでとうございます

 

出品された農家さんは東北・北関東の方が多かったです。

 

もちろんそれだけの理由ではないと思いますが、東北地方で肥育期間が

 

少し長い事もあり、特に去勢で平均枝重が575キロもありました。

 

 

 

 

 

また、良い結果になる確率が高いのは、皆さますでにご存じかと思いますが

 

入賞牛以外にも安福久が3代祖まで絡まない、美国桜母牛の枝肉が出品されて

 

いましたので、全頭の結果を書きます。

 

 

 

去勢から出品番号順

 

去  勝早桜5-美国桜ー百合茂  30カ月  枝重 619キロ  A5 BMS12

 

去  諒太郎ー美国桜ー百合茂  28カ月  枝重 640キロ  A5 BMS 12

 

去  直太郎ー美国桜ー第1花国  30カ月  枝重 654キロ  A5 BMS 11

 

去 幸紀雄ー美国桜ー安糸福   30カ月  枝重 541キロ A5 BMS 12

 

 

メス 茂久桜ー美国桜ー勝忠平  29カ月  枝重 455キロ A5 BMS 10

 

メス 久百合ー美国桜ー勝忠平  29カ月  枝重 485キロ A4 BMS 7

 

メス 菊福秀ー美国桜ー勝忠平  26カ月  枝重 467キロ A5 BMS 10

 

メス 光平照ー美国桜ー百合茂  30カ月  枝重 416キロ A5 BMS 11

 

 

4代祖はもしかすると安福久かもしれませんが、これほどの結果が出ています。

 

僕は美国桜で良い牛でしたら

 

安福久は絡んでいなくてもいいのでは、、、と思っています。

 

安福久絡みの母牛に美国桜を交配されている牛が意外と多いように感じています。

 

安福久が絡んでいなくても、子出しの大きい母牛に美国桜をつけて

 

良い牛であれば残される事をお奨めします。

 

また、そちらの方が育てやすいように思います。

 

 

 

By 礒 匠 on 2019/07/10 8:59

 

皆さんこんにちは。

道東担当の礒です。

 

今日は、群馬県の和牛一貫経営の牧場さんを書きたいと思います

 

実は2年前?にお邪魔しており

その時には無かった施設が増えておりました。

 

まず、最初に案内してもらったのが

哺育舎ですが・・・

 

 

こちらの哺育舎なんと一からご自身で建設されたそうです

ビニールハウス牛舎とはいえこの完璧な出来栄えには脱帽です

 

 

中に入ると、きれいに並んだ手作りハッチです

整理されており空気が通り、扇風機、遮光ネットで

暑熱対策もしっかりされておりました!

 

また、一頭一頭に名前を付けており

情報共有など牛の管理にも一役買っているようです

 

 

また、分娩舎に移動すると

なんということでしょう

以前は外にむき出しだった牛舎にビニール小屋を設置することで

冬場の冷たい風をふせぐとともに

親から放して哺育牛舎へ移動するまでの期間

ここでしっかりと観察・管理ができるのです。

 

 

そして、今は空いた時間をつかい新たな手作り牛舎を作成中

 

 

新しい牛舎を建てるのも勿論いいですが

この農家さんのように牛舎をリフォームすることで環境を良くし

手作りで経費を抑えるのも

素晴らしい一つの経営術だと感じました!

 

By 岩本尚吾 on 2019/07/06 23:29




東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆様 いかがお過ごしでしょうか。




最近は 自然災害のニュースが多いですね。



考えても仕方のないことなのかも知れませんが 少しだけ 自然の怖さを感じている 今日この頃です。



この度 大雨の被害に遭われました方につきましては 心からお見舞い申し上げます。





昨日、ある共励会が開催されました。



第21回 全農肉牛枝肉共励会 でした。



和牛 の メス 79頭 去勢 190頭、 F1 31頭 合計 300頭 が 出場しました。




その詳しい結果については



鹿児島・宮崎・沖縄地区担当 の 中紙 育朗 が 書くと思うのですが  


(育朗 頼むね!!  )



その共励会に出場した ある牛について書きたいと思います。




実は、 5月に宮城県の現場をまわっていたとき



ある農家さんから



”この牛を 7月の全農の共励会に出そうと思っています”



と 言われました。




その牛のところへ行き、 見ると・・・









なかなか 出会わないタイプの牛でした。 




☆おそらく この写真を見て


 ”我が家にも以前 こんな牛がいたよ。 その牛はチャンピオンになったよ ”


  という方も 少なくないような気がするのですが・・・ 




この牛なら 大きな共励会の上位になっても おかしくないなぁ と 思いながら



(もちろん、皆さま 自信のある牛を出してくるのでそんなに 簡単ではないと思うのですが)



今回の 全農さんの共励会を こっそり楽しみにしていました。 





結果として・・・   




この牛は  優良賞でした。 




血統は  福華1ー安福久ー第1花国(去勢) 



月齢 31  生体重量 950キロ  枝肉重量 695キロ  A5 BMS12  ロース 142  単価 3010円



佐藤さん おめでとうございます!!



ロース 142 って スゴイですね。   







実は・・・  



昨日の午前 11時頃 ある宮城の獣医さん から 連絡をいただきました。




”全農の共励会  名誉賞(チャンピオン) 取ったよ”   という 電話でした。 




ええっ・・・  と 思いました。




その方とは・・・ 




数年ほど前から面識があり 1年に 数回 ご飯を ご一緒するのですが



牛舎には 一度も 行ったことがありませんでした。 




先生、 今度は牛達を見せてくださいませ。 




先生とは 国分町(宮城の繁華街)で 牛とは全く関係のないヤマシイ話!?しか していませんでした。 




と いうのは 冗談で いろいろ牛達のことを 先生から教わっております。   ムフフ・・・ 





あっ、 佐々木先生   名誉賞 おめでとうございます!!





☆あっ、 今回の 全農肉牛枝肉共励会の詳細は 誰かが 書きますように。   ムフフフフ・・・ 











By 植田秋良 on 2019/07/05 15:07

 

7月3~4日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

 

上場頭数は1,603頭(メス621頭、去982頭 ※素牛のみ)で

前月より173頭減でした。

 

主な種雄牛は以下の通りです。

 

勝早桜5 155頭、美国桜 148頭、幸紀雄 133頭、

諒太郎 122頭、美津照重 94頭、第1花藤 86頭、

花国安福 73頭、百合白清2 56頭 隆之国 56頭など

 

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

メス 739,393円(前月716,698円、前々月760,266円)

去勢 830,146円(前月807,752円、前々月859,801円)

前月よりメス、去勢ともに約2万円高でした。

 

前月より高かったですが、前々月程ではありませんでした。

去勢の100万円越えはほとんどなく(確認できたのは1頭)、

安福久母体で8090万円台、

全体は70万円台が多く、下は5060万円台でした。

上場頭数が増えた百合白清2も高値安定でした。

メスは1代祖安福久で100150万、

2代祖安福久で70100万、

Read More »

By 中紙育朗 on 2019/06/30 16:35

 

2回書いてきた牛白血病についてですが、一旦今回で締め括りにしたいと思います。

 

今回は清浄化に向けて、実際に行われ成功している事例をご紹介

 

させて頂きたいと思います。

 

(もし調べてみたいと思った農家さんがいらっしゃいましたら、かかりつけの獣医さん

 

や家畜保健所さまにご相談ください。)

 

 

宮崎中央地域での取り組みになります。

 

まずは、牛群のなかに陽性牛がどの位いるのか把握することからスタートにな 

ります。

(ゲル内沈降反応、エライザ法で調べるそうです)

 

 

 陽性牛が判明したら、、、

1.清浄化しなければならないという法的強制力はない

2.清浄化することをすすめたい

3.できるだけ早く隔離をする

4.陽性牛と陰性牛の間に距離をとる

5.陽性牛の淘汰

 

という説明後に

 

陽性牛にどの位ウイルス量があるのかrt-PCR法でウィルス量を調べ

 

感染リスクを把握した清浄化計画を立てて行きます。

 

 

 

ウィルス量による具体的な数値は以下の表の通りです。

 

 

それぞれのウイルス量から産まれてくる、子牛の陽性率は

 

 very  high  と  High  からの母牛で

 

それぞれ高くなり

 

Low   と  Very  low    から産まれてくる子牛の陽性率がかなり低くなっている

 

という結果がでたそうです。

 

ですので Very  low(<100copies/50ng)  の母牛は産子の陽性率も低い為

 

早期に淘汰する必要はないと考えられるそうです。

 

 

清浄化する場合には

 

1.陽性牛と陰性牛の分離

 

2.陽性牛と陰性牛の間隔をとる(8メートル以上の距離をとるように牛を並び替える)

 

3.陽性牛の母牛、5カ月以降のメスで陽性牛はともに肥育に

 

3の陽性牛の母牛についてもウイルス量が高い牛から順番にという流れです。

 

こちらの地域では陽性牛はJAさんが預託肥育してくれるという面でも

 

経営面からもサポートが厚いと思います。

 

このような体制ができると農家さんは取り組みやすくなりますよね。

 

 

 

最後に

 

今まで僕は、生産農家さんから牛白血病の検査について聞かれた時に

 

正直どちらかと言うと奨めてきませんでした。

 

検査後どのように清浄化していけば良いのか。。。   難しいと思っていた事

 

検査や淘汰にかかる費用、隔離する施設

 

農家さんにかかる精神的な負担などを考えると厳しいと思ってきました。

 

ですが調べていく内に、今は少し変わりました。

 

もし牛白血病に積極的に取り組みたいという農家さんがいましたら

 

まずは検査からお奨め致します。

 

3回にわたり書いてきましたが、何か一つでも参考になりましたら幸いです。

 

 

By 植田秋良 on 2019/06/28 11:19

 

先日、道東のT農場さん(搾乳牛200頭)を訪ねました。

久しぶりの訪問でしたが、

T農場さんは相変わらず元気そうで、

また、牛の調子も良く、

繁殖、乳房炎、体細胞いずれも問題ないとのことでした

 

調子が良い要因は

1.ギ酸を活用して作るグラスサイレージの高品質

2.きめ細かい飼養管理(搾乳牛だけでなく哺育育成牛も)

3.発酵床牛舎

 

などが挙げられると私は思っています。

が、もしかしたらどれか一つでも欠けていたら

今の調子でないかも知れません。

 

大事なポイントをしっかり押さえているT農場さん。

あらためて感心させられたひと時でした。

By 中紙育朗 on 2019/06/26 9:15

 

皆さま、こんにちは!!

 

今月、15(土)に都城子牛セリに行かせて頂きましたので

 

ブログに書きたいと思います。

 

合わせて18(火)に行われました、JA宮崎経済連和牛枝肉去励会の結果も

 

書きます。

 

 

どちらも大変遅くなってしまい申し訳ございません。

 

 

3日間合計  出場頭数(上位10)

 

去  623頭      メス    515頭        合計    1,138頭

 

3日間合計 平均価格(税込み)

 

去  84.5万    メス    74.0万       合計平均  79.7万

                                (前回比   -2.2万)

 

種雄牛別出場頭数(上位10)  ※ 3日間合計  ※欠場牛を含む

 

耕富士   401頭

秀正実   178頭

忠国桜   141頭

真華盛   111頭

美穂国    86頭

満天白清   50頭

秀菊安    22頭

秀百合久   22頭

富久竜    21頭

愛日向    19頭

 

行かせて頂いた1日目、その日の平均価格は税込みで、78.2万円でした。

 

3日間合計で先月よりも2.2万円下がっていますが

 

5月からの枝肉相場の下がり方と比べると

 

まだ子牛価格とは合ってなく、平均価格は高いなと感じました。

 

 

 

それでは、僕がわかる範囲で高値だった去勢の結果を書きたいと思います。

 

 

耕富士ー勝平正ー安福久ー平茂勝  274日  378キロ  110.9万(セリ価格)

 

忠国桜ー安福久ー勝忠平ー安平   283日  346キロ  107.9万

 

直太郎ー安福久ー平茂勝ー金幸   291日  373キロ   106.1万

 

秀正実ー安福久ー金幸ー平茂勝   273日  371キロ   102.1万

 

耕富士ー安福久ー勝忠平ー平茂勝 276日  361キロ    97.9万

 

耕富士ー安福久ー平茂晴ー福之国 297日  364キロ    97.6万

 

耕富士ー美穂国ー百合茂ー安福久 286日  358キロ    94.1万

 

耕富士ー義美福ー勝平正ー福之国 291日  346キロ    92.7万

 

 

 

続いて現場には行っておりませんが、今月の18日に行われました

 

JA宮崎経済連和牛枝肉共励会の結果を書かせて頂きます。

 

全部で104頭出場しており、その内メスは9頭でした。

 

会場は株式会社ミヤチク高崎工場(都城市)さまになります。

 

 

グランドチャンピオン    元沢 操雄  さま

 

メス  義美福ー秀菊安ー忠富士 28カ月  枝重477.3キロ  BMS 12

    ロース芯 98㎠   バラ厚  10.0㎝

    枝肉単価 8,600円    販売金額  4,104,780円

 

 

優秀賞1席 

去  耕富士ー勝平正ー安福久  29カ月  枝重558.8キロ  BMS 12

   ロース芯 101㎠   バラ厚  10.7㎝   枝肉単価 5,550円 

 

優秀賞2席

去  義美福ー美穂国ー安福久  29カ月  枝重 550.0キロ BMS 12

   ロース芯 92㎠    バラ厚  9.8㎝     枝肉単価 5,030円

 

優秀賞3席

去 耕富士ー秀菊安ー勝平正  29カ月  枝重 550.0キロ  BMS 12

   ロース芯 75㎠     バラ厚  10.3㎝    枝肉単価  4,610円

 

優良賞1席

去 耕富士ー秀正実ー忠富士  28カ月  枝重 555.4キロ  BMS 12

   ロース芯 80㎠     バラ厚  9.5㎝     枝肉単価  4,440円

 

優良賞2席

去 耕富士ー福之国ー安平   31カ月   枝重 570.9キロ  BMS 12

   ロース芯 87㎠     バラ厚  10.8㎝    枝肉単価  4,220円

 

優良賞3席

去 義美福ー忠富士ー福桜(宮) 31カ月  枝重 481.7キロ  BMS 12

   ロース芯 73㎠     バラ厚  8.9㎝    枝肉単価  4,000円

 

 

グランドチャンピオンの枝肉単価も凄いですが

 

入賞していなくても、瑕疵がなくBMS12番であれば

 

枝肉単価が3,300円以上ついていました。

 

入賞された皆さま、おめでとうございます(*^^*)

 

出品者、関係者の皆さま、お疲れさまでした。

 

By 岩本尚吾 on 2019/06/24 23:29





東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。 




昨日、ある肥育農家さんのところへ行ってきました。



子牛セリでは時々会う方なのですが、



牛舎へ行ったのは1年半ぶりくらいだったかもしれません。 




牛舎へ行き 牛達を見ると、



以前(のイメージ)と比べ 大きく育っている感じがしました。 




その農家さんは 牛達のために



牛舎環境だったり 問題がある部分だったり を 一歩一歩 改善しているので



そのことが 牛達の増体や表現形に 表れているのだと思いました・・・ 





その農家さんの牛舎へ初めて行ったのは、今から3年と少し前だったと思います。



牛舎へ行って 牛達を見たとき、 



農家さんに ”なにか気になることありますか。 もしなにかあったら言ってください。”



と 言われました。




僕は   ”削蹄はした方が良いと思っています。”



と 言ったことを覚えています。




そのとき、明らかに歩きにくそうだったり、バランスが悪い牛がいたからです。 




    削蹄する、削蹄しないは もちろん農家さんにお任せしますが



    削蹄することにより 牛達のストレスも少なくなるし



    農家さんにとって プラスになることが多い と 個人的には思っています。 



    牛達に良くて、農家さんにとっても良いならするべきですよね。 



    削蹄は 1頭当たり 4000円くらいかかるのかもしれませんが



    削蹄することにより 削蹄にかかる費用の数倍の利益があると思っています。





最初に牛舎へ行ったとき、上記のようなことを話したわけではないと思うのですが



それ以降、その農家さんは削蹄をしてくださっていると思います。



そういうことも含め、一歩一歩 牛舎環境 や 飼養管理を 改善しているので



以前と比べて 牛達が大きく育っているのだと思いました。 




今回は、少し気になったことがあったので(サシバエについて)伝えました。



サシバエ対策についても、実は すでに牛舎の一部にネットを張って



牛達のところへ飛んでこないように対策を取っていました。



あとは サシバエを捕獲する(くっつける)ようなものがあれば



もっと良くなる(サシバエ も 牛達のストレスも少なくなる)と思っています。 




サシバエについては 肥育農家さん、繁殖農家さんに限らず 



必ず 対策を取って欲しいと思っています。



自分の寝室に 一匹でも サシバエがいたらと思うと・・・ 



想像しただけでも 眠れないです。 







   *******







重要なのは行為そのものであって



結果ではない。



行為が実を結ぶかどうかは



自分の力でどうなるものではなく



生きているうちにわかるとも限らない。



だが、正しいと信ずることを行いなさい。



結果がどう出るにせよ



何もしなければ何の結果もないのだ。






               マハトマ・ガンジー(インド独立の父)