自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<August 2020>
SunMonTueWedThuFriSat
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345
Monthly
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
By 中紙育朗 on 2020/08/01 10:12

 

皆さま、こんにちは!!

 

先日、宮崎県のある地域で行われました、共励会の結果を書きたいと思います。

 

出場頭数   去   22頭

 

平均枝肉単価   2,358円

 

 

1席

富久竜ー勝平正ー福之国   枝重  561.7キロ  BMS  12 ロース芯 82㎠

                   バラ厚 8.9㎝   枝肉単価  2,620円

 

2席

耕富士ー秀菊安ー美穂国   枝重  554.4キロ BMS  12 ロース芯 81㎠

                   バラ厚 9.0㎝   枝肉単価 2,600円

 

3席

耕富士ー美穂国ー福之国  枝重  540.3キロ  BMS  12 ロース芯 82㎠

                  バラ厚  10.0㎝  枝肉単価 2,580円

 

4席

愛日向ー勝平正ー福谷桜  枝重  569.4キロ  BMS 12 ロース芯  76㎠

                 バラ厚   9.6㎝   枝肉単価 2,500円

 

5席

真華盛ー耕富士ー安平   枝重  551.0キロ  BMS 12 ロース芯  63㎠

                バラ厚   9.5㎝    枝肉単価 2,470円

 

 

上記のような結果でした。

 

入賞された皆さま、おめでとうございます。

 

 

 

さて、少し話が変わりますが

 

先月7月18日、19日に行われました、高千穂家畜市場子牛セリに行かせて

 

頂きました。

 

高千穂セリでは母牛の血統もほとんどが宮崎県の種雄牛でした。

 

(ちなみに、メス・去勢合わせて526頭中、2代祖・3代祖に安福久が

入っていた頭数は5頭でした)

 

去勢の価格トップ8頭の1代祖は耕富士だったのですが、2代祖は美穂国と秀正実

が占めていました。(2代祖、3代祖に安福久は入っていませんでした)

 

牛も良かったと思います。

 

そこで家畜改良センターさま、去勢の肥育成績を書きたいと思います。

(※平成31年4月~令和2年3月)

 

耕富士ー美穂国   986頭  枝重  522.6キロ   BMS 9.29

 

耕富士ー秀正実    94頭  枝重  532.4キロ   BMS 9.79

 

耕富士ー秀菊安   598頭  枝重  514.5キロ   BMS  9.57

 

 

3つとも結果はとても良いと思いますが、

 

正直、意外と?秀正実母体の結果が良い事に驚きました。

 

もうすでにたくさん母牛として残っているかと思いますが、

 

宮崎県の種雄牛で、県内導入をお考えの農家さん、自家保留などの

 

参考になりましたら幸いです。

 

                             

By 堀田忍 on 2020/07/31 17:55


「アースジェネターの箱を再利用シリーズ」

収納編です!


キャスター付きで出し入れ可能です


カーフジャケットやネックウォーマーなどの季節もの

書類や台帳など

いろんなものを収納可能です


湿気にも強く耐久性も抜群!

皆様も是非w




信頼できるカリスマ生産者さんにガ○ダム作成を依頼しているのですが

まだかな???







By 堀田忍 on 2020/07/31 17:14

こんにちは

堀田です

北海道にも短い夏が来ましたw



本州もそろそろ梅雨明けでしょうか?

今年は、どんな記録を更新するのやら・・・


さて、先日、カーフフィーダーの日よけに

「よしず」を使用している農場にお邪魔してきました

寒冷紗よりも風情があって、とても良いです

オシャレだしw




直射日光を遮り、風は通す・・・

これぞ日本の夏です!

※北海道ではかつて防寒にも利用されていたみたいです。


琵琶湖周辺や、関東では渡良瀬遊水地などが産地らしいですが

安価な中国産に押されて生産が減っているようですね



こりゃ、この夏、自宅にも設置すっかな?と

近所のホームセンターのぞいてみたら

9尺×6尺でも2,000円ほどで購入可能



が、駄菓子菓子、「中国産」でしたw


国産「よしず」の生産現場なんぞ見たこともないので

自由に出張行けるようになったら、買いに行ってみよう!







By 植田秋良 on 2020/07/31 10:24

 

72930日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

 

上場頭数は1,506頭(メス615頭、去891頭 ※素牛のみ)で

前月より136頭減でした。

 

主な種雄牛は以下の通りです。

 

勝早桜5 226頭 前月238頭、前々月233頭)

愛之国  155頭 (前月182頭、前々月176頭)

福之姫  145頭 (前月128頭、前々月153頭)

美津照重 101頭 (前月113頭、前々月117頭)

美国桜   79頭 (前月 93頭、前々月 82頭)

幸紀雄   74頭 (前月 87頭、前々月104頭)

諒太郎   71頭 (前月 80頭、前々月 66頭)

百合白清2  46頭 (前月 71頭、前々月 65頭)

 

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

 

メス 622,979(前月600,858円、前々月603,905円)

去勢 735,477(前月695,188円、前々月700,949円)

 

前月と比べてメス約2万円高、去勢約4万円高でした。

 

今回は、1日目の出だしから特に去勢が高く、

60万円台中心に7080万台も多くみられ、

90100万台もでました。

メスは去勢ほどではありませんでしたが、

やはり底値が高く50万台が中心で、

幅は4070万台ほどでした。

1代祖に安福久の場合は100万以上でした。)

繁殖用のメスは、大体5070万台で競り落とされていました。

 

それでは参考までに、いくつか販売された牛の結果を

お知らせします。(セリ価格)

 

Read More »

By 岩本尚吾 on 2020/07/27 17:17




東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 



今朝の帯広は 気温 15度   最高気温 は 20度でした。



少し肌寒い日でしたよ。 



暑い地域の方たちには ウラヤマシイ と言われそうです・・・ 






ところで・・・






突然なのですが 質問です。 





今日の東京食肉市場(芝浦)で取引された牛たち




メス 128頭   去勢 41頭   計 169頭  《生体搬入》  の なかで




3等級は 何頭いたと思いますか。






ムフフ・・・ 










  ・・・・・










正解は・・・










2頭(メス)でした。






☆今日の結果


メス(128頭)    A5  92頭  A4  30頭  A3  2頭     B5  2頭  B4  2頭


去勢(41頭)    A5  26頭  A4  14頭                               B4  1頭





あくまでも 今日の取引だけなのですが、すごい結果ですよね。 



(いつもは、もっと 3等級いるのですが・・・  )

 




いろいろと考えさせられる結果ですよね・・・・・ 





☆東京食肉市場のホームページです。  今日の枝肉相場も載っています。  


https://ssl.tmmc.co.jp/trader/market/cattle/











By 礒 匠 on 2020/07/27 13:37

 

 

皆さんこんにちは。

道東担当の礒です!

 

今回は、ある和牛繁殖農家さんで見つけた

便利そうな道具について紹介したいと思います

 

こちらの子牛搬送器?とでも言いましょうか

こちらの道具

親から放した子牛を別牛舎に運ぶために

利用していますが

メリットとしては

第一に

 とっても楽ちん!

 牛舎が少し離れているためこれがあると楽に運べます

 牛は家畜車のように足場が揺れると

 おとなしくなるようで、さっと運べます

 

第二に

 移動時にもくしをして歩かせて移動させると

 どうしても動かなかったり

 引っ張られた嫌な思い出が残ってしまい

 もくしをつけるのが嫌になってしまう牛が出てしまいますが

 これを使うことでそういったリスクを下げることができる

 

とのことでした!

 

お話を聞くと

結構すんなりと入ってくれるようですよ

 

特に移動する牛舎が離れている牧場などでは

とても便利と思われます!

By 岩本尚吾 on 2020/07/26 17:17




東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。




少し前に ある農家さんのところへ行ってきました。



その農家さんの肥育牛舎は 縦の長さが80メートルあります。



真ん中に通路があり その両サイドに牛達がいて



牛舎の横側は開放的になっているのですが



牛舎の長さがあり、牛舎の上部の換気があまり上手くいっていませんでした。



(換気が悪いとは思わないのですが、臭気の出る場所がありませんでした)




牛舎の上部に 換気扇はあったのですが



その換気扇は小さいものだったで あまり機能していなかったのかもしれません。 




個人的に、少しだけ臭気が気になっていたので




岩本 : ”もし可能でしたらコストはかかるのですが牛舎の外に臭気を出すように



      牛舎の上部に大きな換気扇(扇風機)を付けませんか。



      牛舎の上部に臭気が溜まっているかもしれません・・・”



と 前回 行った時に話していました。




今回、その農家さんへ行ったら 大きな換気扇がついていました。 




☆下の写真 は 牛舎上部の写真です。








最初は、黄色の線で囲っている小さな換気口のようなものだけだったのですが



今回行ったら、青色で囲っている大きな換気扇(外側に空気を出す扇風機)が 2個



(反対側も 同じようになっているので 計4個)



新しく取り付けてありました。 










今回牛舎に行って感じたのは 以前と比べると 臭気がかなり落ちていたことです。 




24時間 この牛舎で過ごす牛達も 臭気によるストレスが かなり減ると思いますので



呼吸器病を含めた病気の減少 や 枝肉重量の増加も 少なからずあると思います。




ムフフフフ・・・ 





農家さんにコストのことを聞くと・・・



扇風機 1台  3~4万円 × 4台     取り付け工事 は 自分たちでやったそうです。 



Mさん 工事の費用はすぐに取り返しちゃいますね。 















By 岩本尚吾 on 2020/07/25 18:39




つづきです。 






この酪農家さんの子牛(哺育)牛舎は・・・



大きな建物の中に



ハウス牛舎を立てている二重構造になっています。



(分かりにくい説明ですね・・・  )



北海道の場合、夏の暑さというよりは



冬の寒さが気になるので(場所にもよりますが、冬にはマイナス10~20度にはなりますので)



そのために この牧場の哺育牛舎は あえて 二重構造になっています。



環境の整備(寒さ対策)をすることにより



子牛の事故をできるだけ出さないようにする ということだと思います。



なかなか一般的でない(贅沢な)スタイルなのですが、牧場主がこだわってこのようにしていました。



冬場にこの牧場へ行った時には



ジェットヒーターで牛舎を暖めながら、換気もしっかりやっているという感じでしたよ。 



☆子牛《哺育》牛舎の換気は とても大切なことの一つだと思っています






その中で・・・





北海道 あるある と言えば・・・



敷料用の麦ワラの豊富さ(麦ワラをたくさん敷いて寝床を快適にする《お腹を温める、ストレスを少なくする》)



というのがあるのかもしれません。









☆もちろん、真ん中にある 麦ワラ は エサ ではなく、あくまでも 敷料 です。





この牧場は 搾乳牛が500頭いますので



1日に1~2頭は 子牛が産まれる計算なります。



いつ子牛が産まれても良いように、多くのカーフハッチにそのための準備もしています。 









たくさんの敷料(麦ワラ)が敷いて準備してあります。




ここにも たくさんの麦ワラが敷いてありますね・・・ 








その隣のカーフハッチにも・・・





あっ、 ネコさん 寝てたの邪魔してごめんなさい・・・ 















By 岩本尚吾 on 2020/07/22 19:39




東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。



今月の九州を中心とした豪雨 大変だったのだろうと思います。



豪雨により被災されました皆さまに心よりお見舞いを申し上げます とともに



一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。




ところで・・・




少し前のことなのですが



北海道の酪農家さんのところへ行ってきました。



とても成績の良い牧場です。  おそらく、めっちゃ儲かっていると思います。 









☆牧場からの景色です。  なんかイイ感じですよね。 





その牧場は 搾乳牛が500頭(フリーストール牛舎)なのですが















実は、牛の床には 砂 を 利用しています。 











牛床に 砂 を 利用するスタイルは



北海道 あるある  というよりは



おそらく 北海道に(日本でも) 数軒しかないのではないかと思います。 




この牧場の現社長が アメリカで 砂を活用している牧場を視察し 感銘を受け



自分のところでもやり始めたようです。



行動派ですよね。 




砂を活用することにより、乳房炎などの病気が以前と比べると少なくなったようです。





もし、砂のベッドのことなど 気になる方がいましたら



詳細は 北海道担当 の 礒(いそ) に聞いてくださいませ。








つづく・・・








By 中紙育朗 on 2020/07/17 17:43

 

皆さま、こんにちは!!

 

今月の16日~17日に行われました、延岡家畜市場子牛セリに行かせて

 

頂きましたので、結果を書きたいと思います。

 

2日間合計

  入場頭数 売却頭数 最高価格(税抜き) 平均価格(税込み)※入場
メス 284頭 231頭 129.7万 65.4万
去勢 283頭 277頭 92.2万 69.8万
合計 567頭 508頭  

67.6万(前回比(5月)

+4.0万

 

 

 

2日間合計 種雄牛別出場頭数(上位10)※評価牛を除く

耕富士     225頭

満天白清    111頭

義美福      35頭

秀正実      25頭

秀百合久     21頭

真華盛      13頭

美国桜      10頭

美穂国       9頭

忠国桜       7頭

美喜久       7頭

 

 

それでは、僕がわかる範囲内で高値だったメスと去勢の結果を書きたいと思います。

 

 

メス

美国桜ー安福久ー勝忠平ー安平   306日   300キロ   129.7万(税抜き)

 

耕富士ー百合茂ー安福久ー忠富士  313日  327キロ   118.1万

 

耕富士ー安福久ー平茂勝ー糸福(大) 306日  290キロ   113.6万

 

満天白清ー安福久ー勝忠平ー金幸   337日 328キロ   111.3万

 

幸紀雄ー安福久ー美国桜ー金幸    347日 300キロ    110.5万

 

耕富士ー安福久ー平茂勝ー第5隼福  300日 318キロ    110.0万

 

 

去勢

耕富士ー安福久ー百合茂ー安平照  306日  359キロ    92.2万(税抜き)

 

耕富士ー安福久ー勝忠平ー安平   282日   333キロ   89.0万

 

耕富士ー美国桜ー百合茂ー紋次郎  255日  321キロ    86.1万

 

耕富士ー美国桜ー安福久ー平茂勝  278日  361キロ    85.2万

 

美津照重ー耕富士ー勝忠平ー安福久  275日  317キロ   84.9万

 

 

僕の個人的には、とても良い牛が多かったと思いました。

 

また、行かせて頂きたいと思います。