自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー



株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<December 2021>
SunMonTueWedThuFriSat
2829301234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678
Monthly
2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年9月
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
By 植田秋良 on 2021/12/03 11:01

 

 

1212日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

(今回は2日目のみ見学しました)

 

上場頭数は1,772頭でした(素牛のみの頭数)。

1日目966頭(メス360頭、去606頭)、

2日目806頭(メス332頭、去474頭)

 

主な種雄牛は以下の通りでした。

 

福之姫   295頭

勝早桜5  209頭

美国桜    92頭

美津照重   81頭

愛之国    81頭

百合白清2  75頭

若百合    60頭

知恵久    55頭

秋忠平    51頭

幸紀雄    49頭

 

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

 

メス 677,414(最高1,122,000円、最低261,800円)

去勢 815,263(最高1,156,100円、最低89,100円)

 

前月と比べ、メス約1万高、去勢約2千円高でした。

 

今回は平均だけをみると、

前回と比べ横ばいか、やや高いといった状況ですが、

1日目と2日目の平均価格に開きがありました。

 

1日目】

 メス 689,221円 去勢 838,404

2日目】

メス 664,697円 去勢 785,274

 

2日目の状況ですが、

去勢は6070万円台を中心に、

おおむね40Read More »

By 堀田忍 on 2021/11/30 20:20

年末の足音が聞こえてきて、震えてます
関東甲信越中部北陸近畿中国担当の堀田です

とある晴天な平日

午前中、ディーラーさんで打ち合わせして
思いの外、早く済んだので
「昼飯でも一緒に食うかな…」と、同じ管内の農家さんへGO


「ちょうど良かった!はいっ」
って、剪定ハサミ渡されましたw

自宅庭の桜や何やら剪定してから昼飯に行きましたとさ…





さて、本題
年末年始の休業についてお知らせします

年内12月は28日(火)が最終営業日となっております
28日(水)の12時までにご注文いただけると当日出荷できます
年明けは5日(水)から出荷可能になります
何かとご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願いします


敬具






By 堀田忍 on 2021/11/30 19:19

和歌山県にある近畿大学生物理工学部卒の堀田です

大学時代を過ごしたってことで
外食する際の基本的な世界線は、和歌山の味で形成されております
大好きです和歌山♪

さて、そんな和歌山県で
「令和3年度熊野牛子牛共進会」に参加してきました
例年、アースジェネターで協賛させて頂いております

和歌山県には肉牛農家産は50件くらいしかなくて
総頭数も3000頭を切っています

駄菓子菓子
意外にも、牛肉の消費量や支出額は毎年全国3本の指に入ります
スーパーの牛肉コーナーも帯広の5倍くらいありますw

大学時代に夜中(バイト終わって0時以降)あいてる飲食店は
焼肉屋ばっかりでしたね

そんな牛肉消費王国の和歌山県
これから生産の方でも注目されるよう期待しております
極めて微力ながら第二の故郷の為に協力させて頂きますw





共進会の後、そのまま子牛競りへ

ここはもともと全農さんの堆肥舎です
そちらを改造して、掲示板も自作して、手作りな市場です
今はもう起こりませんが、システム不具合で「手競り」になったこともw

名簿等、詳しい情報が必要な方は
堀田まで連絡ください

さて、次回はどこのラーメンを攻めようか…







OPU

By 堀田忍 on 2021/11/30 17:54

まだ積雪の無い帯広
どかっと積もるんでしょうねw
こんにちは、堀田です

先日、獣医さんに同行してOPUの現場を見させてもらいました
ご存じな方の方が多いと思いますが
OPUとは、Ovum Pick Upの略で
生体内卵子吸引や経腟採卵のこと

何かしらの障害で繁殖が不可能になったり
分娩後比較的すぐの母牛でも採卵して遺伝子を引き継げます

OPUの技術がもっと広まって
改良がどんどん進むことを期待しています



機材車運転手の小生は貴重な精液を受け取って
速やかに安全に診療所へGO









By 植田秋良 on 2021/11/30 11:17

 

 

先日、掘り下げ式発酵牛床を活用している

北海道のとある和牛繁殖農場さんにお伺いしました。

 

 

新築の牛舎を建てて1年半ほどになりますが、

主に初妊牛などの繁殖牛が飼養されています。

 

現時点では、

繁殖成績が良くなり、

生まれてくる子牛も調子が良いようです。

(初産から生まれる子牛も)

 

また、飼養密度(110㎡以上)の薄さも相まって

床が長持ちしており、基本的に床出しはしていません。

大幅な省力化とコスト削減も実現しています。

 

特に春から初冬(11月末)にかけては

全く手をかけていないにもかかわらず、

牛や発酵牛床の状態を保っておられます。

 

反面、発酵牛床は踏み固められた状態になり、

嫌気に傾き、発酵温度が上がりづらくなっています。

 

そこで本格的な厳しい冬を迎える前に

発酵牛床の冬支度が必要になってきます。

 

それは発酵温度の低下あるいは凍結を防止するためです。

 

方法は表面のみの床出しや敷料の投入、撹拌などです。

あらためて水分や通気(すき間)などの発酵条件を整え

「しっとりフカフカ」状態を目指します。

 

敷料の投入だけでいいのか、

(どんな敷料がいいのか、)

 

撹拌だけでいいのか、

(何で撹拌するのか、)

 

そのどちらも必要なのか、

 

維持管理の頻度はどれぐらいにするか、

 

などの判断は、

発酵牛床の状態(発酵温度含む)と

牛の状態(気持ちよく寝ているか等)をみて

決めていきます。

 

明日から12月です。

 

本格的な冬がいよいよ始まります。

 

皆さん、くれぐれもお体を大事にしてください。

 

 

By 中紙育朗 on 2021/11/29 5:37






皆さま、こんにちは!!



僕が担当させて頂いている地域も寒くなって



きている事かと思います。



寒くなると個人的に心配してしまうのが、



子牛の風邪(肺炎)です。



毎年、特に新しいことが無く



同じようなことを書いてしまっているかと思いますが




やはり寒さ対策をできる範囲内でして頂けたらと思っております。







風を直接、牛に当てないこと







お腹を冷やさないように、敷料を厚く敷いてあげること







ストレスをかけない事



上記の3つをしてあげてみてください。




ハッチから群れにするときは、なるべくオールインオールアウトに



近くなるようにしてあげてください。


(1頭入れて、1頭抜くみたいなことがなるべく無いように)






もし何かの参考になりましたら、是非取り入れてくださいましたら





嬉しいです。






By 岩本尚吾 on 2021/11/28 8:29




いつもありがとうございます。



東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 




残すところ あと約1か月で 今年も終わりですね。



あっという間の1年だった と 個人的には感じています。



皆さまにとって 今年はどんな年だったでしょうか。





人生は いろいろなことが起こりますよね・・・





もちろん、今年も まだ1か月あり



まだまだ大変な日々は続いていくと思うのですが



皆さま くれぐれもお身体に気をつけて 一日一日を過ごしてくださいませ。 





ところで・・・




ある種雄牛の成績(続報)を ある肥育農家さんがホームページで発表しています。




もちろん、肥育成績は 血統だけではなく



子牛セリの時の素牛の選定 や 飼養管理が大きな要因を占めています。



あくまでも、血統は 確率ですので



血統が良いから 絶対に肥育成績が良いという話ではありませんが



何かの参考になりましたら嬉しいです。  



↓↓↓↓↓




         
              ☆佐々畜産のブログ(日々のニュース)より








By 礒 匠 on 2021/11/26 9:29

 

皆さんこんにちは

道東担当の礒です

 

 

とある和牛繁殖農家さんにお邪魔した時のこと

粗飼料の食い込みアップのために

ちょうど草を刻んでいる所でした

 

 

使っている機械は

本来、枝や竹などを粉砕する目的で

使われることが多いですが

これは畜産の分野でも使えます!

 

 

草を切断して給与するようになってから

採食量が増え、腹づくりがしっかりできるようになり

草を引き込むことも少なくなったため

ロスがほとんど無くなりました!

 

細断長も5㎝前後(機械での調節も可能)と

粉々になってしまうこともなく

牛の反芻にも悪い影響は出ないようです!

 

5か月齢ころ~素牛出荷までは

粗飼料重視の飼料になると思いますが

しっかりと草を食い込んでいるので

無駄な脂肪も少なく

しっかりと腹ができていました!

 

 

肥育農家さんも喜んで買ってくれますね!

少し手間はかかるかもしれませんが

それ以上の効果が期待できそうです!

By 礒 匠 on 2021/11/25 19:38

 

皆さんこんにちは

道東担当の礒です

 

先日、アースジェネターのユーザーAさんに

「今度Bさん(こちらもジェネターユーザー)の

  牧場の親牛の除角をしに行くんだよね」

とのお話を聞いて

 

『僕も手伝いに行きます』

と意気揚々と参加させてもらったのでした

 

 

Bさんの牧場では和牛とF1のお母さんがおり

今回はやや体の大きいF1の除角を行いました

 

除角をすることで弱い牛が怪我をして流産などのリスクを回避し

何よりも、人も怪我のリスクが減りますよね!

 

 

除角する牛たちは、育成牛や経産牛だったため

ワイヤーで角を切る方法でした

 

何頭か切らせてもらったのですが

なかなかハードな作業で汗だくになりました

 

また、牛の保定の仕方や

ロープワークを教えていただきましたが

 

一番大切なのは保定をきちんと行い

牛も人も安全をしっかり確保して

除角を始めるということです

 

角を切る作業自体はハードではありますが

30秒~1分ほどで終わりますので

いかにきちっと牛を保定できたかで

作業の効率がだいぶ違ってくるのではないでしょうか!

 

本番に取り掛かる前の段取りが一番重要ということです!!

 

と言いつつも

ずうずうしく手伝いますと言った

初心者の私が足を引っ張ってしまい

申し訳ありませんでした・・・

 

・・・さらに

実は、牧場まで案内するため

僕が車で前を走っていたのですが

道を間違えてしまい

到着が30分ほど遅れてしまいました・・・

 

いかにしっかりとした準備

段取りが大事かということを

ひしひしと感じた1日でした。

 

良い経験をさせていただき

ありがとうございました!

牛さん、痛い思いをごめんなさい。

By 中紙育朗 on 2021/11/23 8:53






皆さま、こんにちは!!


今月、11月24日(土)鹿児島食肉センターさまにて


第24回 南九州枝肉共励会が開催されましたので


その結果を書きたいと思います。


この共励会は1・2・3代祖に「安福久」をいれない事が


出品条件になるそうです。





グランドチャンピオン   八重尾畜産 様


去  秀幸福ー美国桜ー岡茂福  30.4ヵ月  枝重 710.0キロ


ロース芯 115㎠  バラ厚 10.7㎝ 皮下 1.2㎝


歩留基準値 81.6  BMS  12  枝肉単価 5,000円




優秀賞1席


去  秀幸福ー幸紀雄ー美国桜  28.7ヶ月  枝重 673.1キロ


ロース芯  92㎠  バラ厚 11.2㎝ 皮下 2.0㎝


歩留基準値 78.6  BMS  12




優秀賞2席


去  秀幸福ー美国桜ー金幸   30.0ヶ月  枝重 648.0キロ


ロース芯  96㎠  バラ厚 10.3㎝  皮下 1.5㎝


歩留基準値  79.3   BMS   12





優秀賞3席 


去  華春福ー美国桜ー栄11  29.7ヶ月  枝重  657.4キロ


ロース芯 122㎠  バラ厚 11.3㎝  皮下 1.3㎝


歩留基準値  83.4   BMS  12





優秀賞4席

去  勝梅忠ー華春福ー百合茂   29.0ヶ月  枝重  578.7キロ


ロース芯 99㎠   バラ厚 9.1㎝  皮下 1.5㎝


歩留基準値  79.9   BMS  12





            以下出品番号順



優良賞

去  華忠良ー美国桜ー百合茂  28.3ヶ月   枝重 536キロ


ロース芯 85㎠  バラ厚  9.0㎝  皮下 1.5㎝


歩留基準値 78.4   BMS  12




優良賞

去  幸紀雄ー美国桜ー百合茂  32.3ヶ月   枝重 549.6キロ


ロース芯 89㎠  バラ厚  8.5㎝  皮下 1.3㎝


歩留基準値 78.6   BMS  12




優良賞

去 美国桜ー諒太郎ー百合茂  29.3ヶ月  枝重  601.8キロ


ロース芯 102㎠  バラ厚 11.2㎝  皮下 2.5㎝


歩留基準値 80.3   BMS  12







高校生の部


金賞  鹿児島県立市来農芸高等学校  様


去  幸紀雄ー金吉幸ー岡茂福  34.1ヶ月  549.0キロ


ロース芯  59㎠  バラ厚 7.8㎝  皮下 3.6㎝


歩留基準値  72.1  BMS   10





上記の結果となりました。



何かの参考になりましたら幸いです。