自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

Author: 中紙育朗 Created: 2016/04/01 13:37
沖縄と鹿児島離島を担当することになりました。よろしくお願いします。

By 中紙育朗 on 2021/06/29 19:37

 

皆さま、こんにちは!!

 

 

南九州・沖縄地区担当の中紙です。

 

 

 

今回は、以前にも紹介させて頂いた事があるのですが

 

 

改めてお奨めしたいと思いました。

 

 

農場内に入る前にする車両消毒や扇風機などに取り付ける細霧

 

 

飲み水にも使用することができる「オキシリンク‐SP」という商品になります。

 

 

 

 

 

 

上記の農家さんは「オキシリンク‐SP」をドサトロンで添加されています。

 

 

疾病対策に使用されてみてはいかがでしょうか。

 

 

特に大規模農場や牛舎の飲み水が貯水槽タイプの農場にはお奨めです。

 

 

リンクを貼らせていただきましたので、ご興味のある方はクリックしてみてください。

 

 

希釈濃度などの使用方法を詳しく書いてあります。

 

bunka-e.com/wp-content/themes/bunka-e/pdf/noutikusan_p/oxilink-sp-detail2.pdf

 

 

By 中紙育朗 on 2021/06/24 9:54

 

 

 

皆さま、こんにちは!!

 

今月22日に行われました

 

JA宮崎経済連和牛枝肉共進会の結果を書かせて頂きます。

 

 

出場頭数     去     98頭      メス   7頭    合計  105頭

 

平均枝肉重量       527.8キロ

 

平均ロース芯面積    75.5㎠

 

平均バラ厚        9.2㎝

 

平均枝肉歩留      76.3

 

平均BMS         10.6

 

 

 

 

グランドチャンピオン     ㈱石川牧場    様

去   義美福ー秀正実ー忠富士    枝重  507.4キロ   BMS   12

ロース芯  82.0㎠     バラ厚   9.5㎝   歩留   77.7

    枝肉単価: 8,640円   販売金額(税込) 4,734,651円

 

 

 

 

優秀1  ㈱金政畜産  様

去  秀菊安ー耕富士ー福之国    枝重 515.8キロ    BMS    12

ロース芯  94.0㎠   バラ厚   9.2㎝     歩留   78.9

枝肉単価:5,110円

 

 

 

優秀2  松之下 義政  様

去  耕富士ー美穂国ー安福久    枝重 557.8キロ   BMS   12

ロース芯  77.0㎠   バラ厚   9.3㎝     歩留   76.2

 

 

 

 

優秀3  橋ケ谷   義照   様

去  耕富士ー福之国ー安福久   枝重  560.2キロ   BMS   12

ロース芯  81.0㎠   バラ厚  9.7㎝      歩留   76.9

 

 

 

 

優良1

去  耕富士ー美穂国ー勝平正  枝重   553.4キロ  BMS   12

ロース芯  106.0㎠  バラ厚  9.3㎝      歩留    80.0

 

 

 

 

優良2

去  義美福ー美穂国ー安福久  枝重   538.9キロ   BMS  12

ロース芯  97.0㎠   バラ厚  9.6㎝     歩留   79.4

 

 

 

優良3

去  真華盛ー耕富士ー安福久  枝重  474.9キロ    BMS   12

ロース芯  76.0㎠   バラ厚   8.3㎝    歩留   77.2

 

 

 

 

今回の共進会から新たに設けられた、一価不飽和脂肪酸(MUFA)の含有率が

1番高い枝肉「脂質賞」を受賞されたのは

 

 

川越 忠次 様

 

 

去  清正秀ー忠富士ー福之国    枝重  525.8キロ   BMS   10

ロース芯  69.0㎠   バラ厚   9.0㎝   

 

枝肉単価も 4,530円と高値が付いていたと感じました。

 

 

 

 

    

By 中紙育朗 on 2021/06/08 15:42

 

皆さま、こんにちは!!

 

今月の7日~8日に行われました

 

薩摩家畜市場子牛セリの結果を書きたいと思います。

 

  入場頭数 売却頭数 最高価格(税抜き) 平均価格(税込み)
メス 240頭 227頭 123.2万 79.0万
去勢 342頭 341頭 112.1万 85.3万
合計 582頭 568頭  

82.8万

(前回比 -2.3万)

 

 

種雄牛別出場頭数(上位10)※欠場牛を含む

美国桜  118頭

諒太郎  112頭

幸紀雄  105頭

紀多福   68頭

喜亀忠   25頭

華忠良   22頭

秀幸福   15頭

夏百合   12頭

直太郎   11頭

華満福   11頭

 

 

 

 

高値だったメスと去勢の結果を書きたいと思います。

 

 

メス

安福久ー華春福ー勝忠平ー神高福  266日 263キロ   123.2万(税抜き)

 

諒太郎ー安福久ー金幸福ー神高福  283日 304キロ   100.8万

 

秀幸福ー安福久ー平茂勝ー神高福  252日 310キロ    99.1万

 

美国桜ー勝忠平ー安福久ー百合茂  280日 321キロ    96.7万

 

諒太郎ー安福久ー平茂勝ー紋次郎  278日 308キロ    95.7万

 

 

 

去勢

紀多福ー美国桜ー勝忠平ー安平    254日  353キロ   112.1万(税抜き)

 

幸紀雄ー美国桜ー安福久ー勝忠平   280日  381キロ   110.5万

 

紀多福ー安福久ー百合茂ー平茂勝   277日  301キロ  109.1万

 

白清誉ー美国桜ー安福久ー百合茂   289日  357キロ   108.7万

 

幸紀雄ー美国桜ー勝忠平ー平茂勝   270日  325キロ   105.2万

 

秀幸福ー安福久ー百合茂ー北国7の8 235日  283日    100.6万

 

紀多福ー百合茂ー安福久ー百合茂   263日  323キロ     99.6万

 

白清誉ー安福久ー平茂勝ー北国7の8 274日  310キロ     96.8万

 

華忠良ー安福久ー百合茂ー第1花国  238日  337キロ    94.5万

 

喜亀忠ー安福久ー勝忠平ー安平    230日  348キロ     91.1万

 

葉山桜ー百合気高ー安福久ー平茂勝 272日  332キロ     90.0万

 

 

上記のような結果となりました。

 

 

結果のみになってしまいましたが、何かの参考になりましたら幸いです。

 

 

By 中紙育朗 on 2021/05/30 8:49

 

皆さま、こんにちは!!

 

南九州・沖縄地区担当の中紙です。

 

今回は、特に鹿児島離島地域でお奨めの暑熱対策を書きたいと思います。

 

牛舎の側面で使用される事が多い寒冷紗ですが

 

沖縄・鹿児島離島地域では、強風にも耐えられる強度が必要になるかと思います。

 

そこで、ある農家さんが使用されていたのが、下の写真のカーテンになります。

 

 

大型の台風の時には、巻き上げる必要はあるかもしれませんが

 

通常のよく使用されている寒冷紗よりも、生地がしっかりしており

 

破れにくいかと思います。

 

次は、屋根になります。

 

特に、鹿児島離島地域の屋根で使用されている事がある

 

トタン波板にはとてもお奨めです。

 

僕個人的には、この対策で島での熱中症が少なからず減ると思っております。

 

 

 

1つ目は、白のペンキで屋根を塗ってしまう事。

 

もう1つは、内側からベニヤ板をつけてしまう方法です。

 

具体的な数値はありませんが、体感的には大きな差があると思います。

 

夏本番を迎える前に、是非やってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

By 中紙育朗 on 2021/05/28 11:01

 

皆さま、こんにちは!!

 

今月25日~27日に行われました

 

曽於家畜市場子牛セリの結果を書きたいと思います。

 

 

※3日間合計

  入場頭数 売却頭数 最高価格(税抜き) 平均価格(税込み)
メス 598頭 587頭 108,3万 71,7万
去勢 702頭 701頭 105,1万 79,1万
合計 1,300頭 1,288頭   75,7万(前回比 -8,9万)

 

 

 

種雄牛別出場頭数(上位 10)

華忠良   259頭

諒太郎   136頭

秀幸福   126頭

喜亀忠   113頭

華春福   107頭

美国桜    78頭

幸紀雄    68頭

紀多福    66頭

夏百合    63頭

若百合    34頭

 

 

僕がわかる範囲内で高値だった牛の結果を書きたいと思います。

 

 

メス

諒太郎ー安福久ー美津照ー平茂勝  282日  334キロ   108.3万(税抜き)

 

美国桜ー百合茂ー安福久ー平茂勝  278日   276キロ   105.0万

 

美国桜ー華春福ー安糸福ー金幸    258日   322キロ   94.7万

 

美国桜ー百合茂ー安福久ー百合茂  295日   327キロ   93.8万

 

華春福ー安福久ー平茂勝ー神高福  262日   293キロ   93.5万

 

美国桜ー華春福ー隆之国ー安福久  295日   382キロ   91.1万

 

 

 

去勢

華忠良ー美国桜ー安福久ー百合茂  255キロ 345キロ  100.8万(税抜き)

 

諒太郎ー美国桜ー安福久ー勝忠平  266日  343キロ   99.9万

 

華春福ー安福久ー勝忠平ー福栄(岡) 285日  365キロ   99.8万

 

夏百合ー諒太郎ー百合茂ー安福久  259日  329キロ   96.7万

 

紀多福ー安福久ー平茂勝ー糸福(大) 272日  320キロ   96.4万

 

秀幸福ー美国桜ー安福久ー百合茂  282日  375キロ   96.2万

 

白清誉ー安福久ー百合茂ー金幸   255日   310キロ   94.4万

 

紀多福ー諒太郎ー安福久ー百合茂 272日  347キロ   91.8万

 

紀多福ー諒太郎ー百合茂ー金幸   270日  333キロ  84.9万

 

福之姫ー安福久ー平茂勝ー谷秋   265日  365キロ  80.1万

 

 

 

結果のみになってしまいましたが、何かの参考になりましたら幸いです。

 

 

 

By 中紙育朗 on 2021/05/17 16:59

 

皆さま、こんにちは!!

 

今月の15日から3日間行われました

 

都城子牛セリの結果を書きたいと思います。

 

 

  入場頭数 売却頭数 最高価格(税抜き) 平均価格(税込み)
メス 446頭 405頭 128,7万 73,9万
去勢 633頭 633頭 121,7万円 87,2万
合計 1,079頭 1,038頭  

81,7万

(前回比 -2.3万)

 

種雄牛別出場頭数(上位 10) 

耕富士      441頭

満天白清    304頭

忠美智晴     71頭 

秀正実       61頭

義美福       51頭

桃白鵬       37頭

富久竜       30頭

秀百合久     22頭

常忠幸      11頭

勝美利       9頭

 

 

1日目と2日目僕がわかる範囲内で高値だった結果を書きたいと思います。

(もしかすると一部分、間違っている所があるかもしれません。申し訳ございませんが

その点どうぞよろしくお願い致します。)

 

 

メス

満天白清ー耕富士ー美穂国ー勝平正  279日  295キロ  113.2万(税抜き)

 

耕富士ー美穂国ー忠富士ー福桜     281日  335キロ   96.2万

 

耕富士ー安福久ー勝忠平ー北国7の8  296日  305キロ  91.2万

 

 

 

去勢

福之姫ー耕富士ー百合茂ー安福久  281日  381キロ    120.4万(税抜き)

 

秀正実ー安福久ー金幸ー第1花国   289日  346キロ    110.2万

 

 

 

耕富士ー美穂国ー安福久ー忠富士     269日   348キロ  110.0万

 

耕富士ー百合茂ー安福久ー勝忠平  291日  324キロ     105.2万

 

耕富士ー安福久ー百合茂ー安平   287日  319キロ     100.0万

 

耕富士ー忠富士ー安福久ー金幸   281日  342キロ       98.9万

 

耕富士ー諒太郎ー福之国ー安平   276日  344キロ       90.0万

 

耕富士ー諒太郎ー忠富士ー安平   270日  339キロ       88.3万

 

 

僕は1日目と2日目に行かせて頂きました。

 

僕個人的にはどちらの日も、とても良い牛が多いと思いました。

 

去勢は大きな牛が多いのが印象的でした。

 

もちろん、全ての牛がそうではありませんが

 

メスに関しては、その牛に対しての配合飼料の量が多かった為か

 

体高が伸びずに、脂が付いてしまった牛がいるように思いました。

 

生後6か月以降の給与量を調節してあげても良いかもしれません。

 

何かの参考になりましたら幸いです。

 

 

 

By 中紙育朗 on 2021/04/30 14:31

 

 

 

前回からの続きを書きたいと思います。

 

枝肉格付け以下にも、分析型官能評価(食味試験)をされました。

 

評価項目は、やわらかさ、多汁性、うま味、脂っぽい香り、甘い香り、肉様の香り、

 

和牛らしい風味の7項目。

 

どの項目も有意な差はみられなかったという判断でしたが、数値で見ると

 

甘い香り      26カ月肥育 6.3     29カ月肥育  6.9

 

和牛らしい風味          6.3               6.8

 

と差がみられました。

(数値が大きいほど良い)

 

 

ちなみに、今回は発表されていませんが、オレイン酸、一価不飽和脂肪酸(MUFA)

 

飽和脂肪酸の数値も測定されており、論文になった場合発表するかもしれない

 

との事でした。

 

話が少し逸れてしまいますが、お肉の味についての評価は皆様意見

 

が分かれるところでもありますよね。

 

今のところ僕自身は、個人の好みによる部分が大きいのでは?と思っていますが、

 

今後、食べ比べる事がたくさんできたのなら変わるのかな?とも思っています。

 

 

 

最後に、温室効果ガスの原因といわれるメタン(消化管内と堆肥処理由来の2項目)

 

と一酸化二窒素の発生量を推計し削減率を計算されています。

 

メタンガスが消化管内と堆肥由来を合わせておおよそ14%

 

堆肥由来の一酸化二窒素が11%削減が期待されるとの事でした。

 

本文にも書いておりますが、短期肥育は2015年国連サミットで採択された

 

持続可能な開発目標(SDGs)への取り組みの一環にもなります。

 

 

短期肥育は今までもされている農場もあり、今回の試験結果だけでは

 

まだ頭数も少ないので判断しにくい部分もあるかと思いますが、

 

共励会や長期肥育を実施する銘柄牛などを除く、一般出荷の場合の

 

選択肢として僕個人的にはアリなのではと思っております。

 

その場合、出荷されるお肉屋さんの方の意見もあるかと思いますし、

 

素牛の選定(血統も含む)、エサの打ち込み(エサの濃さ)を変えていく必要

 

があるかもしれませんので簡単ではないかもしれませんが、

 

エサ代やその他経費を減らす事が可能になると経営面において

 

メリットがあると思います。

 

もちろん短期肥育により肥育成績や肉質が大きく落ちてしまうと、良くありませんので

 

もし実施される場合は小頭数(1スパン)などから試験的に行ってみると

 

良いかと思います。

 

 

 

少しでも何かの参考になりましたら幸いです。

 

 

 

By 中紙育朗 on 2021/04/25 18:37

 

 

皆さま、こんにちは!!

 

先月、 独立行政法人 家畜改良センター様から

 

「黒毛和牛の肥育期間の違いによる肉質について」

 

という調査研究の内容が発表されておりました。

 

肥育農場においての飼料代節約や、長く飼うことによる

 

起立困難などのリスク軽減になるかと思いますので

 

何かの参考になればと思い書きます。

 

 

※この営業マンの放浪日記で書かせて頂く事を

 

独立行政法人 家畜改良センターさまのご担当者様から許可を得ています。

 

 

 

まずは、概要をお伝えします。

 

 

一般的な29カ月齢程度の肥育期間の牛肉と比べて、肥育期間が短いと

 

「きめ・しまり等の肉質が劣る」といわれ、市場における評価は低くなる

 

傾向にある。

 

このため、肥育期間を26カ月齢に短縮した場合の牛肉との比較試験を

 

実施したもの。

 

調査の結果、肥育期間を短縮(29か月齢→26カ月齢)しても枝肉重量に

 

有意な差はなく、肉質面でも枝肉格付けは「A4」で「きめ・しまり」に差はなく、

 

食味においても変わりがない結果を得ることができた。

 

さらに、近年、畜産分野でも地球温暖化対策をはじめとした持続的な畜産物生産

 

に向けた取り組みの重要性が高まる中、肥育期間の短縮(29カ月齢→26カ月齢)

 

により牛から発生する温室効果ガス(メタンガス、一酸化二窒素)排出量だけで1割

 

以上削減する結果が得られた。

 

 

 

一部抜粋して、枝肉格付けの内容をみていきたいと思います。

 

上記にもある通り、どちらも平均は「A4」となりました。

 

同一農場、同じ飼料で試験されました。

 

飼料は普通に販売されている商品になります。

 

血統や枝肉単価はもしかすると今後論文のような形でさらに詳しく発表

 

するかもしれないとの事でした。

 

また肥育は集計されたデータになります。

 

26カ月齢の頭数は14頭。

 

29か月齢は10頭。

 

 

枝肉重量     26カ月齢      509.8キロ

 

           29カ月齢      515.7キロ        差   5.9キロ

 

BMS        26カ月齢       6.1

 

           29カ月齢       7.3 

 

きめ・しまり     26カ月齢      4.4

 

            29カ月齢      4.5            

 

ロース芯面積   26カ月齢    59.4㎠

 

            29カ月齢    62.2㎠     

 

バラ         26カ月齢    8.3㎝

 

            29カ月齢    8.3㎝

 

皮下脂肪     26カ月齢    2.7㎝

 

           29カ月齢    2.6㎝

 

歩留基準値   26カ月齢    73.8

 

          29カ月齢     74.2

 

 

格付けの結果は上記の結果となったそうです。

 

短期肥育において懸念される、きめとしまりに関しては上記のとおり

 

差はなくどちらも良い結果だったと思います。

 

枝肉重量は平均5.3キロの差があり、BMSにおいてはおおよそ1ぐらいの

 

違いがあります。

 

 

 

 

続きを次回書きたいと思います。

 

 

 

記事の全文は下記のアドレスになります。

www.nlbc.go.jp/research/kanri/tankihiiku_nikushitu.pdf

 

By 中紙育朗 on 2021/04/16 9:27

 

皆さま、こんにちは!!

 

今月の14日から15日に行われました、薩摩家畜市場子牛セリの結果を

 

書きたいと思います。

 

2日間合計    ※平均価格は評価牛を含まない

  入場頭数 売却頭数 最高価格(税抜き) 平均価格(税込み)
メス 210頭 201頭 155.7万 85.3万
去勢 368頭 368頭 109.3万 88.7万
合計 578頭 569頭  

87.5万

(前回比 +0.4万)

 

種雄牛別出場頭数(上位 10) ※欠場牛を含む。

美国桜   102頭

諒太郎   102頭

幸紀雄   101頭

紀多福    54頭

白清誉    29頭

華忠良    25頭

喜亀忠    22頭

華春福    17頭

夏百合    16頭

茂忠陽    11頭

 

僕がわかる範囲内で高値だったメスと去勢の結果を書きたいと思います。

 

メス

安福久ー百合茂ー勝忠平ー美華忠  266日   291キロ   155.7万

 

美国桜ー安福久ー百合茂ー福栄(岡) 314日  313キロ   130.5万

 

諒太郎ー安福久ー百合茂ー平茂勝  278日  327キロ   120.4万

 

喜亀忠ー安福久ー金幸ー平茂勝    276日  297キロ   100.5万

 

美国桜ー勝忠平ー安福久ー百合茂  285日  267キロ   100.4万

 

美国桜ー安福久ー勝忠平ー神高福  294日  306キロ    100.1万

 

 

 

去勢

華春福ー安福久ー百合茂ー平茂勝  256日 320キロ   109.3万

 

紀多福ー美国桜ー安福久ー金幸   274日 324キロ   106.1万

 

紀多福ー喜亀忠ー安福久ー百合茂 260日  346キロ  105.2万

 

幸紀雄ー安福久ー安平幸ー平茂勝  258日 328キロ   102.4万

 

幸紀雄ー華春福ー安福久ー平茂勝  267日 386キロ   101.5万

 

紀多福ー諒太郎ー安福久ー平茂勝  232日 325キロ   101.1万

 

紀多福ー安福久ー勝忠平ー紋次郎  287日 313キロ   101.0万

 

華春福ー美国桜ー勝忠平ー神高福  276日 322キロ   100.3万

 

紀多福ー百合茂ー安福久ー金幸   263日 345キロ   100.2万

 

百合白清2-華春福ー安福久ー金幸 271日 348キロ  100.2万

 

白清誉ー安福久ー隆之国ー金幸   272日 309キロ   95.7万

 

 

上記のような結果となりました。

 

何かの参考になりましたら幸いです。

 

 

By 中紙育朗 on 2021/03/31 11:36

 

皆さま、こんにちは!!

 

南九州の現場に行かせて頂くと

 

春になり暖かくなってきた事もあり

 

牛舎内に鳥が入ってきてしまっているところを見かけます。

 

血便を含む下痢対策として、鳥を牛舎内に入れない事が大切かと思っております。

 

目の細かいネットでしたら、吸血昆虫対策にもなるので

 

とても、おすすめです。

 

 

 

2農場の写真をアップさせて頂きました。

 

牛がネットに届かないようにしてあげる事と、こえたての時などになるべく簡単に

 

開ける事ができると良いかと思います。

 

ネットを張る時に少し人手が必要かと思いますが、コストもそれほどかからず

 

費用対効果はあると思います。

 

これから、もう少しすると梅雨時期にもなりますので

 

牛舎内のホコリやクモの巣の除去、飼料タンクやオーガ内の清掃を

 

されてみてはいかがでしょうか。