自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

Author: 礒 匠 Created: 2016/04/01 13:28
(株)アース技研で北海道を担当することになりました。よろしくお願いします。

By 礒 匠 on 2017/02/27 15:35

 

 

北海道は寒暖差が激しく、

春が近いようで遠いような今日この頃です

 

以前、防鳥対策のことを書きましたが、

 

対策をしっかりとしている農家さん

外のパドックではこのような工夫がされていました!

 

えさゾーンが網で守られていますが、

牛側からはチェーンが垂れています。

これにより、鳥はえさのあるところには入ってくることができません。

 

牛はチェーン嫌がることなく

安心してえさを食べていました

 

パドックの自動給水器にもチェーンが垂れており

鳥の糞などで汚れることもなくきれいでした!

 

 

また、別の酪農家さんでは定期的に大きな音が出て、鳥を威嚇する

爆音機が設置してあり、空にカラスが大量にいるものの

牛舎の近くに近づけずにいました

効果ありだと思います。

詳しくは爆音機で検索してみてください。

 

皆さまも参考にしてみてください

By 礒 匠 on 2017/02/20 15:07

 

先週のことになってしまいますが、十勝市場でした!

更新が遅くなってすみません!

 

 

まずは、主な種雄牛ですが

勝早桜5 299頭 美津照重 239頭 芳之国 132頭 花国安福 128

美津百合 95頭 光平照 70頭 幸紀雄 69頭 安福久 67頭 隆之国 65

百合茂 63頭 美国桜 56頭 晴国花 36頭 諒太郎 28頭 ・・・その他

 

でした。

 

最高価格はめす1,084,320円、去勢1,319,760円(税込)

平均はめす784,659円、去勢902,632円でした。(税込)

先月よりめすマイナス2,000円、去勢マイナス1万円ほどです。

 

1日目は100万円超えの去勢がバンバン出ていました。

これらの牛は必ずしも安福久が絡んでいるわけではなく

やはり、増体がいい牛がとても高価で取引されています。

勝早桜5-第1花国-安平 去勢 262日齢391kg 1,041,000円(セリ価格)

美国桜-勝忠平-安糸福 去勢 271日齢346kg 1,013,000円(セリ価格)

百合茂-金幸-糸藤 めす 323日齢374kg 852,000円(セリ価格)

光平照-百合茂-第1花国 めす 324日齢352kg 847,000円(セリ価格)

 

また、名簿をチェックしていると勝早桜5が2代祖にいる子が

数頭ずつではありますが出てきました

今回はチェックできませんでしたが、勝早母牛の素牛も

気にしながら見ていこうと思います!

By 礒 匠 on 2017/02/03 15:54

 

今週は日高地方の馬牧場に行ってきました

 

 

すると、1日の夕方から吹雪。

日高にしてはめずらしく雪が積もりました

 

次の日、みなさん雪かきで忙しく

中には不機嫌な親父さんもいるかと思いきや・・・

 

「いやー、ようやく積もってくれたよ!人は雪かき大変だけど

馬にとったら歩きやすいし、蹄もボロボロにならないし、運動不足も解消だ」

 

と、なかなか積もらなかった雪を待っていたようでした

たしかに、仔馬は広い放牧地で日中、走り回ることが

体づくりにも、健康にもとても大切!

ふかふかの新雪でとてもうれしそうに遊んでいました。

 

そして、お産のシーズンが到来しています。

みんな親子ともに無事に、健康で生まれてくることを祈っています!

By 礒 匠 on 2017/01/31 15:41

 

 

北海道は去年1年天候に悩まされました

長雨、台風などで畑に入れない日も多く

草の質・量ともに良くない農家さんがほとんどだったようです

 

特に、酪農家さんはいい粗飼料を食べさせてあげられず

乳量が落ちてきたという声も耳にします。

 

そんな中で、工夫しながら無理をかけずに

上手に搾っている方もいます

 

この、農家さんは去年の一番草を与え始めると

食い込みが悪く徐々に乳量が落ちてきたようです。

 

ですが、あるとき二番草のロールをそのまま

パドックにドーンと置いてみると飼槽のえさよりも

喜んで食べ、粗飼料の食い込みが良くなったので

乳量も戻ってきたのかなと言っていました。

 

このように草に群がっていますね!

また、乳量が落ちてきて配合で調節されている方などは

アシドーシス気味になっている牛が多い可能性があり

重曹の塊を与えたら牛が喜んで舐めてすぐになくなってしまったそうです

それだけ、体が欲していたのですね

それから少しずつ食い込みが回復してきた

という話なども聞きました

 

やはり、えさの濃度を上げるだけではなく

しっかりと食い込ませてあげることが大事なのだと思いました

By 礒 匠 on 2017/01/30 16:54

 

先週、釧路のほうに行ってきました。

 

釧路と言えばこのようによくタンチョウを見かけます

本州出身の僕にとってはとても素晴らしい光景ですが・・・

 

酪農家さんにとっては、野生の鳥は敵でもあります

病原菌を運んできたり、牛のえさを食べてしまったり

カラスに至っては、牛のおっぱいをつついて

大量の血が・・・ということもよくあります

 

 

ですから、鳥対策は重要です。

この農家さんは牛舎の入り口に防鳥ネットを取り付けています。

出入り口はしっかりしたネットでないとすぐに擦れて

切れてしまうとのことです。

レールなども含めるとコストは結構かかるようですが

上に書いたような被害はほぼ無くなります

 

 

もし、余裕がある方はご検討を・・・

By 礒 匠 on 2017/01/19 13:26

 

みなさん、今年もよろしくお願いいたします。

 

さて、先日 十勝の和牛素牛の初競りに行ってきました。

 

主な種雄牛は、いつもとあまり変わりませんが

勝早桜5 289頭  美津照重 223頭  芳之国 148頭  花国安福 101

美津百合 87頭  幸紀雄 78頭  百合茂 73頭  安福久 72頭    光平照 65頭  美国桜60頭  隆之国44頭  その他

でした。 

 

平均価格は税込みで

めす 786,847円 去勢 911,758円で

12月の市場より、めすで8千円、去勢で5千円程度のアップでした。

 

 

めす

勝忠平-安福久-百合茂 288日齢 292kg  947,000

美津照重-芳之国-安福久 281日齢 350kg  871,000

光平照-勝忠平-第1花国 278日齢 342kg  851,000

花国安福-平茂晴-平茂勝 301日齢 303kg  818,000

 

去勢

勝早桜5-安福久-金幸 265日齢 342kg  1,116,000

< ... Read More »

By 礒 匠 on 2016/12/28 9:58

 

先日行った農家さんは

なかなか、他では見ない管理をしているので紹介します。

 

 

母牛と生まれたての子牛が10組位でしょうか

ここに放たれていますが、

何かが青や白い桶がたくさん置いてあります。

 

これは・・・

ご飯の時間になると親分が一頭一頭

桶の前に繋いで個別で飼料を与えています。

もちろんみんな食べ終われば綱を解いて放しています

 

ここの親分は御歳70歳を超えておりますが

毎朝元気にえさやりを行っています!

 

和牛の血統好きで、いつも楽しそうに

いろいろなことを教えてくれます!

 

人、牛ともに健康の秘訣がここにあるかもしれませんね!

 

 

 

 

 

そういえば、いつのまにか今年も終わりですね

皆様、よいお年をお迎えください!!

By 礒 匠 on 2016/12/22 8:34

 

今年は夏場の長雨で、牧草は質・量ともに悪く

困っている農家さんが多いです。

 

酪農家さんにとって、牧草サイレージは欠かせないと思いますが

今年のような天候のときは、牧草の乾燥が十分できず

水分も多くサイレージの発酵品質も悪いなあ

ということや、

分析にかけたら酪酸発酵していた

ということもあるかと思います

これは、釧路地方の酪農家さんに聞いた話ですが、

 

そんな時、牧草サイレージにギ酸を添加して

あげることで、pHが急激に下がり

発酵品質が安定するということでした。

 

ギ酸添加を始める前は品質にかなりのばらつきがあったそうですが

少しコストはかかってもギ酸を添加することで

良い品質のサイレージを牛に食べさせてあげることができ

悪いものを食わせて、乳房炎になるリスクなどを考えたら

安いものだと言っていました

雑草が混ざってしまっている牧草にも有効と聞きました。

このような悩みをお持ちの方は試してみてください 

By 礒 匠 on 2016/12/16 18:02

 

残念ながら行けなかったのですが

今週あった十勝家畜市場の結果をお知らせします。

 

 

主要種雄別上場内訳は

勝早桜5 315頭  美津照重 246頭  芳之国 171頭  花国安福 104

光平照 82頭  美津百合 80頭  百合茂 69頭  美国桜 67頭  

幸紀雄 66頭  隆之国 66頭  安福久 57頭  百合清 47頭  他

 

でした。

僕の注目している花国安福の頭数も増えてきました!

 

 

次のような牛がこのような価格で取引されていたようです(セリ価格)

めす

勝早桜5-安福久-勝忠平 257日齢 289kg 990,000

勝忠平-安福久-金幸 324日齢 352kg 982,000

幸紀雄-安福久-金幸 279日齢 328kg 882,000

勝早桜5-光平照-平茂勝 304日齢 348kg 808,000

 

 

去勢

花国安福-北平安-平茂勝 271日齢 400kg 998,000

勝早桜5-北国茂-安平 271日齢 332kg 952,000

室太郎-安福久-百合茂 312日齢 312kg 998,000

晴国花-勝早桜5-隆之国 275日齢 322kg 930,000

 

などで、北海道の種 勝早桜5も花国安福もとても良いと思います。

これらの種が二代祖に来る牛も何頭か出てきていますが、母体に残しても

良いのではないかなと思いますよ!

 

全体の結果としては、

平均はメス778,332円、去勢906,462円(税込)でした!

久が二代祖に来ている牛は当然高値ですが、それだけではなく

勝早桜5などのも、安定してかなり高値で取引されているようです!

話を聞いていると、北海道の農家さんも勝早桜への信頼は厚いです!

 

どうぞ、参考にしてみてください!

By 礒 匠 on 2016/11/29 17:32

 

今日、十勝の乳牛市場に行ってきました。

 

和牛の高騰も止まりませんが、乳牛も非常に高く

導入している農家さんは厳しいようです。

 

初妊牛はほとんどが和牛の種を付けているか、ET移植、めす判別精液という

内容でした。現在、ホルスの雄なども高騰していますが

こういった、繁殖内容ですのでホル雄などは生まれる数自体が

減っているのだと思います。

 

 

 

そして、乳牛の市場に行ったのは初めてでしたが、

素人の僕が見ても

とても、素晴らしい見た目だなあと思う牛たちがいました。

 

 

それは、手入れされている牛たちです

白黒がはっきりしていて、毛並みも整いとてもきれいでした。

 

もちろんこの牛たちは商品ですから

これだけピカピカにされていれば、価格もしっかり上がります。

逆に、糞が固まって身体にこびりついてしまっている牛も少なくなく

見比べてしまうと・・・・・

という感じでした。

 

高値で取引されているから手入れしなくても、ではなく

きれいにすることで

1000円でも高く売ろうという心意気がいいと思いました。