自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

Author: 續晶子 Created: 2014/03/31 14:54
平成26年度入社の續晶子です。よろしくお願いします。

By 續晶子 on 2014/07/29 14:30

皆さんお久しぶりです☆

 

 

續は今佐藤社長とともに南の島を巡っています(*^_^*)

 

 

 

そうです。

 

 

久しぶりにホームに帰って来たのです。

 

 

 

しかし.......暑いです。

 

 

 

 

どこに行ってもこの暑さ。

 

 

 

 

そしてどの島、地域に伺っても

変わることのないアースジェネターユーザー様の熱い牛さんへの思い..........。

 

 

 

 

そして、安定の元気一杯な佐藤社長ですよ。 笑

 

續は新人で営業一若いはずなのに負けてます

 

 

 

 

 

 

 

そんな出張も本日から後半戦に突入しました。

自分の地元を別の視点から見ることがとても新鮮な毎日です

 

 

まだまだ暑い夏は続きますが、皆様水分、塩分補給はしっかりととってくださいね

 

牛さんはもちろんのこと、それを育てている皆様の万全な体調管理で

この暑い夏を乗り切っていきましょうね

 

 

 

 

 

ちなみに續は既にバテ気味で食い止まりしつつありまーす。

いや~沖縄の暑さを完全になめてました~

By 續晶子 on 2014/07/08 8:39

 

前回の続きです

 

 

 

 

午後から専門の職員の方が農場にいらっしゃいました

 

 

 

 

 

 

こ~んな感じ

 

 

 

 

 

 

そして子牛の体のあちらこちらを専用の道具で測定し始め

(体高・幅・胴回りetc)

 

 

 

 

 

 

子牛に実際に触れて皮をひっぱったり腹の出来具合を見たり…………..

 

 

 

 

 

↑これをみて

素牛を導入する時の購買者さんが行っていることと同じことをしてる!!!

っということを考えながら續は見ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職員の方は確認項目の書かれている紙を片手に

項目一つ一つチェックしながら、気になった点などをお互いに意見交換していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

續はその姿に感動しつつ、愚図つきだした子牛で遊んでました

 

 

写真は職員の方々と噂の子牛さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなな種牛検定の結果ですが……….

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうなったかといいますと………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の隣で「よし。肥育にかける。」とSさんが仰られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

とどのつまり、そういうことのようです。

 

 

 

 

 

 

 

續はここまで引きは良くなかった~~~~~。残念無念なりけり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張って大きくなるのだよ。

 

 

續も君に負けずに大きくなるからね。(意味は二通り)

 

Read More »

By 續晶子 on 2014/07/07 9:35

 

ハイタイ☆續です。

 

 

研修先から帯広まで帰ってきて数日が経過し、ようやくここでの生活リズムに戻りつつ……..戻れるのか私!!!!

 

竜宮城(熊本)に行って現世(帯広)に戻ってきた浦島太郎(續晶子)状態ですよ。

まだぽけぽけしています。

 

 

 

 

 そんな續がお届けする本日のお話は

 

 

種牛検定

 

 

です。

 

 

 

 

いや、まさか、研修中にここまで見学できるとは…….!!!

 

 

Sさん本当にありがとうございました。

見学したくても一般人じゃここまで見学できません。

 

 

 

 

 

 

 

續は人との縁の引きが兄弟の中で一番良いと母に言われたことがありますが、

今回は非常事態の引きも良かった……..

 

 

だからこそ前回までにブログにアップしたような経験が出来たのですが……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話は変わりまして本題の方です。

 

 

 

 

午前中の通常の作業に加えこの日は

肥育過程の牛たちの部屋の移動、子牛の群編成等のお手伝いもしました。

 

 

牛を引く時のコツを習ったのですが…….

 

「牛を先に歩かせては駄目」

 

 

 

&n ... Read More »

By 續晶子 on 2014/07/02 13:21

 

 

 

 

研修ではSさんのお手伝いでこんなこともしました

 

 

紐です。

 

 

写真見ればわかるわっていうつっこみありがとうございます

 

 

 

 

 

この紐で

 

 

 

 

種牛候補の子牛さんの簡易頭絡を作りました。

 

 

 

 

 

3度作り直しました。

 

 

 

 

 

上手く出来てますか????

 

 

 

 

 

 

奇跡的にも子牛さんにもぴったり!!!!!!

イケメンになりましたとさよかった~

写真の紫の頭絡をつけている子牛さんです

By 續晶子 on 2014/07/02 12:59

 

本物の除角と削蹄も見学しました。

 

 

 

削蹄はプロの方がやってくださっているのを子牛の脚を補ていしながら見学

 

 

怪我をしない・させないために迅速に作業を淡々とこなしていかれる姿に

 

 

 

ほれぼれ

 

 

してしまいました

 

 

 

 

 

 

 

 

除角はSさんのレクチャーを受けながらSさんのお手伝いをしつつ見学。

 

 

写真は除角する際に使用した道具の数々です

 

角を切るときにする音が木を剪定する音に似ていて、

今も續の記憶の中に……….ひ~え~

 

 

 

気がつくと止血の際、使用した塩化鉄で指先が茶色に染まるほど作業に没頭していました。

 

 

 

今回は同じ部屋の2頭を同じタイミングで除角しました。

それまでお互い喧嘩ばかりで、少し体格がいい子牛がもう一方の子牛を苛めていたのですが、

除角して苛めに使用していた?角がなくなると

 

 

 

あら不思議

 

 

2頭とも喧嘩しなくなりましたとさ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人も除角したら喧嘩しなくなりますかね??

 

 

 

 

この子牛さんたちは繁殖期間を終え、肥育にかけられていきます。

 

除角はそこに至るまでの通過儀礼

日本人的にいえば成人式みたいなものだったのかなと

ふと考えてしまいました。

  Read More »

By 續晶子 on 2014/07/02 12:51

 

実は研修中にもう一度阿蘇山に登りました。

 

 

 

何しに行ったのかって言いますと……….

 

 

 

 

 

 

イケメンを捕まえに行ってました!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい。

嘘言って申し訳ございません

 

 

 

 

 

 

 

 

本当は月に一度の放牧している牛さんの健康診断に参加したのです。

あと半年に一度の血液検査も見学しました。

 

 

 

 

 

朝早くから阿蘇山に放牧している牛の所有者の農家さん総出で

放牧中の牛さんを捕獲し、一頭一頭獣医さんが診察するのですが……..

 

 

 

頭数が頭数なだけに時間との勝負!!!!!!

 

 

 

 

 

農家さんや獣医さんが慌ただしく仕事をこなしている中、

續は何をしていたのかと言いますと

 

 

 

 

 

 

 

…………………..續は、ブリーチ剤で牛の体に消えかかっている個体識別の文字を塗り塗りしていました。

 

 

 

 

 

 

この日会社の名前が入ったつなぎを着て作業をしていたところ、ユーザーのMさんとKさんにお声をかけていただきました。

お会いできてとても嬉しかったです(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

写真は健康診断後の総会風景です

 

阿蘇山における放牧の実態を自分の目で見ることが出来てまた一つ新しいことを学びました。

By 續晶子 on 2014/07/01 18:15

 

Sさんの牛を京都に出荷する際、

同じように出荷する他の農家さん達の牛が計10頭集まったので

 

 

生体体重を予想してみよ。

 

とSさんから指令が、、、、、!!!!

 

 

 

十人十色と言いますが、牛さんが10頭も集まれば色んな牛さんがいました。

 

 

それまで毎日観察・お世話していたSさんの牛さんを基準にして、

体高・幅・腹・跤等観察し

今自分が考察できる限り考察し尽くして一頭一頭体重を予想しました。

 

 

 

ちなみに全頭3度以上数字を書き換えました。

 

 

 

しかし、考えれば考えるほどよくわからなくなってしまい

結局

 

 

わからん。外れてもいいや~。

 

 

と投げやりになってしまった續の予想。

 

 

 

 

その結果

 

 

 

 

なんと

 

 

 

 

この日一番重量があった牛さんの生体体重を

 

 

 

 

 

なんと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぴったり当ててしまったのです Read More »

By 續晶子 on 2014/07/01 18:04

 

タイトルで少々格好つけてみました☆

 

ハイタイ續です。

 

 

今回は赤牛のお肉を昼食にいただいたことをアップしたいと思います( ..)φ

 

 

 

赤牛を食べたことない!

という續にSさんが阿蘇王というブランドのお肉をBBQでごちそうしてくださいました。

 

  

このお肉です

そのままでも本当に美味しいのですが、

 

塩だけ

若しくは

ワサビ醤油で食べると最高に美味

 

 

日本人の食文化って素晴らしいです

とても食べやすく気づいたら2人で1パックぺろり完食してしまいました

 

 

 

 

実は續は前日とこの日に色々失態を犯しまして、地味に落ち込んでいたのですが、、、、、。

 

 

美味しいお肉で忽ちHappyになりました(*^_^*)

 

美味しいものは世界を救います!!!!

 

 

 

、、、、単純って言わないでください。笑

ごちそうさまです

 

 

 

 

 

By 續晶子 on 2014/07/01 6:29

 

次の投稿はは阿蘇山に放牧した事です

 

 

放牧する際には

遠くから放牧を管理している方が各牛を確認できるように

牛の体に所有している方を表す文字、No等を

赤牛には白髪染めで黒毛和種にはブリーチ剤で描きます

續も学生時代にはお世話になりました。このブリーチ剤。笑

知らなかった阿蘇の放牧ルール.........。

うそん

 

 

 

放牧慣れしている経験豊富な母牛は

体に文字を書いているときは少し嫌そうにするだけなのに対して、

 

慣れていない母牛は物凄く嫌がって、

あっという間に描いた文字がダイニングメッセージ状態に、、、、、。

 

 

 

 

犯人は誰だ?!

 

 

 

犯人は........................私です。

 

牛さんごめんなさい。笑

 

 

 

 

放牧する際には個体識別に一工夫するのですね

初めての初夏の香りがする阿蘇山と放牧でした

By 續晶子 on 2014/07/01 6:12

 

はいたい☆續です。

 

 

熊本での研修もそろそろ終了します。

Sさんの農場で様々な貴重な経験をさせていただきました。

 

 

一日一日が初体験で慌ただしく過ぎて、

 

岩本次長にブログのアップを催促されてしまうという失態も犯しながら、

 

マイペースに生きています。笑

 

 

 

 

今回の研修の体験の中からいくつかブログにアップしていきたいと思います。

 

 

 

まずは出産のお手伝いの事です

 

 

研修中に出産予定の牛が3頭いて

そのうち2頭は補助が必要だったため、

Sさんや、獣医さんの指示のもと一人てんやわんやでお手伝いしました。

 

 

 

 お手伝い出来てたのかしら...........。

特に研修初日に出産した母牛の補助が一番印象的でした。

 

 

 

なぜなら、産道が狭いのに子牛がBigサイズだったので

續含め大人3人がかりで力の限り引っ張らないと出てこなかったのです。

 

 

 

出てきたときには、感動と安堵から全身から力が抜けてしまって

獣医さん,Sさん,Sさんのお母さんが子牛に処置を施すのを呆然と眺めていました。

 

 

 

 

續は自分の妹が生まれる瞬間を見たことがあるのですが、

その時幼くして感じた感覚と今回似たものを感じました。

 

 

 

無事に産まれて良かった。

 

生きてる。

 

生まれた。

 

.............................etc。

 

 

走馬灯のように頭の中を一瞬にして沢山の言葉が飛び交いました。

 

 

 

 

色々例えがあるのかもしれませんが續的に言うならば、

 

 

生命がこの世に誕生する瞬間って、何とも言えない魂の叫びにも似た感動に体全体が包まれるんです。

 

 

そして、なんだかとても泣きたくなります

 

 

 

 

それぐらい魂が震えているのですかね???

 

 

 

命って凄いです

 

 

写真は研修中に誕生した子牛たち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆大きくな~れ