自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

Author: 松浦 洋明 Created: 2010/06/24 10:43
東北担当の松浦です

By 松浦 洋明 on 2011/06/24 16:45

 

皆さんこんにちは。

 

 

 

昨日福島県にて、和牛の臨時セリが開催されたので行ってきました。

 

子牛のセリ価格は、(税込)

メス平均 275,823

去勢平均 317,867

 

 

血統も

 

 

北平安24頭、安茂勝13頭、喜多平茂9頭となっておりました。

 

 

本宮市場は初めて行ったのですが、臨時セリでして、

 

 

多くのテレビ関係者の方や農家さん、見学者がおり、

 

牛さん達もこの物々しい雰囲気を察しているのか鳴く事がとても多かったです。

 

 

和牛の子牛と言っても、日令100日前後で体重も100キロ以下が多く‥

 

 

それでも20万円台まで競られており、見慣れない光景でした。

 

 

 

福島県の飯舘で生産された、雄の勝忠平―安 平―隆 桜(109)459千円でした‥

 

そしてどよめいてた会場

 

『本来原発さえなかったらこれ以上行っていた』と隣の方が話しかけてくれました。

 

 

農家さんも承知で「最後だからエサを沢山あげたい」思いで種をつけて出ていましたが、

 

 

 

 

骨は浮き出て痩せ細り農家さんもやむを得ずと牛さんをセリに出場。

 

 

 

放射能による影響の深刻さと政府の現在の状況にただ呆れています‥

 

もどかしいです

By 松浦 洋明 on 2011/06/16 7:57

 

皆さんこんにちは!!

 

ホクレン十勝家畜市場(2日目)に行ってきましたので報告を。

 

 

 

初日と2日目の出場頭数とセリの平均価格は

 

メス  650頭 339,631 (税込)

去勢  858頭 414,997 (税込)

 

 

先月は,

メス 平均 365,348 (税込)

去勢 平均 430,693 (税込) でしたので2~3万程落ち込む傾向にあります。

 

私が今日競られた牛さんを見た中では体重も300キロ以下が多く、

 

尾枕はついていなくとも全体的に痩せている印象でした。

 

 

 

血統としては

 

 

北平安 227頭、安茂勝 176頭、百合茂 107

茂勝栄 97頭‥と様々でした。

 

ちなみに“十勝和牛”のマニュアルの認証を受けていた牛さん達も競られ、

 

認証牛を購入した人も多くいました。

 

(十勝和牛とは子牛の育成飼養管理マニュアルから育てられ、

初乳を生後6時間以内に飲ませる、

3日目からスターターを慣らす‥etc)

14・15日合わせておよそ300頭弱が競られました。

肥育~出荷までと1年半以上ありますが、

 

健康に幸せに農家さんの元で過ごして下さいね。(*^_^*)

By 松浦 洋明 on 2011/06/07 8:35

 

みなさんこんにちは!

 

 

6月3日に十勝池田町にて品評会がありました。

 

 

この日は非常に快晴でして、

 

牛さんも心地よく毛刈りをされていました。

 

 

一つの部門を約20分で評価し、

 

 

 

 

みなさんが見守る中で順番を決めます。

 

 

ちなみに私が評価した順は左端に、

 

審査員の方はその右です。

 

私牛さんを見る目はまだまだ未熟でした‥f(^_^;

By 松浦 洋明 on 2011/06/01 8:23

 

皆さんこんにちは!

 

 

日曜日に北海道十勝でもシャバシャバ雨が降っておりまして‥

 

 

幕別のリンゴ畑の様子を見に行きました。

 

 

今年はまた冷夏との予報があったりですがどうなる事やら‥

 

 

去年は予報とは裏腹に猛暑日が続いた北海道です。

 

 

 

 

新たに植えたリンゴは畑に定着したようで生育も順調で一安心。

 

 

 

 

そして一昨年、去年と大量発生したマイマイガ

 

 

またしても畑にはヤツらがいる気配‥

 

 

 

私自身虫は平気ですが、苦手な人はすいません(>_<)

 

 

 

頭から糸をはいて垂れ下がる光景は何とも‥(*_*;

 

 

この害虫からリンゴたちを守るべく冷酷な番人となって駆除に励みます!!

 

 

By 松浦 洋明 on 2011/05/14 18:16

 

みなさんこんにちは!

 

513日、私は宮城県の液体窒素供給の会場に行ってきました。

 

ここ一帯は道路に地震の影響があり、

セリ会場や建築物の破損はヒビなどが入っていました。

 

 

アースジェネターのユーザーでもあるYさんと昼前に合流。

 

 

地震当時の状況などお聞きし、

水回りや電気の復旧など知ることが出来ました。

 

 

20名ほどの受精師の方や農家さんがおり、専用タンクに液体窒素を補給‥

 

ちなみにタンクは型のタイプも様々ですが一つ20ウン万ほどと‥

 

 

自分、窒素をタンクへ補給するのは知っていたのですが、

 

 

直に補給の様子を見たのは初めてでした‥

 

 

約-200℃の液体ですので、

大量に液体が地面に着いた時にはものすごい煙(水素)の量でした。

 

 

 

Yさん!地震から2ヵ月という状況でしたが、お会いできて嬉しかったです!!

 

また改めて牛舎へ伺いますね。

 

未だに余震が起こる中、岩手北部の方では放射性セシュウムが牧草から検出されました‥(*_*;

 

 

状況が悪化するか落ち着くかは誰にも分からないですが、

 

 

政府や東京電力など原発のことは内容を隠さないで公表してほしいものです‥

 

 

とにかく一日も早く事態の収束を願っています‥

By 松浦 洋明 on 2011/05/07 5:49

 

皆さんこんにちは!!

 

 

去年リンゴの冬支度をしたままになっていたので、

 

 

 

春の訪れとともに枝を解きながら剪定を行いました。

 

 

ちなみにこちらは今年の春新たに畑に植えるリンゴの苗木です。

 

 

 

まだ仮植え段階ですがこれからがっつりと畑に定植します。

 

 

 

冬支度で枝を固定したため、癖になって枝の方向が変わっちゃいました‥。

 

 

 

 

この直後雨が降ったので時間の経過とともにもと通りになります。

 

 

堀田課長から木の剪定方法を教わったのですが‥

 

 

自分も何度か剪定をしたのですがムツカシイです‥

うっかりしてると重要な枝を落としかねないので注意です。

 

 

大きな枝を剪定した場合、断面から病気が発生しやすいため‥

 

 

このように土をかさぶたのようにもっさりと盛ります。

 

 

これで悪い菌の付着を防ぎ、病気も入りにくいですね!!

 

 

こちら、わちゃわちゃ生えてしまった根もとの枝たちを‥

 

 

主となる幹にしっかりと養分を行き渡らせるように剪定します。

 

 

このように誘引もしっかりして‥

 

 

これでバッチリです。

 

By 松浦 洋明 on 2011/04/18 14:35

 

 

みなさんこんにちは!

 

 

 

最近の十勝はめっきり温かくなり

 

 

 

 

作物の播種など、全国の百姓の方々は血が騒ぐ時期ですね。

 

 

 

さて、実家ではジャガイモの浴光催芽を行っています。

 

 

 

このように消毒した種イモを低温かつ光の強い太陽に当てることで、

 

 

 

低温保存して“仮眠”していたジャガイモを起こし

 

 

 

 

畑に植えたときに芽の発育と成長を促進させます。

 

 

 

夜や雨の時は二重の大型シートでイモを覆って水分を抑え腐るのを抑えます。

 

 

 

あくまで畑に植える種イモですのでこのまま食べるとおなかを壊します。

 

 

(この時期よりさらにこのジャガイモにもう一つ作業をするのですがまたの機会に‥)

 

 

 

 

 

たとえば話‥夜中泥棒が家のまわりをさまよっていたとして、

 

 

仮に今の時期ジャガイモ盗もうとして種イモを盗んで行くものなら、

 

 

 

食べて即腹壊してほしいものです‥<(^´)>

 

 

 

通年作物泥棒は農家の方々にとって大敵であります‥

 

 

 

まぁ近年、農作物を盗む泥棒もすこし農業知識をつけているとの情報ですので

(未確認ですがf(^_^;))

 

 

 

 

自分の作物は自分の家で守るのが鉄則なんですが。

 

 

 

 

ただ‥秋の野生の動物(ネズミなどは分かりやすい)などは

作物の収穫間際に食べられているのを発見すると、

 

 ‥Σw(゚д゚w)

 

『もう収穫適期だ』と感じ、うれしさ倍増です。

 

 

 

By 松浦 洋明 on 2011/04/13 7:40

 

皆さんこんにちは!

 

 

昨日北海道の十勝市場でのセリに行ってきました。

 

 

 

 

 

初日だったのですが、出場頭数は800頭と少なめでしたが

 

 

メス平均(税込) 381,802

 

去勢平均(税込) 469,107

 

子牛をパッと見た時、どれも大きく感じました。

 

 

安茂勝153頭、北平安141頭、福安照110頭と上位が100頭以上でした。

この内訳は12日13日の2日間の種雄牛なのですが

茂洋や菊安舞鶴、福之国など上場されており注目度も高めなようです。

 

私の中での子牛大きさの基準である生体重300kgが多くおり

 

 

全体平均も先月よりも上がるんだろうなぁとセリ開始から思っていました。

 

 

 

岩本課長と一緒にセリに同行しまして、

 

 

「よりすぐりの一頭を選んだ子牛のセリ価格が高いのはどっち?」勝負をしました。

 

 

結果は岩本課長の選んだ子牛の価格が55万6千円

 

私が選んだ子牛の価格が55万3千円と何気に良い勝負でした(^-^)

 

岩本課長! 私もっと観察眼を鍛えますね(o^皿^o)

 

By 松浦 洋明 on 2011/04/12 8:18

 

皆さんこんにちは!

 

先週実家ではビートの苗ずらしを行っていました。

 

 

 

 

 

苗ずらしとは、ビートの床一つ一つをハウス内で場所を変えることです。

 

 

 

 

同じ場所でビートの苗をずっと成長させていると、

 

 

 

畑に植える前に根が成長しすぎてしまい、

 

 

 

ハウスの中で根が張りついてしまうので予防します。

 

 

 

そして苗の場所を変えることで底に空気を取り入れ、

 

 

 

根の成長を促進させます。

 

 

 

苗ずらしの回数は農家によっても様々です。

 

 

 

今でも思い出すんですが、数年前私が苗ずらしを手伝っていた時

 

 

たまーに苗の下にアリが大量に巣を作ってしまいまして‥

 

 

 

『さあ、苗ずらしやるぞ!!!』って苗を持ちあげた瞬間

 

 

 

沢山の大型アリたちと、そこらじゅうにブワっと広がる無数の卵が大量にありまして‥

 

 

 

鳥肌と寒気が全身を襲ったのは今でも覚えています‥(*_*;

 

 

 

しかもそのアリたち‥スコップで引っ叩いても足で踏んでもやられることなく

(地面が軟らかかったのかも)

 

 

 

足に這い上がってきたので、一時退散致しました(T_T)

 

 

当時苗があったので駆除は出来ませんでしたが

 

 

今度またその場に遭遇した時は、それなりの方法で駆除を考えております。

 

 

別に苗にそこまで悪さをする天敵ではないんですけど‥ね‥(^-^)

 

By 松浦 洋明 on 2011/03/27 20:18

 

皆さんこんにちは

 

 

 

今実家では、ビートを育苗しています。

 

 

毎年3月上旬から中旬にかけて苗を作ります。

 

 

今年の雪が少なく、また降ってもまばらでして‥

 

 

 

 

この育苗期に大雪が降られて

ハウスがペチャンコになることもしばしばあります。

 

 

 

 

この苗にどう水を与えるかと言いますと

 

 

このスプレーヤー装置をつかいスイッチ一つで自動に散水してくれます

 

 

その日の気候を見て日1回散水か、湿気次第では散水少なめな時もあります。

 

 

この小さな命たちが10月には

 

 

 

 

こうなります!!