自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Author: 佐藤隆司 Created: 2008/09/02 13:24
中国・四国・沖縄担当、佐藤隆司の日記です。

By 佐藤隆司 on 2015/02/14 9:41

皆さんこんにちは~っ!!

早いもので、28日しかない2月も半ばを迎えようとしています!!

さて、今回は以前にここでのブログ

(http://www.labogenitor.com/tabid/77/EntryID/1280/Default.aspx)

でもチョッピリ紹介させて頂きましたが、

石垣島の現場での様子を紹介いたしますね!


まずは春の雰囲気を少し…



帯広はまだ2月初旬は雪に埋もれているのに、石垣は桜の季節に突入してました!!

狭い日本の広さを感じる季節ですねっ!!




それでは、例によって牛さんの寝床での様子をお見せします!






こちらはS牧場さんです

子牛育成部分に昨年購入したそうですが、牛さん達の様子を見ているとやはり休む時は

必ずマットの上で休んでいるとの事です

この写真ではまだ飼料を食べ終えていない時間だったので、立っている牛さんが多いのですが、

食べ終わった頃は全頭がマットの上にゆったり座ってモグモグ反芻しているようです






今度は先月1/11に開催されたセリ市場でトップ賞を獲得された伊良部さんの牛舎の様子です。



八重山毎日新聞にデカデカと紹介されておりました!!

凄いですねぇ~っ!!


さて、こちらの農場の牛さんですが…



広々とした牛房の真ん中に牛床マットを敷いています

敷料が無く、数日雨が振り続いていたため床は濡れているのですが、

牛さん達はチャ~ンと心地良いマットの上で休息しています





雨が吹き込まないこちらの牛房にはまだマットが敷かれていませんでしたが、

牛さんたちはノンビリ休んでいました

特に奥で寝そべっている牛さんは、ドキッとする寝相で

如何にもストレスが無いぞ~っ!っていう雰囲気を醸し出していて思わず笑ってしまいました!!

この辺りは、伊良部さんご夫婦が普段から牛さん達にストレスを与えないような

接し方をしているからなんだろうと思います


きっと近いうちにここにもマットを購入してくれるでしょうから、

牛さん達…もう少し待っててね~っ!! 何てったって…トップだったんですモン!!



離島は基本的に敷料が手に入りにくく、購入するにしても運賃が掛かるのでとても高価なものになります。

したがって、多くの生産者の方々がとても苦労されてます


(場所によってはサトウキビバカスが購入できる所も有りますが…)


しかし、一日のうちの18時間くらい休む時間が長い牛さん達にとって、

心地よい寝床というのはとても大切な場所です


この牛床マットはゼノアックさんで1枚(1,170×1,900×40mm) 2万程度でされています。

耐用年数としては10年は大丈夫との事ですから、10年で割ったら年間2,000円のコスト

これで牛さん達のストレスが軽減するなら安い投資だと思いませんか?

(アッ!皆さんが購入したからって私にはゼノアックさんから1円も頂いてませんから大丈夫です!!)


長い時間座って休息している間、足の痛みなど牛さん達のストレスが少なくなったら

経営的にどんな事が改善されるのか?…皆さんはもう分かりますよねっ!!


子牛の価格がまだ高値推移しているうちに、セリに出した頭数分ずつでも良いですよ!

少しずつ購入して牛さん達の住処を改善してお返ししてあげましょう!!

きっと10倍返し?してくれるかもですよ~っ!!


もう一度言います。

もし自分が牛さんだったらどうして欲しいか?…という事を、

牛さんの行動をしっかり観察して手を掛けてあげましょうねっ!!

牛さん達はその分チャ~ンと皆さんにお返ししてくれますって!!

By 佐藤隆司 on 2015/01/30 8:31

皆さんこんにちは~っ!

今は南国の沖縄までやって来ました!!


帯広との気温差は約30度…現場ファッションも北海道仕様から沖縄仕様にしましたが、

車に乗り込んだ時やチョッと動いたときなどは直ぐ汗ばんでしまいます


山には桜の花もチラホラ…早、桜祭りの季節到来です

今時期が一番北海道との季節の違いを感じる頃ですね!


さて、約半年振りでFBでも毎日登場している前川牧場さんにお邪魔してきました!

https://www.facebook.com/farmconnection.okinawa?fref=ts


お伺いしたのは午後14:30分頃…

牛舎の様子です!








1頭だけどうしたのかな~?と思って傍まで行ってみると、隣の牛さんの足が邪魔で

座る場所が狭くなっていましたね~!






みんなゴハンをお腹いっぱい食べて満足しているのでしょう!


私が牛舎に入って行って声掛けても、チラッとこちらを見るだけで座ったまま…モグモグ反芻中

「食っちゃ寝」…ストレスのない本来の牛さんの姿になっています

やっぱり…牛さんはこうでなくちゃあねっ!




さて、今度は真剣に取り組んでいる堆肥の様子です!




昨年お邪魔した時には初期水分調整が失敗たとの事で、発酵状況はイマイチだったのですが、

今回はしっかり改善され、良い状態でカマボコ型に堆積されていました







アースジェネター独特の白いカビもアチコチに発生しています




ストックヤードにある堆肥にもシマ状に見られ、良い発酵をしている事を表しています

モチロン臭い匂いは全くしてませんでした!


こういう状態で牛さん達のウンチの後始末も発酵という技を使って良い堆肥をつくると、

堆肥の中で棲んでいる分解能力の高い善玉菌群たちが、

堆肥舎のみならず管理している人が出入りする牛舎全体に徐々に拡がって棲みつき、

悪玉菌たちが活躍しにくい場が出来てきます

こうなって来ると後は牛さん達にとってどうなのか??…皆さんは想像できますよねっ!


皆さんもストレスの無い牛さんと、環境を整える堆肥つくりを頑張って下さいね~っ!!

前川さん、お忙しい中有難うございました!

By 佐藤隆司 on 2015/01/27 19:19


月日が経つのは早いもので、ついこの前新年を迎えたと思ったらもう1月も終りになろうとしています。

相変わらず気候も目まぐるしく、猫の目天気?が続いていますが、

皆さんの牛さんや、自身の体調などもその影響を受けていませんでしょうか?

また、インフルエンザもまだ猛威を振るっているようですので、健康管理には十分留意して日々の

仕事をこなしてくださいねっ!



さて、この19日から私も今年度初めての遠征のために、寒い帯広を脱出しております!!


今回は皆さんも既にご存じと思いますが昨年28日朝、松本先生の奥さんがくも膜下出血で急逝され

葬儀も身内で…との事でしたので、お伺いしてお参りする事も叶わず心残りだったのですが、

ようやくお伺いでき松本先生へのお悔やみと、自宅に飾ってある祭壇にもお参りも出来ましたので

ご報告いたします。


松本先生の許可も頂きましたので、祭壇に飾られている裕子さんの写真も掲載いたしますので、

皆さんもお参りして下さいねっ!!







遺骨は右にいらっしゃる松本先生のお父さんと一緒のお墓に入っているそうです。

生前からとても仲が良かったという事ですから、きっと天国でもとっても仲良くしている事でしょう!




裕子さんの遺影を大きくしてみます。

先に旅立った大好きな「うるま」と一緒の遺影…ホントに裕子さんらしい素敵な笑顔ですよねっ!






遺影の上の十字架は友人が七宝焼きで作ってくれたものだそうです。




とても素敵ですよね!

裕子さんは百合の花が大好きだったんですって!

きっと天国で喜んでいる事でしょう。


写真は以上です



今回の余りにも突然な出来事には流石の松本先生も相当なショックを受けていて、

その傷はまだ癒されてず、まだ時間が掛かると思います。

でも、松本先生の事ですから時さえ経てば必ずや本来の「洒落がスベル松本大策先生」に

復活されると思いますので、皆さんも遠くからその時が来るまで “こっそり” 応援していて下さいねっ!!


取り敢えず今回はこの報告までにしておきます!!

By 佐藤隆司 on 2015/01/05 14:50

みなさん、こんにちは~っ!


(株)アース技研、(株)ラボジェネターは本日が仕事始めです。


今朝の気温は-17℃と帯広らしい気温になっておりましたが、

社員が無事に事務所に、にこやかに顔を見せてくれましたので取り敢えずは安心いたしました!


本日は新年を迎えて既に5日目に入りましたが、ここで改めて新年のご挨拶をさせて頂きます!



皆さん、明けましておめでとうございます!!

昨年中は全国各地の皆様から大変お世話を頂き有難うございました!

お陰様でまた新たな年を迎える事が出来ました!

応援していただいた皆様方には心から感謝いたします。


新たなひつじ年を迎えましたが、

これからも社員全員が夫々に与えられた役割を責任もってしっかりと果たし、

皆様にご迷惑を掛ける事無く、みなさまの現場のお役に立てるよう各人が更に精進すると思います?ので

(数少ない朝礼で、私が社員仲間に伝えましたのでチャ~ンと聞いていた人はきっと大丈夫です! )

これからも愛のムチを持って厳しく応援してくださいねっ!!

本年もご指導を宜しくお願い致します!!



さて、新年のご挨拶はこれくらいにしておいて…



今年も昨年に引き続き畜産業界はかなり厳しい状況が続くと思います。


皆さんも既に御承知だとは思いますが、素牛価格の高値安定にも関わらず、枝肉単価の低位安定

(共励会や一部特定ブランドは別として…)、給与飼料の高騰など、この構造は今暫く続くと思われます。


肥育農家さんは繁殖農家さんの素牛を購入して、肥育するために飼料を購入して20ヵ月くらい

肥育していますよね!


…と言う事は、肥育農家さんにとって仕入れ値は素牛も飼料も、更には電気料などの付帯経費は

高くなっているのに、出荷される牛さんの枝肉単価は安くなっている…

つまり、収入より支出が多いって言う事は…

余程貯蓄をたくさん持っていなければ事業を継続は出来なくなっちゃうという事ですよね?


かといって、どちらもセリで価格が決まるシステムですから、自分たちにはこの価格決定権はありません。


肥育農家さんが再生産出来なったとしたら、セリで素牛を購入してくれる購買者が少なくり、

その結果として当然素牛価格が安くなる…という事になってきます。


こんな状況が続いたら、生産、肥育という繋がっている業種は両方とも生活が成り立たなくなります。


モチロン、すぐにこうなるって言う事ではないのですが、

このまま推移したらその危険性を孕んでいると言う事です。


こんな事態を避けるために、以前から既に海外に和牛肉の市場を求める動きも出て来ていますし、

国内では出来るだけ肥育コストを掛けず健康的で美味しいという赤身肉の販売ルートを開拓している方や、

皆さんご存知の松本先生も若齢肥育でのシステムを国内市場で作ろうと既に試験生産もされています。


だからと言って、直ぐに解決策が出来るっていうものでもありません。


皆さんご存知のように、畜産業界は何をするのでも時間がかかる産業です。


そうかといって、諦めてただ指をくわえて今迄と同じようにやっていてはいけません。



皆さんには今の現状の中で、少しでも経営を改善して「目先や見た目ではなく、


真のコストダウン」に努力し、状況が好転するまで一歩ずつ前を向いて前進し、


頑張って頂きたいと思っています。



私達も少しでも皆さんのお力になれるように頑張って旅をし続けますので、

一緒にこの山を乗り越えて行きましょうね!!



年明け早々、先の暗いお話で申し訳ありません!


でも、現実をしっかり見極めておかなければ、その解決策も生まれて来ない…


という事を皆さんと共有しておきたかったので、こんな風になっちゃいました!!


さぁ~っ、明日から…いや、今夜から前を向いて毎日を楽しむために頑張りましょう!!

By 佐藤隆司 on 2014/12/24 17:52

皆さん、メリークリスマス!!


お久し振りです!!

早、12月も後半…アッという間に今年も終わろうとしています!!

皆さんも年末にかけて何かと忙しい日々を過ごしている事と思います。


さて、今回は私事なのですが…この年になって生まれて初めての経験をしましたので

報告いたしますね~っ!!



初体験…な~んて書いたんで、やましい事を考えてワクワクした方なんていませんでしょうね?


ハイ、今回はその期待を思いっきり裏切って…


先月は11日に帯広を出て16日に一旦帯広に戻り、18日から月末まで出張…

今月に入って5日から12日までまた旅に出て、12日夜に帯広に戻ってきました!!

13日、14日は久々に自宅での休日…普段は家の事が出来ない不在亭主にとっては

この2日間は貴重な主夫タイム??

薪ストーブの薪運び、庭の後片付けと冬囲い等の冬支度で大わらわでした!!


14日は結構気温も低かったのですが、夕刻には全部終了してホッとして家で一休み…


すると…何となく喉がイガイガして咳が出始め、我が家の常備薬の葛根湯をゴクゴク…




普段なら、これを一日3本位続けると大体収まっていたのですが、

今回はどうも様子が変??


時間経つにつれ身体が熱くなって来て、アチコチ痛くなって来だした


昨日の薪運びの筋肉痛か…昨日やつが今日の筋肉痛?…俺ってまだ若いジャン!!

なぁ~んて、暢気に構えていたのが段々関節まで痛みが…身体もメッチャだるく、起きているのも辛い!


こういう時は寝るに限る…って事で、布団を敷いて潜り込んで寝る事に

しかし、時間が経つにつれ益々体が痛く、且つ熱もグングン上がっている様子!


身体も暑く、汗も吹き出し始めこりゃあヤバイ!!…と言う事で、箪笥を捜索してこれを発見!!




ハイ、水枕です!


いつ購入したか分からないくらい相当前の代物です。

我が家は物持ちが良いんですって!!

今時…レトロな感じで懐かしいでしょう??




よくよく見ると…タイヤメーカーとしても有名なダンロップ製!

流石にゴムも劣化していず、新品そのままでしたっ!!




早速、これに冷たい水を入れて更に氷をたっぶり入れ、水枕にタオルを巻いて熱との戦闘準備!


たまたま、カミさんが実家に戻っていて留守だったので、体温計の在りかは解らず体温は計らずじまい。


(アッ!実家に戻ったって言っても、家出ではありませんからご心配なく!!


あと、枕元には水ポット、タオル、バスタオルやタオルケット、シーツや着替え用のパジャマなど

戦いの準備は万端!!


水枕をしたのなんて何時以来だろう?


動くたびに冷たくて水と氷のカシャカシャする音が懐かしく心地よいなぁ~っ!って思っているうちに

ウトウトしていつの間にか眠りに就いてしまった!


夜中にあまりもの熱さに何度か目が覚め、温くなった水枕の水を交換し氷を補給

汗だくになったパジャマ、シーツ等を交換して自分にも給水し再び朝まで爆睡!


朝起きると昨夜の熱が嘘みたいに引いていたので、急に空腹感が…

まず軽く腹ごしらえをせねば…と、冷蔵庫から食料を引っ張り出して温め、食べ始めると急にムカムカ…

慌ててトイレに駆け込むと…全部リバース

更に急に腹の調子もグルグル…見事にゲーリーです!!

何だ、これは??


さすがに病院嫌いの私も、これはマズイと思い近くの病院へ…


担当医に状況報告するとインフルエンザの疑いあり…の事で鼻腔粘膜検査

結果は、先生の予測通り今流行しているA型インフルエンザとの事!!


エ~ッ、今十勝では大流行しているって?…

いつも出張ばかりしている私は地元の情報に疎く、今日言われて初めて知ったんです!!

生まれて初めてのA型インフルエンザの感染、発症…これが巷で言うインフルエンザってものなんだ!!


前置きが長くなっちゃったのですが、これが初体験の実態でしたっ!!



この日に薬局からタミフルを処方され、5日間はマスクの装着と外出禁止令を宣告されちゃいました!!


その日以来私は19日まで家で引き籠り状態…


発熱、咳は16日には収まったのですが、2日間ほど水分と蜂蜜と擂りおろしリンゴ補給のみで断食状態!


その後は少しずつお粥と梅干、味噌汁を供給開始…

特に味噌汁は体の細胞にジュ~っと吸収される感じでとても美味…


やはり日本の伝統的な食品は自分にピッタリ…

改めて自分が日本人である事を実感しました!!


てな訳で…19日には完全復活、20日には待望の忘年会にしっかり参加してきました!!


しかし…こんなに長~く帯広に居たのは何年振りだろうか??



今回のインフルエンザは例年よりも早く、道内に解らず全国的に流行しているとの事です!


皆さんも年末にかけて一年間の疲れがピークになっているでしょうから、

ウィルスにとっては格好の餌食…


くれぐれも食事と休息をしっかり取りながら、人ごみの中ではマスクを装着、手洗い、うがいを念入りにして

予防をしっかりして、良いお正月をお迎え下さいねっ!!



とっても長くなっちゃいましたが…私のインフルエンザ闘病記?でした!!

By 佐藤隆司 on 2014/11/27 11:01

皆さんこんにちは~っ!

さて今回は徳之島で毎年開催されている「畜産婦人部の勉強会兼忘年会」にまた参加してきましたので

その様子をお伝えしましょう!!


勉強会のテーマはこれで、何枚かのスライドをお見せします!










ここは同行していた續女史が放浪日記のブログ「お母ちゃんパワー★」でアップしているので

私は省略して、ここでは後半の忘年会の部を中心に紹介いたします!



まずは、真剣に私のお話を聞いてくれたせいでしょう!

お腹がすいたんでお待ちかねの忘年会に突入、腹ごしらえです!!





腹ごしらえが一段落した頃、突如舞台が怪しい照明に変化!



怪しいダンサー集団が登場し、激しい音楽に合わせて国籍不明の踊りが披露されました!!



第二部に入ると、マイケルジャクソン顔負けの?ボーカリストも登場…




会場は腹が痛くなるほどの笑いに包まれ大盛況!!

紅白歌合戦の選考にノミネートされはしませんが、地元では引っ張りだこ?のダンシングチームでした!!


なお、ズームの写真はプロダクションの意向で撮影禁止になっていましたので、

この隠し撮りの2枚だけでお許し下さいねっ!



この多国籍ダンサーの踊りの後は、本格的なミュージシャンの登場!




会場からは安心したように拍手喝采!





途中からはノリの良い島民謡?でみんな立ち上がって踊りの競演



我が社の續女史も沖縄出身だけにノリノリで渦の中に飛び込んで踊りまくっていました!!


ウ~ム、この先が思いやられるのぉ~??



そして最後は恒例のカラオケ大会!!











皆さん、普段から牛舎で練習?していた成果を披露していました!!


モチロン私もノリノリで舞台に!!



会場スタッフの制止も聞かず?(ウソです!)観客も登壇です!!




今日参加された婦人部の皆さんも大いに楽しんだようで、思いっきり食べて笑って

また元気を取り戻した事と思います!!

皆さん、大変お疲れ様でした!!

また、海外からわざわざ駆けつけてくれた多国籍ダンサーの皆さんも

大変お疲れ様でした!! 気を付けて帰国なさってくださいねっ!!

また来年も必ず行きますから、皆牛飼いさんを頑張って長生きしていてくださいね~っ!!
                                                                  
…おしまい…

By 佐藤隆司 on 2014/10/31 10:28

さて、第3弾です!

チョット長いですけど、最後まで行っちゃいます!!


正面玄関を入ると…

まだこの辺は再生途中ですが、広々とした台所スペースが広がっています





奥の方には昔使っていただろう釜戸が残っていました



今はまだそのままですが、いずれはチャント修理して釜でもご飯が炊けるようにするつもりだそう。

最初チョロチョロ、中パッパ…美味しい釜炊きゴハンが楽しみですね!



では、居住区?の探索です!



住居正面側に配置されている縁側です。

この長さだけでこの家の広さが分かりますよねっ!

この一番奥に“厠”があります。




居間にある囲炉裏からの様子です。





囲炉裏の部分をズームアップ



素敵な吊り具?ですよね!

末澤さんによると、とても歴史のある由緒正しい掘り出し物だとか…

詳しく聞いたんですけど…忘れちゃいました!!(今度はメモってきますっ!)



15

こちらは奥座敷です。

昼寝用?のハンモックに誘惑されちゃいます!!





これは居間から見た台所の様子です。

広々空間…昔の住人の方々はどんな生活だったのでしょう??




さて、これからハシゴを昇って屋根裏部屋の探索です。




茅葺の屋根…

カヤブキの屋根って外からは見たことあるのですが、裏から見たのは初めてです。








こんなに太い木材を使って、見事に組み上げています

ホントに重機も無い時代に、人力だけでどうやってこんな住居を作り上げたのでしょう?

先人たちの知恵に驚かされるばかりです。


黒い柱はそのまま利用し、白い所は再生した部分です。



さて、一旦下界に降りて…火の入った囲炉裏の周りで軽く一杯です









ブンブク茶釜…昔の童話を思い出します。

炭あかりと暖かさ…ホント、心もホンワカします



ここはまだ再生途中ですけど、近い将来には皆さんもこの自然豊かな静寂と先人の方々の

苦労や思いを感じる事が出来る時が来るものと思います。

その時が来たら、皆さんも是非タイムスリップして味わってみてくださいねっ!!



最後に…



末澤さん、そしてスクスク元気な子供達の皆、どうも有難うございました!!

また機会があったらお邪魔します!!

アレッ!奥さんが居ないじゃん!!

…ゴメンナサイ!!


そして…“消滅集落の再生”頑張って下さいね~っ!!       … おしまい…

By 佐藤隆司 on 2014/10/30 17:23

さて、前回のつづきです!


石垣が積まれている道を上って行くと…正面玄関へと続いています。



この右側に見える大きな釜は何だ?

もう少し近づいて見ましょう!





ここは山の上から湧き出る沢水を溜めて落とし込んでいる洗い場でした!

溢れている水は排水溝を通って絶え間なくこの下の沢に流れ込んでいます。

モチロン…水道代は掛かりませんよねっ!



もう一つの入り口はこちらです!



物置の所を通って母屋への通路です。

土壁作りですが、ここはまだ補修途中です。

昔を偲ばせる情緒がありますよね!




更に母屋の裏の方へ行ってみると…

ワ~オッ!

ナ、ナ~ント!木の上にツリーハウスが鎮座してました!!





反対の登り口から見てみましょう!



ホラッ!良いでしょう?

子供達の隠れ家的な遊び場所になりそうですね!

暖かい日はここにハンモックでも吊るして昼寝したら最高ですよね?

でも、蚊取り線香焚かなくちゃあ蚊の餌食かな~っ?


これは自分たちでのハンドメイドだそう!!



さて、いよいよ再生した母屋の内部の探索?ですが…


この続きは次回にしますねっ!!

By 佐藤隆司 on 2014/10/27 10:05

皆さんこんにちは~っ!

今月中旬頃から遠くに見える日高山脈がすっかり白くなって冬の装い。

来月には車のタイヤも冬用に履き替えて、準備をしなければ…

今年はどんな冬になるのでしょうか?


さて、今回の旅では久し振りに岡山県は津山市にあるさくら牧場さんにお邪魔してきました!!


さくら牧場さんのHPはコチラ


早速牛さんの様子を見に牛舎に行ってみると…






可愛い牛さん達が所狭しとワンサカ…

過密状態でいよいよ牛舎を増・新設??…それとも子牛販売??

思案のしどころです!


この牧場のオーナーである末澤さんは今、もう一つの古民家再生プロジェクトに参戦中なので、

その現場にも行って来ました!!


この内容は新聞でも大きく紹介され、10月16日にはOHKのTVでも30分位紹介されていました






牛舎から裏山の細道を車で登る事約15分、道路際には野菜畑が拡がって来ました



ここでは友人たちと一緒に家庭菜園をやっています。

周辺にはイノシシ等の被害から守るために、塀囲いと電気牧柵を回しています






この道の奥に見える白い屋根の所が目的地の再生民家です。



もう少し近づいて見ましょう!








この集落はかなりの急傾斜地の建てられた住宅です。




大小の石を積み上げて作っている石垣で土の崩落を防ぎ、基礎を固めています。

大型重機の無かった時代に全部人力、手作業で作ったのでしょうけど、

昔の人々の知恵と力には本当に驚かされますねっ!!


…次回につづく




By 佐藤隆司 on 2014/09/30 13:43

エゾリスに負けず我々二人も頑張らねば…


という事で、私達の現場に到着すると、そこは見事につる草や生い茂った雑草に埋もれ、

昨年はむき出しになっていた伐採材は僅かに顔を見せているだけ!!

自然の生命力って凄いですよね~っ!!




足を取られながらこの中に分け入って格闘する事3時間…



ようやく草むらの下から回収した埋蔵物?がこれです!

前の写真でボウボウだった草むらもスッキリしましたでしょ?






長~い材木は車に積載できる長さにチェンソーでカット…






結構…サマになってますでしょ?




カットした後はこの車でいつもの秘密基地??に搬送…




秘密基地でこれ等を全部ストーブに入る長さ…約30cm位にカットしてから少し乾燥させ、

その後、斧で割ってから1年間くらい乾燥させて初めて燃料用薪として使います!





これは既に割り終えている秘密基地の薪ですが、こんな風に積み上げて乾燥しますっ!!



ネッ、薪ストーブの燃料を確保するのって、思ったより時間と労力が掛かって大変でしょう?

お蔭で私も翌日からアチコチ筋肉痛…


皆さんも薪ストーブを付ける時は気を付けてくださいねっ!!

尤も…南国の暖かい地方の人たちには必要ないですけどねっ!!



こんな風に…それまでの準備は大変ですけれど…

ストーブの暖かさと火の灯りはとても癒されて癖になりますよ~っ!!

万が一、真冬に停電になったとしても暖は取れるし、煮炊きも大丈夫!!

寒さと飢えは完璧に凌げますよっ!!




今日ここでアップした冬支度に限らず、仕事でも山登りでも何でもそうですが、

皆さんも将来に向けて何か目標を立て、実行しようとする時には必ずその準備をしますよね?


そんな時に自分が立てた目標を達成出来るか否かの大きな分かれ目は、

その目標に対して自分が何処まで準備出来たか?出来なかったか?

…という所だと思います



特に今の気候変動の激しさのみならず、今後の畜産環境の変化も

将来の予測が中々難しい状況になってきています



しかし、こういう時だからこそ今のうちに自分たちの経営をしっかり見つめ直し、

多少の変動でも動じないような経営土台を築きあげておきましょうねっ!



モチロン、牛さんを育て上げる基本的な技術は不変ですから、

ここだけは絶対手抜きしてはいけませんよ~っ!!



日々の仕事でも限られた時間の中では 準備=段取り が悪ければ、


出来る仕事も出来なくなって遅れてしまいます。


日々の小さな積み重ねが1年365日重なると、とても大きな差となってしまいます


是非、皆さんも普段から準備する習慣をつけて…

楽しく,そして儲かる牛飼いさんを目指して頑張りましょう!!



モチロン、私達もず~っと応援していますからね~っ!!