自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Author: 佐藤隆司 Created: 2008/09/02 13:24
中国・四国・沖縄担当、佐藤隆司の日記です。

By 佐藤隆司 on 2013/10/04 16:23

沖永良部からフェリーで北上、徳之島に上陸です


今日も太陽さんが挨拶してくれました!!

多少暑くても、お天道さんが出ていると気持ちが良いですよねっ!

やっぱり…私は南方系??

 

さて、天城町から伊仙町に向かう途中、

島で最も大きい秋利神川に掛かる天城大橋の近くの公園で車を止めて小休止!

お茶の飲み過ぎ…かな??(笑)

 

この橋がそうです!


緑の中にこのオレンジ色のアーチがとても映えますよね!!

深い谷に掛かっていて、下界?を見るとあまりもの高さに尻尾がムズムズします!

 

ホラ…結構ズームアップしたのですが、こんな感じでした!!

橋の真下を見るのではなく、遠くを見た時のここからの眺めは最高

でも…住んでいる人たちは結構大変なのでしょうね!

 


この近くの公園高台にUFO通信アンテナみたいなオブジェ?を発見!

 

 

ラピュタの城みたいな草ボウボウの…(チョッと大袈裟でしたねっ!)石の階段を昇って…パチリ!

 

 

さらに、このオブジェの中心に立って…パチリ!!

この角度から見ると魚眼レンズで撮った写真みたいですねっ!

赤い柱も全部見えます!

ここには7本しか見えませんが、もう一本はこれが写っている球が乗っている柱です。

私が真ん中で上を向いて写しているのが見えましたか?

 

ここの柱の間から眺めた景色もまた最高!!


いつもウンチばかり見ているのでこの景色に暫く見とれていました!!

 

たまにはこんなボ~ッと一人で思いに耽る時間とっても良いですよね?


素敵な景色を見ているとホント癒されますよね~っ!!


さ~て、明日からまた頑張ろ~っと!!

By 佐藤隆司 on 2013/10/02 16:17

さて、私が現場に行った時に必ず立ち寄る所があります!!

ン?…ナニナニ??

飲み屋さんですって?

ハイ!確かにそれもあるのですが、それは夜暗くなってからの話です!!

お天道様が出てて明るいうちはやっぱり堆肥置き場です!!

 

まずは牛舎と棟続きに堆肥舎があるY農場さん


いつお邪魔しても基本に忠実に?カマボコ型に堆積

何処を掘っても発酵温度がしっかり上がっています


モチロン、傍に居ても不快な悪臭は感じませんし、山にハエもたかっていません!

 
牛舎内も悪臭はほとんどなくすっきりしています

 

育成牛房では… 

 

 

お昼過ぎに立ち寄ったのですが…

ほとんどの牛さん達は気持ちよさそうに座り込んで反芻をしていました!

私が傍に行っても立ち上がろうともしません!

牛さんのこの様子はYさん達が普段から牛さん達に優しく接している事

牛舎の悪臭ガスが少なく健康的でストレスが無い結果の姿だと思います


この牛さん達がセリに出た時、どんな風に評価されるかはもう皆さん想像出来ますよねっ!

 

こちらは良い堆肥を創りたいという事でアースジェネターを給与開始した

W牧場さんの堆肥舎です


こちらも以前はご多分に漏れず、箱型堆肥舎に上までビッシリ詰め込んでいました!

残念ながらこの時の写真は酷過ぎて(失礼!)撮っていませんでした!

でも、今は見事にカマボコ型…ほじくり返してみるとモチロン発酵してました!!

 

下に転がり出ていた塊を割ってみると、アースジェネターの特徴的な白カビが

内部までしっかりはびこっていました!

これは牛さんたちがアースジェネターをしっかり食べている証拠です!!

 

堆肥創りで最も大切な水分調整ですが…

W農場さんでは敷料としてこのようにバカスとモミガラをしっかりストック!

時には水分調整材として利用しています!!


良い堆肥をしっかり作れるようになったら全部を畑に使わず、

ひと山をここのスペースに堆肥をストックし、種堆肥または水分調整材として

初期発酵の立ち上がりが早くさらに創りやすくなりますよっ!!

 

Wさん、Yさん、これからも是非良い堆肥を生産し続けてくださいねっ!!

By 佐藤隆司 on 2013/10/01 17:36

今回は男性陣がチョッピリ心を痛める現場から実況中継です!!

 

植田ブログにひき続き、沖永良部のY牧場さんでの遅ればせながらの去勢です。


執刀医はドクター川内獣医


例によって写真で紹介いたしましょう!



麻酔を掛けてから四肢をロープで拘束、患部?周辺を洗浄してから開始です!

 


袋の下をカ~ット!

イタタタ・・・・

 

 

中からタマタマちゃんを引っ張り出してぇ~・・・

 

この後に特殊な器具を使います!

 

その様子は動画でアップします!

http://www.youtube.com/watch?v=O6_hBJsvtwo&feature=youtu.be

 

タマタマちゃんを取った後は、消毒してから何処の家庭にもある洗濯バサミで…

ハイ、おしまい!

晴れて?ミスターレディでデビュー!

 

洗濯ばさみは1週間くらいそのままだとか…元気で自分の部屋に戻っていきました!!

 

この去勢風景はいつみても下腹がキュンとします!!

 

私は牛でなくて良かったなぁ~って思う瞬間です!!


牛さん…ゴメンナ~ッ!!

 

やったのはオイラじゃあないからね~っ!!

スクスク育っておくれよな~っ!!

By 佐藤隆司 on 2013/09/18 12:02

今回は与論町で街路樹や庭木を伐採した木材などを粉砕して敷料化している

ラブセンターを見学させて頂いたので紹介いたします!

このセンターは平成22年度資源循環化施設整備事業で建設されました!

アッ!ラブセンターって名前を見て変な事を想像しちゃダメですよっ!

この「ラブ」はこっちの「Love」ではなく「Rub」の方で、

「こする」、「揉む」、「さする」…という意味ですよ!

 


まずはこのセンターで出来上がった製品からお見せしましょう!!


このフレコンバッグ約1?(300kg)で2,000円で販売しています

敷料が中々手に入らない与論町では船賃も掛からず、まずまずの価格ってとこでしょうか!

 

この敷料製造の流れをお見せします!

 

まずはトラックで伐採した原料が搬入されます


この搬入された物を機械に投入出来るサイズにチェンソーで50cm位にカット

ここの作業は中々大変そうでしたっ!

私も冬用の薪準備でチェンソーを使うのでその大変さがよ~く分かります!!

 


このカットした材料を…

1次処理…破砕機

ベルトコンベアーで2次処理揉み摺機に搬送


2次処理…揉み摺り機


の順で流し、最後に…


天日乾燥してから最初にお見せしたフレコンバッグへ袋詰めで出来上がりです

 

ただ…この製造に関しては原材料の搬入とその量が不安定な為、

いつも安定的に生産、在庫する事が出来ない事が悩みの種だそう


モチロン少しでも地域で発生する廃棄物を加工して地域産業に循環させるという取り組みは

素晴らしいのですが、林業が盛んな地域とは違って原材料の安定供給が難しい地域環境では

このような状況が発生するのは仕方がない事ですよね!

 


今回お邪魔したこちらの農場ではこの敷料を利用してました!

先程の事情から、どうしても十分な量が確保できないのですが、あとは地元で手に入る

キビのハカマやバカス、喰い残した乾草などで混合増量するなどの工夫をして

牛さん達の為にも上手に利用していきましょうねっ!

 

与論島シリーズは今回でおしまいですが…

台風、大雨、強風、塩害、干ばつなどなど…畜産に限らず自然を相手にする仕事というのは

本当に大変ですよねっ!

でも、今までの皆さんの経験と知恵を寄せ集めてこの難局を乗り切って下さいねっ!

乗り切った後には必ず良い事もたくさん待っていますって!!

ファイトォ~~ッ!!・ファイトッ!!

By 佐藤隆司 on 2013/09/17 12:08

奄美空港での待ち時間に前のつづきをアップしちゃいましょう!

 


前回のF農場さんから移動している途中で、とても豪華な牛さんを発見!!


これですっ!!

軽トラで通り過ぎてから思わずバックして貰ってパチリ!!

この牛さん、以前は黒牛だったのですが夜など通行人から

「牛が逃げている!」

との通報が相次いだので、間違わないように金色に塗装し直したそう!

話を聞いて大ウケしちゃいましたっ!!


結構イケますでしょっ?

 

さてさて、本題に入ります!

 

こちらは昨年M牧場さん牛舎が被害を受けた時の状況です。

 

こちらも同じ場所でではなく、同じ敷地内の別の場所に新築中でした!


Mさんは資金的な事もありますが元々器用な方で、牛舎もすべて外注するのではなく

時間は掛かりますが建築資材を購入し自分でコツコツと建設しています!

 

モチロン一人で手に負えないような時は友人に援軍を頼んでいるようですが…

こういう時の為にも…持つべきは友達ですよねっ!!


今のところ半分までは牛さんが入れる状態まで完成

残りの半分は年内に完成するべく頑張っていました!!

 

私がお邪魔した時にはカマキリさんも手伝いに来てましたっ!

…って、全く動かずただジィ~っとしているだけでしたが・・・

 


この牛舎のある所は高台で、海の方から吹いた風が牛舎裏の高台にぶつかって

牛舎通路に吹き込んで涼しいのは良いのですが、飼槽に入れた乾草や飼料までも

吹き飛んでしまうのが悩みのタネ…

 

そこで、この盛土の所に潮風にも強い地元の木を防風林として植樹しましょう!…と提案


ハテサテ…いつ防風林が完成する事でしょう?

Mさ~ん、楽しみに待っていますよぉ~っ!!        つづく

 

By 佐藤隆司 on 2013/09/16 18:34

昨年12月にこのブログでアップしていましたが、

8月末から9月に発生した台風15,16,17号で大きな被害を受けた牛舎が

ようやく改築、修復が進んでいましたのでご紹介しますね!


この時は牛舎だけではなく民家も相当な被害を受け、数少ない建設工事業者さんは

まず住宅の修復工事を優先的に実施したために牛舎の方は後回し…

結果的に未だに修復途中の所も多々あるようです!

 


与論空港に着いたらまるで真夏並みの暑さ…飛行機から降りたとたんに

泡の混じった汗??がドド~ッと吹き出てきました!

 

日差しが皮膚の中の方まで刺さり込む感じで痛いくらいでした!!

 


まずはF牧場さんの現場の様子からです!

こちらが昨年被害を受けた時の牛舎状況です。

本来ならばここに新しく建て直す予定だったのですが、工事中には他に牛さんを置く場所もありません。


そこで、元の場所から数百メートル離れた別な場所に新しく建設する事を決断、

8月に完成し牛さん達の引っ越しも終わったばかりでした!

 

その牛舎がこれです!


今までは敷地内の3ヵ所に離れた牛舎で管理していたのですが、

作業効率を見直し、ここ1ヵ所に集中して建設

 

運動場も併設しているのですが、その脇にある緊急脱出ボート??に注目!!

 


こうです!

ハイッ!

コスト削減のために、廃船をリサイクルした…エコ水槽です!!

知り合いの方から譲り受けたとか…

 

但し、気を付けなければいけない事は、水をたっぷり入れ過ぎて腐らせない事ですね!

少なめに入れておいて、こまめに新鮮な水をチョコチョコ足してあげると良いです

あと、時々は水槽の掃除もモチロン忘れずにしましょう!

 


牛舎の内部です!

 

与論では塩害が避けられないので、スタンチョン以外は木造にしてサビ対策

前回のように風に飛ばされないように強度もアップしています

 

またここは水道配管がなされていない所なので…

雨水を利用するためにタンクを設置しています

が、しかし…今年の夏は異常干ばつで雨が少なく、農業用タンクで搬送給水せざるを得ないとの事…

中々自分達の思うようになってくれないのが自然なんですね!

上手に付き合っていきましょう!   

 

まだ他にも堆肥舎など整備する所も有りますが…

まずは牛さんの住処が出来てFさんも一安心ですね!     …次回につづく

                                         

 

By 佐藤隆司 on 2013/09/01 20:11

今日から9月…8月から9月って聞いたとたんに急に秋を感じるというのは

北海道人独特の感覚なのでしょうか?


久し振りに1ヵ月も海を渡らなかった私も、明日から約2週間の旅に出ます!


その前に、前回のブログで載せていた丸太の山を友人と二人で

昨日必死こいて片づけてきました!!



この山が…

 


こうなりました!!

 

この時に活躍したのはこれらのグッズです!!



チェンソー、マサカリ(斧)、10kgハンマー、クサビです!!

このハンマー、クサビは何のために・・・って思われるでしょう??


ハイ!ここでこのスグレモンの技をお見せしましょうねっ!

通常の太さの薪ではマサカリだけで十分なのですが、

今回は最初の写真のように ふ~っとい丸太だったのでマサカリだけでは無理!!


そこでクサビの出番です!!


このように丸太の中心部に立ててハンマーで打ち込みます!

 

 


 


ホラッ! ハンマーで打ち込むたびに段々ヒビが入って最後はご覧のとおり!!

凄いでしょっ!!

実はこのクサビ…真っ直ぐになっているのではなく、少しねじれた状態になっていて

打ち込むたびに薪の上の方がが開いていってパリンと割れるんです!!

 


 

ここまで小さくなったらあとはマサカリでパ~ンといけます!!

 

 
ここまで全部仕上げるのに、昼食時間を含めて約8時間・・・おかげで最後は二人とも握力が底をつく?は

腰は痛いはアチコチの筋肉痛が酷いはでヘロヘロ状態!

最後はほとんど無口状態で、汗だくでモクモク…何とか最後まで完走しました!!


明日から巡業だというのに、今日もこの後遺症?がアチコチしっかり残っています!!


先が思いやられますけど、気合いで行ってきま~すっ!!

 

By 佐藤隆司 on 2013/08/30 15:49


帯広もここに来て朝晩の気温が半袖では寒いくらい急に秋めいて来ました!!


もともと北海道の気候は、お盆が過ぎたら一雨毎に秋に近づく…と言われていたのですが

ここ最近の天気は全国的にもそんなマニュアル?通りにはいってくれませんよね!


しかし…遅かれ早かれ冬はやってきます!


不在亭主としては、せめて地元に居る間に冬支度をしておかねば…と、

老体にムチ打って??セッセと冬支度に励んでいます!!

 

冬支度って…ハイ、我が家の薪ストーブの燃料…薪集めです!!

 

 


これはお盆の最中に準備した焚き付け用の材料です!

これだけあれば一冬は持つでしょう!

 


 

こっちは昨年準備したものの残りですが、これでは一冬持ちません!

 


これから速やかに割ってしまわなければいけないのがこの山です!!


ホラ、こんなに太いのがゴロゴロ…

 

正面から見たらこんな感じ…

転がす事は出来ても、ガラスの腰の私が一人で持ち上げる事は無理ですっ!!

 


これも知り合いが切り倒したものを分けて貰い、友人と二人でチェンソーで切って運んできました!!


そのあとは暫く筋肉痛…


何としても出張に出る前に割って積み上げておかなければ、この冬には間に合いません!!

…既にもう遅いくらいなんです!! 

 

こっちは我が家でストックしている薪ですが…これがいつまで持つかは今年の冬の寒さ次第!

暖冬で何とか持ってくれますように…

 


さぁ、来年の為にももっと間伐材を集めなくっちゃあ…


薪ストーブを付けたのは良いのですが、薪集めって結構大変ですよぉ~っ!!


まぁ・・・こんな苦労をするから尚更ストーブの火が暖かく感じるのかも?ですねっ!


これからも腰を痛めないように頑張りま~す!

By 佐藤隆司 on 2013/08/29 21:46

先月末に帯広に戻ってから、今月はあと2日で私は一度も北海道から脱出せず

1ヵ月を過ごす事になります!

確かに途中にお盆休みがあったり、その合間に来客があったり道内で何度かアチコチに

出歩いてはいましたがひと月もの間一度も海を渡らなかった事は15~6年振りくらいでしょうか?


何となく体調がすぐれない??のはそのせいなのかなぁ~?(笑)

 

そう云えば・・・もう10年以上前の話ですが、長期出張から自宅に戻る度に風邪を引いたり

ギックリ腰になったり体調が悪くなったりしてました!

年から年中不在亭主で、たまに家に戻ってきたと思ったらこの有様

こんな事があまりにも度重なるものですからカミさんに・・・

「そんなに私の顔を見るのが嫌なのかい?」って言い放たれたことが有りましたっけ…


決してそんな事ではなく、旅先で具合悪くなっちゃあいけないと

気合いが入っていたせいで?何とも無かったのが、

家に戻ったらホッと気が緩んで…という事だと思うのですがねぇ~!


いくら夫婦とは言えども元はと云えば男、女の他人同士…

多少は考えの違いってあってもしょうがないっすよねっ!


こんな事をカミさんに言ったら、明日からゴハン抜きになっちゃいますから…

ぜぇ~ったい内緒ですよ~っ!

 

さて、久し振りに…の話が横道にそれちゃいました!!

 

本題は、久し振りの新得共働学舎さんのチーズ熟成庫でした!!

http://www.kyodogakusha.org/product.html

詳しくは上のホームページを見てくださいねっ!

ここで作られている色々な美味しいナチュラルチーズが紹介されていますよっ!


今回は本州から知り合いの方々が、共働学舎のボスである宮嶋さんに会って

チーズのお話を聞きたいとの事でご案内、訪問しました!


宮嶋さんのご厚意で、チーズの話なら中に入って…と

製造工場、熟成庫で丁寧に説明をして頂きました!

 

ここでは熟成庫の様子をお見せいたしますねっ!


まずは入口からです!!

この熟成庫は共働学舎のスタッフが自分達で約3年掛かりで建設したそうです。

石とレンガで見事な造り…中はヒンヤリしていてとても快適!

 

ここはラクレット熟成庫

直径30cm位で、一個の重さが約5kgです。

最初は白っぽいのですが、熟成が進むと段々黄色が濃くなってきます。

 

宮嶋さんの細やかな説明に皆さん聞き入っていました!

 


こちらはお酒の酵母を利用して作られている“蔵”という新しい商品だそうです

 

 

これは直径60cm位、一個が40kgもあるチーズです!

熟成期間は1年以上かけて作られます。

出来上がりの価格は一個 ン十万円…思わず並んでいる個数を数えてしまう庶民達でした!!

 

 

これらのチーズの原料…牛乳を提供してくれる牛さん達です!

手前に見えているのはブラウンスイスというチーズ向きの種です

ちょうど搾乳時間なので牛さん達はパーラーの入り口の所のパドックで待機中!

乳房もおっぱいでパンパンに張っていました!


この牛さん達の子供です。

可愛いでしょ!

最初はチョット白っぽいのですが、大きくなると毛の色がだんだん濃くなって来ます!


この子たちの牛乳がナチュラルチーズになる日が楽しみですねっ!!

宮嶋さん、お忙しい中時間を作って頂き有難うございましたっ!!

By 佐藤隆司 on 2013/08/28 17:04

さて、今回は“ほんべつ肉まつり”焼肉応援団 “植田シェフ”?がアップした

ブログを追っかけての第2弾録画中継をいたします!!

 

植田シェフもブログで紹介していますが、このイベントはすべて地元生産者の方々が

企画、運営されたという初めての素晴らしい試みでした!!

 

こういう生産者の方々の素晴らしいチャレンジに神様も味方してくれたのでしょう!

前日までの豪雨もおまつり当日は前日の豪雨がウソのようにスッキリ晴れ


開催途中にチョッピリ通り雨がありましたがすぐに止んで、大盛況のうちに予定通り無事終了!

 

まずは会場の様子からです!

アチコチで美味しそうな焼肉の煙を出しながら盛り上がっています

 

 

本人はアップしていないので、会場で応援団として大活躍した植田シェフの働き振りを…

だいぶ雰囲気がサマになって来ました!

今度からはステーキハウスの白いユニフォーム?とコック帽を準備して貰いましょうかね??

 

 

このロースターでのブロック焼きの様子は観客の注目の的!

 

 

 


シェフの肉カットにも力が入ります!!

さすがに場数を踏んでいるだけあって焼き加減、腰つき、包丁捌きも… “ヒョッとしてプロ??”レベル

「(株)焼肉イベントお助け隊?」でも立ち上げようかしらん??

 

焼き上がった試食肉配布コーナーは焼き上がりのアナウンスが流れるたびに長蛇の列。


池田町の赤ワインをかけながらの炭焼きローストビーフは大人気!


2個のブロックはアッという間に完売でしたよ!!

 


会場ステージではお肉応援隊、香蓮ちゃんのステージ…

いつの間にか子供たちがにじり寄って来て、最前列でを独占かぶりつき!!

 


会場で香蓮ちゃんのステージ衣装とそっくりな可愛い子供を一人発見!!

 

かんたクンというんですが、お母さんと一緒に…ハイポーズ!!

この服はたまたま着てきたそう…香蓮ちゃんもメッチャ喜んでましたよ~っ!


かんたクン、香蓮ちゃんにもダッコして貰って写真撮って貰えば良かったね!

今度また来たら絶対撮ろうね!!


他の人が見てたら…お母さんに間違えられちゃうかもね??

 

ん?チョット待てよ~っ!

それ迄にはそのウェアー、ちっちゃくなってて着れないかぁ~?

その時はまたお母さんに頼んでみようよねっ!!

 

 

”第1回ほんべつ肉まつり”のスタッフ・関係者の皆さま、大変お疲れ様でした!!

これからも是非100回を目指して頑張って下さいねっ!!