自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Author: 佐藤隆司 Created: 2008/09/02 13:24
中国・四国・沖縄担当、佐藤隆司の日記です。

By 佐藤隆司 on 2013/04/29 11:51

前回の花シリーズの続きです。



これはハナモモ?(バラ科)ですかね?

ズームにしてみると確かにバラのようです。

この花言葉は…“恋のとりこ”“良い気立て”ですって!!

 



これは“ハナズオウ”というマメ科の植物だそう。

まだ蕾の状態でこれから開花するようです。

ピンクの色がとても綺麗で、花の付き方もボンボリみたいで独特ですよね?

そして花言葉は“質素”“裏切り”“目覚め”ですって!

この繋がり、よく…ワカンナ~イ!!

 


 

これはよく見かける“ムスカリ”です!

背丈は低いのですが群生するとブルーが綺麗です!

 

この花言葉は“失望”“失意”“絶望”と三拍子そろって良くないのですが、

これはヨーロッパでは紫、青色は悲観的なイメージがあるせいみたいです!

 

でも、“明るい未来”“寛大な愛”“通じ合う心”のようにこれとは全く

逆の意味もあるとか…


やっぱり花言葉は…よくワカンナ~イ!!

 



これは皆さんお馴染みのチューリップとスミレですね!!


もう…よくワカンナイから花言葉はやめますねっ!!

 

 

そして…最後はこれです!


モチロンこれは新しい品種の花ではなく…(もし名前があったらバッ花??)

花見に来た?とっても小さいバッタさんです!!

 

まだ寒かったせいか、近づいても逃げずにジィ~っとしてポーズをとってくれました!!


この子はどうやって冬を越していたんでしょうね?

自然の中では小さな命がしっかり受け継がれていました!!

 

岡村さん家の周りには色々な花が咲いていました!


ホント、花って心が癒されますよね~っ!


皆さんも日々のお仕事は大変でしょうが、是非自分の農場に行く道端や牛舎の周辺、

自宅の側の空き地にチョットでも良いですから花を植えてみましょうねっ!


季節の移り変わりがハッキリ見えてとても楽しく、

何も言わないけれど自然の素晴らしい息吹を見事に綺麗に表現してくれますよ。

 

こういう姿を見ると、自分もヒトとして自然に生かされている事実に素直に感謝し、

しっかり受け止めて…

ヒトとしてやるべき役割をしっかりやらなくっちゃあなぁ~…って思いますっ!!


よぉ~っし! またこれからも頑張ろう~っと!!

 

By 佐藤隆司 on 2013/04/28 23:22

今度は住宅前にある”岡村ガーデン”の花に焦点を当ててみます!!

 

まずは、春の花ではごく一般的な水仙シリーズです。


私は水仙ってどれも一緒だと思ったのですが、調べてみると

その種類は随分沢山あるんですね!


取り敢えずは庭で見つけた水仙ショットです。

これは、だいたい何処でも見かける一般的な黄水仙ですね!

今はまだ蕾ですけど、我が家の庭にもありますね!

 


これは「口紅水仙」(ポエティクス水仙)といって、内側の花びらの先の方に

赤い口紅のように
ラインが引かれているので,そう呼ばれているみたいです。

時期がチョット遅かったのか、前はもう少し赤色が濃かったようです。

 


こちらは八重咲き水仙(フォンシオン)と言う水仙です。

桜などでは八重桜と言う名前は知っていますが、水仙にも似た名前があるなんて

知りませんでした!

 


あと、これも水仙だなんて…驚きました!

遠目で見た時にてっきりスズランかと思いましたよ!

 

名前は「スズラン水仙」と言います!

名前を聞いて納得! スズランに似ているはずです!!

とっても可愛らしい花ですよねっ!

 

因みに…水仙の花言葉って誰が決めたのか分かりませんが

「エゴイズム」だそうです。


でも、日本水仙の黄は…

“私のもとに帰って”“愛に応えて”“気高さ”という意味があるとか…。


まぁ…花ことばの意味はともかく、見た人が癒されればそれだけで十分ですよね   

 

次回ももう一度花シリーズで行きますのでお楽しみにっ!!   つづく

By 佐藤隆司 on 2013/04/27 10:22

子牛チャン達のハッチステーションを通り過ぎていつもの堆肥舎の様子をチェックしてみます。

 

中の状況は…


相変わらず理想的なカマボコ型の堆積形状でした!

モチロン、服にまとわりつくような悪臭はしてません!

一番奥のスペースはブロアー配管をしているのですが、この日は堆肥を全部移動した後で

配管部のメンテナンス。

せっかくの設備…目詰まりなどしやすいスペースですからその性能を発揮してもらうためには

定期的な点検、整備がとても大切です!


これはトラクターなどの機械でもそうですよ。

長持ちさせようと思ったら時間を作って手入れはしっかりしてあげましょう!


「時間が無いから出来ない…」って言うのを聞きますけど、これって出来ない言い訳ですからね!

時間は作るもので、飲む時間や寝る時間を減らしてでもやる気のある人は絶対作れますって…!!

皆さんも気合いを入れて頑張って下さいね~っ!

 

 

ここは堆肥の熟成仕上げスペースです。

先程お見せしたブロアースペースの所にあった堆肥を、ここのスペースに移動するのですが

この時にマニュアスプレッターで粉砕しながらこの形状に堆積します。

モチロン、ここに堆積している間も発酵分解は継続しています。

発酵時間が長いという事は当然、品質だって良くなりますよっ!


牛さんに限らず、安定品質・安定供給はリピーターさんを獲得するための最大の武器ですからね

 


こちらの農場では住宅の裏で家庭菜園の準備も着々と進んでいました!!

モチロン、自家生産された良質堆肥を使った理想的な循環農業です!!

この畑で採れた野菜はこの上なく美味しい事でしょう!!        つづく

By 佐藤隆司 on 2013/04/26 13:26

さて、少し北上して今回は久し振りの岡村牧場さんです!!


岡村牧場さんの新しいポスターです!

「牛が笑っている牧場」…何とも愛くるしい表情してますよねっ!


私もこの時まで知りませんでしたが…

このポスターの「岡村牛」っていう字は岡村さんが自分で書いたものだそうです!

この字を書くまで何百枚も練習したそうです! お見事です!!

 

到着してすぐ農場の様子を見に行きました!


昨年秋に来た時にはまだ未完成だったハッチステーションには…

ズラーッと新しいハッチが並んでいました!!

遠目に見ると屋根の上にバケツが乗っかっているように見えますが、

傍に行ってみると…


換気口でした!

ホラッ、ネッ!!

それも、手動調整システム?付きです!!

私はこの方式は初めて見ました!

換気口を開いている時はこうで…

 

閉めると…

こんなです!!

閉めると帽子かぶっているみたいで,なかなかカッコ良いですよねっ!

 


私が今まで見たのはだいたい換気口が後ろ壁に付いているこのタイプですね!


毎日子牛チャンの世話している奥さんの意見を聞いてくるのを忘れちゃいましたが、

換気口が屋根にあるのと、後ろ壁側にあるのとではどちらが良いのでしょうね?

一長一短があるとは思いますが…次回意見を聞いてきます!

 


そうそう!

このハッチに書いてある電話番号を見てビ~ックリ!!

この市外局番は我が社の地元、帯広近郊のものです!!

 

調べてみたら…地元も地元、同じ音更町内でした!!

http://nttbj.itp.ne.jp/0155318060/index.html

こちらですっ!!

 


ホント…世の中って狭いですねぇ~っ!!

でも、同じ十勝の会社がここでも頑張っているんだ~!…と思うと何か嬉しくて、

私も「頑張らなくっちゃあ~!」…って改めてファイトが湧いてきました!!

                                         …つづく

By 佐藤隆司 on 2013/04/25 17:48

皆さん、お久し振りです!

ついこの前…新年度が始まったばかりだというのに、早4月も終わりに近づき

花の?ゴールデンウィークに突入しようとしています!

この連休…皆さんはどんな過ごし方をするのでしょうか??

普段から家を留守がちにする私はきっと…

いや、確実に家の仕事(庭、家庭菜園、冬の後始末等)や

家庭サービスにこき使われる事でしょう!!

 

さて…久し振りのブログはまず、今回お邪魔した三重県の豊田畜産さん

 http://mie.lin.gr.jp/fureai/farm006.htm  からお届けします!!


以前にはこちらでの「堆肥つくり」についてご紹介した事がありますが、


今回はチョッと趣を変えてみます。

 

農場にお伺いしたのはお昼前だったのですが、

牛さん達は床に座ってノンビリと反芻中


ホラッ! ほぼ全員?が座ってますよね!

これを見ただけで牛さん達にストレスが無いのが分かりますよね!

 


こちらではF1も肥育しているのですが…

珍しくお腹のあたりに大きく広がった白斑紋様の牛さんが私を迎えてくれました!


私は思わず…この牛さんの先祖はもしかして北海道?? 

聞いてみても教えてくれませんでした!


だって…この形、北海道地図みたいな形でしょ?

 


牛舎をアチコチ見ている時にロールの所に集まっている集団を発見!!


このメンバーは豊田さんの二人の娘さん(K1チャン、K2チャン)と

T部飼料のトップ営業マン?Kさんです!


何をしてるんだろう?…と覗き込んでみると、

ナ、ナ~ント!! 数学の勉強中!


と言う事は…Kさんは仕事をほったらかして塾の先生真っ最中!!


子供たちの真剣なまなざし…中学1年生K1チャンの問題ですけど、

とっても難しいんですよ!!

K先生も仕事の時以上に真剣な顔してますでしょっ?

 

私は問題を見て…すぐその場を後にしました!

今の子供達って私の時代とは違って、とても難しい事を習っているんですねぇ~っ! 

早く生まれてて良かった…ナァ~ンちゃって!!

 


さて、勉強も一段落したようで次はこれです!!


オペレーターK2チャンはまだ小学生なんですが見事なハンドルさばき…

運転席で周りに視線を配りながら操作する姿は

まるでプロフェッショナルです!!


ハイ、モチロン…エンジンは掛かっていません!!

でも…ほ~んと、サマになっていますでしょ?

 

今度はこちらです!!


こちらは末っ子のT君…床にこびりついた堆肥のカスを一生懸命削り取って

きれいに掃除しています!


子供たちのこんな姿を見るととても微笑ましく、私も他人事ながらも

とっても嬉しく思います!


何故って…子供って親の背中を見て育つって言うじゃぁないですか!


この頃からごく当たり前のように牛舎でお手伝いをしていると言う事は…


豊田さんご夫婦の仕事振りが素晴らしいという何よりの証拠ですよねっ!!

 

今の時代、畜産業界では後継者が中々育たないというお話をアチコチで聞きます。


でも…こちらではそんな心配は必要ないですねっ!


ホント、この先がとっても楽しみです!!


K1チャン、K2チャン、Tクン!

早く大きくなって良い牛さん達を創るんだよぉ~っ!!


オジさんも楽しみにして長生きすっからなぁ~っ!!

By 佐藤隆司 on 2013/03/15 13:41

今度は伊江島はU牧場さんでの完成間もない新居です

まだ牛さん達は入っていないのですが、その概要をご紹介しますねっ!


まずは遠くからの全景です。

右側の白い屋根のが今までの牛舎で、左側に見えるのが新築牛舎です

飼養規模は60頭との事…

 

もう少し近くに行ってみましょう!

 


牛舎右角から正面、左側の順でお見せします。

 

右角


正面


左角です。

 

軒先には台風でも飛ばされそうもない頑丈そうな雨樋が設置されています!


私は色々な現場を見ていますが雨樋が付いていない、あるいは付いていたんだけど台風で飛ばされて

樋受けだけがかろうじて付いているという農場を良く見かけます

 

そういう所は雨が吹き込んで床がビチョビチョになっています

風が無くただ降る雨ならまだしも、風がある時は屋根で受けた雨水が軒先から

思いっきり牛舎に吹き込んでしまいます。


こうなったら後はどうなるか…皆さんはもう想像できますよね?

牛さん達の為にも雨水は出来るだけ吹き込まないような工夫をしましょうね!


昨年みたいに、とんでもない台風の時だけは仕方がないですけどね…

 


雨樋の部分をズームアップしてみます。


雨樋の下の柱に全部丸いフックが付いています。

そして…写真を撮るのを忘れたのですが、丁度真下の床面にも同じフックが設置されていました!!

将来的にはこのフックを利用して…

雨風の吹き込み防止あるいは防鳥ネット設置などなど、色々考えて設計されたようです

 

そしてもう一つ…


 


雨水を集めて貯水タンクへ…エコ仕様ですね!

 

あと…こちらには哺乳ロボットです

 


哺乳ロボットは最初牛さん達を馴致するまでチョッピり苦労するかもしれませんが、

機械に使われるのではなく上手に使いこなす事が大切です!

哺乳はロボットがしてくれますけど、牛さん達の毎日の観察だけは抜かりなくやりましょうねっ!!

 

最後はウンチの後始末…大切な堆肥舎です!!



仕切りの壁も無く作業性はバッチリですね!!

きっと素晴らしい堆肥を創ってをくれる事でしょう!!…って、

今からUさんにプレッシャーを掛けちゃいます!!


私も時々チェックしに行きますから…まずい時にはイエローカードですよっ!!


牛さん達はせっかく皆で“ジェネターウンチ”を出してくれているんですから、

是非一緒に良い堆肥を創りましょうねっ!!

その時にはその成果をまたここでアップしますから…


モチロン、良い堆肥が出来た時には皆でお祝いをしましょうっ!!


私もメッチャ楽しみにしていますからね~っ!!


 

By 佐藤隆司 on 2013/03/12 13:10

今朝の帯広の気温はマイナス7℃…先週末に沖縄から帰還したのですが

気温差は30度以上

この季節は日本がとっても広く感じます!!


さて、今回は以前にもここでご紹介した沖縄北部で頑張っている

比嘉さんちの牛さん達の新居?をご紹介いたします!!

 

昨年11月に竣工した牛舎です!!

嫌がる本人を無理やり立たせて…記念撮影です!

さすがに飲んでいる時とは違ってチョッピリ緊張気味ですかね??

 

 

別の角度からもう一枚…

 

 

記念に今までの牛舎もアップしておきましょう!


築何十年間の垢?を落としてきれいに洗浄し、すっきりしています!

 

この後でもう一度、屋根や柵などを修理して石灰乳を塗って再生し

利用する計画とか…

 


こちらは堆肥舎です!


頭数の割にはチョッピり狭いかな~って感じですね!

補助事業の設計基準があるのでどうしてもこの広さになっちゃうようです

仕切りの壁が無いのは作業性も良く、カマボコ型に堆積して発酵を促すには

最高ですね!

 

ただ…床の傾斜が後ろ壁側に付いているのが不満です

 

これも設計マニュアルになっているとか…

外雨が吹きこんだら床に雨が溜まって発酵が止まっちゃうんですけど…

設計マニュアルを変えてほしいものです!

 

せっかくですから記念に…青シートを利用していた今までの堆肥舎もどき?を…

比嘉さん、もう公開しても良いでしょっ?


って言いながら、もうアップしちゃってるし…

 

あと…新居でとても感動したのはこれです!!


 

 


ホラッ! 素敵でしょう?

 

まだ造園し始めたばかりですけど、

 

将来はきっと花いっぱいの素敵な農場になるでしょう!!

 

この花壇は奥さんの設計・企画で、旦那さんが世話人??だそう…

ホント??大丈夫かな~っ??

奥さん、チャ~ンと監視していてくださいねっ!

 

私は以前にもブログで書いたのですが…

 

農場の周りに季節の花が沢山あるというのはとても良い事だと思います

 

そこで働く人も花を見ると心が癒され

牛さん達にもその気持ちが伝わってスクスク育ってくれますよ!

 


モチロン、農場を訪れた人も花が沢山咲いているととても嬉しい気持ちになります

だって、花アレルギーを持っている人は別として…

花を見て癒されない人って居ませんでしょ?

 

まして沖縄は北海道と違って暖かく、年から年中色々な花が咲いているんですもの…

 

是非沖縄ならではの花いっぱい農場を創ってみてくださいねっ!!

 

私もまたお邪魔するのを楽しみにしていますっ!!

By 佐藤隆司 on 2013/03/08 19:53

先週は久米島に上陸、もう10年前からのユーザーさんである国吉牧場を訪問しました


お邪魔した時はちょうど夕刻の給餌時間でした。

私は仕事の邪魔にならないように、どんなふうに作業をするのかコッソリ観察していました!!

モチロン、撮影の合間には少しお手伝いもしましたよっ!

 


県内の大方の農家さんは、昨年の台風の影響で牧草の収穫が思うようにできなかった中で、

こちらでは多少品質にはバラつきがあるものの、十分な乾草ロールが牛舎の周りに積まれていました


当然…母牛の飼槽の中には十分の乾草が給与されています


そして、分娩予定が近い母牛には日中分娩を促すために夕刻一回だけの“ドカ盛り給与”をしています


また、それ以外の牛さん達には給与30分くらい経過した後でもう一度乾草を追加給与

母牛さんたちの“腹ペコストレス”はお腹の子供たちにとっても良くないですからね!

タップリ食べて貰いましょう!

このように2回に分けて給与する事で、乾草の引き込みや喰いこぼしが少なくなり無駄が少なくなるとの事…


せっかく苦労して収穫して来た乾草ですからチョッと手間をかけることで出来るだけ無駄は少なくする…


経営するにあたってこのような積み重ねはとても大切なことだと思います


一回の無駄な量は大したこと無いかもしれませんが、

これが1年間365日に換算するとどの位の量になるのでしょう?

特に今年のように乾草の収量が少ない時にはなおさら無駄をなくしていかなければなりません!


皆さんも是非チョッとした手間を掛けることで、損失を少なくする工夫をしましょうねっ!

こういう小さな事の積み重ねが利益を生む事に繋がってきますよ!!

 

国吉さんの可愛い子供達です!

こんな可愛い子供たちの為にも頑張ってるんですねっ!

 


この日の夜は例によって飲み会議??



いつもの事ですが…楽しい時間を過ごしました!

また明日も頑張りましょう!…って、もう明日になっているし…


Hさん、早く帰ってゆっくり休みましょうねっ!!


皆さん、お世話になりました!!

 

By 佐藤隆司 on 2013/02/26 8:14

広は今朝の気温もマイナス15℃…春はまだ海の向こうなのでしょうか?

 

さて、今回は以前にお邪魔した喜界島の現場の様子をご紹介しましょう!

 

S牧場さんの哺育舎です。

お邪魔した時は丁度従業員の方が舎内の水洗作業中…

普段は水洗ですが、週1回位のペースで消毒液で実施しているようです

モチロン作業としては大変なのですが、子牛チャン達が病気になる事を思えば手間を惜しんでいられませんね!

但し、このような管理をする牛舎は排水施設など構造的にもきちんと整備されていなければダメですよ!

 


こちらは育成舎


やはり綺麗に清掃も行き届いております

ただ…飼槽に飼料も乾草も残っていなかったのがチョッピリ物足りません

伸び盛りの牛さん達にはもっとお腹いっぱい食べさせてあげましょうねっ!

少なくとも乾草は飼槽に少し残るくらい給与して欲しいですねっ!

 

更に…皆さんにもお馴染みの袋もさり気なく?置かれています!!

欲を言うならば…ネコやネズミの被害を受けないように、蓋付きのポリバケツで保管されるとベストなんですが…

アッ!この写真は決してどっかから袋を持って来て置いたヤラセではありませんからねっ!


証人だってチャ~ンと居ますし…ネッ、菊池さん!!

 

 

さて、こちらは妊娠母牛舎です

入って行ったら…全員が私の方を見つめて何かを訴えかけています

こちらにお邪魔したのはまだ10時半頃…

ベロが届かない通路には次の分?が置かれているのですが飼槽には既に飼料がありません


従業員の方が不在だったので飼料給与体系を確認できませんでしたが…


私が思うに…きっと、牛さん達はもっとお腹いっぱい食べたいのでは?

他人の農場なので私が勝手に通路にある乾草を寄せてあげる訳にもいかず…

 

(アッ、後日確認したら…乾草は1日2回給与で、朝給与したらスタンチョンを外して放牧地に放すとの事!

この日は丁度放牧前のタイミングだったんですねっ!!)


それで乾草はチョット少なめだったんだぁ~っ!

 

 


牛さんは草食動物です!

牛さんの力をしっかり引き出すためにも、草(乾草)はお腹いっぱい食べさせてあげましょう!


そして、お腹いっぱいになったら牛さん達は…

ホラッ!こんな風にノンビリ座ってになってモグモグ…反芻の時間です!

モチロン、ストレスも無くルーメンの発酵も良く安定しているはず!


牛さんは本来“喰っちゃ寝”の動物です!

私も子供の頃、ご飯を食べてすぐ横になるとだらしないので、親父から“牛になるぞっ!”って叱られたものです!

 

でも…牛飼いで生計を立てている皆さんは、そんな“だらしない?牛さん”を育ててあげましょうねっ!


そうしたら牛さん達はウンチだけではなく、皆さんの生活費もチャ~ンと残してくれますって!!

By 佐藤隆司 on 2013/02/20 17:52

今月中旬、久し振りに喜界島に上陸しました!!

私が喜界島に初めて上陸したのは平成15年ですから…もうかれこれ10年にもなるんですね!


今回は便の都合で夕刻まで3時間の待ち時間…


いつもは現場巡回が終わったらお昼の便で移動するのですが、

この機会にと上陸以来初めて島を一周してみました!!

 

今回はその時に見て来た所をご紹介しましょう!!

 

まずはここです!!

何のモニュメントかと思いきや…

 

東経130度00分の線上モニュメントでした!!

 

この後ろの道路には黄色い線でラインが引いてあり、その線に沿って…写真ではチョッと見えにくいのですが、


海岸の岩場にも鉄のポールが並び立っていました!

 


そこで私もその線上に並び立って…

ハイ、記念撮影です!

 

このライン上には北に向かって…長崎県・佐賀県・中国黒竜江省・吉林省・北朝鮮・ロシア経由で北極まで

南に向かってはインドネシアの多くの島を抜けてオーストラリア・南極大陸まで続いているんです!

つまり…私の真後ろが北極点、正面が南極点なんです!


そんな事を想像しただけで、一周50kmに満たない小さな喜界島が世界の喜界島になっちゃいました!!

 


また、この島にはハワイもあって…???


不思議な生物?も住んでいました!!

 


これは一見…陸に上がったカメ?? 

ジィ~っと見ていると、目と口が浮き出て来ますでしょっ!

 

こっちは横から見たトド??

見ようによっては…うずくまっているワンちゃんみたいですねっ!

 


これはサンゴの岩に埋もれている怪獣の化石??でしょうか?

結構迫力ある怪物でしょ??

うす暗い時にバッタリ遭遇したらドキッっとするかも?…ですね!

 

ハイッ! 今回は喜界島にある不思議な“奇怪島?”の一面をご紹介いたしましたっ!


皆さんも“機会”があったら是非一度行ってみて下さいねっ!