自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Author: 佐藤隆司 Created: 2008/09/02 13:24
中国・四国・沖縄担当、佐藤隆司の日記です。

By 佐藤隆司 on 2013/03/15 13:41

今度は伊江島はU牧場さんでの完成間もない新居です

まだ牛さん達は入っていないのですが、その概要をご紹介しますねっ!


まずは遠くからの全景です。

右側の白い屋根のが今までの牛舎で、左側に見えるのが新築牛舎です

飼養規模は60頭との事…

 

もう少し近くに行ってみましょう!

 


牛舎右角から正面、左側の順でお見せします。

 

右角


正面


左角です。

 

軒先には台風でも飛ばされそうもない頑丈そうな雨樋が設置されています!


私は色々な現場を見ていますが雨樋が付いていない、あるいは付いていたんだけど台風で飛ばされて

樋受けだけがかろうじて付いているという農場を良く見かけます

 

そういう所は雨が吹き込んで床がビチョビチョになっています

風が無くただ降る雨ならまだしも、風がある時は屋根で受けた雨水が軒先から

思いっきり牛舎に吹き込んでしまいます。


こうなったら後はどうなるか…皆さんはもう想像できますよね?

牛さん達の為にも雨水は出来るだけ吹き込まないような工夫をしましょうね!


昨年みたいに、とんでもない台風の時だけは仕方がないですけどね…

 


雨樋の部分をズームアップしてみます。


雨樋の下の柱に全部丸いフックが付いています。

そして…写真を撮るのを忘れたのですが、丁度真下の床面にも同じフックが設置されていました!!

将来的にはこのフックを利用して…

雨風の吹き込み防止あるいは防鳥ネット設置などなど、色々考えて設計されたようです

 

そしてもう一つ…


 


雨水を集めて貯水タンクへ…エコ仕様ですね!

 

あと…こちらには哺乳ロボットです

 


哺乳ロボットは最初牛さん達を馴致するまでチョッピり苦労するかもしれませんが、

機械に使われるのではなく上手に使いこなす事が大切です!

哺乳はロボットがしてくれますけど、牛さん達の毎日の観察だけは抜かりなくやりましょうねっ!!

 

最後はウンチの後始末…大切な堆肥舎です!!



仕切りの壁も無く作業性はバッチリですね!!

きっと素晴らしい堆肥を創ってをくれる事でしょう!!…って、

今からUさんにプレッシャーを掛けちゃいます!!


私も時々チェックしに行きますから…まずい時にはイエローカードですよっ!!


牛さん達はせっかく皆で“ジェネターウンチ”を出してくれているんですから、

是非一緒に良い堆肥を創りましょうねっ!!

その時にはその成果をまたここでアップしますから…


モチロン、良い堆肥が出来た時には皆でお祝いをしましょうっ!!


私もメッチャ楽しみにしていますからね~っ!!


 

By 佐藤隆司 on 2013/03/12 13:10

今朝の帯広の気温はマイナス7℃…先週末に沖縄から帰還したのですが

気温差は30度以上

この季節は日本がとっても広く感じます!!


さて、今回は以前にもここでご紹介した沖縄北部で頑張っている

比嘉さんちの牛さん達の新居?をご紹介いたします!!

 

昨年11月に竣工した牛舎です!!

嫌がる本人を無理やり立たせて…記念撮影です!

さすがに飲んでいる時とは違ってチョッピリ緊張気味ですかね??

 

 

別の角度からもう一枚…

 

 

記念に今までの牛舎もアップしておきましょう!


築何十年間の垢?を落としてきれいに洗浄し、すっきりしています!

 

この後でもう一度、屋根や柵などを修理して石灰乳を塗って再生し

利用する計画とか…

 


こちらは堆肥舎です!


頭数の割にはチョッピり狭いかな~って感じですね!

補助事業の設計基準があるのでどうしてもこの広さになっちゃうようです

仕切りの壁が無いのは作業性も良く、カマボコ型に堆積して発酵を促すには

最高ですね!

 

ただ…床の傾斜が後ろ壁側に付いているのが不満です

 

これも設計マニュアルになっているとか…

外雨が吹きこんだら床に雨が溜まって発酵が止まっちゃうんですけど…

設計マニュアルを変えてほしいものです!

 

せっかくですから記念に…青シートを利用していた今までの堆肥舎もどき?を…

比嘉さん、もう公開しても良いでしょっ?


って言いながら、もうアップしちゃってるし…

 

あと…新居でとても感動したのはこれです!!


 

 


ホラッ! 素敵でしょう?

 

まだ造園し始めたばかりですけど、

 

将来はきっと花いっぱいの素敵な農場になるでしょう!!

 

この花壇は奥さんの設計・企画で、旦那さんが世話人??だそう…

ホント??大丈夫かな~っ??

奥さん、チャ~ンと監視していてくださいねっ!

 

私は以前にもブログで書いたのですが…

 

農場の周りに季節の花が沢山あるというのはとても良い事だと思います

 

そこで働く人も花を見ると心が癒され

牛さん達にもその気持ちが伝わってスクスク育ってくれますよ!

 


モチロン、農場を訪れた人も花が沢山咲いているととても嬉しい気持ちになります

だって、花アレルギーを持っている人は別として…

花を見て癒されない人って居ませんでしょ?

 

まして沖縄は北海道と違って暖かく、年から年中色々な花が咲いているんですもの…

 

是非沖縄ならではの花いっぱい農場を創ってみてくださいねっ!!

 

私もまたお邪魔するのを楽しみにしていますっ!!

By 佐藤隆司 on 2013/03/08 19:53

先週は久米島に上陸、もう10年前からのユーザーさんである国吉牧場を訪問しました


お邪魔した時はちょうど夕刻の給餌時間でした。

私は仕事の邪魔にならないように、どんなふうに作業をするのかコッソリ観察していました!!

モチロン、撮影の合間には少しお手伝いもしましたよっ!

 


県内の大方の農家さんは、昨年の台風の影響で牧草の収穫が思うようにできなかった中で、

こちらでは多少品質にはバラつきがあるものの、十分な乾草ロールが牛舎の周りに積まれていました


当然…母牛の飼槽の中には十分の乾草が給与されています


そして、分娩予定が近い母牛には日中分娩を促すために夕刻一回だけの“ドカ盛り給与”をしています


また、それ以外の牛さん達には給与30分くらい経過した後でもう一度乾草を追加給与

母牛さんたちの“腹ペコストレス”はお腹の子供たちにとっても良くないですからね!

タップリ食べて貰いましょう!

このように2回に分けて給与する事で、乾草の引き込みや喰いこぼしが少なくなり無駄が少なくなるとの事…


せっかく苦労して収穫して来た乾草ですからチョッと手間をかけることで出来るだけ無駄は少なくする…


経営するにあたってこのような積み重ねはとても大切なことだと思います


一回の無駄な量は大したこと無いかもしれませんが、

これが1年間365日に換算するとどの位の量になるのでしょう?

特に今年のように乾草の収量が少ない時にはなおさら無駄をなくしていかなければなりません!


皆さんも是非チョッとした手間を掛けることで、損失を少なくする工夫をしましょうねっ!

こういう小さな事の積み重ねが利益を生む事に繋がってきますよ!!

 

国吉さんの可愛い子供達です!

こんな可愛い子供たちの為にも頑張ってるんですねっ!

 


この日の夜は例によって飲み会議??



いつもの事ですが…楽しい時間を過ごしました!

また明日も頑張りましょう!…って、もう明日になっているし…


Hさん、早く帰ってゆっくり休みましょうねっ!!


皆さん、お世話になりました!!

 

By 佐藤隆司 on 2013/02/26 8:14

広は今朝の気温もマイナス15℃…春はまだ海の向こうなのでしょうか?

 

さて、今回は以前にお邪魔した喜界島の現場の様子をご紹介しましょう!

 

S牧場さんの哺育舎です。

お邪魔した時は丁度従業員の方が舎内の水洗作業中…

普段は水洗ですが、週1回位のペースで消毒液で実施しているようです

モチロン作業としては大変なのですが、子牛チャン達が病気になる事を思えば手間を惜しんでいられませんね!

但し、このような管理をする牛舎は排水施設など構造的にもきちんと整備されていなければダメですよ!

 


こちらは育成舎


やはり綺麗に清掃も行き届いております

ただ…飼槽に飼料も乾草も残っていなかったのがチョッピリ物足りません

伸び盛りの牛さん達にはもっとお腹いっぱい食べさせてあげましょうねっ!

少なくとも乾草は飼槽に少し残るくらい給与して欲しいですねっ!

 

更に…皆さんにもお馴染みの袋もさり気なく?置かれています!!

欲を言うならば…ネコやネズミの被害を受けないように、蓋付きのポリバケツで保管されるとベストなんですが…

アッ!この写真は決してどっかから袋を持って来て置いたヤラセではありませんからねっ!


証人だってチャ~ンと居ますし…ネッ、菊池さん!!

 

 

さて、こちらは妊娠母牛舎です

入って行ったら…全員が私の方を見つめて何かを訴えかけています

こちらにお邪魔したのはまだ10時半頃…

ベロが届かない通路には次の分?が置かれているのですが飼槽には既に飼料がありません


従業員の方が不在だったので飼料給与体系を確認できませんでしたが…


私が思うに…きっと、牛さん達はもっとお腹いっぱい食べたいのでは?

他人の農場なので私が勝手に通路にある乾草を寄せてあげる訳にもいかず…

 

(アッ、後日確認したら…乾草は1日2回給与で、朝給与したらスタンチョンを外して放牧地に放すとの事!

この日は丁度放牧前のタイミングだったんですねっ!!)


それで乾草はチョット少なめだったんだぁ~っ!

 

 


牛さんは草食動物です!

牛さんの力をしっかり引き出すためにも、草(乾草)はお腹いっぱい食べさせてあげましょう!


そして、お腹いっぱいになったら牛さん達は…

ホラッ!こんな風にノンビリ座ってになってモグモグ…反芻の時間です!

モチロン、ストレスも無くルーメンの発酵も良く安定しているはず!


牛さんは本来“喰っちゃ寝”の動物です!

私も子供の頃、ご飯を食べてすぐ横になるとだらしないので、親父から“牛になるぞっ!”って叱られたものです!

 

でも…牛飼いで生計を立てている皆さんは、そんな“だらしない?牛さん”を育ててあげましょうねっ!


そうしたら牛さん達はウンチだけではなく、皆さんの生活費もチャ~ンと残してくれますって!!

By 佐藤隆司 on 2013/02/20 17:52

今月中旬、久し振りに喜界島に上陸しました!!

私が喜界島に初めて上陸したのは平成15年ですから…もうかれこれ10年にもなるんですね!


今回は便の都合で夕刻まで3時間の待ち時間…


いつもは現場巡回が終わったらお昼の便で移動するのですが、

この機会にと上陸以来初めて島を一周してみました!!

 

今回はその時に見て来た所をご紹介しましょう!!

 

まずはここです!!

何のモニュメントかと思いきや…

 

東経130度00分の線上モニュメントでした!!

 

この後ろの道路には黄色い線でラインが引いてあり、その線に沿って…写真ではチョッと見えにくいのですが、


海岸の岩場にも鉄のポールが並び立っていました!

 


そこで私もその線上に並び立って…

ハイ、記念撮影です!

 

このライン上には北に向かって…長崎県・佐賀県・中国黒竜江省・吉林省・北朝鮮・ロシア経由で北極まで

南に向かってはインドネシアの多くの島を抜けてオーストラリア・南極大陸まで続いているんです!

つまり…私の真後ろが北極点、正面が南極点なんです!


そんな事を想像しただけで、一周50kmに満たない小さな喜界島が世界の喜界島になっちゃいました!!

 


また、この島にはハワイもあって…???


不思議な生物?も住んでいました!!

 


これは一見…陸に上がったカメ?? 

ジィ~っと見ていると、目と口が浮き出て来ますでしょっ!

 

こっちは横から見たトド??

見ようによっては…うずくまっているワンちゃんみたいですねっ!

 


これはサンゴの岩に埋もれている怪獣の化石??でしょうか?

結構迫力ある怪物でしょ??

うす暗い時にバッタリ遭遇したらドキッっとするかも?…ですね!

 

ハイッ! 今回は喜界島にある不思議な“奇怪島?”の一面をご紹介いたしましたっ!


皆さんも“機会”があったら是非一度行ってみて下さいねっ!

By 佐藤隆司 on 2013/02/12 11:07

今は福岡空港での搭乗待ち…今のうちに先週の話題をしたためます!

 

先日、津山のお客さんの所にお邪魔する途中、道路脇に不思議なカンバン?を発見


「めだか市場」って書いてありました

色々な市場ってあるのですが「めだか市場」って言うの私は初めてです。

どんな所なのだろう?と、カンバンの矢印にしたがって脇道に入っていくと…

門の上にはこんなホームセンターでよく見かける漬物オケ?が…

 

拡大します!

 


駐車場に車を置いて中の方に入って行くと、

見渡す限り風呂桶や樽を利用した水槽が所狭しと並んでいます

 

真ん中あたりには管理事務所らしい建物が…

休日だったせいか人影は見当りませんでした

 


水槽は敷地の上の方にも…

 

下の方にもワンサカ…

 

いったい水槽はいくつ此処に有るのでしょう?


モチロン、この桶の中を覗いてみると底の方にメダカが住んでいました!


という事は…メダカは全部で何匹いるの??

 

一回りして車に戻ろうと思ったら遠くに人影が…

 

近づいてよ~く見ると…


寒い中身じろぎもしないでメダカ置場を見張っているこの方でした!!

 思わず…お疲れ様ですっ!って声を掛けちゃいました!!


世の中には色々な商いが有りますけど、メダカがこんな風に飼われて市場に流通してるのを初めて知りました!

 


宿に入ってからネットで調べたらここが紹介されていました!!


興味のある方、あるいはメダカが欲しい方は是非こちらを見てくださいねっ!


http://medakaichiba.com/

2003年から飼育開始して、今は100万匹も居るんだとか…凄いですね!

メダカにも色々な種類が居るというというのも初めて知りました!

 

この後お客さんの農場に向かう途中、車の中で何気なく「めだかの学校」の歌を口ずさんでいました!!

なんか…小学校に入った頃を思い出してホンノリした気分になった一時でした!

By 佐藤隆司 on 2013/02/05 13:30

先月、久し振りに松本先生と山東省にある中国の牧場に行ってきました!


昨年から反日運動が盛んだったのですが、その風潮もだいぶ収まったようでした

市内にあるジャスコにもたくさんのお客さんで以前のような賑わい…。

中国の人の中でもこの事に関しては賛否両論…

日本製品のお店とはいえ従業員はほとんどが地元の人々ですからね!


しかし、報道統制されているのでマスコミに流れる情報は自分たちの都合の良い事が垂れ流され、

庶民の中で言われている都合の悪い情報はほとんど表には出てこない…

この仕組みってどんな国でも一緒なの?


自分たちの事はそっちに置いてといて、他人の批判だけは大きい声で高らかに叫ぶ…

あれれ…どっかでも聞いたことあるぞ!!

他人事と思えないですねっ!

 

さて、本題に行きます!


こちらも今年は日本と一緒で気候変動が激しいようです。

この日も内陸部では数日前に雪が降ったとの事でしたが、お迎えの人はノーマルタイヤで現地へ…

北海道人には“信じられなぁ~いぃ!”

確かに高速道路は雪が無かったのですが、農場に近づくにしたがって周りは雪化粧

ドライバーは一応気を使って蛇行…じゃなくって、徐行運転してくれました!!(当たり前だぁ~っ!)

私達乗客?は到着する迄ひたすらに無言…

 


では、現地での写真からです。

私の肌温度計では氷点下7℃位で若干風があって体感温度はマイナス10℃弱ってとこですか…

哀愁漂う後姿…絵になりますでしょ?

 



牛舎の中の牛さん達は白い息を吐き出しながらやっぱり元気!

さすが…お腹に湯たんぽを抱えているだけあります

 

牛床は部分的に氷糞河?状態…風当たりの違いでしょう

 

完全防疫、防寒スタイルで一頭一頭チェックする松本獣医

手袋をはめていても手がかじかんで…この方が良く読める字に…って事は有りませんでしたっ!!


この牛舎では牛さんのほかヤギ、番犬?が仲良く共生していて…思わず、彼らでさえ仲良く暮らしているのに

何で国同士は争いあっているんだろう?…って情けなくなりました!

 

 


私達が行く前にこの農場から3頭出荷したそうなんですが、その牛さん達の枝肉の一部です


さて…皆さんの評価は如何でしょうか?

美味しそうでしょ??

残念ですが、今回このお肉は私たちの口には入りませんでしたっ!

By 佐藤隆司 on 2013/01/03 14:08

皆さん、新年明けましておめでとうございます!


ついこの前?正月を迎えたばかりと思っていたのですが、アッという間に2015年がやって来ちゃいました!


いつもの事なのですが、私の感覚では40歳を過ぎた辺りから時間の流れが年々スピードアップしてきたような

気がしています。

一年間のカレンダーを眺めても、たったこれだけしか無かったっけ??って悲しくなります


確かに…40歳の時に以前の仕事を辞めて、現在のアース技研の仕事に携わった歳でもあるというのも

関係しているのかもしれませんが、どうもそれだけでは無いように感じています。


私は自分の人生をだいたい80年と考えている(エッ?チョット長過ぎますか??)のですが、

マラソンで言う折り返し地点を過ぎてからゴールの“お墓”?に近づくにしたがって勝手にラストスパートして

お墓に飛び込んじゃうのではないだろうか?って思ってしまうくらいのスピードです!


時計の針は同じスピードなのに、何ででしょう?

そんな時私はこんな風に考えます


イヤイヤ、時間が早く感じるのは良い事だ!

それは…自分の日々の生活の中で仕事を含めやらねばならない事などが色々あり、

それを夢中になっているから時間が短く感じているだけなんだと…。

特に自分の大好きな事をやっている時の時間って、とっても楽しくてアッという間に過ぎてしまいますよね?


つまり…

自分の過ごしている時間が短く感じるという事は、

それだけ自分が過ごしている時間の中に、楽しいって感じている時間が多いからだと…。


私はこういう風に生きていられるって事がとっても幸せな事なのではと思っています


日本には現在約12,800万人の人が暮らしていますけど、一人としてコピー人間はいませんよね!

例え両親が一緒だったとしてもその兄弟の性格、考え方ってみんな異なります。


では、人の考え方って誰が決めているのでしょう?

そうです!それはみんな自分自身が決めている事なんですよね!


例えば…皆さんも生活をするために牛飼いさんやそれに関係した様々な仕事に携わっておりますよね?

しかし、同じ仕事とはいっても、ただ何となくやるのと

その仕事に誇りとか喜び、楽しみを見出してやっているのとでは

その結果は明らかに違ってきます!


初めてその仕事をやり始めた時って何がなんだか分かりませんよね?

それは当たり前の事です! 

だって…今までやった事ないんですもん!

大切な事は、自分がその仕事をやり始めたからにはそれを継続する事です。

その継続する原動力が、その仕事を「好きになる事」・「楽しめる事」・「誇りを持つ事」だと思います

そのためには、まず仕事をしながら嫌なことばかりを探したり愚痴ったりせずに、素晴らしい事や楽しい事を

一生懸命探し見つけ出す努力をすることです!

そして、それらを見つけ出した時には自然と「誇り」が芽生えてくるものです!


そうなったらシメタもの!

あとはよそ見してコースアウトしないように真剣にハンドル操作をする事です!

モチロン、向かう方向は間違わないように…

あるいは間違ったとしても後戻りできるように普段から情報収集などの努力は必須ですから油断は大敵です!

この事はすべての仕事に共通して言えることだと思います。


今年も畜産の世界も含めて先行きが見えない状況が続くと思われます。

しかし、たとえどんな時代になろうとも牛を飼っている以上、その子を産み育て肥育する流れでの基本は変わりません。

いかに牛さんとして病気を予防し健康に育てあげるのか…これに尽きると思います!

皆さんも周りの状況に右往左往することなく地に足を付けてこの基本をしっかり守り、

幸せな牛飼いさんを目指して頑張ってくださいね!

モチロン、私たちもまた全国を走り回って皆さんのお役に立てるように頑張ります!!

 

年頭から長々と呟いてしまいましたが…

今年も宜しくお願い致します!

またみんなで楽しみましょうねっ!!

By 佐藤隆司 on 2012/12/12 22:11

比嘉牧場さんの帰り泡盛の“試飲”に行こうと誘われ、車で後ろを付いて行きました

もう周りは真っ暗…酒屋さんらしき所がありそうもない細い道を10分位?走ったか、一軒の民家に到着。

エッ?

ここが試飲場所??


促されるまま家の中に入ると…


ナ、な~んと! これです!



整然と泡盛の瓶が大きいのから小さいのまで、これでもかって言うくらい鎮座してました!

 

そして、よくよく見るとすべてのボトルに製造元、種別、購入月と価格の入ったシールが張られています。

几帳面な性格が表れていますね!

 

この泡盛コレクターは比嘉さんの友人の兼次さんです!

泡盛を集め始めてかれこれ35年くらいなるそうです

今は製造されていない泡盛も沢山

整理するためのこの棚も全部自分の手作りです。

そして、ここ以外の別な所にもストックヤードがあるとの事

全部でいったいどれ位あるんでしょう? 


泡盛は10年経つと価格は3倍くらいになるとか…知りませんでした!

 


いよいよ試飲です

試飲の泡盛はこちらのカメからのものです

アルコール度数は43度…


そして、こういう上等の泡盛はストレートで飲むのが一番おいしい…という事で

これまた年季の入ったお猪口と土瓶(“じょか”って言うらしいです)の登場です

 

 

最初は試飲という事だったのですが、兼次さんが地元の料理も出してくれ

奨められるままに試飲ではなく本格的な飲み会?に突入しちゃいました!!


こんな強い泡盛をストレートで1時間も飲んでいたらどうなるか分かりますよね?

ハイ、しっかりヘロヘロ状態になってました!

でも…思ったより飲みやすくて美味しかったですよ~っ!!

癖になりそ~っ!!

 

兼次さん、突然お邪魔してしっかりご馳走になり有難うございました!!

またお邪魔させてくださいねっ!!

By 佐藤隆司 on 2012/12/08 17:02

このページで以前にも紹介させていただいた沖縄県北部の比嘉牧場さんにお邪魔してきました!


こちらでは以前から事業計画されていた牛舎新築工事がほぼ完成…その様子をお見せします!


最初は外観から…ビフォー&アフターでご覧にいれますねっ!


こちらがビフォー牛舎で…

 

こちらがアフター牛舎

 

 

そして、こちらがビフォー堆肥舎???で…

 

こちらがアフター堆肥舎


比嘉さん、今度こそ素晴らしい堆肥を作ってくれますよねっ!

 


牛舎内部はと言うと…


ビフォーはこうでしたが…


アフターはこれですっ!


やっぱり新しい牛舎って良いですね~っ!


だけど…これは私達ヒトが感じる事であって牛さん達はどんなに思っているのでしょうね??

自分たちも確かに新しい家に引っ越したら気持ちは良いのですが、そこの家での生活に慣れる迄には

チョッピリ月日がかかりますよね? 


実は牛さんにとっても引っ越しは結構ストレスなんですよ~っ!

 

モチロン、牛さん達は新居に引っ越す前に親子全員が毎日アースジェネターを食べて続けております!

全頭給与のタイミングとしてはとてもいいチャンスです!


何故かって??…

ハイ、いい質問ですね~っ!
(ん?どっかで聞いたことあるぞぉ~っ!


理由…その1です!

色々なストレスが掛かると牛さんの腸内細菌のバランスが崩れ体調を壊しやすくなります。

つまり、新らしいとはいえ牛さん達にとっては今までと違う場所に移動するという事自体がストレスの一つです。

このストレスによる腸内細菌叢の乱れを出来るだけ軽減するための予防としてです。


理由…その2です!

新築牛舎にはまだ牛さんの糞便などもなく、微生物的には悪玉菌などによる汚染が有りません。

牛舎内に住みつく菌群はほとんどと牛さん達の糞便に由来するものです。

という事は…最初っから牛さん達が善玉菌群優勢のウンチをしてくれたら、牛舎全体が善玉菌優勢牛舎になる。

つまり、牛舎の「場の菌叢」を善玉優勢に整える事ができます!

こうなると悪玉菌群が牛舎内にはびこる事無く、特に子牛チャン達の疾病予防に繋がります。

 

モチロン、牛舎内臭気の軽減、堆肥化促進にもつながってきます!


アッ、勘違いしないでくださいねっ!

アースジェネターだけやってたら何もしなくて完壁…っていう事では決してありません!

皆さんは他にもしなければいけない事が沢山ありますから、大切なことは牛さんに聞いてくださいねっ!

 


ウワ~ッ!

珍しく・・・仕事みたいなお話をしちゃいましたっ!!


皆さんに嫌がられない内に今回はここで締めます!!     

次回は泡盛です!