自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Author: 佐藤隆司 Created: 2008/09/02 13:24
中国・四国・沖縄担当、佐藤隆司の日記です。

By 佐藤隆司 on 2012/06/29 17:06

コンニチハ~ッ!


今回は久し振りに木村さんと仁木町の農業指導に同行…畑での指導振りをご紹介いたします。


現地には木村さんのトレードマークである「リンゴ?とハマキ虫」のイラスト入り立て看板が…

ホラッ! カワイイっしょ?!


木村さんは今回も?チョ~過密スケジュールで時間がめちゃタイト…

現地についてすぐに本人自らスコップを持って畑で実技指導です

 

まずはゴボウの簡単栽培方法です!

何でも良いのですが、土嚢のように空袋に土を入れて…

(今回は化学肥料の空き袋…しっかりしているから再利用です。
自然栽培は無農薬無肥料ですからモチロン中身はここでは使っていません!


半分位まで詰めたら地面を少し掘った所に立て、袋が倒れないように周りの土で押さえます!


その後上まで土を詰め…

ゴボウの種をまき、更には必殺?の大豆を一粒仕込み、酔い醒めならぬ目覚めの水?をかけてオシマイです!

アッ!もう一つ必要な技を忘れていました!


この袋は通気性がないので、土が呼吸できるように棒か何かで数か所空気穴を開けます。

 

ゴボウは細長く入っていくので、このようにしておくと収穫の時はこの袋を切り開くとラクチン…ナルホド、納得です!

皆さんも木村式ゴボウ栽培…是非トライしてみてくださいねっ!!

 

当日、現地実習に参加された方々です!

みなさ~ん! 収穫が楽しみですね~っ!

大変お疲れ様でした!

 

By 佐藤隆司 on 2012/06/15 23:07

久し振りに十勝の牧場にお邪魔してきました!

こちらはホル雄の若齢肥育で有名な“十勝若牛”の生産農場です。


普段は何気なく見ていて大して気にしていなかったのですが、

今回はこの牧場に居る牛さん達の“顔の斑紋”をじっくり見てきました!


よくよく見ると…ホ~ント、色々な模様があってとても面白いですよ!


とりあえず…見てください!


チョッとヤクザっぽい?三ケ月型


この子は野球大好き?ホームベース型

 

 



この3頭は兄弟かも知れませんが、同じ▽でも微妙に違っています

 

この子は他の牛さんとは白黒の面積が逆のパンダ柄?


そして、中国の牛さんも飛び入りです!

チョット変わった鳥居型?…イヤ、ツララ型ってとこですか…

 


顔だけではなく身体の斑紋も色々な模様があって、見ていると退屈しません!

イメージトレーニングには最高に良いかもですね?

想像力がメチャメチャ豊かになるかもしれません!


あっ、黒牛ではちょっと無理でしたねっ!

皆さんもホルスタイン牧場に行った時には是非イメトレを…

By 佐藤隆司 on 2012/05/24 17:51

鹿児島離島のある生産者さんの所にお邪魔してきました!


牛舎の横には年季の入ったトラクターが出番を待っていました!

 

これです!


バケットの所を拡大してみると…

こ~んなに隙間がいっぱい…水切りにはちょうど良いかも??

フレームだけはしっかり残っていたので、かろうじてバケットの形状は維持してます!

 

運転席の所はというと…


 

右も左もゴムマットの下はかなり消失?していて、乗り降りには相当注意力が必要と思われます!


このトラクターの型式は…

クボタの L1-455、45馬力で、製造年は1987~1991だそう。

と言う事は、ここにあるトラクターは21~25年もの間働いているという事です!


潮風の当たる中で満身創痍…よく頑張ってますよね~っ!!

ここまで大事に?使われたら機械も本望でしょう!


クボタさ~ん、長年功労者として表彰してあげてください!!

 

因みに…中古車展でアップされていた写真はこれです!

若い時はこんなだったんですね~っ!

自分も25年たったら…と思うと背筋が…


でも、私も負けずに頑張ろう~っと!!

 

皆さんも農場には色々な機械があると思います。

暫くは厳しい時代ですから、元を取った後も何年も大切に使いましょうね!

By 佐藤隆司 on 2012/05/15 7:53

竹富島の続きです!


牛舎の中では子牛チャン達は朝ごはんを食べた後で、ノ~ンビリ座って反芻してました!

 

その傍では…

“ガンジーSさん”は牛さん達への思いや飼い方や系統に関して、熱くそして優しく語ってくれました!

 

モチロン、堆肥もチャ~ンとカマボコ型に積み上げていて…

発酵状況も良好!

今度の切り返しの時に、外側にあるゴロゴロを内部に入れて積み上げたら良いですね!

そうすると…1ヵ月位経過した頃にはこのゴロゴロは分解してバラバラになる事でしょう!

 

また、牛舎入口の横には…

さすがに離島らしく、色々な貝と浮き球のオブジェをさりげなく置いてありました!

チョットした事なのですが…このチョットした心遣いが牛さん達に対しても表われていると思います。

 

何事でも一生懸命やると言う事はとても大事なのですが、少しは周りにも心を配る余裕も無くさないで下さいねっ!

時々は遊びの心を忘れることなく、仕事も大いに楽しみましょうね!!

 

あとチョッピリ笑える2枚…

 

これは…オブジェではありません!!

 

手ごろな大きさのツブテを準備して…カラス撃退ツールだそうです!

お蔭で最近は肩が強くなってコントロールも良くなって来たとか…


椎葉さんの秘伝??…カカシ対策も伝授してきましたよっ!

Sさん、結果を楽しみにしていますね~っ!!


あと…竹富そばもご馳走様でした!!

シンプルな味で美味しかった~っ!

By 佐藤隆司 on 2012/05/13 9:37

前回の巻き戻しバージョン…その2は石垣島から船で高速船で約15分の竹富島からです!

 

以前にも紹介させて頂いた“竹富島のガンジー”ことSさんの所にお邪魔してきました!

竹富島の港からの景色です。

とても穏やかな日で海もとても綺麗でしたよ!

皆さんも是非一度…どうぞ!

 

港まで迎えに来て頂き早速Sさんが管理している農場へ…


牛さん達は牛舎のすぐ隣にある放牧地で自由に散策?していました。

 


Sさんが声を掛けながら傍に行っても怖がって逃げるわけでもなく…

この様子を見ただけで、Sさんが普段から牛さんとコミュニケーション?を取りながら

お世話をしているという事が分かりますよねっ!

動きも牛さんらしくゆったりしていてストレスの欠片も見えません。


お腹が一杯になったら思いおもいの所に座り込んで、ゆっくりもぐもぐ反芻を繰り返しています

 


奥まった所には今のボス(右端)とその部下?が群の見張り番?をしながらノンビリと…


どの牛さんも毛艶が良くピカピカしており、

自由でストレスも無くルーメン発酵も安定していて健康そのものって感じです

 

 

牛さん達って本来は外にいる動物です

やはり土の上で、そこに生えている草を食みながら自由に過ごせる場所が大好きなんですね!


かといって…夫々の条件が違うので皆さんがここと同じように牛さんを飼える訳ではありません

大切な事は、皆さんが牛さんの本来あるべき環境を知った上で、自分の農場で少しでも

その環境に近づけてあげる為に一生懸命工夫、努力をするという事だと思います。


皆さんも牛さんも幸せになれるように、ぜひ今一度振り返って頑張ってみましょう!

きっと良い事がやって来ますよ~っ!      つづく

By 佐藤隆司 on 2012/05/09 19:04

ゴールデンウィークも終り、皆さんは普段の生活ペースに戻って身体が慣れた頃でしょうか?

私は5日からまた旅に出かけています。

 


さて、今回は前回の旅を石垣島編まで巻き戻して?ご紹介しますね!


地元のT先生の診療に同行してお邪魔した農場です!


農場入口の道路には消石灰が散布され…



周辺にもも石灰乳を吹き付けた痕跡…

石垣島は台湾からも近く、観光客の出入りも頻繁な島ですから完ぺきではないにしてもとても大切な事だと思います。

 

そして…牛さんも消毒??



これは…ジョークです!

この牛さんは闘牛用の牛さんで、上がお母さんで下が息子です!

さすがに親子だけあって、よく似ていますでしょっ!

 


冗談はさておき…

宮崎で約30万頭の牛、豚が犠牲になった口蹄疫感染1例目確認から先月4月20日で丸2年が経ちました。

当時に比べてその悲惨な記憶も危機感も薄れつつあるかも知れませんが、周辺国の状況からすると決して

油断は出来ません!

天災は忘れた頃にやって来る!…って言います。


皆さんも決して油断せず、防疫対策には今一度注意を払いましょうねっ!

By 佐藤隆司 on 2012/04/28 12:23

徳之島では塩の事を「マシュ」と言います


今回は伊仙町犬田布(いせんちょう いぬたぶ)という所にあるユーザーさんのすぐ側で、

昔ながらの製法によって塩を製造しているという水本さんの作業場にお邪魔してきました

 


ここが作業場の入り口です。

“ましゅ屋”と看板が…つまり“塩屋”さんという事ですね!


煙が漂っていますけど、お邪魔した時は水分を蒸発させるために釜焚き?をしている最中でした。

 

 

奥には海水を入れたプール?が並んでいて、メガネが曇るほど湯気がモクモクと立ち上っています。

 

 

 


何時間もかけて水分を蒸発させ…濃縮していきます。

 

これは午前中に上げた塩で、水切りの最中のものです。

チョッと舐めさせて貰いましたが、旨味があって美味しい「あら塩」でした

お昼ご飯はたらふく食べてはいたのですが、思わずまたオニギリが食べたくなりました!

 

こちらの「ましゅ屋」さんはここで詳しく紹介されていますので、是非ご覧くださいねっ!

http://fanblogs.jp/tokunosimaex/category_11/

 

今の時代、何でもお金儲けのために生産効率ばかりを追い求め、

画一化された商品の大量生産のために機械化や大型化が進んでいます


工業製品ならまだ分かりますが…

 

私たちの口に入る命の源である食べ物は果たしてこれで良いのでしょうか?


周りが海で囲まれ南北に細長く気候も多様で自然が豊かな日本には、

昔からこの風土に合った日本人ならではの様々な伝統的な技や知恵がたくさん残されているはずです

先人たちが私たちに残してくれたこれらの知恵や技を、後世の人達にもしっかり伝え残してあげたいものです


食卓には欠かせない塩…


それも工業生産された食塩(塩化ナトリウム)ではなく、海水から作られたミネラル豊富な天然の「ましゅ」


水本さん、ぜひ頑張って下さいねっ!

私も北の大地から応援しています!

 


 

By 佐藤隆司 on 2012/04/26 17:40

徳之島に上陸しました!

以前にここでもご紹介した盛牧場のガーデニングをチェック?して来ました!!


まずは現状を隅々まで?お目に掛けましょう!!

牛舎壁と…


 

パドック塀にも…

 

昨年は台風被害でことごとくダメージを受けたようですが、チャ~ント復旧していました!


ホント…花は癒されますよね~っ!

 

寒い北海道と違って南国は花の咲いている期間がず~っと長いんですから、

その地域の良い所を現場でも大いに活かして、素敵な環境を創りましょう!

“花いっぱい農場”…少しずつで良いですから皆さんも時間をひねり出して是非トライしてみてください!


そこで毎日働いている人達だけではなく、たま~に農場に来る人たちにとっても癒しの場になりますよ~っ!

 


さて、今度は牛さんの話題です!


まずは写真からです!



素敵な牛さんでしょう?

この牛さんは昨年11月に喜界島で開催された大島郡家畜共進会でグランドチャンピオンを獲得した

「なつ号」(H22年8月生まれ)です。

血統は 安福久―勝忠平―北国7の8、登録点数87.5


お腹の中では百合茂の子がスクスク育っています

7月11日が出産予定日とか…どんな子が生まれるのか、と~っても楽しみですね~っ!

 

今度はとっても仲の良い家族の出番です!

写真見たら分かると思うんだけど…

お父さんはあたし(羽葵:“はるき”って読みます)にメロメロなんですぅ~っ!

お父さんはこう見えてもまだ若いんだから(S59生まれ)…子供のころからこんなだったんだって!!

それから…あたしのヘアースタイル、なかなかファンキーでしょ?

結構気に入ってるんです! でも、風が止んだら元に戻っちゃうの…。

 

 

今回初めて登場しま~す!

お父さんも、あたしもだぁ~い好きで自慢の素敵なお母さんです! 可愛いでしょっ!

よ~く誰かに似てるって言われるんだけど…あたし、テレビ見ないからワカンナイの。

みなしゃんはど~思います??

分かったら教えてくださいね!


そいじゃぁ…みなしゃんも元気な牛さんをたくさん作ってくだしゃいね~っ!


あたしはお昼寝の時間だから、もう帰りますねぇ~! 

また、あたいが大きくなったら今度はお兄ちゃんと一緒にここで会いましょうねっ! 

バイバ~イ!!

By 佐藤隆司 on 2012/04/25 18:32

久し振りに「牛飼い初心者の独り言のオーナー」みぃ♂さんの二世、結仁クンに会ってきました!

生後約7ヵ月…牛さんだったら約200kgですね!

モチロン、結仁くんはここまでなっていないのですが骨太でズッシリ…父親譲り!

子供ってアッという間に大きくなっちゃいますよね~っ!

 

まずは写真で…

ホラッ!

みぃ♂さんとウリ一つの二世でしょ!

 


居酒屋で一緒にいた牛先輩、アキノリ兄ィの奥さんにもモミクチャにされ、おちゃけくさ~い!ってチョッピリご機嫌ななめ??


おかあさんにダッコされると、どことなく安心感が漂います

やっぱり…母は強しですよねっ!

ホ~ント、子供って…可愛いっすよね~!!

大人も最初は皆そうだったはずなんだけどなぁ~!!

 


さて、場所は変わって…アキノリ兄ィの農場です!


奥さんは牛舎に行くと早速、牛さん達と「牛房端会議」です

牛さん達の名前を呼びながら声を掛けるとすぐに寄って来ます。



ホラッ!

しまいにはこんな感じで座り込んで“猫かわいがり”ならぬ“牛可愛がり”

自分の仕事を忘れて話し込むのは日常茶飯事だとか…

旦那さんも…もう慣れた???みたいですよ!


こんな姿を見て通路向かいの母牛さんはヤキモチ??

アタイともお話してよぉ~って言ってるみたいに身を乗り出してました!


こんな牛さん達って可愛いっすよね~っ!


ヒトも牛さんも、愛情たっぷりストレスなく育てると元気ですくすく…素敵に育つこと間違いありません!


アッ!

ヒトの場合、時によっては厳しさも必要でしたねっ!


皆さんも牛さんとい~っぱいお話をしてあげてくださいねっ!

毎日優しい声を聞いたら安心してストレス解消、御飯もモリモリ…スクスク育ってくれますよ~っ!

赤ちゃんだって言葉をしゃべらない時でも、お母さんの言うことは解ってましたでしょ?

牛さん達も日本語は話さないけど、チャ~ンとわかってるんですから!!

騙されたと思って、今日からやってみましょう!!

良い事がい~~~っぱい有りますよぉ~~っ!!

By 佐藤隆司 on 2012/04/22 10:24

コンニチハ~ッ!

北海道も例年に比べ少し遅いのですが、ようやく春の日差しがやってきました。

今回の旅でも感じたのですが、全国的に気候は不安定な日々が続いているようです。

今年も畜産を含めた農業は全般的に気が休まらない年になりそうですね!

皆さんも油断することなく、気候の急激な変化に出来るだけ早く対応し被害を

最小限に止めるように頑張ってくださいね!

 

さて、皆さんもとっくにその襲撃を経験済みでしょうが…

今回は哺育牛舎で徹底的な鳥対策をしている喜界島のM牧場をご紹介します。


最もデリケートな哺育期…牛舎内もとても清潔に管理しています

 


牛舎を建設する時から隙間という隙間にすべて金網を張り巡らせて侵入を防いでいます


ホラッ!

もちろん牛舎内にはアリンコ一匹…イヤ、スズメは一羽も見当たりません!

 

ハッチの寝床にはお風呂マットを敷いて、牛さんもリラックスして休憩タイムです。

 

他の育成牛舎などはこのように徹底されてはいませんでしたが…

ドキッとするほど美形な一人の見張り番?が常駐してました!

この方です!

 


もう一枚…チョットカメラを引いてみますねっ!

 


従業員の方に効果のほどを訪ねてみました。

その答えは…

「ウ~ン、どんなんだかネェ~?」…でした!


でも、これに手足が付いて時々動いたら…効果があるかも??ですねっ!

 

ホント…鳥対策には皆さん頭を悩ませています。

畜産に限らず果樹栽培にとっても永遠のテーマですね