自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Author: 佐藤隆司 Created: 2008/09/02 13:24
中国・四国・沖縄担当、佐藤隆司の日記です。

By 佐藤隆司 on 2012/04/28 12:23

徳之島では塩の事を「マシュ」と言います


今回は伊仙町犬田布(いせんちょう いぬたぶ)という所にあるユーザーさんのすぐ側で、

昔ながらの製法によって塩を製造しているという水本さんの作業場にお邪魔してきました

 


ここが作業場の入り口です。

“ましゅ屋”と看板が…つまり“塩屋”さんという事ですね!


煙が漂っていますけど、お邪魔した時は水分を蒸発させるために釜焚き?をしている最中でした。

 

 

奥には海水を入れたプール?が並んでいて、メガネが曇るほど湯気がモクモクと立ち上っています。

 

 

 


何時間もかけて水分を蒸発させ…濃縮していきます。

 

これは午前中に上げた塩で、水切りの最中のものです。

チョッと舐めさせて貰いましたが、旨味があって美味しい「あら塩」でした

お昼ご飯はたらふく食べてはいたのですが、思わずまたオニギリが食べたくなりました!

 

こちらの「ましゅ屋」さんはここで詳しく紹介されていますので、是非ご覧くださいねっ!

http://fanblogs.jp/tokunosimaex/category_11/

 

今の時代、何でもお金儲けのために生産効率ばかりを追い求め、

画一化された商品の大量生産のために機械化や大型化が進んでいます


工業製品ならまだ分かりますが…

 

私たちの口に入る命の源である食べ物は果たしてこれで良いのでしょうか?


周りが海で囲まれ南北に細長く気候も多様で自然が豊かな日本には、

昔からこの風土に合った日本人ならではの様々な伝統的な技や知恵がたくさん残されているはずです

先人たちが私たちに残してくれたこれらの知恵や技を、後世の人達にもしっかり伝え残してあげたいものです


食卓には欠かせない塩…


それも工業生産された食塩(塩化ナトリウム)ではなく、海水から作られたミネラル豊富な天然の「ましゅ」


水本さん、ぜひ頑張って下さいねっ!

私も北の大地から応援しています!

 


 

By 佐藤隆司 on 2012/04/26 17:40

徳之島に上陸しました!

以前にここでもご紹介した盛牧場のガーデニングをチェック?して来ました!!


まずは現状を隅々まで?お目に掛けましょう!!

牛舎壁と…


 

パドック塀にも…

 

昨年は台風被害でことごとくダメージを受けたようですが、チャ~ント復旧していました!


ホント…花は癒されますよね~っ!

 

寒い北海道と違って南国は花の咲いている期間がず~っと長いんですから、

その地域の良い所を現場でも大いに活かして、素敵な環境を創りましょう!

“花いっぱい農場”…少しずつで良いですから皆さんも時間をひねり出して是非トライしてみてください!


そこで毎日働いている人達だけではなく、たま~に農場に来る人たちにとっても癒しの場になりますよ~っ!

 


さて、今度は牛さんの話題です!


まずは写真からです!



素敵な牛さんでしょう?

この牛さんは昨年11月に喜界島で開催された大島郡家畜共進会でグランドチャンピオンを獲得した

「なつ号」(H22年8月生まれ)です。

血統は 安福久―勝忠平―北国7の8、登録点数87.5


お腹の中では百合茂の子がスクスク育っています

7月11日が出産予定日とか…どんな子が生まれるのか、と~っても楽しみですね~っ!

 

今度はとっても仲の良い家族の出番です!

写真見たら分かると思うんだけど…

お父さんはあたし(羽葵:“はるき”って読みます)にメロメロなんですぅ~っ!

お父さんはこう見えてもまだ若いんだから(S59生まれ)…子供のころからこんなだったんだって!!

それから…あたしのヘアースタイル、なかなかファンキーでしょ?

結構気に入ってるんです! でも、風が止んだら元に戻っちゃうの…。

 

 

今回初めて登場しま~す!

お父さんも、あたしもだぁ~い好きで自慢の素敵なお母さんです! 可愛いでしょっ!

よ~く誰かに似てるって言われるんだけど…あたし、テレビ見ないからワカンナイの。

みなしゃんはど~思います??

分かったら教えてくださいね!


そいじゃぁ…みなしゃんも元気な牛さんをたくさん作ってくだしゃいね~っ!


あたしはお昼寝の時間だから、もう帰りますねぇ~! 

また、あたいが大きくなったら今度はお兄ちゃんと一緒にここで会いましょうねっ! 

バイバ~イ!!

By 佐藤隆司 on 2012/04/25 18:32

久し振りに「牛飼い初心者の独り言のオーナー」みぃ♂さんの二世、結仁クンに会ってきました!

生後約7ヵ月…牛さんだったら約200kgですね!

モチロン、結仁くんはここまでなっていないのですが骨太でズッシリ…父親譲り!

子供ってアッという間に大きくなっちゃいますよね~っ!

 

まずは写真で…

ホラッ!

みぃ♂さんとウリ一つの二世でしょ!

 


居酒屋で一緒にいた牛先輩、アキノリ兄ィの奥さんにもモミクチャにされ、おちゃけくさ~い!ってチョッピリご機嫌ななめ??


おかあさんにダッコされると、どことなく安心感が漂います

やっぱり…母は強しですよねっ!

ホ~ント、子供って…可愛いっすよね~!!

大人も最初は皆そうだったはずなんだけどなぁ~!!

 


さて、場所は変わって…アキノリ兄ィの農場です!


奥さんは牛舎に行くと早速、牛さん達と「牛房端会議」です

牛さん達の名前を呼びながら声を掛けるとすぐに寄って来ます。



ホラッ!

しまいにはこんな感じで座り込んで“猫かわいがり”ならぬ“牛可愛がり”

自分の仕事を忘れて話し込むのは日常茶飯事だとか…

旦那さんも…もう慣れた???みたいですよ!


こんな姿を見て通路向かいの母牛さんはヤキモチ??

アタイともお話してよぉ~って言ってるみたいに身を乗り出してました!


こんな牛さん達って可愛いっすよね~っ!


ヒトも牛さんも、愛情たっぷりストレスなく育てると元気ですくすく…素敵に育つこと間違いありません!


アッ!

ヒトの場合、時によっては厳しさも必要でしたねっ!


皆さんも牛さんとい~っぱいお話をしてあげてくださいねっ!

毎日優しい声を聞いたら安心してストレス解消、御飯もモリモリ…スクスク育ってくれますよ~っ!

赤ちゃんだって言葉をしゃべらない時でも、お母さんの言うことは解ってましたでしょ?

牛さん達も日本語は話さないけど、チャ~ンとわかってるんですから!!

騙されたと思って、今日からやってみましょう!!

良い事がい~~~っぱい有りますよぉ~~っ!!

By 佐藤隆司 on 2012/04/22 10:24

コンニチハ~ッ!

北海道も例年に比べ少し遅いのですが、ようやく春の日差しがやってきました。

今回の旅でも感じたのですが、全国的に気候は不安定な日々が続いているようです。

今年も畜産を含めた農業は全般的に気が休まらない年になりそうですね!

皆さんも油断することなく、気候の急激な変化に出来るだけ早く対応し被害を

最小限に止めるように頑張ってくださいね!

 

さて、皆さんもとっくにその襲撃を経験済みでしょうが…

今回は哺育牛舎で徹底的な鳥対策をしている喜界島のM牧場をご紹介します。


最もデリケートな哺育期…牛舎内もとても清潔に管理しています

 


牛舎を建設する時から隙間という隙間にすべて金網を張り巡らせて侵入を防いでいます


ホラッ!

もちろん牛舎内にはアリンコ一匹…イヤ、スズメは一羽も見当たりません!

 

ハッチの寝床にはお風呂マットを敷いて、牛さんもリラックスして休憩タイムです。

 

他の育成牛舎などはこのように徹底されてはいませんでしたが…

ドキッとするほど美形な一人の見張り番?が常駐してました!

この方です!

 


もう一枚…チョットカメラを引いてみますねっ!

 


従業員の方に効果のほどを訪ねてみました。

その答えは…

「ウ~ン、どんなんだかネェ~?」…でした!


でも、これに手足が付いて時々動いたら…効果があるかも??ですねっ!

 

ホント…鳥対策には皆さん頭を悩ませています。

畜産に限らず果樹栽培にとっても永遠のテーマですね

By 佐藤隆司 on 2012/03/26 18:56

今回の旅で沖縄県の伊江島に上陸、S牧場さんのお祝い事に誘われてお邪魔してきました!

そこでのメイン料理がヒージャー汁…沖縄でヒージャーとは山羊の事で、昔からお祝い事の時に食べる

沖縄の代表的な健康スタミナ料理です

 

チョッと時間に遅れて会場に行ってみると奥の方に大きな鍋がド、ド~ンと二つ…


ヤギ肉は独特の臭いがあって癖があり、初めての人はチョッと…という人が居るかも?

でも、私はしっかり頂きました!

中には何杯もお替わりする人が居ましたよ!

 

中を覗いてみると…

山羊汁がタップリ…仕込み?は自分のお家でやり、味付けはその家によって夫々違う家庭の味だそうです

 

ドンブリにタップリ盛り付け、好みで塩を入れたりトッピングの野菜をのせたり…

 

 

会場(Sさんの自宅横の倉庫なんですが…)には、隣近所の人や関係書の方々が約30人位集まっていて、

既に宴会が始まっていました!

 

全員揃った頃を見計らって、お祝いの主催者であるSさんの挨拶…その後、数名のお祝いの言葉がありました


この集まりが何のお祝いかって言うと…

 

S牧場さんの息子さんが初めて親元を離れ、遠くの滋賀県で4カ月間の

人工授精師免許取得のための研修を無事に終え、

地元に戻ってきたので(まだ合格発表前なのですが…)、その合格お祝いの集まりでしたっ!

 

挨拶が一通り終わった所で、また暫くは宴会の続き…


みんな、たらふく食べ、飲んで夜11時頃にお開きでした!

特に赤ジャンのS先生は大盛りで4杯もお変わりしていました!!

これでスタミナもバッチリ!

明日からもジャンジャンバリバリ仕事することでしょう!!


最後に、主役である息子さんとお母さんのツーショットです!

Sさん、大変お世話になり有難うございましたっ!そして、ヒージャー汁ご馳走様でした!m●m

これからもご家族力を合わせて良い牛さん創りを目指して頑張ってくださいねっ!

私も陰ながら応援させていただきます!!

By 佐藤隆司 on 2012/03/21 23:43

今回お邪魔した現場の子牛さんたちの様子です。


ここは育成牛舎の隣にパドックが併設されています。

雨でパドックが泥濘化しないようにコンクリート舗装されています。


この日は天気が良く、子牛たちも自由に遊び回っていたようですが、疲れたのか昼寝?の一時です


群れをなす動物らしく、仲間と一塊になって寝ていたのですが…


奥の方に目をやると…


2頭の子牛が夫々の木底の保定枠場の中にリラックスした様子でチョコンと座っていました。

 

なぜでしょう?


そうですねっ!

子牛チャン達は物は言わないけれど、行動で「私は固いコンクリートよりこっちが好き!」って言ってます。


特に寝床用の敷料がなかなか手に入り難い離島などでは、全部とは言わないまでも…

せめて、牛房の片隅にでも一番弱い大切な子牛さん達の休み場所くらいは色々工夫して作ってあげたいものです。

それだけでも、子牛さん達のストレスが少なくなって、

親元から旅立つ時には皆さんに対して感謝のお年玉?を今までより多く置いて行ってくれると思いますよ!


もし皆さんの牛舎の中でそのような所があったら、

大切な子牛チャン達のために、ぜひ皆さんも知恵をしぼってトライしてみてくださいねっ!


より良い牛さんつくりを目指して頑張りましょう!

By 佐藤隆司 on 2012/03/19 11:34

久し振りに沖縄県の離島、隔月でしか開催されない久米島のセリに行って来ました。


帯広はまだ冬の名残がそこかしこ…というのに、久米島に足を踏み入れた途端真夏で気温は26℃もあって、

私は半袖でも汗ばむ陽気。

改めて、狭いながらも日本の広さ?を肌で感じました!


この日の宿泊先に荷物を放り投げ、すぐさま迎えに来てくれた友人の車に便乗してセリ会場へ…。


牛さん達はこの日のために飼い主の人たちにしっかり手入れをされて勢ぞろい、購買者の方々にチェックをされつつ

やや緊張気味に?出番を待っていました。


今日上場される牛さん達の種雄牛の内訳はこれです。

上場頭数は全部で231頭(欠場2頭)と、離島だけあってセリ場としては小規模な市場です。

 

セリ開始して緊張の一瞬です。



手塩にかけて育てたわが子がいくらの値がつくのか…ハラハラドキドキの瞬間

ロープを持つ手に思わず力が入って、

もっと…もっと…もう少し行ってくれ~っ!…という心の叫び?が聞こえてきそうな瞬間です


全体の平均で389,000円(去勢MAX北福波:480,000円、雌MAX百合茂:420,000円)

去勢:418,000円(前回セリ:392,000円)

 雌:353,000円(前回セリ:316,000円)

で、前回に比べ約2.5~3.5万程高くなっていました。

これは購買者も前回より多かったせいと、以前見た時に比べ牛さんそのものは上下のバラつきが少なくなっているのが

平均価格を押し上げるという結果に繋がったものと思います。

 

ただ見てて思ったのですが、特に雌は体重をのせるためにいかにも配合飼料を食わせ込んで創ってきたぞ~っ!

という体型の牛さんが多かったような気がしました。


雌の場合去勢に比べ顕著に体型に表れやすいので、もしかしたら去勢でも大きくするために同じような

飼養管理がされていたのかも…?と肥育農家さんに行ってからの成長がチョッピリ心配になりました。


これは昨年からの気候不順で、晴れ間が少なく牧草の収穫不足、品質不良という事もその要因になっているのでしょうか?


しかし、ここ最近の気候を見た場合今後もこのような事はこれからも起こるだろうということは予想されます。

良い牛さんを育てるためには安定的な粗飼料の確保は必須です。

地理的には不利な離島ではありますが、島の大切な産業を守るためにもこの壁を乗り越えるための対策を

早いうちに準備しておく必要があると思います。


是非、地域関係者の皆さんと知恵を出し合ってその対策を作り上げて

より良い牛さんつくりを目指してくださいね!

By 佐藤隆司 on 2012/02/25 16:41

先日の旅先で、とても仲良くさせて頂いているОさんから素敵なプレゼントを頂きました!

さっそく頂いた袋から出してみると、中から出てきたものは…ナ、ナント!!


こ・れ・だっ!!!


         

 

         

 

         

 

福島牛の芋焼酎…美土里???!!!!!


芋焼酎に「福島牛」だなんて…肉でどうやって焼酎を作るの?って一瞬目がテン!


しかし…牛さんに関わる酒飲み輩としてチョー感動!…このネーミングの意外性にビックリです!!

 

あとから調べてみると…


これは東日本大震災復興応援シリーズ第一弾として福島の蔵元、笹の川酒造が製造したものを、


JA全農福島さん向けにこのラベルでOEM商品?のようです。

詳しくはこちら…


http://www.sasanokawa.co.jp/

http://www.sakeshop.jp/134_356.html


開けるのがもったいなくて、まだ栓をあけてないので味は未知ですが…。


このラベルにやられちゃいました!!


Oさん、どうも有り難うございました!

空瓶になっても、また別のものを入れて?重宝します!!

あ~、ダメダメ!

これじゃぁ復興支援にならないですねっ!


皆さんも是非お取り寄せを…!

By 佐藤隆司 on 2012/02/23 20:06

いよいよ楽しみにしていた次のイベント「10種の赤身和牛食べ比べ試食会」の様子です!


始まる前に…

それぞれの肉の生産者の方々の紹介とその思いのお披露目?です。

 

最初は5人の生産者を公開しての試食です!


次にブラインドで前に公開された5人プラス近江和牛と京短黒(短角と和牛のF1)の2種を加えた7種の肉を試食して

その生産者(生産地)を当てようと言う試みです!

 

全問正解した人には賞品が当たるということで、それはもう皆真剣にあれでもない、

これでもないと大いに悩んでいました!

モチロン、私も大いに悩み髪の毛が30本ほど抜け落ちるほどでした!!

だって…最初に食べたのもとても美味しくて、どれがどの味だったか覚えていられなかったんだも~ん!!


70人程参加していたのに、全問正解者はゼロ…!

最高の人で7問中4問ですから、いかに難しいか…肉好きな人が7種全部当てるのは至難の技ですよ!

因みに私はたった2種しか正解でなかったんですよぉ~っ!(グスッ!!)

でもですね、全問不正解の人だって居たんだから…(ホッ!)

 

これだもの…競馬の3連単馬券などそう簡単に当たる訳ないですよねぇ~!

あっ、スミマセン!

馬券買った事のない人には意味不明でしたねっ!

 

この後は、色々なお肉の食べ比べ…

 

このステージはただ単に味の好き嫌いだけで、どこのものかを当てる必要がなかったので、

舌の力?も抜けただひたすらに美味しく食べるだけ…

どのお肉にもそれぞれ特徴があって美味しかったですよ~っ!


牛肉って…ホ~ントに美味しいですよね!!


このイベントを企画してくれた方々、お肉を提供してくれた方々、遠くから参加された方々、大変お疲れ様でした!

そして…どうも有難うございました!

By 佐藤隆司 on 2012/02/22 9:00

今回の旅はいつもの現場とは違って、京都の焼肉レストラン「南山」さんに行ってきました。


お邪魔した日は全国から生産者他様々な職業、一般消費者の総勢約70名の方々が集まりました。

当日は、かの有名な松本先生の講演会…テーマは「これからの畜産を考える」

「10種の赤身和牛食べ比べ試食会」

さらには、全国各地の生産現場から取り寄せられた様々なタイプのお肉…

~老廃牛(放牧和牛・山地放牧ホル雌)、短角、若齢肥育十勝若牛(乳用♂牛)~

の試食会が開催されました。

この事は南山さんのブログ、「やきにく南山の奮戦記」http://d.hatena.ne.jp/yakinikunanzan/ 

でも紹介されていますので見てくださいねっ!


まずは、やきにく南山の楠本社長からオープニングのご挨拶…
とても若々しく、バイタリティーに溢れています!

 

続いて松本先生の講演…いつもの講演会とはテーマも異なり、
参加者も多彩なためか滑り出しはやや緊張の雰囲気…


でも、途中からはいつものジョークも飛び出して、会場から笑いもしっかり取っていて
和やかな雰囲気が漂っていました

 

このイベントは焼肉を提供している立場である南山の楠本社長が、

今の一般的なサシ志向だけではなく他にも美味しい赤肉も色々あり

その美味しさを一般消費者を含め、流通、焼肉店など様々な関係者の方々に味わって貰って

全国に広めようとチャレンジしている試みの一環です!


確かに最近の農畜産物生産現場では、生産者の方々が様々な思いを持って生産している、

あるいは生産しようとしている方々が全国各地にいらっしゃいますが、

一番苦労する所はやはり流通、消費の壁だと思います

美味しさを知って貰う事によってこの壁を取り払うことが出来たら、なんと素晴らしい事でしょう!


今の時代、消費者のニーズも様々です。

だからこそ、それに対応すべく供給する側も様々な形があって然るべきと私も思います。


こんな新しい流れが出来たなら…

生産者、消費者、そして関係業者の方々みんなが幸せな思いを抱ける事と思います。 

皆で力を合わせて、新しい流れを創っていきましょう!!


次回は試食会での一コマを…。

                                       つづく