自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Author: 佐藤隆司 Created: 2008/09/02 13:24
中国・四国・沖縄担当、佐藤隆司の日記です。

By 佐藤隆司 on 2011/11/28 18:14

今年の9月末に豪雨に見舞われた奄美大島に上陸しました!


昨年秋にも豪雨で甚大な被害を受けたばかりなのに…何で毎年やってくるのでしょう?

それも…狙い撃ちしているみたいに…


これも、地球温暖化の影響なのでしょうか?


住宅が床上浸水で被害にあったSさんの牛舎に行く山道(旧道)の途中、その爪痕がまだアチコチに残っていました!

床上浸水になる前、飼い犬(ラブラドール モンジロウ)がワンワン吠えて危険を知らせてくれたそうです!

エライッ!!(写真を撮ってくるのを忘れてスマン!)


遠くに見える山の上の方にも何ヵ所も土砂崩れの跡が…

 

暫く交通止めになっていただろう道路の脇にも…

崖の遥か上の方から崩れ落ちていて、道路を塞いだのでしょう!

不幸中の幸いは、その時走っている車が居なくて良かったですよね。

これに飲み込まれたらひとたまりもありません!


ここは土砂が道路を横切ってガードレールを突き破り、その下まで流れ落ちたようです。

恐る恐る傍まで行って下を覗き込んでみましたが、余りもの凄さに私の尻尾?がムズムズしました!

 

こんな状況の所が何ヵ所もあり、修復するのもまだまだ時間がかかりそうです。

その間にまた長雨がやってこなければ良いのですが…。

 

氾濫した川なのでしょうか?…こんなコンクリートの橋も流され落ちていて、その時の凄まじさを物語っています。

近隣の方々はさぞかし恐ろしく、大変だった事と思います。


聞くところによると、牛舎が水没して中にいた牛さんたちが流され、はるか遠くの海岸で発見されたとの被害もあったようです。

天災ですから仕方がない事ではありますが、二度とそのような被害に遭われない事を祈っています…と共に

早く平常の生活に戻れる事を願っています。

By 佐藤隆司 on 2011/11/26 21:56

今年も徳之島畜産婦人部主催の勉強会兼忘年会に参加してきました!

参加者は総勢約70人…婦人部の集まりなのですが、数名の旦那さんも参加されていました!

今回の会場は、天城町与名間にある海浜公園バンガローでした!

http://www.amami.in/view-tokunoshima-tokuyonama.html


ここは天城町で管理していて、海岸線の高台にありとても景観が良く素敵なところでした!

公園内にはこんな素敵なバンガローが2棟(1棟2部屋)と、新しいバリアフリーのバンガローが1棟あり、

モチロン浴室、トイレほか台所設備もあって自炊等も可能です。

1部屋に5人まで宿泊可能とか…。

 

高台から海岸線を見下ろすと…

こんな景色が拡がっていて、思わず見とれてしまいました!

 

今回も忘年会前に、スライドを使って私のミニ勉強会…


が、しかし…バンガローは狭くて全員が入れません


ここにはこの他に大勢入るような施設は有りません


関係者の方と相談して苦肉の策?で…このまま野外で強行する事に…


会場はここです!

このバンガローの前にスクリーンを立て、客席?はこの前の芝生にブルーシートを敷いて…


何か…昔、田舎のお祭り?などで見た事のある野外映画上映会みたい…。

残念ながら、機材のセッティング?で忙しく、セット完了した時の写真は撮れませんでしたが、野外コンサートみたいで

素敵な初体験でした!


こんな設営でも、勉強会は皆さん真剣に聞き入ってくれました!(ホッ!)

テーマは…ヒ・ミ・ツ です!!

 

勉強会が無事終了した後はお待ちかねの忘年会突入!


今回は牛肉消費拡大の為に?バーベキュー!で盛り上がりました!



 


こちらは女性陣の勢いに圧倒された男性陣…バーベキュー台から離れ片隅でヒッソリ盛り上がっていました!

 

最後は恒例のくじ引きと景品付きジャンケン大会

この時は皆ハシを置いて、役員さんの当選番号発表、ジャンケン勝負に一喜一憂!

 

徳之島とはいえ、この時期夜が更けると流石に風がヒンヤリしてきて、上着をしっかり着込んでました


今回の参加で4年連続…毎回の事ですが、女性パワーに圧倒されます。

やはり…最後に国を動かすのは女性陣?

男性陣も女性陣に負けずケッパルぞぉ~っ!!

 

今回参加された婦人部会の皆様、大変お疲れ様でした!


また来年も参加しよう~っと!!

 

By 佐藤隆司 on 2011/11/20 22:21

さて、今回は素晴らしい養鶏場?のお話です!

まずはその様子からです


車で案内して貰っている途中、町はずれの山奥に人家らしき建物がヒッソリと…。

近づいて見るとそこは…


養鶏場でした。

養鶏場とはいっても、ふつう私たちが思うのとは大違い?

そう、ここは中国の片田舎の光景です。

 

鶏舎?の傍には一応エサ場と水桶が置いてありますが、車で通って行っても道路以外の鶏たちは知らん顔?

好き勝手に自分の世界を謳歌?しています。


車が通り過ぎると、また何事もなかったように三々五々、わが道を闊歩してます。

 


また道路だけではなく、その周辺のアチコチにも…迷子になるのではと思うくらい遥か彼方まで遊びに行ってます。

見ていても微笑ましいくらい幸せそうな鶏さん達でした!

 

聞くところによると、ここの養鶏場?にはいつも2~3千羽の鶏が生息?しているとか…。

飼い主も羽数をはっきり把握していない様子。


確かに、この飼い方では数えるのはカウンターがあったとしても た~いへん!

例え数えたとしても、その数はきっと実際より多くなってしまう事でしょう!!


この…いい加減と言うか、大雑把さが我国には無い魅力でもありますよね?


モチロン、経済性をまったく無視しては出来ませんが…。

 

こんな大自然の中でストレスが無い中で過ごしている鶏さんたちの卵、肉はさぞかし美味しい事でしょう!

 

ホラッ!

羽艶も鶏冠の色も良く、いかにも健康で美味しそうでしょ?

本当の意味での地鶏ですよね!


いつか…ビールを飲みながら思いっきり食べてみなくっちゃあ…!


次行く時には何処で食べられるのかを聞いて味わって来よう~っと!!

By 佐藤隆司 on 2011/11/13 11:17

さて、今回は私事のお話です!


実は先月末の事なのですが、旅先のホテルで不覚にも喉をやられちゃいました!

乾燥注意報が出ているのを知っていながら、いつものように?飲み方に参加。

ホテルに戻ってからシャワーで部屋を加湿するのを忘れて爆睡

朝起きた時に喉がパリパリに乾燥してヒリヒリ…


案の定、翌日から喉と鼻に違和感。


鼻水も伴ってきたのですが旅の終盤だったので、コンビニでのど飴を購入してそのまま飛行機で北海道へ…。

しかし…いつもなら簡単に治るはずが、飛行機から降りても耳の空気が抜けず難聴状態。

2~3日経っても復活の兆しなし。


次の旅の予定もあって、とうとう我慢しきれず病院嫌いな?私もついに耳鼻科に…

 

3時間ほど待たされたあとようやく私の番に…。

 

診療室での会話…


「どうしました?」

数日前からチョット風邪気味らしく、飛行機から降りても耳が聞こえにくいのですが…

 

「どれどれ?…あ~っ、耳にチョッと水が溜まっていますね~! 薬を出しておきましょう」

 

先生、薬で治るのにどのくらい日にちがかかるのでしょう?


「そうですね~、3~4日で自然に治るでしょう!」

 

あの~、私は明後日から出張(旅とは言いませんでした!)なので、また飛行機に乗らなくちゃあいけないんですけど…


「そうですか~、それは不便ですね~!…では、鼓膜を切開して水を抜いておきましょう!」


え~っ!

それって…もしかして手術ですか??

 

「あ~、大丈夫ですよ!痛くないし、すぐに終わりますから…」

 

ん~っ?どっかで聞いたことあるぞ~っ!

これって、松本先生がよく講演会で話しているマイコの治療法??

なにごと経験だぁ~っ!

やってみよう~っと!!


はい、じゃぁそうして下さい!

 

てなわけで…点耳麻酔をしたあと手術台?(ただのベッド)で実体験。

切開した後そこから吸引器で…ジュジューッ!ザーッ!!ゴォ~ッ!

片方に1~2分、牛さんと一緒くらいじゃん!

両耳ともやられちゃいました!


そっか~っ!

マイコ治療の牛さん達もきっと同じ風に感じるんだろうな~!…って、

牛さんの気持ちを思い知らされた瞬間でした!!


この様子の写真を撮ってもらうのを忘れちゃいました!!

 

因みに、治療後約10日位経過しましたが今年の風邪?はしつこいらしく、まだ本調子ではありません。

それとも…単に歳をとって治りが悪くなっているだけ??

 

全国的に今年の気候はとても不規則です!

これから年末にかけて何かと飲み方の機会が増えると思います!

皆さんも、牛さんも、くれぐれも体調を壊さないように気を付けてお過ごしくださいねっ!

By 佐藤隆司 on 2011/10/23 21:12

さて、今回の旅?は岡山県を経由して香川県まで足を延ばしました。


香川県に入る時に初めてかの有名な瀬戸大橋を横断?してきました。


 

凄い橋とは聞いていたのですが、実際目の当たりにするとホントに凄い橋です。


瀬戸内海の5島の間に6本の橋が架かっていて、遥か彼方まで橋がず~っと続いていました。


 

途中の与島ICで一服して撮影タイム

インターチェンジの所は迷子になりそうなくらい…

思わず逆戻りしそうになってしまいました。


そこから続いている橋は終点が見えないほど…

 

全長は37.5km(そのうち橋の部分は9.4km)もあります。

走っている途中は風が強く、小さなレンタカーは横揺れ状態で思わずスピードダウン

台風などの時は閉鎖になることもあるようです。


しかし…この橋を作るのには大変な年月と工事費がかかっています。

1959年から調査を開始、1978年に着工し完成は1988年。

総工費はナント、約1兆1,338億円だそう…


確かにこれを作り上げた技術力は素晴らしいのでしょうが、便利さを追求した反面それによって失われたものもも数多く

あった事なんだろうな~と、しばしの間いろいろ思いを巡らせた一時でした

By 佐藤隆司 on 2011/10/04 8:27

翌日はお昼から岡村牧場の前庭で、オカリナ奏者でも有名な黒野宏通さん

http://www.hm3.aitai.ne.jp/~kurono/)のライブコンサートが開催されるという事で

私もその準備スタッフ…といっても、スタッフは岡村さんご夫婦と私だけなんですが…としてフル稼働?

 

コンサート開始前に、主催者である豊田市の“てづくり・コンサートの会”のメンバー約20名?が


黒野さんと一緒にマイクロバスで駆けつけ、富士山岡村牛でバーベキュー&鉄板焼きそばと超豪華版昼食との予定。

 

到着前に会場設定と昼食用の炭おこし…。

 

前日の天気予報では雨マークだったのですが、豊田市と帯広市から天気男のコラボ?で太陽さんもサンサン!(テカッ!)


お蔭で火おこしは汗だく…人手不足?でカメラマンはおらず、残念ながらこの様子は記録されていません。

 

この時に大活躍した優れもの、「岡村式電動回転型ロースター」(特許申請中?)です。

肉ブロックの真ん中に太い串をブスッと刺して、あとはスイッチを入れるだけで肉塊がゆっくり回転…


適度に焼けた頃に一旦停止し、焼けた表面を削って…もう想像しただけで生唾ゴックンでしょ?


実演中の写真がなくて残念!


一家に一台! 皆さん如何ですか?

 

さて、いよいよ本番の富士山岡村牧場ライブコンサートの様子です。

http://www.hm3.aitai.ne.jp/~kurono/ensou.html


まずは富士山岡村牧場のボス、岡村千代治さんの挨拶で開演です!


客席?には地元の富士宮市からもオカリナ愛好会?の方々も来ていたようで総勢40名程度。


黒野さん自作オカリナでの演奏はとても素敵で、その音色はこの大自然の中に染わたっておりました!


 

自分でオカリナを創るとの事でしたが、こんなに様々なオカリナがあるっていうのを初めて知りました。

モチロン音も低音から高音まで幅広く…さまざまな音色で色んな演奏を聴かせていただきました。

 

途中ではちょっと雰囲気を変えてギター演奏…ギター教室の先生でもありますからモチロン腕前は言うまでもありません!

 

あまりもの素敵な音色に、牛さん達も集まってきて耳を澄まして聞き入ってました!

 

演奏中はず~っと富士山に雲がかかっていましたが、最後の曲に入った時にはしっかり顔を出してくれました。

富士山にもきっと素敵な音色が響いて楽しかったのでしょうね!

 

黒野さんのホームページによると格安で?“出前コンサート”活動もされているようですから、皆さんも是非何かのイベントの時に

お願いして聞いてみてください!


オカリナの音って、野外で聞くと音色が身体にもしみ込んでとっても癒されますよ~っ!

 

岡村さん、奥さん、素敵な時間をどうも有難うございました!

By 佐藤隆司 on 2011/10/02 10:36

約2年振りに富士山 岡村牧場にお邪魔してきました


こちらの牧場は以前、放浪日記

(http://www.labogenitor.com/tabid/77/BlogId/15/BlogDate/2009-12-31/DateType/month/Default.aspx)


でも紹介させて頂いてますので概要は省略いたしますね!

 

まずは当日の様子からです。


この日は夕方に到着したのですが、牧場から見える富士山もチョッピリ寒いのか、頭におしゃれな帽子を被っていました!

 

 


牛さんはというと、いつものように広々とした放牧場でノンビリと草を食んでいます

 


先頭の3頭は行儀よく一列に並んで脇目も振らず一心不乱に…

 


牛舎のすぐ向かいにある堆肥舎では、積み上げたばかりの堆肥が元気よく発酵をしており表面から湯気が立ち上っていました

 


ある程度発酵が進んだものはこのマスに移動して堆積して発酵を継続


その後はさらに隣のマスに引っ越してさらに発酵を維持します。

この段階まで来たら外観も細かくなり色も黒くなってきていて、発酵が順調に進んでいる様子が窺えます。

あとはじっくり熟成を待つのみ…


この堆肥の品質も地元ではしっかり評価されており、常連さんも出来て順調に捌けているとのことです。


同じ堆肥とはいってもピンキリがあります。

でもその品質評価をするのは、実際に堆肥を畑に使っているユーザーさんですからねっ!


皆さんもユーザーさんの求められる良い堆肥作りを目指して頑張りましょうねっ!

 

では次回は、ここで開催されたオカリナコンサートの様子をご紹介しましょう!

 

                                       つづく

By 佐藤隆司 on 2011/09/30 11:53

この旅は涼しい帯広から一気に四国は愛媛県に南下しました!

着いてみたら気温差は15℃!

汗がドッと吹き出してしまいました!

 

さて今回の現場は久し振りに養豚場(母豚300頭・一貫)です。


地元で臭気の苦情があるという事で、その対策として昨年11月からアースジェネターの導入を開始し、その状況推移の確認の旅です。


まずはその農場の様子です。




さすがに傾斜地の多い四国だけあって、農場は山に囲まれた所の奥まった所に位置しています。

豚舎施設も傾斜に沿って建設されており、道路も狭く立地条件としては決して恵まれているとは言えないところで頑張っております。

 

これだけの頭数を飼養しているので、モチロン堆肥舎も設置されています。



ここで出来上がった堆肥は…




きれいに仕上がっていて、チョッと掘り返してみるとアースジェネターの特徴である白い菌群がアチコチで頑張っていました。

ここでの臭気も相当少なくなっており、従業員の方々もその変化をしっかり評価してくれていました!(ホッ!) 

 

アースジェネター開始当初も訪問し、臭気の状態など家畜保健所の方々と一緒に確認しておきましたが、

当時の農場に漂う臭気状態は明らかに低減し、苦情も殆どなくなっているようです。


まだ開始一年も経過していないのですが、農場主は今後も給与を継続して更なる改善を目指す決意。

 


この様子だと、来年にはきっと苦情も来ることなく「楽しい豚飼い」に専念できることでしょう!


 

By 佐藤隆司 on 2011/09/25 17:01

皆さんこんにちは~っ!

北海道は大雪山系の旭岳に初雪も降り、いよいよ下界でも冬が迫ってきています。

 

今回は私の小学時代の同窓会が道北のオホーツク海沿岸の浜頓別町で開催され、初めて参加してきました!

一時会終了後に記念撮影です。

皆、小学校時代と一緒で、整列するにも勝手に動き回って中々整列できません!

でも、その頃と大きく違う事は、皆たくさん歳を取ったという事と、しっかり酔っぱらっているという事です。

 

私が入学した学校は、浜頓別町の隣にある下頓別という小さな村です


名前は載っていないのですが、右側の赤星マークの所がそうです。

 

小学校というと今から約50年前…50年も前ですよぉ~!


エ~ッ!

ウッソ~~ッ!!! 

信じられな~い!

もうそんなに経っちゃったの~?? って、改めて時の流れの早さを痛感しちゃいました!

 

ここには小学校3年生まで在籍し、その後親の転勤で転校してしまいました。

 

当時の校舎は既に解体されており、別の場所に新設されていました。


何か痕跡でもと思って当時校舎のあったと思われる場所を探してみました。

しかし、そこはすっかり雑木に覆われていてその頃の面影は無く、過ぎ去った時の長さを感じました。


諦めきれずその林の中に足を踏み入れてみると、

当時よく遊んだ石造りの大きな台座がヒッソリと残っていて、

思わずその上に昇り当時の様子を色々思い出しとても懐かしく感じ、

しばしの間思い出に浸っていました!

 

私が入学した時には1クラスに50人程いたのですが、今はすっかり寂れて中学校も閉校してしまいました。

 

今回の同窓会には当時の同級生が15人程参加していたのですが、やはり約50年ぶりで会うとほとんどが初対面みたい…。

でも、幹事さんが用意してくれた当時の写真を見たり、いろいろ話をしているうちに段々思い出し、

いつの間にか呼び方も当時のあだ名で呼びあったり…一気に50年前に巻き戻しされちゃいました。

とても懐かしく、かつ楽しい一時を満喫してきました。


参加者のうち何人かの同級生50年後の姿をお見せしますねっ!

この事は本人には内緒ですから、コッソリしていてくださいねっ!

 

 

 

 


みなさん、解りましたか?


こうして比べてみるとやはり目元のあたりに昔の面影が残っていますよね。

 


因みに、私の当時の写真は…

 


どれが私か解りますか?

ヒントは…男です!

 

何年たっても…友達ってホ~ントに良いですよね~っ!!

By 佐藤隆司 on 2011/09/08 17:52


チョットネット環境の悪いところにいましたので間が空いてしまいましたが、2次会シリーズです!

2次会の参加者は約20名で、店は貸し切り状態でした。

それぞれのテーブルでは入れ替わり立ち替わり日が変わる迄?、ず~っと牛さんの話で盛り上がっていました!


 

 

 

ハイ!
カラオケはHさんの独壇場?で素晴らしい喉を披露して周りの人もウットリ…

 

最後の締めは陰の立て役者?、Tさんの音頭でシャンシャン!

 

大いに盛り上がった記念に、さぁ~っ、もう一軒行くぞぉ~っ!

って、みんな帰路についた…はずです!

 

松本先生、そして参加者の皆さん、朝早くまで大変お疲れさまでしたっ!

また来年も思いっきり盛り上がりましょうねっ!