自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Author: 佐藤隆司 Created: 2008/09/02 13:24
中国・四国・沖縄担当、佐藤隆司の日記です。

By 佐藤隆司 on 2011/03/14 12:03

皆さんも既にご存知のように、11日午後、マグニチュード9.0の
想像を絶するとてつもない大地震が日本列島を襲い、
それに伴う大津波が北海道から東北、北関東の太平洋沿岸部に多大な被害をもたらしました。

テレビで放映された映像を見て、広範囲にわたってのあまりもの凄まじさに言葉を失ってしまいました。

被災された地域の方々には心からお見舞い申し上げます。

この先まだまだ大変なことが待ち受けていることでしょう。

でも、決して希望を失うことなく健康には気を付け、
皆さんの力を合わせ頑張ってこの難局を乗り越えて下さいね。


特に東北沿岸部では町中が壊滅的な被害を受けた所も多々あり、多数の死傷者、行方不明者
が出ています。

亡くなられた方々には深く哀悼の意を表しますと共に、
行方不明の方々には一人でも多くの方々の無事生還を心からお祈りしております。


北海道も太平洋沿岸部にも津波が押し寄せ、被害を受けた地域もありますが、その被害規模は
東北地域の方々に比べたらはるかに小さなものでした。


大津波で家屋のみならず、ご家族、親戚、友人などを失うなど、被害に遭われた方々の事を思うと
胸が痛んで慰めの言葉も見つかりません。


皆さんが一日も早く日常生活に戻れるように、帯広からもお祈りしております。

 

~東日本大震災の発生のため、伊江島にて…のブログ連載を一時お休み致します~

By 佐藤隆司 on 2011/03/10 11:47

 

講演会があんなに遅くなったのに、懇親会に集合したのは30人強!

さすがに皆さん島時間で日常茶飯事?

全く疲れを見せず、ガソリンが入る前でもみんな元気そのものでしたっ!

 

今回の講演会では伊江島の青年部「島牛会」のメンバーの方々が

大活躍してくれ、モチロンこの懇親会での中心メンバーでした!

 

これからは、個人情報を無視して懇親会の様子を

ドシドシいっちゃいます!!

都合の悪い人は黒ラインで「目隠し」しますので、連絡して下さいネッ!

 

んなぁ~…もう遅い??


 

真ん中が今回の講演主催者、フロンティアアグリの新垣さん、

右が島牛会会長の内田さんです!

講演会準備等、大変お疲れさまでしたっ!

今夜もこれからが本番でしょうけど…ネッ!



以前、私のブログでも登場していただいた名護からお出ましの

比嘉さん…

http://www.labogenitor.com/tabid/77/EntryID/340/Default.aspx#Comments


(アッ!懇親会だけではなく、松本先生の講演も寝ずにチャント聴いていましたよっ!

と、松本先生のお茶目なツーショット!!

まだ酔っていないのにぃ~…先が思いやられます。


まだまだありますよぉ~っ!

このあとは…次回にします!

By 佐藤隆司 on 2011/03/09 9:50

シェパードのHP掲示板でもアップしましたが、沖縄北部にある伊江島

での講演会に行ってきました。

 

講師は最近4冊目の本「そこそこよくなる…」  アッ、いや!

「まだまだよくなる繁殖経営」を出版した松本先生です!


まずは会場での様子をお見せしましょう!

主催はフロンティアアグリ(株)

~皆さんお馴染み?の中国物産さんが製造する牛専用飼料“Mシリーズ”ほかの飼料販売会社~

で、会場には島内に限らず、沖縄本土、遠くは久米島からも生産者の方々が参加し、満席状態でした!

 


 

 

 

会場の一番後ろには、いい加減なことが言えないように…

また誰が居眠りしているがいないか?をチェックする監視ビデオ?

が2台も鎮座していました!!

 

しかし、いつものように2時間の講演予定時間を

1時間もオーバーしたにもかかわらず、

皆さんは一睡もせず最後まで熱心に聞き入っていました!


気合いの入った延長戦のおかげで、講演会が終了したのは

午後9時過ぎ…

 

それからが「まだまだ盛り上がる懇親会」の始まりです!

 

その盛り上がりの様子は次回です!

By 佐藤隆司 on 2011/03/03 9:28

さて今回はまた私の大好きな堆肥のお話です。


こちらの農場に1年ほど前お邪魔した時に写した堆肥舎の様子です

この時にはウンチの量が多かったせいもあったのですが、やや糞詰ま

り状態で堆積方法などにイエローカード?を出してきました!


で、今回の様子です!

1 

切り返し一回のものです。

 

新鮮糞の山です。


理想的な堆積形状、そして作業スペースの確保…お見事です!

自分が納得して良いと思ったことは取りあえず自分の農場で実践してみる…という姿勢はとても大切です。

 

奥の方に残っていた壁際の堆肥には白いカビがアチコチ観察されて、

アースジェネターの菌たちが頑張っていた様子が窺われます。

今はまだ気温が低く活躍しにくい季節ですが、これから春に向けて暖か

くなる頃にはますますの活躍が期待されます。


さて、こちらは牛舎の様子です。

 


牛舎は隅々まで掃除が行き届いていて、整理整頓されています。

これだけで、ボスの“牛さん達に対する思いと感謝の気持ち”というものがヒシヒシとと伝わってきますねっ!

きっと牛さん達ににもこの思いは伝わって、素敵な恩返しをしてくれることでしょう!


一生懸命やっているにもかかわらず…

なかなか良い成績が出せなくて悩んでいらっしゃる方は

いませんかぁ~?


そんな時には今一度自分の胸に手を当てて、もし自分が牛さんだったら…って考えてみましょう!

 

牛さんの気持ちが聞こえた時

目からウロコがポロッと落ちるかも知れませんよ~っ!

 

私信です!

ゲンジさん、皆さん!その節は大変お世話になりました !!

また、熱い牛さんトークに参加させて下さいねっ!

By 佐藤隆司 on 2011/02/25 14:54

岡山県津山市で一昨年から新規営農を開始した末澤牧場さんに行ってきました

 

農場は津山市からやく30分山奥?に入った所に位置しています。

自宅の前には小川が流れていて、時期になると蛍が飛び交うとの事でとても素敵な田舎で過ごしています。

飼養頭数はまだ5頭しかいないので、ご夫婦でそれぞれ別の仕事をしながら頑張っています。


まずは住宅のすぐ側にある牛舎の様子をお見せしましょう!

出来るだけお金をかけないハンドメイド?牛舎です。

 

夜になると外の河原で遊んでいた仲間が牛舎に入ってきました!


?…?…?…ナンだ?

一瞬目を疑っちゃいました!

入ってきたのは真っ白な可愛いポニー…

当たり前のように母牛と一緒に仲良く晩御飯…。

 

あまりもの可愛らしさに思わずもう一枚…パチッ!


ホラッ! 可愛いでしょう?

でも、ここに子牛を一緒に入れると噛んで虐めたりするんですって!

きっとお母さん?を取られちゃうと思うのでしょうね?


この日の夜は地元にある素敵な民宿別荘?で仲間のご夫婦と一緒に食事会(飲み方)でした!

 

まずはこの会場の様子をお見せします!




ここは入ってすぐの居間、兼 食堂 兼 会議室で、一番奥にスクリーンの設備もあります。

建物の柱や梁には素晴らしい古材が再利用され、薪ストーブもあって新旧を取り混ぜてあってステキです!

浴室、洗面所からは窓越しに小さな庭がライトアップされていて、とってもオシャレ!

モチロン外からは見えないようになってましたよ!

 

自炊できるように食器なども全部揃っていました!

 

この施設は隣接している松岡さんがオーナーです。

もし利用したい方がいましたら matsu-h@mx1.tvt.ne.jp まで連絡してみて下さいネッ!


さて最後は今夜のメンバー、とても仲の良い末澤さん夫婦と、主人が人工受精師の井原さん夫婦です!

左から末澤さんご夫婦と井原さんご夫婦です。

 

そして…

両家のとっても仲の良い元気で可愛い子供達です!

 

さてここで問題です!


どの子がどちらのご夫婦の子供でしょうか?


当たった方には豪華な賞品が…簡単すぎるから当たりませんっ!!

 

末澤さん、これからも良い牛さんを創って幸せな牛飼いさんを目指し

て家族仲良く頑張って下さいねっ!

By 佐藤隆司 on 2011/02/21 19:25

皆さん、お久しぶりデス!

最近は何処も寒い日が続いておりますが、皆さんインフルエンザなどに

かかっていませんか?

 

さて、今回は牛さんとは直接関係ないのですが…


以前にこのブログで紹介させていただいた

(http://www.labogenitor.com/Default.aspx?tabid=77&EntryID=23)

馬上畜産さんでの微笑ましい出来事?をお知らせいたします!


彼は先代の警備主任?ムツの後任として昨年8月に馬上畜産さんに新人として入社した「アーサー」くんです。

入社してまだ日が浅いので、今は「お手」や「お座り」など基本動作を

マスターするため新犬研修?の最中です。

 

今は私が行っても吠える事無く、

オッポを振ってジャレついて来るばかりで、オーナーからはまだ警備員

としての業務は任せられていないようです。

 

が、しかし…

 

牛舎での仕事が一段落して引き上げる頃になると…

誰よりも早く?その準備です。

 


ホラッ!ネッ!

運転席で出発準備?です!

 

ズームアップでその表情を見てみましょう!


エンジンをかけて(ウソです!)しっかり前を見て…

これで、制帽を被ったら立派な運転手さん!

 

どうやら本人はよっぽど運転が好きのようで、警備員より運転手として

生計を立てたかったのでしょうか?


話によると、時々クラクションを鳴らして出発を知らせる?…とか…


お伺いした時は雪もちらついてとても寒い日でしたが、

思わず心が温まる出来事でした!


彼は近い将来、きっと主人を送り迎えする素晴らしい警備主任として、

大いに活躍するでしょう!


頑張れ~っ!

アーサー!!!

 

By 佐藤隆司 on 2011/01/24 10:03

前回の堆肥の話題に引き続き、今回は気合いを入れて良質堆肥の生産に取り組んでいる山本牧場さんを取材?してきましたので皆さんにご紹介しましょう!


山本さんの農場は一昨年10月の放浪日記

http://www.labogenitor.com/tabid/77/EntryID/211/Default.aspx

で紹介していますので、経営詳細は省きます。


まずは堆肥舎の様子からです。

堆肥舎は牛舎と繋がったもので、、牛舎延長上の端っこに広々と配置しています。

ここは堆肥舎と言うより、「堆肥製造スペース」と言った方が良いかも知れませんね!

モチロン、一般的な堆肥舎で見られる仕切壁はなく運搬、切り返し等の作業効率は抜群です!


この山は堆積間もないもので、温度計を刺して発酵温度の状況をチェックしています。


もう少し近づいてみました。
原材料は敷料としてのサトウキビバカスと残飼にモミ殻を少し混合し堆積しています。


温度計をズームアップ!
温度はブロアーなど付いていないにもかかわらず、表面から約50cm深で80℃超え!

初期発酵でここまで温度が上がると言うことは、水分状態が丁度良い上にバカスに多少残留している糖分、更にはモミ殻を混合することで
通気性を確保しているという好条件の相乗効果だと思います。

 

手前の山は2回ほど切り返しして堆積してあるもので、一番奧に見える山は半年くらい経過したものです。
色も黒褐色でとても良い状態です。



手前の山をチョット掘り返してみました!
すると表面から20cm位の所に真っ白な糸状菌がビッシリ層状になってました!

これはアースジェネターを継続給与して創った堆肥の大きな特徴です

 

山から転がり出てきた固まりにもビッシリ…

写真撮るのを忘れちゃったのですが、
この固まりをパカッて割ってみると中の方にも菌がしっかり蔓延って居ました。

固まりの中からも分解が進んでいる証拠です!
こうなると固まりも崩れやすくなります。


牛舎や堆肥置き場も悪臭は無く、訪ねてきた人達は皆臭気の無さと
堆肥品質の良さに驚いて帰るそうです。


ただ、より良くするためのワンポイントアドバイス!

堆積している形状はカマボコ型でバッチリですが…
山の壁側は山の裾野だけ壁に付くように、もう少し壁から離して堆積しましょう!

そうしたら山全体の発酵ムラが無くなって、更に均一な良い堆肥になりますよっ!


山本さん、これからも良い堆肥を創って、周辺の方々にも上手な堆肥の作り方を伝えてあげてくださいねっ!

By 佐藤隆司 on 2011/01/21 9:27

今日は徳之島から沖永良部に向かうフェリーの中からお送りします!


さて今回は素敵な堆肥を造っているユーザーさんを紹介いたします!

まずは、繁殖母牛約50頭を飼養されている栄牧場さんの堆肥舎からです。


以前はこの枡に四角く積まれていたのですが、今は壁から離して
カマボコ型に積まれています。

欲を言うならば、もう少し枡の間口が広かったら、裾野まで壁から離せて理想的なのですが…。

 


これは切り返しを3回したもので発酵状況も良く、分解状況や色を見ても堆肥化が進んでいるのが解ります。

 


こちらは出して間もない堆肥です。

原材料は粉砕バーク、オガクズ、残飼混合のものですが、
既に湯気が立ち上り、菌たちが活躍して発酵が順調に立ち上がって
いるのが解ります。

この堆肥山の奧側には木質など有機物を分解するのが大得意な
キノコがニョキニョキ!

有機物の分解が順調に進んでいることが窺われます。

この山も近い将来は立派な堆肥になる事でしょう!

 

さて次は下記ブログで独り言を呟いている
ネコ好き “みぃ”さんちの堆肥です。

http://ameblo.jp/takashiushi/

牛飼いを始めてまだ間もないのですが、昨年牛舎を新設繁殖母牛10頭(でしたっけ?)の牛飼いさんです。

堆肥作りは機械もないので、全ては“ハンドショベル” での制作ですが、私の言いつけ通り? 素敵な堆肥を創っています。


ホラ!
手作業と思えないような見事な出来映えでしょ!


こちらは切り返し一回のもので…


こちらは発酵している堆肥を少し小分けし、その上に少しずつ混ぜ込みながら積み上げていったもので、
まだ切り返しは一回もしていません。

ネッ!素晴らしいでしょ!


これだけの量を「ハンドショベル」で切り返しするというのはとても
大変な作業です!

でも、なんてったってお金の掛からないダイエットです!
ビール好きの体型維持には抜群ですよっ!

機械を手に入れる迄、時々はガンバって 肉体労働に
励んで下さいネッ!

 

大小の差は有れ、お二人とも素敵な堆肥を創って草地に還元し、

良い草を作って牛さん達を喜ばせて下さいネッ!

そうしていると将来は必ず良い事がお二人に戻って来ますって!!

なお、もっと詳しく堆肥のことを知りたい方は

下記「ウンチの部屋」にどうぞ!

http://www.e-tikusan.com/earth.html


By 佐藤隆司 on 2011/01/20 16:30

昨年10月20日の集中豪雨で大きな被害を受けた奄美大島に行って
来ました。

発生後丁度3ヶ月が経過しているのですが、車で走っているとまだアチコチに豪雨の爪痕が残っておりましたので、その様子をご紹介します。

    

ここは崖崩れした所です。
当初は道路まで覆い被さっていたようです。

こちらは崖崩れで道路の一部まで崩落していました。


その下の方は…

はるか下の方までえぐり取られていて、豪雨のすさまじさを物語っていました。
写真を撮るのに立っているのも恐ろしいくらい激しくえぐり取られていました!

 

ここも崖崩れで道路が塞がれていた所ですが、今は一車線だけ通行できるようになっていました。


 

ここも崖のはるか上の方から崩落していた所のようです。


他にも大小何カ所も崖崩れや水害の被害にあわれた所があり、
今回の集中豪雨の凄まじさを目の当たりにしました!

被害に遭われた方々には改めて心からお見舞い申し上げます。

そして、出来るだけ早く復興され今までの生活に戻られることをお祈りいたします。

 

途中の道すがら、北海道は大雪の最中なのに、道端に綺麗なサクラが何事もなかったように咲いていました。

 

自然の恐ろしさと、たくましさを感じた一日でした!

By 佐藤隆司 on 2011/01/10 0:38

チョット遅くなってしまいましたが…

みなさん、明けましておめでとうございます!
放浪日記共々、本年も宜しくお付き合い下さいねっ!

私達も7日から2011年ウサギ年の“事務所開き”をいたしました!

今年もまた、我が社の精鋭営業マン??が皆さんの所に
お邪魔すると思いますが、
怪我しない程度にビシバシ鍛えてやって下さいネッ!


今年のお正月は北海道には珍しく、とても穏やかな日が続いていました。

その分?山陰を始め日本海側は大雪の被害で大変な目に
あわせてしまって…スミマセン!

知り合いの方も国道の通行止めに巻き込まれて、30時間くらい車の中で過ごしたとか。

被災者の方々には心からお見舞い申し上げます。

また、不安定な気候がまだ続いているようですので、これからも十分気を付けてお過ごし下さいね!


しかし、北海道もここ数日前から寒波に襲われ、
日本海側は吹雪、太平洋岸から内陸部にかけて
マイナス20℃を超える寒さになっています。

ここ数年前から異常気象が続いていましたが、こんな不安定な気候もその一貫なのでしょう。

このように気候変動の激しい時代の中で、
畜産を含め自然を相手にする農業はこれから先、
ますます自然の流れや仕組みと相談しながら
「共生」していかなければならない産業となるでしょう。

農業を業として生計を立てている方々は、その動物や作物が
本来持っているだろう力を目一杯引き出すための環境を、
日頃からきめ細やかに整えてあげる事が求められると
思います。


皆さんもご存知かと思いますが、「奇跡のリンゴ」で有名な木村秋則さんは…

「私はリンゴ農家なんですが、リンゴを作ったことはありません。
リンゴを作るのはリンゴの木で、私はリンゴの木が
リンゴを実らせてくれるようにお手伝いをしているだけです!」

…つまり、主役はあくまでも「リンゴの木」で私は脇役なんです…っておっしゃいます。

そして、言葉を話さないリンゴの木が、どうして欲しいのかを知るには
毎日観察してその小さな変化を見つけ出し、
それを感じて手を掛けてあげるんだそうです。

木村さんはこの事をリンゴの木に聞いて決めるって言います。


松本先生も「牛さんとお話をする」姿を見た方もいるかとは思いますが、「リンゴの木」も「牛さんも」生き物ですから、
言葉は違っていてもヒトが解っていないだけで、
きっと私達と一緒なんですよねっ!


是非皆さんも今年は牛さん達とじっくりお話しをし、
牛さん達がして欲しがっている事を肌で感じて
挑戦してみて下さい!

きっと牛さん達は嬉しくて
皆さんに素敵なプレゼントしてくれることでしょう!

今年は飛躍のウサギ年です。
こんな事も飛躍の手助けになることを願っています。

そして、いつも前向きに楽しい一年にしましょうねっ!