自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Author: 佐藤隆司 Created: 2008/09/02 13:24
中国・四国・沖縄担当、佐藤隆司の日記です。

By 佐藤隆司 on 2009/04/21 8:25

一月の訪問以来、再度沖縄県の伊江島に上陸しました!

モチロン!

アースジェネターのPR活動ですよ~っ!!

今回は帰りのフェリー乗り場に向かう途中、交差点で誘導していた交通整理人の旗に従って行ったらナ~ント!お祭り会場の駐車場へ…。(ヤラレタ…

 

何でかと思ってキョロキョロしてみたら、運良く“伊江島ゆり祭り”に遭遇。

百万本のゆり畑を眺めてきました!

ラッキィーッ

 

まずは沖縄本島の北西に浮かぶ伊江島の位置から紹介いたしますね。

             

  はい!左上の赤い矢印の所です。本部(モトブ)港からフェリーで30分の所です。

 

で、ゆり祭りのポスターは…これ

            

 

そして、会場は…

            

 ほらっ! すんごいでしょっ!

 

 もう一枚…

            

                    こんな所まで…

 

ズームアップで…二連発いきます!

            

 

                  

 

            ネッ!綺麗でしょっ!

            ゆりの香りが漂ってきましたか?

 

飲み方続きの私の身体も、とっても癒されました!

 

今度は何処で良いことあるかなぁ~??

楽しみぃ~!!

今日もまた頑張ろう~っと!!           

 

By 佐藤隆司 on 2009/04/08 8:23

牛さんの話題の次には牛肉の話題に…と行きたいのですが、

今回は地元なのに久々にお邪魔したので、

全国的にも知るヒトは知る(当たり前か…)

帯広の老舗、“ぱんちょう” の豚丼をご紹介いたします。

 

私は学生時代から出入りさせていただいていますので、

かれこれ40年弱のお付き合いになります。

 

当時はお店も結構ヒマで、お客さんのいない時は

コーヒーなどをご馳走になったりしていたのですが、

数十年前からは昼食時など外まで行列の出来るお店になっております。

 

豚丼といっても、イメージの湧かないヒトがいると思いますので、

例によって写真でお見せいたします。

 

まずはお店のメニューから…

           

で、これで全部です。

因みに私は今回“梅”とナメコ椀を注文してみました。

何故かと云えば、このお店の先代の奥さん(明治44年生まれ?)が

“ウメさん”といって、昔っから私が随分お世話になってたんです。

とても残念ですが、一昨年大往生されました。

尚、お値段の違いは”お肉の量”の違いです。

 

で…、来たのはこれです。

           

 

蓋をとってみると…

ジャジャ~ン!!

           

 

さらにズームアップ…

           

炭焼きされたお肉が溢れんばかり…。

ホラッ、ねっ!
ホンワカ良い匂いが立ち上ってきますでしょう?

蓋を取った瞬間から、炭のかおりの中に秘伝のタレの香ばしい香がブレンドされて、

空きっ腹にこたえます!!

 

モチロン私は…

            

        完食です!   大満足!!  ご馳走様でしたっ!!

 

            

先代の娘さんである幸子社長さんがお店を切り盛りしています!

貧乏学生の頃からホントにお世話になりましたっ!m●m

 

因みにお店はJR帯広駅北口の真正面に、こじんまりと有ります。

皆さんも帯広にお越しの際には是非立ち寄って、

豚丼の発祥地“ぱんちょう”の“元祖の味”を堪能してみて下さいねっ!          

ホント! ウマイっすよぉ~っ!!

By 佐藤隆司 on 2009/04/01 13:47

早いもので、もう4月…。

カレンダーの一ヵ月を40日位にして欲しい…な~んて思うのは私だけでしょうか?

今日はエープリルフール…

朝からの作戦会議??も終わり、夕刻からは入社式と恒例の飲み方…。

会議ではほとんど私がしゃべりっぱなし…だって、エープリルフ~ルですもの、こんなチャンスは年に一度…

誰っ??

いっつもと変わんないじゃぁ~ん!!…って言ってる人は

 

さて、今回は年頭にここで皆さんに紹介させていただいた“Vマーク牛”チャンに再会してきましたのでお見せいたしま~す!

              

 ねっ!わかりますでしょう?
 やっぱり前回、私と会った時の目線が違っていたでしょう?

 私が近くに行くと、すぐにこれですもん…覚えていてくれたんですね~っ

 

その牛舎の近くでまたまた不思議な?子牛さんが脱走してひなたぼっこしてました!

               

この右側の牛さんは、やっぱり今年のお正月に載せていた写真の子牛チャンです。

で、不思議…オシャレ?なのは、座っている牛さんです。

まずはズームアップで…

            

よく見ると…不思議でしょう?

そうです! こうしてみると額に?はてなマーク????…ですもん

はたまた、ラッキーセブンにも見えますねっ?

肩にはハートマーク…

黒牛でも牛舎に一頭、こんな牛がいると仕事も癒されますよね~っ! 

 

もう一枚、角度を変えてズームアップ…

              

ややっ!正面から見るとこれですもん…

 

不思議でしょう?

交雑種であるのは間違いないのですが、毛の色がこのように部分的に出現してくるのはどうしてでしょうね?

遺伝子の仕業?だと言うのはわかるんですが…

だってヒトだったら、金髪のヒトと日本人との子供で、髪の毛が金髪と黒い毛がメッシュになっているヒト、見たこと無いでしょう??

あったら教えて下さいねっ!

生命体の不思議…を感じた一瞬でしたっ!

 

By 佐藤隆司 on 2009/03/18 23:03

先週は広島北部(芸北)を巡回していました。

庄原の藤谷牧場さんをお伺いした時に“匠の技”を発見したのでご紹介します!

丁度、新牛舎の建築途中でした。

まずは写真で…

              

母牛12頭牛舎で屋根の骨組みまで出来上がったところでした。

藤谷さんの父君が大工さんで、全部自分で組み上げていると言うことでした。

最高のコストダウンです!

そして、強度を増すために、真ん中の横柱は皮を剥いただけで丸木をそのまんま利用。

 

そして、この牛舎の反対の軒側は…

               

既存の建物に密着!

ここに“匠の技”を発見!!

 

で、私が感動した場所を拡大します…

               

はい!ここです!

な、な~んと!

既存の建物の柱に、二股の白木を加工して取り付け、梁受けにしていました!

普通なら建築材料として使えない部分も、チョットした工夫で見事な建築資材に早変わり!!

自前だから出来る“匠の技”…お見事でしょう!

皆さんも今使われていない自分の身の周りにある物で、チョット工夫すればとても役に立つ物に変身するかも知れませんよ!

是非、頭の体操のつもりで遊んでみて下さいねっ!

By 佐藤隆司 on 2009/03/06 18:21

前回の続きです!

雪がチラつく翌日の帰り、通り道だったので急遽、植田キーパーのお客さん所を訪問しました。

残念ながら農場主さんは不在でしたが、ツルの夫婦が出迎えてくれました!

もしかして、実はこちらのご夫婦はツルだった…?

なぁ~んちゃって…ありえないですよね!

きっと牛舎の側だから、牛さんの飼料をつまみ食いに来ていたのでしょう。

             

 

カメラを探している内に、寄り添って牛舎の前を通り過ぎて…
どんどん遠くの方へ

             

 

写真撮るからチョット待ってぇ~っ!!って心の中で叫んだら…

ちゃんと並んで立ち止まってくれましたっ!

             

まるで置物みたいに、暫くポーズをとっていてくれました!

ホント、仲がいいですよねぇ~

こんな所で牛飼いさんを出来るのって…素敵ですよねぇ~っ!

 

By 佐藤隆司 on 2009/03/04 9:22

何年ぶりでしょうか?

私はここ暫く北海道住民になっています。

先月ですが、道東の中標津町(なかしべつと読みます)に行く用事があり、植田キーパー(彼はハウスキーパーではなく地元では知る人しか知らない有名なサッカーキーパーなんです!)と行ってきました。

その途中、とても微笑ましい光景に遭遇しました!

まずは写真で…

              

丹頂鶴の夫婦?(恋人?)です。

実は、国道を走っているとき、田舎道なのにチョットした渋滞。
何が起きたのかなぁ~?と思って窓から顔を出してみると、一羽のツルが国道を横切っていて、その反対側でもう一羽が道路を渡れずに困って? いました。

それで国道を走っている車が皆止まって、道路を渡るのを止まって待っていたのです。

残されたもう一羽が無事横断完了!

その後の姿がこの写真です。

まるで、“良かったなぁ~っ”て二人して喜んでいるように羽を広げて迎えておりました。

その後はまた二人してのんびりお散歩?に出掛けました。

               

こんなに仲の良い姿を見て、私も思わず我が家のことを振り返ってしまいました!

俺ももうチョット…チョッピリ反省しました!!

 

By 佐藤隆司 on 2009/03/01 8:49

早いもので、もう早3月に突入してしまいました!

2月は28日まで…それでなくても日が経つのが早い(歳のせい…?)のに、2日短いとより一層早く感じられますよね!

さて、月始めの一回目は先月の奄美の続きから発車しま~す。

松本先生の講演会の翌日、帰りの飛行機まで時間がチョッピリあったので空港近くの東農場さんにお邪魔しました。

まずはお伺いした農場の横に咲いていた桜から…   

                

 

ついでにもう一枚…

            

牛舎の横にこんな花が咲いていると、牛さんだけではなく花を見るのも楽しみになりますよね!

気持ちが癒されて、牛さんたちを見る目も優しくなりストレスも少なくなってスクスク育つことでしょう!

 

この桜の木の横には…

              

そう、パパイヤの木です!

ねぇ~、羨ましいですねよねぇ~?
お店で買ったら…。

でも、地元の人はフルーツのようには食べない?みたい…。

青い内に皮をむいて漬け物みたいにして食べるとか…

今度は実が熟す頃に来て、一個丸ごと食べさせて貰おうと企んでいます!!

 

こちらは牛舎です。

手前側と奧側の増築したところは、ふんだんな太陽の光を利用したシマシマ屋根にしています。

            

 

屋根の部分を拡大します。

            

たったこれだけの光を取り込むだけでも、床の状態はずいぶん乾くようになり、床変え頻度も少なくなったようです。

その結果は…はい、皆さんお察しのとおりです!

皆さんもお金のかからない自然の恵みを、上手に経営に役立てましょうね!

By 佐藤隆司 on 2009/02/25 8:09

腹ごしらえした後はいざ出陣!

沖永良部から駆けつける川内先生とは空港で合流予定。

飛行機が着くまで空港近くの現場、奧牧場へ…

             

奧牧場の奥さん…チョットややこしい??…?

えっと~、奥さんご夫婦一緒にミニ勉強会?

あれっ?却ってややこしいかな?

松本先生、蔵前先生ともにお腹がチョット膨らんでいるのは…“けいはん”のせいだってばぁ~っ!

皆さん!そう言うことにしておいてくださいねっ!

 

川内先生を奄美空港で無事ピックアップ

いざ瀬戸内町へ…

    途中の峠で花見休憩…

              

    もう一枚…

              

   ちょっと濃いめのピンクが艶やかでした!

   ホント、花を見ると心が癒されますね~っ!

 

日没前に里山牧場に到着!

明るいうちに記念撮影です。

                

左から、蔵前先生、松本先生、里山智和さん(人工受精師さんでもあります)、沖永良部から駆けつけてきた川内先生です。

智和さ~ん!
川内先生は本当に獣医さんですよぉ~っ!

 

現地視察を無事終了、いよいよ本番の前夜祭です!

当然のように熱い語らいが続ききました!

まあ、この写真見たら一目瞭然ですね!

             

             皆さん、お疲れさまでしたっ!!

あっ!

松本先生、本番は明日でしたねっ!! 

 

 

 

By 佐藤隆司 on 2009/02/24 9:05

アグリメリーさん、お待たせいたしましたっ!

ここに来て我が社のブログは話題が食べ物ばかり…

ホントにチャント仕事してるのかよぉ~っ?って思われそうですが…トドメ?の鶏飯に突入いたします!

 

まずは“みなとや”さんのエントランスから…

            

つい最近改装したばかりらしく、まだ新築の匂いがブレンド?されていました。

鶏飯の美味しそうな匂いに、三人(松本先生、蔵前先生、私)のお腹は背中にくっつきそう…。

               

お櫃から茶碗にご飯を盛り、鶏肉、タマゴ、ネギなどをお好みでトッピング。

盛りつけたところでお鍋のスープをたっぷりかけて…出来上がり!

このスープが絶妙!

それぞれのお店の秘伝になっているらしく、店によって微妙に味が違うそうな… 。

 

腹ぺこの三人はモクモクと食べ続け…残すことなく完食!

             

ふぅ~っ!!もう、お腹一杯だぁ~!  
ご馳走様でした!大満足…!  

 

腹ごしらえを終えて、いざ現場へ…  

              

番鶏さんが最後まで?見送ってくれました!

ホントにケッコーなお味でした!

因みに、行ってみたい人のために…“みなとや”さんは

大島郡笠利町外金久82(TEL:0997-63-0023)です。

近くに行ったときは味わってみて下さいね!          

              

By 佐藤隆司 on 2009/02/22 11:37

今回の旅もいよいよ終盤に近づいてきました。

皆さんおなじみの松本先生が奄美大島本島で初講演…。

その日程に合わせて私は南から上陸。

鹿児島から南下してくる松本先生を、地元家保の蔵前先生と奄美空港を無事捕獲!

松本先生が移動する時、よく飛行機が遅れたり、欠航になったりなど事件?が起こるのですが今回は何事もなく予定より10分も早く到着!

腹が減っては戦ができぬ…到着早々蔵前先生お奨めのお店“みなとや”さんへ…。

ここは奄美名物“鶏飯(けいはん)の元祖”だそうで、今回はこの鶏飯を紹介いたしますねっ!

まずは入り口から…

               

”いらっしゃいませ~っ!”
堂々とした番鶏が出迎えてくれました!

モチロン!声は聞こえません!

 

               

お店の入り口までのアプローチです。

そして、鶏飯の歴史は…

               

400年も前から伝わっているとか…

モチロン!
私は生まれていません!!

 

そして、いよいよ鶏飯ですが…

この時間だとヨダレが出てくるので、次回にお見せいたします!!