自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

Author: 中紙育朗 Created: 2016/04/01 13:37
沖縄と鹿児島離島を担当することになりました。よろしくお願いします。

By 中紙育朗 on 2020/03/27 16:30

 

 

皆さま、こんにちは!!

 

現場には行けていないのですが、25日から27日まで行われました

 

曽於中央家畜市場子牛セリについて書きたいと思います。

 

 

出場頭数(3日間合計)※JACCネットより

 

去勢     780頭   メス    552頭     合計頭数      1.332頭

 

平均価格(3日間合計)※セリ市成績表(速報帳票)より

 

去勢    75.6万    メス   65.0万    合計平均     71.5万

                                   (前回比  -0.2万)

 

 

 

 

種雄牛別出場頭数(上位10)※JACCネットより

 

秀幸福   215頭

喜亀忠   151頭

華春福   146頭

華忠良   123頭

美国桜    96頭

諒太郎    92頭

百合久    88頭

幸紀雄    76頭

隆之国    41頭

直太郎    35頭

  

 

2日目と3日目、僕がわかる範囲内で高値だった牛の結果を書きたいと思います。

 

※もし一部分、間違っていましたら申し訳ございません。

 

 

幸紀雄ー安福久ー美国桜ー百合茂   294日   325キロ   98.1万(税抜き)

 

華春福ー百合茂ー安平ー福茂(宮)   239日   350キロ   94.2万

 

華春福ー安福久ー勝忠平ー神高福   287日   343キロ   93.9万

 

直太郎ー安福久ー勝忠平ー神高福   243日   330キロ   93.2万

 

幸紀雄ー安福久ー勝忠平ー金幸    271日    302キロ   92.6万

 

華春福ー安福久ー勝忠平ー金幸    285日    336キロ   91.7万

 

幸紀雄ー安福久―平茂勝ー第5隼福  275日   324キロ   91.3万

 

 

 

続いてメスになります。

 

安福久ー勝忠平ー平茂勝ー神高福   301日  163キロ   121.8万

 

華春福ー安福久ー金幸ー平茂勝    241日   297キロ  110.4万

 

美国桜ー百合茂ー安福久ー平茂勝   284日  268キロ   110.2万

 

美国桜ー華春福ー百合茂ー安福久   282日  306キロ   106.5万

 

 

来年末、出荷予定の牛になる為かと思いますが、今の枝肉相場と比べると

 

平均価格は高かったと思います。

 

何かの参考になりましたら幸いです。

 

 

By 中紙育朗 on 2020/03/25 15:31

 

 

皆さま、こんにちは!!

 

 

南九州・沖縄地区担当の中紙です。

 

 

冬も終わりに近づき、少しずつ春になる季節ですね。

 

 

寒暖差が激しくなりますので、牛の病気も出やすく難しい時期では

 

ないでしょうか。

 

 

今の季節に限った事ではありませんが、床の状態が大切だと思います。

 

手間や敷料の事、堆肥舎に堆肥が溜まってしまって出せないなど

 

あるかと思いますが、可能な範囲内でフカフカで乾燥していて、臭気が少ない

 

状態を維持して頂けると良いと思います。

 

 

 

3ヶ月齢までの子牛では、基本的には保温重視で直接、風が当たらないように

 

コンパネなどで囲ってあげると良いかと思います。

 

お腹を冷やさないようにしてあげてください。

 

 

 

 

3カ月以降の牛は換気をしてあげる事で新鮮な空気を牛舎内に取り込んで

 

あげる事で、アンモニア臭も軽減できると思います。

 

 

送風機の速度調節ができる場合でしたら、夜は弱くしてあげても良いかと思います。

 

また、日差しが牛舎内に入る時間などは、日差し避けを活用してあげる事で

 

体感温度差を緩和できると思います。

 

 

 

 

最後に、寒暖差が落ち着くまでは、可能な範囲内で群編成をしないように

 

待ってあげる事で、ストレスもかかりにくいのではないでしょうか。

 

何か少しでも参考になりましたら幸いです。

 

 

By 中紙育朗 on 2020/03/05 14:06

 

皆さま、こんにちは!!

 

現場には行っていないのですが、

 

3日(火)に行われました、与論家畜市場子牛セリについて

 

書きたいと思います。

 

 

 

出場頭数

 

去     269頭       メス     193頭       合計    462頭

 

 

平均価格(税込み)

 

去    73.4万      メス      59.2万     合計平均  67.7万

                                  (前回比(1月)- 7.2万)

 

 

 

種雄牛別出場頭数(上位10)

 

若百合     53頭

喜亀忠     48頭

華忠良     47頭

勝昇龍     36頭

諒太郎     30頭

秀幸福     25頭

幸紀雄     24頭

夏百合     23頭

華春福     22頭

福之姫     21頭

 

 

高値だった去勢の結果を書きたいと思います。

 

幸紀雄ー美国桜ー隆之国ー金幸     244日  310キロ  115.0万(税抜き)

 

華春福ー美国桜ー百合茂ー安福久   269日  313キロ   109.7万

 

福之姫ー安福久ー勝忠平ー金幸    269日  311キロ    99.9万

 

華春福ー美国桜ー百合茂ー安福久  239日  337キロ    99.4万

 

華春福ー美国桜ー平茂勝ー第5隼福 274日  344キロ    98.1万

 

 

全国的に子牛相場は下がっており、与論市場でも下げました。

 

平均価格は下がっておりますが、その中でも今の枝肉相場をみると

 

上記のような高値だった子牛もいました。

 

生産農家さんには、病気をさせずに

 

健康な子牛に育ててあげて欲しいと思っております。

 

必要だと感じる部分には

 

費用対効果(コストパフォーマンス)の高いものから、やってあげると

 

良いのかもしれません。

 

 

By 中紙育朗 on 2020/02/28 5:36

 

先日、ある農家さんのところに行かせて頂きました。

 

子牛を3カ月、親につけて飼われているそうですが、

 

子牛のスペースが快適そうでした。

 

 

 

スターターや粗飼料、水を置く場所もありました。

 

広さはおおよそ1メートル✖2.5メートルくらいになると思います。

 

木の板で壁を作ってあるので牛に直接、風が当たらないようになっており、

 

床にも厚めにおがくずが敷いてあるので、お腹が冷えにくく

 

とても良いと思いました。

 

もし、母牛の発情が弱いという農家さんでしたら、扉をつけて制限哺育にして

 

あげるといいかもしれません。

 

 

 

 

また、鳥対策の為ネットも張っていました。

 

 

 

鳥対策の為、ネットを張ったそうですが、これからの時期に増えてくる

 

アブやサシバエ対策にもなっているかと思います。

 

 

 

上部はネットにリングを付け、フックに引っ掛けていました。

 

 

鳥や吸血昆虫が牛舎内に入りにくいので、牛は快適になり

 

病気の予防にもなるので、おススメです。

 

困っている農家さんの参考になりましたら幸いです。

 

 

 

By 中紙育朗 on 2020/02/19 17:03

 

 

皆さま、こんにちは!!

 

南九州・沖縄地区担当の中紙です。

 

現場には行っていないのですが、昨日2月18日に行われました

 

JA宮崎経済連系統和牛枝肉共励会の結果を書きたいと思います。

 

 

出場頭数    去    74頭     メス    6頭     合計    80頭

 

 

平均値

 

枝重         530キロ

 

ロース芯       73.1㎠

 

バラ厚         9.6㎝

 

推定歩留       75.9

 

BMS         10.1 

 

(3代祖 安福久は8頭でした)

 

 

 

 

金賞    ㈱壱岐ファーム     様

 

去  耕富士ー義美福ー勝平正     枝重  543.2キロ  ロース芯  88.0㎠

   バラ厚  10.2㎝   推定歩留  79.1    BMS  12

   枝肉単価   8,030円   販売金額  4,361,896円

 

 

 

銀賞    蓑毛  稔治      様

 

去  耕富士ー秀菊安ー美穂国     枝重  504.0キロ   ロース芯  95.0㎠

   バラ厚  10.2㎝   推定歩留  79.5    BMS  12

  枝肉単価    5,010円   販売金額  2,525,040円

 

 

銅賞    小守  敏範     様

 

去  耕富士ー義美福ー安福久   枝重 514.1キロ   ロース芯  120.0㎠

   バラ厚  10.0㎝    推定歩留  83.9    BMS  12

   枝肉単価   4,530円   販売金額  2,328,873円

 

 

 

優秀賞1   薬師  和敏    様

 

去  真華盛ー義美福ー安福久    枝重  554.4キロ  ロース芯  102.0㎠

   バラ厚   11.2㎝   推定歩留  81.3  BMS    12

   枝肉単価   4,210円    販売金額   2,334,024円

 

 

優秀賞2    ㈱サイト―ファーム    様

 

去 義美福ー勝平正ー安福久     枝重  566.5キロ  ロース芯  101.0㎠

   バラ厚  9.8㎝    推定歩留  80.7   BMS   12

   枝肉単価    4,030円     販売金額  2,282,995円

 

 

受賞された皆さま、おめでとうございます(*^^*)

 

この共励会での平均枝肉単価は、3,037円でした。

 

最近の枝肉相場と比べると、とても高くついていたので

 

嬉しかったです。

 

 

枝肉・子牛相場どちらも下がってきておりますが、

 

お金をあまりかけずに牛を快適にしてあげる方法が、あるかと思います。

 

少しずつ実行して頂けたら、嬉しく思います。

 

 

 

By 中紙育朗 on 2020/02/14 21:09

 

 

皆さま、こんにちは!!

 

もうご存知の方や、実際に使っていらっしゃる方も

 

いる事かと思いますが、

 

ある農家さんのところに行かせて頂くと、導入したてのベールクラッシャー

 

がありましたのでご紹介させていただきます。

 

粗飼料をほぐしてくれる機械です。

 

株式会社 カスタムジャパン様の商品になります。

 

 

 

中には、オーツヘイが入っていました。

 

こちらの農家さんのベールクラッシャーはホイールローダーに取り付ける

 

タイプで油圧は1系統。

 

フォークリフトにつける商品もあるそうです。

 

 

 

 

さて少し話が変わり、生産農場での粗飼料の長さについて書きたいと思います。

 

生産農家さんでは、カットして粗飼料を給与される方が多いことかと思います。

 

僕もそちらの方が良いと思っておりますが、

 

セリ出荷前までに、少しずつ長い物に馴れさせてあげると良いかもしれません。

 

 

 

併せて参考になりましたら幸いです。

 

 

By 中紙育朗 on 2020/01/30 11:34

 

 

皆さま、こんにちは!!

 

 

南九州・沖縄地区担当の中紙です。

 

 

ご覧になった方も沢山いらっしゃる事かと思いますが、

 

 

昨日、1月29日の日本農業新聞に個人的に面白いと思った記事がありましたので

 

 

ご紹介したいと思います。

 

 

 

(以下、記事を要約)

 

 

「和牛肉 好みに違い」    欧米→香り    アジア→軟らかさ

 

 

家畜改良センターが2017年から19年3月まで外国人を対象に行った調査で、

 

BMSナンバー7以上の肉を味付け無しで評価。

 

延べ1454人が回答。そのうち、1つの国や地域で35人以上になった16の国と

 

地域、1013人のデータを分析した。

 

試食した肉を「好む」「やや好む」の合計は98%で、世界中で和牛が好まれている

 

ことが確認できた。

 

好む理由では、欧米やオーストラリアは「和牛に特徴的なバターやココナッツの

 

ような甘く脂っぽい香り」を選択した割合が高く、

 

アジア圏は「軟らかさやジューシーさ」を理由に選ぶ割合が高かった。

 

各国・各地域で普段食べなれている、BMSナンバー、調理方法の違いが

 

関係していると推測。

 

国や地域の嗜好性を捉えたPRを提案する。

 

 

                                   以上

 

 

具体的な傾向が示された事が大きいように感じました。

 

日本人でも、BMSがナンバー16!?くらいの牛肉が好みな方、

 

赤身が多い方が好きな方それぞれだと思いますので、一概には言えませんが。

 

多様性があるのが良いのかな、、、と思いました。

 

 

 

 

少し話は変わりますが、2022年鹿児島全共では脂肪の質評価群(7区)

 

ができましたね。

 

 

個人またはグループによる同じ種雄牛の産子で去勢の肥育牛3頭を1群として

 

出品されます。

 

従来通りの枝肉の評価に加え、一価不飽和脂肪酸(MUFA)・ オレイン酸も

 

合わせて評価対象になるそうです。

 

 

 

第6区、7区、8区の授精がされている頃だと思います。

(すでに終わっているかもしれませんが)

 

 

 

宮崎県では第6区、7区、8区に5頭の種雄牛が選定されています。

(情報誌「宮崎牛」 2019年12月号 NO.81を参照)

 

 

第5安栄(忠富士ー福之国ー安平)     第6区、7区、8区

 

満天白清(安平ー白清85の3-福桜)   第6区、7区、8区

 

勝光美(美穂国ー福桜ー安平)       第6区、7区、8区

 

義美福(福之国ー安平ー福桜)           第7区

 

和美安(美穂国ー秀菊安ー平茂勝)       第7区、8区

 

 

どんな大会になるのか、とても楽しみですね。

 

 

By 中紙育朗 on 2020/01/20 20:03

 

皆さま、こんにちは!!

 

今月、17日から19日まで行われました、小林地域家畜市場の2日目に

 

行かせて頂きました。

 

 

 

 

入場頭数(3日間合計)

 

去     663頭      メス    496頭    合計    1,159頭

 

 

平均価格(税込み)(3日間合計)

 

去    84.7万     メス   71.3万    合計平均  79.2万

                             (前回比  -0.4万)

 

 

行かせて頂いた18日、メスの入場頭数は162頭でした。

 

その内、血液検査時点でBL陰性だった牛は

 

104頭でした。

 

 

 

 

3日間合計 種雄牛別出場頭数(上位 10)

 

耕富士   427頭

真華盛   173頭

秀正実   135頭

秀百合久 123頭

満天白清 120頭

愛日向   67頭

洋紀久   37頭

美穂国   29頭

義美福   28頭

忠国桜   24頭

 

 

満天白清の出場頭数が増えてきました。

 

(先月の入場頭数は42頭でした)

 

生産農家さんのお話では、子出しはバラツキがあり、すごく大きい子牛が

 

産まれてくる場合もあるそうです。

 

初産への交配、また分娩時にはご留意くださいませ。

 

 

 

それでは、僕が見ていた中で高値だった去勢の

 

結果を書きたいと思います(セリ価格)

 

 

耕富士ー福之国ー安福久ー紋次郎    275日  343キロ   93.7万

 

秀正実ー耕富士ー美穂国ー忠富士    289日  353キロ   93.2万

 

耕富士ー秀正実ー忠富士ー茂福     268日  302キロ   92.8万

 

満天白清ー耕富士ー忠富士ー安福久  260日  301キロ   90.1万

 

耕富士ー美穂国ー忠富士ー福桜    255日   352キロ   89.7万

 

耕富士ー美穂国ー忠富士ー茂福    285日  352キロ    89.4万

 

耕富士ー秀正実ー美穂国ー隆桜    285日  326キロ    89.0万

 

 

何かの参考になりましたら幸いです。

 

 

By 中紙育朗 on 2020/01/08 13:20

 

 

南九州・沖縄地区担当の中紙育朗です。

 

 

皆さま、今年もよろしくお願い致します。

 

 

 

昨日は、鹿児島県の初セリが与論で行われました。

 

現場には行っていないのですが、結果を書きたいと思います。

 

 

出場頭数

 

去     281頭       メス    181頭      合計頭数   462頭

 

 

 

平均価格(税込み)

 

去    80.6万      メス     65.2万    合計平均   74.8万

                              (前回比(11月)  +2.2万)

 

 

種雄牛別出場頭数(上位10)

 

諒太郎      59頭

幸紀雄      58頭

美国桜      44頭

喜亀忠      34頭

華忠良      32頭

華春福      31頭

若百合      25頭

夏百合      24頭

福之姫      24頭

紀多福      22頭

 

 

高値だった去勢の結果を書きたいと思います。(税抜き)

 

 

諒太郎ー美国桜ー百合茂ー平茂勝   273日  324キロ   111.8万

 

聖香藤ー百合茂ー安福久ー勝忠平   265日  314キロ   103.2万

 

華春福ー百合茂ー安福久ー金幸    262日  288キロ    99.1万

 

幸紀雄ー安福久ー勝忠平ー忠茂    262日  300キロ    98.4万

 

若百合ー安福久ー百合茂ー安平    239日  251キロ    98.1万

 

福之姫ー喜亀忠ー安福久ー金幸    257日  326キロ    97.5万

 

直太郎ー安福久ー金幸ー安平     247日  283キロ    97.2万

 

安亀忠ー勝忠平ー安福久ー平茂勝  223日  242キロ    96.1万

 

紀多福ー安福久ー金幸ー神高福   241日  284キロ    95.1万

 

紀多福ー安福久ー勝忠平ー安平   224日  250キロ    93.7万

 

 

 

 

セリ名簿を見ていると、少し産次数が多くなってしまっている牛が散見されました。

 

経営の事などもあり、なかなか難しいかと思いますが、少しずつ更新される事を

 

お奨め致します。

 

 

何かの参考になりましたら幸いです。

 

 

 

 

By 中紙育朗 on 2019/12/27 13:07

 

皆さま、こんにちは!!

 

今回は子牛の寒さ対策について書きたいと思います。

 

僕の個人的な意見では、3カ月(哺育期間中)までは保温、

 

離乳後は換気をしてあげるのが良いと思っております。

 

親付け・ハッチで上手に寒さ対策されている農場をご紹介させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

牛舎内の細かな作りや、やり方はその農場で違うと思いますので、

 

下記の事がポイントになるかと思っています。

 

1.風が直接牛に当たらないようになっている。

 

2.床が厚く、お腹が冷えないように敷料を使われている。

 

3.投光器、カーフジャケット、ネックウォーマーの使用。

 

それでもまだ子牛が寒そうにしていた場合は、そのスペースだけ大きな板で

 

屋根を作り天井を低くしてあげると、熱がこもりやすくなると思います。

 

これから冬本番ですので、子牛が快適に過ごせる環境をつくってあげてください。

 

よろしくお願い致します。