自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

Author: 礒 匠 Created: 2016/04/01 13:28
(株)アース技研で北海道を担当することになりました。よろしくお願いします。

By 礒 匠 on 2020/02/14 12:02

 

皆さんこんにちは

 

道東担当の礒です

 

さて、今週行われました

十勝の和牛市場について書きたいと思います

 

結果

メス 690頭   最高  1,009,800円 最低 225,500円 平均 659,699円 (税込)

去勢 1078頭 最高  1,109,900円 最低 236,500円 平均 766,640円 (税込)

 

主な種雄牛

勝早桜5 254頭  秋忠平 157頭  花国安福 136頭  美津照重 132

愛之国 130頭  幸紀雄 128頭  福之姫 107頭  勝乃幸 82頭  

美国桜 65頭  梅栄福 53頭  光彦 47頭  福増 46頭   ほか

 

先月と比べて

メスで3万円のマイナス

去勢で1万円のマイナスでした

 

 

参考までに高値で取引された牛を書きます(セリ価格)

 

メス

美国桜-勝忠平-平茂勝  296日齢 349㎏ 797,000円 

隆之国-安福久-百合茂  276日齢 309㎏ 804,000

勝早桜5-安福久-平茂晴 284日齢 332㎏ 861,000

 

去勢

幸紀雄-美津照重-安福久 286日齢 327㎏ 880,000

秋忠平-花之国-安福久  295日齢 326㎏ 952,000

百合茂-安福久-平茂勝  281日齢 344㎏ 960,000

 

今回は、今までに比べてさらに

上と下で価格差が出てきたように感じました

 

僕の担当している地域では繁殖農家さんが多いので

どうしてもそちらの目線になってしまいがちなのですが

徐々に素牛価格が落ち着いてきたとはいえ

最近の枝肉価格の相場を見ていると

購買者さんたちにとっては厳しい相場なのかなと思います

 

 

より一層、牛を健康に飼うことが

価格アップにつながるかもしれませんね!

By 礒 匠 on 2020/01/31 16:01

 

皆さんこんにちは

道東担当の礒(いそ)です

 

今回は、ある酪農家さんにお邪魔するたびに

感動するものを紹介したいと思います

 

 

とにかく、整理整頓されている牧場さんです

 

 

そして、

サイレージの断面がお見事です

 

サイレージカッターを使って取り出しています

 

無駄が少ない!

 

 

サイレージカッターを使うことで

断面がこのようにきれいに保たれ

2次発酵のリスクが多少減らせるようです

 

最近、北海道は夏場の天気が安定せず

粗飼料不足なども出てきていますので

ロスを減らすことはとても大切ですよね

もちろん、2次発酵を抑えることは

嗜好性や品質も保たれると思います

 

ただし、どうしてもサイレージの上部と下部で

栄養にムラが出てしまうことがあるため

できることならば面から

まんべんなくとることが理想ではあるようです

 

 

しっかり、草を食べさせるひとつの方法ですね!

By 礒 匠 on 2020/01/21 18:57

 

皆さまこんにちは。

道東担当の礒(いそ)です

 

先週行われました十勝の和牛市場について

結果を書きたいと思います。

 

 

 

メス 710頭   最高  2,213,200円 最低 286,000円 平均 688,245円 (税込)

去勢 1025頭 最高  1,097,800円 最低 364,100円 平均 771,037円 (税込)

 

先月よりメス去勢ともに2万円ほどの下げでした

 

主な種雄牛は

勝早桜5 331頭  秋忠平 153頭  幸紀雄 147頭  美津照重 140

花国安福 124頭  福乃姫 92頭  勝乃幸 83頭  愛之国 82

美国桜 68頭  諒太郎 52頭  福増 49頭  第1花藤 47頭  ほか

 

参考までに高値で取引された牛を書きます(セリ価格)

 

メス

幸紀雄-安福久-平茂勝 317日齢 312㎏ 2,012,000円 (母てつせん)

美国桜-安福久-忠富士 271日齢 332㎏ 1,041,000

美国桜-勝早桜5-安福久 318日齢 339㎏ 858,000

 

去勢

花国安福-百合茂-平茂勝 265日齢 353㎏ 903,000

勝早桜5-安福久-華春福 243日齢 405㎏ 990,000

福乃姫-安福久-平茂勝 288日齢 334㎏ 967,000

 

 

今回のセリでは70万円台の牛が少なく

高い牛と安い牛で差が激しく

血統、増体、体型の3拍子が

そろっていないと高値は難しくなってきていると思います

 

メスは割高で、繁殖用として買われている方も

多いのかなと思いました。

 

血統が魅力的ならば健康である前提で

DG1未満でもすっきりしていて

多少肉がついてしまっている牛よりも

繁殖として導入しやすいのかなと思います

 

様々な血統がいるのが十勝市場の魅力かなと思います

機会があればぜひ牛を買いにどうですか?

By 礒 匠 on 2020/01/16 18:00

 

皆さんこんにちは。

道東担当の礒(いそ)です。

遅くなりましたが今年もよろしくお願いいたします

 

 

さて、ある酪農家さんへ行った時のこと

寒い中、従業員さんが一生懸命に水槽を掃除していました

 

 

特に酪農家さんにとっては

乳量にかかわってくるので

牛にとって水を飲むことがとても大切になってくると思います

 

考えてみれば牛乳の80%以上が

水分なので水をしっかりと飲めなければ

十分な乳量も確保できないですね

 

また、えさをしっかり食い込むためには

水が必要です

乳量が出ている牛ほどしっかりと

水を飲むことができれば

しっかりと働いてくれることでしょう!

 

ごらんのとおり掃除中にも

清潔な水をいち早く飲もうと

牛が寄ってきていました

 

そのほかにも、北海道ですと冬場の

水の温度に気を付けたり

吐水量が少なく、牛の飲むスピードに

追いつかないことがあるなど

水槽での改善点があるかもしれません!

 

 

ある意味、草や配合飼料以上に重要な

栄養源かもしれませんね!

 

少し水槽が汚れているなと思ったときは

ぜひともお掃除を!

By 礒 匠 on 2019/12/23 17:24

 

皆さんこんにちは。

 

道東担当の礒です

 

 

とある酪農家さん

発酵床牛舎、建築約20年の名人が管理する床を見に行ってきました

 

もちろん言うまでもなく

乳質、繁殖成績、疾病の少なさ

など牛の状態は非常に良好です

 

 

実際に行ってみると

ちょうどベッドメイキング中でした

 

 

そして、そのメンテナンスはというと

おニューの機械で行っており

これが大活躍している様子

  

キャタピラー?クローラー?式の

小型ローダーです!

 

 

これで毎日の床の管理がとても楽になったようです

 

今までのタイヤ式のものは

春先や雨が続いたときなど

床の水分が高くなってくると

どうしても埋まってしまい

上手にベッドメイキングができなかったようです

このタイプなら悪路でも埋まることはなく

安心して走行できます

 

 

さらにメリットは

 

・小回りが利くこと

 

・マフラーが上部についており

 機械の下面が平らでベッドの堆肥や敷料を巻き込まないので

 機械のメンテナンスが楽

 

・前方のアタッチメントを取り換えられる

 

ということがあげられます

 

 

こちらの名人にとって

牛の健康管理には

発酵床の管理が命であり

 

 

予備も購入し2台持ちの

徹底ぶりには頭が下がります

 

 

 

発酵床牛舎メンテナンスで

お悩みの方はご一考を

By 礒 匠 on 2019/12/13 18:02

 

皆さんこんにちは!

道東担当の礒です!

 

さて、今回はある酪農家さんの哺育舎で発見した

アイテムを紹介したいと思います

 

僕は現場では初めて見ましたが

もう、皆さんご存知でしたらすみません

 

 

これはバーデンスタートという

哺乳瓶を模した形になっている

給餌ボトルです

 

 

この中にスターターを入れて

ニップルとよばれる哺乳瓶でいう乳首の部分を

子牛が吸引することで中のスターターが

出てくる仕組みです。

 

乳首を吸いたいという欲求を

上手に利用した商品ですね

 

 

これにより、バケツからスターターを食べるよりも

食いつきが良くなり

早い時期からスターターを口にすることができるようです

 

 

また、ボトルに入っているため

スターターが新鮮な状態で出てくるのもいいですよね!

 

 

こちらの農家さんではこのボトルだけではなく

バケツにも常に新鮮なスターターを用意しており

一度バーデンスタートでスターターの味を覚えてしまえば

バケツからも食べるようになるようです

 

もちろん、水もきれいで新鮮なものが用意されていました!

 

 

ただし、その牧場に合ったミルクとそのやり方

新鮮な水とスターターがいつでも食べられることが大切ですよ

と、

あくまでもボトルは補助的なもので

基本的な管理が大事ということを言っておられました。

 

 

それでも、

1胃をしっかり作ってあげるための

スタートとして便利な道具ですね!

By 礒 匠 on 2019/12/10 18:02

 

皆さんこんにちは

道東担当の礒です!

 

さて、先日行われました

北海道枝肉共励会の結果をお知らせいたします。

枝肉名簿が2代祖までの表記でしたのでご了承ください

 

 

出品頭数:140

   (黒毛雌:43頭 黒毛去勢:97頭)

 

【最優秀賞】

父:美津百合 母の父:安福久
BMS.12 575㎏ ロース芯90 バラ厚9.5 

単価5,010円 価格2,880,750

 

【優秀賞1席】

父:幸紀雄 母の父:安福久
BMS.12 522㎏ ロース芯98 バラ厚8.8

単価3,510円 価格1,832,220

 

【優秀賞2席】

父:茂久桜 母の父:糸福(鹿児島)
BMS.12 544㎏ ロース芯71 バラ厚9.7 

単価3,230円 価格1,757,120

 

【優秀賞3席】

父:幸紀雄 母の父:安福久
BMS.12 546㎏ ロース芯95 バラ厚9.0

単価2,950円 価格1,610,700

 

【優秀賞4席】

父:安福久 母の父:百合茂
BMS.12 516㎏ ロース芯84 バラ厚7.7

単価2,810円 価格1,449,960円 

 

【優秀賞(5点)】

父:美国桜 母の父:華春福
BMS.12 539㎏ ロース芯85 バラ厚9.8

単価2,720円 価格1,466,080

 

父:芳之国 母の父:安福久
BMS.12 504㎏ ロース芯90 バラ厚7.8

単価2,800円 価格1,411,200

 

父:白鵬853 母の父:安福久
BMS.12 453㎏ ロース芯65 バラ厚9.7

単価2,920円 価格1,322,760

 

父:勝忠平 母の父:安福久
BMS.12 575㎏ ロース芯91 バラ厚10.4

単価2,790円 価格1,604,250

 

父:美津百合 母の父:菊花国
BMS.12 479㎏ ロース芯93 バラ厚8.4

単価2,760円 価格1,322,040

 

平均枝重 485.2㎏(雌) 520.2㎏(去勢)

 

BMS10番以上の牛が44

と見ごたえのある枝肉が多く出品されていました!

 

また、最優秀賞を取られた方は

北海道枝肉共励会を2連覇となりました

おめでとうございます!

 

枝肉を見ることで

良かった点、改善すべき点などが見つかり

さらに良い枝肉を生産することにつながると思います!

  Read More »

By 礒 匠 on 2019/11/27 9:26

 

皆さんこんにちは!

道東担当の礒(いそ)です

 

さて、今回は粗飼料のお話をしたいと思います。

 

ある酪農家さんで、今年から新しい

粗飼料を使い始めました

 

それは、ライムギです

ライムギといえば緑肥として

秋に畑に種をまく方もいらっしゃるのですが

この十勝の一部地域ではライムギを飼料用として

作っている方もいるようです

 

特徴としては

9月頃、デントコーンやその他作物を

収穫した後に種をまきます

そして、一冬越えて

4月下旬から5月上旬くらいに収穫します

 

ちなみにこの酪農家さんは

5月にライムギをラップサイレージにして収穫した後に

デントコーンの播種をしました

 

ちなみに栄養成分としては

タンパク質が比較的多く含まれるようで

 

調整して飼料設計しながら

ライムギを入れ始めたところ

嗜好性が上がったとのこと。

実物のにおいを嗅いでみると

ワインのようなとてもいい香りでした!

  

 

 

もちろん手間は増えますが

2年で3毛作といったイメージで

飼料を補うという面ではいいのかもしれませんね!

 

ただし、乾草にするのは難しかったり

(反転させて乾かす際にぼろぼろに崩れてしまう)

サイレージにした際もしっかりと密閉しないと

発酵がどんどん進みすぐに品質が落ちてしまうようです

 

まだまだ浸透してはいませんが

今後、可能性がある作物なのかなと思います!

By 礒 匠 on 2019/11/15 11:57

 

道東担当の礒(いそ)です

 

 

今週行われました十勝和牛市場の結果を

お知らせします!

 

勝早桜5 366

福之姫  154

美津照重 138

花国安福 130頭    

幸紀雄  114

秋忠平  88

勝乃幸  80

第1花藤 59

美国桜  53頭  

福増   54頭  

以下 光彦、諒太郎、愛之国、隆之国 と続きます。

 

 

期待されている福之姫、9月には39頭でしたが

あっという間に154頭に増えていますね!

 

 

結果(税込)

 

性別   出場数  成立数     最高価格     最低価格     平均価格

メス      674         615    4,439,600    83,600       710,700

去勢      989     894     1,266,100   380,600    809,177

 

先月比は

めす、去勢ともに約マイナス1万円でした

 

 

今回の話題は

なんといっても400万円を超えるめす牛が

出たことではないでしょうか

 

血統は

福之姫-安福久-勝忠平 

322日齢 304キログラム

母牛(安福久)の脂肪交雑育種価が全道2位という

優秀なお母さんだそうです。

 

セリは100万円からスタート

3分間のセリの末、4,036,000

という数字で競り落とされました!

 

これにはセリ場で拍手が起きていました

 

 

 

そのほかに高く取引された牛は次の通りです(セリ価格)

 

Read More »

By 礒 匠 on 2019/11/07 18:10

 

皆さまこんにちは。

道東担当の礒(いそ)です

 

先日、十勝で開催された某酪農セミナーに参加してまいりました

 

参加者が600人を超えるとても大きなセミナーで

生産者や飼料会社、獣医師、その他さまざまな業者

が参加して様々なテーマの講演がありました

 

粗飼料の話、初乳の話

蹄病の話、酪農情勢の話

人事の話、搾乳ロボットの話など

多岐にわたっていました

 

 

牛の生態から見て

蹄が健康でないと力を発揮できないということや

草食動物だから草(粗飼料)が大切

といった

いかにして牛本来の生き方に

近づけてあげられるかが

 

生産性アップのポイントになってくるのだろうと感じました

 

また、これからの日本は

少子高齢化、人口減少する中で

いかに牧場の経営を回していくか

農業を発展させていくかが

課題だなと思いました。

 

 

AIやロボットなどが取って代われる部分と

人と人や、人と牛などアナログ的な部分を

上手に取り入れることで

よりよい経営や牛飼いができるのだなあ・・・

と、いろいろと勉強になった2日間でした

 

 

夜は懇親会がありましたが

大学時代の同級生や

以前、ご挨拶したことのある方などに会えるのも

楽しいですね!

 

たまにはお勉強も悪くないなと思いました 笑

(↑普段からもっと勉強しなさい)