自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<October 2019>
SunMonTueWedThuFriSat
293012345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789
Monthly
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年10月
2008年9月
Author: 植田秋良 Created: 2008/08/29 12:51
㈱アース技研、植田秋良の日記です。北海道全域を担当しております。

By 植田秋良 on 2019/10/11 13:21

 

お客さんを連れて、とある農場さんにお伺いしました。

牛舎内にて、同行していた方が畜主さんに

スタンチョンのことで質問をされていました。

どうやら下の写真の黄色い丸印の部分内のことのようです。

上の写真を拡大します。

するとポイントが二つありました。

一つ目は右の丸印の部分の細い棒です。

もうお分かりだと思いますが、

誤って牛が頭を突っ込まないようにするためでした。

一つ目は左丸印の部分ですが、

管の中にさらに一回り小さいサイズの塩ビ管が

入っていました。

手で押すと中に入っていき、

手を離すと、

普段はこのように塩ビ管が伸びて、下の管に接触しています。

 

何の目的でしょうか?

 

答えは牛の首輪が引っかからないようにする為でした!

スタンチョンを購入した時に

オプションで取り付けたとのことでした。

 

事故を防ぐために本当に色々な工夫があるものだと

あらためて感心いたしました!

By 植田秋良 on 2019/10/04 16:20

 

1023日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

 

上場頭数は1,620頭(メス642頭、去978頭 ※素牛のみ)で

前月より36頭増でした。

 

主な種雄牛は以下の通りです。

 

勝早桜5 339頭、美国桜 137頭、美津照重 105頭、

幸紀雄 100頭、第1花藤 73頭、諒太郎 73頭、

花国安福 61頭、隆之国 59頭、百合白清2 49頭 など

 

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

メス 723,036円(前月713,591円、前々月743,079円)

去勢 834,833円(前月805,485円、前々月831,428円)

前月と比べてメスは横ばい、去勢は約1万円増でした。

(※今月から税率10%で計算)

 

内容は前月と同様でした。

上物を買う購買者の方が価格を押し上げているように感じ、

去勢で100万以上が確認できただけで数頭いました。

ただ、どこもそうですが下は去勢、メスともに40万円台と

牛によって価格の開きやバラツキがありました。

 

それでは

参考までにいくつか取引された牛を紹介します(セリ価格)。

 

【メス】

安福久-勝忠平-第1花国 278300 1,269,000

Read More »

By 植田秋良 on 2019/09/24 14:49

 

とある農場さんにお伺いしました。

そこでは1年ほど前からほぼ全頭にアースジェネターを

給与しています。

現場の方と堆肥の状態を確認しました。

まず堆肥舎に入ると嫌な臭気は全くありません。

写真でもわかるように堆肥をカマボコ状に積み、

表面積を確保して通気を良くしています。

また、1mの堆肥用の温度計を堆肥に刺すと、

す、す、す~っと入っていき、

中も嫌気と好気のバランスの良さがうかがえます。

切返しはホイルローダーで適度な頻度で、

また、高い位置から堆肥を落とすことで玉になりにくく、

空気が入るように心がけておられます。

切返すごとに体積や水分が減り、

黒褐色の土のようになっています。

このように状態の良い堆肥は

アースジェネターの給与による発酵促進と

発酵しやすい暖かい気候の他、

何と言っても堆肥をつくっている方々の管理が

素晴らしいからだと思います。

 

良い堆肥を見て嬉しい気持ちになったひと時でした。

By 植田秋良 on 2019/09/13 16:12

 

とある農場さんにお伺いしました。

牛さんはパドックへ自由に行き来できます。

牛さんにとっては最高の環境ですが、

牛舎とパドックの出入り口付近が

泥濘化してしまうデメリットが考えられます。

 

早速、外へ出て確認しました。

!?

泥濘化しているはずの出入り口付近は全くそうなっていません。

よく見ると・・・・・

ベルトのような素材で

20㎝角ぐらいの菱形の網目になった物が

牛舎の出入口含め、泥濘化しやすい軒先の下の範囲に

埋められていました。

写真右半分が埋められた部分です。

埋められていない場所は泥濘化しています。

泥濘化でお困りの方にはお勧めです!

 

調べてみると

電牧資材などを取り扱う業者さんの商品でした。

詳しいことはこちら

  ↓

http://farmage.co.jp/products/ground_stabilisation/

By 植田秋良 on 2019/09/06 10:55

 

9月4~5日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

 

上場頭数は1,584頭(メス681頭、去903頭 ※素牛のみ)で

前月より58頭減でした。

 

主な種雄牛は以下の通りです。

 

勝早桜5 282頭、幸紀雄 137頭、美国桜 132頭、

美津照重 104頭、第1花藤 75頭、隆之国 72頭、

諒太郎 70頭、花国安福 59頭、梅栄福 48頭 など

 

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

メス 713,591円(前月743,079円、前々月739,393円)

去勢 805,485円(前月831,428円、前々月830,146円)

前月よりメス、去勢ともに約3万安となりました。

 

内訳は上物が変わらず高かった反面、

中間や下物がやや下がっていた印象でした。

去勢は百合白清2×安福久の100万越えが数頭、

続いて勝早桜5など×安福久、美国桜が8090万台でした。

下は50万円台~、中心は70万円前後でした。

メスは繁殖用に安福久又はその絡み、美国桜、福之姫などの上物で

80150万台でした。

肥育用は60万円台が中心でした。

それでは

参考までにいくつか取引された牛を紹介します(セリ価格)。

 

【メス】

安福久-忠富士-安平    Read More »

By 植田秋良 on 2019/08/30 12:19

 

とある発酵床牛舎の様子をお伺いしました。

夏場の発酵床は状態が良く、管理も楽そうです。

床の状態はやや硬く嫌気的なので発酵熱も低めで

牛も暑く感じておらず快適そうでした。

堆肥発酵施設も上手に稼働しておられ、

できた堆肥は主に戻し堆肥として発酵床に再投入しています。

 

ちなみに繁殖牛舎の発酵床は春から秋にかけては

メンテナンスフリーとのことでした。

 

上手に管理すれば

牛の健康増進、労力削減、敷料代軽減、堆肥発酵促進など

一石二鳥も何鳥もなり得るシステムだなあ~と、

あらためて思ったひと時でした!

By 植田秋良 on 2019/08/30 9:32

 

S農場さん(搾乳牛40、和牛繁殖牛30)にお伺いしました。

乳肉複合で上手に経営されているSさん。

搾乳牛のエサは地元のTMRセンターから配送され、

コストは掛かるが乳量や労力面においてプラスになっています。

和牛は優良血統牛から自家採卵を行い一部の搾乳牛に移植し、

素牛として高値で市場販売。

最近はメスが生まれれば自家保留の判断の目安に

生後2か月でゲノムを調べています。

どんどん繁殖牛群のレベルが上がっており、

保留しないメスの販売価格も上がっているようです。

 

乳肉複合では色々と考えることや手間などが大変だと思いますが、

S農場さんのように上手にするとメリットも大きいのではないか

と思います!

By 植田秋良 on 2019/08/02 12:03

 

7月3181日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

 

上場頭数は1,526頭(メス594頭、去932頭 ※素牛のみ)で

前月より77頭減でした。

 

主な種雄牛は以下の通りです。

 

勝早桜5 235頭、美国桜 147頭、幸紀雄 110頭、

美津照重 96頭、諒太郎 71頭、第1花藤 70頭、

花国安福 68頭、隆之国 60頭 百合白清2 55頭 など

 

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

メス 743,079円(前月739,393円、前々月716,698円)

去勢 831,428円(前月830,146円、前々月807,752円)

前月とほぼ変わらない相場でした。

 

内訳もほぼ同じような感じでしたが、

去勢の上物の価格がやや上がりました。

私が確認できた100万越えが6頭でした(前回は2頭)。

また、通常下がるはずの2日目の後半~終盤の相場が

さほど下がりませんでした。

メスは変わらず底値が高く、去勢と変わらない価格も

多かったです。

それでは

参考までにいくつか取引された牛を紹介します(セリ価格)。

 

【メス】

安福久-忠富士-安平   318335Read More »

By 植田秋良 on 2019/07/29 11:06

 

H農場さん(和牛一貫)を訪ねました。

H農場さんではずっと自然哺育(親付け)でしたが、

数か月前から人工哺育に切り替えました。

今まで子牛や授乳中の母牛がいた牛房を

Hさんがリフォームされました。

生後1か月ごろまでの牛房。

2~3か月齢頃までの牛房。

こちらはリフォーム前の牛房。

人工哺育に切り替えた目的は、

子牛の疾病対策や更なる生育を目指してとのことです。

今のところ、

糞の状態、肉付き、毛づや、トクフクの減少など

目に見えて効果が表れているとのことです。

(もちろん良い気候の影響も相まっているとのことですが・・・)

最終的には肥育出荷の成績が良くなればとのことでしたが、

Hさんの行動力なら色々なことにも素早く対応されているので、

間違いなく結果が出てくるでしょう!!

By 植田秋良 on 2019/07/29 10:30

 

I牧場さんを訪ねました。

ハッチに生後3日目の仔牛がいました。

ハッチをよく見てみると、

野菜(じゃが芋)を入れるコンテナでした。

ご覧のように夏場は風通しが良く、

冬はシートなどをかけて保温することができます。

おまけにリフトなどで移動も簡単にできます。

 

なかなか良いハッチです!