自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Author: 堀田忍 Created: 2008/08/28 14:51
関東より西、関西より東を担当してます、堀田忍の日記です。

By 堀田忍 on 2020/07/31 17:55


「アースジェネターの箱を再利用シリーズ」

収納編です!


キャスター付きで出し入れ可能です


カーフジャケットやネックウォーマーなどの季節もの

書類や台帳など

いろんなものを収納可能です


湿気にも強く耐久性も抜群!

皆様も是非w




信頼できるカリスマ生産者さんにガ○ダム作成を依頼しているのですが

まだかな???







By 堀田忍 on 2020/07/31 17:14

こんにちは

堀田です

北海道にも短い夏が来ましたw



本州もそろそろ梅雨明けでしょうか?

今年は、どんな記録を更新するのやら・・・


さて、先日、カーフフィーダーの日よけに

「よしず」を使用している農場にお邪魔してきました

寒冷紗よりも風情があって、とても良いです

オシャレだしw




直射日光を遮り、風は通す・・・

これぞ日本の夏です!

※北海道ではかつて防寒にも利用されていたみたいです。


琵琶湖周辺や、関東では渡良瀬遊水地などが産地らしいですが

安価な中国産に押されて生産が減っているようですね



こりゃ、この夏、自宅にも設置すっかな?と

近所のホームセンターのぞいてみたら

9尺×6尺でも2,000円ほどで購入可能



が、駄菓子菓子、「中国産」でしたw


国産「よしず」の生産現場なんぞ見たこともないので

自由に出張行けるようになったら、買いに行ってみよう!







By 堀田忍 on 2020/07/04 17:34

どうも堀田です

先日の記事「注意一瞬!怪我一生!」の牧草裁断機の写真を載せておきます



実際にお使いの方も多いと思いますが・・・・


「レシプロ700」といいます











くどいですが、みなさん気を付けましょう!

By 堀田忍 on 2020/06/30 18:49

堀田です

引き込み防止や、食い込みアップのため

設置してる農家さんも多いし

自分もおすすめしております





けど、年イチくらいで

怪我の報告きます

暑くて注意力散漫になりがちな季節ですが

「注意一瞬・怪我一生」


トラクター等の事故もそうです

とても便利で優れた機械ですが

ちょっとした油断で取り返しのつかないことになりますので

注意書きでもビシっと貼っておいた方がいいかもしれませんね






By 堀田忍 on 2020/06/29 22:36

関東担当の堀田です

とは言いつつ、やっと体重もどってきました



先日、「オガクズねー」と更新しましたが

ちょっと前に南の方に行ったら

新しい牛舎が、すっごい木造なんですよね
(もしくは、めっちゃ木を使ってる)



何日も巡回させて頂いたわけではないので

たまたまかもしれませんが・・・




生産者様も

「ん?オガクズ?あるよー」

てなもんです



そういや、自分まわってる地域の新牛舎・・・

全部鉄骨やな・・・








By 堀田忍 on 2020/06/29 22:12

どうも

デブです



大きな牧場に行くと

作業マニュアルが現場に張ってあったりします



従業員さんの為ですね







出来るだけ全員に話をするようにしてます・・・・

20代の若者にオジサンが話しかけたら「うざくねーか?」

と、ヒヤヒヤしながらですが、頑張ってます


なにかのきっかけで「アースジェネターええやん」

と、思ってくれる若者が増えるのはとてもうれしいのですが

が、が、が、良かれと思ってか大量に給与してくれる若者が

最近多いですw



ありがたいですが、いつかワテが怒られるので

ほどほどの山盛りでお願いしますw


※↑写真の農場はキッチリ規定量ですw

※給与量に関しては各営業マンか「お問い合わせ」からお願いします








By 堀田忍 on 2020/05/31 16:15

お世話になります

本州真ん中らへん担当の堀田です




離農や後継者不足もあいまって、

北海道の水稲はどんどん大規模化してきました



ご存じの通り、お米の生産において

育苗から田植えまでの労働力はかなりのものがあり

家族経営のまま大規模化した農場のそれは大変なものです



そんななか

面積が増えても平均収量を落とさず、

低コストで安定した収入を得るための「水稲直播栽培」・・・


そんな記事を流し読みしていたのは、ずいぶん前だったのですが・・・








先週、COOP北海道の宅配サービス「とどっく」のお米のカタログを見てたら

新発売の品種が!!



その名も「えみまる」



どんな品種なんや?とググってみたところ

なんと、低温や耐病性に優れた直播栽培推奨品種とのこと!

そら食べてみんと!とのことで、一昨日届きましたw



官能評価では、総合評価で「ななつぼし」並みとのことでしたが、

いざ食べてみたところ、とても美味しかったです






「北海道の大規模農場には、安心安全な農産物を、手の届く価格帯で、

内地の食卓に安定的に提供する使命がある」



お世話になってる大先輩から、前に聞いた言葉です


「とりあえず食べてみる」

な考えしか持ち合わせてない自分が言うのもナンですが

今後も、北海道の農産物の育種・改良が楽しみです。








余談ですが、我が家の炊飯器は購入してからずいぶんたちます・・・

これからも美味しく色んなお米を食べたいので

清水のアレから飛び降りてみたいと思います!











By 堀田忍 on 2020/05/30 11:56





消毒層に蓋のしてある農場

余計な汚染による衝動効果の低下を防ぐためですが

意識高すぎて、そら疾病も少ないです



こちら、ぶっ壊れたスコップの持ち手を

ベニヤに付けただけですが

使い勝手はなかなかです

どうぞパクってくださいw








By 堀田忍 on 2020/05/29 14:20

お世話になります。

関東~関西担当の堀田です。



今年入ってからずっとですが、

オガ不足に関する相談を多々いただきます。



「がっつり値上げされた」ならまだしも

「次回から来ない」なんてのもあります



地域差あるんでしょうが

北関東なんかは深刻です



昨年の増税前の駆け込み需要以降、

住宅メーカーさんも大変なようで・・・

そら、オガクズも不足するでしょうね。





さて

何年か前のことですが・・・

水害にあった牧場の復旧作業を手伝ったときのことです



牛舎では成牛のお腹まで浸水

オガクズ置き場もがっつり浸水していまい

排水が完了しても敷料が・・・なんてことがありました



その時は決して近くはない2つとなりの県の農家さんが

4㌧車用意してくれて、事なきを得ました。

神です。



今みたいなタイミングでの自然災害は

勘弁願いたいですが

もしかしてもしかして、浸水の可能性のある農場では

飼料資材やオガクズなどの

置き場のチェックをしてみてはいかがでしょうか?

自分も気を付けて見るようにします。






りっちw



By 堀田忍 on 2020/04/28 10:00

お世話になります

関東に住んでるみたいなもんだろ?
わざわざ北海道から来てる感じ出すんじゃねーよw
・・・と罵声を浴びてる堀田です


先日、和牛繁殖100頭以上の牧場にお邪魔した時です



牛舎の中に「家」ありましたw
ぜんぜん住めますw


こちら子牛の乾燥機です。
エアコン(霧〇峰)が設置してありました。

酪農家さんでは
テントや育苗ハウスなどを使った自作のカウヒーターや、
FRPの市販のやつなど、たまに見かけますが
このタイプは初めてでしたw

寒冷地で季節によっては
初乳給与中に体が冷えたりで、なかなか飲みが上がらないこともありますが、
この「家」の中でしっかり乾燥&保温しながら給与してあげれば、
ぐいぐいいけるそうです。

リフトで移動できるようになってたので、
夏場は邪魔にならないとこに移動できます。

キャパも複数頭ぶんあるので、分娩が重なった時にも重宝しそうです。

なんてったって、低コスト!




あ、初乳前のアースジェネターペロリ・・・お忘れなく