自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2018年9月>
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30123456
月別の過去ログ
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
名前: 岩本尚吾 作成日: 2008/08/28 14:32
東北、九州地区担当。岩本尚吾のブログです

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/09/23 23:29




東北・九州地区担当 の 岩本尚吾です。 



今月、ある九州の子牛セリに行ってきました。



セリ前の子牛を見ていると、ある繁殖農家さんに話しかけられました。




繁殖農家さん : ”岩本さん、 今回は、久しぶりにイイ感じになりました。



              佐賀の〇〇さん(イイ牛を買う肥育農家さん)も見てくれていました”




その繁殖農家さんは笑顔でした。 




ちなみに、その農家さんは、その市場でもトップクラスの篤農家さんです。



少しまで、 年に1~2回は その市場で去勢のトップを取っていたと思います。



僕の知っている肥育農家さんも その農家さんの子牛を肥育して結果を出していました。 




ただ・・・




ここ数年は、自分のところで産まれたメス牛を比較的多めに残していていることもあり



(血統の良い牛が多いということもあるのですが)



古い母牛と入れ替えても なかなか母牛の頭数が減らず



(といいますか、全体の頭数は やや増えているかもしれません  )



牛舎も 少し 密飼いになり・・・



以前のような、発育の良い子牛が減っていたのかもしれません。



(といっても、そんなに悪かったわけではないと思うのですが・・・)



その中で、今回は 笑顔の農家さんだったので、



以前 トップを取っていたような子牛のイメージに近かったのかもしれませんね。



その子牛を見ると・・・



もちろん、発育は良かったのですが 少し太っている と 感じました。



(あくまでも個人的な意見です)



佐賀の〇〇さんは見ていったかもしれませんが、〇〇さんがボタンを押す牛じゃないなと思いました。




ただ・・・   子牛セリでは、2人以上競れば価格は上がるし、



熊本の◎◎さんはボタンを押すとして、あとは△△ファームさんが押してくれれば良いな・・・



とか思いながら見てました。




結果は・・・




美津照重ー百合茂ー安福久(去勢) 276日齢 327キロ 88.2万円(セリ価格)でした。




この価格が、高かったのか 安かったのか は 今後の結果次第なのかもしれませんが



結局、 この日 100万円(セリ価格)を超える去勢が 5~6頭 は いたと思います。



この結果を見て、この繁殖農家さんがなにかを感じてくれたら良いなと思っています。





ある篤農家の肥育農家さんは言います。




   ”子牛セリでは、その子牛の将来性を買うんだよ。


     必要以上に太らせてくる必要はないよ・・・ ”






子牛セリに その時の 100パーセント(に近い状態)で持って行きたい



繁殖農家さんの気持ちは もちろん理解していますが、



子牛セリから 約20か月間肥育して その時に 100パーセントにしたい



肥育農家さんのことも 少なからず 意識してくださいませ。 





 

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/09/18 17:17




東北・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



今年の夏は めちゃくちゃ暑かったですよね。 



九州や東北へ 出張へ行くたびに そう思っていました。



ちなみに、今朝の帯広は 11度でした。 



こちらは だんだん冬が!?近づいてきております。 



もちろん、まだまだ暑い地域もあると思うのですが・・・ 




今年は、寒冷紗 や 扇風機の設置、細霧装置の設置など



改めて、暑熱対策をした方も多かったのではないかと思います。



一度対策をしておくと、来年からも活きますよね。 



細霧装置に関しては、これから 風邪の予防 にも使えると思います。




ところで・・・




扇風機の設置 と ともに 換気扇の設置 も 個人的には大切だと思っています。



特に、牛舎内の空気を外側に出す 換気扇 です。



牛舎によっては たくさん扇風機が付いていて



1頭当たりの広さも 十分にあるのに



換気が悪くて(牛舎内で空気〈臭気〉が循環しているだけになり)



臭気が強い牛舎もあるのではないでしょうか。 





ある九州の肥育農家さんのところの写真なのですが・・・




















すべての牛舎に(牛舎の外側へ空気を出す)換気扇を付けていました。




しかも、すべて 後付け だったと思います。 




後付けなので、換気扇の場所がいろいろですよね・・・   ムフフ・・・ 




換気扇を 後付けするのは手間がかかるので



大変だったんじゃないかなと思い 質問してみると



肥育農家さん : ”グラインダーで穴をあけて取り付けるだけやけん大変じゃないばい。



            電気系統は頼んだばってん”   ということでした。





すべて自分でする必要はないと思うのですが(時間も手間もかかりますので)



こうやって行動する方が 他のことも行動できるのかもしれませんね。 





換気扇に関しては 牛舎の臭気が気になる方は(呼吸器系の病気が気になる方も)



是非、考えてみてくださいませ。 







投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/09/10 22:39





先月のことなのですが、ある肥育農家さんのところへ行ってきました。




2年ほど前に新しく牛舎を建てましたが、増頭はしていません。




ということで、以前と比べ 1頭当たりの床面積は広くなっています。 




1群の頭数が減ると、以前と比べ 牛達がゆっくり過ごすようになります。




1頭当たりの面積が広くなると、床持ちも良くなります。




床もヌカリにくくなるので、以前と比べると臭気も抑えられます。




床替えの回数も減ります。  




以前と同じ敷料の購入量でも 以前より厚く敷けるようになります。 




良いことが多くなるのかもしれません。 





なかなかできることではないのかもしれませんが、




そういう環境改善もあるのではないか と 思っています。 









投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/09/05 14:55




東北・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



昨年2月に書いたブログの話のつづきなのですが・・・



http://www.labogenitor.com/tabid/77/EntryID/1674/Default.aspx




この話は、昨年1月に開催された 宮崎県 延岡家畜市場子牛セリの話でした。 




この時の 延岡子牛セリの平均価格は



メス 76.8万円 去勢 89.6万円(税込) でした。



ちなみに、その月の薩摩子牛セリの平均価格は



メス 88.6万円 去勢 98.0万円(税込) でした。 



今となってみては ビックリの平均価格ですよね・・・・・ 




ところで・・・  



その時のブログに書いている



”タダみたいな値段で落ちた・・・”  と 



ある肥育農家さんが言っていた子牛



耕富士ー安福久ー金幸(去勢)  276日齢 291キロ 92.8万円(セリ価格) は



結局、 枝肉重量 588キロ BMS 12 になったようです。    



ムフフフフ・・・ 




ちなみに、この時の最高価格だった



”想定内でいってるよ・・・”  と 肥育農家さんが言っていた子牛は



耕富士ー安福久ー勝忠平(去勢) ?日齢 338キロ 126.3万円(セリ価格) は



枝肉重量 582キロ BMS 12 になったようです。 




この二頭のセリ価格 は 30万円以上違いますが



結局、同じ農家さんのところへ行き 同じような結果になっていました。



子牛セリの時に 農家さんが言っていた通りになっていますよね。 




子牛セリの時の大きさは違っていても



肥育した後の姿は同じように見えていたのですね。  流石ですよね。 




もちろん、このセリの時に 70万円で 買った子牛が



枝肉重量 630キロ BMS 12 になっているかもしれないし 



この時 110万円で 買った子牛が



枝肉重量 480キロ BMS 4 だったかも!?しれないし 



いろいろあるのかもしれませんが・・・ 





牛を見る目が違うから自分にはできないよ  



と 言ってしまうのは簡単なのかもしれませんが、



できることはたくさんあると思います。 




気になる方の牛舎に(誰かの伝手を頼って)行き、牛達や環境を見てみるとか、



話を聞いてみるとか、そういうこともオモシロイのではないでしょうか。 




正直に言いまして、牛の見方だけでなく、



牛舎環境 や 飼養管理 も 農家さん それぞれ全く違います。



改善しようと考えているところは 行動して欲しいと思っています。





牛達の能力を引き出してあげる 努力を継続する ということかもしれませんね。 







投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/08/26 23:29




先月の話なのですが、ある共励会がありました。




出場頭数は 100頭。




実はその中に  安福久母牛 は 37頭、 3代祖 安福久は 7頭 いました。




100頭中 44頭が安福久絡みの牛でしたよ。  ムフフ・・・ 




その共励会に、知り合いの肥育農家さんの牛が出場しました(下の写真の牛です)。























とても良い感じの牛でしたよ。 





結果としては・・・




血統: 金太郎3ー安福久ー平茂晴 (去勢)




月齢 28 生体 839キロ 枝重 586キロ 歩留 69.9 ロース 99 バラ 10.2 BMS 11




枝肉単価(税抜) 4220円 銀賞 2席(全体の5番目) でした。 




枝肉単価ついていますよね。   ちなみに、チャンピオンの単価は7050円でした。




この共励会は 7月28日に開催された”第24回 長崎和牛 系統枝肉共励会”でした。




長崎で開催される 大きな共励会の一つだと思います。






共励会といえば・・・






次の土曜日(9月1日) 九州管内系統和牛枝肉共励会@福岡 があります。 




九州の共励会では、もっとも注目度の高い共励会の一つではないでしょうか。 




九州、沖縄の各県から17頭ずつ 計 136頭が参加します。




アースジェネターを給与している牛もたくさん!?参加すると思います。 




この共励会には 九州・沖縄地区担当 の 中紙育朗が参加しますので




中紙が共励会の詳細をブログに書くと思います。  育朗 頼むね!!







共励会の日の夜(中洲の夜!?)の話は 書かなくても良いからね・・・・・ 









投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/08/21 14:29




ある九州の子牛セリで牛の下見をしているときに、ある肥育農家さん(Sさん)と会いました。 



Sさんは とても優秀な肥育農家さんです。 



Sさんは 共励会でも活躍している方なのですが、



経営的にも しっかり利益を上げている方だと思います。



共励会で活躍している方が必ず儲かっているかといえば そうではない方もいると思うのですが 



今回お話をした Sさんは モリモリ儲かっていると思います。  



そこは間違いないです。   ムフフ・・・ 





その Sさんが 子牛セリの時 僕に話したのは・・・




”岩本さん、 少し前の話なのですが、鳥取の家畜市場に行ってきました。

 

 鳥取へ行った理由は、白鵬 や 百合白清2 を 買いたかったわけではなく



 師匠である Kさん(肥育農家さん)から 一緒に行こうと誘われたからなのですが


 
 一番の理由は、Kさんがどんな子牛を買うのかというのを改めて確認したいと思ったからです。



 まず、Kさんから言われたのは、 『お前は、血統で 子牛を買っている。』 ということでした。



 毎月、ある程度の頭数を揃えなければ(買わなければ)いけないし、

 

 少なからず 妥協して子牛を買っているところはあったので、



 Kさんからそのことを言われて 改めて考えさせられました。

 

 今は、鳥取で Kさんが買う子牛を見て、少なからず子牛の見方が変わりました。



 導入する子牛も変わっています。



 まずは、今の牛の見方を継続し導入していきます。

 

 今までが平均枝重520~530キロくらいなので、まずは枝重を550キロくらいにはしたいと思っています。

 

 これからが楽しみです!!  ”   ということでした。





利益を上げている人ほど 日々進化していると感じます。  
 




儲かっているから今のままでいこう という考えかたもあるのかもしれませんが



利益が上がっているときにこそ、なにかを変えていかなきゃいけないのかもしれませんね。



(肥育農家さんにとっては、大変厳しい時期だと思うのですが・・・  )






繁殖農家さん なにか新しいことにチャレンジしていますか!? 






 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/08/14 14:29




先週(7日)のことなのですが、薩摩の子牛セリ(2日目)に行ってきました。









出場頭数は 251頭。



種雄牛別出場頭数は


美国桜 51頭 諒太郎 43頭 幸紀雄 28頭 直太郎 25頭 安福久 12頭 茂久桜 10頭


百合茂 10頭 喜亀忠 9頭 秀幸福 6頭 清勝正・凛斗福・華春福・百合智 5頭・・・



平均価格(二日間)は メス 84.7万円 去勢 89.7万円(税込) 前月比 4千円高でした。



今回のセリに関しては、メスの価格が高値に感じました。



母牛として導入するような血統では 特にそうだったと思います。



安福久(1代祖、2代祖、3代祖)のメスだけでなく



美国桜のメス も 100万円を超える牛が多かったです。



美国桜の枝肉成績(美国桜 一代祖)を見ると



メスの成績が特に良くて(もちろん去勢も悪くないですが) 安福久の成績に少なからず似ています。



そういった意味では、



母牛になった美国桜も 安福久母牛 同様に 成績が良いだろう というのは想像できたと思うのですが



美国桜のメスは 数年前まで そんなに高値では無かったですよね・・・ 





最近、結果として 出てきた美国桜母牛の成績が良いので



今の価格(美国桜メスの高値)になっているのだと思います。




もちろん、美国桜(一代祖)の枝肉成績自体は 以前からそんなに変わらないので



それ(美国桜は母牛としても結果出すだろうということ)を 見越して



早めに(数年前から)今よりも 割安な価格で 美国桜のメスを導入していた方もいたと思います。





データを読み解きながら 行動できる方なのだと思います。 





簡単なことではないと思うのですが・・・ 





去勢に関しては、



以前の薩摩セリように 120万円を超える牛がモリモリいるという感じではありませんでしたが



100万円を超える牛も少なくなかったです。



安福久母牛(3代祖)の大きくなりそうな牛(将来性のある牛)がそうなっていたと思います。



今回のセリでは、



知り合いの大分の方、宮城の方たちが母牛の導入に来ていましたが



思っているよりも 高値で なかなか買えないということでした。  




宮城の繁殖農家さんは



ある美国桜のメス牛を 120万円くらいまで押していたようですが買えなかったようです。 



なかなか厳しいですよね・・・ 





知り合いの大分の繁殖農家さんは この日 1頭導入していました。



その牛の血統は、凛斗福でした。  



古澤さん 凛斗福母牛 めっちゃ楽しみですね!!   ムフフフフ・・・  








投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/08/12 11:29




東北地区・九州地区担当の岩本尚吾です。



暑い毎日ですね・・・ 



子供たちは夏休みですね。 




当たり前ことなのですが、現場では いつも以上に子供たちの姿を見ます。




今月の姶良家畜市場(鹿児島県)の子牛セリにて・・・










ある肥育農家さんの牛舎にて・・・











子供達にとっては



お父さん・お母さん(おじいちゃん・おばあちゃん)のお手伝いをして



おこずかい(お給料!?)をもらい、自分の欲しいものを買うという



良い循環ができるているとイイなと思います。 



社会を知る一歩 なのかもしれませんね。





お父さん・お母さん(おじいちゃん・おばあちゃん)にとっては



子供たちが  ”またお手伝いをしたい” と 思うような環境作りですね。





ただ、子供たちは簡単じゃないですよね・・・ 




なかなかお手伝いしてくれないですよね・・・ 





子供たちが将来、就農するにしろ 他の仕事に就くにしろ



こういう一つ一つの経験が 彼らを後押しするのではないのかなと思います。





皆さまも そうだったのではないでしょうか。  





今月は姶良の子牛セリにも行きましたが、薩摩の子牛セリにも行ってきました。




次回は、薩摩家畜市場子牛セリのことについて 書きたいと思っています。 




 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/07/28 8:29





ある肥育農家さんと話をしました。




”最近出荷した牛なんだけど・・・



 導入した時期は 1日違いで



 導入体重は 260キロ と 350キロ だったんだけど



 枝肉になった時には重量が逆転してたよ。



 350キロで導入した牛が 枝肉重量 607キロ



 260キロで導入した牛が 枝肉重量 620キロ



 350キロの牛は 枝肉重量が650キロになると思って買ったから



 そうなっていないのが問題なんだけど・・・



 ほかの肥育農家さんなら 650キロにできたかもしれないけど



 自分のところではそうならなかった。



 あの350キロだった子牛が もし子牛セリの時に320キロくらいで抑えられていれば



 枝肉重量は 650キロになったのかもしれないね・・・”




実は、この2頭 導入時の価格差は50万円ありましたが(350キロのほうが高値でしたが)



売上価格も 入れ替わっています。 



ちなみに どちらの牛も BMSは12 でした。 




もちろん、 260キロが良くて 350キロは良くない という話ではありません。




繁殖農家さんは 産まれた子牛を その牛なりに育てて、



肥育農家さんにバトンタッチして欲しいと思っています。




育てる子牛、育てる時期により



配合飼料 と 粗飼料のバランス を 変えていかなければいけないと思います。






バランスって 難しいですよね。 






奥さまとも ほどよい バランスでお願いします・・・ 




子牛のこと(飼料のバランス)より 奥さまとのバランスのほうが 圧倒的に難しいかもしれませんが・・・ 




フフフフフ・・・・・ 







投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/07/18 9:39




東北・九州地区担当の岩本尚吾です。



各地で異常気象が続いています。



4日連続 猛暑日の場所が 全国で100か所以上あるようです。 



皆様の地域でも 暑い日が続いているのではないでしょうか。



当たり前かもしれませんが、このような日が続くと



人間にもストレスがかかると思うのですが、牛達にもストレスがかかっています。



実は、いろいろな牛舎へ行くと



同じような広さ、同じようような頭数で管理していても、それぞれ環境は違います。



働いている人にとって(牛にとっても)快適な牛舎があったり、



風の流れがなく、臭気があり、ドヨーンとしていて 湿度が高い牛舎もあります。



いろいろな牛舎があり いろいろな飼養管理がある というのが 現状だと思います。




鹿児島では、熱中症になり食べなくなっている牛が(死んでしまった牛も)いると聞きます。



やはり、できる範囲で環境改善をして欲しいと思っています。



暑さは 毎年繰り返しますので、



来年に向けての予防(まだ夏は始まったばかりなのですが  )にもなります。



扇風機 や 寒冷紗の設置、ミストの活用など 少なからずコストはかかりますが、



牛を1頭ダメにすることを考えたら 費用対効果はあると思います。


☆1頭 落ちこぼれがいるということは、目に見えない予備軍がいるということです。 




熱中症にかかわらず、下痢をしたり、血便をしたり



牛にストレスがかかっているとき(かかっていると予想されるとき)には、



できる範囲での環境改善をしてくださいませ。



そして、もし可能でしたら 



そのような牛達には、生菌剤を多めに給与して欲しい と 思っています。



もちろん、どんな生菌剤でも構いません。



今給与しているものを通常量より多めに(2~20倍くらい)給与して欲しいと思っています。



☆生菌剤は 基本的に 多めに給与しても影響はありません。




ストレスがかかるときには



腸内細菌叢を整えること、 ルーメンを安定させること が 大切です。




アースジェネターに関しては



肥育牛、母牛、育成牛などには 1日 通常 5グラム(約12円)給与なのですが



下痢をしたり 血便をしたりというとき(ストレスがかかっているとき)には、



10~100グラム(調子の悪い牛だけで構いませんので)給与してくださいと伝えます。




多めに給与してください と 言いながら



モリモリ使ってもらおうという ヤマシイ気持ち!?は 少ししか!?ありません・・・ 




調子の悪い時には できるだけ早く



腸内細菌叢を整えること、 ルーメンを安定させること が 大切です。




100グラム 給与(極端に調子の悪い牛がいるときです)したらお金がかかる・・・ 



と 言われるのですが



100グラム給与した時のコスト は 約250円です。



生ビール ジョッキ 半分!?のコスト です。 



3~7日間継続給与したら 少なからず なんらかの変化 が 見えてくるのではないかと思います。



☆あくまでも個人的な意見です。 




ただ・・・ 生菌剤を多めに給与したから 病気が治るとか、そういうことはありません。 



生菌剤は薬ではありませんし、基本的に即効性はありません。




牛達の調子が悪い時に 治療と並行しながら できるだけ早く



腸内細菌叢を整えること、ルーメンを安定させること が 大切だと思っています。 




だまされたと思って、試してくださいませ。