自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー



株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<January 2022>
SunMonTueWedThuFriSat
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345
Monthly
2022年1月
2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年9月
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
Author: 岩本尚吾 Created: 2008/08/28 14:32
東北、九州地区担当。岩本尚吾のブログです

By 岩本尚吾 on 2022/01/08 15:29




いつもありがとうございます。



東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 




2022年が始まりましたね。



今年はどんな一年になるのでしょうか・・・




皆さまは どんな一年にしたいですか。




どんな一年にするかは 自分次第ですよね。 




できることを一歩一歩やっていきます。




ところで・・・   



今朝の帯広は マイナス16度 でした。 



雪はあまり降らないのですが寒い日が続いております。 



皆さまの地域も寒くなっていると思います。



くれぐれもお身体大切にしてくださいませ。 




今年もよろしくお願いいたします。 






ML

By 岩本尚吾 on 2021/12/27 9:19




いつもありがとうございます。



東北地区・九州地区担当の岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 




クリスマスが無事に!?終わりましたね。



サンタさんが来た方もいれば



サンタさんになった方もいると思いますし



サンタさんになる予定だったが  



いろいろあって!?なれなかった方もいたのではないかと思います。 




皆さまのクリスマスはどうでしたか。




人生いろいろですよね。 




プレゼントをもらえた方、もしかしたら もらえなかった方もいるかもしれませんが



なにはともあれ



皆さまも 牛たちも 元気に過ごしていましたら嬉しいです。 





ところで・・・




ある農家さん(繁殖母牛 70頭 肥育牛 250頭)のところへ行ってきました。



この農家さんは肥育農家さんだったのですが



数年前から繁殖も始めて、今では母牛が70頭ほどになっています。



肥育農家さんだった時も しっかりと利益を出していたと思うのですが



将来を見据えて、繁殖にもチャレンジしたということでした。



今は、肥育牛の一部を導入していますが、そのうち一貫経営にしたいということでした。




農家さん :”子牛を導入して肥育牛として出荷するのと違い


       自分で子牛を産ませて、肥育牛として出荷するのは利益が出ますね。


       もちろん、肥育成績や枝肉重量は導入牛と比べるとバラツキがありますが


       それでも利益率が圧倒的ですよね。
       


       ただ、やっぱりいろいろな子牛が生まれるので落ちこぼれたりする子牛もいます。
       


       その時に、調子の良くない子牛はMLに連れて行きます。
      


       MLに連れて行くと子牛が元気になるんですよね・・・”




☆ML というのはMORINO LAND(モリノ ランド)の略で



 牧場の従業員さんの モリノさんが世話をしている子牛の場所です。 
        


 なかなか病気が治らない子牛を連れてくる場所になっています。



 そこだけ、牛舎とは少し離れた場所にあり、簡単に言えば、放牧みたいなカタチになっています。



 床はコンクリートでなく土ですよ。 



 子牛たちは、土からもいろいろと取り入れているのかもしれませんね。





結局、自然に近い状態にすることが牛たちにストレスをかけないことなのだと思います。



MLという言葉は、働いている方たちがモリノさんに敬意を表して使っている言葉だと思いました。 



究極的には、このカタチ(自然に近づけること)かもしれませんね。



もちろん、場所が必要になるので取り入れるのはなかなか難しいのですが・・・



☆MLの写真がなくて申し訳ありません・・・ 






By 岩本尚吾 on 2021/12/18 21:55




いつもありがとうございます。



東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 




二日前のことなのですが・・・



その日はある大学の先生と夜食事をする予定でした。



求人のことだったり実験のことだったりいろいろとお話したいことはあったのですが



その前日に、先生から電話があり



先生: ”実験が夜まで長引きそうなので今回食事は難しいかもしれません”



ということでした。 




時間ができたからどうしようかなぁ・・・



やらなきゃいけないこともたくさんあるからホテルで仕事しようかな・・・



本でも読もうかな・・・



単純にゆっくりしようかな・・・



先生に会えなくなったのは残念だったのですが



なんかいろいろ想像(妄想!?)することは 意外と楽しいですよね。 





皆さま 急に夜の時間ができたらなにをしたいですか。 





僕は結局・・・



”大学時代の後輩が近くに住んでいるみたいだから連絡しよう”



と思い行動しました。



☆大学時代はあまり話したことなかったのですが、FACEBOOKで繋がっていました。



 電話番号は分からなかったのですが、メッセンジャーで連絡できますよね。



 なんか、今どきのあるあるなのかもしれませんね。 





結局・・・




今回は、後輩に会えてとても楽しい時間を過ごしました。 
 



その後輩は、獣医さんなのですが



大学卒業後、小動物の病院に3年間勤め



その後外資系のコンサル会社に10年ほど勤め、
今は県の職員になっていました。




なんかオモシロイ経歴ですよね。 



後輩から話を聞くと・・・・・



人生いろいろあるなって思いました。 



(ここではその話は書きませんが・・・)



みんな それぞれ激動の人生を送っているんですよね。





おそらく・・・  皆さまもそうですよね。 




もしかしたら・・・




後輩に会っていなくても、ホテルで仕事をして充実していたかもしれないし



本を読んで多くのことを得たかもしれないし



何もせずゆっくりしてRELAXできたかもしれないし



なにが良かったのかは分からないのですが




それぞれ自分で決断して行動するということが大切ですよね。 




ちなみに、その翌日 大学の先生と会えて、ゆっくりお話しすることができました。



その日は学生さんともお話をすることができ嬉しかったです。



改めて 学生さんのパワーを肌で感じました。 



やはり、採用にもっと力をいれなきゃいけないな と 思いました。 







By 岩本尚吾 on 2021/12/06 21:19




いつもありがとうございます。


東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。


皆さま いかがお過ごしでしょうか。 


少し前に・・・ ある獣医さんとご飯に行こうと思い、お誘いのLINEをしました。



すると・・・



”苦しいです
” 
という返信が来ました。 



大丈夫かな、といろいろ想像してしまったのですが




そのあとのLINEも続かず



結局、この時はご飯に行くことができませんでした。



そのまま 先生と会う機会もなく1か月以上経っていました。



その先生と数日前に会いました。



その時もあえて ”苦しいです” の意味を聞こうとは思っていなかったのですが



先生が 
”実は、あの時・・・” と話し始めました。





続く・・・






あっ、 すぐ書きます。   





先生:”実はあの時、ある大規模農家さんの子牛が3頭死んでしまって、

    
     もちろん、理由はあったのですが

    
     あの子牛たちを救える方法があったのではないか、と落ち込んでいて・・・”


ということでした。



岩本:”先生、僕はヤマシイ方!?の想像をしていました・・・”



先生:”岩本さん、そっちは嫌いではないのですが、今忙しすぎてそんな時間はありません・・・”



ということでした。


先生 疑ってしまい申し訳ありません。 





牛たちが病気をしたり、死んでしまう理由って たくさんありますよね。



獣医さんが 獣医さんの知識や能力だけで、すべての牛たちを助けることができたら良いのですが



畜産ってそういうものではないですよね。



牛たちの健康状態は、



もちろん、その牛が本来もっているもの(能力)もあると思うのですが



結局、農家さんの飼養管理や牛舎環境、エサ、気候などが大きな部分を占めています。



気候や自然をコントロールすることは もちろんできないのですが



牛たちの未来をつくるのは、やはり 皆さま(農家さん)次第なのだと思っています。




今 できることを 一つずつやっていきましょう。








By 岩本尚吾 on 2021/11/28 8:29




いつもありがとうございます。



東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 




残すところ あと約1か月で 今年も終わりですね。



あっという間の1年だった と 個人的には感じています。



皆さまにとって 今年はどんな年だったでしょうか。





人生は いろいろなことが起こりますよね・・・





もちろん、今年も まだ1か月あり



まだまだ大変な日々は続いていくと思うのですが



皆さま くれぐれもお身体に気をつけて 一日一日を過ごしてくださいませ。 





ところで・・・




ある種雄牛の成績(続報)を ある肥育農家さんがホームページで発表しています。




もちろん、肥育成績は 血統だけではなく



子牛セリの時の素牛の選定 や 飼養管理が大きな要因を占めています。



あくまでも、血統は 確率ですので



血統が良いから 絶対に肥育成績が良いという話ではありませんが



何かの参考になりましたら嬉しいです。  



↓↓↓↓↓




         
              ☆佐々畜産のブログ(日々のニュース)より








By 岩本尚吾 on 2021/11/14 22:39




いつもありがとうございます。


東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。


皆さま いかがお過ごしでしょうか。 



ここ 最近は・・・  



九州の何人かの農家さんから



”稲わら集めが無事に終わりました”



という連絡がありました。



稲わらは 農家さんにとっても 牛たちにとっても 命ですよね。



良いものが取れるかどうかで



今後の牛たちの健康状態 や 皆さまの経営にも影響してくると思います。



皆さまにとって 良い稲わらが取れていましたら嬉しいです。 




ところで・・・




少し前にプロゴルファー 松山英樹さんの ”彼方への挑戦” という本を読みました。




その中で・・・





うまくいかないから



うまくいったときが楽しい



うまくいかないから



うまくいったときを想像する




      松山英樹  著  ”彼方への挑戦” より 




という言葉がありました。





人生って・・・ 



うまくいかないことが たくさんありますよね。



正直に言いまして  



苦しくなることも少なくないですよね。



でも おそらく それが人生なのでしょうね。




牛たちの病気やケガ、事故をゼロにすることは難しいし



家族や友人、自分自身のことも・・・   いろいろありますよね。



いろいろな方に支えられながら 生きていることを 忘れずにやっていきます。





あっ・・・   僕は めっちゃ元気です。 



また 皆さまと ワイワイできる日を楽しみにしております。 







By 岩本尚吾 on 2021/11/07 21:12




いつもありがとうございます。



東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 



少し前のことなのですが、知り合いの飼料会社さんの紹介で



ある高校へ行ってきました。



その高校は農業高校ではないのですが、畜産科があり 牛や豚もいます。



そこで、少しだけ学生さんと話す機会がありました。



皆さまは 普段、高校生と話す機会はありますか。



僕は まったくありません。 



学生さんと話をしていると・・・



学生さんの目がキラキラしていてビックリしました。 



僕は高校生のとき こんなにキラキラした目をしていたのか



僕は高校生のとき なにをやっていたのだろう・・・



と考えてしまいました。



(あっ、僕はラグビーしかやっていませんでした  )



1人の学生さん(実家は農家さんではない方)と話していたら



”将来、酪農家さんになりたいです”



と 言っていました。



彼女の言葉は力がありました。



高校生の時、こんな風に自分の意志があったのかなぁ・・・



と 自分自身を振り返ってしまいます。




高校生も 48歳(僕です)も 皆さまも!? これからが青春ですよね。  



気持ちの持ち方一つだと思っています。 




一歩一歩できることをやっていきます。








By 岩本尚吾 on 2021/10/23 18:29




いつもありがとうございます。



東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 



どの地域もだんだんと寒くなっているのではないでしょうか。



僕は、今週月曜日(18日)の朝は帯広にいたのですが



その日の朝の気温は マイナス 1度でした。 



今は九州にいますが、九州も朝晩は少しずつ寒くなってきています。



皆さま くれぐれもお身体大切にしてくださいませ。



そして、今はWCSの収穫、稲わら集めなどでお忙しい時期だと思います。



時間に追われたり、焦ったりということがあるのかもしれませんが



くれぐれも事故がないようにしてくださいませ。




ところで・・・




ある優秀な農家さん(酪農部門と和牛部門をやっています)の話なのですが・・・



その農家さんのところでは、ホルスタインの乾乳牛と和牛繁殖の母牛を1群 6頭ずつ



縦 15メートル × 横 6メートル(スタンチョン6頭分) 90㎡の広さで管理しています。



その90m²のマスがいくつかあります。 



牛1頭当たりの広さは 15m² ありますね。 



マスごとに扇風機があり、天井が高くて、透明なポリカも(床を乾かすために)活用しているので



実は、床替えをすることがほとんどありません。



牛舎環境(風の通りなど)にもよりますので一概には言えませんが、



1頭当たりの広さがあると 暑い時期には特にウンコが土になっていきますよね。



飼槽(スタンチョン)から奥の水飲み場までの長さが 15メートルあります。



一般的な牛舎と比較すると長いかもしれません(下の写真が15メートルです  )。








お産の時も1つのマスに6頭入れたままで 産ませているのですが



難産や事故になることがほとんどなくて、産後の母牛の状態も良いようです。



その農家さんが言うには



”やっぱり 10メートルじゃなくて 15メートルの長さがあることが良いんじゃないか” 



ということでした。



牛たちも 15メートル あるので



時々ダッシュしたり 鬼ごっこをしたり 運動できるので



逆子の予防だったり、ストレス解消になっているんじゃないか ということでしたよ。



この農家さんは、別のところにある牛舎も改築して



長さ 15メートル × 横 6メートル (×2~3) の牛舎にすると言っていました。



ちなみに・・・ 15メートルに科学的な根拠はありません。 



母牛は広くゆっくりした場所で育てるのが



牛にとっても 人間にとっても良い ということかもしれませんね。



☆今回写真がなくて、申し訳ありません。



 27日以降に写真を追加したいと思っています。






By 岩本尚吾 on 2021/10/14 21:29




いつもありがとうございます。



東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 




今は・・・  WCSや稲わら収穫などでお忙しい時期ですよね。



今日、農家さんと話していたら・・・



農家さん: ”稲わらの収穫 100町 ありますよ”  ということでした。 



今は、農家さんのお忙しい時期でもありますが



朝晩と日中の気温差もあり 牛たちにストレスがかかる時期でもあります。



忙しすぎて獣医さんを待つことが出来ず



見て見ぬふりをしたくなっちゃうのも分かるのですが  



いつも以上の牛たちの観察をよろしくお願いいたします。 




ところで・・・




少し前に(9月24日)ある酪農家さんから電話がありました。



農家さん:”今日ETスモールセリ(熊本県 4か月齢前後のセリ)だったんだけど


       なんか高く売れたみたい。


       その子牛もイイ感じだったんだよね。 値段いくらだったか調べてみて”


       と いうことでした。



ちなみに、 その農家さんは子牛セリには行っていませんでした。



血統 と 性別を聞いて、ホームページで調べてみました。



血統、性別は・・・



安福久ー華春福ー勝忠平 (メス )  115日齢 138キロ でした。



いくらだったと思いますか。





正解は・・・





109.8万円(セリ価格)でした。



その日の オス、メス 合わせた 562頭の中で最高値でしたよ。 



その農家さんは 搾乳牛60頭 繁殖母牛(和牛)20頭 の 酪農家さんです。



ちなみに、その農家さんは



その日の ET子牛セリに 福之姫ー百合茂ー安福久(6頭)を含め 



計8頭の子牛を出荷していました。 



全部でいくらだったのかは分かりませんが・・・  




それぞれの農家さんには それぞれの経営スタイルがあり



どれも間違いではないと思うのですが



それぞれ個性があり オモシロイですよね。 






By 岩本尚吾 on 2021/10/06 13:19




いつもありがとうございます。




東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 



昨日、コロナワクチン 2回目の接種でした。



1回目の後は、何の変化もなかったのですが



2回目の今回は夜に熱っぽくなって、今は少し頭が痛いです。



感受性があるということで 悪くないんじゃないかと無理やり!?思っています。 




ところで・・・



数日前、ある獣医さんから電話がありました。



獣医さん:”実は・・・今日、診療中居眠り運転をしてしまって車は縁石に乗り上げて


       タイヤは破裂して、大変だったよ。 


       自損事故で済んだから良かったんだけど・・・”



岩本:”先生が元気なら良いのですが、今回は不幸中の幸いでしたよね。


    車の修理代はかかるのかもしれませんが


    誰かを傷つけたり、誰かにぶつかったりしなくて良かったです・・・”




正直に言いまして、誰も悪くはないと思うのですが



(もちろん、居眠り運転は良くないのですが)



居眠り運転までいかなくても、運転しているときに眠くなることはありますよね。



農家さんにとって 今は繁忙期だったり



天気作業だったりで 休みたくても休めない時があるのかもしれませんが



もし眠くなったら 少しの時間でも休んで(仮眠をとって)欲しいと思っています。



居眠り運転により 誰かの家族を傷つけてしまう可能性があります。



先生からの連絡は そのお知らせだったのだと思っています。




皆さま お忙しい毎日だと思いますが



もし運転中に眠くなりましたら、少し休んでくださいませ。