自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<June 2021>
SunMonTueWedThuFriSat
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930123
45678910
Monthly
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
Author: 岩本尚吾 Created: 2008/08/28 14:32
東北、九州地区担当。岩本尚吾のブログです

By 岩本尚吾 on 2021/06/06 17:55



いつもありがとうございます。


東北地区・九州地区担当の岩本尚吾です。


皆さま いかがお過ごしでしょうか。


今日の帯広は快晴でとても爽やかな一日でした。 



ただ、コロナの影響により


今は、どの公園(大きめの)に行っても遊具は使えないようになっていて


子供たちの遊び場が無くなっています。


実は、今日は地元(帯広市)小学校の運動会 開催日だったのですが


延期(7月開催)になりました。


子供たちにとっても大変な毎日ですよね。


もう少しの辛抱だと思っています。



ところで・・・  私たち ラボジェネターは


新型コロナウィルスによる感染拡大防止のための緊急事態宣言延長に伴い


北海道外への出張を引き続き(今月20日まで)原則として中止にしております。



皆さまのところへ行きたい気持ちで一杯なのですが


もう少し落ち着いてからご挨拶に行きたいと思っています。


現場に行けなくても、私たちにできることはあると思いますので


もし何かありましたらいつでもご連絡くださいませ。



昨日、今できることは何かと考えながらスーパーへ行きました



そして、スーパーにて 久しぶりに・・・



和牛のお肉を買いました。 




今は以前と比べて、枝肉価格が少し下がっているので


気持ちだけ 和牛の消費拡大でした。







100グラム 800円  和牛 イチボ です。     ムフフ・・・ 



アースジェネターを給与している農家さんのお肉や


知っている肥育農家さんのお肉は個人的に注文して買うのですが


スーパーにて 和牛を買うのは久しぶりでした。 


スーパーへ行くと どうしても 豚肉、鶏肉を中心に買うようになっていました。 



小さなことなのですが、もっともっと和牛の消費に貢献します。 



あっ、牛乳は子供たちがめっちゃ飲んでいます。 



今回のお肉の個体識別番号(10桁)を調べると・・・


十勝(地元)の和牛(去勢)でした。 



生後月齢は24か月のお肉でした。


このお肉(肥育農家さん)だけなのかもしれませんが


今は、少し早出しになっているのかもしれませんね。




By 岩本尚吾 on 2021/05/22 19:12




いつもありがとうございます。



東北地区・九州地区担当の岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 




弊社では 5月16日から31日まで



北海道の緊急事態宣言を受けて



北海道内、北海道外の出張を現在中止しております。



今週と来週 弊社の社員と会う予定だった農家さんもいたと思うのですが



しばらくお待ちくださいませ。




少し前のことなのですが・・・




ある農家さんのところへ行ってきました。



この写真(牛舎の飼槽なのですが)を見てください。










どんな農家さんのところへ行ったのか分かりますか。 





   



酪農家さん、繁殖農家さん(母牛の牛舎)という答えが多そうな気はするのですが



(以前は、搾乳牛がいた場所なのですが)




今は 肥育牛がいます。









1群 30頭くらい いるかもしれません。    2群に分かれています。



ワイルドな管理ですよね。 




しかも、この肥育牛たちは 実は、和牛です。 




ただ・・・   品種は 黒毛和種ではなく 日本短角種です。











日本短角種は 気性も穏やかで、育てやすいようです。



黒毛和種と比べると 個体管理を必要としないようなので



このような飼い方でも病気なく健康に育てているのだと思います。




もし黒毛和種において、このように多頭(30頭 1群)で育てようとするとしたら・・・



現状では 血統、発育などにより 個体差が大きいので



簡単ではないと思うのですが



もしかしたら 数年後は、



U-motion(デザミス 株式会社)やFarmnote(株式会社 ファームノート)、vetell(株式会社 ベッテル)



などの 先端テクノロジーを活用して、



1群の頭数が多くても 個体管理をしていくという時代が来るのかもしれませんね。




もちろん、今でも一部の肥育農家さんたちは こういった技術を活用して、牛たちを管理しています。 



これからは こういったテクノロジーを活用することが必須になってくると思います。 






By 岩本尚吾 on 2021/05/16 23:29




いつもありがとうございます。



東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 




突然なのですが・・・




皆さまには ルーティーン(決まった所作や日課など)はありますか。



例えば・・・  



朝起きたらコーヒー を 2杯飲むとか



夜寝る前は 必ず焼酎(お湯割り) を 3杯飲むとか



母牛のスタンチョンを外した後 10分間観察するとか・・・



皆さま いろいろあるのではないかと思います。




今の僕のルーティーンは 朝起きたら まず 体温を測り それを手帳に書くこと です。



もしかしたら 皆さま 同じようなことをやっているのかもしれませんが・・・ 



このコロナ禍の中で(もちろん、マスクやうがい・手洗いなどは必須だと思うのですが)



自分自身の体調を管理すること(知ること)は大切だと思っています。



シンプルですが イイですよ。




ところで・・・



最近、とても オモシロイモノ を 発見しました。 



それは・・・



ある獣医さんのホームページです。 




その獣医さんは 熊本県の開業獣医さんであり



牛も育てていて、肥育・繁殖のスペシャリストでもあります。  ムフフ・・・ 




すでに、ご存知の方は多いのかもしれないのですが・・・




熊本県 菊池市にある 佐々畜産 さまの ホームページ です。



https://www.sassa-chikusan.jp/



日々のニュース  や  牛飼い獣医師の豆知識 《論より証拠》 (コラム) など



とても オモシロイです。 



牛舎の情報や牛達の写真、その牛の成績も出していますし



いろいろなことを知ることができます。




めっちゃ 勉強になりますよ。   





By 岩本尚吾 on 2021/05/07 20:12



いつもありがとうございます。


東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。 


皆さま いかがお過ごしでしょうか。 



あるデータを見ていると・・・


興味深いものがありました。 


諒太郎 母牛のデータです。 



諒太郎 母牛に関しては、今まで頭数が揃っていものを見ていませんでした。


今回の60頭以上のデータは少なからず信憑性があると思っています。



美国桜ー諒太郎(去勢) 頭数 61頭

平均と畜月齢 29.3か月  平均枝肉重量 516.4キロ  平均BMS 9.03


比較として、種雄牛(1代祖) 美国桜は同じで 安福久母牛の成績も載せます。

と畜頭数が違いますので、単純に比較はできませんが

諒太郎 母牛(2代祖)のこれからが楽しみですね。


美国桜ー安福久(去勢) 頭数 1524頭

平均と畜月齢 29.8か月  平均枝肉重量 496.2キロ  平均BMS 8.53 


☆家畜改良センター  枝肉成績とりまとめ《令和2年1月から12月》  より



諒太郎 母牛の子牛はセリで見ても、しっかりしている牛が多いと感じます。


何かの参考になりましたら嬉しいです。 





By 岩本尚吾 on 2021/04/28 18:39




いつもありがとうございます。



東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆様 いかがお過ごしでしょうか。 



2週間ほど前、ある繁殖農家さんのところへ行ってきました。



牛たちを見ていると、良さそうな子牛たちがいました(下の写真の子牛たちです)。








繁殖農家さんと話をすると・・・




農家さん : ”この3頭は来年の鹿児島全共(肥育部門)の候補牛です。 来週そのセリがありますよ”



       と いうことでした。



月齢は 6か月前後だったと思うのですが、



どの子牛も発育は良く、3頭とも 200キロ以上あったと思います。 



”来週が楽しみですね” と 話していたのですが、先週そのセリだったようです。 




そのセリが終わって 繁殖農家さんから連絡がありました。




農家さん: ”無事、3頭とも高値で販売できましたよ。 ムフフ・・・(農家さんはムフフとは言っていません)”
 


       ”僕の子牛ではありませんが、トップは300万円を超えていましたよ・・・”
 


       と 話していました。 




ちなみに、その子牛の血統は 誠華山ー美国桜ー華春福ー安福久 


169日齢 265キロ 302.5万円(セリ価格) だったようです。 



ちなみに、今回、話した繁殖農家さんの子牛も 200万円(セリ価格)を超えている牛がいましたよ・・・ 
 



皆さま コロナ禍で大変な毎日だと思うのですが、




みんなでこの困難を乗り越えて、 来年10月に開催される 




第12回全国和牛能力共進会 鹿児島大会(鹿児島全共)の日を迎えられたら良いですね。 






By 岩本尚吾 on 2021/04/13 22:12



いつもありがとうございます。



東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 



今月11日 と 12日 大分県の子牛セリに行ってきました。



11日は豊肥家畜市場、 12日は玖珠家畜市場 にて開催でした。



子牛セリに行くと 繁殖農家さん や 肥育農家さんだけでなく



獣医さんだったり、飼料会社の方や薬品会社の方、関係者の方たちにも会えます。



コロナ禍でもありますので、積極的に牧場には行けないのですが



子牛セリに行っていろいろな方たちの話を聞いて



子牛達を見ると、ホッとする部分があります。 



子牛セリに行き 牛達を見ることが好きです。 



特に、子牛を見ると 繁殖農家さん それぞれの個性が表れていますよね。 




今回、行ってきた子牛セリでは それぞれ気になった子牛がいました。



☆牛については 好みがありますので あくまでも個人的に気になった子牛です。



   今回、写真がありません。  申し訳ありません。 




11日の豊肥市場では Tさんの子牛が気になっていました。



血統は 紀多福ー安福久ー平茂勝ー安平(去勢)   262日齢 312キロ 



発育は良いのですが、皮膚にゆとりがあり まったく太っていない子牛でした。



土屋さんには・・・



”もっと配合飼料を増やしてください” と 伝えているのですが増やしてくれません。



どうしたら良いのでしょうか・・・ 




結局、この子牛 は 92.5万円(セリ価格)でした。



購買したのは 熊本県の肥育農家さんだったと思いますが



知り合いの宮崎県、佐賀県の肥育農家さんたちが



セリ価格まで(その近くまで)競っていたようです。



素直に育っている子牛を見ている肥育農家さんも多いのだなぁ と 思いました。 




12日の玖珠市場では Nさんの子牛が気になりました。



(もちろん、Nさんの子牛以外にも 素晴らしい子牛はたくさんいましたよ  )



ちなみに、Nさんの子牛の血統は



紀多福ー隆之国ー安福久ー忠茂勝(去勢) 266日齢 291キロ の牛でした。



この子牛は 本当に 太っていなくて(むしろ 痩せていました)



もっともっと良くなっているはずの子牛だったと思います。



Nさんは 忙しくて 子牛に手をかける時間がないようなのですが、



”もし良かったら もっと牛達のために時間を作ってください” と 伝えています。



西園さん よろしくお願いします!! 




結局、この子牛は  89.7万円(セリ価格)でした。



知っている肥育農家さんが購買していたようなのですが



将来性を買っていただいていたのではないか と 思っています。





子牛セリに行って 実際に牛を見ないと 



血統 や 日齢 と 体重だけでは分からない部分が多いと思うのですが



子牛セリ の 子牛 1頭 1頭には それぞれドラマがありますよね・・・ 









By 岩本尚吾 on 2021/04/05 23:55




いつもありがとうございます。



東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 




先週、久しぶりに 母校である 帯広畜産大学へ行ってきました。



卒業したのは 20年以上前なのですが



そのときとは比べ物にならないくらい 大学の構内、学部棟の中はキレイになっていました。 
















大学の学部棟の中に入ると・・・










ウマの全身骨格がありましたよ。 




そして・・・









むかしのトラクターもありました。 




今回、大学へ行ったのは



大学時代に お世話になった先生や卒業後に知り合った先生への挨拶のためでした。




まだまだ春休み中ということもあり



(新学期が始まっても 学生達はゴールデンウィークが終わるまで オンライン授業のようです)



大学生と すれ違うことはありませんでした。



おそらく、昨年から コロナの影響もあり このような感じなのかもしれませんね。



学生の皆様にとっても 大変な時期でもあると感じました。




先生たちと会って 過去の話をすることはありませんでしたが



未来へ向けて良い話ができました。





皆さま 3年後 6年後 どうなっているか考えることはありますか。





未来へ向けて 一歩一歩 行動あるのみですね。




皆さま これからもよろしくお願いいたします。 





次回こそは  現場のことについて 書きたいと思っています。








By 岩本尚吾 on 2021/03/26 9:55




東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 



だんだんと暖かくなっていますね。



ただ、暖かくなってはいるのですけど



ずっと暖かいわけではなく、時々は寒くなったりするので



牛にストレスがかかりやすい時期でもあると思っています。



そういう意味では まだ牛が風邪をひきやすい時期でもありますよね。



一歩ずつで構いません。



牛達の環境改善をよろしくお願いいたします。




ある繁殖農家さんのところへ行ってきました。 



その農家さんは 4年ほど前に知り合いの繁殖農家さんに勧められて



ウレタンマット(商品名 スリープマット 日本全薬さん取り扱い)を買ったようです。



しかも 思い切って 20枚 。 



大胆ですよね。 




ウレタンマットを買う前は



コンクリートの上に オガクズなどを敷いていただけのようですが



ウレタンマットを使用するようになってから



寝る時間も増えて 風邪も激減したようです。 



















環境の良い牛舎の牛達は 食べたらすぐに寝ますよね。 



本当に ビックリするほど すぐに寝ます。 



そして ゆっくり反芻する という感じかもしれません。




繁殖農家さんだけでなく 肥育農家さんも同じですよね。 















少しずつでも環境を改善していただくと 牛達が喜ぶと思います。 





By 岩本尚吾 on 2021/03/10 23:29




東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 



少し前のことなのですが、ある繁殖農家さんのところへ行ってきました。



とても優秀な農家さんですよ。








☆出荷前の子牛牛舎の中の写真です。




良い感じの牛床ですよね。   床は フカフカで 牛達も快適だと思います。 




この農家さんは母牛頭数が多めなので 子牛頭数も多いのですが



子牛のバラツキは少なく発育も良いです。  飼養管理の賜物だと思います。 



今月の子牛セリも高値で販売していましたよ。 





この農家さんのところでは



1年 に 1度、 子牛 牛床のサンプルを採取して 床の菌叢を見ています。



実は今のところ、 調査している件数が少ないので



この菌叢なら良いね とか



この菌叢は良くないね とか



そういうのはまだ分からないのですが、菌叢の変化を追っています。



当たり前のことなのですが、牛達が元気に育っているなら、



牛床の菌叢は気にしなくて良いと思っています。



時間がかかると思うのですが



これから調査件数が増えて、その中で何かが見えてきたら嬉しいです。



その時は 皆さまに何かをお知らせすることがあるかもしれません。





今回、子牛の牛房に入り、サンプル採取していると・・・











子牛達が  少しずつ・・・ 寄ってきます。 




めっちゃ カワイイですよね。 




ただ、牛たちは力持ちですので、皆さま くれぐれも事故には気をつけてくださいませ。 




☆僕は以前、牛房の中に入って ウンコ掃除をしていた時に



 発情した育成牛(12か月齢 350キロ)に 後ろ(背後)から乗られたことがあります。 



 幸いにもケガなく終わったのですが、今でも思い出すと少し怖いです・・・・・  




 

 

 

By 岩本尚吾 on 2021/03/07 23:55




東北地区・九州地区担当の岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 



少し前に 九州の農家さんのところへ行ったのですが



牛舎 や 牛達、堆肥を見て帰るときに  お昼 12時頃だったので・・・



農家さん: ”もしお時間あるならお昼ご飯どうですか”



という 嬉しいお誘いを受け・・・   




その後・・・









ムフフ・・・     (ホルモン も ご飯も 大盛りです)




村山さん ごちそうさまでした!!



いつもありがとうございます!!



ホルモン定食(彦しゃん食堂)  めっちゃ最高です。  





ところで・・・





皆さまに 質問なのですが、



令和2年に 格付けされた和牛(去勢)の中で



A5率は 何パーセントだと思いますか。









答えは・・・







和牛(去勢) A5率  49.5パーセント 



でした。



☆食肉速報   令和3年 2月19日 記事より





和牛去勢 の 約半分が 5等級なのですね・・・



和牛の能力、改良は 半端ないですね。 



正直に言いまして・・・



今後、 和牛の 5等級率 を 上げることは難しくないと思うのですが



これから考えなければいけないことがたくさんありそうですね・・・





2019年 政府は、2035年度までに 和牛の生産量を2018年の約2倍(30万トン)にするという



和牛倍増計画を決めました。