自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<November 2020>
SunMonTueWedThuFriSat
25262728293031
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345
Monthly
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
By 礒 匠 on 2020/11/28 18:54

 

皆さんこんにちは。

 

寒くなってきて、人もそうですが

子牛たちも風邪が流行ってくる季節になっていますね

 

ウイルス性の風邪は牛舎内で感染すると

一気に広まってしまうので注意が必要ですね

 

 

地域で風邪が出たときは

牛舎内への関係者の出入りを極力避けたり

出入りする際も長靴をよく消毒するなどの対策が大切ですね

 

牛舎入口に消毒踏み込み槽を置くのは

やはり有効かと思います

 

消石灰のみだとあまり殺菌効果は期待できないようです

 

北海道の場合、冬場は水が凍ってしまうので

不凍液(ウォッシャー液)に、消毒薬を溶かしている

牧場さんもあります。

 

うんこが消毒液に入ってしまうと

殺菌効果が減少してしまうので

汚れたら取り換えたり

消毒槽に入る前に

水のみの槽で洗ってから

(底に硬めの人工芝?を置いて)

消毒するのも有効ですね!

 

キレイな状態に取り換えるのは

手間がかかるかもしれませんが

消毒槽が用意され、汚れたら取り換えている牧場さんは

子牛の疾病が少ないように感じます

 

出入りする人の防疫に対する意識も変わる気がしますね!

(僕も牛舎に入る時に消毒槽がきちっとしていると少し緊張します)

 

 

僕自身も牧場さんへの出入りは気を付けなければ!

By 礒 匠 on 2020/11/24 13:44

 

皆さんこんにちは。

道東担当の礒です!

 

北海道は朝、うっすらと氷が張る季節となりました

とても寒いです。

 

 

さて、とある肉牛農家さんにお邪魔した時のこと

新しい哺育、育成舎が完成しておりました

 

 

少し高台に建っており自然の風も入り

換気が大変よく、ふかふかのベッドで気持ちよさそうに寝ていました

  

 

写真のように屋根は、しましまにして明るく

ベッドも糞を取らない牛床、発酵床を採用

 

2日に1度ほどハローをかけて糞と敷料を混ぜ込んでいるそうです

 

そして、しっかりと置いてありました

『アースジェネター』

子牛の健康維持と

牛舎環境を良くする(においを抑える)

手助けのための1つのアイテムとして

毎日給与しています!

 

ベッド(堆肥)の水分調整が

これだけしっかりとできていれば

子牛にとっても良い環境ですし

堆肥づくりもスムーズにできると思います!

(堆肥を積んだ時の発酵が良くなる)

 

 

子牛の段階がスムーズに発育すれば

肥育成績も良くなっていくと思います

 

今後がとても楽しみですね!

By 岩本尚吾 on 2020/11/23 22:29





東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 



少し前のことなのですが



大学の後輩と一緒に 鹿児島の農家さんたちに会いに(牛舎を見に)行ってきました。 










後輩が 鹿児島へ牛舎を見に来た理由は・・・



奥さまの実家が酪農をしているのですが(黒毛和牛の繁殖母牛もいます)



牛舎が古く、作業効率が良くないので牛舎を改築したい



そのために、牛舎を見て、農家さんの話を聞きたい


 
ということから でした。




この日は 5軒の農家さんにお会いすることができました。




牛舎を見たり、牛達を見たり



この日は とても天気の良い日で 忙しい時期だったのにも関わらず



(もちろん、コロナ禍で大変な時期でもあったのですが)



すべての農家さんにお話を聞くことができました。



お時間を作っていただき、感謝しております。 





実は、今回お会いした農家さんの中に



後輩と同じような境遇だった農家さん(以前は酪農家さんで和牛も飼っていた方)がいました。










その農家さんからは・・・



”とりあえず、少しの部分だけ牛舎を改築するいうよりは



 もし可能なら(今は無利子の融資もあるし)思い切って



 自分が思っている以上の牛舎を建てたほうが良いですよ。



 なぜかと言えば、僕自身が(金銭的なこともあり)少しずつ牛舎を改築して、



 その中で増頭していったのであまり良い牛舎ができませんでした。



 結局、最後は(お金はかかっていますが)



 思い切って自分が思っているイメージの牛舎を建てることができたので



 今は牛達もゆっくり過ごせているし、牛舎に余裕があるのでいろいろなことができています。



 牛舎を建てる時は ここは母牛の場所、ここは育成の場所、ここは子牛の場所と決めず



 僕の牛舎のように、母牛も 子牛も どちらも入れることができるように



 牛舎を建てたら良いと思っています。



 余裕があったら 牛も自然と増えていきますよ。



 牛舎に余裕がないと(牛達が増えてきたときに)



 牛達の移動も大変になるし



 スペースがないのは、いろいろな意味で牛達にとってストレスになるし



 (もちろん、病気も出てくるし)



 良いことないですよ。



 もしできるなら自分が思っている以上の牛舎を思い切って建てることをお勧めします・・・  ”



 
 という お話を聞かせていただきました。





今回は、それぞれの農家さんで それぞれのお話を聞くことができ



とても有意義な時間を過ごしました。 





後輩が どのような牛舎をイメージして 思い切って建てるのか 楽しみです。  







By 中紙育朗 on 2020/11/18 19:12

 

今月、17日から18日に行われました

 

 

延岡家畜市場子牛セリについて書きたいと思います。

 

 

 

2日間合計  ※平均価格は入場平均価格になります。

  入場頭数 売却頭数 最高価格(税抜き) 平均価格(税込み)
メス 270頭 211頭 138.0万 75.5万
去勢 336頭 328頭 104.1万 77.1万
合計 606頭 539頭   76.4万(前回比(9月) +5.6万

 

 

 

 

2日間合計 種雄牛別出場頭数(上位10)  ※評価牛を除く

 

耕富士     216頭

満天白清   147頭

勝光美      27頭

義美福      24頭

秀正実      22頭

美国桜      19頭

美喜久      13頭

忠国桜      11頭

真華盛       7頭

秀百合久     7頭

 

 

僕がわかる範囲内で高値だったメスと去勢の結果を書きたいと思います。

 

 

メス

耕富士ー安福久ー第1花国ー安平   320日  322キロ   113.3万(税抜き)

 

耕富士ー安福久ー忠富士ー安平    336日  310キロ   100.8万

 

美国桜ー耕富士ー安福久ー平茂勝  309日  266キロ     92.6万

 

 

去勢

耕富士ー美国桜ー勝忠平ー安平   295日  341キロ   104.1万

 

耕富士ー安福久ー安平ー平茂勝   253日  325キロ   100.1万

 

満天白清ー耕富士ー安福久ー鉄平  293日  340キロ    99.9万

 

耕富士ー安福久ー安平ー平茂勝       292日  304キロ   90.6万

 

旭幸福ー美津照重ー百合茂ー平茂勝    270日  311キロ   75.7万

 

 

 

結果のみになってしまいますが、何かの参考になりましたら幸いです。

 

 

By 礒 匠 on 2020/11/16 11:17

 

皆さんこんにちは。

道東担当の礒です

 

先週行われた十勝和牛素牛市場の結果をお知らせいたします。

 

まずは種雄牛の内訳です

 

勝早桜5 272頭  福之姫 188頭  秋忠平 167頭  愛之国 162

美津照重 72頭  鈴音 69頭  福増 65頭  花国安福 59

百合芳 55頭  幸紀雄 51頭  美国桜 49頭  百合白清2 41頭  

茂晴花 36頭  若百合 30頭  梅栄福 28頭    ほか

 

結果(税込)

メス 

出場702頭 成立683頭   最高6,562,600円 最低244,200円 平均682,301円 

去勢 

出場977頭 成立939頭 最高  1,063,700円 最低115,500円 平均791,891

 

先月と比べると

メス プラス85,000

去勢 プラス75,000

と大きく平均価格が上がっています!

 

血統が良く、増体の良い牛はもちろん高かったのですが

中から下の牛もじわじわとセリ値があがり

とても、高いなぁと感じました

 

また、道内の育種価トップクラスのメスが590万円(セリ価格)ほどで

取引されており話題となっておりました

 

参考までに高値で取引された牛です(セリ価格)

去勢

284日齢 359㎏  紀多福-安福久-百合茂    967,000

241日齢 331㎏  福之姫-安福久-勝忠平    939,000

311日齢 362㎏  百合白清2-美国桜-安福久  903,000

 

メス

311日齢 370㎏  福之姫-安福久-勝忠平    983,000

287日齢 309㎏  美国桜-百合茂-安福久    744,000

292日齢 301㎏  若百合-安福久-百合茂    725,000

 

今月頭に開催された芝浦全共の結果もあってか

(名誉賞 百合白清2-安福久)

百合白清2も高く売れていました!

 

以上、結果報告でした!

By 岩本尚吾 on 2020/11/15 23:29




東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。



今月に入ってから子牛価格が上がりましたね。 



今月の10日、11日に開催された薩摩中央の子牛セリでは



去勢の平均が83.0万円(税込み) になりました。



☆ちなみに先月の平均は77.5万円(税込み)でした。




同じ日(10日、11日)に開催された宮崎中央の子牛セリでも



去勢の平均が81.3万円(税込み)になりました。



☆ちなみに先月の平均は75.9万円(税込み)でした。




子牛価格の上昇は



枝肉価格が上がっているからなのだと思うのですが



12月はどうなってしまうのでしょうか。




ところで、季節的には 食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋ですよね。



(秋というよりは、もう冬が近づいているのかもしれませんが・・・  )




皆さまは その中でどれが好きですか。




僕は 食べることも 運動することも 本を読むことも すべて好きなのですが、



どれか一つ選ぶとすれば 読書かもしれません。 




僕の最近読んだ本は・・・




”妻のトリセツ”

黒川 伊保子 著   講談社



 
”女の機嫌の直し方”

 黒川 伊保子 著    集英社インターナショナル




一番新しく読んだ本は・・・




”妻語を学ぶ”

 黒川 伊保子 著   幻冬舎



です。




あっ、もしかしたら 読んでいる種類が偏(かたよ)っていますか。 




今、もっとも興味のあることなのかもしれません。  




ムフフ・・・ 




☆黒川 伊保子さんの本は読みやすくてオモシロイデスよ。





ちなみに、”妻語を学ぶ” の目次を見ると・・・





目次より



ケース4

一緒にいる意味ないよね と 切り出された





ケース5

口を利いてくれない





ケース7

うっすら不機嫌





ケース8

”何もわかっていない!”と責められる





ケース9

”あなたって、どうしてそうなの?”と答えようのない質問をする





ケース18 まで 続きます。 







あっ、すべて当てはまってる・・・






牛達に対しては・・・



時々さわってあげたり(痒そうなところをかいてあげたり)



優しい言葉をかけてあげたり



水槽を掃除して、新鮮な水を飲めるようにしたり



牛達が快適に過ごせるように環境を改善してあげたり



そういうことをすることによって



コミュニケーションできている(牛達が喜んでいる)気がするのですが



(もしかしたら、こちらの気持ちの問題だけなのかもしれませんが)




人間どうしって



簡単ではないですよね・・・




もし奥さまと上手くいっている方がいましたら 教えてください。 






あっ、次回こそは皆さまのお役に立てるようことを書きたいと思っています。 






By 岩本尚吾 on 2020/11/13 21:55


 

東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。



だんだん寒くなってきましたね。  



牛達の寒さ対策 は もちろんなのですが 牛舎の換気 も よろしくお願いします。



意外と 換気不足で呼吸器病になる牛達は少なくないですよ。 



もちろん、皆さま自身のお身体も大切にしてくださいませ。 





少し前に ある農家さん(Aさん)と食事をしました。




Aさん: ”岩本くん Bさん(農家さんの名前)に会えて本当に良かったよ。 ありがとう”



      ”Bさんと出会ったことにより牛の見方だったり、いろいろなことが勉強になってるよ”



      ”Bさんって 本当にスゴイよね”



      ”あと10年早く出会っていればもっと良かったのになぁ。 ちょっと遅かったなぁ・・・”





Aさんは食事をするたびに このことを話します。



Aさんにとって Bさんとの出会いが大きいのだと思います。 



Aさんも Bさんも  とても優秀な農家さんですよ。 





個人的な意見なのですが、出会いに遅すぎるということはないような気がしています。





出会ったときが適期なのだと感じています。




出会えることって それだけで 運命だし 縁がありますよね。




おそらく、出会わなくてもよい人には出会わないのなのだと思います。 





俺は あいつに 出会ったおかげで○○万円騙されたよ・・・




という方が もしかしたらいるのかもしれません。



そのことにも 個人的には意味があると思っています。



その あいつ に出会わなければ 他の誰かに○○○万円(10倍)騙されていたのかもしれませんし



もちろん、お金だけの話ではないのですが




いろいろな経験をすることが人生ですし そのことによっていろいろな学びを得ますよね。




牛達との出会いも 必然だと思っています。 縁がありますよね。





子牛の導入時、セリ番号を 間違ってボタンをボタンを押しちゃっていたとか(繁殖、肥育導入の時)



息子さんと一緒に家畜市場へ導入に来ているとき



息子さんがいつの間にかボタンを押していて子牛を競り落としていたとか


(肥育農家さんに時々あるパターン  )




いろいろな出会い や ハプニングがありますよね。




でも意外と、そういう牛達って 利益を産んでくれているような気がします。






人生って すべて縁なのだと思います。 








By 中紙育朗 on 2020/11/11 23:07

 

皆さま、こんにちは!!

 

11月10日から11日まで行われました、薩摩家畜市場子牛セリに行かせて

 

頂きましたので、結果を書きたいと思います。

 

 

2日間合計

  入場頭数 売却頭数 最高価格(セリ価格) 平均価格(税込み)
メス 226頭 212頭 128.2万 76.8万
去勢 276頭 276頭 113.0万 83.0万
合計 486頭 502頭   80.3万(+ 5.6万)

 

 

 

2日間合計種雄牛別出場頭数(上位10)

 

幸紀雄    123頭

美国桜    120頭

諒太郎     68頭

紀多福     24頭

喜亀忠     18頭

華忠良     16頭

秀幸福     13頭

夏百合     11頭

直太郎     10頭

実有貴      9頭

 

 

僕がわかる範囲内で高値だったメスと去勢の結果を書きたいと思います。

 

メス

美国桜ー勝忠平ー安福久ー金幸    276日  322キロ   128.2万(税抜き)

 

美国桜ー百合茂ー安福久ー勝忠平  298日   293キロ  100.8万

 

美国桜ー安福久ー金幸ー第5隼福   295日  343キロ   99.0万

 

美国桜ー百合茂ー安福久ー勝忠平  277日  278キロ    98.4万

 

美国桜ー勝忠平ー平茂勝ー忠嶋隆  266日  285キロ    98.2万

 

美国桜ー諒太郎ー百合茂ー福桜   294日  314キロ    95.9万

 

 

 

去勢

幸紀雄ー美国桜ー勝忠平ー平茂勝   264日  360キロ   113.0万(税抜き)

 

直太郎ー安福久ー第1花国ー平茂勝   235日  333キロ  100.2万

 

 

関平照ー安福久ー平茂勝ー第5隼福   292日 322キロ   100.1万

 

 

 

夏百合ー安福久ー勝忠平ー北国7の8  265日  316キロ   97.5万

 

紀多福ー百合茂ー安福久ー平茂勝   246日  310キロ    97.4万

 

紀多福ー百合茂ー安福久ー第1花国   277日  306キロ   96.6万

 

 

幸紀雄ー美国桜ー百合茂ー安福久   272日  336キロ    95.5万

 

 

 

 

美国桜ー諒太郎ー安福久ー金幸     286日  333キロ   95.2万

 

紀多福ー勝忠平ー安福久ー平茂勝    251日  342キロ  95.1万

 

華満福ー百合茂ー安福久ー平茂勝   266日  311キロ   95.0万

 

茂白清ー安福久ー勝忠平ー金幸    276日  342キロ    90.0万

 

華春福ー安福久ー勝忠平ー第5隼福  259日  311キロ   89.9万

 

 

 

上記のような結果となりました。

 

全体的にとても良い牛が多かったと思いました。

 

僕は良い牛や新しい種雄牛を見る事ができたので楽しかったのですが、

 

前回比で5.6万円上げて合計平均 80.3万円でした。

 

肥育農家さんは購買されるのが大変だったのではないでしょうか。

 

 

同じ日、10日から11日に行われました、宮崎中央セリでも前回比4.2万円

 

上げて合計平均 77.5万円でした。

 

 

 

 

By 植田秋良 on 2020/11/06 14:50

 

1145日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

 

上場頭数は1,717頭(メス744頭、去973頭 ※素牛のみ)で

前月より25頭増でした。

 

主な種雄牛は以下の通りです。

 

勝早桜5 260頭 前月262頭、前々月262頭)

愛之国  187頭 (前月174頭、前々月207頭)

福之姫  182頭 (前月187頭、前々月172頭)

美津照重 126頭 (前月103頭、前々月 91頭)

美国桜   70頭 (前月 75頭、前々月 89頭)

諒太郎   67頭 (前月 61頭、前々月 73頭)

百合白清2  54頭 (前月 53頭、前々月 46頭)

鈴音    53頭 (前月 47頭、前々月 18頭)  

 

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

 

メス 657,434(前月606,077円、前々月603,903円)

去勢 764,828(前月713,238円、前々月714,230円)

 

前月と比べてメス、去勢とも約5万円高でした。

 

今回は、1日目の序盤から高値でした。

去勢で、おおむね60100万円前後の間、

雌で、おおむね4070万円前後の間で推移していました。

高値だったのは、安福久や美国桜絡みの勝早桜5、福之姫、

百合白清2などでした。

去勢の高値は、前月より80万円以上が増えて、

90万円も多くみられました。

メスの高値は、繁殖用100万円以上が数頭(1代祖が安福久)、

つづいて7080万円前後(若百合、勝早桜5など)でした。

 

それでは参考までに、いくつか販売された牛の結果を

お知らせします。(セリ価格)

 & ... Read More »

By 中紙育朗 on 2020/11/02 13:21

 

 

先日、10月30日に東京都中央卸売市場食肉市場で行われました、

 

全国肉用牛枝肉共励会の結果を書きたいと思います。

 

 

出場頭数

 

乳用去勢牛及び交雑去勢牛       74 頭

 

和牛去勢牛                265  頭

 

和牛牝牛                 160  頭

 

 

入賞牛

 

 

乳牛去勢及び交雑去勢牛の部

 

最優秀賞     太田  充英    様

 福之姫    28ヶ月齢      枝重 666キロ  A5   BMS  11

 枝肉単価  2,912円

 

 

優秀賞      ㈱松永牧場   様

 福増    26ヶ月齢       枝重 531キロ  A5   BMS   9

 枝肉単価  2,042円  

 

 

優良賞1席     (農)とちぎ那須肉牛生産組合   様

 琥珀     26ヶ月齢     枝重  742キロ  B5   BMS   9

 枝肉単価  1,824円

 

 

優良賞2席    佐瀬  澄夫   様

 梅栄福    27ヶ月齢     枝重  566キロ  A5  BMS   8    

 枝肉単価  1,826円

 

※和牛去勢・和牛牝の部は優秀賞まで書かせて頂きます。

※以下和牛去勢・和牛牝の部、優秀賞までの牛は全てA-5  BMS 12です。

 

和牛去勢の部

 

 

名誉賞    ㈱松永牧場   様

百合白清2-安福久ー勝忠平   31ヶ月齢   枝重 539キロ   

枝肉単価  12,201円   枝肉売上金額 6,576,339円

 

 

最優秀賞   佐藤 昭彦   様

幸紀雄ー安福久ー百合茂    32ヶ月齢    枝重  602キロ   

枝肉単価  10,006円

 

優秀賞1席  ㈲千葉畜産  様

茂晴花ー安福久ー勝忠平    32ヶ月齢    枝重  567キロ   

枝肉単価   2,905円

 

優秀賞2席  ㈱川口ファーム  様

茂晴花ー百合茂ー安福久    30ヶ月齢    枝重  581キロ   

枝肉単価   9,906円

 

優秀賞3席  ㈱延与牧場   様

勝早桜5-安福久ー百合茂   33ヶ月齢    枝重  572キロ   

枝肉単価   2,977円

 

 

優秀賞4席

幸紀雄ー安福久ー第一花国    30ヶ月齢   枝重 631キロ  

枝肉単価  2,934円

 

優秀賞5席

美津照重ー安福久ー勝忠平   31ヶ月齢   枝重  571キロ  

枝肉単価  4,000円

 

優秀賞6席

勝早桜5-安福久ー平茂晴   32ヶ月齢   枝重  584キロ  

枝肉単価  5,792円

 

優秀賞7席

勝早桜5-安福久ー平茂勝  31ヶ月齢   枝重  612キロ  

枝肉単価  3,200円

 

 

 

和牛牝の部

 

最優秀賞   ㈱まる亀こうし牧場  様

茂晴花ー安福久ー勝忠平   33ヶ月齢    枝重 541キロ   

枝肉単価  5,646円

 

優秀賞1席   浜口 和人   様

耕富士ー秀菊安ー忠富士   32ヶ月齢    枝重 470キロ  

枝肉単価  4,509円

 

優秀賞2席   佐々木  譲  様

孝隆平ー景幸福ー白清85の3   35ヶ月齢  枝重 484キロ  

枝肉単価  4,509円

 

 

優秀賞3席   田村  正道  様

美津照重ー安福久ー平茂勝    37ヶ月齢  枝重 516キロ  

枝肉単価  5,009円

 

 

上記のような結果となりました。

 

結果のみになってしまいましたが、何かの参考になりましたら幸いです。