自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<October 2020>
SunMonTueWedThuFriSat
27282930123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
1234567
Monthly
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
By 岩本尚吾 on 2020/10/20 0:12





前回の つづきです。






今回、電話をいただいた獣医さんとの話では・・・




獣医さん: ”岩本くん、現場で今までと堆肥の発酵が違う(発酵が良くなっている)と言ってるよ”



岩本:  ”えっ、そうなんですね。 そんな短期間で変化があったことは意外だしとても嬉しいのですが



              先生が知っていらっしゃるように、僕らのものは基本的に即効性はないです。
        


        まだ2週間給与しただけなので、長い目で見てください。 
           


       今の堆肥 と 来年の今頃の堆肥を比較するとか、そんな感じで見てください・・・” 



獣医さん: ”岩本くん、もちろん分かってるよ。 即効性に関しては、そんなに期待はしていないよ。



        最終的に、今より少しでも堆肥の発酵が早くなっていけば良いからね。



         ただ、現場の方が堆肥の発酵が以前と違うと言っているから、伝えたかっただけだよ。



         これから長い目で見ていくし、今後が楽しみだね・・・”





ちょっとビックリしましたが、嬉しい連絡でした。 





実は・・・




この牧場の獣医さんは、アースジェネターのことを20年以上知っています。



給与後の堆肥の発酵促進だったり、臭気の減少のことだったり・・・



ということは現場で何度も見ているので、商品に関しての信頼はあるのではないかと思っています。 



ただ、今回はあまりにも早く 変化が見えたようなのでそのことを僕に伝えたかったようでした。 





ちなみに・・・




この酪農家さんはフリーバーンです。



僕が、先月行って現場(堆肥舎)を見た時も



床替えをしてウンコ達(糞尿とノコクズの混合物)を堆肥舎に持ってきたときに



そのウンコ達はすでに発酵していていました。



敷料のノコクズ と 牛達のウンコが良い具合に混じっていて



程よい水分量になっていたからだと思います。



おそらく、水分量は70パーセントくらいではないかと思っています。



一般的な酪農家さんと比べると床替えの頻度は早いと思いました。



なかなか、この水分量で床替えをするのは難しいです。



(敷料のコストもかかるので、もう少し頻度を遅くする農家さんが多いです)



この牧場の床替えの頻度が 今よりも遅くなると



そのウンコ達(糞尿と敷料の混合物)の水分量が高くなるので、堆肥舎に持ってきたときに



水分調整(ノコクズなどを混ぜて水分量を少なくすること)が必要になってきます。



初期の時点で発酵させないと、堆肥化は難しくなると思います。





酪農家さんのところでは堆肥化は大変です。



そのことは、酪農家さんが一番分かっていらっしゃると思うのですが・・・





ただ、堆肥化の方法はいろいろありますので、



もし興味のある方がいましたら是非ご連絡くださいませ。





各地域の担当者が対応いたします。 








By 礒 匠 on 2020/10/19 11:19

 

皆さんこんにちは。

道東担当の礒です

 

先週行われた十勝和牛素牛市場の結果をお知らせいたします。

 

まずは種雄牛の内訳です

 

勝早桜5 271頭  福之姫 198頭  愛之国 173頭  秋忠平 135

花国安福 71頭  美津照重 71頭  美国桜 55頭  福増 48

諒太郎 44頭  幸紀雄 43頭  百合白清2 40頭  百合芳 40頭  ほか

 

結果(税込)

メス 

出場702頭 成立670頭   最高1,996,500円 最低77,000円 平均596,952円 

去勢 

出場887頭 成立827頭 最高  1,091,200円 最低 166,100円 平均716,745

 

先月と比べると

メス プラス10,000

去勢 マイナス5,000円 

ほどです。

 

印象として増体の良い去勢が

80~90万円台と高く

上と下の価格の差が大きくなっています

 

 

参考までに高値で取引された牛です(セリ価格)

去勢

263日齢 343㎏  秋忠平-百合茂-安福久    905,000

273日齢 393㎏  福之姫-勝早桜5-安福久   917,000

279日齢 344㎏  百合白清2-華春福-安福久  962,000

 

メス

282日齢 334㎏  福之姫-百合茂-安福久    708,000

283日齢 360㎏  鈴音-花国安福-安平     711,000

311日齢 323㎏  福之鶴-安福久-百合茂    1,815,000

 

上記、『福之鶴』は

平成29年、群馬県生まれの家畜改良事業団さまの

所有する種雄牛で

血統は 福之姫-美津照重-忠富士 です。

 

上記 福之鶴-安福久-百合茂 の子牛

お母さんの育種価も高く、これだけの評価になったのですね!

 

 

アースジェネターつなぎを着ていたら

放浪日記の読者の方(営業マンの方)に声をかけていただきました!

もし、胸にアースジェネターの文字が刻まれた緑のつなぎ

を見たらぜひ声をかけてくださいね(笑) 

以上、結果報告でした!

By 岩本尚吾 on 2020/10/18 23:29




東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。 



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 



どの地域の方も 朝晩と日中の気温の差(寒暖の差)が大きくなっていると思います。



人間も 牛達も 風邪をひきやすい時期ですよね。



自分自身の体調を気をつけますとともに



いつも以上の牛達の観察をよろしくお願いいたします。 





ところで・・・




今から4日ほど前(10月14日)に、ある獣医さんから連絡がありました。



酪農家さんのところで働いている獣医さんです。



その牧場では堆肥のところで困っていて



今月2日から アースジェネターの給与を開始したところでした。




堆肥で困っている と 言いましても・・・




その牧場では 上手く堆肥化をしていて



自分の牧場の畑でも活用していますし、袋詰めをして販売したりもしています。



酪農家さんの中では、かなり上手に堆肥化をしている牧場だと思います。



☆酪農家さんのなかには上手く堆肥化できずに(乳牛のウンコは水分量が高いので)


 そのまま(ナマ)の状態で畑に撒いている方も少なくないような気がします・・・ 




それでは、何に困っているかといえば・・・




堆肥を置く場所(堆肥化する場所) が 時期により不足することでした。




その牧場では 堆肥舎を建てたいと思っているのですが



堆肥舎を建てる場所が今の牛舎の周りになくて



もちろん、離れたところに建てようと思えば建てられるのですが



作業効率が悪くなり、現実的じゃないということでした。




堆肥が出ていくとき(堆肥散布の時期など)は良いのですが



畑に撒けない時期だったり、農家さんたちが堆肥を使わない時期になると



どうしても堆肥が溜まってしまうということでした。



堆肥舎に堆肥が溜まってくる(増えてくる) と 切り返しもできなくなったり



切り返しした堆肥を置くスペースもなくなったりして



さらに堆肥が増えていきますよね・・・ 



悪循環になってしまいます。




そういう問題があるので



アースジェネターを活用して、少しでも早く堆肥化できたら良いな、ということでした。




当たり前なのですが、給与したら すぐウンコが変わり すぐに堆肥化できますよ・・・




ムフフ・・・ 




というものではありません。 




搾乳牛のウンコは水分量が高いので 和牛の肥育や繁殖に比べると 堆肥化は難しいです。



ノコクズやバーク、もみ殻などで水分調整(水分量を少なく)しないと発酵しません。



水分調整を上手にしたとしても、基本的に即効性はありませんので



今年の冬 と 昨年の冬の状態(堆肥の発酵)を比べるとか



今年の冬 と 来年の冬の状態を比べるとか



同じ季節の堆肥の変化を見て 比較していかなければいけないと思っています。



決して、今(10月) と 3か月後 の堆肥の変化を比較してはいけません。


3か月後は、1月(冬)なので 今よりも気温が低くて 堆肥が発酵しづらいです。 




先月、堆肥舎で 堆肥を見ながら その牧場の獣医さん、従業員さんと お話をして



”堆肥の変化に関しては 騙されたと思って 長い目で 見てください”



と 伝えていたところでした。







つづく・・・






By 中紙育朗 on 2020/10/16 15:53

 

皆さま、こんにちは!!

 

今月の14日~15日まで行われました、薩摩中央家畜市場子牛セリの

 

結果を書きたいと思います。

 

 

 

2日間合計

 

  入場頭数 売却頭数 最高価格(税抜き) 平均価格(税込み)
メス  224頭  224頭 120.4万 70.7万
去勢  318頭  319頭 101.7万 77.5万
合計  542頭  543頭  

74.7万

(前回比 +4.5万)

 

 

2日間合計 種雄牛別出場頭数(上位10)

 

美国桜    133頭

幸紀雄    124頭

諒太郎     69頭

紀多福     35頭

喜亀忠     23頭

夏百合     18頭

秀幸福     16頭

関平照     14頭

華忠良     14頭

直太郎     13頭

 

 

 

それでは、高値だったメスと去勢の結果を書きたいと思います。

 

 

 

メス

 

美国桜―勝忠平ー安福久ー金幸   278日  313キロ    120.4万(税抜き)

 

安福久ー百合茂ー平茂勝ー安福165‐9 256日 314キロ    108.2万

 

諒太郎ー隆之国ー安福久ー百合茂  269日  322キロ    100.9万

 

美国桜ー喜亀忠ー勝忠平ー安平   302日  318キロ     93.9万

 

美国桜ー華春福ー安福久ー平茂勝  268日 299キロ      90.3万

 

聖香藤ー美国桜ー幸紀雄ー安福久  290日 302キロ      88.4万

 

紀多福ー諒太郎ー美国桜ー金幸   280日 324キロ      75.2万

 

 

 

 

 

去勢

 

諒太郎ー美国桜ー百合茂ー勝忠平  278日  381キロ   101.7万

 

紀多福ー美国桜ー安福久ー百合茂  279日  326キロ   100.1万

 

華春福ー安福久ー百合茂ー神高福  278日  371キロ    99.6万

 

幸紀雄ー安福久ー勝忠平ー金幸    292日 341キロ    96.5万

 

華忠良ー安福久ー貫太郎ー紋次郎  285日  345キロ    90.4万

 

諒太郎ー安福久ー百合茂ー第1花国 249日  379キロ    90.2万

 

紀多福ー美国桜ー忠茂勝ー第1花国  299日 361キロ    90.2万

 

関平照ー勝忠平ー平茂勝ー金澄   283日  342キロ    78.3万

 

 

上記のような結果となりました。

 

薩摩市場も先月に比べ平均価格が4.5万円上げました。

 

先月から徐々に枝肉相場が上げ基調になった影響が、一つの要因だと思います。

 

 

 

By 礒 匠 on 2020/10/16 8:51

 

皆さんこんにちは。

 

道東担当の礒です!

 

先日お邪魔した酪農家さんの

育成舎を紹介します

昨年の冬から牛が入ってもうすぐ

1年が経過しようとしております

 

 

ハウス牛舎は比較的簡易的で

低コストの牛舎ではありますが

いい素材のシートが使われており

さらにエアーを取り入れることができる

2重構造になっているため

断熱、結露防止などの効果も期待できるそうです

 

側面が巻上式のカーテンになっており

天井も開口できるため換気も良かったです

 

 

そして、ベッドは発酵床(バイオベッド)を導入

うまく敷料と糞尿を混合することで

除糞の手間など削減することができますね!

 

日中は外につながる放牧地で運動して

青草を食べて、のんびりと過ごしています

 

 

とてもいい環境で

牛の毛艶もビッカビカ

肋張りも良く、とても健康的に育っていました!

 

牧場主さんも自分が考えていた形に近づき

喜んでおられました!

 

ドーム&シェルターで検索すると

いろいろと情報が出てくるかと思います!

気になった方はぜひ

By 植田秋良 on 2020/10/12 10:39

 

1078日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

 

上場頭数は1,742頭(メス702頭、去1,040頭 ※素牛のみ)で

前月より51頭増でした。

 

主な種雄牛は以下の通りです。

 

勝早桜5 262頭 前月262頭、前々月226頭)

福之姫  187頭 (前月172頭、前々月145頭)

愛之国  174頭 (前月207頭、前々月155頭)

美津照重 103頭 (前月 91頭、前々月101頭)

美国桜   75頭 (前月 89頭、前々月 79頭)

諒太郎   61頭 (前月 73頭、前々月 71頭)

幸紀雄   56頭 (前月 67頭、前々月 74頭)

百合白清2  53頭 (前月 46頭、前々月 46頭)

 

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

 

メス 606,077(前月603,903円、前々月622,979円)

去勢 713,238(前月714,230円、前々月735,477円)

 

前月と比べてメス、去勢とも、ほぼ横ばいでした。

 

相場は前月と同じような感じでした。

(今回は1日目のみ見学しました。)

内容は、去勢で4090万円前後の間、

雌で3070万円前後の間で推移していました。

依然として、安福久や美国桜絡みの勝早桜5、福之姫など

が高値でした。

繁殖用のメスは100万円以上が数頭(1代祖が安福久)、

6070万円前後が中心でした。

 

それでは参考までに、いくつか販売された牛の結果を

お知らせします。(セリ価格)

 

【メス】

安福久-平茂勝-飛騨白清   Read More »

By 植田秋良 on 2020/10/05 16:49

 

おそらく多くの農場さんで、

牛道やパドックの泥濘(でいねい)化に対して

悩んでいるのではないかと思います。

好天が続いて乾燥すれば問題ありませんが、

雨の日が続くと、たちまち問題化します。

異常気象が続く近年では、特に注意が必要です。

 

私が現場を回っていて、

対策として有効なこと(物)は、

 

  火山灰などを投入して、

・中央を高くしてカマボコ状にする

  

・高低差をつける

  

※いずれも水を低いところへ移動させる

  スノコや牛床ゴムマットを土の中に埋める

  アグリハイロード(ファームエイジ株式会社)の活用

 

などが挙げられます。

 

ただし、農場さんによって環境条件が違うため、

効果も違ってくるかもしれません。

農場さんごとで色々と吟味する必要があるかと思います。

 

また、現場を回り、

有益な情報を得ることができれば、お知らせいたします。

 

乞うご期待です!

By 岩本尚吾 on 2020/10/04 23:29




東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 




そういえば・・・




前回のブログに載せていた肥育牛なのですが・・・








結局、 28か月齢出荷  枝肉重量 690キロ ロース芯 114 BMS 12  だったようです。



血統は 実有貴ー安福久 だと思います。   ムフフ・・・ 






ところで・・・





少し前に、ある農家さんから長めのショートメール(携帯のSMS)をいただきました。



その農家さんからは1年ぶりの連絡、いや もしかしたら 2年ぶりくらいの連絡だったかもしれません。




メールが届いたのが少し遅めの時間だったので、その日に気づかずに




翌日の朝にメールを見て すぐに電話しました。





誰の人生も 波瀾万丈で



人生は いろいろなことが起きてしまうのですが

 

その農家さんからのメールには





”牛のトラブルが起きて、どうしたら良いか分からない・・・”




という感じのことが書いてありました。 





その農家さんにとっては大変なことが起きているのですが



実は、同じようなことを 何度も見てきていますし、皆さん 克服してきていましたので



”大変なことだと思うのですが、一つ一つやっていけば問題ないと思いますよ”



と 伝えました。




その後、その農家さんは 信頼できる獣医さんと話をして、解決策も見つかったようで



”今後の光が見えました。 目の前のことを一つ一つやっていきます”



というメールを(その農家さんから)いただきました。





物事って、ネガティブにとらえようと思えば、



どんなことでもネガティブに思えてしまうので



自分だけで解決しようとせずに



なにかが起きた時に話を聞いてくれる (相談に乗ってくれる)



友達 や 先輩、仲間たちの存在は 大きいと思っています。



ただ、相談する人を選ばないと話がめちゃくちゃになることもありますから、



そこは気を付けてくださいませ。 





ところで・・・





私事ですが、 妻の家出が 毎月 1泊とか 2泊とか 今まで通り そんな感じで行われています。



これが 1週間とか 2週間とか長くなってきたら



鹿児島 や 熊本、三重にいる先輩たちに 相談したいと思っています。





相談したら、おそらく・・・

 


”そんな レベル1 のことを レベル20 みたいに言うなよ。 そんなこと大したことないよ・・・” 




と 言われそうな気がします。






先輩たちは 今まで どんな 人生を送ってきたのでしょうか・・・・・  








つづく・・・






(あっ、つづきません・・・・・  )