自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<August 2019>
SunMonTueWedThuFriSat
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
1234567
Monthly
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
By 植田秋良 on 2019/08/30 12:19

 

とある発酵床牛舎の様子をお伺いしました。

夏場の発酵床は状態が良く、管理も楽そうです。

床の状態はやや硬く嫌気的なので発酵熱も低めで

牛も暑く感じておらず快適そうでした。

堆肥発酵施設も上手に稼働しておられ、

できた堆肥は主に戻し堆肥として発酵床に再投入しています。

 

ちなみに繁殖牛舎の発酵床は春から秋にかけては

メンテナンスフリーとのことでした。

 

上手に管理すれば

牛の健康増進、労力削減、敷料代軽減、堆肥発酵促進など

一石二鳥も何鳥もなり得るシステムだなあ~と、

あらためて思ったひと時でした!

By 植田秋良 on 2019/08/30 9:32

 

S農場さん(搾乳牛40、和牛繁殖牛30)にお伺いしました。

乳肉複合で上手に経営されているSさん。

搾乳牛のエサは地元のTMRセンターから配送され、

コストは掛かるが乳量や労力面においてプラスになっています。

和牛は優良血統牛から自家採卵を行い一部の搾乳牛に移植し、

素牛として高値で市場販売。

最近はメスが生まれれば自家保留の判断の目安に

生後2か月でゲノムを調べています。

どんどん繁殖牛群のレベルが上がっており、

保留しないメスの販売価格も上がっているようです。

 

乳肉複合では色々と考えることや手間などが大変だと思いますが、

S農場さんのように上手にするとメリットも大きいのではないか

と思います!

By 中紙育朗 on 2019/08/29 6:56

 

 

皆さま、こんにちは!!

 

僕の担当させて頂いている地域(鹿児島本島・離島・宮崎・沖縄地区)では

 

ひと言で暑さと言っても条件が変わってきますので、いろいろな暑熱対策が

 

されています。

 

また屋根の素材もさまざまですので、それに合わた対策が大切になってくると

 

思います。

 

今回はおおまかではありますが、僕がいまみている暑さ対策で良いと感じた事を

 

書きたいと思います。

 

 

 

鹿児島本島・宮崎での僕のおススメ対策は、屋根から水を流してあげる方法です。

 

 

とても見えにくいかと思いますが、こちらの農家さんでは川からポンプで水を汲み上げ

 

園芸用の散水ホースを屋根に乗せて水を流しています。

 

具体的な数字はないのですが、牛舎の外と中では明らかに差があり

 

とても涼しく感じました。

 

日差し避けがあったのも、良かったからだと思います。

 

 

牛の体表にミスト+風でもいいのかもしれませんが

 

「逆に牛舎内が蒸し暑くなった気がする」との声をお聞きします。

 

ある鹿児島の農家さんはミストは気温が30度以下までだと思うと言われていました。

 

 

 

 

日差しが強くなってくる沖縄や鹿児島離島地区では、屋根をペンキで白く塗る、

 

屋根の内側にベニヤ板をつけてしまう方法がおススメです。

 

沖縄では屋根も柱もすべてコンクリート作りの牛舎もありますので、

 

その場合を除き、畜産ナミイタ(塩ビ)や金属で出来た屋根や壁などは

 

良いと思います。

 

特に、金属で出来た素材の物は、熱も吸収しやすく放熱性が良いので

 

牛舎内はとても熱くなります。

 

牛の熱中症になる確率も高いと思いますので、是非試して頂きたいと思います。

 

 

 

 

最後にどの地域にでも

 

扇風機と新鮮な水を飲ませてあげる事が、とても大切になりますので

 

よろしくお願いします。

 

何かの参考になりましたら幸いです。

 

 

By 礒 匠 on 2019/08/26 10:31

 

みなさんこんにちは

道東担当の礒です

 

北海道はお盆が過ぎ、秋の気配を迎えております。

先週の雨に打たれ、僕は少し風邪気味です。

 

 

先週行われました十勝和牛市場の結果を

お知らせします

 

 

勝早桜5 402頭  花国安福 212頭 美津照重 161頭 

秋忠平 160頭  幸紀雄 148頭  第1花藤 120頭 

美国桜 84頭  諒太郎 75頭  福増 70頭  勝乃幸 69頭 

光彦 67頭  隆之国 51頭  

勝平1 47頭  金太郎3 47頭  百合白清2 41頭   他

 

でした。

 

結果(税込)

 

出場数

成立数

最高価格

最低価格

平均価格

めす

875

776

1,205,280

109,080

686,353

去勢

1,229

1,076

 1,088,640

163,080

775,311

 

 

で先月比は

めすで約マイナス5万円

去勢で約マイナス3万5千円でした

 

 

高く取引された牛は次の通りです(セリ価格)

 

去勢

福之姫-安福久-勝忠平   291日齢 369㎏   1,008,000

若百合-華春福-安福久    280日齢 384㎏   953,000

福之姫-美津照重-百合茂   245日齢 344㎏    896,000

福之姫-諒太郎-紋次郎   273日齢 350㎏    891,000

 

めす

安福久-百合茂-第1花国   296日齢 298㎏   1,116,000

福之姫-安福久-百合茂   321日齢 354㎏    1,101,000

< ... Read More »

By 岩本尚吾 on 2019/08/25 23:55




東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。 



皆様 いかがお過ごしでしょうか。



僕は、一昨日の金曜日から九州に来ています。



金曜日は蒸し暑かったのですが、昨日、今日と一気に涼しくなりました。



もちろん、このまま夏が終わるはずもなく 



また何度も暑くなると思うのですが



真夏でも 真冬でも!? 牛達が快適に過ごせるように



牛舎内の環境を改善して欲しいと思っています。




ところで・・・




今月、九州のある子牛セリに行ったときに ある肥育農家さんと話をしました。



その日も 暑い日でした・・・ 



ちなみに、その肥育農家さんの牛舎は



細霧装置もあり、扇風機もたくさんついていて外は暑くても 牛舎の中はとても快適です。 



その快適な牛舎でも 今年の夏の暑さと湿度に牛達はストレスを感じたんだろうと思ったので・・・




岩本 :   ”今年の夏は暑かったと思うんですけど、牛達の喰いが落ちてるんじゃないですか。”




肥育農家さん: ”牛達の喰いは かなり落ちてるよ。 今年も暑いからね。 



           今年は牛舎の屋根にスプリンクラーをつけたよ。



           牛舎の屋根は畜波(畜産波板)だから、



           畜波の屋根にスプリンクラーをつけても



           あまり意味がないんじゃないかという人がいるかもしれないけど



                           スプリンクラーをつけることにより、畜波の温度が下がり



                           畜波の下にある空気の温度が 0.5度 下がるかもしれない。



                           その空気が牛舎内に循環するとしたら



          スプリンクラーが無いよりは、牛達のストレスを少しでも減らすことができるよね。



                           実際は、どれだけ温度が下がっているかは分からないんだけど



           牛達のためにできることを 少しでもやっていかないと 結局、自分自身に返ってくるからね・・・”



  
  

 農家さんの言葉は 響きます。



 僕も できることを 一歩一歩やっていきます。  

 

 



By 中紙育朗 on 2019/08/24 6:44

 

 

皆さま、こんにちは!!

 

先日まで2日間行われました、種子島子牛セリについて書きたいと思います。

 

 

 

出場頭数(欠場牛を含む)

 

去   316頭       メス    219頭        合計頭数   535頭

 

平均価格(税込み)

 

去   74.5万     メス    61.6万       合計平均   69.4万

                                 前回比   - 3.7万

 

 

8月に入り枝肉相場が下がっていますので、その影響で子牛の平均価格も

 

下げたと思われます。

 

全体的な牛の印象ですが、暑さが厳しい中にも関わらず、種子島らしく良い牛

 

が多かったと僕は思いました。

 

暑さが続くかと思いますので、新鮮な水を飲ませてあげたり、扇風機の台数を

 

増やされるなど暑さ対策をして頂ければと思います。

 

よろしくお願い致します。

 

 

種雄牛別出場頭数(上位10)※欠場牛を含む

 

華春福     102頭

美国桜      73頭

幸紀雄      63頭

諒太郎      53頭

直太郎      40頭

秀幸福      35頭

実有貴      28頭

喜亀忠      24頭

隆之国      18頭

若百合      11頭

 

 

高値だった去勢の結果を書きたいと思います。

 

 

紀多福ー安福久ー平茂勝ー忠福   237日  258キロ  105.6万(セリ価格)

 

 

紀多福ー安福久ー勝忠平ー金幸   218日   251キロ    100.0万

 

幸紀雄ー安福久ー平茂勝ー金幸   260日   273キロ     99.0万

 

華春福ー安福久ー百合茂ー糸福(鹿) 254日  259キロ     96.0万

 

華春福ー安福久ー金幸ー安平照   255日   266キロ     93.4万

 

幸紀雄ー安福久ー百合茂ー安平   258日   251キロ     92.6万

 

華春福ー安福久ー金幸ー神高福   223日   284キロ     90.0万

 

 

最後に僕の好みだった牛を書きたいと思います。

 

実有貴ー安福久ー勝忠平ー安平   235日   294キロ    84.1万

 

 

 

 

何かの参考になりましたら幸いです。

 

 

By 中紙育朗 on 2019/08/18 21:14

 

皆さま、こんにちは!!

 

今月6日(火)に行われました、与論島の共進会に行かせて頂きました。

 

台風の影響により開催が心配されましたが、無事開催されました。

 

 

 

 

第1部   10カ月齢~14ヶ月齢      出場頭数    16頭

 

第2部   15ヶ月齢~21ヶ月齢      出場頭数    12頭

 

で競われました。

 

早速ですが、結果を書いて行きます。

 

 

 

第1部  

 

1席    諒太郎ー華春福ー金幸     体高 125.2㎝   体重  411キロ

 

 

2席   諒太郎ー百合茂ー金幸      体高  126.4㎝   体重 412キロ

 

3席   幸紀雄ー華春福ー安平吉    体高  125.2㎝   体重  408キロ

 

 

続いて第2部になります。

 

1席    諒太郎ー美国桜ー百合茂   体高  127.0㎝   体重  453キロ

 

 

2席   秀幸福ー忠茂勝ー金幸     体高 128.0㎝    体重  452キロ

 

3席   茂勝朗ー華春福ー勝忠平    体高 128.0㎝   体重  418キロ

 

 

 

グランドチャンピオンは

 

 

第2部で1席だった、諒太郎ー美国桜ー百合茂でした。

 

こちらの農家さんは、昨年もグランドチャンピオンを獲っておりますので、

 

2連覇になります。

 

皆さま、おめでとうございます(*^^*)

 

僕個人的には、共進会に行かせて頂いたのは、初めてでした。

 

イメージするだけでは無く、共進会場で現場の雰囲気や牛を実際見る事が出来た

 

ので、とても良かったです。

 

共進会という意味では少し内容が逸れてしまうかもしれませんが、

 

グランドチャンピオンの諒太郎ー美国桜の掛け合わせは、

 

肉質の面で魅力的ではないかと思いました。

 

おそらく逆の掛合わせで、美国桜ー諒太郎でも良さそうな気がします。

 

 

皆さま、お疲れ様でした。

 

色々とお世話になり、ありがとうございます。

 

また来年行かせて頂くかもしれませんが、その際はよろしくお願い致します。

 

 

By 岩本尚吾 on 2019/08/16 19:55





昨日のつづきです。 






結果としては・・・



平成30年4月から平成31年3月まで に 50頭以上 と畜して



BMS(平均)が10を超えていた種雄牛、母方祖父(二代祖)の流れは・・・


                                   

美津照重ー美国桜(去勢)   と畜頭数  84頭     BMS  10.01



第2勝王ー安福久(去勢)    と畜頭数  74頭     BMS  10.14



若百合ー安福久(去勢)       と畜頭数  60頭     BMS  10.00



でしたよ。 




☆家畜改良センター 枝肉成績とりまとめ (平成30年4月から平成31年3月まで) より






と畜頭数は まだ多くありませんが スゴイ結果ですよね。 




血統は あくまでも確率なので この血統が絶対というものではないのですが



血統の違いだけで(血統的に購買者さんの好みなのか そうでないのかというだけで)



同じ牛(同じ表現形、日齢、体重)でも



子牛セリの中で(去勢では) セリ価格が20~30万円 違うことも よくありますよね。 



メスだったら もっと差が出ることも あると思います。 




血統的なことばかり書いているのですが、個人的な意見としては



血統的な改良の前に 先ず 環境改善、飼養管理の改善だと思っています。



意識次第で 明日からすぐにできることだからです。



牛達のストレスを少なくしてあげることが 皆様の経営のプラスになります。 





環境改善、飼養管理の改善 を やりながら



血統的な改良も 一歩一歩 やって欲しいと思っています。



繁殖農家さんにとっては 母牛の改良 や つける精液(種雄牛の血統) が



子牛1頭当たりの利益に 直結しますよね。



そのための情報提供も できる限りやっていきます。 








By 岩本尚吾 on 2019/08/15 16:29




東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



暑い日々が続いていると思いますが、皆様 いかがお過ごしでしょうか。



こちら北海道は 九州ほど気温は高くありませんが



いつもより湿度のある夏を過ごしております。 




ところで・・・




僕のお盆は・・・ 



家畜改良センター の 枝肉成績とりまとめ を 見ていました。 



全国の肉牛の半分以上のデータ(と畜後の結果)をまとめているものだと思います。



血統ごとの(種雄牛だけのもの、種雄牛と母方の祖父《二代祖》まで出ているもの)



枝肉重量、  A5・A4以上率 や 平均BMS など



とても勉強になる情報が公表されています。 



(と畜頭数が50頭以上のデータだけ出ています)




その中で・・・




種雄牛 と 母方祖父(二代祖)のデータを見ていた時に



BMSの平均 が 10を超えていた 血統 が 3つありました。



50頭以上 と畜して BMSの平均 が 10を超えるってスゴイですよね。 



☆平成30年4月から平成31年3月までのデータです。




ちなみに・・・




BMSの平均が9 を超える 種雄牛と母方祖父(二代祖)の血統も少なくなかったです。




その例としては・・・




幸紀雄ー安福久(去勢)     と畜頭数 2,441頭   BMS  9.40


隆之国ー安福久(去勢)     と畜頭数 1,256頭    BMS  9.13


耕富士ー安福久(去勢)     と畜頭数      265頭     BMS  9.93    など



でした。



☆まだまだたくさんあるのですが、一つの例として書きました。

 

それでは・・・



ちょっとした 質問なのですが



平均 BMS10 を超えた 種雄牛、母方の祖父(二代祖)の血統の流れ は



どんな血統だと思いますか(3頭いましたよ)。 




少し考えてみて くださいませ(考えて分かるものではないのかもしれませんが・・・  )。







そのことについては 明日書きたいと思っています。 






 

 

 

By 植田秋良 on 2019/08/02 12:03

 

7月3181日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

 

上場頭数は1,526頭(メス594頭、去932頭 ※素牛のみ)で

前月より77頭減でした。

 

主な種雄牛は以下の通りです。

 

勝早桜5 235頭、美国桜 147頭、幸紀雄 110頭、

美津照重 96頭、諒太郎 71頭、第1花藤 70頭、

花国安福 68頭、隆之国 60頭 百合白清2 55頭 など

 

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

メス 743,079円(前月739,393円、前々月716,698円)

去勢 831,428円(前月830,146円、前々月807,752円)

前月とほぼ変わらない相場でした。

 

内訳もほぼ同じような感じでしたが、

去勢の上物の価格がやや上がりました。

私が確認できた100万越えが6頭でした(前回は2頭)。

また、通常下がるはずの2日目の後半~終盤の相場が

さほど下がりませんでした。

メスは変わらず底値が高く、去勢と変わらない価格も

多かったです。

それでは

参考までにいくつか取引された牛を紹介します(セリ価格)。

 

【メス】

安福久-忠富士-安平   318335Read More »