自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<April 2019>
SunMonTueWedThuFriSat
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
Monthly
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
By 礒 匠 on 2019/04/28 18:41

 

皆さんこんにちは!

道東担当の礒です。

 

 

北海道では、先週・今週くらいから畑に入り本格始動です

 

昨年は、長雨の影響で刈遅れ、嗜好性が悪かったり

収穫量が少なくて困った方も多いのではないかと思います。

 

ある、400頭規模の酪農家さんでは

サイレージが例年よりも少なく、収量不足を補うために

輸入のルーサンとビートパルプを足したり

菜種粕で、しょうゆ粕で栄養分を補ったりと工夫されています。

 

あるいは、嗜好性が悪い場合に

リンゴ粕、パイナップル粕なるものや

値段は張りますが糖蜜をかけてあげることで

もう一口食べてもらう工夫をしている方もいました。

 

また、1番草、2番草どちらかの品質が良ければ

混ぜてあげることで食い込みが上がったという方もいます

 

少し、手間とコストはかかりますが

牛にとって、命の源である草を少しでも多く食べてもらい

牛の健康と生産量アップにつながるといいですよね!

By 中紙育朗 on 2019/04/26 10:48

 

皆さま、こんにちは!

 

今月18(木)~19(金)に行われました、児湯地域家畜市場子牛セリについて

 

書きたいと思います。

 

僕は1日目に行かせて頂きました。

 

 

 

 

2日間合計出場頭数(欠場牛を含む)

去   484頭      メス     441頭     合計頭数    925頭

 

2日間合計平均価格(税込み)

去   88.6万     メス     79.2万    合計平均   84.1万

                                前回比  - 0.6万

 

 

種雄牛別出場頭数(上位10)※欠場牛を含む

 

耕富士     259頭

秀正実     178頭

秀百合久   128頭

美穂国     91頭

義美福     58頭

真華盛     46頭

冨久竜     17頭

愛日向     17頭

満天白清    16頭

忠国桜     16頭

 

児湯地域の農家さんに限った事ではありませんが、地元の市場はもちろん

 

是非、色々な市場で牛を見てもらえたらと思います。

 

少し距離があり時間はかかるかもしれませんが、面白いと思います。

 

それでは1日目の僕がわかる範囲内で高値だった結果を書きたいと思います。

 

 

去勢(セリ価格)

 

百合茂ー安福久ー平茂晴ー平茂勝    302日   374キロ   120.7万

 

耕富士ー安福久ー勝忠平ー福之国    280日   342キロ   117.9万

 

耕富士ー安福久ー勝忠平ー美津福    272日   338キロ   116.5万

 

耕富士ー安福久ー平茂勝ー忠福     294日   340キロ   116.0万

 

義美福ー安福久ー忠富士ー福之国   259日   314キロ   113.5万

 

 

 

続いてメスになります。(税抜き)

 

安福久ー金幸ー糸福(大)-八重福   313日  314キロ  203.4万(郡1等)

 

安福久ー耕富士ー安福久ー忠富士   308日  325キロ  191.5万

 

耕富士ー百合茂ー隆之国ー安福久   289日  319キロ  143.9万(郡1等)

 

満天白清ー忠富士ー福桜ー糸弘2   293日  282キロ   131.8万(郡2等)

 

耕富士ー美穂国ー安福久ー百合茂   319日  308キロ  111.4万(郡1等)

 

 

 

 

以上の結果となりました。

 

話は少し変わりますが、児湯市場でも 牛白血病ウィルス(BLV)の表示が

 

されています。

 

宮崎中央とは異なり、表示札は3種類5パターンあります。

 

セリ名簿に書かれている本文をそのまま書かせて頂きます。

 

 

児湯クリーン牛”  児湯地域管内統一札(雌子牛に装着)

 

今後の児湯地域管内の肉用牛経営において、地域一体となった特定疾病のない

 

取組の中で、各地域の繁殖部会代表の合意のもと地域内繁殖農家における

 

保留対象の一環として、強制ではなく各農家の任意で実施するものであります。

 

あくまでも血液採取、検査時点の判断であり、せり市上場時において、当該牛の

 

100%の陰性を証明するものではありませんのでご理解賜りますようお願い申し

 

上げます。(公的検査機関証明書確認後に各農家へ)

 

 

 

 

”検査済”   JA尾鈴地域管内札  雌子牛に装着

『児湯クリーン牛』と同様の意味です。 ※JA尾鈴地域管内⇒都農地区と川南地区

 

 

 

”清浄確認農場”  JA尾鈴地域管内札  雌子牛、去勢子牛に装着

 

JA尾鈴地域においては、特定疾病のない地域をめざすために、互助会組織を

 

立ち上げ、さらに先進的な取り組みを行っています。

 

国際獣疫事務所(OIE)の基準を基に独自の「清浄農場」の基準を設定し、各農場

 

の母牛・育成牛を含む全頭を年(1月1日~12月31日)に少なくとも1回検査を行い

 

、農場のBLV陰性(検査時点)を確認しています。

 

この荷札の装着牛は、上記の「清浄農場」の基準をクリアしていますとの印です。

 

この事についても当該牛の100%の陰性を証明するものではありませんので、

 

ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

 

 

行かせて頂いた1日目、メスは207頭、去勢は262頭、合計469頭

 

入場しました。

 

各札の詳細は以下の通りになります。

※多少数字が前後するかもしれません。申し訳ございませんがその点ご了承くだ

さい。

 

清浄確認農場          72頭

 

検査済み             17頭

 

児湯クリーン牛          50頭

 

清浄確認農場+検査済み   39頭

 

児湯クリーン牛+検査済み   5頭          合計    183頭

 

 

価格差については、全ての牛が違うので一概に比較できないのですが

 

生産農家さんの気持ちとしては、何らかの表示札があった方が安心して導入でき

 

るのでその分が差に表れるのかな   と思いました。

 

また、関係者のお話しでは「購買農家さんはこの市場がBLVに取り組んでいるので

 

来ている」というお話しをお聞きするそうです。

 

次回僕なりにBLVの事について書かせて頂きます。

 

 

By 植田秋良 on 2019/04/22 12:06

 

先日、函館方面へ行って来ました。

春の陽気が漂う暖かい日でした。

K牧場(酪農)さんに訪問しようとしたところ、

「アイスクリーム屋さんでアイスを食べながら話そう」

との運びになりました。

そこは函館市郊外にある

『函館牛乳のお店 あいす118』(株式会社函館酪農公社直営)

というお店でした。(HP: https://www.e-milk.co.jp/ice118/

実は私、アイス(ソフト)クリームが大好きなのです。

プライベートはもちろん、営業先でも良く食べます。

お菓子屋さん、飲食店、コンビニ等、

どこで食べても美味しく頂くのですが、

特にお気に入りの場所は

牧場さんや乳業会社さんが経営するお店なのです。

その理由は、美味しいことはもちろん、

何と言っても生産現場(牧場)を身近に感じるからです。

この日はソフトクリームのモカミックス味を食べましたが、

その美味しいこと!!

説明はあえて割愛しますが、絶品でした!

Kさん、ご馳走になりましてありがとうございました!!

By 岩本尚吾 on 2019/04/21 23:55




少し前のことなのですが、ある育成農家さんのところへ行ってきました。 















牛達(F1)を 3000頭 育てています。 










とても 優秀な農家さんですよ。 




2か月齢未満で導入して 9か月齢前後で 子牛セリに出荷しています。



毎月 数百頭!? 子牛を導入していて



導入場所(地域) や 導入時の日齢なども バラバラなので



病気が多い時期もあったようなのだが



ワクチネーションを含め  いろいろな対策を取るようになり



病気が 少なくなったということでした。 




牛達の頭数が増えてくると どうしても 病気も増えてくるので 



なおさら 病気の予防 が 大切になってくると思います。




そのなかで・・・




”僕のところでは、これをやるようになって劇的に変わりました”




と 社長が言っていたのは  『消毒の徹底』  でした。
















☆消毒風景です。





この牧場の哺乳ロボット牛舎では



オールイン・オールアウト なのですが



消毒を徹底させたことにより、病気が少なくなったということでしたよ。 




☆ちなみに、 オールイン・オールアウト  とは

 

  移動・出荷する際、牛舎を空にして、徹底的に洗浄・消毒・乾燥させ



   一定の空舎期間の後に 新たな子牛を導入する方式です。



   このことにより、病原菌が次に入ってくる子牛達に感染することがなく、



   病気の連鎖を絶ち切ることができます。



   牛舎に余裕がないと一定期間 空けるの難しいのですが、


 
   豚舎 や 鶏舎では、一般的に行われています。





すべての農家さんに関して



このことが当てはまるかどうか と いうのは別にして



どの農家さんでも このことを なにかに 活かせるのかもしれませんね。 






By 中紙育朗 on 2019/04/17 21:12

 

皆さま、こんにちは!!

 

今月13日~14日に行われました、宮崎中央子牛セリについて書きたいと思います。

 

宮崎中央セリも、2日目に行かせて頂きました。

 

 

2日間合計出場頭数(欠場牛を含む)

去    513頭       メス    426頭    合計頭数  939頭

 

2日間合計平均価格(税込み)

去   86.4万      メス    78.2万    合計平均  82.8万

                              前回比(3月)   + 1.5万

 

種雄牛別出場頭数(上位10)

 

耕富士     278頭

美穂国     133頭

義美福     104頭

秀百合久    75頭

秀正実      74頭

真華盛      41頭

忠高盛      37頭

第5安栄     37頭

秀菊安      27頭

愛日向      22頭

 

 

牛の印象としては、改めて太らせていない牛が多い市場だと僕は思いました。

 

宮崎県内の中でも、少し早出しという事もあるかと思います。

 

それでは、僕のわかる範囲がほんの一部になりますが、高値だった牛の結果を

 

書きたいと思います。

 

 

 

去勢(セリ価格)

 

忠高盛ー安福久ー忠富士ー安平   265日  301キロ   110.1万

 

勝平正ー美穂国ー安福久ー忠富士  271日 300キロ   100.0万

 

美国桜ー百合茂ー安福久ー勝忠平  270日 304キロ    95.7万

 

耕富士ー秀菊安ー美穂国ー福之国  263日 318キロ    95.1万

 

義美福ー秀菊安ー忠富士ー福之国  239日 302キロ    95.0万

 

 

メス(セリ価格)

 

満天白清ー美穂国ー忠富士ー福之国 274日 293キロ  131.6万

 

耕富士ー美穂国ー福之国ー安平   290日  299キロ  131.3万

 

美国桜ー安福久ー勝忠平ー百合茂  311日  255キロ   97.7万

 

美国桜ー美穂国ー忠富士ー福桜   313日  319キロ   95.6万

 

 

 

さて、話は少し変わりますが、宮崎中央セリでは平成28年6月セリ上場分より

 

牛白血病ウィルス(BLV)検査をメス子牛のみ生産者の任意により実施されてい

 

ます。

 

生産農家さん・肥育農家さんのどちらからもお話しをお聞きする機会が増え

 

関心の高いワードではと僕は感じております。

 

 

 

宮崎中央セリの2日目、メス子牛は欠場牛を抜くと、全部で185頭出ていました。

 

そのうち173頭がBLVフリーでした。約93.5%になります。

 

※僕が個人的に調べた数字であり、多少前後するかもしれません。

 大変申し訳ございませんが、その点ご了承下さいませ。

 

BLVフリーの牛には、セリ市場で下の写真の表示がされており、一目でわかるように

 

なっていました。

 

 

 

セリ市場に出場されるメス牛のほとんどが、検査を受けBLVフリーという事で

 

成功していていますよね。

 

とても凄い事だと感じています。

 

地域、市場、農家さんの取り組みや努力による賜物だと思います。

 

また詳しく書かせて頂きたいと思っておりますので、よろしくお願い致します。

 

 

By 中紙育朗 on 2019/04/16 18:39

 

皆さま、こんにちは!!

 

南九州・沖縄地区担当の中紙育朗です。

 

大変遅くなってしまいましたが、今月8日~9日に行われました

 

薩摩中央家畜市場子牛セリについて書きたいと思います。

 

僕は2日目に行かせて頂きました。

 

 

2日間合計出場頭数(欠場牛を含む)

去    336頭      メス  266頭       合計頭数   602頭

 

2日間合計平均価格(税込み)

去    91.0万     メス  82.7万     合計平均   87.3万

                              前回比   - 4万

 

種雄牛別出場頭数(上位10)

美国桜    157頭

諒太郎     99頭

幸紀雄     94頭

華満福     28頭

直太郎     28頭

百合気高    25頭

華春福     21頭

実有貴     20頭

喜亀忠     18頭

安福久     16頭

 

前回と比べると4万円下がりましたが、行かせて頂いた2日目

 

僕は安いとは感じませんでした。

 

もちろん薩摩市場ですので、良い牛はたくさん居たのですが

 

想定していた値段を大きく超える高値の牛が多く、驚きました。

 

それでは2日目、僕がわかる範囲内で高値だった結果を書きたいと思います。

 

 

去勢(セリ価格)

 

直太郎ー安福久ー勝忠平ー安平     292日  358キロ    145.3万

 

実有貴ー安福久ー勝忠平ー第5隼福  283日  361キロ    136.0万

 

諒太郎ー安福久ー百合茂ー谷照(鹿) 305日  345キロ     129.0万

 

諒太郎ー金幸福ー安福久ー金幸    264日  349キロ    110.1万

 

聖香藤ー安福久ー百合茂ー金幸    284日  349キロ    101.0万

 

幸紀雄ー勝忠平ー安福久ー平茂勝  277日  328キロ    100.0万

 

百合気高ー幸紀雄ー平茂勝ー安平  265日  330キロ     99.0万

 

喜亀忠ー安福久ー平茂勝ー紋次郎  275日  300キロ     98.6万

 

 

続いてメスになります。(セリ価格)

 

美国桜ー百合茂ー勝忠平ー安福165-9  283日 305キロ 205.9万

 

安福久ー百合茂ー第5隼福ー第20平茂   308日 315キロ 160.2万

 

華春福ー安福久ー勝忠平ー第5隼福     303日 334キロ 125.5万

 

安福久ー勝忠平ー第1花国ー安平      297日 264キロ 110.0万

 

華春福ー安福久ー百合茂ー安平       286日 312キロ 100.8万

 

安福久ー勝忠平ー安福久ー金幸       283日 289キロ  99.9万

 

 

岩本が先日ブログで書いておりました、200万円を超えた牛ですが

 

上記の通り安福久が絡まない、美国桜でした。

 

僕の個人的には、綺麗な牛だったと思います。

 

実は、3番目に書かせて頂いた、華春福ー安福久も同じ繁殖農家さんの

 

S川さんの牛でした

 

 

 

寒Kさん、良い牛を育てる秘訣を教えてください

 

 

By 礒 匠 on 2019/04/15 17:55

 

みなさんこんにちは

道東担当の礒です 

今月行われました十勝和牛市場の結果を

お知らせします

 

花国安福 238 勝早桜5 232頭  美津照重 164頭  幸紀雄 133

第1花藤 124頭  秋忠平99頭  諒太郎 74頭  美国桜 65頭  芳之国 49頭     

美津百合 48頭  福増 34頭  勝平1 47頭  隆之国 45頭     他

 

でした。

 

結果(税込) 

 

出場数

成立数

最高価格

最低価格

平均価格

めす

652

636

1,312,200

324,000

737,347

去勢

1019

977

1,169,640

221,400

848,383

 

 

で先月比は

めすで約+1万5千円

去勢で約+1万5千円でした

 

 

高く取引された牛は次の通りです(セリ価格)

 

去勢

福之姫-勝忠平-安糸福    271日齢  359kg  948,000

秋忠平-安福久-平茂勝    266日齢  321kg  948,000

勝忠平-安福久-安茂勝    260日齢  376kg  1,008,000

 

めす

美国桜-耕富士-美穂国    291日齢  321㎏  986,000

美国桜-百合茂-福之国    303日齢   334㎏  1,061,000 (※写真の牛)

金太郎3-安福久-金幸     273日齢  323㎏  1,097,000

安福久-勝忠平-金幸      347日齢  362㎏  1,215,000

 

 

繁殖牛

百合白清2-安福久-金幸  腹:美国桜   未経産  2,095,000円(※写真の牛)

勝早桜5-美津照重-勝忠平  腹:美津照重  未経産  1,056,000

 

 

  

 増体、血統が良ければ、去勢でも100万円を超える牛も少なくありませんでした

  

 メスも繁殖屋さん、肥育屋さんともに競っており全体的に高い値段となっていました。

血統的には、1代祖が安福久のメスはもちろんのこと&l ... Read More »

By 岩本尚吾 on 2019/04/14 20:39




東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆様 いかがお過ごしでしょうか。 



少し前のことなのですが、ある繁殖農家さんのところへ行ってきました。



僕は 初めて行く牛舎だったのですが



牛舎の臭気だったり 床の状態を見て欲しい と いうことでした。



農家さんのお話では(僕が話をしていたわけではないのですが)



あまり ポジティブではない(どちらかといえば良くなさそうな)感じだったので



ちょっと ドキドキしながらの現場でした。 




現場へ行って見てみると(子牛 牛舎の写真です)・・・














環境も良く 臭気はほとんどなく 床の状態も良く 牛達も元気に育っているようでした。 



ホッと 一安心しました。 




やはり、話を聞くだけじゃなく もし可能だったら現場を見て、



牛達の状態 や 臭気なども 自分で確認することが大切だなと思いました。




今回行ってきた繁殖農家さんは 新しく牛舎を建て 頭数も増やしていて



今までとは違う 新しいスタイルで牛達を管理し始めたばかりなので



少し 心配だったのではないか と 思いました。




新しいことを始める時って 楽しい部分もあり 不安な部分もありますよね。 

 


今回、初めて現場を見て 農家のお話を聞くと(農家さんとは初めてお会いしました)



これから どんどん大きくなっていくんだろうな・・・ と 思いました。





Sさん 応援しております!! 






By 植田秋良 on 2019/04/12 14:35

 

発酵床牛舎を新築して8年目のH農場さん。

週に一度の耕運機をかけた直後の発酵床の様子です。

なんと、今まで一度も外に排出していません!(※通路は別)

年に何回かオガクズを投入しますが、

上手に発酵、分解が行われるので

発酵床が高くなってこないのです。

少し手に取ってみると、

良い堆肥・・・と言うよりか、まるで土のようです!

 

そのように上手くいっている要素の一つに

牛舎と放牧場の行き来が自由になっていることが

挙げられます。

繁殖(AIET共に)もすこぶる良いとのことです。

牛にとって最高の環境ですね!

By 岩本尚吾 on 2019/04/10 22:55




東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



今週は、薩摩の子牛セリ(8日と9日の二日間)へ行ってきました。



そのセリでは・・・



ある知り合いの繁殖農家さん(S川さん)の子牛が 200万円 を 超えたり 



ある知り合いの繁殖農家さんの○○○が△△△!?だったり・・・ 



子牛セリの詳細は 鹿児島・宮崎・沖縄地区担当 の 中紙育朗 が 書くと思います・・・ 




育朗 頼むね。  フフフ…





今回の子牛セリ(二日目)では 長崎県 五島の繁殖農家さん(Mさん)も一緒でした。



Mさんが 鹿児島に来た理由は、 牛を買いに来たわけではなく、



農家さんへの視察を兼ねた ご夫婦での旅行(奥様への感謝)という意味合いがメインでした。 




Mさん ステキです。 




実は先月(3月)、五島の子牛セリへ行ったとき



Mさんと 話をしていて・・・



Mさん: ”岩本さん。  いつか、鹿児島に行かないかんね・・・”



岩本: ”もし時間があるなら、来れる時にいつでもいらしてください。 



      いつ何が起こるか分からない!?ですし 元気なときが良いですよ。

      

      僕が鹿児島にいる時でしたら農家さんのところへも案内できます。



      ちなみに、4月の8日と9日(薩摩子牛セリの時)は鹿児島にいますよ。"

 

      と  伝えていたら、早速 鹿児島へいらしてくださいました。 





 Mさんの決断のスピード 見習っていきます・・・ 





今回、Mさんと行ってきた農家さん(Kさん)のところでは、来月セリに出す子牛を洗って繋いでいました。








この日は暖かい日だったので、牛達も気持ち良さそうでした。 



Kさんは 子牛達を定期的に洗っていて、牛達は元気に育っていますよ。



牛達に気持ち良いことをやってあげると 牛達は期待にこたえちゃいますよ。  



今まで子牛を洗ったことがない という方がいましたら 是非 洗ってみてくださいませ。 




     ・・・・・・・




松本さん またいつでも鹿児島へいらしてください!! お待ちしております。









☆松本さん ご夫妻   平茂勝と一緒に   薩摩中央家畜市場にて