自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<March 2019>
SunMonTueWedThuFriSat
242526272812
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456
Monthly
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
By 中紙育朗 on 2019/03/29 13:14

 

皆さま、こんにちは。

 

南九州・沖縄地区を担当させて頂いている中紙育朗です。

 

さて冬も終わり少しずつ春に近づいてきていますね(^^)

 

今日の帯広は晴れていますが、風が強く肌寒いです。

 

鹿児島・宮崎・沖縄地方は暖かくなってきていると思います。

 

先日、ある農家さんにお伺いさせて頂くと、暑熱対策をされていました。

 

 

 

屋根の内側に遮熱シートを貼っていました。

 

昨年の年末に工事したので「まだ正直効果はわからない」

 

との事でしたが、僕は気になっています。

 

今のところの欠点は、カラスに突かれて穴が開いてしまうとの事でした。

 

日差しの強い時期に、隣の牛舎との比較をしたいと思います。

 

その時は、またブログにアップさせて頂きます。

 

By 植田秋良 on 2019/03/29 11:54

 

冬の北海道において、

発酵床牛舎で牛を飼う時に最も気を付けることの一つに

発酵床(牛床)を凍結させないことが挙げられます。

F農場さんではこの冬に発酵床の一部が凍結してしまい、

飼養密度が高くなり、

弱い牛などが十分に横臥できず、

乳房炎なども増えてしまいました。

 

ようやく最近になって凍結が緩み、

横臥できない牛もいなくなり、

体調も回復してきたとのことでした。

 

厳冬期の発酵床の手入れは

本当に大変ですが、

多めの敷料の投入や小まめな手入れ(場合によっては毎日)を

提案いたします!

By 中紙育朗 on 2019/03/26 13:27

 

皆さま、こんにちは!!

 

人工哺育の農家さまで、子牛にミルクを飲ませる時に咳き込んでしまったり

 

場合によっては、重篤化させてしまった経験のある農家さんは少なからず

 

いらっしゃるのではないでしょうか。

 

乳首を購入される時に、内側から覗き込み先端部分の穴の大きさを確認する

 

農家さんもいらっしゃると思います。

 

 

ある農家さんでは、購入した乳首により2頭、誤嚥させてしまい

 

その対策の為、乳首が奥まで届かないように木製のストッパー?を取り付けた

 

そうです。

 

※装着前

 

※装着後

 

このストッパーを付ける事により、奥まで吸い付けないのでミルクの出る量も

 

減り、誤嚥を防ぐ事ができているのでは・・・との事。

 

ストッパーの厚さを変えて調節もできますよね。

 

新しく購入される際は、穴の大きさや長さにご留意くださいませ。

 

また、今使用されている乳首からミルクが出すぎてしまう場合は、上記のような

 

方法も有効的ではないでしょうか。

 

 

By 植田秋良 on 2019/03/25 16:55

 

先日、K牧場さんを訪ねました。

そこには昨年、鳥取から導入した

白鵬8532代祖は忠富士)のメスがいました。

ご覧のようにスタイルは抜群で

体格審査では高得点をマークしたようです。

K牧場さんはやや後躯(お尻周り)が細いかな?

 と、おっしゃっていましたが・・・・)

お腹の中には美国桜が入っており、

もう少ししたらお産が近づくとのことでした。

 

爆発的な人気の白鵬と美国桜の掛け合わせですが、

生れてくるのはオスかメスか、ドキドキですね。

 

以上、期待の母牛紹介でした!

By 礒 匠 on 2019/03/20 8:55

 

皆さんこんにちは。 

道東&馬 担当の礒です。

サラブレッドの生産地、日高・胆振地方では

お産シーズン真っ只中だと思います。

軽種馬生産牧場の皆様は本当にお疲れ様です

 

2月に日高の軽種馬牧場を回っていると

やはり、ぽつぽつとお産が始まっており

かわいい仔馬ちゃんたちもお母さん馬に甘えていました

 

そこで、僕は実際には初めて見たのですが

お母さん馬がうんちをすると

仔馬がそのうんちを結構な量、食べ始めました

 

仔馬はお母さんのボロを食べて微生物を取り込んで

腸内細菌叢を構築するので、とても重要なことなんですね

 

馬にアースジェネターを給与しているユーザーさんは

仔馬はもちろんのこと

母馬にもアースジェネターを給与している方がほとんどです

 

それは、母馬の健康状態の維持も含め、そのうんちを食べる

仔馬の健康につながるという点でも、とても効果的だと思います!

 

それだけ、草食動物にとっても腸内細菌が重要ということですね!

 

お産後は、母馬のお腹の中の環境はがらりと変化し

腹痛も増えてくると思います

 

適度な運動、ボディコンデションの維持のほかに

予防のひとつとしてぜひアースジェネターの給与も続けてくださいね~

By 岩本尚吾 on 2019/03/17 22:55





少し前のことなのですが、大学時代の後輩に会いました。




後輩の働いている牧場では 搾乳牛 500頭 を 管理しています。




後輩の働いている牧場は、彼の実家ではなく 彼の奥さまの実家なので 彼は お婿さん です。




お婿さんということもあり 肩身は少し狭いようなのですが




楽しく仕事をしているようでした。 (*^_^*)




将来的には、彼が社長になると思うのですが




まだまだ 義理の親父さんが元気で 実権を握っているようでした。





後輩が 言っていました・・・





”仕事は楽しくやっています。 ただ、僕の牧場は休みが年間で3日くらいしかないんです。



 子供もいるのですが、少し厳しいですね・・・”





従業員さんを雇いながら経営している牧場でも 




牧場主 や そのご家族の休みは 少なくなってしまうことがあるのかもしれません。




もしかしたら どこの牧場でも同じようなことがあるのかもしれませんが・・・





後輩が社長になった時には 変えていかなければいけないことなのかもしれませんね。






By 岩本尚吾 on 2019/03/15 23:19



東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。




先週、大学時代の後輩に 久しぶりに 会いました。




大学時代から元気な後輩でしたが




相変わらず元気な様子だったので 嬉しかったです。 (*^_^*)




彼の家は 搾乳牛を 280頭ほど 育てていて、彼が 代表取締役をやっています。




搾乳している頭数が 280頭 ということは




乾乳牛 や 育成牛、子牛達 を 含めると・・・ 頭数は たくさんいますよ。




彼の牧場は ミルク や ヨーグルトの販売など 6次産業化にも 取り組んでいます。




働いている方達は 30人以上いるようでした。





その後輩が 言いました。





”僕の牧場は 完全週休 2日 に しました。



簡単じゃない部分も多いのですが これから 業界を変えていきたいと思っています・・・ ”







これから 畜産業界も いろいろ変わっていくのでしょうね。 ❤








By 中紙育朗 on 2019/03/14 17:55

 

皆さま、こんにちは!!

 

大変遅くなってしまいましたが、今月4日に行われました

 

与論家畜市場子牛セリの結果を書きたいと思います。

 

 

出場頭数(欠場牛を含む)

去    255頭     メス   175頭     合計頭数   430頭

 

 

平均価格(税込み)

去    75.1万   メス    65.1万    合計平均  71.2万

                           前回比(1月) +1.4万

 

種雄牛別出場頭数(上位10)

 

直太郎     49頭

美国桜     49頭

諒太郎     44頭

幸紀雄     43頭

若百合     39頭

華忠良     25頭

美津照重    21頭

華春福     20頭

実有貴     17頭

秀幸福     15頭

 

全体的な牛の印象としては、個体差があるように感じました。

 

牛を大きくしてください。  という事ではないのですが、

 

病気の予防や発育に関わってきますので、牛が快適に過ごせる環境を

 

作ってあげて欲しいと思います。

 

厚めのマットや、一部分だけでも、おがくずペレットなど敷いてあげると

 

良いかと思います。

 

 

それでは、高値だった去勢の結果を書きたいと思います。

 

実有貴ー安福久ー百合茂ー平茂勝   271日 354キロ  123.4万(セリ価格)

 

 

関平照ー幸紀雄ー安福久ー勝忠平  280日 364キロ  119.8万

 

幸紀雄ー安福久ー勝忠平ー金幸   275日 301キロ  115.1万

 

百合茂ー安福久ー平茂勝ー安平   253日 278キロ  107.8万

 

美国桜ー安福久ー華春福ー金幸   267日 296キロ  105.1万

 

華春福ー安福久ー百合茂ー安平   234日 262キロ  100.1万

 

諒太郎ー安福久ー百合茂ー金幸   265日 272キロ   99.8万

 

幸紀雄ー安福久ー華春福ー平茂勝  227日 239キロ  99.1万

 

若百合ー美国桜ー金幸ー平茂勝   231日 271キロ   98.8万

 

 

何かの参考になりましたら幸いです

 

 

By 岩本尚吾 on 2019/03/10 23:29






東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



一昨日、ある九州の肥育農家さんと食事をしました。



とても優秀な肥育農家さんです。 (*^_^*)




その肥育農家さんが・・・



”この前 出荷した3頭は、2代祖、3代祖に安福久が入っていなくて



BMS12、11、10だったのに(金太郎3-平茂晴 みたいな流れが多かったです)



このあいだの共励会に出した 安福久母牛の牛は4等級だったよ。



出荷する前の表現型は あのボコボコになっていない牛だったんだけど



あのカタチになっていなくても チャンピオンになったこともあるから



少し期待していたんだけど・・・ ”




と 言っていました。 *__*




いろいろと話しているうちに 導入時のエサのことになり、



その肥育農家さんが・・・



”うちは配合飼料をやった後に 発酵飼料をやっているんだけど



発酵飼料は あえて 嗜好性の良くないもの を 使っているよ。



嗜好性が良すぎると 発酵飼料も 配合飼料も 強い牛が食べてしまって



弱い牛が食べれなくなり、どうしても 牛達にバラツキがでるような気がする。



(導入時は 4頭 1群だと思います)



うちの発酵飼料は 嗜好性があまり良くないので



強い牛が食べ過ぎないし(喜んで喰いつかないし)、弱い牛の方が 意外と 頑張って食べて



そのうち、その嗜好性の悪いものに 牛達が慣れてきて みんなで仲良く食べてるよ。”



ということでした。





もちろん、嗜好性は良いに越したことはないような気はしますが



嗜好性の良くないものを あえて 利用する という考え方もあるのですね。




良薬口に苦し なのか 単純に美味しくないだけ!? なのか 分からないのですが



使い続けることができるということは 良いものなのだと思います。



牛達も大きく育っていますしね。 (*^_^*)




Kさん、 他の地区でも あの飼料を使っているのか確認してみますね。



嗜好性についても 一応!? 聞いてみます。 *__*






By 植田秋良 on 2019/03/08 15:15

3月6~7日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

上場頭数は1,610頭(メス641頭、去969頭 ※素牛のみ)で

先月より152頭増でした。


主な種雄牛は以下の通りです。

勝早桜5 180頭、美国桜 148頭、幸紀雄 140頭、

美津照重 140頭、諒太郎 98頭、第1花藤 97頭、

花国安福 87頭、隆之国 61頭、福乃百合 48頭など


平均価格は以下の通りでした(税込価格)。
 
メス 760,868円(前月770,869円、前々月752,408円)

去勢 848,284円(前月849,626円、前々月842,112円)

先月よりメス約1万円安、去勢は横ばいでした。


実質、先月とほぼ変わらず高値でした。

(1日目の方がより高かったです。)

内容は去勢で70~80万円台多く、

下は50~60万、上は100数万円台でした。

安福久絡みだけでなく、美国桜母体も高値でした。

メスは全体的に高く、60~70万円台中心に

下が50万円台、

繁殖用(安福久、美国桜、諒太郎、幸紀雄など)が

70万後半~100万前後でした。

ちなみに現在の枝肉相場ですが、

3月8日付の日本農業新聞によると、

東京食肉市場の和牛枝肉(生体)の平均価格(税込)が、

雌  68頭 A5 2,808円 A4 2,459円 A3 2,263円

去 137頭 A5 2,948円 A4 2,553円 A3 2,304円

となっていました。

A5とA3の単価の差が700円なので

枝重500㎏だと35万円、

600㎏だと42万円の差がでることになります。

この差が素牛価格の差になっていることと思われます。


それでは

参考までに高額で取引された牛を紹介します(セリ価格)。

【メス】

諒太郎-安福久-花清国 304日齢330㎏ 922,000円

美国桜-安福久-金幸 303日齢314㎏ 919,000円

安福久-忠富士-福之国 311日齢262㎏ 905,000円

安福久-勝平正-安糸福 318日齢274㎏ 902,000円

幸紀雄-華春福-安福久 317日齢350㎏ 901,000円

【去勢】

勝早桜5-安福久-平茂勝 277日齢382㎏ 1,081,000円

勝早桜5-安福久-平茂勝 261日齢367㎏ 1,065,000円

百合茂-安福久-福之国 304日齢374㎏ 1,065,000円

百合白清2-安福久-勝忠平 259日齢312㎏ 1,050,000円

金太郎3-幸紀雄-安福久271日齢352㎏ 1,013,000円

幸紀雄-第1花国-安福久279日齢332㎏ 957,000円

【妊娠牛】

安福久-勝忠平-第1花国 H29.3.18生 420㎏ 

H30.9.20幸紀雄授精 腹+ 1,774,000円


安福久-花清国-平茂勝 H29.5.24生 354㎏ 

H30.8.19美国桜授精 腹+ 1,306,000円


美国桜-勝忠平-安福久 H29.5.29生 394㎏
 
H30.9.1幸紀雄授精 腹+ 1,184,000円


勝早桜5-安福久-百合茂 H27.10.4生 536㎏ 

H30.8.13美国桜授精 腹+ 1,144,000円


美津照重-百合茂-福之国 H28.10.9生 412㎏
 
H30.9.10勝早桜5授精 腹+ 890,000円


続いてF1の結果を簡単にお知らせします。

上場頭数は250頭(メス231頭、去勢19頭)。

平均価格は以下の通りでした。(税込)

メス 431,184円(前月450,278円、前々月448,897円)

去勢 424,497円(前月487,260円、前々月424,611円)

先月と比べてメス約2万安、去勢約6万円安でした。

以上、市場結果でした!