自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<November 2018>
SunMonTueWedThuFriSat
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829301
2345678
Monthly
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
By 植田秋良 on 2018/11/29 17:24

 

先日、東京食肉市場にて開催されました()ある(・・)枝肉共励会

(第14回みついし牛枝肉共励会)に参加しました。

出品頭数36頭 A563.9%、A427.8% 4591.7

枝重平均 去勢552㎏ メス487

とてもレベルの高い内容でした。

(国内トップクラスの一つと言っても過言ではありません!)

 

そして、最優秀賞に輝いた牛は・・・・

去勢 北乃大福-平茂晴-安福久 30か月 枝重556

A511 ロース95 ばら9.0 皮下2.2 単価3,145

枝肉金額1,748,620円 でした!

BMS12番ではありませんでしたが、

全体の枝のつくりが評価されました。

 

続いて優秀賞(3頭)です(序列なし)。

去勢 花国安福-百合茂-茂重桜 30か月 枝重664

A512 ロース111 ばら9.3 皮下1.8 単価3,106

枝肉金額2,062,384

 

去勢 花国安福-北平安-深晴 29か月 枝重560

Read More »

By 礒 匠 on 2018/11/28 19:42

 

皆さんこんにちは。

北海道では日に日に寒くなり長い冬を迎えますね

12月から3月までは平均気温がマイナスになります

 

今年は灯油が高いので自宅でも断熱&保温の工夫が必要ですね

といいつつ、まだ何もせずヒーターを焚いて灯油を垂れ流しにしています

 

 

最近、農家さんを回っていて

水槽の水を触ってみると温水になっている所も多く

牛さんがストレスなく水を飲めているなと感じます

 

今年の1月に佐藤社長に沖縄に連れて行ってもらったとき

ぼくにとってはとても暖かいなと感じましたが

水槽にヒーターを入れているかたも多く

冬は飲水量が減るというお話も聞いたので

やはり、ある程度の温水を飲める環境を作っておくことが

大切なのだなと感じました

 

ましてや北海道ではバケツに水を入れて外に置いておくと

厳冬期では3時間ほどで凍ってしまうので

より注意する必要がありますね!

 

 

こちらの農家さんは母牛を小さい放牧地に放しておりますが

ドラムに穴をあけ、地下水を常に流しています

このような構造の水槽で風を防ぐことで

凍ることはなく常に新鮮な水を飲むことができます

 

 

これは、断熱効果抜群の水槽で

さらにヒーターを入れてあげることでマイナス20度でも

適温の水を飲ませてあげることができます

 

 

ハッチなどでバケツに水を入れているかたなどは

すぐに水が凍ってしまいますね

手間ではありますが、頻繁に交換してあげることで

飲水量が増え、スターターの食い込みも上がると思います

 

また、そこまで大きくない水槽でしたら

熱帯魚用のヒーターでも効果十分のようです!

 

中からも外からもお腹を温めてあげて

厳しい冬を病気なく健康に越えていきましょう

 

人もインフルエンザには気を付けてくださいね

By 岩本尚吾 on 2018/11/25 23:29




東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾 です。



今は九州におります。



僕はまだ雪を見ておりませんが、僕の住む帯広は雪が降ったようです。 



帯広の気温が マイナス10度 だった という情報を テレビで見ております。  



皆様 これから寒くなってくると思いますが、



牛達の体調だけでなく、自分自身の体調も管理してくださいませ。 




ところで、



調子の悪そうな牛、 なんとなく病気っぽい牛 を 見つけたら 皆様どうしますか。




子牛だったら すぐ体温を測り 獣医さんを呼ぶんだけど



母牛 や 肥育牛 だったら



(捕まえるのが面倒くさいから もしくは 時間がかかるから)



そんなに悪そうじゃなかったら 翌日まで 様子を見る 



みたいなことになっていませんか。 




明らかに悪そうなら 捕まえて体温を測るけど・・・ みたいな感じになっていませんか。




ワラ取り時期 や 忙しい時期 は



見て見ぬふりだったり、なるべく捕まえない病!? に なっていませんか。 




ある獣医さん(優秀な農家さんでもあります) が 言っていたことは・・・



どのような農家さんでも  ”アクセスタイム の 短縮” が 大切 と いうことでした。




もし気になる牛がいたら・・・



誰でも 簡単に すぐ 牛達を捕まえることができて



牛達に対して すぐに なにか 行動できる(体温を測るなど)環境にすることが大切



と いうことかもしれません。




スタンチョンだったり、オモテ(モクシ、頭絡)だったり、鼻環だったり・・・



それらを利用して、すぐに 牛達を捕まえることができるようになっていますか。



捕まえるアイテム(鼻環に引っ掛ける道具など)は すぐ取れるところにありますか。




自分ならすぐに捕まえられるんだけど・・・    ではなく



従業員さん や たまに来る 獣医さんでも



簡単に 牛達が捕まえれるような環境にしていきたいですね。 







By 礒 匠 on 2018/11/17 20:56

 

皆さんこんにちは

道東担当の礒です

 

先日、ある酪農セミナーに参加してきました

 

気になった発表があったので今回はそれを紹介したいと思います

 

哺乳ロボット(自動哺乳装置、カーフフィーダ)についてだったのですが

規模拡大に伴い、哺乳ロボットも導入する牧場が増えているそうです

 

労働力の軽減や

哺乳を数回に分けることで下痢のリスクを下げることも期待できると思います

 

ですが、その反面

ロボットがやってくれるということですべておまかせにすると

逆に、病気が流行ってしまうといことにもなりかねません

 

特に注意するのが、機械のメンテナンスです

 

まず、一つがしっかりと洗浄しましょう

ということです。

乳首や乳首につながるホースは見えるところにあるため

定期的に洗っているよという方もいるでしょう

 

ですが、ロボットが全自動でやってくれるミキサーの洗浄の

設定がONになっていなかったり

設定回数が少なく菌が繁殖してしまったり

というロボットの設定をあまり気にしていなかった

という牧場も多いようです

 

実際に、このセミナーに参加していたある農家さんも

家に帰って見てみたら、チューブがべっとりと汚れていて慌てて洗浄した

という方もいました

 

 

もう一つのよくあるトラブルが

計量のズレが出てしまい

正しい濃度でミルクが作られていないということでした

 

ロボットとは言っても誤差は出てきてしまうようで

定期的に測りを使って誤差を修正してあげましょう

 

 

哺乳ロボットを導入しているかたは

今一度、洗浄と計量に関して確認してみてもいいかもしれません

 

説明書をよく読んでみたり

販売店さんに聞いてみてください

ロボットの十分な能力を引き出してあげましょう!

By 植田秋良 on 2018/11/16 13:54

 

道北のA農場さん(搾乳牛120頭)を訪ねました。

A農場さんは泌乳牛舎を発酵床にしておられますが、

私が知る限り、牛や発酵床の状態などが最も優秀な農場の

ひとつに挙げられます。

そんなA農場さんですが、

先日、発酵床にオガクズを投入する為の小型タイヤショベルが

故障してしまったとのことです。

さあ緊急事態です。

直ぐ修理に出したものの、代車はほとんど使い物にならず、

いつ修理が終わるか目途が立たず、

発酵床にオガクズを投入できない日が1週間続きました・・・

そこで・・・

A農場さんは決断して、

新車でタイヤショベルを購入されました。

もともと牛や発酵床の状態が良く、事なきを得たようです。

 

さすがA農場さん!と思いました。

この決断はなかなかできることではありません。

この出来事からもA農場さんが優秀な農場さんで

あることがお分かり頂けると思います。

 

もし決断が遅れてオガクズを投入できないことが続けば、

発酵床の水分が高くなり、通気が悪くなり、

発酵が悪くなり、牛が寝なくなります。

寒い時期だったら凍結します。

その結果、乳房炎などに罹りダメになる牛も出てきます。

 

A農場さんはそのことを見越しておられました。

 

おまけにもうひとつ、さすがだなぁと思ったことがありました。

それは少し水分が高くなってしまった発酵床(写真)に

投入するオガクズの量についてです。

A農場さんは元の水分状態に戻すのに何日かかけて

いつもよりやや多めのオガクズを投入していくとのことでした。

その理由は一度に多量のオガクズを投入した場合、

発酵状態が大きく変化することで乳房炎などの疾病が

発生してしまう恐れがあるからです。

 

今日も勉強になった1日でした・・・!

By 岩本尚吾 on 2018/11/15 10:29




九州地区・東北地区担当 の 岩本尚吾です。



今は 北海道におります。



こちらの今朝の気温 は マイナス1度 でした。 



だんだんと冬が近づいております。



今の時期は、それぞれの地域で 朝晩の 気温差が大きいと思います。



牛達が特に、風邪をひきやすい時期です。



いつも以上の 牛達の観察 を よろしくお願いいたします。 





ところで・・・




タイトルにあります  600.8万円  という数字 なんだと思いますか。 





おそらく、 皆様 お気づきのことだと思うのですが




今月9日 熊本県家畜市場の子牛セリで出た 子牛1頭(メス)のセリ価格です。 





その日、僕は 北海道にいたのですが




”熊本のセリで 600万円の牛が出たらしいけど、なんなんですか!?”




という連絡がありました。





勝手な 僕自身の想像のなかで・・・





鳥取の ふくふく の ながれ の牛か




なにかの 種雄牛の ながれ の牛か




いまさらながら   もとじろう の ながれか・・・




と 思ったりしたのですが




結局、 なにかの種雄牛とか 育種価が高い母親 のながれ というわけではなく




純粋に、 発育や 表現型が良い メス牛だったようです。 





その日の 熊本県市場の子牛セリでは




”もしかしたら あの牛 200万円くらいは いくかもね・・・”




という感じで セリを見ていたようなのですが




その牛が 600.8万円 になったようです。 





子牛 1頭が 600万円を 超えるって 夢がある話ですよね。 





おそらく、 採卵していくのだと思うのですが 受精卵がたくさん採れると良いですね。





ちなみに、 血統 日齢 体重は




安福久ー百合茂ー福之国ー安平 262日齢 302キロ だったようです。  


 





By 植田秋良 on 2018/11/09 14:10

 

1178日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

 

上場頭数は1,608頭(メス700頭、去908頭 ※素牛のみの頭数)。

主な種雄牛は以下の通りです。

 

勝早桜5 401頭、幸紀雄 145頭、美津照重 129頭、

美国桜 118頭、第1花藤 98頭、諒太郎 76頭、

花国安福 73頭、隆之国 47頭、芳之国 32頭など

 

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

メス 716,454円(前月735,165円、前々月727,142円)

去勢 823,822円(前月803,236円、前々月807,397円)

先月よりメス約2万円安、去勢は約2万円高でした。

 

台風や地震による影響を受けた先々月、先月でしたが、

今月は通常の雰囲気を取り戻したようでした。

メス、去勢共に多少の増減はあったものの、

まだまだ高い相場でした。

去勢は季節がらA3の枝肉価格が上がってきている影響からか、

すそものは底上げされていると感じました。(60万~)

ただ、上物は伸びず90万円台が多く、

100万円以上はほとんど見られませんでした。

メスは先月と変わらない印象でしたが、

もしかしたら少し底が落ちたか、

先月多かった高額取引牛(100~300万円)が

少なかった影響かもしれません。

(あくまで個人的な意見ですが・・・)

 

それでは少しですが、&l ... Read More »

By 礒 匠 on 2018/11/07 19:05

 

皆さんこんにちは!

 

道東担当いそです

 

以前の続きでハエの話ですが

 

ハエはブンブン飛び回っているのは2割ほどで

あとは、卵やうじやサナギの状態でいるそうです

 

なので、うるさい成虫だけでなく

孵化や羽化させないようにすることが大切なんですね

 

ですから、定期的な孵化阻害剤(IGR剤)の使用などが効果的なようですね

これについては中紙育朗の日記に詳しく書いてありますので

是非参照してください

    http://www.labogenitor.com/tabid/77/EntryID/1585/Default.aspx

    http://www.labogenitor.com/Default.aspx?tabid=77&EntryID=1589

 

 

また、10月の末ごろ現場でちょうど

ハエ対策をしているところに出くわしました

 

こちらは、牛や人に無害な植物由来のハーブ液

アロマライフという製品を

をプルスフォグで噴霧していました

 

曰く、ハエの成虫にこの液体がかかることで

繁殖能力がなくなり、卵を産めなくなるそうです

 

アレロケミカルズといって植物が害虫を寄せ付けない

物質を配合しているためハエは苦しみますが

牛や人には害はないようです

 

 

また、ある牧場で牛床を掃除して

外に出ていた堆肥から湯気がぽやぽやと出て

いい発酵をしていました

ですが、通路から出た水分量の多い糞や

放置された堆肥にはハエがたかっていました

 

( ↑ 湯気が見えませんが絶賛発酵中)

アースジェネター給与で堆肥化を促進することが

ハエの発生を減少させる一つの要因ということも

納得できますね!!

(もちろん最初の水分調整や、たまに切り返しなどはしてくださいね!笑)

 

ハエはそんなに頭がいいのか……と

僕は信じられないのですが

子孫を残すためには卵を産む場所も大切ですので

ハエたちも必死に場所を探しているのです

 

また、いそ調べですが

ある牧場で

ペットボトルで作ったハエトラップを置いたところ

意外と草地や雑草が生えたところに多くいることがわかりました

 

やはり、たまに草刈りをするなど清潔にすることは

ハエの居場所を減らす意味でもいいようです

 

 

 

……とハエの対策を書きましたが

ハエも生態系においては分解者として働き

迷惑をかけずいい感じのハエさんもたくさんいるため

それを忘れず少しでもハエさんたちと理解しあわないと…

  ↑

ハエを調べているうちにいろいろと考えてしまいました

 

By 中紙育朗 on 2018/11/07 15:57

 

 

皆さま、こんにちは!!

 

 

今回は、個人的に気になっている牛肉の輸出量について書きたいと思います。

 

(皆さまのお役に立てる内容では無いかもしれませんが・・・

 

 

冷蔵・冷凍牛肉合計 輸出量

 

2017年度   約 2966トン  輸出額    20,901,321(千円)

 

2017年度、冷蔵肉での輸出量が多い順に、香港、台湾、米国

 

        冷凍肉では、カンボジア、香港、タイとなっています。

 

ちなみに、台湾は昨年9月に輸出が再開された為、昨年度では2番目でしたが

 

今年2018年4月から9月までは、冷蔵牛肉の輸出先ではシェア29.8%と

 

今のところ1番多くなっています。

 

                                  資料:財務省「貿易統計」

 

 

また、牛肉の輸出に関係した記事がありました。

 

今年5月、17年ぶりに日本産牛肉の輸入が再開になったオーストラリアですが

 

”和牛”のライバルには”Wagyu”の存在がある  という見出しです。

 

以下、記事を抜粋していきます。

 

オーストラリアでWagyuの生産がされるようになったのは、約30年前。

 

オーストラリアでのWagyuは和牛とそれ以外の牛を掛け合わせてもWagyuと

 

認定しているとの事。

 

交配率が50%以上。

 

例えば、片方の親が和牛の遺伝子を100%受け継いでいればいいそうです。

 

以前からレストランや精肉店ではWagyuが提供されており

 

2016年の輸出量は推定2万トン以上。

 

世界のスタンダードはWagyuですが、張り合わずに別な食材としてアピール

 

していくのが和牛普及になるのでは。。。

 

と書かれていました。

 

オーストラリアでの国民1人当たりの牛肉消費量は年間20.9キロと日本の3倍。

 

 

オーストラリアに限らず、世界で和牛が広がっていくと良いなと思いました。

 

 

他力本願で申し訳ございません。

 

 

By 岩本尚吾 on 2018/11/05 21:29





東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。 




ある東北の農家さんのところへ行ってきました。 









その農家さんは 母牛を 群管理していますが




お産前 2か月からは 母牛を個室に移動します。




個室で 子牛を産ませ 2週間くらいは親子だけでいるのですが、




それ以降は 離乳まで、 母牛 6頭 ・ 子牛 6頭  1群で 管理しています。




☆母牛がいる部屋(母牛 6頭 1群)







☆子牛がいる部屋(子牛 6頭 1群)








☆子牛が 母牛のところへ いつでも行けます 









もちろん、今は 子牛も 個体管理する時代なので




母牛頭数の多い農家さんは 特に 人工哺育をする方が多いのですが




(病気の予防 や 母牛の早期発情回帰、 効率の問題など 理由は多々あるのですが)




母牛 と 子牛が 一緒に 楽しそうにしている姿って やはり良いですよね。 




改めて 思いました。     今日の話でした。