自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2018年10月>
30123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123
45678910
月別の過去ログ
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 植田秋良 投稿日: 2018/10/19 16:03

 

H農場さん(和牛一貫)を訪ねました。

そこには来週1026日(金)の全国肉用牛枝肉共励会に

出品予定の牛が元気に過ごしていました。

去勢 29か月 光平照-平茂晴-安福久 

ちょっと写真ではわかりにくいかもしれませんが、

この牛さんの特長は、

・俵型というか四角い形の良い体形

・前駆全般及び首回りが太い(短い)

・背中から尾の近くまでモリモリボコボコ

・もちろんお尻全般もプリプリ

などです。

Hさん曰く、今まで好成績を収めた牛さんと比較しても

なかなかの仕上がりとのことでした。

 

来週が楽しみですね!ドキドキです!!

 

ちなみにH農場さんは、

先日1015日の全畜連肉用牛枝肉共進会(黒毛 メスの部)

において、最優秀を受賞されました!

メス 29か月 美津照重-百合茂-安福久 枝重452

BMS12 ロース芯87 バラ厚9.0 単価4,100円 1,853,200

綺麗なコザシで非の打ちどころがない100点満点の

枝肉だったようです!

 

いざっ、全国肉用牛枝肉共励会です!

投稿者: 礒 匠 投稿日: 2018/10/17 21:22

こんにちは!

 

今週行われました十勝和牛市場の結果を

お知らせします

 

勝早桜5 468頭 花国安福 184頭 美津照重 130頭 幸紀雄 104

芳之国 85頭 第1花藤 70頭 美国桜 59頭 美津百合 57

諒太郎 52頭 勝平1 34頭 百合茂 27頭 隆之国26頭 他

 

でした。

 

結果(税込)

 

 
出場数
成立数
最高価格
最低価格
平均価格
めす
616
587
986,040
224,640
695,330
去勢
907
848
1,131,840
255,960
802,567

 

で先月比は

めすで約マイナス18,000

去勢で約マイナス24,000円でした

 

また、頭数も今回の市場では少なめで

先月に比べて155頭ほど少なかったようです

 

詳細...

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/10/15 23:39





九州の ある繁殖農家さんのところへ行ってきました。









久しぶりに行くと 母牛が 100頭入る 新築の牛舎ができていました。 



ムフフフフ・・・ 




飼槽の前の部分は 広く取っていて(6メートル) 作業性が良さそうです。









ロールカッターをつけたトラクターも 余裕をもって通れますよね。









広く取っていると 乾草などを置くこともでき 倉庫代わりにもなりますしね。 




もちろん、最初のコストはかかってしまうのですが 




その後の 時間を買う(作業性が悪いと一つ一つに時間がかかります)




という意味では 費用対効果がある と思います。 




天井の端の部分は、両サイドとも 一部分 開いていました(換気の穴がありました)。











 





今のところ 外へ抜ける 換気扇はついていませんでしたが




この二か所 開いているだけでも 換気(牛舎内の臭気)は 全然違うと思います。 





なにかの参考になりましたら幸いです。 






投稿者: 植田秋良 投稿日: 2018/10/10 10:14

 

先週10月3~5日の三日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

1日目は、先月に中止となった分(92日目)、

2~3日目は通常予定分の上場でした。

 

上場頭数は2,282頭(メス903頭、去1,379頭 ※素牛のみの頭数)。

主な種雄牛は以下の通りです。

勝早桜5 523頭、幸紀雄 221頭、美津照重 193頭、

美国桜 167頭、第1花藤 140頭、諒太郎 124頭、

花国安福 107頭、隆之国 62頭、茂久桜 42頭など

 

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

メス 735,165円(前月727,142円、前々月716,822円)

去勢 803,236円(前月807,397円、前々月825,158円)

先月よりメス約8千円高、去勢は約4千円安でした。

 

3日間の平均価格だけを見ると先月並みでしたが、

1日毎に様子が違っていました。

1日目は先月出荷予定の牛の上場の日でしたが、

価格は先月並みだったものの、体重が増えた割には

割安といった印象でした。

ただ、メスは高めでしたが(3日間通して)、

去勢は100万円を超える牛がいませんでした。

2日目は通常の出荷予定の牛の上場だったので

100万を超える去勢がでるなど、

先月と変わらない状況でした。

3日目は価格に開き(特に去勢)が出ていました。

去勢で100詳細...

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/10/09 20:39




東北・九州地区担当 の 岩本尚吾です。




今回の話は、 牛飼いのことに まったく関係ない話なのかもしれませんが




ある農家さんと食事をしたときのこと に ついて書きたいと思います。




その農家さんは 九州の方なのですが すごく強面(コワモテ)の 




とても成績優秀な 肥育農家さんです。 




ちなみに、農家さんの子供さん(息子さん)は サッカーをしていて




中学、高校で活躍し 今年から大学(強豪校)へ進学したということでした。




ただ、大学の練習に参加して ここでは自分は伸びないのかも!?と感じたのか




部活も 大学も 辞めてしまったようです。





そして・・・   来年から・・・





スペインへ行って サッカーをするということでした。 





自分を試したいということでした。





18歳の決断ですね。   逞しい(たくましい) と 思ってしまいます。 






もちろん、少なからず金銭的な面で援助してもらわなければならないと思うので




そういった部分では、親御さんたちの決断もあったと思います。




この日は、息子さんも 夜の部に 途中から参加したので




(もちろん、お酒は飲んでいませんでしたが)




いろいろと お話を聞くことができました。 




お話を聞くと、こちらがワクワクしてしまいました。 





自分が 18歳の時に このような決断ができたのだろうか・・・




と思ったりしますが (もちろん、できていなかったのですが)




といいますか、 




決断することに 18歳も 45歳も!? 関係ないですよね。




年齢 や 環境 だったり というものは、できない言い訳につかうものなのかもしれません。





ある農家さん(新規就農して今は母牛が400頭以上!?いる方)は言っていた気がします・・・





”行動するだけで 9割は成功よ”






シンノスケさん めっちゃ応援しています!!




20歳になったら 一緒に スペインのどこかで!?飲みましょう。 





その前に・・・




スペインのヤマシイ場所に!?こっそり連れて行ってください。   ムフフ・・・ 








投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/10/02 13:29




東北・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



先日、四国にて ある勉強会に参加しました。



養豚農家さんの勉強会でした。



正直に言いまして、僕は 豚のことをまったく分からないのですが 



牛につながる話も多く(もちろん畜産という意味では同じですので)とても有意義な会でした。 



その中で 今、 肉豚(にくとん:お肉になる豚の総称 180日齢で約110キロくらいになります)



1頭当たりの衛生費(ワクチネーション代など)が 平均 約2,000円 かかっているという話がありました。



☆ある薬品会社さんの話です。 農家さんによりそれぞれ違うが平均それくらいということでした。



その話を聞き、



ある農家さん(Sさん)が  ”うちは 1,000円くらいかも” と 言っていました。



その Sさんの話を聞いて、別の農家さんが



”Sさん。 今の 1,000円の衛生費 を 1,700円にしたらもっと成績が上がるよ”



という話をしました。



この言葉には いろいろな意見があるかもしれませんが、個人的には納得しました。




”病気を薬で抑えましょう。 薬をたくさん使いましょう” 



という意味ではなく、



”病気を予防していきましょう、環境も改善し(病気などを含めた)ロスを少なくしましょう”




という意味だと 個人的には捉えました。





ある肥育農家さんは、ハエ対策のために 年間 50万円 使っています。





その農家さんは、



”うちの牛舎はハエ少ないですよ。    ただ、手間はかかりますよ。  ” と  話していました。



肥育牛 1000頭 の 農家さんです。




どう感じますか。    高いですか、安いですか。




大量のハエがいる牛舎 と ハエが少ない牛舎で



牛達の感じるストレス や それに対するさまざまなロスについて 具体的な数字は分からないのですが



1頭当たり 500円(50万円 ÷ 1000頭) を どう感じるか ということ かもしれません。




もちろん、ハエ対策については コストだけではなく 手間もかかります。 





利益を上げている農家さん達は 衛生費(敷料代なども含め)をかけている気がします。