自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2018年8月>
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678
月別の過去ログ
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 中紙育朗 投稿日: 2018/08/31 8:46

皆さま、こんにちは!!

 

重機が通路に入れないので、ロールを転がして広げ給与している農家さんに

 

お奨めの台車です

 

 

自分が牧場にいない時でも、奥様の身体に負担にならないようにと考え

自作されたそうです

 

とても優しいですよね(僕も少しは見習わなくては・・・

 

 

取っ手の付いている側に回転するローラーを付けているので、方向を変えるのも

簡単  との事

 

 

上部に十字型を付ける事で、ロールを浮かして牧草を取りやすくしているそうです。

 

 

費用は大体6千円から7千円くらいとの事

 

毎日の作業ですので、簡単にされてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

投稿者: 礒 匠 投稿日: 2018/08/28 19:09

みなさんこんにちは

 

先週行われました十勝和牛市場の結果を

お知らせします 

 

 

勝早桜5 471頭 花国安福 247頭 美津照重 196頭 幸紀雄 139

芳之国 93頭 美津百合 75頭 美国桜 73頭 第1花藤 68

諒太郎 50頭 勝平1 47頭 百合茂 39頭 隆之国37頭 他

 

でした。

 

結果(税込)

 

出場数

成立数

最高価格

最低価格

平均価格

めす

768

610

1,452,600

335,880

722,995

去勢

1047

971

1,138,320

474,120

819,673

 

で先月比は

めすで約プラス2,000

去勢で約マイナス4,000円でした 

 

 

高く取引された牛は次の通りです(セリ価格)

去勢

金太郎3-安福久-勝忠平 287日齢 323kg 1,024,000

勝早桜5-平茂晴-安福久 293日齢 438kg 946,000

 

めす

平茂晴-安福久-忠富士 314日齢 3421,031,000

百合茂-安福久-平茂勝 297日齢 3041,102,000

安福久-勝忠平-安平照 296日齢 307㎏ 1,345,000円(めすトップ)

 

 

 

めすは、全体的に繁殖用、肥育用ともに高く

去勢は下~中級の牛が多数の購買者にせられて値が上がっていた印象でした

依然、購買者の方々にとっては厳しい価格が続いていますが

20か月後の事を見越して購入し、お肉になるまで育て上げている

肥育農家さんの努力には

頭が下がる思いで、なにか少しでもお役にたてれば・・・

と日々思っている次第です

 

 

以上、セリの結果報告だけになってしまいましたが

参考にしてみてください!

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2018/08/27 16:34

 

先日、H農場さん(和牛繁殖40頭)を訪問しました。

H農場さんは約6年前に発酵床牛舎を新築しました。

子牛、繁殖牛、発酵床の状態とも抜群に良い状態です。

訪問した時の気温は約22℃ありました。

発酵床は適度な湿り気でフカフカな状態です。

発酵床の温度(約30㎝深部)は約34℃ありました。

気温より10℃以上も高いので牛がその熱さを嫌い、

発酵床で寝ていない牛が増えているのではないかと思いましたが、

全く問題なく寝ているとのことでした。

ちなみに発酵床牛舎に居る牛は年中、外の広い放牧地(運動場)に

自由に牛舎と行き来できます。

発酵床開始から約6年経ち、

発酵床の状態は臭気、色、牛舎内の雰囲気、牛の状態など

を見てわかるように『熟成』していると思われます。

H農場さんの日々の管理の賜物ですね!

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/08/26 23:29




先月の話なのですが、ある共励会がありました。




出場頭数は 100頭。




実はその中に  安福久母牛 は 37頭、 3代祖 安福久は 7頭 いました。




100頭中 44頭が安福久絡みの牛でしたよ。  ムフフ・・・ 




その共励会に、知り合いの肥育農家さんの牛が出場しました(下の写真の牛です)。























とても良い感じの牛でしたよ。 





結果としては・・・




血統: 金太郎3ー安福久ー平茂晴 (去勢)




月齢 28 生体 839キロ 枝重 586キロ 歩留 69.9 ロース 99 バラ 10.2 BMS 11




枝肉単価(税抜) 4220円 銀賞 2席(全体の5番目) でした。 




枝肉単価ついていますよね。   ちなみに、チャンピオンの単価は7050円でした。




この共励会は 7月28日に開催された”第24回 長崎和牛 系統枝肉共励会”でした。




長崎で開催される 大きな共励会の一つだと思います。






共励会といえば・・・






次の土曜日(9月1日) 九州管内系統和牛枝肉共励会@福岡 があります。 




九州の共励会では、もっとも注目度の高い共励会の一つではないでしょうか。 




九州、沖縄の各県から17頭ずつ 計 136頭が参加します。




アースジェネターを給与している牛もたくさん!?参加すると思います。 




この共励会には 九州・沖縄地区担当 の 中紙育朗が参加しますので




中紙が共励会の詳細をブログに書くと思います。  育朗 頼むね!!







共励会の日の夜(中洲の夜!?)の話は 書かなくても良いからね・・・・・ 









投稿者: 礒 匠 投稿日: 2018/08/22 17:05

 

皆さんこんにちは。

道東担当の礒です

 

今日は、北海道でも雨が降り雷も鳴っていたため

地域によっては停電した所もあるようです

 

 

2年前に北海道に台風が上陸した時は

川が氾濫したり

大雨、風の影響で長時間の停電がおこった地域も少なくありませんでした。

 

停電で搾乳ができなかったり、バルククーラーが機能せず

ミルクを廃棄することになってしまったりと被害も大きかったようです

 

 

普段は、北海道には台風は来ないと思っていても

いざという時、困ってしまいますよね。

 

 

最近、異常な動き方をする台風も増えており

今後、どんなことが起きるか分かりません

 

僕は、1酪農家に1台 発電機の時代かなぁ・・・と思っています

 

トラクターのPTO駆動タイプの発電機が1つあれば

停電時も搾乳、生乳の冷却、バーンクリーナー、ボイラー等

を動かすことができます

 

 

発電機の大きさもさまざまで

50頭規模から200頭規模以上まで対応しているそうです

 

 

2年前の停電を経験して発電機を導入した酪農家さんも

「まだ1回も使ってないけど何かあった時のために」と

緊急時、大切な牛さんを守るために備えています

 

『トラクター用発電機』と検索すれば

いろいろと出てきます

 

考えている方は、メーカーや販売店に問い合わせてみてください

 

 

 

 

ちなみに僕の気になる発電機を紹介します

 

タイヤ付でトラクターでそのまま牽引できるタイプです。

(国際農機展で発見しました)

 

便利ですね・・・

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/08/21 14:29




ある九州の子牛セリで牛の下見をしているときに、ある肥育農家さん(Sさん)と会いました。 



Sさんは とても優秀な肥育農家さんです。 



Sさんは 共励会でも活躍している方なのですが、



経営的にも しっかり利益を上げている方だと思います。



共励会で活躍している方が必ず儲かっているかといえば そうではない方もいると思うのですが 



今回お話をした Sさんは モリモリ儲かっていると思います。  



そこは間違いないです。   ムフフ・・・ 





その Sさんが 子牛セリの時 僕に話したのは・・・




”岩本さん、 少し前の話なのですが、鳥取の家畜市場に行ってきました。

 

 鳥取へ行った理由は、白鵬 や 百合白清2 を 買いたかったわけではなく



 師匠である Kさん(肥育農家さん)から 一緒に行こうと誘われたからなのですが


 
 一番の理由は、Kさんがどんな子牛を買うのかというのを改めて確認したいと思ったからです。



 まず、Kさんから言われたのは、 『お前は、血統で 子牛を買っている。』 ということでした。



 毎月、ある程度の頭数を揃えなければ(買わなければ)いけないし、

 

 少なからず 妥協して子牛を買っているところはあったので、



 Kさんからそのことを言われて 改めて考えさせられました。

 

 今は、鳥取で Kさんが買う子牛を見て、少なからず子牛の見方が変わりました。



 導入する子牛も変わっています。



 まずは、今の牛の見方を継続し導入していきます。

 

 今までが平均枝重520~530キロくらいなので、まずは枝重を550キロくらいにはしたいと思っています。

 

 これからが楽しみです!!  ”   ということでした。





利益を上げている人ほど 日々進化していると感じます。  
 




儲かっているから今のままでいこう という考えかたもあるのかもしれませんが



利益が上がっているときにこそ、なにかを変えていかなきゃいけないのかもしれませんね。



(肥育農家さんにとっては、大変厳しい時期だと思うのですが・・・  )






繁殖農家さん なにか新しいことにチャレンジしていますか!? 






 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/08/14 14:29




先週(7日)のことなのですが、薩摩の子牛セリ(2日目)に行ってきました。









出場頭数は 251頭。



種雄牛別出場頭数は


美国桜 51頭 諒太郎 43頭 幸紀雄 28頭 直太郎 25頭 安福久 12頭 茂久桜 10頭


百合茂 10頭 喜亀忠 9頭 秀幸福 6頭 清勝正・凛斗福・華春福・百合智 5頭・・・



平均価格(二日間)は メス 84.7万円 去勢 89.7万円(税込) 前月比 4千円高でした。



今回のセリに関しては、メスの価格が高値に感じました。



母牛として導入するような血統では 特にそうだったと思います。



安福久(1代祖、2代祖、3代祖)のメスだけでなく



美国桜のメス も 100万円を超える牛が多かったです。



美国桜の枝肉成績(美国桜 一代祖)を見ると



メスの成績が特に良くて(もちろん去勢も悪くないですが) 安福久の成績に少なからず似ています。



そういった意味では、



母牛になった美国桜も 安福久母牛 同様に 成績が良いだろう というのは想像できたと思うのですが



美国桜のメスは 数年前まで そんなに高値では無かったですよね・・・ 





最近、結果として 出てきた美国桜母牛の成績が良いので



今の価格(美国桜メスの高値)になっているのだと思います。




もちろん、美国桜(一代祖)の枝肉成績自体は 以前からそんなに変わらないので



それ(美国桜は母牛としても結果出すだろうということ)を 見越して



早めに(数年前から)今よりも 割安な価格で 美国桜のメスを導入していた方もいたと思います。





データを読み解きながら 行動できる方なのだと思います。 





簡単なことではないと思うのですが・・・ 





去勢に関しては、



以前の薩摩セリように 120万円を超える牛がモリモリいるという感じではありませんでしたが



100万円を超える牛も少なくなかったです。



安福久母牛(3代祖)の大きくなりそうな牛(将来性のある牛)がそうなっていたと思います。



今回のセリでは、



知り合いの大分の方、宮城の方たちが母牛の導入に来ていましたが



思っているよりも 高値で なかなか買えないということでした。  




宮城の繁殖農家さんは



ある美国桜のメス牛を 120万円くらいまで押していたようですが買えなかったようです。 



なかなか厳しいですよね・・・ 





知り合いの大分の繁殖農家さんは この日 1頭導入していました。



その牛の血統は、凛斗福でした。  



古澤さん 凛斗福母牛 めっちゃ楽しみですね!!   ムフフフフ・・・  








投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/08/12 11:29




東北地区・九州地区担当の岩本尚吾です。



暑い毎日ですね・・・ 



子供たちは夏休みですね。 




当たり前ことなのですが、現場では いつも以上に子供たちの姿を見ます。




今月の姶良家畜市場(鹿児島県)の子牛セリにて・・・










ある肥育農家さんの牛舎にて・・・











子供達にとっては



お父さん・お母さん(おじいちゃん・おばあちゃん)のお手伝いをして



おこずかい(お給料!?)をもらい、自分の欲しいものを買うという



良い循環ができるているとイイなと思います。 



社会を知る一歩 なのかもしれませんね。





お父さん・お母さん(おじいちゃん・おばあちゃん)にとっては



子供たちが  ”またお手伝いをしたい” と 思うような環境作りですね。





ただ、子供たちは簡単じゃないですよね・・・ 




なかなかお手伝いしてくれないですよね・・・ 





子供たちが将来、就農するにしろ 他の仕事に就くにしろ



こういう一つ一つの経験が 彼らを後押しするのではないのかなと思います。





皆さまも そうだったのではないでしょうか。  





今月は姶良の子牛セリにも行きましたが、薩摩の子牛セリにも行ってきました。




次回は、薩摩家畜市場子牛セリのことについて 書きたいと思っています。 




 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2018/08/06 10:03

 

8月1~2日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

上場頭数は2日間で1,508頭(メス616頭、去892頭、素牛のみ)。

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

メス 716,822円(前月724,720円、前々月733,726円)

去勢 825,158円(前月800,202円、前々月804,252円)

先月よりメス約1万安、去勢は約2万高でした。

主な種雄牛は以下の通りです。

勝早桜5 321頭、美津照重 136頭、幸紀雄 136頭、

美国桜 134頭、第1花藤 104頭、花国安福 79頭、

諒太郎 57頭、隆之国 48頭、など

 

今回はほんの少ししか見学できなかったのですが、

傾向は前月と似た様な状況のようでした。

去勢の平均は上がりましたが高くて80万円台が多く、

100万以上は少なかったとのことでした。

それでは参考までに数頭ですが取引された牛を載せます(セリ価格)。

 

【去勢】

美津百合-安福久-勝忠平230日齢320 870,000

勝早桜5-茂洋-福之国235日齢335 815,000

幸紀雄-美津照重-平茂晴 249日齢313 776,000

 

続いてF1の結果もお知らせします。

上場頭数は詳細...

投稿者: 礒 匠 投稿日: 2018/08/03 20:18

 

皆さんこんにちは。

道東担当のいそです。

 

道外の方には申し訳ないですが、

北海道も30℃を超えるところが多くとても暑く

大変厳しい1週間でした。

 

 

そんな中比較的涼しいはずの釧路、根室地方に

出張に行っていたのですが、計算が狂い(笑)

水分補給のために自動販売機にいくら貢献したか分かりません・・・

 

 

さて、根室の和牛繁殖農家さんで

ある装置を発見しましたのでご紹介します

 

 

半自動哺乳ボトル洗浄マシーンです

 

こちらの装置、水道管を加工して先端に穴をあけただけの

簡単な作りになっていて

(近くの設備屋さんに頼んでくださいね)

 

ミルクを飲ませ終わったら

洗剤を入れ

ボトルを差しこみ

水道をひねるだけです

あとは、事務所で一服するなり

ファイターズの試合を見るなり

(訪問した日は年に1度のファイターズ道東シリーズで圧勝)

子牛を見回るなりして数分待てばOKとのことでした!

 

手洗いではなかなか洗えなかった角の部分やへこんだ部分まで

しっかりミルクのぬめりが落ちるようです。

 

特にこの時期は洗い残しがあると腐ってしまい

子牛の下痢にも繋がってしまいます

 

この洗浄マシーンを使ってから

ミルクの作製室もにおいがしなくなり

子牛の下痢も減ったとのことでした!

 

手間も省けて一石二鳥とのことで

 

よかったら皆様もいかがでしょうか