自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2018年5月>
293012345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789
月別の過去ログ
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 中紙育朗 投稿日: 2018/05/29 13:46

 

 

皆さま、こんにちは!!

 

今回は、ある農家さんで使っている便利な物を紹介させて頂きます

 

 

1つ目は、ハエ取りテープになります

  

 

アメリカンなパッケージが印象的です

 

この農家さんでは、牛舎をネットで2重に囲っているのですが

 

 

それでも小さいハエが入ってきてしまうので、牛舎の隅にテープを張っています。

 

低い位置で、特にオーツヘイの近くは沢山捕まるそうです

 

徹底されていますよね

 

 

この農場の牛達は快適だと思います(*^^*)

 

 

 

 

続きまして、、、

 

大工さんが腰に付けている、腰袋?です

 

 

そこには、チョーク、スクレーパー、カッターナイフ、ちりとり

が入っています

 

こちらを身に着けている事で、広い農場内でも効率的に作業が進みそうですよね

 

この農場の、飼槽やません棒が綺麗なのは想像される通りになるかと思います。

 

 

 

良いなと思う牛もいました

百合茂ー安福久ー勝忠平    去勢   19か月齢

 

 

結果が楽しみです

 

 

投稿者: 中紙育朗 投稿日: 2018/05/24 23:48

皆さま、こんにちは!!

 

ラボジェネター九州・沖縄地区担当の中紙です。

 

今は九州の現場を回っています。

 

昨日は熊本の獣医さん、S先生の診療に同行させて頂きました

 

最初の診療は、足を痛めて立てなくなってしまった牛の治療でした。

 

 

その牛は約2週間前、発情が来ており柵を飛び越えようとして

 

見つけた時には、右後ろ脚が引っかかったまま

 

体は柵の向こう側の地面に着いてしまっていたそうです

 

 

脚の状態はかなり良くないので廃用にしてしまう選択肢もあったかもしれませんが、

S先生の「可能性はある」という後押しもあり、農家さんは治療を続けたそうです。

 

今まで機械で吊ってあげても立てなかった牛ですが、この日は・・・

 

 

 

初めて立ってくれました。

 

心温まる場面に立ち会えて嬉しかったです。

 

 

症状はそれぞれあると思いますが、廃用にするか、治療を継続するか

という選択は

牛を飼っている農家さんであれば

1度は経験される事かと思います。

 

 

治療を継続する場合、牛の事も心配ですが、スペースの確保も必要ですし

治療代など経費の事、獣医さんの協力、そして何より農家さんの手間と気力が

必要ではないか思います。

 

 

 

S先生「優秀な農家さんほど諦めない。その姿勢が他の部分に出てくる。という

     ことなのかもしれない」

 

 

何かに挑戦したり、根気よく継続するのはとても難しい事ですが

 

何か良い事が待っているのかもしれませんね

 

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/05/22 20:55




先日、九州の ある繁殖農家さんから電話がありました。



農家さん: ”隆之国の母牛としての評価はどうなんですか”



岩本 : ”もちろん良いですよ。   肥育農家さんも、そう思って購買していると思います”



と 伝えたのですが・・・



具体的に数字で見ていなかったので、改めて データを見返しました。



いくつかの種雄牛に対しては 隆之国 母牛としてのデータが載っていましたので



書きたいと思います(去勢のみのデータです)。



☆華春福(鹿児島 県有種雄牛) と 幸紀雄 の 成績



             と畜頭数    A5率    A4以上率


華春福    4928頭    49.4%     87.2%

幸紀雄    2470頭    63.3%     91.9%



どちらの種雄牛も スゴイ成績ですね。  



その中での 隆之国 母牛 (比較として 百合茂 母牛 も) を 載せています。



種雄牛    母方祖父    と畜頭数      A5率     A4以上率


華春福     隆之国       96頭      63.5 %   97.9%

                百合茂      712頭     58.1%    92.0%

幸紀雄     隆之国       64頭      76.6%    98.4%

              百合茂       79頭      78.5%     98.7%



☆家畜改良センター 枝肉成績とりまとめ(平成29年1月から12月まで)より 抜粋




改めて数字で見ると 隆之国 母牛 も 百合茂 母牛 も 能力高いですね。 



何かの参考になりましたら幸いです。 



☆佐藤さん どうですか!? 





投稿者: 植田秋良 投稿日: 2018/05/21 14:03

 

道東のT農場さん(搾乳牛75頭)を訪ねました。

3月のブログでもご紹介しましたが、

昨年12月から発酵型フリーバーン(発酵床)に挑戦しています。

まずは牛舎内の様子です。

3月に比べて発酵が順調に進んでいるのか、

明らかに発酵床の色が黒ずんできました。

この日は外気温15℃、

発酵床30㎝深部の温度は、28℃でした。

給与しているデントコーン、グラスサーレージも良く、

食欲も旺盛で毛づやもとても良い状態でした。

乳量も1日1頭36kg平均で調子が良さそうです。

 

これからの季節(といっても北海道はまだまだですが)、

気温が上がるにつれて発酵も促進されて良い反面、

場合によっては発酵床の温度が上がり過ぎて、

発酵床に牛が寝ないことがあります。

対策としては、

①扇風機を回す。

②発酵床の通気性を悪くして、

(あまり撹拌せず、やや(・・)水分高維持)

やや嫌気発酵状態にして発酵熱を上げないようにする。

などが挙げられます。

だいたい①で解決できることが多いですが、

扇風機が設置されていない場合は②もしくは、

扇風機の設置をお勧めします。

 

それではこうご期待です!

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/05/19 22:29




今月の薩摩子牛セリ 二日目(16日)の最後の方に 



知り合いの繁殖農家さんの とても良い感じの牛(去勢)がいました。 



血統は 美国桜ー百合茂ー勝忠平 291日齢 体重は330キロくらい!? だったと思います。


☆牛の写真はありません。   申し訳ありません。




結果を見て行きたかったのですが、最後までセリにいることができず、



購買者さん と セリ価格 が気になったので、その日の夕方 農家さんに電話しました。





岩本 : ”あの美国桜ー百合茂ー勝忠 は どうだったのですか”




農家さん : ”あの牛 は 99.1万円でしたよ”




岩本 : ”あの牛良い感じでしたよね。  Tさんが買ったのですか”




農家さん : ”いえ、○○さんが買いました”




岩本 : ”そうだったのですね。 安福久が絡んでいなくても、きちんと評価(高値で取引)されて嬉しいです  ”




農家さん : ”じつは、 あの牛 4代祖が安福久だったんですよ・・・”




岩本 : ”あっ、そうだったのですね・・・   良い感じの牛でしたもんね。 



      来月だったら、もっと高かったかもですね・・・  "




農家さん : ”そうだったかもしれませんね・・・”





今まで、鹿児島県の子牛セリ名簿は 3代祖までの血統表記でしたが









来月から 4代祖まで 載るようになるようです。 




今回の牛は もし4代祖が分かっていたら 結果が変わっていたのかも!? と思ったりします・・・ 







投稿者: 礒 匠 投稿日: 2018/05/18 17:25

 

皆さんこんにちは

道東担当の礒(いそ)です

 

今週は十勝の和牛素牛市場が行われました!

 

結果をお知らせします

 

 

勝早桜5 419頭  花国安福 276頭  美津照重 210頭  幸紀雄 169

芳之国 96頭  美国桜 88頭  第1花藤 82頭  美津百合 51頭  

勝平1 50頭  隆之国 45頭  諒太郎 42頭  百合茂 34頭  光平照 38頭   他

 

でした。

 

結果

      出場数  成立数     最高価格   最低価格    平均価格(税込)

めす     788     767           1,634,040      325,080       722,060

去勢     1087     1048            1,405,080      430,920       834,254

 

で先月比は

めす、去勢ともに約2万円高でした

 

セリ価格が下げている市場も比較的多い中

プラスだったのは、

中盤の値段の牛を買う強い購買者さんが入り

50~60万円台の牛の値段がせり上がったのかなと感じました。

 

高値で取引されていた牛や

気になった血統の牛は次のような牛でした(以下セリ価格)

 

めす

安福久-忠富士-福桜    329日齢 311kg  1,303,000

秋忠平-安福久-百合茂   266日齢 334kg   920,000

美穂国-百合茂-安福久   280日齢 320kg   832,000

 

去勢 

百合白清2-安福久-平茂勝 285日齢 366kg  1,296,000

平茂晴-秀菊安-勝平正   287日齢 390kg   904,000

幸紀雄-美国桜-忠富士   288日齢 374kg   881,000

 

などなど

 

また、F1に受精卵の入った繁殖牛は

百合茂-安福久-勝忠平 の受精卵で795,000

第1花国-安福久-勝忠平 の受精卵で756,000

 

となっていました。

 

以上、十勝セリ情報でした

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2018/05/15 9:18

 

先日、道内のとある牧場さん(和牛一貫)へ訪問しました。

牛の健康状態、肥育成績ともに抜群に良い牧場さんですが、

今度は良い堆肥をつくりたいとのことでした。

良い堆肥をつくり、

①牧草地の地力を上げる

②戻し堆肥として使い、敷料の削減や牛床の発酵促進を狙う

③農場内の病原菌抑制に繋がる

などの効果を期待したいとのことでした。

そこで、まず取り組まれたのは堆肥の積み方でした。

上記の写真のようにカマボコ状に積みことで

堆肥の表面積を増やして通気性を確保します。

そうすることで

好気性菌、嫌気性菌、好気兼嫌気性菌などの

多種多様な微生物が活躍することができて、

その結果、発酵が促進されます。

以前は下の写真のような積み方でしたが、

積み方を変えてから、

カサ(堆積)減りが早くなったとのことでした。

これからも色々な良い変化が起こると思われます。

乞うご期待です!

投稿者: 宮下真菜美 投稿日: 2018/05/14 16:16

今日の事務所、というより

今日のまなみの昼休憩 の話なのですが。

 

ようやく北海道も温かくなりまして。

最近になって 春服をむりなく着られる気温になりました。

今日も22度と、なかなか良好。風もない。

 

すごく個人的なことなのですが、自宅のお米ストックがなくなったので

お天気もいいし、お昼休憩中に買い出しに行こうと思い、外へ。

車に乗り込もうとしたのです  が、

 

(こんないい天気だし、お外でごはんを食べたらどうかしら)

と ふと、本当にどうしようもないことを思い立ってしまい、

お米の件は断念して、事務所の近くの

なんとなく自然が多そうな方 へ歩いて向かいました。

 

「いや、失敗したかな~ 普通にお昼食べるべきだったかな~」

「というよりこっちの方向に お弁当食べるようないい場所あるのかな~」

と思いつつも 足を運んでみると、これがまた とってもいい景色。

 

ごはんに のりたまかけただけの

たいしたことないお弁当がとってもおいしく感じます。

 

じーんと感動していると 近くを通りかかった方に声をかけられ、

右手になにやら野草のようなものを握っていたので 尋ねてみると

 

「あそこで採ってきたクレソン 今の時期が柔らかくておいしいんだよ

と教えていただきました。 

 

「へえ・・・・・」  

その方が指差した方向を見ると、木々が生い茂っていて

ちらっとだけ、沢?(確認できるかできないか)が見えるのです。

 

いつもなら 虫が多そうだしな~と思ってしまうのですが、

今日はなんとなく 行ってみようかという気分になったので

一人でそちらへ歩いていってみました。

 

途中やっぱり、大きな虫を想像して 少しだけ後悔しましたが、

「なんとなく」の気分を頼りに足をすすめました。

すると、さらに素敵な景色が。

 

たんぽぽの綿毛なのか、白いふわふわしたものが風でゆったり舞っていて、

それもまた 雪のようで幻想的でした。

 

それから少しの間 水の音やら草の音を楽しみ、

事務所に戻ってきた 今日の私のお昼休みです。

 

たった1時間 ふと思い立った感覚だけで過ごした結果

今まで知らない場所に行くことができ、会うはずのなかった人に会い、

1,500円だして食べるインスタ映えするランチよりも 

余りものオンパレードな手抜きのお弁当が 私的には美味しかったし、

すこし汗ばむくらいの運動もできました!

 

実際にはそうではないのかもしれないのですが、そう感じることができました

 

今日も今日とて、牛さん達の話ではまったく無く、

全然お役に立つ情報でもないので申し訳ないのですが

 

今時期の北海道の自然の豊かさ 美しさと、

ふと思い立ったこと は もしかしたらすごく楽しいことへの近道かもしれない

ということが 少しだけでもお伝えできていたらな、と思います

  

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2018/05/11 14:32

 

5910日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

(今回は2日目に様子を伺いました)

上場頭数は2日間で1,668頭(メス631頭、去1,037頭、素牛のみ)。

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

メス 738,300円(前月728,890円、前々月705,614円)

去勢 826,504円(前月825,221円、前々月818,133円)

先月よりメスは1万高、去勢は横ばいでした。

主な種雄牛は以下の通りです。
勝早桜5 339頭、美津照重 168頭、幸紀雄 147頭、

1花藤 138頭、美国桜 135頭、花国安福 82頭、

諒太郎 60頭、隆之国 49頭、安福久 37頭、など

 

傾向は、先月と同じような感じでした。

1日目は高かった反面、2日目は少し弱く、

午後以降はさらに弱くなっていました。

 

それでは参考までに高額で取引された牛を載せます(セリ価格)。

【メス】

白鷗853-第1花国-安福(岐阜)282日齢313 1,962,000

安福久-美国桜-百合茂 305日齢274 1,054,000

勝洋-隆之国-安福久 297日齢322 868,000 詳細...

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/05/10 18:29




北海道の ある繁殖農家さんのところへ行ってきました。









子牛セリでは牛を見ていたのですが 初めて現場を見る農家さんでした。




子牛を見ると・・・



発育が良い牛が多く バラツキが少なくて、飼養管理が良いのだなぁと思いました。 



この農家さんのところでは



生まれてから数日間は 子牛と母牛が一緒にいて



それから親子を離し(人工哺育)、その後1か月間は子牛を1頭マスで個別に管理しています。



それから、1群3~4頭の群管理になります。



その群管理のところで



以前は、スターターと一緒(青い容器)に 乾草を入れて草を食べさせていたのですが







3か月ほど前から 乾草用の入れ物を作って それに草を入れるようにしたら









以前と比べて、 乾草を食べる量が 目に見えて増えたということでした。 










乾草を食べる量が増えたら、




子牛が 以前より良くなっているように感じるということでしたよ。 




この乾草を入れる箱 (牛が食べる姿勢!?)に何か意味があるかもしれませんね。 










この農家さんでは 毎月子牛の採血をしているようなのですが




血中のトータルコレステロール値がどのように変化していくのか楽しみにしているということでした。





トータルコレステロール値の変化については また報告したいと思っています。