自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2017年12月>
262728293012
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456
月別の過去ログ
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 礒 匠 投稿日: 2017/12/27 14:45

 

少し前のことですが、

青森県に牧場視察に行ってきました。

 

搾乳牛約70頭規模の千葉さんという酪農家さんです。

 

そして、この千葉さんの牛舎は搾乳ロボット1台を取り入れているのですが

珍しいのは、牛舎がフリーストール牛舎ではなく

コンポストバーン牛舎(発酵型フリーバーン)でロボットを稼働させています。

すでに、稼働し始めて約4年経ちます。

 

 

搾乳ロボットを導入することで余裕のある暮らしを実現しつつ

牛によりストレスがなく、自由な空間で飼いたいということで

今までに例のない、この組み合わせを選んだそうです。

 

 

最初に砂を40cmおが粉を20cmベッドに敷き詰め

牛がベッドにする糞を毎日2

ロータリーハローで撹拌して(11回おが粉を足す)

発酵させ堆肥化させることでベッドを作っていき

今でもふかふかの状態を保っています。

 

 

搾乳ロボットとコンポストバーンの組み合わせでのポイントを聞くと

 

ロボットに関しては、ロボットに対応できる(乳頭の位置など)牛をそろえること。

ベッドに関しては、毎日2回のロータリーハローでの撹拌を

状態を見ながら行いしっかり発酵状態を保つこと。

(ベッドのメンテナンスは朝夕の給餌のタイミングで通路を封鎖して行う)

 

と、ロボットとコンポストバーンの組み合わせだからどうだ

というポイントは特別無いと言っていました。

 

ただ、牛舎を建てる前から牛のスペースだけは広くとってあげること

ということは言っておられました。

 

実際に、牛舎には約55頭の牛がおり、

一頭当たりのスペースが

1011㎡と大変広く取っています。

牛もとても快適に過ごしていました

また、ロボットにしてから乳量も増え

自分の時間も増え

疾病もほとんどなく

良いことづくしだ

とおっしゃっていました。

 

                   平面図

 

北海道でも、発酵型フリーバーンと搾乳ロボットの組み合わせで

牛舎を新築したいという方も増えています。

実際にうまく稼働している牛舎を見ることができて

とても勉強になり、これから増えていく

飼養形態になっていくのではないかなと感じました

 

千葉さん快く視察を受け入れてくださり、ありがとうございました!

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2017/12/25 17:22

 

道東のT農場さん(搾乳牛75頭)を訪ねました。

T農場さんはもともと通常のフリーバーンで

泌乳牛を飼養管理されていましたが、

1か月ほど前から発酵型フリーバーン(発酵床)

に挑戦しておられます。

変えることとなったきっかけは

手作業での除糞の負担軽減でした。

ウッドチップとバーク、

その上に自家産の堆肥(完熟手前の物)と

刻んだ麦わらを土台にしてスタート。

 

発酵させるには厳しい条件の季節の中でも

まずまずの滑り出しとのことです。

手作業での除糞がゼロになったわけではありませんが、

今までより糞が敷料と上手く混ざり、労力が軽減された上、

発酵が立ち上がっている様子でした。

発酵床の温度は、

外気温5℃時で15℃前後(15㎝深部)ありました。

 

これからの厳冬期、そして凍結が緩む春先まで

気が抜けませんが、

きっとT農場さんなら上手に管理されることでしょう!

投稿者: 中紙育朗 投稿日: 2017/12/21 14:50

皆さま、こんにちは!!

 

今回は、現場で良いな。と思った物を紹介させて頂きます。

 

 

また?季節外れの内容になりますが・・・

 

ある離島の農家さんですが、新しく牛舎が建てられていました

 

新しく建てられた牛舎には、最近流行?スタイルの扇風機が付けられていました

(以前からあるタイプで、僕が知らなかっただけかもしれませんが(*_*)

 

一見、普通の扇風機に見えますがロープを引くと・・・

 

 少しずつ角度が変わり、直下型に

 

さらに引くと・・・

 

この農場では、季節により変化する風の向きに合わせる為に

写真のスタイルにしたそうです

強度が気になりますが、10月の大型台風の時でも大丈夫だったそうです

 

直下型の扇風機は、熱せられた屋根の熱が扇風機により循環してしまうので

僕がお奨める事は基本的に無いのですが

肥育農場では床を乾かす目的で

そうされている事もあるかと思います

 

写真のタイプの扇風機だと、日中の日差しが強い時間は、牛舎の外から新鮮な

空気を取り込み流してあげる。

逆に夜は、床を乾かす為に直下型にする という使い方もできるのではないでしょ

うか?(かなり手間になりますね)

 

僕が行かせて頂く地域では

暑くなってから扇風機をつけようと注文すると、在庫が無かったり、工事する業者の方

が忙しいく、設置できないというお話しをたくさんお聞きしております

 

また蒸し暑い季節がやってきますので

かなり?早めですが、準備をよろしくお願い致します

 

ウォーターカップも2マスに1つ外側に向いているのをよく見ますが

子牛も飲みやすいように各マスに1つ設置されていました

 

 

 

 

つづきまして・・・

鹿児島県の木ノ下さんの牛舎になります

 

古くなったサイロを利用し、子牛に直接”風”が当たらないように

工夫されていました

 

天井は無く、筒状になっており投光器が付けられていました。

 

 

この日は風が強くとても寒かったのですが、子牛は快適そうでした

 

写真のようなサイロはあまり無いのかもしれませんが、

牛にとって快適な環境作りを、よろしくお願いします

 

木ノ下さん、僕が天文館や牟田町に行くのは

時々??ですよ

ここでは、時々??という事でよろしくお願いします!!^^;

 

 

投稿者: 中紙育朗 投稿日: 2017/12/21 8:46

今月12~13日に行われました、種子島子牛セリに行ってきました。

 

 

 

 ※写真は、アースジェネターユーザーの花木さんです。

花木さん、諒太郎ー百合茂ー安福久 肥育に行ってからも伸びそうな良い牛だと

僕は思いました 

 

 

2日間合計出場頭数

去   412頭      メス    302頭       合計頭数  714頭

 

2日間合計平均価格

去   85.7万     メス    73.1万     合計平均  80.4万

                                (前回比  + 7.9万)

                                     (前回 10月)

 

2日間合計 種雄牛別出場頭数(上位10) ※欠場牛を含む

 

華春福   去  97頭    メス   60頭    合計  157頭

喜亀忠   去  46頭    メス   44頭    合計   90頭

直太郎   去  44頭    メス   23頭    合計   67頭

諒太郎   去  35頭    メス   17頭    合計   52頭

隆之国   去  17頭    メス   10頭    合計   27頭

本富士   去  15頭    メス   12頭    合計   27頭

幸紀雄   去  17頭    メス    9頭    合計   26頭

益華福   去  14頭    メス   12頭    合計   26頭

美国桜   去  16頭    メス    9頭    合計   25頭

秀幸福   去  15頭    メス    8頭    合計   23頭

 

 

2日間、僕がわかる範囲内で高値だった去勢の結果を書きます。

 

1.華春福ー安福久ー勝忠平   251日 304キロ    124.0万(セリ価格)

2.実有貴ー隆之国ー安福久   296日 310キロ    113.4万

3.喜亀忠ー安福久ー百合茂   279日 280キロ    109.6万

4.華春福ー安福久ー勝忠平   231日 280キロ    104.8万

5.華春福ー安福久ー金幸    253日 288キロ    102.9万

6.金吉幸ー安福久ー勝忠平   263日 271キロ    102.2万

7.勝忠平ー華春福-安糸福   267日 312キロ    102.0万

8.安福久ー美国桜ー金幸    244日 292キロ     101.8万

9.実有貴ー安福久ー勝忠平   244日 278キロ     99.5万

10.幸紀雄ー安福久ー百合茂  248日 250キロ     98.3万

 

僕個人的には「その牛なり」に育った牛が多いという印象でした。

 

 

ちなみに今回上位に2頭入った、実有貴について少し書きたいと思います。

実有貴(みゆき)は徳重和牛人工授精所さまの種雄牛で

血統は 百合茂ー安福久ー勝忠平になります。

 

僕が聞いたお話しでは子出しはかなり大きいそうです。

初産、2産目の母牛には付けずに、母牛を選んで頂けたらと思います。

また分娩時には、お気を付けください。

 

種付けされる方の参考になりましたら嬉しいです

 

 

投稿者: 礒 匠 投稿日: 2017/12/18 17:43

 

先週のことですが、十勝市場がありました。

主な種雄牛は

花国安福 290頭  勝早桜5 283頭  美津照重 222頭  幸紀雄 109

第1花藤 109頭  美津百合 94頭  芳之国 94頭  安福久 84

秋忠平 84頭  美国桜 80頭  勝平1 67頭  隆之国 46頭  他

 

でした。

 

 

 

結果

    出場数    成立数   最高価格    最低価格    平均価格(税込)

めす   765    714   3,885,840    201,960    718,139

去勢   1078   994       1,315,440     48,600     826,788

 

先月比はめすが+約25千円、去勢が+15千円でした!

 

 

このめすの最高額3,885,840円というのは

274日齢 327㎏ 美津照重-安福久-平茂勝(受精卵産子)

という牛ですが、この牛のお母さんが

脂肪交雑育種価が全道第6詳細...

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2017/12/13 21:29




九州、東北地区担当 の 岩本尚吾です。



今日は熊本の現場を回っていました。





今朝は マイナス2度でした。  九州も だんだん 寒くなっております。 





農家さんのところへ行くと・・・



たまたまなのですが、大学の先輩(開業獣医師 の H先生)が採卵に来ました。 



H先生 は 農家さんへの対応が良いので 人気のある先生でもあり、



往診だけではなく、人工授精、受精卵移植、採卵もしているので いつも お忙しくしています。 



H先生のことは もう10年以上知っていて



毎年3~4回くらいは 夜の部!?を ご一緒していた気がするのですが、



今年は、一度も飲めていないと思います。



最近は特に お忙しくしています。



正直に言いまして、おそらく(間違いなく!?)お金はたくさん稼いでいると思います。



ただ、使う暇は ないのかもしれませんが・・・・・ 




そのH先生 が 採卵の準備をしながら、僕に言いました。



H先生:  ”岩本。  この前、嫁御(よめご)から 衝撃の一言 を 言われたよ。”


☆嫁御(よめご)とは 奥さまに対する 敬称です。 熊本の方がよく使います。





岩本: ”先生。  なんて言われたのですか・・・”






奥さまから の 一言とは・・・     







つづく・・・







すいません・・・       すぐ書きます。 







H先生:  ”嫁御(よめご)から・・・       




      「お父さんとの 思い出は ない。」   って言われたよ。”  




     ☆お父さんとは H先生のことです。 

      
      H先生は 結婚して 20年以上経っていると思います。


      休みの無い仕事なので 突っ走ってきたのだと思うのですが・・・ 





HASE川先生 貴重な一言 ありがとうございます。




もうすぐ言われそうな言葉!? の ような気がしました。 




北海道に戻りましたら、家族との思い出作り!?に 精進します・・・ 




☆次回こそは!? 皆様の役に立つことを 書きたいと思います。 









投稿者: 植田秋良 投稿日: 2017/12/12 8:58

 

12月6~7日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

上場頭数は2日間で1,782頭(メス727頭、去1,055頭、素牛のみ)。

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

メス 708,842円(前月724,867円、前々月706,848円)

去勢 832,539円(前月832,804円、前々月816,344円)

先月よりメスは1.5万安、去勢は横ばいでした。

主な種雄牛は以下の通りです。
勝早桜5 205頭、美津照重 186頭、幸紀雄 147頭、

1花藤 141頭、美国桜 119頭、隆之国 105頭、

花国安福 103頭、諒太郎 85頭、美津百合 50頭、など

 

傾向は先月よりスソモノの価格が下がっておりました。

先月は中間層(80万前後)の牛がやや強かったように

感じましたが、今回は先々月と似たような状況でした。

 

それでは参考までに高額で取引された牛を載せます(セリ価格)。

【メス】

安福久-忠富士-福之国 301日齢303 1,122,000円(トップ)

百合白清2-安福久-平茂晴 284日齢289 1,071,000

諒太郎-安福久-百合茂 281日齢324 1,000,000

【去勢】

白鵬853-安福久-勝忠平 270日齢314 詳細...

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2017/12/11 14:47

 

先日、東京食肉市場にて開催されました()ある(・・)枝肉共励会

(第13回みついし牛枝肉共励会)に参加しました。

出品頭数36頭 A575%、A419.4% 4594.4

枝重平均 去勢533㎏ メス487

とてもレベルの高い内容でした。

(国内トップクラスの一つと言っても過言ではありません!)

 

そして、見事最優秀賞に輝いたのは・・・・

去勢 勝忠平-安福久-平茂勝 28.4か月 枝重541

A512 ロース108 ばら9.2 皮下1.9 単価3,064

でした。

H農場さん、おめでとうございます!!

ちなみにこの牛さんの全兄弟が

H黒‐283「勝俊久」(ジェネティクス北海道)という

種雄牛になっています!

 

続いて優秀賞(3頭)です。

去勢 直太郎-北乃大福-北国78 28.7か月 枝重633

A512 ロース98 ばら9.8 皮下2.4 単価2,903

 

去勢 北平安-百合茂-安福久 27.2か月 枝重492 詳細...

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2017/12/10 22:29




ある肥育農家さんのところへ行ってきました。








牛舎は たくさんあるのですが、今は この牛舎だけ!?アースジェネターを給与しています。



長さ 100メートル の 牛舎です。   大きいですね。 




外に出ると・・・








雪が積もっています。    九州ではなく 東北地区の現場でした。 



給与してから 2週間くらいで ”臭いが少なくなった” と 言われました。



きちんと毎日、継続して 給与しているからだと思います。



変化が見えてくると 嬉しいです。 



☆今は給与して二か月経つのですが 堆肥の発酵も良くなっているようです。  ムフフ・・・ 




実は、毎日やり続けることって 簡単じゃないと思っています。


(この牧場では 配合飼料に混じっているわけではないので エサに振りかけて給与しています)




というのも・・・



牧場の社長さん と 話をして 給与を開始したところでも



従業員の方がやらなかったこと(毎日給与していなかったこと)が



今までに たくさん たくさん!?あります。 



きちんと給与しなかったら、変化も見えないですし



変化が見えなかったら、継続することが難しくなります。


(といいますか、継続できません・・・  )




なんのためにやるのか  ということを



社長さん と 従業員さん の間で共有できていない牧場が 少なくないのかもしれません。



(簡単なことではないのかもしれないのですが・・・  )




この牧場では 臭気 や 堆肥以外にも 変えたいと思っている部分があります。



その変化を見るのが 楽しみです。 



来年の秋頃!?までには、変化が見えてくるのではないか と 思っています。 




現場が終わり、次に行く予定にしていた農家さんのところへ電話をしました。



その時の時間は、11時55分頃 だったと思います。




岩本:  ”お昼になってしまい、申し訳ありません。 牛舎にいらっしゃいますか。”



農家さん(Kさん): ”今は 牛舎じゃなくて家にいるから、家に来たらいいよ。”




ご自宅に お邪魔すると・・・      ムフフ・・・ 














金澤さん ご馳走さまでした!!  めっちゃ幸せな気持ちになりました。 





今回は わざとではないのですが、



次回以降は お昼頃 多め!? に なっちゃうかもです。   フフフフフ・・・ 









投稿者: 礒 匠 投稿日: 2017/12/08 16:25

 

皆さんこんにちは。

 

今年の3月からアースジェネターを給与開始した

和牛一貫農家さんがおしえてくれたのですが、

 

 

「アースジェネターの保管はこの箱がぴったりなんだよ

  みんなにも教えてあげて」

どこのホームセンターでも売っていると思います

13Lのサイズだそうです

5kg袋がぴったり入り、湿気やネズミなどをシャットアウトできます

 

ちなみに、代用乳などの20kg袋はこちらの45Lタイプが

ジャストサイズです。

 

 

実際に見に行くと

ジェネターサイズは約800

粉ミルクサイズは約1700円でした。

 

 

ぜひ!