自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2017年9月>
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1234567
月別の過去ログ
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 礒 匠 投稿日: 2017/09/29 18:36

 

こんにちは。

北海道担当いそです。こちらは朝晩、寒くなってきました。

もう冬ですね

 

繋ぎ牛舎やフリーストール牛舎で牛のマットを使っている人は多いと思います。

コンクリートより牛の肢にも優しく生産性アップにもつながるのではないでしょうか。

経営には牛の健康も大切ですが、人も健康でなくてはいけませんね

 

 

 

さて、繋ぎ牛舎での搾り作業は足腰が鍛えられるかもしれませんが

奥様方なども膝や腰が痛いという人はおおいかもしれませんね

 

 

そんな時は、人の通路にもマットを敷いてみてはいかがでしょうか

実際に、繋ぎ牛舎で搾っている奥さんのお話ですが

 

『中央の通路に分厚いマットを敷いたおかげで

搾乳する時に立ったり座ったりするけど痛みが大分楽になったよ』

とのことでとてもおすすめしていましたよ!

  

 人も牛も健康が一番ですね!

このような話が当てはまる方はぜひ、検討してみてはいかがでしょうか!

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2017/09/25 13:47

 

先日、H農場さん(和牛一貫)を訪ねたところ、

前日に生まれた品の良い子牛(メス)がいました。

種雄牛はジェネティクス北海道さんで現場検定中の

H黒‐283「勝俊久」(勝忠平-安福久-平茂勝)という牛です。

実は生まれも育ちもH農場さんで、高育種価の安福久母体

(名前:はうおり)から生まれました。

そして、写真左にいる母牛はこれまた同農場さんの

高育種価の北乃大福母体(2代祖第2平茂勝)とのことです。

おさらいするとこの子牛の血統は

勝俊久-北乃大福-第2平茂勝になります。

母系、父系ともにH農場さんの思い入れが詰まった

“楽しみな逸材”ですね!

ちなみにこの子牛は肥育されるとのことで

32か月後(東京オリンピックの直前!)、乞うご期待です!

勝俊久の全兄弟も元気に背中モリモリ肥育中でした~!

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2017/09/25 11:56

 

宮城全共が終わり、参加された皆様は

すっかり日常の生活に戻られていることと思います。

遅ればせながら、宮城全共にて弊社(※㈱ラボジェネタ―)

のブースに寄って頂いた皆様、

誠にありがとうございました!!

 

全共の結果はもうご存じだと思いますので

割愛いたしますが、

私の担当地域である北海道の総合成績は、

前回の長崎全共より良かったとのことで

とても嬉しく思います。

 

ただ、鹿児島、宮崎、大分などの九州勢の力は

群を抜いており、さすがでしたね~!

 

5年後の鹿児島全共、そのまた5年後の○○全共が

どのような大会になるのか今から楽しみです。

 

最後に牛を出品されました皆様、関係者の皆様、

来場されました皆様、大変お疲れ様でした~!!

投稿者: 礒 匠 投稿日: 2017/09/22 10:14

 

今週は十勝の市場が開催されました

 

 

主な種雄牛は

勝早桜5 299頭  花国安福 246頭  美津照重 203頭  美津百合 124

芳之国 117頭   幸紀雄 100頭   安福久 84頭   美国桜 66

光平照 53頭   秋忠平 47頭  百合茂 46頭  直太郎 42

 

 

結果

    出場数  成立数   最高価格   最低価格    平均価格(税込)

めす   668     649       1,033,560   299,160       734,921

去勢   1054  1006           1,205,280   324,000       827,149

  

先月比めすで約35千円のプラス、去勢で約2万円のプラスでした。

 

僕が見に行ったのは1日目のみですが、

今回は、比較的100万円台の牛も多くなく

平均価格くらいで成立する牛がギュッと集まっていた

ような印象でした。

 

最近の差がはっきりしている傾向とは

少し違っていました。

もちろん、今回の全体的な牛の感じと

購買者の影響などがあると思います

 

 

去勢

勝早桜5-安福久-金幸    253日齢 383kg  935,000円(セリ価格)

勝早桜5-美国桜-忠富士   289日齢 345kg  929,000円(セリ価格)

秋忠平-安福久-平茂勝    250日齢 308kg  906,000円(セリ価格)

 

めす

金太郎3-安福久-福桜(宮崎)  266日齢 353kg  932,000円(セリ価格)

第1花藤-安福久-平忠勝   279日齢 314kg  832,000円(セリ価格)

安福久-勝忠平-安平     282日齢 317kg  807,000円(セリ価格)

また、今回

気になる繁殖F1がいました。

281月生まれの芳之国のF1めすに

受精卵 勝早桜5-安福久-百合茂 がお腹に入った牛

が出ていましたが

682,000(セリ価格)だったようです

 

以上、9月の和牛市場報告でした!

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2017/09/19 13:29




九州地区・東北地区担当 の 岩本尚吾です。



9月7日から11日まで 開催された



第11回 全国和牛能力共進会 宮城大会  が終わり 約一週間が過ぎました。



今回の全共に出品された方、関係者の方々は いかがお過ごしでしょうか。



すでに5年後へ向け、一歩一歩進んでいる方も少なくないのではないでしょうか。 



☆全国和牛能力共進会 宮城大会 の結果につきましては 


 全共のホームページ ⇒ http://www.zenkyo-miyagi.com/ に掲載されております。




5年に一度 和牛の全共が開催されることにより



改良の成果 や その優秀性を競う と 同時に



自分自身の牛との関わり や 地域との関わり ということを再確認できますし



また、他地域の方々との交流 や 他業種の方達との出会いなど 



非日常的なこと も 起こると思います。



その中で どのように考え、どのように行動するか ということで



これからの自分自身を変えていくことができるのではないでしょうか。 



単純に 和牛の改良ということだけではなく、そういったことを考えてみても



やはり 全共の開催は 意味のあるものではないか と考えています。




今回の全共では 鹿児島県、宮崎県、大分県を含めた 九州勢の活躍



地元 宮城県の活躍



第2区(若雌の1)において 宮崎県 小林秀峰高等学校が 優等賞 5席 を獲得



第7区(総合評価群) 肉牛群において 



白鵬85の3(鳥取県) が 優等賞 1席  金太郎3(長崎県) が 優等賞 2席 獲得など



皆様を惹きつける話題は たくさんあったと思います。 




個人的には、その中でも 第2区(若雌の1 33頭)において



優等賞 1席に 地元 宮城県の小野寺正人さんが選ばたことが 印象深かったです。



小野寺さん おめでとうございます!! 




また、ラボジェネターのブースに ”ブログ見ています。” という方が



たくさん!? いらしてくださいました。 



嬉しかったです。    ありがとうございます!! 




5年後の 2022年 は 第12回 全国和牛能力共進会 鹿児島大会 ですね。










鹿児島大会でも ラボジェネターのブースを出す予定にしています。



今回と同様!?まったく商品の宣伝はしないと思うのですが 



是非 休憩にいらしてくださいませ。



お待ちしております。 




5年後に向け!? 早速 夜の部の視察のため



天文館(鹿児島の繁華街) へ 行きたいと思っています。 





フフフフフ・・・・・ 







投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2017/09/14 0:19



12日、秋田の子牛セリに行ってきました。









出場頭数 は 311頭。




種雄牛別出場頭数は



義平福 42頭 幸紀雄 34頭 美津照重 25頭 松昭秀 21頭 美国桜 18頭 隆之国 17頭


芳之国 13頭 諒太郎 11頭 光平照 11頭 直太郎 10頭 百合茂 9頭・・・

 


平均価格は メス 70.3万円 去勢 83.0万円(税込)




前回比  メスは 5.9万円安 去勢は 4.3万円高   全体で見ると 約2千円高でした。




11日まで 仙台にて全共が開催されていましたが、早速の子牛セリでした。 




久しぶりに 秋田の子牛セリに参加したのですが、




いつの間にか!?モネンシン給与の表示が必須になっていました。 










どこの子牛セリでも同じなのかもしれませんが、




今回の秋田セリでも 発育や血統により 価格のバラツキがあり




40~50万円台のメス、50~60万円台の去勢がいる一方で




80万円後半~100万円を超える去勢 も 少なくなかったです。




個人的には 写真(下に2枚ありです)の この牛が評価されて嬉しかったです。 

 













血統は  平茂晴ー安福久ー百合茂(去勢) 278日齢  304キロ の子牛でした。



写真では かなり!?分かりにくいかもしれませんが  いくらだと思いますか。



☆ちなみに、今回 秋田セリの平均体重は メス 304キロ 去勢 330キロ でした。 


 秋田は 大きなタイプの子牛が人気のある市場でもあります。

 




結局、写真の牛は 100.0万円(セリ価格) で 福島県の肥育農家さんが購買しました。 





秋田の市場では、去勢の平均体重が 330キロということでも分かるように




どちらかといえば 大きな子牛が好まれるのですが




この牛を評価する肥育農家さんが二人以上いたので この価格になったのだと思います。 




佐々木優さん あの牛がきちんと評価されて嬉しかったです!! 





当たり前のことなのかもしれませんが、




自分の出荷する家畜市場では どういったタイプの子牛が高値なのか




どういった子牛を肥育農家さんが求めているのか・・・ など  




その市場性を把握し(どんどん購買者さんに質問して良いと思います) 




肥育農家さんのことを考え 子牛を育てて 出荷していく




ということが大切だと思っています。 






投稿者: 中紙育朗 投稿日: 2017/09/13 22:16

皆さま、こんにちは!!

 

今日は9区の結果について書きたいと思います

 

9区は効率的な肉牛生産を目指し和牛の肉用牛としての能力の追及と、それらを

最大限に引き出す肥育技術を深く究める事、

得られた成果を今後の生産性の向上につなげる事が目的となっております。

 

個人として個体出品で、1つの道府県から2頭までの去勢肥育牛を単品としての出品

になります

 

なお出品牛の生後月齢は24カ月未満になります

 

全部で78頭出品されており、そのうち26頭がBMS No.10以上で

内訳はBMS No.12が10頭、No.11と10がそれぞれ8頭ずつでした。

 

結果は以下のとおりです。

 

 

優等賞1席    鹿児島県   薬師 成人 様

     忠久勝ー安福久ー美華忠  枝肉重量 495.0キロ 歩留基準値 80.7

   ロース芯面積 97㎠ バラ厚 9.2  BMS No.12  枝肉単価 50,001円

 

僕は枝肉セリのモニターがスクリーンに映し出された会場にいたのですが

40,000円からスタートになった瞬間、会場内が歓声に沸いていました

 

優等賞2席  京都府   平井 一三  様

      芳之国ー安福久ー平茂勝  枝肉重量 583.5キロ 歩留基準値 80.0

ロース芯面積 101㎠ バラ厚 10.6 BMS No.12    枝肉単価 20,001円

 

優等賞3席   宮崎県    神田 譲市 様

    義美福ー忠富士ー安平   枝肉重量 411.0キロ   歩留基準値 77.2

ロース芯面積 67㎠ バラ厚 9.2  BMS No.11    枝肉単価  17,111円

 

優等賞4席  鹿児島県  中山 正美 様

  金吉幸ー安福久ー平茂勝    枝肉重量 517.5キロ  歩留基準値 78.5

ロース芯面積 87㎠ バラ厚 9.0  BMS No.12   枝肉単価  16,004円

 

優等賞5席  京都府  平井 一三  様

 美国桜ー安福久ー金幸   枝肉重量 477.0キロ  歩留基準値 76.8

 ロース芯面積 73㎠ バラ厚 8.4  BMS No.12   枝肉単価  10,053円

 

以上の結果となりました

 

入賞者の皆さま おめでとうございます(*^_^*)

少しずつ積み重ねて準備をされてきた結果なのだと思います。

 

 

僕自身は今回、実際に会場に行き雰囲気を味わう事が出来て

本当に良かったです

 

5年後の鹿児島全共を楽しみにしております

 

また今回、株式会社 ラボジェネターのブースに来て頂いた皆さま

ありがとうございました

投稿者: 中紙育朗 投稿日: 2017/09/12 22:31

皆さまこんにちは!!

 

今日は、第11回宮城全共の8区の結果を書きたいと思います

 

8区は次の世代を担う能力の高い、若い種雄牛の発掘と現場後代検定の普及促進

を狙った出品区です。

 

その為出品牛の父牛は平成22年10月1日以降産まれになります

同一種雄牛の産子の去勢肥育牛3頭を1群として出品されます

 

 

枝肉成績は以下のとおりです。

 

1位   宮崎県 満天白清(まんてんしらきよ) 安平ー白清85の3-福桜(宮崎)

 

 満天白清ー福之国ー忠富士 枝肉重量461.0キロ ロース芯面積 62㎠

  BMS(牛脂肪交雑基準)  No.10  枝肉単価(1キロ当たり) 15,085円

 

満天白清ー福之国ー忠富士   枝肉重量  525.0キロ  ロース芯面積 82㎠

BMS   No.10             枝肉単価   15,109円

 

満天白清ー福之国ー忠富士   枝肉重量  458.0   ロース芯面積  70㎠

BMS  No.11             枝肉単価  16,162円

 

2位  鹿児島県   諒太郎(りょうたろう)   勝忠平ー安福久ー平茂勝

    諒太郎ー安福久ー平茂勝 枝肉重量 446.5キロ  ロース芯面積 70㎠

    BMS No.11     枝肉単価  10,013円

    諒太郎ー安福久ー平茂勝 枝肉重量 493.0キロ  ロース芯面積 80㎠

    BMS No.12     枝肉単価  11,002円

    諒太郎ー安福久ー百合茂 枝肉重量 522.5キロ  ロース芯面積 74㎠

    BMS No.9      枝肉単価   7,006円

 

3位  山口県    勝海(かつみ)  茂重安福ー平茂勝ー北国7の8

    勝海ー茂洋ー忠富士  枝肉重量 519.5キロ   ロース芯面積 61㎠

    BMS No.10     枝肉単価   4,004円

    勝海ー百合茂ー安福久 枝肉重量 519.5キロ   ロース芯面積 61㎠

    BMS No.11     枝肉単価  12,012円

    勝海ー平茂晴ー平茂勝 枝肉重量 502.5キロ   ロース芯面積 69㎠

    BMS No.9      枝肉単価  10,009円

 

4位  岐阜県   孝隆平(たかりゅうだいら)  白清85の3-安晴王ー安平

5位  大分県   光星 (みつぼし)       光照福ー平茂勝ー福桜(宮崎)

 

以上の結果となりました。

 

 

   宮崎県の皆さま、おめでとうございます

 

7区に続きBMSがすべて2桁という優秀で安定感のある、素晴らしい成績を収められ

ました

 

上位3県で比較すると・・・

 

鹿児島県はロース芯面積が大きく 3頭平均74.6㎠

山口県は枝肉重量がとれていた事 3頭平均507.6キロ

が特徴だと思いました

 

 

明日は9区の結果を書きます

投稿者: 中紙育朗 投稿日: 2017/09/11 19:37

皆さまこんにちは!!

 

第11回宮城全共7区の結果を書きたいと思います

 

7区は種牛能力(4頭)と産肉能力(3頭)を総合評価する出品区で

 

次世代の繁殖雌牛づくりにつなげる事が目的となっております

 

出品牛の枝肉成績は以下のとおりです。

 

1位    鳥取県   白鵬85の3 (勝忠平ー白清85の3ー平茂勝)

    白鵬85の3ー安福久ー美津照 583.5キロ ロース芯 84 BMS 12

      

      白鵬85の3ー安福久ー平茂勝 453.5キロ ロース芯 83 BMS  12

      

      白鵬85の3ー百合茂ー福栄  515.5キロ ロース芯 69 BMS 10

      

 

2位  長崎県     金太郎3 (平茂勝ー金幸ー神高福)

     金太郎3ー平茂晴ー松寿丸  508.0キロ ロース芯 59  BMS 11

     金太郎3ー平茂晴ー第5隼福 488.0キロ ロース芯 55  BMS 10

     金太郎3ー平茂晴ー第1花国 523.0キロ ロース芯 65  BMS 12 

      

3位  宮崎県       秀正実 ( 第1花国ー福桜ー安平)

     秀正実ー福之国ー安平   544.5キロ  ロース芯 63  BMS  11

     秀正実ー忠富士ー糸北国 533.0キロ  ロース芯 87  BMS  11

     秀正実ー勝平正ー安平  524.5キロ  ロース芯 67  BMS   10

 

 4位  大分県   平福安 (寿恵福ー安平ー糸晴(佐賀))

5位  福島県   高百合 (百合茂ー安福栄ー北国7の8)

 

 

   鳥取県の白鵬85の3は2頭が安福久母牛で2頭ともBMS12

   百合茂母牛で10番という最高の結果を残された事。

   長崎県、宮崎県は安福久母牛ではなくBMSが全て2桁という輝かしい結果

   となりました

      

    種牛の部

        1位  鹿児島県

        2位  宮崎県

        3位  大分県

        4位  宮城県

        5位  鳥取県

 

総合結果は以下のとおりです

        1位  宮崎県

        2位  鳥取県

        3位  大分県

        4位  長崎県

        5位  鹿児島県

 

  宮崎県の皆さま、おめでとうございます(*^_^*)

 

 

8区9区の結果も近日中に報告致しますので、よろしくお願いします 

 

また枝肉単価など詳細が知りたい方は、ご連絡下さい 

投稿者: 礒 匠 投稿日: 2017/09/06 17:54

 

皆さんこんにちは。

北海道担当いそです

 

さて、和牛の祭典5年に1度の和牛オリンピックに来ています

 

というのも、企業ブースにて『ラボジェネター』出展中です

 

そして、今日は明日からの本番に向けて

岩本部長とともに準備しておりました

 

昼には無事、北海道音更町の事務所から届いた荷物を確認し、

 

何とか形になるように試行錯誤しながら

並べてみました

センスがないのはご容赦ください

 

アースジェネターユーザー様もそうでない方も

興味のある方は是非寄ってみてください!

 

  

ぼくもブラブラしてみましたが、

企業エリアとは別に

都道府県PRエリアなども設けられており

おもしろいですよ!

 

本番に向けて僕たちもテンションを上げに

夜の街に景気づけしてこようと思います!!笑

ちなみに街にもたくさんの全共ポスターが貼ってあり

お祭りムードです!

 

もちろん代表牛を持ってきている方々の

健闘を祈っております!!