自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2017年6月>
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829301
2345678
月別の過去ログ
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 植田秋良 投稿日: 2017/06/29 15:43

 

本日、宮城全共(第11回全国和牛能力共進会)の

北海道最終選抜会が開催されました。

事前審査を終えた肉牛の部79区(本日は発表のみ)以外の

種牛の部17区の審査が行われ、

19区までの北海道代表23頭が決定いたしました。

代表牛は十勝、今金、むかわ、江別、白老、小平などからの

出品でした。

惜しくも代表になれなかった牛のレベルも高く、

とても白熱した審査になりました。

 

これからは“チーム北海道”として一つになり、

2か月後の本番(宮城)でご活躍されることでしょう。

 

楽しみにしております!!

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2017/06/28 6:29




僕が直接聞いた話ではないのですが・・・ 



ある営業マンが ある優秀な肥育農家さん に こういう質問をしたそうです。





”肥育牛の成績って


 素牛の能力(繁殖農家さんの育て方を含め) が 何割 で 


 肥育農家さんの飼養管理 が 何割 だと思いますか!?”





繁殖農家さんから よく聞かれる質問の一つかもしれません。





皆様 どう考えますか。





その肥育農家さんは・・・




”その質問は あまり意味がないかもしれないよ。 うちは 100パーセントだから。”




と 答えたようです。


 
☆子牛の能力を 最大限に引き出せるように いつも準備しているよ。

 
  もし引き出せていないと感じれば 日々改善しているよ。

 
  何割 何割で 誰が良い(悪い!?)というのではなく


  準備さえできていれば 自ずと結果は出てくるんじゃないか・・・


  ということなのかもしれません。

 
  あくまでも 僕の個人的なとらえ方なのですが・・・ 





子牛の能力を 最大限に 引き出せるような 牛舎環境(管理)で



子牛を受け入れる準備はできていますか。





このことは肥育農家さんの話なのですが、繁殖農家さんも同じなのだと思います。




お産が近い牛がいたとすれば・・・




いつ産まれても良いように 場所・敷料などを 確保できていますか。



初乳が出ない(不慮の事故があった)ときのために 初乳製剤は用意していますか。



もし自力で産めそうじゃなないときのために 滑車など用意していますか。



元気な子牛を産ませるために 2か月前から増し飼い(初産以外)していましたか・・・





準備できていますか 。





できることから 一つずつやっていきましょう。 









あっ、 ちなみに 僕は 全然準備できていないタイプです・・・・・ 






投稿者: 宮下真菜美 投稿日: 2017/06/27 17:33

  

ほとんどの営業マンは出張中。ほぼ誰もいない事務所。

そんな時 突如として始まった、佐藤社長によるクイズ・ミリオネア。

 

 

今回の挑戦者は、

 

「夕方からの頑張りに!1本満足チョコバー」を

朝から笑顔で嬉しそうに食べる 九州・沖縄担当 注射嫌いの中紙氏

 

 

佐「ダダン!平成28年度の酪農家戸数は?

中「約15,000・・・

佐「ファイナルアンサー?

中「・・・テレフォン。

あ、いや・・・ファイナルアンサー!!」

 

 

佐「・・・ざ ん ねーん!!約17,000戸でした!

 

 

※中(やっちまった) 

勝負に負けた中紙氏。会社の周りの草刈りをすることに。

 

 

※形から入る

 

 

※結局エンジンがかからず電動タイプに持ち替え

 

 

※事務員参戦。

 

 

※中「健康診断コレステロールひっかかったから、ちょうど良い運動になったわぁ

 

 

その後、事務所内で三人汗だく。

汗がすごくてイスに座りたくない、と中紙氏。

着替えたいね と話していたその時

 

中「あ、礒Tに着替えようかな・・・」

私「いそティー・・・?」

 

 

 

  << T >> 

 

 

着てみた。(とても涼しい)

 

 

 

今日もそんな、事務所の中で笑い声が絶えない平和な一日でした。

投稿者: 中紙育朗 投稿日: 2017/06/26 19:47

皆さんこんにちは!!

 

何度かブログで書かせて頂いた部分なのですが

 

改めて伝えたいと思い書きます

 

母牛に子牛をつけている時、子牛のスペースを作り

 

そこにスターター、水、粗飼料を置いてあげてください

(飲みやすい、食べやすい高さに)

 

子牛達の発育が良くなると思います

 

 

 (写真、わかりにくく申し訳ございません

 

上の事と重複しますが、子牛が水を飲みにくくなっている事もありますので

 

新鮮な水が飲みやすい位置(高さ)である事も見て頂き、牛に合わせて

 

調節してあげて欲しいと思います。

 

個人的にですが、写真のタイプが使いやすい(設置しやすい)かなと思います。

 

 

 

また密飼いになってしまい、全頭飼槽に顔が出せない事もあると思います。

 

その場合は、飼槽の反対側や横に、簡易的に飼槽を作ってみませんか。

 

写真は無いのですが、食べやすい位置に設置してもらえば大丈夫です

 

 

上記の事が生産農家さんで気付く事になりますが

もし農家さん自身で 「ココは改善したい」と思っている事がありましたら

そこからで良いと思います

 

今、出来ることから1つずつ改善して、もっと良くなって行きましょう

 

投稿者: 礒 匠 投稿日: 2017/06/23 11:03

 

先日、ある酪農家さんで

『来月初めて和牛の子が生まれるよ

 でも、初めてだし和牛はホルよりも弱いって

いう話も聞くから心配だ。』

と言っていました。

 

ですが、さすが優秀な酪農家さんです、備えはばっちり

 

これを機に購入したそうです。

子牛乾燥機。

 

北海道の冬はしばれます。(厳しく冷え込みます)

これがあれば生まれたての子も負担減ですね

 

 

手作りも可能?かもしれません。

 

子牛を中に入れて

下の出っ張り部分からファンヒーターなどで温風を流し込む

たいへんシンプルな作りになっています

 

 

また、低温殺菌処理機 パスチャライザーも今回導入したそうです。

もう導入している方も多いかもしれませんが、サルモネラ菌、大腸菌

今、特に恐れられている牛白血病ウイルスなどのリスク低減につながります。

代用乳費削減などにもなりますね

 

 

酪農機器もいろいろとありますから

調べてみると面白いかもしれないですね!

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2017/06/19 11:52

 

先週、6月16日(金)に北見肉牛市場が開催されました。

上場頭数は500頭(素牛のみの頭数)。

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

メス 698,036円(前月732,468円、前々月740,280円)

去勢 825,704円(前月859,703円、前々月868,448円)

先月よりメス、去勢ともに約3万円安でした。

主な種雄牛は以下の通りです。

勝早桜5 100頭、美津照重 70頭、隆之国 47頭、

花国安福36頭、美国桜 32頭、茂久桜 22頭、幸紀雄 20頭など

傾向は、先日の南北海道肉牛市場と同じでした。

よほど条件が揃った良い牛でない限り、

平均価格以上になりませんでした。

本人取りも多かったです。

 

それでは参考までに高額で取引された牛を紹介いたしま(セリ価格)。

【メス】

百合茂-安福久-平茂勝 281日齢347 862,000

安福久-百合茂-北国78 327日齢337 760,000

諒太郎-第1花国-茂勝 313日齢370 731,000

 

【去勢】

勝早桜5-安福久-百合茂 293日齢409 1,044,000

幸紀雄-安福久-平茂勝 303日齢391 詳細...

投稿者: 礒 匠 投稿日: 2017/06/19 11:33

 

先週は十勝市場でした。

 

〈結果〉

和牛

    出場数   成立数   最高価格    最低価格    平均価格 (税込)

めす   742頭  693頭   1,188,000円   374,760円    728,099

去勢  1,012頭  944頭   1,230,120      216,000円    857,140

 

で先月比 めす 8,165円ダウン

     去勢 10,901円ダウンでした

 

主な種雄牛は

勝早桜5 324頭   花国安福 263頭   美津照重 223頭   美津百合 133

芳之国 123頭   幸紀雄 83頭   安福久 60頭   百合茂  60頭  

隆之国 58頭   美国桜 54頭  ・・・他

 

 

高額だった牛については

めす

幸紀雄-安福久-勝忠平 318日齢 321kg   873,000(セリ価格)

安福久-第1花国-平茂勝 298日齢 277kg  967,000(セリ価格)

美穂国-安福久-茂勝 279日齢 314kg   1,018,000(セリ価格)

 

 

去勢

百合白清2-安福久-平茂勝 269日齢 317kg   964,000(セリ価格)

勝忠平-安福久-百合茂 251日齢 318kg    1,018,000(セリ価格)

花国安福-百合茂-安福久 236日齢 325kg   1,099,000(セリ価格)

勝早桜5-安福久-第1花国 237日齢 369kg  1,106,000(セリ価格)

 

↑花国安福-百合茂-安福久の写真(中央)

といった感じです。

十勝の上位人気、勝早桜5、花国安福、美津照重は

もちろん病気をしたり、太りすぎていたりで

安い子もいますが安定して高値で取引されています

とくに勝早桜5と花国安福は増体が良いので

好まれていますね!

 

投稿者: 中紙育朗 投稿日: 2017/06/17 7:58

皆さんこんにちは!!

 

今月も参加はしておりませんが、8日~9日に行われました熊本県家畜市場セリ

について書きたいと思います

 

出場頭数    去 448頭     メス  369頭   合計頭数  817頭

 

平均価格    去 87.5万    メス 74.7万   合計平均 81.1万

                                 (先月比   -1.3万)

 

種雄牛別成立頭数(上位10)

美津照重   119頭

諒太郎     80頭

直太郎     70頭

幸紀雄     68頭

百合茂     47頭

隆之国     47頭

芳之国     38頭

茂久桜     29頭

百合勝安   27頭

梅花平     27頭

 

去勢の価格上位牛

1.百合茂ー安福久ー平茂晴ー平茂勝  296日  385キロ  121.1万(税抜き)

2.幸紀雄ー安福久ー平茂晴ー平茂勝  287日  359キロ  120.4万

3.百合茂ー平茂晴ー安福久ー平茂勝  298日  391キロ  119.0万

4.百合茂ー華春福ー安福久ー平茂勝  266日  353キロ  116.9万

5.美津照重ー隆之国ー安福久ー北国7の8 289日 380キロ 116.0万 

6.幸紀雄ー安福久ー平茂晴ー平茂勝  289日  354キロ  115.5万

7.幸紀雄ー安福久ー平茂勝ー安平   305日  375キロ  115.0万 

8.幸紀雄ー安福久ー百合茂ー平茂勝  308日  361キロ  111.8万

9.隆之国ー安福久ー勝忠平ー上福   285日  399キロ  110.7万

10.諒太郎ー安福久ー平茂勝ー福桜  298日  386キロ  110.5万

 

上記の結果となりました。

 

さて、話は少し変わりますが・・・

 

 

生産農家の皆さまは、自家で産まれた子牛の枝肉成績や枝ぶりなどは

どのくらいご存知でしょうか

 

 

 

子牛セリから、その先の事を考えてみませんか?

 

 

 

肥育農家さんに聞いてみたり、LINEなどで枝肉写真を送ってもらっても(手間が

かかりますね汗)いいのかもしれません

 

全然関係ないのですが僕は・・・

 

「いまする男にチェンジ」

したいと思います

 

あっ!!!ここにも

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2017/06/12 13:04

 

6月7~8日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

上場頭数は2日間で1,740頭(素牛のみ)。

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

メス 740,038円(前月777,112円、前々月773,831円)

去勢 854,719円(前月883,571円、前々月892,912円)

先月よりメス、去勢ともに約3万円安でした。

主な種雄牛は以下の通りです。

傾向は当たり前のことですが、どんどんシビアになってきました。

例えば、久母体の去勢は毎月100数十頭上場され、

平均価格が90万以上(セリ価格)になります。

以前は上場頭数が少なかったこともあり、

ほとんどが90万以上していましたが、

今は60万~120万(トップセールス)の間でバラツキがあります。

久母体に限りませんが、少しのマイナス要素で価格が下がっているようです。

それでは血統ごと(2代(・・)())でどんな価格になっているのか、

先月分(5月分)ではありますが、価格上位の平均価格を載せますので参考にしてください(セリ価格)。

【去勢】

安福久   125頭 930,824

華春福   5頭 906,000

美国桜   10頭  897,900

平茂晴   25頭 841,360

百合茂   139頭 835,029 詳細...

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2017/06/11 23:39



少し前のことなのですが 5月25日 東京食肉市場にて 霜降り研究会 が開催されました。



霜降り研究会は 日清丸紅飼料さん 主催の研究会です。

(参加はしておりません・・・  )



和牛の部は 89頭 出品でした。



ちなみに 89頭中  A5  43頭 A4  31頭 B4  4頭 A3  6頭 B3  5頭 でした。



最優秀賞は・・・



血統  幸紀雄ー美国桜(去勢)



月齢 27 ロース 98 バラ10.2 BMS 12 枝肉重量 577キロ 枝肉単価 3334円



鹿児島県 (有)(農)のざき さまの牛 でした。 



おめでとうございます!! 



☆そのほか賞を取っている牛だけなのですが 血統などを書きたいと思います。



《優秀賞》

隆之国ー安福久(去勢) 月齢 29 ロース 100 バラ 9.5 BMS 12 枝重 571キロ 単価 3319円

百合茂ー安福久(去勢)月齢 29 ロース 72 バラ 9.2  BMS 12 枝重 474キロ 単価 3056円

寿勝平ー安福久(去勢)月齢 34 ロース80 バラ 10.1 BMS 12 枝重 596キロ 単価 3030円

美国桜ー安福久(メス)月齢 27 ロース76 バラ8.8 BMS 12 枝重 450キロ 単価 2923円



《優良賞》

第2勝王ー安福久(去勢) 月齢 28 ロース 92 バラ 8.5 BMS 12 枝重 560キロ 単価 3250円

北平安ー芳之国(メス) 月齢 30 ロース 69 バラ7.5 BMS 12 枝重 432キロ 単価 2971円

安福久ー百合茂(メス) 月齢 29 ロース 106 バラ 8.2 BMS 12 枝重 489キロ 単価 2949円

平茂晴ー安福久(去勢) 月齢 30 ロース 95 バラ 9.1 BMS 12 枝重 617キロ 単価 2908円

花之国ー安福久(去勢)月齢 31 ロース 101 バラ 8.8 BMS 12 枝重 578キロ 単価 2802円

百合気高ー安福久(去勢) 月齢 29 ロース 80 バラ 8.5 BMS 11 枝重 504キロ 単価 2801円

恵茂勝ー百合花(メス) 月齢 27 ロース 70 バラ 9.0 BMS 10 枝重 424キロ 単価 2703円


☆ もし数字、血統などに間違いがありましたら 申し訳ありません。 
 

☆☆実は 前回ブログに書きました ある肥育農家さん も 賞に入っています・・・ 






出品者 関係者の皆様 お疲れさまでした。