自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2017年3月>
2627281234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678
月別の過去ログ
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 礒 匠 投稿日: 2017/03/31 8:27

 

こんにちは。

年度末でみなさんお忙しいことでしょう。

 

十勝は雪が降ったり気温が上がったりと春が近いようで遠いようで近いのか

 

今月は、十勝の乳牛市場で初妊牛の平均が100万円を超えたり

日高のほうでは馬のお産もシーズンに入り忙しくなってきていますね

 

さて、今週、釧路根室に出張にいってきました

標津の牛やさんに行くと、

「流氷見たか?標津の海にも来てるよ」

と言うことで、流氷を初めて見られる!と思い海を見てみると

 

少し(かなり)イメージと違いましたがそれらしきものが!

前日はもっとたくさんあったそうです

 

 

こちらも雪がまだたくさん残っていたので除雪した雪でないことを願いますが。

たぶん、流氷と思われます!

インパクトにはかけますが感動しました

 

1年間北海道、主に十勝 釧路 根室を担当し放浪しましたが素晴らしい自然と畜産業を肌で感じ、やりがいを感じているところです!

 

来年度も馬、酪農、肉牛の三本だてで頑張っていきます!

  

事務所にいることも多いので道内でしたらすぐに飛んでいきますよ!

いつでもご連絡を

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2017/03/30 12:05

   

先日、私の営業車についているナビが突然、起動しなくなりました。

しかも今までお客様の場所などを登録しておいた記録まで消えてしまいました・・・。

原因不明です。

トホホホ・・・・

私の日ごろの行ない、または、後厄年の影響、もしくはライバル社さんの仕業か・・・(笑)

どこに行くにもナビに頼っていたのでしばらく困るのかな?

と思っていました。

今後またこのようなことが起こるかもしれないということで、

なるべくナビに頼らず、頭で描く地図(イメージ)と本当の地図(本)を活用することにしました。

すると良い変化がありました。

今まで以上に運転に集中することができた上、少し退化していたであろう頭で描くイメージ力や記憶力が再び戻ってきました。

(ような気がします)

便利なものを追求すればするほど注意が必要ですね!

 

皆さんも十分気を付けてください!!

投稿者: 礒 匠 投稿日: 2017/03/28 17:29

 

十勝は雪も少なくなり春も近付いてきました

 

先週、十勝で行われた家畜改良事業団さま主催の講習会に

参加してきました!

 

 

期待の種雄牛の話があった後

 

『肉用牛のゲノミック評価とその応用について』

という肉牛の能力や形質を遺伝子レベルで調べることで

より詳しく種雄牛や、繁殖母牛からどのような子孫が

生まれてくるのかを予測できるというものです。

 

 

詳しくは家畜改良事業団のホームページを参考にしてください。

 

 

農家の皆さんは大変興味深く聞いており

ぜひ検査して自分の繁殖母牛の力を知り

さらに改良につなげたいという人もたくさんいました。

これから、畜産界もますます科学的になって

行くと思います。農家さんの長年の感覚に、科学の力が加わることで

ますます良いお肉が食べられるようになればうれしいですね!

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2017/03/22 18:35

 

先週、3月17日(金)に北見肉牛市場が開催されました。

上場頭数は380頭(素牛のみの頭数、メス140頭、去勢240頭)。

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

メス 757,284円(前月733,624円、前々月778,463円)

去勢 866,155円(前月853,787円、前々月914,942円)

先月よりメス約2万円高、去勢約1万円高でした。

主な種雄牛は以下の通りです。

勝早桜5 66頭、美津照重 45頭、隆之国 38頭、

美国桜 26頭、松福久 17頭、徳悠翔 16頭、など

相場は今年に入り上がったり下がったりしています。

また、目についたのは去勢で100万を超す牛が数頭に

留まったことでした。

依然として価格の開きもありますが、

何となく全体的な価格の落ち込みを感じました。

それでは参考までに高額で取引された牛を紹介いたしま(セリ価格)。

【メス】

安福久-勝忠平-安平 298日齢314 941,000

安福久-勝忠平-安福1659 286日齢364 901,000

幸紀雄-安福久-平茂勝 322日齢327 828,000

芳之国-勝忠平-第1花国 313402㎏ 831,000

 

【去勢】

勝早桜5-安福久-平茂晴 269 詳細...

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2017/03/19 12:29




3月13日、14日 五島の子牛セリに行ってきました。







出場頭数 は 523頭。



種雄牛別出場頭数は・・・



平茂晴 172頭 金太郎3 62頭 美津照重 42頭 福華1 36頭 幸紀雄 25頭 美国桜 24頭


隆之国 18頭 安平栄 15頭 茂久桜 15頭 百合茂 13頭 安茂晴 10頭 忠太郎・福姫晴 9頭・・・



平均価格 は メス 79.3万円 去勢 90.6万円(税込) 前回(1月)比 約4.2万円安 でした。



五島のセリは2か月に一回のセリなので、日齢はバラツキ(220日くらいから300日過ぎまで)があります。



今回は、日齢は若くても素直に育っていて良い感じだなという 五島らしい牛もいましたが、



明らかに 発育の良くない毛艶の悪いような牛も少なくなかったのかなと思います。



秋から冬にかけて、風邪をひいた牛が多かったのかもしれません・・・ 



どの市場でも同じかもしれませんが、1頭当たりの価格のバラツキは少なからずあったと思います。



去勢に関しては、120万円を超える牛もいましたが 60万円台の子牛もいました。



メスに関しても、120万円の牛もいましたが、50万円台のメスも少なくなかったと思います。



繁殖素牛として導入するという子牛が 80~90万円台で取引されていたのではと思います。



ちなみに、メスの最高価格は 120万円(セリ価格)でした。



血統は 金太郎3ー安福久ー平茂勝 282日齢 293キロ(最初の写真の牛です)



昨年、開催された五島産子牛 枝肉共励会のチャンピオン牛と全兄弟(同じ母親が産んだ血統の同じ子牛)でした。



☆ちなみに、チャンピオンの牛は BMS 12 枝肉重量 605キロ 枝肉単価 4000円だったようです。 



このメス牛を育てていた 繁殖農家さん(松本利光さん)は、



この日去勢でも 120万円(セリ価格)を超える子牛を売っていました。 



松本さんは 子牛を素直に育てている農家さんです。 



そのことが、子牛に表れているのだと思います・・・ 





五島といえば・・・  もちろん!?お肉屋さん(ニク勝さん)にも行ってきました。



お店に行くと・・・



”岩本さん お肉食べていかんね!!”  と店主 の 田橋さん が言います。



☆ちなみに、田橋さんは 65歳のマラソンランナーです。

  先日の京都マラソンに出場しサブフォー(フルマラソンで4時間を切ること)を達成しています。 



この日も遠慮なく!?   五島牛(ザブトン) の 牛刺し(下の写真です) をいただきました。  


田橋さん ありがとうございます!!  バリウマでした!! 








田橋さん: ”岩本さん、  1杯だけ 焼酎飲んでいかんね・・・  ”



岩本: ”田橋さん・・・  僕、 車で来てるので飲めません・・・・・  ”





皆様、もし五島に行く際には 是非 ニク勝さんに 寄ってくださいませ・・・ 






投稿者: 植田秋良 投稿日: 2017/03/14 16:52

 

日高管内えりも町に素敵なお肉直売店がオープンしました!

本業は和牛繁殖経営のE牧場さんですが、

和牛やF1クロス(和牛75%)の肥育と養豚経営もされています。

今年の2月にオープンして早1か月。

今は、毎週日曜日の営業とのことです。

先日お伺いした時にお肉を買って帰りました。

F1クロス(HANACO F1X)のモモスライスをすき焼きに、

また、豚肉(JIRO)のバラスライスをお好み焼きにして

食べましたが、美味し~~~~い!!の一言でした。

脂と赤身のバランス、脂の口どけの良さ、赤身の旨味、

幸せなひと時でした!!

日曜日、えりも町にお越しの際は是非寄ってみてください!!

投稿者: 礒 匠 投稿日: 2017/03/13 18:01

 

先日行った農家さんでかわいい牛がいたので紹介します

 

この牛は千葉から北海道へやってきました。

 

僕も地元から北海道へ来た時、日本にこんなに寒いところはあるのか

と思ったほど寒かった記憶があります

ですが、室内に入るととても温かかった記憶があります

 

 

この子牛もきっとそんな気持ちだったと思います

 

日が当たりぽかぽかの

ビニールハウスで飼われているこの子は

さらにネックウォーマーをしてもらっています。

 

首が出ていると人も寒いですもんね。

とても温かいと言っているようでした

投稿者: 中紙育朗 投稿日: 2017/03/10 17:53

皆さんこんにちは!!

昨日、3月9日(2日目)に初めて南北海道子牛セリに行ってきたので、いつもと少し

趣向を変えて?書きたいと思います。

 

ちなみに今回は特に、皆さまのお役に立てる事は書いていないので

興味の無い方はスルーしてくださいね

 

南北海道のセリ市場は安平町早来にあり、会社のある音更町から

高速道路に乗って約2時間と少し

新千歳空港からは車で約20分くらいの場所にあります

 

 

2日間合計頭数は

雌 600頭

去 843頭    合計 1,443頭  です。

 

種雄牛別出場頭数(2日間合計)   上位 15

勝早桜5   216頭

美津照重   155頭

美国桜    146頭

幸紀雄    119頭

芳之国     86頭

隆之国     84頭

安福久     52頭

美津百合    51頭

花国安福    49頭

茂久桜     42頭

光平照     41頭

百合茂     36頭

直太郎     32頭

諒太郎     29頭

徳悠翔     21頭

 

上記の通り、ジェネティクス北海道の種雄牛 勝早桜5(勝忠平ー安平ー隆桜)

が1番多く出場しています

 

牛の印象は全体的に大きな牛が多いと思いました。

(先月の去勢 平均 約289日  約326㎏ ぐらいでした)

 

施設面で僕が行った事のあるセリ市場との違いは、体重は着いてからすぐ

測定され

繋がれて牛が見られた後

上の写真の輪になっている部分にロープで繋がれ

競る場所まで連れていってくれます

 

また、削蹄されていない牛がいるのですが・・・

(セリ前にされていた方が、生産者にとっても良いと思いますが)

セリ後、購買者の希望により削蹄されていました

僕が見ていた牛は枠場に入ってから、2分ぐらいで終わっていました

 

セリが始まるまで時間があったので、まずは名簿を見ないで良いと思う牛を

探していきました。

 

「この牛はスッキリしていて、良さそう。300キロ前後くらいかな」

と思って名簿を見ると286日 血統は勝早桜5-菊福秀ー百合茂でした。

勝手に75万~85万くらいの間かなーと思っていましたが・・・

 

325キロ  92.4万円でした

 

 

なかなか上手くいかないですねー

 

 

結局、何が伝えたいのかよくわからないブログになってしまいましたが・・・

 

 

次回は真面目に書きたいと思います。。

投稿者: 宮下真菜美 投稿日: 2017/03/09 17:26

みなさんこんにちは。まなみです

実は先週、人生で初めての経験をしました。

今日はその日のことをご紹介させてください。タイトルは、

 

『みんなでヤギ肉を食べる』の巻。どーん

 

実は年明けに 与論町のお客様から

ヤギのお肉を約2kgかたまりでいただいていました。

 

が、

事務所に、2kgのお肉を全て食べつくせる人数がいるときって

営業マンの出張の都合上 なかなかタイミングが合わなかったのと、

 

北海道民、普段ヤギ肉と触れ合う機会がないため、

冷凍庫の中の肉をただ眺めている日々が続いていたのですが

 

ついにその日がきました。先週金曜、33日のひなまつりです。

 

その日の午後は、前回のブログでもお話ししていた 営業マンの面談の日。

これはヤギ肉食べて英気を養い 最良の面談にしよう!という話になり。

 

当日の2日前から解凍、1日前から下ごしらえをし

人生初めてのヤギ肉料理に挑みました。

 

どれどれ・・・と思いネットで検索すると、

「ヤギ肉はジンギスカンの10倍のクセがある」  ・・・ふむふむ

 

食べ慣れていない私にとっては

正直、大丈夫かなぁといったところが本音でした。(笑)

 

ひなまつり当日

今まで鎮座していたヤギ肉は、半分はトマト煮込み

半分は焼肉のタレ・キムチのタレに付け込んで焼肉になりました。

 

食べてみると意外や意外。

思ったほどクセがなく、くさみもありませんでした。

お肉事体の見た目は鶏肉のよう。味もあっさりです。

 

何のためらいもなく もぐもぐ。

一方、焼肉は というと。

今年初の外焼肉。(北海道の3月で焼肉をする気合いの入れよう)

 

トマト煮込み以上にクセがありませんでした。

下処理の仕方や部位によって、食べやすさの違いはあるようです。

 

沖縄では、ヤギ肉は 何かお祝い事があると食べる。

クスリとしても食べる。

最高の滋養強壮食として、珍重されているそうです。

 

午後の面談が 一人ひとりそれぞれ

充実した時間となったのは言うまでもありません。

 

この事務所にいると、北海道にいながら

色んな国や地域を旅しているような経験ができるなぁ、と

あらためて思った、そんなひなまつりでした。

 

貴重な経験をさせていただきました。

ヤギ肉を送ってくださったお客様に大変感謝しております。ありがとうございました(^_^)

投稿者: 中紙育朗 投稿日: 2017/03/07 17:31

皆さんこんにちは!!

今回は現場に行っていませんが、今月の2~3日に行われた熊本県家畜市場子牛

セリの結果を書きたいと思います

 

出場頭数 去 439頭     雌 367頭     合計    806頭

平均価格 去 86.2万円  雌  76.6万円  合計平均 81.8万円

                                     (前回比 6万1千円安)

 

種雄牛別成立頭数(上位10)

美津照重      128頭

幸紀雄        75頭

諒太郎        71頭

直太郎        60頭

芳之国        48頭

隆之国        40頭

茂久桜        33頭

美国桜        27頭

安福久        26頭

菊花国        21頭

 

実際にその牛を見た訳では無いので、なんとも言えないのですが・・・

日齢と体重(数字)だけ見てしまうと、中には太っているのかな?

と思ってしまうような牛もいますが、高値で販売された去勢、雌の上位5頭を書き

ます

 

去勢

美津照重ー安福久ー平茂勝ー福桜(宮) 283日 345キロ  1,291千円(税抜)

幸紀雄 ー安福久ー勝忠平ー平茂勝   271日 352キロ  1,202千円

百合茂 ー安福久ー平茂勝ー安平    297日  351キロ  1,201千円

美津照重ー安福久ー平茂勝ー紋次郎  296日  380キロ  1,200千円

諒太郎 ー安福久ー福桜(宮)-上福  280日  345キロ  1,152千円

 

百合白清2-茂洋ー百合茂ー平茂勝  286日 293キロ  1,809千円

百合茂      ー安福久ー勝忠平ー安平   293日 326キロ  1,550千円

勝忠平      ー隆之国ー安平ー隆桜    265日 300キロ  1,405千円

勝忠平      ー安福久ー金幸ー平茂勝   303日 335キロ  1,404千円

安福久    ー百合茂ー美津福ー糸福(大) 268日 280キロ  1,308千円

 

熊本市場も価格にバラツキが見え、前回より6.1万円安となりました。

枝肉価格が下がった事で、子牛の価格も下げたと思います。

 

僕は最近、熊本セリに行けていないので、実際牛を見に近々行きたいと思っています