自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2016年5月>
24252627282930
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234
月別の過去ログ
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 植田秋良 投稿日: 2016/05/30 10:51

 

道東地方のI農場(搾乳牛50頭規模)を訪ねました。

暖かくなり、放牧が始まって良い季節がやってきました。

さて、以前のブログでも紹介しましたが、

今年1月からフリーストールだった育成、乾乳舎を

発酵床した現場の様子をお伺いしました。

今のところ、低カルシウム血症などの症状の軽減等、

搾乳牛の分娩後の立ち上がりが良くなったとのことでした。

フリーストールに比べて、

ベッドの仕切りが無くなりストレス減

フカフカの床で寝起きが楽々

牛床の菌叢が豊かで安定

牛床から排出する堆肥は発酵しやすい

などの効果が考えられます。

これから気温が上がり、発酵が促進されるとともに

放牧も相まって、床に排泄する糞尿の量が減るので、

床のメンテナンスは楽になります。

 

産後の立ち上がりが良くなることで、

泌乳期や繁殖も良くなっていくことを期待しています!!

投稿者: 中紙育朗 投稿日: 2016/05/30 10:18

和牛の生産農家さんに行かせて頂くと、産まれた子牛を母牛に付けて飼っている方や、別々に飼い人工哺乳やロボットを利用されている農家さんなど色々な飼い方?を見させていただいていますが・・・

今回は!?母牛と離乳前の子牛を一緒に飼っていて、子牛のスペースを時間とコストをあまりかけずに作っていた農家さんがいたので紹介させていただきたいと思います

木材2本で母牛が入って来ないように区切ってしまい、子牛が牛舎の外に飛び出してしまわない高さの柵を付けて飼槽と水飲み場(写真には写っていませんが飼槽の近くに設置されるともっと良いと思います)を付けてあげれば完成です

子牛達はスターター、粗飼料、水が置かれて食べ飲み放題です

小さい頃から、たくさん食べて、飲んで、寝て、大きく育ってくれると僕も!?嬉しいです

投稿者: 礒 匠 投稿日: 2016/05/30 9:46

 

2月に第二回全国自給飼料生産コンクールで農林水産大臣賞を受賞された

アースジェネターのユーザーの長坂牧場さまの

チーズ工房が『長坂乾酪製造所』として始動いたしました!

 

乾酪(かんらく)とは

日本語でチーズの意味だそうで

初めて知りました!

ロゴマークと合わせて

長坂乾酪製造所というネーミングも

とてもイイ感じですね!

 

 

ぜひ、完成したチーズを食べてみたいと思い

二種類のチーズを購入。

 

 

実際に食べてみると・・・

黄色いチーズは外はしっかり中もっちりで

乳の香りと味がしっかりとあり、

それでいてチーズ独特の臭みは少なく、

舌触りの良い、

大変美味しいチーズでした!

パンにのせてオーブンで少し焼いて食べてみましたが、

これも美味い!!

 

白い方のチーズはトマトと一緒に食べました。

カプレーゼという料理ですね。

こちらもさっぱりしていておいしかったです!

 

 

みなさまもぜひ買って食べてみてください!

 

 

詳しくはこちらまで!

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2016/05/27 17:29

 


今週水曜日 5月25日 全国霜降り研究会 が 開催されました。

 

出場頭数 は 130頭 (交雑牛 35頭  和牛 95頭)でした。

 

和牛部門の話を書きますと・・・

 

出場 95頭中 58頭が 5等級という ハイレベルな共励会 でした。

(名立たる肥育農家さんたちが参加しています  )

 

その中で・・・

 

最優秀賞は・・・

 

熊本の暴れん坊!?と呼ばれている・・・ 

(僕が 勝手に呼んでいるだけかもしれませんが・・・ 

 

野田 郁夫さん の 牛でした。 

 

血統は 百合茂ー安福久(去勢)   月齢 30カ月

 

生体重量 756キロ 枝肉重量 573キロ ロース 121 バラ 9.7 BMS 12 単価 3633円

 

野田郁夫さん おめでとうございます!!   

 

お祝いしましょう!!  ムフフフフ・・・ 

 

☆和牛部門  優秀賞、優良賞の 血統 や 枝重 などを書きたいと思います。

 

◎優秀賞

 

隆之国ー安福久(去勢) 月齢 26 枝重547キロ ロース101 バラ 10.0 BMS  12 単価 3409円

 

百合茂ー安福久(去勢) 月齢 29 枝重 612キロ ロース109 バラ 9.3 BMS 12 単価 3200円

 

秀菊安ー安福久(去勢) 月齢 30 枝重 538キロ ロース 107 バラ 9.5 BMS 12 単価 3014円

 

茂洋ー安平(去勢)       月齢 31 枝重 605キロ ロース 98 バラ 10.0 BMS 12 単価 2675円

 

◎優良賞

 

百合久ー安糸福(去勢) 月齢 27 枝重 658キロ ロース 120 バラ 9.3 BMS 11 単価 3101円

 

百合気高ー安福久(去勢) 月齢 29 枝重 646キロ ロース 84 バラ9.1 BMS 10 単価 3099円

 

平茂勝ー安福久(去勢) 月齢 29 枝重 608キロ ロース 66 バラ 9.8 BMS 11 単価 2930円

 

百合茂ー安福久(去勢) 月齢 32 枝重 702キロ ロース 117 バラ 10.1 BMS 12 単価 2869円

 

百合茂ー安福久(去勢) 月齢 31 枝重 613キロ ロース 88 バラ 9.1 BMS 11 単価 2835円

 

勝忠平ー安福久(去勢) 月齢 29 枝重 658キロ ロース 98 バラ 9.6 BMS 12 単価 2699円

 

安福久ー勝忠平(メス) 月齢 30 枝重 484キロ ロース 82 バラ 8.6 BMS 11 単価 2625円

 

☆数字など間違っているところがありましたら 申し訳ありません・・・ 

 

皆様 お疲れさまでした。 

 

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2016/05/25 9:59


4月9日に 投稿しました ”ある牛の話。” の つづき を 書きたいと思います。

その牛(シコリくん)は この写真の牛です。





☆4月9日の投稿は ↓↓↓ です。   


あの肥育牛(シコリくん) の 成績は・・・

血統  百合茂ー安福久(去勢)  枝肉重量 590キロ BMS12  

カブリは 予想通り!? バリバリ  シコリ(筋炎) だったようです・・・ 

エコー って やはり スゴイのですね・・・ 

ちなみに 枝肉単価は 3001円 だったようです。

(売上額は 税抜き 180万円弱ですね・・・  )

シコリだったので 相対だったら もっと枝肉単価は安かったと 思うけど

セリだったから 高値で販売できたということでした。

カブリ以外 サシは とてもキレイだったようです。 

肥育農家さんも満足していました。 
    
それが 枝肉単価に表れていますね。


シコリくん ありがとう。 

投稿者: 宮下真菜美 投稿日: 2016/05/23 16:23

みなさんこんにちは。

お久しぶりです。まなみです!

 

相変わらず(?)営業マンでもなければ放浪もしておりませんので、

近況報告をさせていただきます。(^-^)

 

・・・何を一番最初に報告したいかといいますと

でんっ (少々分かり辛いかと思いますが)

なんと、先週金曜日の20日から、

北海道だというのに まだ5月だというのに

気温30度超えです。

 

こんなことってあるの!?と思い全国の天気予報を見てみると、

30度を超えている地域が多々あるようですね(^_^;)

 

岐阜県では本日最高気温33度の予想だったようで・・・(Yahoo天気予報より)

全国的に最高気温が7月並みのところが多いようです。

 

先週金曜日 事務所で作業をしていると

となりの席の中紙が汗でびしょびしょになりながら

「あついね!ハハハ」と笑っていました・・・(笑)

 

 

そんな真夏のような気候の中、今 会社の外ではこんなことが起きています。

ででんっ

 

実は、株式会社アース技研、工場増設中です!!

 

何もなかった もとい 畑しかなかった会社の裏側の土地に、

新しい工場を建てるべく 専門業者の方々が工事をしてくれています。

 

ですので、会社のまわりには大きな重機がぞろぞろ・・・

ついこの間まで何もなかった土地が

地味に ではありますが、大きく変わっていっています。

 

この暑い中 一日中外で増設作業をされている職人さん達へ

感謝の気持ちでいっぱいです。

きっと素晴らしい工場が建ちます。(*^_^*)

完成がまちどおしいです

 

そして最後におめでたいおはなし。

 

今日は岩本部長のお誕生日です・・・!!お誕生日おめでとうございます!

 

 

いつも明るく 細やかな心配りをありがとうございます。

 

ごはんをモリモリおいしそうに食べる岩本部長。

岩本家の今晩の食卓はきっと、

山盛りのごちそうが並ぶことでしょう・・・いいなぁ

 

以上、近況報告でした。

 

このところ気温の変動が激しいので、体調を崩される方が多いようです。

風邪だけでなく 食中毒や、熱中症になる危険性も高いとのことなので

皆様、お体大事になさってくださいね!

 

もちろん、牛さん 豚さんも 元気ですくすく育ちますように。

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2016/05/23 11:29

ある島の 繁殖農家さんのところへ行ってきました。 
 

 

母牛頭数 は 35頭。
牛舎に行くと 母牛も子牛ものんびりしています。 
床の状態も良く、臭気も少ないです。
風通しの良い牛舎ということもありますが、人間も快適です。 
この農家さんの飼養管理ができている ということもあるのですが、
子牛の発育も良い感じでしたよ。 
その要因の一つとしては・・・
シンプルなのですが ”広いこと” だと思いました。
この農家さんは、牛達の1頭当たりの面積を、あえて広く飼っています。
☆ちなみに、出産前の母牛は1頭飼いなのですが 3m×8m の広さの牛房です。
   広いですよね。   お産の事故はないそうですよ。
1頭当たりの面積が広い方が良いのは、皆様分かっていると思います。
ただ・・・
面積が広いと どうしても 多めに!? 牛達を入れたくなってしまうのが
人間の心理!? なのかもしれませんね・・・ 
牛舎の広さは同じなのに、その中で頭数を増やしても良いことはありません。
母牛が増えていくと、子牛も増えます。
同じ広さの中で、牛達が増えていくと、少なからず牛達のストレスも増えます。
床の持ち(乾き)も変わってきますし、臭気も出てきます。
頭数を 少しでも増やすのでしたら できれば牛舎を建ててください・・・  
とは 言いにくいのですが(コストもかかってしまいますし・・・) 
牛舎の臭気 や 床の状態が悪い、牛達の調子が悪い という方は、
改めて ”広さ” も 意識してくださいませ。 

投稿者: 礒 匠 投稿日: 2016/05/20 8:56

 
  

先週は道央に出張に行ってきました。

 

その中で、日高地方の生産者の方など数名と

見学させていただきました。

 

初めに見学させてもらったS農家さんは、

もともと軽種馬の生産をしていましたが

現在は和牛主体の経営をしています。

以前は馬がいた厩舎を利用し、牛を飼っているので、

様々なところに工夫が見られました。

 

まず、目についたのはこの建物。昔ながらの厩舎です。

 

馬房をそのまま利用しています。

広さもあり、過しやすそうでした。

馬房の中央には尿溜めもあり、おしっこがたまると柄杓で取り除きます。

 

競走馬のトレーニング施設()は現在、

牛のパドックとして使われているそうです。

 

そして、別のパドックには優秀な血統を持つ

もとじろうファミリー牛たちがいました。

 

大変立派な母牛さんでした。

 

血統のこだわりや、厩舎をうまく利用した

管理など大変勉強になりました。

 

 

もう一軒のH農家さんは和牛の一貫経営を行っています。

この農家さんは枝肉成績も大変良く

共励会でもたくさんの賞をとっています。

実際に見せていただいた肥育牛は素晴らしい体つきで

和牛のことを勉強中の私にも感動を与えてくれました。

 

 H農家さんの牛たちは堂々としており

複数人で入っていっても動じませんでした。

今度、名人会に出す牛さんも順調な様子でした。

健闘を祈っております!

 

 

 

二農場の方々、ありがとうございました!

 
 

投稿者: 中紙育朗 投稿日: 2016/05/19 14:02

ジェネティクス北海道の種雄牛、勝早桜5(勝忠平ー安平ー隆桜)の枝肉市場成績が出ましたので載せたいと思います

去勢  49頭  枝肉重量 500キロ BMS 7.4

雌   33頭  枝肉重量  448キロ BMS 6.9

総計 82頭   枝肉重量 479キロ BMS 7.2

集計期間は平成24年7月~平成28年3月になります。

※ガラケーの方は見えにくいかもしれません申し訳ございません

母牛の血統がまだ古いデータなので本調子!?では無いかもしれませんが・・・

今夏以降にたくさん割れ始めるそうです

ちなみに、去勢 勝早桜5ー茂洋ー安茂勝 枝重559キロ、BMS12番が出たとの事

これからも勝早桜5の活躍が楽しみですね

またデータが入り次第、載せたいと思います

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2016/05/18 23:55

 

先週金曜日(13日) 熊本県家畜市場の子牛セリ(二日目  408頭)に行ってきました。

 

 

この日の種雄牛別出場頭数は・・・

 

美津照重 58頭 幸紀雄 30頭 隆之国 27頭 直太郎 24頭 安福久 22頭 菊花国 21頭

百合茂 19頭 美国桜 18頭 芳之国 18頭 諒太郎 14頭 福華1 12頭・・・

 

平均価格 は メス 74.3万円 去勢 85.8万円(税込) 前回比 3千円安 でした。

 

この日は・・・

 

セリの前に子牛を見ていると、ある熊本の肥育農家さんから声をかけられました。

 

その方は、飼養管理も良く 成績優秀で 個人的にとても信頼している肥育農家さんの一人です。

 

その肥育農家さんから 

 

”岩本さん。 今日の一番は この牛ですよ!!” と

 

ある子牛のところへ 連れて行かれました。

 

"おおーーっ・・・ この牛が今日の一番なのか・・・  "

 

その牛は あまり大きくないタイプの牛でした。 

 

血統は、 直太郎ー安福久ー平茂勝ー安福165の9(去勢)

 

275日齢 300キロくらい(見た目です)の牛でした。

 

☆熊本県市場の子牛は 九州の中では 大きな牛が多い市場の一つだと思います。

 

 ちなみに、 今月の 平均体重は 去勢 308キロ メス 282キロ でした。

 

 

話は戻り・・・  その子牛の セリが始まり

 

セリ価格 が 80万円を過ぎたあたりから 黄色と赤のランプになり 二人で競っていたと思います。

 

おおーーっ・・・  と いう間に、二人で15万円!?くらい競り上がり・・・

 

結果は・・・

 

直太郎ー安福久ー平茂勝ー安福165の9(去勢) 275日齢 281キロ 98.3万円(セリ価格) でした。

 

結局、その子牛を購買したのは、その熊本の肥育農家さんではなく 

 

いつも大きなタイプ(320キロ以上の牛)を購買する 佐賀の肥育農家さんでした・・・ 

 

佐賀の肥育農家さんが いつも買うタイプの大きさの子牛 ではなかったので、

 

思わず!?  なんであのタイプの牛を買ったのか 質問してしまいました。

 

”あの牛は 大きくなかったばってん、皮膚に ゆとりもあったけんのぉ・・・”

 

”地震でストレスもあっただろうし、本当はもっと大きく育ってたんじゃなか・・・”

 

”これから大きくなると 期待して買ったばってんのぉ・・・”

 

ということでした。 

 

ちなみに、熊本の肥育農家さんに 話を聞いたら

 

”あの子牛 取れる(競りきれる)と思ってたんですけどね・・・” 

 

ということでした。 

 

 

子牛セリにも いろいろドラマがありますね。 

 

 

ちなみに、この日の去勢の最高価格は

 

隆之国ー安福久ー平茂勝ー糸福 300日齢 354キロ 120.2万円(セリ価格)でした。

 

被毛も良く、大きくなりそうな子牛でした。 目立っていたと思います。 

 

その牛は よく知っている 原田真二さん の牛でした。 嬉しかったです。 

 

原田さん 近いうちに!? 菊池へ行きたいと思っています・・・ 

 

ヤマシイ気持ちは!?少ししかありません・・・   ムフフフフ・・・