自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2016年3月>
282912345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789
月別の過去ログ
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 植田秋良 投稿日: 2016/03/29 22:34

 

今年1月のブログで紹介したI農場さん(搾乳牛50頭)に

お伺いしました。

乾乳、育成舎をフリーストールから発酵床に改装して2か月が経過しました。

ストレス緩和により、分娩後の立ち上がりが良くなることを期待していましたが、

今のところ、何だか調子が良いような気がするとのことです。

発酵床を始めて間もないことと、

一番条件の悪い厳冬期だったことを考えると、

とてもいいスタートを切ったのではないかと思います。

これからは気温が上がることで発酵条件も良くなり、

メンテナンスも楽になります。

牛、発酵床、堆肥の状態ともに今後が楽しみです!

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2016/03/24 7:29

今回 ながさき西海家畜市場素牛枝肉共励会に参加したのは、

実は 理由がありました。 

ある牛の結果(枝肉)が見たかったからです。 

その牛は・・・

約2年前の 平成26年5月21日 平戸家畜市場子牛セリ に 上場された 

第7安国ー安福久ー平茂勝(去勢 : 名前は 安久くん)

282日齢 294キロ 60.6万円(セリ価格)でした。

その時の日記は⇒ 

今回、セリ(共励会) は 3月3日だったので、

出荷前日の2月28日 彼に お別れのガリガリ(背中を掻くこと)をしてきました。

☆その時の写真です
結果は・・・

出荷月齢 30か月 生体重量 802キロ 枝肉重量 536キロ
ロース56 バラ8. 2 A4 BMS 6 単価2450円

僕はガリガリしかしていないのですが、無事 出荷することができ嬉しかったです。

安久くん ありがとう。

川口さん 安久くんに対して 勝手にいろいろ!?  させていただき 
ありがとうございます。 
川口さん 今度から他の牛もガリガリします・・・ 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2016/03/22 10:35

 

このほど、

2回全国自給飼料生産コンクールが開かれ、

アースジェネターのユーザー様である

標茶町の長坂浩行さん・可菜さん(搾乳牛80頭)が

最優秀賞にあたる農林水産大臣賞を受賞されました!

このコンクールは一般社団法人日本草地畜産種子協会の

主催で行われ、趣旨は放牧など効率的に自給飼料を

活用しながら環境にも配慮しつつ、

持続可能な安定した経営を目指してくこととのことです。

長坂さんの放牧、発酵床牛舎、地熱を活用した空調設備、

パーラー排水処理、6次化(チーズ工房予定)などの

取り組みが評価されたようです。

 長坂さん、本当におめでとうございました!

今後のご活躍を祈っております!!

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2016/03/15 17:00

少し前の話なのですが(3月3日です)
ながさき西海家畜市場素牛枝肉共励会@佐世保食肉センター へ行ってきました。
平戸、宇久、小値賀家畜市場 で導入された 素牛の共励会です。
久しぶりに 枝肉を見てきました。 
たまたまなのかもしれませんが、
今回出品していた肥育農家さんは 長崎と佐賀の方 だけだったような気がします。
出場頭数 は 44頭(その中で 安福久母牛は15頭 いましたよ  )。
早速なのですが  最優秀賞は・・・
百合茂ー安福久ー勝忠平(去勢)
ロース 72 バラ 8.8 A5 BMS12 枝肉重量 455キロ 枝肉単価 4000円
佐賀県の 市丸千代子さん の牛でした。
☆写真が見えにくいです。 申し訳ありません・・・ 
市丸さん おめとうございます!!
ちなみに、入賞していた牛の血統などを書くと・・・
優秀賞 1席
百合茂ー安福久ー平茂勝(去勢) ロース81 バラ9.8 A5 BMS12 枝肉重量522キロ 単価3503円
優秀賞 2席
平茂晴ー安福久ー百合茂(去勢) ロース73 バラ9.8 A5 BMS12 枝肉重量495キロ 単価3202円
優秀賞 3席
安福久ー勝忠平ー北国7の8(去勢) ロース74 バラ8.8 A5 BMS11 枝肉重量515キロ 単価3258円
賞には入っていませんでしたが、
知り合いの 佐賀の肥育農家 Mさんの牛 もいて さすがの枝肉でした・・・ 
(下の写真の牛です)
☆百合茂ー安福久ー勝忠平(去勢)
 ロース76 バラ9.8 A5 BMS12 枝肉重量 579キロ 単価 3104円
チャンピオンの市丸さん とは 面識がないのですが 
チャンピオンの牛の 生産者の方は知り合いの方だったので、
枝肉を見た後、報告に行ってきました。
大石啓介さん おめでとうございます!!
鷹島名物の 魚島来(おとこ)めし 食べたいです!!   ムフフフフ・・・ 
つづく・・・ 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2016/03/11 21:29

 

今日、大学時代の後輩のところへ行ってきました。

 

山形県米沢市で 米沢牛を肥育しています。

(厳密には、繁殖母牛 10頭、肥育牛 90頭飼育していて、お米も作っています)

 

ちなみに、米沢牛 は 黒毛和種の未経産メス牛です。

 

そのため、後輩はオスが生まれたら 子牛セリで販売していて、

 

自家産のメス牛以外の 肥育牛は導入しています。

 

☆米沢牛の定義(簡単に書いています)・・・

 

 飼育者は 置賜三市五町に居住し 米沢牛銘柄推進協議会が認定した者で、

 

 登録された牛舎での飼育期間が最も長いものとする。

 

 生後月齢32か月以上(3等級以上)のメス牛とする。

 

米沢牛といえば、皆様が知っている 和牛のブランド牛の一つ だと思います。 

 

枝肉単価も高いんだろうなと思って、

 

今週の芝浦(東京)での成績を見せてもらったのですが、

(20人ほどの方が 24頭 出荷していました)

 

思ったよりも単価が安いように感じがしました。 

 

☆あくまでも 僕の主観です。

 

 単価は書きませんが、気になる方は個人的に聞いてください。

 

 当たり前かもしれませんが、新聞で見る枝肉単価よりは高値でした。

 

ブランド牛でも厳しいんだなぁ、と思いました。

 

というのも、 メス牛を 32か月以上 必ず 肥育しなければいけないこと。

(今は 肥育期間を短くする方が 多くなっているかもしれません)

 

米沢牛というブランドのため、あえて 但馬系の牛を肥育している方が多いということ。

(血統的なことは、今のところ 決まってはいないようですが・・・)

 

今週、芝浦で屠畜した 米沢牛 24頭のデータ を見ると、

 

一代祖が 但馬系の牛でも 枝肉重量が 550キロ前後の方もいましたが

(もちろん 枝肉重量を取ったほうが、売値が高いし経営にも良いと思うのですが)

 

後輩は 米沢牛というブランドのためにも(差別化を図るためにも)、

 

枝肉重量をあまり大きくせずに(血統的な部分も但馬を強くして)いきたいと話していました。

 

もちろん・・・

 

今は 枝肉重量を取ったほうが経営にも良いですし

 

僕も先ずは 経営第一かなと思ってしまうのですが、

(当たり前ですね) 

 

後輩は、 差別化していかなければ

 

米沢牛が 他の牛のお肉と変わらなくなってしまう という話をしていました。

(なかなか大変ですよね・・・  )

 

枝肉重量だったり 牛の血統的な部分については、

 

やはり 部会でもいろいろな意見があるらしいです・・・


 

枝肉重量を確保しながら 米沢牛らしさを出していくとか

 

米沢牛を肥育している農家さん達が 再生産できる利益を確保していくためにも

 

考えていかなければいけないことが たくさんあると思っています・・・

 

 

米沢牛 というブランドの価値を高めていくためにも

(価値を高めて 差別化して販売していくためにも) 

 

稲馬くん 今以上に 米沢牛のために やっていかないかんばい!! 

 

 

そのためにも!? 鹿児島に 牛を見に来てね!! 

 

 

ついでに・・・!?  天文館で飲もっか・・・ 

 

 

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2016/03/10 17:00

 

長い冬の北海道は厳しいです。

牛さんも人も寒さで体調を崩しやすいです。

そこで多くの方は牛さんにお湯を飲ませておられます。

昨日お伺いした十勝のS農場さんでも、

ボイラーを設置してウオーターカップからお湯が

出てくるようにしています。

手を入れてみると「あったかい!!」

牛さんのルーメン発酵安定、エサの食い込み、消化改善、

疾病予防を考えると、

ボイラー代、工事代、灯油代は安い物だと思います。

 

是非、お勧めいたします!

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2016/03/09 21:29

 

昨日 3月8日 秋田の子牛セリに行ってきました。

 

 

出場頭数 は 394頭。

 

種雄牛別出場頭数は・・・

 

義平福(義安福ー平茂勝ー神高福 県有牛) 83頭 美国桜 39頭 美津照重 34頭 

松昭秀(松福美ー安福ー茂富士 県有牛) 20頭 光平照 16頭 福華1 16頭

夏秋花 12頭 百合茂 11頭 美津百合 10頭 晴茂平 8頭 直太郎 6頭 芳之国 6頭・・・

 

平均価格 は メス 68.5万円 去勢 81.3万円(税込)

 

前回比 1.7万円安 でした。

 

秋田の牛は 今回 平均体重 が メス 298キロ 去勢 318キロ でした。

 

九州の牛と比べると 大型の牛が多い気がします。

 

☆正直に言いまして、太っている牛も少なくなかったです。 

 

 どこの市場も同じかもしれませんが・・・  

 

今回、母牛の血統を見てみたら、

 

勝忠平母牛(3代祖) 65頭 

百合茂母牛(3代祖) 65頭 

安福久母牛(3代祖) 39頭  でした。

(サッと数えただけなので 誤差はあると思います・・・  )

 

その他、家畜改良事業団 や ジェネティクス北海道の(種牛の)母牛 などなど

 

バラエティ豊かな市場だと思いました。 

 

今回のセリについて 去勢に関して言うと・・・

 

やはり 大きくなりそうなタイプの骨格ができている牛が高値でした。

 

安福久が絡んでいなくても、85~90万円(セリ価格)の牛も少なくなかったと思います。

 

安福久母牛 は やはり!?高値でした。 

 

90万円 を 超える牛も多かったです。

 

今回・・・  個人的に好みの牛がいました。 

 

アースジェネター給与農家さん 佐々木優さん の 牛でした。

(次の写真の牛です)

 

 

今は体重をのせる牛が多いのですが、素直に育っている牛だったと思います。

 

結局は 279日齢 315キロ 体高 122センチ 99.9万円(セリ価格)でした。

(血統は 福華1-安福久ー金幸 です)

 

秋田で このようなタイプの牛が 評価されたのは嬉しいです。 

 

他の農家さんでしたら、この牛を 340~350キロ!?にしてきます・・・ 

 

もしかしたら(おそらく!?) その方が高値だったのかもしれませんが・・・ 

 

この日の去勢の 最高価格は、

 

百合茂ー安福久ー第1花国  266日齢 365キロ 100.9万円(セリ価格) でした。

 

秋田の子牛セリで 100万円(セリ価格)を超えたのは 今回が初めてのようです。

 

一線を超えて!?しまったので・・・ 

 

来月以降は 100万円を超える牛が増えていく!?のかもしれませんね・・・ 

 

 

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2016/03/07 12:12

 

3月3日、4日に開催された 熊本の子牛セリ の結果について書きたいと思います。

出場頭数 は 二日間で 640頭。

☆ちなみに、セリには行っておりません・・・ 

 

平均価格 は メス 72.5万円  去勢 84.5万円(税込) 

前回比 6000円高でした。

 

熊本セリ 去勢の上位10頭 の 血統、日齢、体重、価格(税抜) を 書きます。

何かの参考になりましたら幸いです。 

 

勝忠平ー安福久ー平茂勝ー安平 277日 347キロ 116.0万円(セリ価格です)

勝忠平ー安福久ー平茂勝ー神高福 268日 389キロ 116.0万円

百合茂ー安福久ー金幸ー平茂勝 284日 334キロ 108.9万円

幸紀雄ー安福久ー第1花国ー平茂勝 290日 345キロ 108.4万円

美国桜ー安福久ー平茂勝ー糸秀 289日 337キロ 106.9万円

百合茂ー安福久ー平茂勝ー北国7の8 246日 307キロ 102.5万円

美国桜ー安福久ー平茂勝ー糸福 291日 340キロ 100.3万円

百合茂ー安福久ー平茂勝ー安平 296日 308キロ 100.3万円

義平福ー安福久ー百合茂ー平茂勝 301日 398キロ 99.6万円

隆之国ー安福久ー平茂勝ー安平 291日 324キロ 99.5万円

 

明日は秋田の子牛セリに行きます。

 

明日は牛を見ます。   明日のセリについても書きたいと思っています。 

 

 

投稿者: 堀田忍 投稿日: 2016/03/05 10:21




昨年秋に受けたのですが、やっと免状と対面。


東京で受験したんですが、すっごいたくさんの人が受験してまして、

スーパーやお肉関連の企業の方々がほぼなメンツでしたね。


事前講習会を受けれたのと、

魔法の鉛筆をゲットしたことにより、

試験苦手な私ですが、

なんとか受かりました。



この資格で、なにがどうこうなるわけでも、

出来るわけでもないですが、

「お肉のことを一般の人にもっと知ってもらう」という趣旨は

さんせーです。


興味ある方は今年是非!

↓↓↓

http://www.nikuken.com/






























投稿者: 堀田忍 投稿日: 2016/03/04 14:13




矢板子牛市場に行ったら掲示板が新しくなってましたね。


牛さん引いてたら

購買者席に懐かしい顔を見つけたので

挨拶に行ったら、、、





購買者様向けのメインモニターだけですが、

「現在時点での平均価格」や

「飼料会社名」

「その飼料名」まで、表示されるようになっていました。


ボタンもバイブレーションつきの最新のものに替わっていて、

値上がりのスピードも速くなっていました。



来月からは、モネンシンの表示も始まりますが、

さて、どうなることやら。