自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2014年9月>
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
月別の過去ログ
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 植田秋良 投稿日: 2014/09/29 18:14

先日、日高地方のF農場にお伺いしました。
 
そこでこんな話になりました。
 
太っているわけではないのに
 
あごから胸腺にかけて、たるみ(胸すい?)のある牛は良い感じの牛が多いとのこと。
写真のようにかけたモクシが食い込んでしまうほどです。
 
胸腺との関係か何なのか勉強不足でわかりませんが、
 
良い感じの牛になる要素の一つなのかもしれませんね!
 

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2014/09/28 22:38

時が経つのは早いもので、早9月も終わろうとしています。


帯広も朝晩の冷え込みがぐっと強くなり、アチコチ紅葉も始まっています。

今日夕刻に犬の散歩をしていたら早くも雪虫が飛んでいて、

下界でも初雪が近い事を知らせています。


私も地元での休日に冬支度をすべく、知人の所で伐採してある木材を引き取りに行ってきました


その道すがら、可愛らしい野生動物達もセッセと冬支度に励んでいました!



栗の木の下を通りかかると道路で栗を拾っていたエゾリスが慌てて木の上に…

車を停めて急いでカメラを取り出し、ターゲットを捕捉!





エゾリスちゃんはこの美味しそうな栗の木での上でしたっ!






ホラ、遠くにチョコンと…



もう少しズームアップ!!







一心不乱に食べている姿…まるで置物のようで愛くるしいですよねっ!

彼らもやって来る冬に備えて一生懸命頑張っているんですね~っ!!   

我々も頑張らねば・・・          つづく

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2014/09/24 22:10

このほど北海道に南(沖縄県!)からのお客さん(和牛一貫生産)がみえられました。
 
ご一緒にJ牧場(和牛一貫農場)を視察しました。
同じ畜種を飼養されていますが、北海道と沖縄では気候や土地条件が全く違います。
 
共通する部分もあれば、まったく参考にならないこともあります。
 
今回の視察はどうなることか?とドキドキしていました。
 
1時間ほどの視察中、皆さんはとても熱心に質問されていました。
 
粗飼料のこと、ビタミンコントロールのこと、素牛まで牛づくりのこと、
 
腹づくりのこと、などなど・・・
 
結局、視察を終えて感じたことは、
 
やはり基本となる考えはどこに行っても同じなのでは?ということでした。
 
このことを感じられただけでもとても勉強になった1日でした!
 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2014/09/24 13:13

 

 

今月10日11日(二日間)開催された 南北海道の子牛セリ 結果について 書きたいと思います。

 

 

 

結果が遅くなり 申し訳ありません・・・ 

 

 

 

ちなみに 僕はこのセリに行っていません・・・ 

 

 

 

二日間の出場頭数 は 1633頭。

 

 

 

種雄牛別出場頭数は・・・

 

芳之国 188頭 安福久 139頭 百合茂 126頭 光平照 117頭 美国桜 99頭

美津百合 90頭 福安照 89頭 隆之国 83頭 北乃大福 63頭 勝早桜5 61頭

安茂勝 54頭 美津照重 45頭 北平安 28頭 勝忠平 26頭 菊福秀 24頭 

 

 

 

平均価格 は メス 53.5万円 去勢 60.8万円(税込)  前回より 約1.5万円 高値でした。

 

 

 

去勢 上位10頭 の 血統や価格(セリ値)などを載せたいと思います。

 

 

 

☆去勢

百合茂ー安福久ー福之国  266日 368キロ 76.8万円

百合茂ー安福久ー第5隼福 279日 349キロ 75.4万円

茂洋ー百合茂ー安福久    287日 365キロ 75.4万円

百合茂ー安福久ー第1花国  296日 347キロ 75.2万円

百合茂ー安福久ー金幸    286日 326キロ 74.9万円

茂洋ー百合茂ー安福久    295日 329キロ 73.9万円

隆之国ー安福久ー百合茂  276日 378キロ 73.9万円

勝忠平ー安福久ー平茂勝  313日 376キロ 73.5万円

百合茂ー安福久ー平茂勝  260日 321キロ 73.0万円

勝忠平ー安福久ー平茂勝  297日 343キロ 72.8万円

 

 

 

ちなみに メスでは100万円を超えている牛がいたようです。 

 

安福久ー百合茂ー安平 282日 321キロ 105.4万円

 

 

 

それ以外のメス子牛 上位の血統は

 

安福久 が 1代祖 もしくは 2代祖 の牛 が ほとんどでした。

 

 

 

どこの市場でも同じなのかもしれませんね・・・ 

 

 

 

 

何かの参考になりましたら嬉しいです。 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2014/09/17 14:29

 

 

九州の肥育農家さんから電話があった。

 

 

アースジェネターを 10年以上 給与している農家さんだ。

 

 

数年前の厳しい時期にも、自分なりに牛舎を建てて、増頭していた篤農家さんだ。

 

 

農家さんからの注文は(飼養頭数が同じであれば)ほとんどの場合 定期的にあるので、

 

 

おおよそ理解しているのだが、今回の電話は、ほぼ一年ぶりの電話だった。

(この肥育農家さんの注文は今まで 2カ月 に 1度でした)

 

 

肥育農家さん:”久しぶりやね。 元気しとうね。 アースジェネターを注文したいんだけど・・・”

 

 

岩本:”お久しぶりです!! 電話がなかったので(アースジェネターの給与を)止めたと思っていましたよ。”

 

 

肥育農家さん:”のぼすんなよ、こら!!  ”

 

 

怒られる 僕・・・    ちょっと気まずいムード・・・ 

 

 

岩本:”肥育農家さんを辞めたという意味ではなく、アースジェネターの給与を止めた、という意味ですよ・・・”

 

 

肥育農家さん  苦笑い・・・   

 

 

 

言葉って難しいですよね・・・ 

 

 

 

と言いますか、”やめた” という言葉に敏感になるほど 肥育農家さんが厳しい ということだと思います。

 

 

岩本:”アースジェネターの給与を再開するのは嬉しいのですが、何かありましたか?”

 

 

肥育農家さん:”やっぱり、やってたほうが良いような気がして・・・”

 

 

岩本:”僕が言うと、かなり怪しいのですが、継続した方が結局 農家さんのためになりますので、

    だまされたと思って継続して下さい。 ムフフ・・・(ムフフは言っていません)”

 

 

 

今の子牛相場、エサ価格、枝肉相場により肥育農家さんはかなり厳しい状況にあると思います。

 

 

コスト削減の一つとして、アースジェネターの給与やめたり、給与量を減らそうという方達は少なくないです。

 

 

肥育牛 240頭 全頭にアースジェネターを給与したら、年間コストは 約 100万円。

 

 

繁殖母牛 30頭 子牛 20頭 に 全頭に給与したら 年間コストは 約 17万円です。

 

 

☆アースジェネターのコスト 

 肥育牛・搾乳牛) 1頭 1日 5グラム 約12円  1カ月 360円  年間コスト 約4300円 

 子牛)        1頭 1日 2.5グラム  約6円  1カ月 180円 

             産まれてから子牛セリに出るまで(約9ヵ月間) 約1600円 

 

 

 

コスト削減を考えると、エサを変えることは難しいので添加剤を減らしたいという考えは理解できます。

 

 

 

ただ、添加剤にも意味があり・・・

 

 

 

といいますか、なんのために 添加剤 を給与するのかということをもう一度考えて

 

 

 

コスト削減 について考えていくのが良いと思います。

 

 

 

一番のコスト削減は 病気・事故を減らすこと です。

 

 

 

牛達の腹作り は 畑の土作り と 同じです。

 

 

 

いろいろなこと(もの)について あらためて考える時期なのかもしれません。

 

 

 

 

決して、アースジェネターの宣伝ではありませんよ・・・ 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2014/09/16 19:41

突然ですが、
 
皆さんの牛舎では大きな段差など無いでしょうか?
 
十勝のO牧場さんでは40cmぐらいの段差があるところに
木製のスロープを設置しました。
 
このことにより段差をまたぐことなく行き来ができ、
 
疲れやストレスといったことが軽減されていることと察します。
 
それも毎日の事なので、これを設置するのとしないとでは
 
大きな違いではないでしょうか?
 
もちろん牛舎だけでなく、
 
身の回りでも気が付くことがたくさんあるかもしれません。
 
皆さんも是非探してみてはいかがでしょうか?
 
もちろん私も探してみます!

投稿者: 宮下真菜美 投稿日: 2014/09/12 16:38

 

みなさん! お久しぶりです。まなみです!

 

今週の事務所はというと。

営業マンはみんな放浪(出張)に向かったため、

残ったのは工場長、パートさん

そしてあっこさんと私。

 

工場長とパートさんは主に工場内での作業なので、

事務所にいるのはあっこさんと私の二人・・・

 

平均年齢 22.5歳。

 

事務所に二人しかいなく、寂しさを感じていた私たち。

そんな私たちの元に あるお客さまから荷物が届きました。

 

ででんっ!!!!

 

 

島バナナ(大好物)!!!!!

 

 

「でもまだ青いね~・・・」と言うことで、

熟すまでそのまま箱で保管することに。

 

 

――――― 翌朝。

 

積極的な子が一人。

 

―――――――― またその翌朝。

 

あっこさん「まなみさん、バナナ、見ました?

私「あ、まだ見てないです

 

ニヤつくあっこさん。おそるおそる箱の蓋をあける私。

 

 

なんと!!一人につられてみんな一気に黄色くなりました!!

 

今日いる人数分にわけて それぞれお持ち帰り。

 

今週は島バナナのおかげで 楽しい一週間になりました。

島バナナを送ってくださったTさん、本当にありがとうございました!!

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2014/09/08 21:29

 

 

今月5日 九州管内系統和牛枝肉共励会 が 開催されました。

 

 

 

一年に一回 九州地区の肥育農家さんが参加する共励会ということもあり、

 

 

 

こちら九州の中ではかなり注目されている共励会の一つです。

 

 

 

福岡 佐賀 大分 長崎 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄、 各県から 17頭ずつ(計136頭)出場。 

 

 

 

今回は 出場頭数 136頭のうち、なんと BMS12 が 20頭  というハイレベルな共励会でした。

 

 

 

アースジェネターを給与している肥育農家さん方達も たくさん参加していて

 

 

 

BMS12 の 方も数人いらっしゃいました・・・   ムフフ・・・  

 

 

 

共励会の結果はすでに知っていらっしゃる方も多いと思うのですが、

 

 

 

上位の牛について書きたいと思います。

 

 

 

チャンピオンは・・・

 

 

 

福之国ー忠富士ー安平  BMS12 枝肉重量 570キロ 枝肉単価 8570円 

 

 

 

宮崎県 の 中窪勝彦さん の 牛でした。 おめでとうございます!! 

 

 

 

銀賞1席 岡茂福ー安福久ー平茂勝(鹿児島) BMS12 枝肉重量 569キロ 枝肉単価 6000円 

銀賞2席 百合茂ー安福久ー金幸(熊本) BMS12 枝肉重量 583キロ 枝肉単価 5500円 

銀賞3席 百合茂ー安福久ー金幸(熊本) BMS12 枝肉重量 572キロ 枝肉単価 5010円

銅賞1席 勝乃勝ー安福久ー平茂勝(佐賀) BMS12 枝肉重量 572キロ 枝肉単価 4400円 

銅賞 百合茂ー安福久ー勝忠平(佐賀) BMS12 枝肉重量 587キロ 枝肉単価 4100円 

銅賞 福華1-安福久ー勝忠平(鹿児島) BMS12 枝肉重量 582キロ 枝肉単価 4100円

銅賞 百合茂ー安福久ー忠茂勝(鹿児島) BMS12 枝肉重量 563キロ 枝肉単価 4000円

銅賞 百合茂ー安福久ー平茂勝(佐賀) BMS12 枝肉重量 558キロ 枝肉単価 4000円

☆()の中は、子牛が肥育された場所です 

 

 

 

今回の共励会の結果を見てみると(あくまでも個人的な意見です)・・・

 

 

 

昨年と同様、今回も 皆様の予想通り 壇蜜祭り!?(BMS12のうち 安福久母牛が17頭)でした。 

 

 

 

もちろん、いつも通り 忠富士 や 福之国 といった宮崎の母牛達 も 活躍していました。

 

 

 

宮崎の牛を見てみると・・・ 

 

 

 

勝平正母牛(2頭)、美穂国母牛(1頭)といった期待の牛達が出場していたのですが、

 

 

 

実は 3頭とも BMS11 という好成績でした。 

☆血統は、秀菊安ー勝平正ー第1花国、福之国ー勝平正ー日向国、秀菊安ー美穂国ー福之国

 

 

 

宮崎では、今後 勝平正 や 美穂国、 秀菊安 が 母牛に残ってくると思うので、

 

 

 

その牛達が 母牛として 活躍してくれるのではないかと思います。

 

 

 

 

早くも!?来年の この共励会が楽しみですね・・・     ムフフ・・・ 

 

 

 

 

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2014/09/03 0:29

 

 

北海道にある 繁殖から肥育までやっている 一貫農家さんのところへ行ってきました。

 

 

 

 

この牧場のあるところは 冬場の気温 が マイナス 20度 になるらしく 

 

 

 

 

肥育牛舎の水槽はこんな感じになっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、この水槽は冬場凍結しないようになっていて、冬場でもある程度 水温を保ってくれるようです。

 

 

 

 

ところで・・・

 

 

 

 

さっきの写真を見て気付いたことありませんか・・・ 

 

 

 

 

 

解答時間は あと 10秒 です・・・

 

 

 

 

 

正解!? は・・・

 

 

 

 

 

めっちゃ ピカピカ なのです!! 

 

 

 

 

 

 

 

 

この水槽、 今日 取り付けたわけじゃないですよ・・・ 

 

 

 

 

もちろん牛もいますし・・・

 

 

 

 

それなのに、こんなに キレイ です・・・

 

 

 

 

従業員の方に聞いたわけではありませんが、

 

 

 

 

おそらく毎日(何回も!?)キレイにしているのだと思います。

 

 

 

 

水を飲めば(快適に水が飲める環境を作ってあげれば)、牛達はエサを喰い込みます・・・ 

 

 

 

 

”水飲み場の掃除をする” という言葉は同じでも、

 

 

 

 

ここまでキレイな水槽はあまり見たことありません。 

 

 

 

 

おそらく この牧場のトップ(社長)の方の考え方なのだと思います。

 

 

 

 

そして、その意図を理解して 従業員の方達が 行動している のだと思います。

 

 

 

 

素直に スゴイな って思いました。

 

 

 

 

水飲み場を 毎日めっちゃピカピカに掃除してくださいね という意味ではありません。

☆もちろん キレイな方が牛達は喜びますし、エサも喰い込みます 

 

 

 

 

 

 

考えて 意識して 行動していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

投稿者: 堀田忍 投稿日: 2014/09/02 19:01


少ないのですが、写真をば・・・







前日に、松本先生、中植さん、自分とで試食。

あまりの出来のよさにロマンティックがとまりませんw




















一応、お揃いのユニフォームを準備。

色は「飲食に青は・・・」とか言われそうですが、

独断と偏見でターコイズ!

まぁ、会場で目立つ目立つ!!

結果、デザイン&色ともに大正解だった模様。



牛肉協会と、奉仕人3社のロゴをアイロンプリント。

新聞・TVなどにチラ映りしてて、

宣伝効果バッチリ!? (←誰にw)















序盤戦の松本先生による呼び込みw

小さい子に不飽和脂肪酸がどうたら・・・とか言っておりますが・・・(汗





すげー

お三人さん、ご案内ぃ~~

松本先生、忙しい中ありがとうございました!









とにかく、すごい人!!

ピーク時には、この三倍くらいの人が!!!








来年も頑張ろっと。