自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2014年8月>
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456
月別の過去ログ
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2014/08/24 21:00

 

 

ある九州の肥育農家さん(ここでは、Nさん ということにします)から電話があった。

 

 

 

Nさん : ”岩本くん 北海道の子牛セリは安い!?みたいだね・・・”

 

 

 

先月(7月)の南北海道家畜市場子牛セリ(2日間 1566頭)のデータを Nさん に送っていたので、

 

 

 

そのデータを見て Nさん は 言っているようだ。

 

 

 

岩本 : ”Nさん、北海道が安いということはないですよ。 どこの子牛市場の価格もあまり変わらないですよ。”

 

 

 

☆南北海道子牛セリ 先月(7月)の平均は メス 52.5万円、 去勢 59.7万円(税込)

僕が送ったデータには、去勢・メス 上位50頭の血統や価格など 載っていたのだが、

ちなみに 去勢の上位 10頭(セリ価格、血統)は

徳悠翔ー安福久ー平茂勝 285日 369キロ 77.4万円 

勝忠平ー安福久ー平茂勝 282日 366キロ 77.3万円

美津百合ー安福久ー忠富士 273日 342キロ 74.1万円

百合茂ー安福久ー平茂勝 227日 375キロ 74.0万円

金照ー第1花国ー安福久 266日 354キロ 73.7万円

百合茂ー安福久ー平茂勝 292日 347キロ 73.3万円

芳之国ー安福久ー平茂勝 278日 342キロ 73.3万円

第1花国ー安福久ー平茂勝 310日 363キロ 72.8万円

勝忠平ー安福久ー平茂勝 286日 363キロ 72.7万円

美国桜ー安福久ー平茂晴 271日 394キロ 72.6万円 でした。

 

 

ちなみに、Nさん は この上位10頭くらいの価格帯(血統を含め)を買う方です・・・ 

 

 

 

Nさん : ”岩本くん、北海道に牛を買いに行こうと思うんだけど、どう思う?”

 

 

 

岩本 : ”Nさん の 好きそうな 大きくなりそうな牛は もちろんいますけど、

      九州の牛と比べると太っている牛が多いかもしれませんよ・・・  ”

 

 

 

Nさん : ”まあ行って見らな分からんけん、旅行に行ったと思って今度行ってみようかね・・・

       名簿送っとって!!  ”

 

 

  

 

どこの市場も子牛頭数が減っていて、肥育農家さん達の導入が大変みたいです・・・ 

 

 

 

 

もし、Nさん が 北海道の子牛セリにいらして、僕もその家畜市場に行けたら、

 

 

 

 

Nさんの暴れん坊日記 !? を 書きたいと思います・・・    

 

 

 

 

 

おそらく!?暴れると思います・・・     ムフフ・・・ 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2014/08/20 8:54

昨日、一昨日と8月の十勝和牛素牛市場が開催されました。
 
二日間の上場頭数は、1,703頭(うちET産子326頭)でした。
 
十勝市場の特徴はET産子(=バラエティに富んだ血統)が多いことです。
 
主な種雄牛は、下記のとおりです。
 
 
平均価格は、
 
去勢 588,950円 (前月 585,019円)
 
メス 516,505円 (前月 515,528円)でした。※いずれも税込価格
 
傾向は依然として
 
メスは底値が高く、
 
去勢は増体、血統、価格とも開きがありました(40万~70万)。
 
価格が高かったのは、
 
久母体の他、百合茂、勝忠平が絡んでいる牛、美津照重、花国安福、
 
勝早桜5(勝忠平-安平-隆桜:ジェネティクス北海道)等でした。
 
まだまだ先の事ですが、
 
地元北海道期待の星「勝早桜5」の肥育出荷が楽しみですね!!
 
以上、市場速報でした。

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2014/08/17 9:50

さて、先日は海上交通が全面ストップした台風12号に先行して鹿児島に到着



翌日、朝イチの便で徳之島まで南下すべく早起きして空港に到着!!

余裕をもって手荷物をカウンターに持ち込むと…


「ただ今天候調査中なので、荷物の受け付けは出来ません!」…とスタッフ


そ、そんなぁ~っ!!



イヤイヤ、まだ決まった訳ではない!!


大丈夫、だいじょうぶ!…と、自分に言い聞かせつつ、コーヒーを飲みながら結果を待つ事約一時間



“ご案内申し上げます…”


キタ、キタ~ッ!!

耳を澄ませば…あ、あ、悪天候のため徳之島便の欠航決定!!!



クゥ~ッ!!

またもや…ヤ・ラ・レ・タ~ッ!!


どうやら台風の中心はまだ遥か彼方なのに、だんだん大きくなってかなり広い地域まで大荒れ状態!



この調子だと空の便は2~3日は無理だろう…

この際せっかくの機会だから、この間にレンタカーを手配して暫くお邪魔していなかった、

かの有名な(有)シェパード中央家畜診療所に行くことに決定!!









事務所では早速会長も二人の突然の訪問を出迎えてくれました!!






2日滞在の間、久し振りに診療車に乗って現場も同行させて頂きました!!



續女史はシェパード専用ツナギを着こんで一日社員??







私は蓮沼所長診療車に同乗、この時の現場での様子です!




真剣な表情で診療中…プロの目をしています!!



この牛さんのサシバエに注目!!



もう一枚拡大で…



何でこんなにたくさん…





同じ牛房の他の牛さん達を見てみると…



殆どついていません!!



何故でしょう??



所長曰く…体調の悪い牛さん、弱っている牛さんにはこんな事が良く見られるとの事


これは牛さんに限らず、動物の世界では普通の現象みたいです




生き物の世界って不思議ですね!


ハエは何のセンサーでそれを見分けているのでしょう?

嗅覚?? 視覚? ??


どなたか知っている方いらっしゃいませんか~っ!!

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2014/08/15 7:54

どういう訳か、前回の投稿が渋滞に巻き込まれたせいか??どっかで迷子になっているらしく

公開されていないので、無視して千回の続きをアップしますね!!



今回の旅の目的は、我社新人社員の續女史を同行し、

沖縄・鹿児島離島地区のユーザーさんへの紹介と現場視察、

そして…最も大切な飲み方の洗礼でした!!


出発当初は台風12号が沖縄地区に接近中でしたが…

そこは長年培った運の強さで、台風の隙間を縫って無事沖縄に到着!


その後も順調に予定通り石垣島、久米島、伊江島、沖縄本島をこなし、与論島まで上陸!!


やっぱり…神様は我々の味方だよっ!

…って、豪語してたのが台風の怒りをかったのでしょうか???


それとも…台風も新人女子に会いたかったのか??


与論から沖永良部行のフェリーに乗るべく、接岸時間までユーザーさんと一緒に

近くの食堂にて“もずく蕎麦”で腹ごしらえ!!


予定時間から若干遅れながらも、遠くから港に向けて接近するフェリーの姿が…


よっしゃ~っ!

これで予定通り任務遂行?だねっ!って言いながら余裕で港に向かった!!



が…我々が港に近づいているのに、フェリーとの距離が全然縮まらない…


逆に、ドンドン離れて行っちゃう!!



エ~ッ! 何で、ナンデ???



その時、港に送ってくれた F さんが…「アッ、バッコウだっ!!」って叫んだ!


エッ! バッコウって?? どういう事?? 


私は初めて聞く言葉…与論の方言??



後から知ったのですが、これは「抜港」という事で、港を抜く…つまり台風などで波が荒い時、

与論の港は狭くてフェリーは港に入れず、

与論港を飛ばして次の寄港地…沖永良部の和泊港まで行ってしまったのです!!


ここの港ではよくある事とか…



ヤ・ラ・レ・タ~ッ!!!


台風12号が来る前に波が先に来てしまった…



マズイッ! このまま与論に止まっていたら大型台風12号に追いつかれる!!

追いつかれたらきっと2~3日は缶詰状態間違いなし!!



とにかく与論から脱出しなくっちゃあ!!…と、速攻で与論空港へ!


しかし…取り残された人達の考える事は皆一緒でした!


案の定、空港カウンター時刻表では与論発の便はことごとく満席表示…


狭い空港はいつになくキャンセル待ちのお客さんで大賑わい!!



しかし…私達はまだ運に見放されていませんでしたっ!!




空いていた受付カウンターで空席状況を確認していたら…

ナ、ナ~ント!


満席表示だった那覇便に2つ空席が…さらに、到着後乗り継ぎ可能な鹿児島便にも座席をゲット!!


翌日の1便で徳之島に南下すべくチケットも確保して一安心


こんな経緯で旅程を変更し、この日は数日台風に追いつかれないだろう鹿児島まで北上して一段落!!



前半は順調に「大切な飲み方」の洗礼を経験して貰ったのですが、


後半に入ったとたんに台風洗礼の一幕でした!!


ここでこのままスムーズに終わらないのがドラマなんですよね~っ!!


長くなったのでこの つづき は 次回に…!!  



数日遅れた与論からの現場中継でした!!


尚、電波状況が悪かったので、画像が無くてスイマセン!!m◯m


投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2014/08/14 22:22

 

 

岩手県の農家さん Sさんのところへ行って来ました。

 

 

 

Sさんは、黒毛和種(一般的に 僕らがいう和牛のことです)の繁殖もやっているのですが、

 

 

 

短角(日本短角種) の 繁殖 と 肥育(一貫経営)もやっています。

 

 

 

 

皆様は 短角(日本短角種) についてどういうイメージがありますか?

 

 

 

 

僕自身、短角を見るのは初めてだったのですが、

 

 

 

僕が想像していたよりも短角は大きかったです。

(僕は、短角って一般的な黒毛よりも小さいんだろうな って勝手に!?思っていました  )

 

 

 

 

 

 

Sさん曰く ”黒毛よりも短角の方が強い(病気にかかりにくい)ですよ。” ということでした。

 

 

 

 

短角の肥育のところを見ると・・・

 

 

 

 

 

かなりワイルドな感じです・・・ 

 

 

 

短角の肥育のところは 20頭 を 1群 で 管理していました。  

(1頭当たりの面積 は かなり広かったです)

 

 

 

しかも 去勢 と メス 一緒で、除角もしていませんでした。 

 

 

 

”20頭 の 1群管理 って かなりワイルドですね!!  ”

 

 

 

”黒毛 ではなかなか見たことないのですが、ケンカ とか あたり とか大丈夫なのですか?”

 

 

 

と 僕が聞くと、

 

 

 

”実は、この20頭の牛達は小さいころから一緒にいて、ずっと同じ群だから大丈夫じゃないんですかね。”

 

 

 

と Sさんは話していました。

 

 

 

群管理についても 考えさせられますね・・・ 

(群編成の回数が最小限であれば群の頭数が多くても 意外と!?大丈夫なのかもしれませんね)

 

 

 

Sさんは 20頭 を 1群で管理していましたが、牛達はバラツキなく大きく育っていて、良い感じでした。

 

 

 

 

ここらへんは Sさんの 観察 や 飼養管理 の 賜物 だと思います。 

 

 

 


 

 

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2014/08/14 11:19


皆さん大変ご無沙汰しております!!

暫くここを留守にしていた間に早お盆に突入しちゃいましたっ!

皆さんは親戚が集まったりお墓参りなど、楽しくも慌ただしくもある

お盆を過ごしている事と思います。


ここを暫く留守にしていたのは、私が海外に行っていたり、具合を悪くして入院していたとかではなく、

先月は何かしら地元でバタバタしていてブログにアップする写真ネタも無く、

筆が進まなかっただけです!m◯m


先月20日過ぎからまたいつもの旅人生活に復帰したのですが、

今回は遠征復帰前に…やっておかねばならなかった冬支度の様子をアップします。


以前にもご紹介した事はあるのですが、我家の薪ストーブの薪準備の事です。


家を建てる時に私が“絶対薪ストーブを付ける! ”って宣言したために、

薪準備は私の義務?になっちゃいました!!


お金を掛けて購入するって言うのは簡単かもしれませんけど、お金がもったいないし…

北海道で一冬分の薪を自分で準備するって、思った以上に大変なんですよ~っ!!

伐採・カット・運搬・乾燥・薪割り・乾燥…と、時間も結構もかかりますよ!

これから薪ストーブを付けようと思っている方は覚悟して付けて下さいねっ!!

特に、私みたいな旅人にとっては地元に居る時にしか作業が出来ないので超ハード??

まぁ…雪国でない人は、ホンの一時だけですからそれ程たくさんの薪は使わないので良いかも??


我が家は一応灯油ボイラーのパネルヒーターも付けてはあるので、

いざとなった時にはこちらで凌ぐという保険?も掛けていますが…





これが私の薪割り七つ道具ならぬ、4っつ道具

普段から旅先で飲んでばかりいて運動不足気味の私にとっては、唯一のトレーニングワークです!!





これは前回のワークで積み上げた薪…このサイズはストーブにそのまま入るので積み上げて乾燥のみ!





今回は右端に見える丸太群の捌き?です!!



もう少し拡大して見ましょう!




ハイ、これです!

結構な太さで、トレーニングには最高…なぁ~んちゃって!!






割った後はこんな風に積み上げて乾燥タイムに突入です!



取り敢えず…我が家の冬の準備を整えてから筋肉痛を抱えたまま旅に出発です!!


アイタ、タ、タ・・・タ!!!


次回は旅先からですねっ!!

その頃には筋肉痛も和らいでいる…はず!!                     つづく

投稿者: 續晶子 投稿日: 2014/08/13 9:48

 

沖縄、鹿児島地域の営業中に

續はこんな特技も発見しました

 

 

 

 

  秘技:頭の上にダンボール!!!!!!

 

………………………そのまんまじゃんっっっっっっ

 

 

結構楽です。片手が自由になります。

 

*注意 中身はアースジェネターではありません

 

 

 

佐藤社長との珍道中な今回の出張でしたが改めて振り返りますと

自分の故郷を、今までとは異なった視点から見ることが出来たことで

自分なりの仕事の方針、目標が漠然ではありますが見えたような気がします。

 

 

畜産の世界の深いこと深いこと!!!!!!!!!

現場に行けば行くほど、

自分はこの世界の入口を出たり入ったりうろちょろしているに過ぎないのだなと痛感する毎日です。

 

 

 

しか~し、まだまだ見たことのない景色が沢山あります。

もっともっと見てみたいです

次回はどこに續は出現するのでしょうか……。乞うご期待

 

 

全国の畜産関係の皆様、

暑い日はまだまだ続きますが体調管理には十分注意して

今日も一日頑張っていきましょう!!!!

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2014/08/12 15:07

道東地方に行ってきました。
 
特に釧路、根室方面は写真のように広大な牧草地が広がっています。
私が北海道で最も好きな風景の一つです。
 
牧草は牛などの反芻動物にとって言うまでもなく
 
昔も今もこれからも大事な飼料です。
 
北海道は本州に比べて草の自給率が高いです。
 
このことは北海道における最大のメリットのひとつです。
 
道内では昨年、今年も干ばつの地域があり、草の品質や収量が落ちている圃場もあります。
 
こういう時に普段土つくりや植生改善に取り組まれているところは
 
草の品質や収量がそれほど落ち込まないようです。
 
この差はとても大きいと感じます。
 
皆さんも是非、牛の管理向上の取り組みと共に
 
土つくりや草の植生改善などの取り組みを一部からでも試してみてはいかがでしょうか?

投稿者: 續晶子 投稿日: 2014/08/12 13:15

 

奄美大島では勉強会にも飛び入り参加しちゃいました

 

県有種雄牛の話、適正交配による「鹿児島黒牛」の商品性向上……等々

 

 

 母牛登録審査時における審査基準の講義では

この日同時開催していた北大島地区の育成牛品評会に

出席していた本物の牛さんをお手本にレクチャー。

 

 續は佐藤社長と二人で牛さんを観ながら

 

あれはこういう曲線を描いていたら高評価なのですか?

この肩の形だと良くない評価になるのですか?

…..等々、論議を交わしながら有意義な時間を過ごしました

 

 

 

余談なのですが品評会って結局どんなイベントなのかを質問したら

 

要は牛さんの美人コンテストだよ

と簡潔で解りやすい回答を現場にいたユーザーSさんにいただきました。

 

確かに審査項目の中にありました。品位の中に、顔品の良さ………….

女の子らしい顔ってなんなんだ~!!結局顔かよ~~~~~!!!!!←これは續の叫びです。笑

 

 

結局牛さんの女の子らしい顔はよくわからなかったのですが、

確かにヒトの美女コンテストも皆さん顔可愛いですものね

 

し~か~し、顔品の良さは品位を決める一要素にしか過ぎないわけでして、

他にも「美人」と認めてもらうためにクリアしていかないといけない項目は山ほどあるわけで…..

 

その中でも牛さん自身のボディコンディションを整えることで

クリアできる項目が大きな割合を占めているように感じられました。

(あくまでも續の個人的な印象でですが)

 

 

 

 

續も「顔」はいじれないんで「ボディコン」と「中身」で勝負していきたいと思います。

 

……ヒトだってなんやかんや中身ですよ。

 

最近は美味しいものを食べすぎたのでそろそろ心を鬼にしてダイエットを強行しなければいけないのですが…..

 

 

  ... 詳細...

投稿者: 續晶子 投稿日: 2014/08/11 9:44

 

徳之島で出会いました。

 

 

こんなに近くでまさかの闘牛さん

 

彼は徳之島のEGユーザーさんMさんの闘牛さんです

續は遠くからとか写真とかでは闘牛を観たことはありましたが

隣に闘牛さんがいることなんて.........。

 

 

 

 

うひょ~~~~~~~

しにでけ~~~~~~~~~~~

草めっちゃ食ってる~~~~~~~~~

うひょ~~~~~~~~~

これ本当に牛さんですか???????

うひょ~~~~~~~~~~..............な感じなテンションがとても高い續です

 

 

 

ちなみに續は165cmありますが

 

 

 

この写真で彼の大きさが判りますよね

こんなに体が大きいのに目がとっても優しいんです

可愛いな~~~~

Mさん素敵な出会いをありがとうございます