自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2012年4月>
25262728293031
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345
月別の過去ログ
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2012/04/28 12:23

徳之島では塩の事を「マシュ」と言います


今回は伊仙町犬田布(いせんちょう いぬたぶ)という所にあるユーザーさんのすぐ側で、

昔ながらの製法によって塩を製造しているという水本さんの作業場にお邪魔してきました

 


ここが作業場の入り口です。

“ましゅ屋”と看板が…つまり“塩屋”さんという事ですね!


煙が漂っていますけど、お邪魔した時は水分を蒸発させるために釜焚き?をしている最中でした。

 

 

奥には海水を入れたプール?が並んでいて、メガネが曇るほど湯気がモクモクと立ち上っています。

 

 

 


何時間もかけて水分を蒸発させ…濃縮していきます。

 

これは午前中に上げた塩で、水切りの最中のものです。

チョッと舐めさせて貰いましたが、旨味があって美味しい「あら塩」でした

お昼ご飯はたらふく食べてはいたのですが、思わずまたオニギリが食べたくなりました!

 

こちらの「ましゅ屋」さんはここで詳しく紹介されていますので、是非ご覧くださいねっ!

http://fanblogs.jp/tokunosimaex/category_11/

 

今の時代、何でもお金儲けのために生産効率ばかりを追い求め、

画一化された商品の大量生産のために機械化や大型化が進んでいます


工業製品ならまだ分かりますが…

 

私たちの口に入る命の源である食べ物は果たしてこれで良いのでしょうか?


周りが海で囲まれ南北に細長く気候も多様で自然が豊かな日本には、

昔からこの風土に合った日本人ならではの様々な伝統的な技や知恵がたくさん残されているはずです

先人たちが私たちに残してくれたこれらの知恵や技を、後世の人達にもしっかり伝え残してあげたいものです


食卓には欠かせない塩…


それも工業生産された食塩(塩化ナトリウム)ではなく、海水から作られたミネラル豊富な天然の「ましゅ」


水本さん、ぜひ頑張って下さいねっ!

私も北の大地から応援しています!

 


 

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2012/04/26 21:45

 

岩手にて土曜日のこと

 

あるユーザー様(以下ユ) 宅に行った時、

 

私:『○○さん。明日は晴れ予報なので(前日大雨)、もう水田での作業とか一気にしてるんですか?

 

ユ:『あ~‥明日牛の出荷(出発式)があるから、朝からとても忙しいのさ‥』

 

私:『(!!) そうでしたか‥。自分恥ずかしながら、今まで牛さんの出荷って実際に見たことが無くてですね‥(-_-;)

 

ユ:『ん? 出荷の様子は見学に来ても別に問題ないんじゃない??

 

私:『そうなんですか? てっきり生産者以外は禁断の領域なのかと‥』

 

ユ:『ハハ、見に来てみたらいいよ。せっかくだし』

 

ユ:『作業服だから農協職員みたいだけどね』

 

私:『はい!行きます!たぶん周囲からは「誰だあれ」みたいにみえるかもですね(^_^)

 

ユ:『したら、明日待ってるよ~』

 

 

‥ということで、牛の出荷を見学してきました。

 

 

いつもの子牛市場とは別に2831カ月齢の牛さんが勢ぞろいなので、見慣れていないせいか新鮮です。

 

 

まず体重を測定。

 

 

出荷頭数が揃ったらまずはトラックに積み込みます。

 

 

このとき東京で牛さんを下ろす時を踏まえ、乗せる順番・メスと去勢の区別も欠かせません。

 

 

 

‥生産者の皆さんも真剣なまなざしでした。

 

なおかつトラックに積む時は農家さん自らが牛さんを引っ張るので、なごり惜しさがあり背中が寂しさを訴えておりました。 

そして代表の方が挨拶します。

 

(この時生産者の方々にはジュースが配られます)

 

詳細...

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2012/04/26 17:40

徳之島に上陸しました!

以前にここでもご紹介した盛牧場のガーデニングをチェック?して来ました!!


まずは現状を隅々まで?お目に掛けましょう!!

牛舎壁と…


 

パドック塀にも…

 

昨年は台風被害でことごとくダメージを受けたようですが、チャ~ント復旧していました!


ホント…花は癒されますよね~っ!

 

寒い北海道と違って南国は花の咲いている期間がず~っと長いんですから、

その地域の良い所を現場でも大いに活かして、素敵な環境を創りましょう!

“花いっぱい農場”…少しずつで良いですから皆さんも時間をひねり出して是非トライしてみてください!


そこで毎日働いている人達だけではなく、たま~に農場に来る人たちにとっても癒しの場になりますよ~っ!

 


さて、今度は牛さんの話題です!


まずは写真からです!



素敵な牛さんでしょう?

この牛さんは昨年11月に喜界島で開催された大島郡家畜共進会でグランドチャンピオンを獲得した

「なつ号」(H22年8月生まれ)です。

血統は 安福久―勝忠平―北国7の8、登録点数87.5


お腹の中では百合茂の子がスクスク育っています

7月11日が出産予定日とか…どんな子が生まれるのか、と~っても楽しみですね~っ!

 

今度はとっても仲の良い家族の出番です!

写真見たら分かると思うんだけど…

お父さんはあたし(羽葵:“はるき”って読みます)にメロメロなんですぅ~っ!

お父さんはこう見えてもまだ若いんだから(S59生まれ)…子供のころからこんなだったんだって!!

それから…あたしのヘアースタイル、なかなかファンキーでしょ?

結構気に入ってるんです! でも、風が止んだら元に戻っちゃうの…。

 

 

今回初めて登場しま~す!

お父さんも、あたしもだぁ~い好きで自慢の素敵なお母さんです! 可愛いでしょっ!

よ~く誰かに似てるって言われるんだけど…あたし、テレビ見ないからワカンナイの。

みなしゃんはど~思います??

分かったら教えてくださいね!


そいじゃぁ…みなしゃんも元気な牛さんをたくさん作ってくだしゃいね~っ!


あたしはお昼寝の時間だから、もう帰りますねぇ~! 

また、あたいが大きくなったら今度はお兄ちゃんと一緒にここで会いましょうねっ! 

バイバ~イ!!

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2012/04/26 15:45

 

 

 

大分の繁殖農家Sさんのところへ行って来ました。

 

 

 

 

ご自宅の隣りに牛舎があり、ここに母牛79頭も飼っているのかと驚いてしまうほどビッシリ牛がいます・・・ 

 

 

 

 

普通、このような環境だったら、繁殖成績が悪かったり、子牛の発育が悪かったりするのですが、

 

 

 

 

Sさんは気合い!?が違いますので、そんなことはありません。 

 

 

 

 

限られた環境の中できちんと管理していて、1年1産させながら、子牛も良い感じに育っています。

 

 

 

 

母牛(つなぎ飼い)の発情は、牛の下に敷いているノコクズの乱れを見て確認、

 

 

 

 

あやしい牛はパドックに出して再確認。

 

 

 

 

子牛(人工哺育しています)は、離乳する時にストレスがかかるので、

 

 

 

 

離乳後も 少しの間だけ哺乳ボトルでお湯をやっていたり、

 

 

 

 

実は 6回に分けてエサをやっていたり(回数を増やしたほうが採食量は上がります)・・・ 

 

 

 

 

理屈は分かっていても、なかなか行動できないことばかりなのですが、

 

 

 

 

”僕は当たり前のことをやっているだけですよ” と Sさんは言います・・・

 

 

 

 

Sさんの牛は、今月の 玖珠子牛セリの去勢トップ だったと思います。

 

 

 

 

 

Sさん  気合い  が違いますよね・・・ 

 

 

 

 

 

もちろん、ここまでやらなくても良いと思いますが、

 

 

 

 

人それぞれ 自分なりに できることは一つずつやっていきましょう。

 

 

 

 

 

 自分に すべて返ってきますよ。

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2012/04/25 18:32

久し振りに「牛飼い初心者の独り言のオーナー」みぃ♂さんの二世、結仁クンに会ってきました!

生後約7ヵ月…牛さんだったら約200kgですね!

モチロン、結仁くんはここまでなっていないのですが骨太でズッシリ…父親譲り!

子供ってアッという間に大きくなっちゃいますよね~っ!

 

まずは写真で…

ホラッ!

みぃ♂さんとウリ一つの二世でしょ!

 


居酒屋で一緒にいた牛先輩、アキノリ兄ィの奥さんにもモミクチャにされ、おちゃけくさ~い!ってチョッピリご機嫌ななめ??


おかあさんにダッコされると、どことなく安心感が漂います

やっぱり…母は強しですよねっ!

ホ~ント、子供って…可愛いっすよね~!!

大人も最初は皆そうだったはずなんだけどなぁ~!!

 


さて、場所は変わって…アキノリ兄ィの農場です!


奥さんは牛舎に行くと早速、牛さん達と「牛房端会議」です

牛さん達の名前を呼びながら声を掛けるとすぐに寄って来ます。



ホラッ!

しまいにはこんな感じで座り込んで“猫かわいがり”ならぬ“牛可愛がり”

自分の仕事を忘れて話し込むのは日常茶飯事だとか…

旦那さんも…もう慣れた???みたいですよ!


こんな姿を見て通路向かいの母牛さんはヤキモチ??

アタイともお話してよぉ~って言ってるみたいに身を乗り出してました!


こんな牛さん達って可愛いっすよね~っ!


ヒトも牛さんも、愛情たっぷりストレスなく育てると元気ですくすく…素敵に育つこと間違いありません!


アッ!

ヒトの場合、時によっては厳しさも必要でしたねっ!


皆さんも牛さんとい~っぱいお話をしてあげてくださいねっ!

毎日優しい声を聞いたら安心してストレス解消、御飯もモリモリ…スクスク育ってくれますよ~っ!

赤ちゃんだって言葉をしゃべらない時でも、お母さんの言うことは解ってましたでしょ?

牛さん達も日本語は話さないけど、チャ~ンとわかってるんですから!!

騙されたと思って、今日からやってみましょう!!

良い事がい~~~っぱい有りますよぉ~~っ!!

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2012/04/24 7:39

さすが!と思う一コマです。
 
牛舎外のパドックに屋根を付けた(正確にはまだ途中)Eさん。
 
理由は、雨が当たらないようにする為です。
敷料が長持ちするだけでなく、牛にとって快適なベッドにもなります!
 
また、Eさんは戻し堆肥も作っておられるので、
 
時にはその乾燥場としても考えているようです。
 
パドックがある農場で屋根をかけているところを見かけたことがなかったので
 
Eさんの実行力にはとても感心いたしました!
 
牛さんや敷料代の削減などで費用対効果は充分ありますよね!!
 
(北海道の春を告げるフキノトウ・・・・・でも、まだまだ寒いです!!)

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2012/04/23 8:16

今度の便利情報は、自然哺育中の子牛の部屋に追い込み策を設置した例です!
単管のパイプで簡単に作れたとの事。
 
治療の時など注射する時には、とても便利!
 
いちいち捕まえなくても何頭も追い込むことができます!
 
これを設置するには、少し広めのスペースが必要ですが、
 
十分に値があるものですね!
 
参考までにご紹介させて頂きました!!

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2012/04/22 10:24

コンニチハ~ッ!

北海道も例年に比べ少し遅いのですが、ようやく春の日差しがやってきました。

今回の旅でも感じたのですが、全国的に気候は不安定な日々が続いているようです。

今年も畜産を含めた農業は全般的に気が休まらない年になりそうですね!

皆さんも油断することなく、気候の急激な変化に出来るだけ早く対応し被害を

最小限に止めるように頑張ってくださいね!

 

さて、皆さんもとっくにその襲撃を経験済みでしょうが…

今回は哺育牛舎で徹底的な鳥対策をしている喜界島のM牧場をご紹介します。


最もデリケートな哺育期…牛舎内もとても清潔に管理しています

 


牛舎を建設する時から隙間という隙間にすべて金網を張り巡らせて侵入を防いでいます


ホラッ!

もちろん牛舎内にはアリンコ一匹…イヤ、スズメは一羽も見当たりません!

 

ハッチの寝床にはお風呂マットを敷いて、牛さんもリラックスして休憩タイムです。

 

他の育成牛舎などはこのように徹底されてはいませんでしたが…

ドキッとするほど美形な一人の見張り番?が常駐してました!

この方です!

 


もう一枚…チョットカメラを引いてみますねっ!

 


従業員の方に効果のほどを訪ねてみました。

その答えは…

「ウ~ン、どんなんだかネェ~?」…でした!


でも、これに手足が付いて時々動いたら…効果があるかも??ですねっ!

 

ホント…鳥対策には皆さん頭を悩ませています。

畜産に限らず果樹栽培にとっても永遠のテーマですね

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2012/04/21 12:04

 

みなさんこんにちは

 

昨日岩手中央家畜市場3日目に行ってきました。

 

 

3日間の平均価格(税込)

メスが354,252円/628頭 (前回359,598)

去勢は450,726円/790頭 (前回461,130)

 

血統の内訳は

 

 

菊福秀 78頭、光平照 55頭、北平安 54頭、安茂勝 45頭、勝忠鶴 33

菊安舞鶴 22頭、安福勝17頭‥でした。

 

宮城県のアースジェネターのユーザーも買いに来ていましたが、

 

宮城県の今月の和牛子牛市場(41619)では平均価格が未だに高く、

 ↓

メスは406,041(先月は約41万円)

去勢に至っては494,161(先月約49万円)

で、県内での購入は今のところ控えているとのことでした。

 

お盆頃までこの価格は維持するのではないかとのことです。

 

 

 

 

私の観察眼はまだまだなのですが‥

 

この子牛‥肋の張りがイイね!っていう牛(菊福秀)がおりましたので記載を。

 

 

詳細...

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2012/04/20 8:13

発見しました!
 
ジャン!
 
飲水薬剤添加装置です(青色の物)。
ウオーターカップの配管にバイパスして
 
薬剤やビタミン剤など添加できる装置です。
 
最大の利点は、エサは食べないけど水は飲むという調子の悪い牛さんへ
 
確実に薬剤等を与えられるということです!
 
薬剤添加率は3段階ぐらいに調整できます。
 
この装置を採用している農場さんにお伺いしますと、
 
予防に3日間ほど薬剤添加などするといつもより調子が良いこと、
 
また、風邪が流行った時に薬剤添加することで
 
牛を捕まえて治療する手間がかからなくなった上、回復が早かったとのこと。
 
 
ちなみにお値段は8~9万円ぐらいだそうです。
 
何の動力もなくメンテナンスもほとんどいらないそうです。
 
ただ、北海道の場合、冬の凍結対策は必要かもしれませんね!
 
 
是非皆さんも試してはいかがでしょうか?