自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2012年3月>
26272829123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
1234567
月別の過去ログ
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2012/03/26 18:56

今回の旅で沖縄県の伊江島に上陸、S牧場さんのお祝い事に誘われてお邪魔してきました!

そこでのメイン料理がヒージャー汁…沖縄でヒージャーとは山羊の事で、昔からお祝い事の時に食べる

沖縄の代表的な健康スタミナ料理です

 

チョッと時間に遅れて会場に行ってみると奥の方に大きな鍋がド、ド~ンと二つ…


ヤギ肉は独特の臭いがあって癖があり、初めての人はチョッと…という人が居るかも?

でも、私はしっかり頂きました!

中には何杯もお替わりする人が居ましたよ!

 

中を覗いてみると…

山羊汁がタップリ…仕込み?は自分のお家でやり、味付けはその家によって夫々違う家庭の味だそうです

 

ドンブリにタップリ盛り付け、好みで塩を入れたりトッピングの野菜をのせたり…

 

 

会場(Sさんの自宅横の倉庫なんですが…)には、隣近所の人や関係書の方々が約30人位集まっていて、

既に宴会が始まっていました!

 

全員揃った頃を見計らって、お祝いの主催者であるSさんの挨拶…その後、数名のお祝いの言葉がありました


この集まりが何のお祝いかって言うと…

 

S牧場さんの息子さんが初めて親元を離れ、遠くの滋賀県で4カ月間の

人工授精師免許取得のための研修を無事に終え、

地元に戻ってきたので(まだ合格発表前なのですが…)、その合格お祝いの集まりでしたっ!

 

挨拶が一通り終わった所で、また暫くは宴会の続き…


みんな、たらふく食べ、飲んで夜11時頃にお開きでした!

特に赤ジャンのS先生は大盛りで4杯もお変わりしていました!!

これでスタミナもバッチリ!

明日からもジャンジャンバリバリ仕事することでしょう!!


最後に、主役である息子さんとお母さんのツーショットです!

Sさん、大変お世話になり有難うございましたっ!そして、ヒージャー汁ご馳走様でした!m●m

これからもご家族力を合わせて良い牛さん創りを目指して頑張ってくださいねっ!

私も陰ながら応援させていただきます!!

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2012/03/25 1:00

 

皆さんこんにちは

 

植田課長がブログにも記載した通り

 

札幌にて天文塾が開催されました。

 

翌日のS牧場にてコンサルティングを行う松本先生。

 

 

ちなみにこちらのS牧場は、私が入社して現場研修を受けたところでもあります。

 

 

 

 

 

 

こちらは哺育舎の様子ですが子牛たちの水を飲む気持ちを読んであげれば、

 

 

 

水を飲むバケツを底の低いものを選ぶことでより飲みやすく、

 

 

 

スターターの喰いも下がりにくくなりますね。

 

 

 

 

 

こちらは体重機付きの哺乳ロボットにて自ら体重を測定する松本先生。

 

 

 

その後行われた去勢の様子を少しパシャり。

 

 

去勢前に牛さんをなだめる様子。

 

 

 

 

 

 

 

‥私が初めて去勢の様子を見た時はこちらのS牧場での研修中でした。

 

その時は親方が立位での去勢を行っていましたが‥

 

 

 

 

 

 

とっても分かりやすく、皆さんスマホやデジカメで動画を撮影。

 

 

牛さんの出血がほぼ無く、かつ牛も暴れずにテキパキと進める松本先生。

 

とても二日酔いとは思えません!!

 

 

 

とっても勉強になる現場コンサルティングでした。

 

みなさんありがとうございました。

 

 

 

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2012/03/24 15:56

 

 

 

昨日、曽於の子牛セリ(4日間開催の初日)に行って来ました。

 

 

 

 

 

この日の出場頭数は、421頭。

 

 

 

 

種雄牛別頭数は・・・

☆見えにくい方も多いと思うのですが、一応、写真でも載せます

 

 

 

 

 

隆之国 84頭  鉄平 52頭  百合茂 43頭  安福久 38頭  勝次郎 35頭  

安平幸 32頭  金幸福 23頭  福華1 20頭  亀次郎 14頭  五十嵐468 9頭・・・

 

 

 

 

平均価格は メス 40.7万円  去勢 47.0万円 (税込)。

 

 

 

 

昨日は、先月の平均より、1.1万円 高値でした。

 

 

 

 

セリを見ての感想は、いつもと同じになってしまうかもしれませんが、

 

 

 

 

安福久母牛の牛、 隆之国(メス・去勢共に)、 安福久(メス)、 そして、

 

 

 

 

発育が良く伸びそうな牛が(当たり前かもしれませんが)、高値で取引されていたように思います。

 

 

 

 

皆さん期待の!?金照 は数頭出ていましたが、

 

 

 

 

思ったほど小さいわけではなく(良い感じに発育していて)、今回は高値で取引されていました。

 

 

 

 

まだ数頭なので、よく分からないのですが、もっと頭数が出てきたらまた書きたいと思います。

 

 

 

 

最近特に思ってしまいますが、枝肉単価と比較すると、まだまだ子牛は高値ですね。

 

 

 

 

このセリ価格で、肥育農家さんは大丈夫なのだろうか、と心配してしまいます。

 

 

 

 

もちろん、みんなでボタンを押して値段を決めているセリなので、

 

 

 

 

その時の適正価格であるのは間違いないのですが・・・

 

 

 

 

 

昨夜は、 都城(宮崎県) で焼肉を食べました。

 

 

 

 

ほんの少しですが、和牛の消費拡大です・・・ 

 

 

 

 

もちろん、シメはラーメンでした。

 

 

 

 

和牛の消費拡大には関係ありませんね・・・ 

 

 

 

 

 

次回から、シメも焼肉にします・・・ 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2012/03/22 8:37

先日、札幌にて天文塾を開催しました。
 
今回のテーマは、まずは春先の注意点。
 
口蹄疫や寄生虫、尿石、カルシウム代謝のお話などなど、
 
タイムリーなお話が盛りだくさん!
 
そして、後半のテーマは、これからの畜産。
 
TPPや肉牛業界の将来、販売戦略などなど、
 
将来を考えた内容でした!
 
懇親会では、いつも以上の盛り上がりで笑いが絶え間なかったです。
 
おかげで私、写真を撮りそびれてしましました!
 
翌日では松本先生はじめ、皆さん二日酔い!?で現場ミーティング。
ラッキーな?ことに松本先生による去勢の実演まで行われました。
 
 
いや~、本当に楽しかったです。
 
前向きな方々ばかりで私自身、元気を頂きました!
 
松本先生や参加された皆様、本当にありがとうございました。
 
これからもどうぞよろしくお願いいたします!!
 
深く深く感謝いたします!!

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2012/03/21 23:43

今回お邪魔した現場の子牛さんたちの様子です。


ここは育成牛舎の隣にパドックが併設されています。

雨でパドックが泥濘化しないようにコンクリート舗装されています。


この日は天気が良く、子牛たちも自由に遊び回っていたようですが、疲れたのか昼寝?の一時です


群れをなす動物らしく、仲間と一塊になって寝ていたのですが…


奥の方に目をやると…


2頭の子牛が夫々の木底の保定枠場の中にリラックスした様子でチョコンと座っていました。

 

なぜでしょう?


そうですねっ!

子牛チャン達は物は言わないけれど、行動で「私は固いコンクリートよりこっちが好き!」って言ってます。


特に寝床用の敷料がなかなか手に入り難い離島などでは、全部とは言わないまでも…

せめて、牛房の片隅にでも一番弱い大切な子牛さん達の休み場所くらいは色々工夫して作ってあげたいものです。

それだけでも、子牛さん達のストレスが少なくなって、

親元から旅立つ時には皆さんに対して感謝のお年玉?を今までより多く置いて行ってくれると思いますよ!


もし皆さんの牛舎の中でそのような所があったら、

大切な子牛チャン達のために、ぜひ皆さんも知恵をしぼってトライしてみてくださいねっ!


より良い牛さんつくりを目指して頑張りましょう!

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2012/03/20 8:02

 

山形にて‥

 

国道の道路走行中、思わず胸の奥から溢れるものが建ってたので、

 

写真を撮りました。

 

 

近づくと、

 

 

 

 

 

 

 

 

とてつもなく、とんでもなくでかい。

 

 

大量なコンテナを数えようとする私‥

 

 

‥それを物珍しそうにする(イタがって見られる)歩行者の方々と、

多くの車が私の近くを通って行きました‥

 

 

1つ1つのコンテナブロックには、

中にもコンテナが1つ入っているので計3コ。

 

 

一つの面が約340コだったので、

 

はすに組まれているのを計算すると、

 

推定個数は

 

 

チミチミ数えて30,000個程かと‥

 

 

 

 

この弊社ブログを日々ご覧になっていただいている皆さんの近くにも、

 

牧草ロールを使ったペイントアートや、

秋に収穫を迎えた水稲・小麦を使った空撮用アート、

 

TPP反対のメッセージ付きモニュメントがあるかもしれませんが、

 

私コンテナを使ったものは初めて見たのでついつい激写。

 

 

 

この巨大看板は国道13号線から国道48号線を仙台方面へ走っていると”ぬっ”と出てきます。

 

そして、ある道を走行ちゅう

 

道路に雪解け水が入り込み、ちょい川になっていました。

 

 

ここでもしスピードを出したらハイドロなんたら現象に見まわれる可能性が‥

 

 

いえいえ、ちゃんと停車してますよ

 

詳細...

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2012/03/19 11:34

久し振りに沖縄県の離島、隔月でしか開催されない久米島のセリに行って来ました。


帯広はまだ冬の名残がそこかしこ…というのに、久米島に足を踏み入れた途端真夏で気温は26℃もあって、

私は半袖でも汗ばむ陽気。

改めて、狭いながらも日本の広さ?を肌で感じました!


この日の宿泊先に荷物を放り投げ、すぐさま迎えに来てくれた友人の車に便乗してセリ会場へ…。


牛さん達はこの日のために飼い主の人たちにしっかり手入れをされて勢ぞろい、購買者の方々にチェックをされつつ

やや緊張気味に?出番を待っていました。


今日上場される牛さん達の種雄牛の内訳はこれです。

上場頭数は全部で231頭(欠場2頭)と、離島だけあってセリ場としては小規模な市場です。

 

セリ開始して緊張の一瞬です。



手塩にかけて育てたわが子がいくらの値がつくのか…ハラハラドキドキの瞬間

ロープを持つ手に思わず力が入って、

もっと…もっと…もう少し行ってくれ~っ!…という心の叫び?が聞こえてきそうな瞬間です


全体の平均で389,000円(去勢MAX北福波:480,000円、雌MAX百合茂:420,000円)

去勢:418,000円(前回セリ:392,000円)

 雌:353,000円(前回セリ:316,000円)

で、前回に比べ約2.5~3.5万程高くなっていました。

これは購買者も前回より多かったせいと、以前見た時に比べ牛さんそのものは上下のバラつきが少なくなっているのが

平均価格を押し上げるという結果に繋がったものと思います。

 

ただ見てて思ったのですが、特に雌は体重をのせるためにいかにも配合飼料を食わせ込んで創ってきたぞ~っ!

という体型の牛さんが多かったような気がしました。


雌の場合去勢に比べ顕著に体型に表れやすいので、もしかしたら去勢でも大きくするために同じような

飼養管理がされていたのかも…?と肥育農家さんに行ってからの成長がチョッピリ心配になりました。


これは昨年からの気候不順で、晴れ間が少なく牧草の収穫不足、品質不良という事もその要因になっているのでしょうか?


しかし、ここ最近の気候を見た場合今後もこのような事はこれからも起こるだろうということは予想されます。

良い牛さんを育てるためには安定的な粗飼料の確保は必須です。

地理的には不利な離島ではありますが、島の大切な産業を守るためにもこの壁を乗り越えるための対策を

早いうちに準備しておく必要があると思います。


是非、地域関係者の皆さんと知恵を出し合ってその対策を作り上げて

より良い牛さんつくりを目指してくださいね!

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2012/03/18 22:55

 

 

  

さなえちゃん に初めて会ったのは・・・

 

 

 

 

忘れもしないあの日、そう、午前9時半、3月にしてはまだ肌寒い午前中のことだった。

 

 

 

 

その二日前にあったコンパ!?で、ダントツの一番人気だったということを聞いていたので、

 

 

 

 

どんな女の子なのだろう と ドキドキしながら待ち合わせ場所へ向かった・・・ 

 

 

 

 

  

つづく・・・  

 

 

 

 

  

と言いますか、この書き方で続けるのは、とてもツライので、普通に書きますが、

 

 

 

 

さなえちゃん とは、皆様の想像通り!?メス牛のことで、

 

 

 

 

血統は、安福久ー勝忠平ー平茂勝です・・・

 

 

 

 

今月9日 の 薩摩中央子牛セリで一番高かった牛です。

 

 

 

 

セリ値は 100万円を超えています・・・ 

 

 

 

 

一番高かった牛が、一番良い牛かどうかは別の話ですが、

 

 

 

 

この日のセリの安福久(メス)の中では、さなえちゃん が一番だった、と聞いたので会いに行きました。

 

 

 

 

購買したのは、知り合いの繁殖農家 Sさんでした。

 

 

 

 

さなえちゃん は、この日で 271日齡。

 

 

 

 

後ろから見るとこんな感じです・・・

 

 

 

 

 

 

 

なんか イイ感じですよね・・・ 

 

 

 

 

100万円の素牛を買ってどうするのか??

 

 

 

 

と思う方がいるかもしれませんが、はっきり言いまして・・・

 

 

 

 

当たり前なのですが・・・

 

 

 

 

 

儲かるために買うんです。  経営ですから。

 

 

 

 

 

儲かるための先行投資です。

 

 

 

 

100万円の素牛が良くて、30万円の牛は良くないという意味ではありません。

 

 

 

 

この牛なら、間違いなく儲かる という ”熱い思い” を持って素牛を買っているのです。

 

 

 

 

Sさん と具体的な話をしていないので、どんな種(精液)を付けるは分からないのですが、

 

 

 

 

百合茂を付けて、去勢だったら 70万くらい!?で売るとか、

 

 

 

 

メスなら、 80〜100万くらいで売れるだろう!?とか、考えながら 

 

 

 

 

さなえちゃん を選んだのだと思います・・・ 

 

 

 

 

Sさんの子牛は、儲かる(伸びるし、枝肉成績も良い)と言われています。

 

 

 

 

母牛が良く、管理ができている というのもあると思いますが、

 

 

 

 

そこには、少なからず ”熱い思い” があるからだと思います・・・ 

 

 

 

 

さなえちゃんの子 がセリに出るのは来年末くらいだと思います。

 

 

 

 

さなえちゃんの子 についても、またブログで書きたいと思います。

 

 

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2012/03/14 9:27

やっと厳しい寒さが少しずつ緩んできました。
 
昨日、I町の堆肥の様子を見てきました。
この地域は寒さが厳しく、まだ雪が多く残っていましたが、
 
堆肥の状態は良好でした。
 
仕込中の堆肥の中をほじってみると・・・・・
 
ミミズがわんさかいるではありませんか!
 
堆肥は、まだまだ分解、熟成途中ですが、
 
ミミズが生息できる環境ということは、良い状態になってきているのかな?
 
と思いました。
 
土の香りもしました。よしよし!
温度を測ってみると・・・・
43℃付近でちょうどミミズや堆肥中の生き物にとって
 
良い“湯”加減・・・・・・ではなく、良い“堆肥”加減でした。
 
あらためて堆肥は生き物なんだなぁと思ったひと時でした。
 
早くもこの堆肥の出来上がりが楽しみですね!!

投稿者: 堀田忍 投稿日: 2012/03/14 8:41


だいぶ暖かくなってきました(´∀`)



写真はちょっとまえに南国・千葉館山で見させていただいた、

ウンチを出さない牛舎です。









屋根の素材や、

牛さん1頭あたりの面積など、

基本的な考え方は、

九州あたりのシマシマ牛舎と同じです。



駄菓子菓子、

立地的に、

シマシマ牛舎だと夏場に熱すぎる・・・とのことで、

この形です。




方角南中高度を考慮して建てられており、

夏は日影が多く、冬は日差しが入り込みやすくなっております。



理科の授業を思い出すとともに、

雪が降らないっていいなぁ・・・と思った33歳の初春@南房総