自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2011年10月>
2526272829301
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345
月別の過去ログ
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2011/10/29 22:13

 

 

27日、曽於子牛セリ(4日間開催の3日目)に行って来ました。

 

 

 

出場頭数は463頭。

 

 

種雄牛別出場頭数は・・・

 

 

勝次郎 63頭  鉄平 54頭  百合茂 50頭  隆之国 46頭  安福久 27頭

安平幸 26頭  金幸 21頭  金幸福 17頭  亀勝 14頭  安糸国 12頭・・・

 

 

4日間の平均価格は メス 35.6万円  去勢 42.9万円(税込)。

 

 

 

先月より少し(約8千円)下げていました。

 

 

 

今の枝肉相場では、3等級だと、かなり厳しいです。

 

 

もちろん、4等級でも厳しいです。

 

 

5等級が出ても、枝肉重量が取れていなければ、赤字になる可能性も高いです・・・

 

 

この日のセリでは、表現形が良くても、血統が悪い(古い)と、セリ値も伸びませんでした。

 

 

20万円台の子牛も多かったです。

 

 

血統を見たら、3等級になりそうなのか、5等級が出そうなのか、なんとなく想像できますよね・・・ 

 

 

 

今 注目の隆之国は・・・

 

 

肥育の成績も良いらしく、高値で取引されていました。

 

 

ただ・・・

 

 

この日見た中では、表現形の良い牛は少なかったです(小さい子牛が多かったです)。

 

 

 

お父さんの福之国に似ているのかもしれませんね・・・ 

 

 

 

母牛を選ばないと、小さな子牛が産まれる確率が高くなると思うので、注意が必要です。

 

 

平茂勝系(勝忠平、百合茂、忠富士など)の大きな母牛に種つけしていかないといけませんね。

 

 

今まで10頭くらい隆之国を産ませている繁殖農家さんが言うには、育てにくさ もあるようです。

 

 

 

そこらへんは、血統は全く違いますが、安福久に似ているのかもしれません。 

 

 

 

いずれにしろ、これからも注目です・・・ 

 

 

 


曽於セリの出店(でみせ)です・・・ 

 

 

 

 

 

出店もセリ場によってそれぞれ特色があり、

 

 

果物を売っていたり、お弁当を売っていたり・・・

 

 

 

ここでの買い物も 僕の楽しみの一つです・・・ 

 

 

 

 

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2011/10/28 16:58

皆さんこんにちは。

 

松浦です。

 

 

すっかりと日が短くなりましたね‥

 

北海道でも17時過ぎれば真っ暗闇です。

風も強いので、

 

幕別の畑にある大きな槲(かしわ)の木の下にすごい量の枯れ葉達が落ちていました。

 

 

畑はと言いますと…

 

 

このようにマルチが撤去されて綺麗にロータリーがかかってました。

 

 

紅葉狩り‥良いですね、風流を全然分かっていない私でも見とれていました。

 

 

さて、この時期になるとりんごの木たちの越冬準備に取り掛かる時期でもあります。

 

 

まずは空のペットボトルを上下切り抜き、

 

 

縦にズバッとハサミを入れて根もとにくくりつけます。

 

 

このペットボトルの中にをさらにもう1つ入れて2重構造にして寒さから木を守ります。

 

 

 

この2重構造が肝ですが、この昨今のめざましい成長を遂げるペットボトル業界‥

 

すぐに握りつぶせてリサイクルに長けている注目の“い○はすや”、

形に特徴的な“○ァンタ”、

今回のようにひもでくくりつけるときに便利なくびれを持つ“爽健○茶”などなど‥

 

 

このように有効利用できます。

 

 

 

もうぼちぼち雪虫(アブラムシのハネ付き)が飛ぶ頃ですかね‥

 

畜産関係者の皆様、寒さにはお気をつけて下さいね。

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2011/10/27 23:42

 

 

昨日、都城の子牛セリに行って来ました。

 

 

 

この日の上場頭数は 477頭。

 

 

種雄牛別出場頭数を見ると・・・

 

 

勝平正 163頭 福之国 90頭 忠富士 84頭 秀菊安 67頭 美穂国 37頭 

安重守 11頭 百万石 4頭 第1花国 3頭 梅福6 3頭・・・  でした。

 

 

平均価格は、 メス 40.7万円  去勢 46.2万円 (税込)。

 

 

この日のセリでは、発育の良くない牛でも、比較的高値で取引され、

 

 

お昼過ぎ 300頭以上競った中でも、その時までの一番安いメス牛が 32.5万円(セリ値)でした。

 

 

 

この価格で採算合うのかな と思ってしまいますが、

 

 

安く買いたいのはみんな同じで、その中で競り合うと 30万を超えてしまうということだと思います。

 

 

ちなみに、今日行ってきた曽於セリ(鹿児島)では、

 

 

20万円台の牛はゴロゴロいたのですが・・・ 
(曽於セリのことは、また後日書きます)

 

 

去勢の 50万を超える牛は少なく、ほとんどの牛が 40万円台、

 

 

メスでは、ほとんどの牛が 30〜45万円だったのではないか と思います。

 

 

素牛として残りそうな忠富士などのメスは、50万円を超える牛も、もちろんいましたが・・・

 

 

昨日の都城セリは、今日行ってきた曽於セリと比較すると、

 

 

価格の幅が小さかったので(どんな牛でもある程度の価格までいくので)、

 

 

購買者の方は買いにくかったのではないか、と思います。 

 

 

 

次回は、今日行ってきた 曽於セリについて書きます。

 

 

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2011/10/25 18:51

このように紅葉がきれいだったのも束の間、
一雨ごとに葉っぱが落ち、冬の気配が漂う今日この頃ですが、
 
皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
 
今年はお盆明けから天候が悪く、草、デントコーン、野菜などの収穫物の出来が心配です。
 
ホント毎年のように気候が変わりますね。
 
最近は寒暖の差が激しく、風邪なども流行っているようですが、
 
皆さん、くれぐれもお体に気を付けてくださいね!
 
 
この日は紅葉が綺麗な秋晴れの一日でした!
 

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2011/10/23 21:12

さて、今回の旅?は岡山県を経由して香川県まで足を延ばしました。


香川県に入る時に初めてかの有名な瀬戸大橋を横断?してきました。


 

凄い橋とは聞いていたのですが、実際目の当たりにするとホントに凄い橋です。


瀬戸内海の5島の間に6本の橋が架かっていて、遥か彼方まで橋がず~っと続いていました。


 

途中の与島ICで一服して撮影タイム

インターチェンジの所は迷子になりそうなくらい…

思わず逆戻りしそうになってしまいました。


そこから続いている橋は終点が見えないほど…

 

全長は37.5km(そのうち橋の部分は9.4km)もあります。

走っている途中は風が強く、小さなレンタカーは横揺れ状態で思わずスピードダウン

台風などの時は閉鎖になることもあるようです。


しかし…この橋を作るのには大変な年月と工事費がかかっています。

1959年から調査を開始、1978年に着工し完成は1988年。

総工費はナント、約1兆1,338億円だそう…


確かにこれを作り上げた技術力は素晴らしいのでしょうが、便利さを追求した反面それによって失われたものもも数多く

あった事なんだろうな~と、しばしの間いろいろ思いを巡らせた一時でした

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2011/10/21 17:02

皆さんこんにちは!

 

松浦です。

 

昨日宮城県のみやぎ総合家畜市場(3日目)に行ってきました。

 

 

出場頭数は3日間合計で1489頭でした。

 

 

 

血統の内訳は(3日目)

茂洋24頭・奥北茂5頭・北平安99頭・安福勝38頭・第2平茂勝33

茂勝栄31頭・安茂勝29頭・北乃大福28頭・菊福秀20頭‥でした。

 

 

18日から20日まででの頭数・平均価格(税込)は、

 

メス:671頭、340,065円 (前回343,065)

去勢:818頭、408,690円 (前回381,308)

 

最高価格は

メス:585,900円 去勢:635,250

茂洋‥高いですね。

私が見学していた中でも

メスは35万以上、去勢は45万~60万までセリ値が行き来しておりました。

資質も良く、メスも繁殖母牛として人気が高く信頼できそうです。

 

 

その後、登米市の和牛肥育農家のIさんにお会いしてきました。

 

7 詳細...

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2011/10/20 8:34

 

皆さんこんにちは。

 

松浦です。

 

北海道は今時期風が強いです‥

 

夜中でもテレビ画面から竜巻注意報がテロップで流れますし、

 

灯油も値上がりするとの予測もあるので、

 

農家の方々も寒さ対策の準備を迎えています。

 

牛さん自身暑さには弱くても、寒さでダメになってしまうというケースは稀です。

 

特に生後から育成時には牛さんのおなかが冷えないようにするのが肝心ですよね。

 

 

岩本課長と同じく十勝の子牛市場(1日目)に行ってきましたので報告を。

 

 

 

2日間での血統内訳は北平安253頭、安茂勝146頭、平忠勝144頭、安福勝93

平茂晴84頭、百合茂81頭、茂勝栄74頭、福安照69etc‥でした。

 

 

18日の午前を少し見学しましたが‥どれも子牛が大きいという印象と、

 

やはり今の枝肉市場の価格割れからか、どうしてもセリ価格がもう一声‥と感じられます。

 

個人的に牛さんを見学をしながらでしたが、

 

注目していたのは‥

 

576番の子牛さん

 

(勝忠平‐第一花国-安福1659:去勢:受精卵産子)でした。

 

 

写真ですと分かりにくいのですが、

 

おなかもちゃんとできているように見えまして

 

結果は

 

 

 

肥育してから出荷にいたるまで枝肉価格が上向きであれば良いのですが

 

どうか年末に向けて全国的な牛肉の消費が上向きになりますように‥

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2011/10/19 15:00

 

 

昨日、十勝の子牛セリに行って来ました。

 

 

セリ場に行くと、こんなものが・・・

 

 

そうしていると、なぜか母校の大学生(右側)に出会い・・・

 

 

彼はラグビー部だったのだが今は辞めてしまい、格闘技をやっているらしい・・・

 

 

今、部員足りないから、格闘技 と ラグビー どっちもやってくれとお願いする。

 

 

おっと、私事ばかりで申し訳ありません・・・

 

 

 

この日の上場頭数は 841頭 (18日と19日、二日間で1544頭)。

 

 

種雄牛別上場頭数は・・・

 

 

北平安 253頭 安茂勝 146頭 平忠勝 144頭 安福勝 93頭 平茂晴 84頭 百合茂 81頭

茂勝栄 74頭 福安照 69頭 勝忠平 65頭 北乃大福 65 頭 安福久41頭・・・

 

 

平均価格は、メス 34.9万円  去勢 42.9万円 (税込)

 

 

今の枝肉価格を反映してか、50万円を超える牛は少ない・・・

 

 

☆去勢の最高価格 54.8万円(セリ値)

 

 

百合茂ー安福久ー金幸   271日 335キロ

 

 

☆メスの最高価格 53.6万円(セリ値)

 

 

血統は分かりません・・・ 

 

 

毎回書く事だが、十勝の牛はかなり大きい・・・

 

 

というか 太っている。

 

 

今回、たまたま知り合いの農家さんに会ったのだが、

(彼の牛は、かなりゴッツイ。十勝でも代表する大きさ。この日の去勢最高価格は彼だった)

 

 

大きな牛を育てられるということは、食い込ませる技術があるということなので、

 

 

メス牛だけでも、エサのバランスを変えれば(粗飼料を多めに給与すれば)、

 

 

もっとスッキリするし、購買者さんにも喜んでもらえる(高く売れる)のではないかな、と思ったが・・・

 

 

今の十勝セリ(大きさ重視の市場)で、スッキリした子牛を出すのも勇気がいるのかなぁとも考えたり・・・

 

 

いろいろ難しいですね。 

 

 

結局、自分本位でなく、相手(購買者さん)のことを考えて牛を育て、その子牛をセリに出しているなら、

 

 

その子牛が大きかろうが小さかろうが、自然とリピーターがつくのではないか、と思う。

 

 

 

 

なんか変な表現かもしれませんが、その気持ちが牛に表れてきますから・・・ 

 

 

 

 

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2011/10/17 11:33

 

 

昨日、北海道の雄武(おうむ)市場セリに行って来ました。
(雄武町は北海道のオホーツク総合振興局管内の北部に位置する街です)

 

 

 

実は、知る人ぞ知る市場です・・・ 

 

 

 

といいますか、知っている方はかなり少ないかもしれませんが・・・ 

 

 

 

というのも・・・

 

 

 

子牛市場ではなく、イカ のセリに行って来たのでした・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

イカのセリは、子牛セリのようにセリボタンがあるわけではなく、

 

 

 

セリ人の方(市場の方)が価格(高い方から安い方へ)を言い、それに購買者が反応するという形でした。

 

 

 

 

 

 

 

初めて見るセリだったので、興味深かったです・・・ 

 

 

 

 

ちなみに、僕は お肉 同様に イカ も大好きで、 イカ 超 LOVE です・・・ 
(基本的になんでも好きなのですが・・・ 

 

 

 

 

この日、港の周りでは、釣りをしている方がいたり、

 

 

 

ジャンプしている少年!?がいたり、

 

 

 

 

 

のんびりとした感じでした・・・ 

 

 

 

 

次回こそ!?は、子牛セリについて書きます・・・ 

 

 


 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2011/10/11 16:42

先日、弊社グループの収穫祭が行われました。
昨年に引き続き、快晴も快晴でこれ以上ない良い天気に恵まれました。
 
今年は、無肥料無農薬のリンゴ栽培で有名な木村秋則さんも来て頂きました。
 
この日もニコニコ顔で元気いっぱいでした!
さて、今年のご馳走は・・・・・
 
まずは、羊まるごと研究所・酒井さんの子羊の丸焼き&カルパッチョなどの羊料理!
そして、焼き台のほうは、
 
十勝若牛のサガリ、
殿様ビーフのステーキ、
十勝ハーブ牛、
十勝スロウフードの牛肉ソーセージ、
笠松さんの豚肉ソーセージ、
 
など並びました。
 
次に生ハムです。
 
切り分けはプロ(田中さん、金賀さん)にお任せしました!
 
あと、残念ながら写真を撮り損ねてしまいましたが、
 
ジャガイモやパンに熱々のラクレットチーズをかけた物や、
 
自社畑で採れた大豆で作った豆腐やお味噌汁、トウキビやコーンスープ、枝豆の漬物など、
 
本当に美味しいものばかりでした。
 
会場の皆さんの笑顔が印象的でした。
 
 
 
収穫した物、自然、皆様に感謝、感謝です。
 
参加して頂いた皆様、本当にありがとうございました!!