自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2011年2月>
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272812345
6789101112
月別の過去ログ
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 植田秋良 投稿日: 2011/02/27 17:59

先日、Eさんのご子息kさんの卒論発表を聴きに行ってきました。
 
 
卒論の内容は、
 
『戻し堆肥を敷料として使用した場合の牛の横臥状況について』でした。
 
結論から申しますと、新しい敷料と大差のない横臥時間になりました。
 
戻し堆肥の作成期間は約1カ月で、
 
3日に1度の切り返しを行い、水分は80%から60%まで下がり、
 
発酵温度は80度近くまで上がりました。
 
悪さをする菌群もグンと減りました。
 
kさん自身が戻し堆肥を作ったのですが、
 
今回良い結果が得られたのは、kさんの努力や技術力があったからだと思います!
 
そんなKさんは今春大学を卒業して、
 
管内の優秀な農場(T農場!)にて研修予定とのことです!
 
 
明るい未来を感じたひと時でした!
 
Kさん、ご活躍を期待していますよ!!

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2011/02/25 14:54

岡山県津山市で一昨年から新規営農を開始した末澤牧場さんに行ってきました

 

農場は津山市からやく30分山奥?に入った所に位置しています。

自宅の前には小川が流れていて、時期になると蛍が飛び交うとの事でとても素敵な田舎で過ごしています。

飼養頭数はまだ5頭しかいないので、ご夫婦でそれぞれ別の仕事をしながら頑張っています。


まずは住宅のすぐ側にある牛舎の様子をお見せしましょう!

出来るだけお金をかけないハンドメイド?牛舎です。

 

夜になると外の河原で遊んでいた仲間が牛舎に入ってきました!


?…?…?…ナンだ?

一瞬目を疑っちゃいました!

入ってきたのは真っ白な可愛いポニー…

当たり前のように母牛と一緒に仲良く晩御飯…。

 

あまりもの可愛らしさに思わずもう一枚…パチッ!


ホラッ! 可愛いでしょう?

でも、ここに子牛を一緒に入れると噛んで虐めたりするんですって!

きっとお母さん?を取られちゃうと思うのでしょうね?


この日の夜は地元にある素敵な民宿別荘?で仲間のご夫婦と一緒に食事会(飲み方)でした!

 

まずはこの会場の様子をお見せします!




ここは入ってすぐの居間、兼 食堂 兼 会議室で、一番奥にスクリーンの設備もあります。

建物の柱や梁には素晴らしい古材が再利用され、薪ストーブもあって新旧を取り混ぜてあってステキです!

浴室、洗面所からは窓越しに小さな庭がライトアップされていて、とってもオシャレ!

モチロン外からは見えないようになってましたよ!

 

自炊できるように食器なども全部揃っていました!

 

この施設は隣接している松岡さんがオーナーです。

もし利用したい方がいましたら matsu-h@mx1.tvt.ne.jp まで連絡してみて下さいネッ!


さて最後は今夜のメンバー、とても仲の良い末澤さん夫婦と、主人が人工受精師の井原さん夫婦です!

左から末澤さんご夫婦と井原さんご夫婦です。

 

そして…

両家のとっても仲の良い元気で可愛い子供達です!

 

さてここで問題です!


どの子がどちらのご夫婦の子供でしょうか?


当たった方には豪華な賞品が…簡単すぎるから当たりませんっ!!

 

末澤さん、これからも良い牛さんを創って幸せな牛飼いさんを目指し

て家族仲良く頑張って下さいねっ!

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2011/02/21 19:25

皆さん、お久しぶりデス!

最近は何処も寒い日が続いておりますが、皆さんインフルエンザなどに

かかっていませんか?

 

さて、今回は牛さんとは直接関係ないのですが…


以前にこのブログで紹介させていただいた

(http://www.labogenitor.com/Default.aspx?tabid=77&EntryID=23)

馬上畜産さんでの微笑ましい出来事?をお知らせいたします!


彼は先代の警備主任?ムツの後任として昨年8月に馬上畜産さんに新人として入社した「アーサー」くんです。

入社してまだ日が浅いので、今は「お手」や「お座り」など基本動作を

マスターするため新犬研修?の最中です。

 

今は私が行っても吠える事無く、

オッポを振ってジャレついて来るばかりで、オーナーからはまだ警備員

としての業務は任せられていないようです。

 

が、しかし…

 

牛舎での仕事が一段落して引き上げる頃になると…

誰よりも早く?その準備です。

 


ホラッ!ネッ!

運転席で出発準備?です!

 

ズームアップでその表情を見てみましょう!


エンジンをかけて(ウソです!)しっかり前を見て…

これで、制帽を被ったら立派な運転手さん!

 

どうやら本人はよっぽど運転が好きのようで、警備員より運転手として

生計を立てたかったのでしょうか?


話によると、時々クラクションを鳴らして出発を知らせる?…とか…


お伺いした時は雪もちらついてとても寒い日でしたが、

思わず心が温まる出来事でした!


彼は近い将来、きっと主人を送り迎えする素晴らしい警備主任として、

大いに活躍するでしょう!


頑張れ~っ!

アーサー!!!

 

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2011/02/20 14:47

 

みなさんこんにちは!!

 

ようやく天候が少しずつ春めいてきましたね!

 

  

しかし、風が強くなり春先は車のハンドルも風で圧されるほどに‥

 

 

 

今回は防風林の話を‥

 

防風林といえば針葉樹林(カラマツなど)ですが、

 

 

実家では‥

 

 

防風林に囲まれて家が建ててあります。

 

 

 

もちろん風を防ぐためなのですが、

 

 

夜、街灯をつけないと暗闇でどこに家があるか分からなくなります。

 

 

家を守っている防風林は大きいサイズで樹齢80年ほど

手前にあるのがここ78年ほど前に植えたカラマツです。

 

  

冬でも、あまり葉は落ちずに枝が折れたりしています。

 

 

いずれ大きい防風林を切り、小さい木が大きくなるのをひたすら待ちます。

 

 

防風林は風が吹く、冬から春にかけてと、

 

 

冬いっぱいの地吹雪から守ってくれるのでとっても重宝します。

 

 

ただネックなのは、一度植えて定着したら場所が変更できない事と、

 

 

スギ程ではないにしろ花粉が大量に家の周りを舞うくらいです。

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2011/02/15 15:51

 

 

先日、大分の繁殖農家さんのところへ行ってきました。

 

その農家さんは、子牛のバケツにお湯を入れて飲ませています。

 

 

☆分かりにくいかもしれませんが、湯気が立っています。

 

もちろん、水でも良いのですが、冬は牛達が寒いだろうと思ってお湯を入れます。

 

 

今年の冬は、九州もバリ寒かったので、

 

お湯を入れたとしても、30分ですぐ冷たくなります。 

 

 

冷たくなっても良いのです。

 

 

どうせ冷たくなるから、水でもいいじゃん、という人と

 

すぐ冷たくなるかもしれないけど、お湯を飲ませようという人では、

 

根本的に全く違います。

 

 

牛達を思いやる気持ちが大切なのです。 

 

 

牛達を思いやる方は・・・

 

 

周りの方達を思いやる方でもあります・・・

 

 

そんな気がします・・・ 

 

 

違いますか?? 

 

 

子牛が水を飲んで冷たいだろうから、お湯を飲ませよう、

 

床が薄いと冬場は寒いだろうから、床は厚めにオガクズを敷こう、とか、

 

鼻水垂らして風邪引いてるかもしれないから、早めに獣医さんに見せよう、

 

となります。

 

 

できることからやって下さい。

 

 

牛達の水飲み場が汚れている方・・・

 

 

掃除しましょう!!

 

 

 

奥様が、疲れていたら・・・

 

 

肩をもんであげましょう!! 

 

 

 

急に優しくすると、奥様に、なにか疑われますので・・・

 

 

気をつけましょう・・・  

 

 

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2011/02/07 22:58

 

 

今日、薩摩中央の子牛セリに行って来ました。

 

 

上場頭数は、今日と明日で813頭。

 

種雄牛別出場頭数は・・・

 

 

新しい種雄牛も多いので・・・

 

 

安福久と安平幸、百合茂、勝忠平で全体の約9割です。

 

安平幸が一気に多くなりました。

 

今日の平均価格は メス 51.7万円 去勢 43.1万円(セリ値です)

 

皆様の予想通り、安福久のメスは高かったです。 

 

香川や青森の方が購買に来ていました。

 

安福久のメスの場合、ちょっと発育の良い牛は70万を超えていました。

 

僕が見ていた時、115万円の安福久のメスもいたのですが、

 

 

その時・・・

 

 

牛を引いている農家の方が、軽くガッツポーズしたように見えました・・・

 

 

僕の間違いかもしれませんが・・・ 

 

 

嬉しかったのでしょうね。 

 

 

といいますか、僕も嬉しくなりました・・・ 

 

 

去勢では、50万円を超える牛は少なかったです。

 

大きくなりそうな牛が、少なかったように感じます(あくまでも主観ですが)。

 

70万円を超えた去勢もいましたが、

 

子牛チェックの時、僕には全く見えていませんでした・・・ 

 

☆百合茂ー安福久ー勝忠平 299日 318キロ

 

 

期待の安平幸ですが、二代祖、三代祖の血統や表現形により価格はさまざまでした。

 

今、上場されている牛達が、肥育されて、結果が出た時に、評価されるのだと思います。 

 

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2011/02/06 23:46

 

 

一昨日、大分県の肉用牛改良研修会に参加しました。

 

 

参加人数は、おそらく100人を超えていたと思います。

 

今回参加した大きな理由は、佐賀県の肥育農家さんである

 

松尾勝馬さん(株式会社松尾勝馬牧場 代表取締役)の講演を聞くためでした。

 

 

☆肥育牛1850頭  レストラン(ステーキ、焼肉)を6店舗

 

 グループ会社を合わせた売上が18億円・・・ 

 

 

講演についての感想は・・・

 

 

正直に言いまして・・・

 

 

松尾さんの人柄溢れる とてもオモシロイものでした。 

 

 

参考資料の中に、

 

今肥育している牛達(大分から導入した188頭)の日齢や体重、

 

血統や導入金額など、全てを載せていたり、

 

これって公開していいの??と思えるような損益の部分まで

 

赤裸々に!?公開していました・・・ 

 

 

1時間半の講演でしたが、あっという間でした。 

 

あと2時間くらいは聞きたかったです。

 

 

行政の方達にとっては、耳が痛い話もあったかなぁ、と思いました・・・ 

 

 

近いうちに・・・

 

大分の繁殖農家さん達を連れて、松尾牧場へ視察に行き、

 

夜は、”ステーキレストラン勝” でモリモリ食べたいと思っています。

 

 

 

松尾さん、ごちそうして下さい・・・ 

 

 

 

と、本人には直接言えませんので、このブログを送りたいと思っています・・・ 

 

 

 

やっぱ、やめた方がいいですか・・・ 

 

 

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2011/02/04 9:10

先日、帯広にて、札幌天文塾(1.14開催)のメンバーで
 
帯広ミニ天文塾を開きました!
 
といっても飲み方でしたが・・・・
 
帯広開催ということもあり、集まったメンバーは十勝の方9名。
 
 
札幌天文塾が終わった直後にT氏のお声かけにより実現。
 
 
皆さん、札幌天文塾時に比べたらリラックス及び
 
お互いの距離感がグ~っと近くなった様子。
 
牛さんの話だけでなく、趣味の話など色々なお話ができました。
 
どの方々もとにかく前向き!
 
話に夢中になって、全員とゆっくりお話ができなかったのが心残りですが、
 
マンネリ化せず、色々な企画を織り交ぜながら、末永く続けていきたい!・・・
 
 
そう強く思った帯広の熱い夜でした。
 
Tさん、お声かけ、とても感謝しております!!
 
今後ともよろしくお願いいたします!!

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2011/02/03 20:52

 

 

先日、大分の繁殖農家 Mさんのところへ行ってきました。

 

三年前、初めて行った時と比べ、明らかに、環境が改善されていました。

 

 

正直に言いまして、感動しました・・・ 

 

 

なぜなら、以前がそんなに悪かった訳ではないからです。

 

でも、Mさんの中で、いろいろ葛藤があったのだと思います。

 

 

牛の部屋をきちんと仕切ってあげたり、

 

 

天井が低くて暗かったので、それを高くしたり、

 

 

子牛のお腹が冷えないように、多めにオガクズを敷いてあげたり、

 

 

お湯を飲ませられるシステムにしたり・・・

 

 

もちろん、コストもかかっています。 

 

 

それでも、限られた環境の中で、

 

できるだけ快適に、ストレスなく牛達に過ごしてもらいたい、という

 

Mさんの思いなのだと思います。 

 

 

ストレスをなくしてあげることは、健康への第一歩です。

 

 

牛も人間も同じなのです。

 

牛達を健康に育てれば、子牛価格に反映されてきます。

 

高く売れれば、家族も円満になります。

 

 

もちろん、それだけじゃないと思いますが・・・ 

 

 

半年後!?、Mさんの時代が来ると思っています・・・

 

 

環境は作るものです!!

 

 

お金をかけて牛舎を建て替えて下さい、と言っているわけではありません。

 

 

できることからやっていきましょう!!

 

 

千里の道も一歩からです。

 

 

一歩を踏み出せない人は、失敗もしませんが、成功も・・・・・