自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2010年4月>
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829301
2345678
月別の過去ログ
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 植田秋良 投稿日: 2010/04/30 7:52

昨日、世間はゴールデンウイーク開始!
 
といっているさなか
 
帯広はとんでもない大雪でした。
 
 
せっかくフキノトウが見られるようになり
 
各地で鯉のぼりが漂い、いよいよ春!
 
という気持ちが高まっていたんですが・・・
 
 
ちなみに今日からは天候が回復し、しばらくは続きそうです。
 
帯広の桜の開花予想は5月10日。
 
晴天を祈る今日この頃です。

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2010/04/26 8:53

前回に引き続き釧路からレポートいたします。
 
N牧場さんでは今年の2月から発酵床牛舎スタート。
 
外観はこちら!
 
 
木造で陽の入り、風通しともに申し分なし!
 
 
発酵床と木造が奏でるハーモニー・・・・何とも言えない良い香りです。
 
 
旧牛舎(つなぎ牛舎)にいる時と違い、牛がの~んびり!
 
性格が大人しくなったとのことです。
 
 
現在は毎日、ロータリーで攪拌して好気発酵を促し、
 
手作業で糞を取っているとのことです。
 
 
夏には牛を放牧に出す予定で、
 
その時期には牛床維持の手間が減るのではないかとのことですが、
 
今後は
 
≪①なるべくお金(敷料代)をかけず、②なるべく手間をかけない!≫
 
ことを目標に取り組んで行きたいとの事でした。
 
『牛が良く寝るようになった!』
 
そう話すNさんの表情がうれしそうでこのシステムの可能性を改めて感じたひと時でした。
 

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2010/04/23 10:36

栄さんの農場では旦那さんが母牛管理と牧草、堆肥作りを担当しています。

私はいつものように堆肥舎をチェックしてきました!


    

堆積の仕方はまずまずです!

堆肥舎の仕切壁が狭いのでこれが精一杯…。

ホントは山の両側が壁に付かないくらい幅があると申し分ないのですが…。


   

こっちは堆肥を少し取り出したマスです。

内部まで発酵していて、色もしっかり黒ずんでいます。

床の傾斜が無いので、吹き込んだ雨水の水はけがやや悪いのが難点ですね。

傾斜は奧から出口に向かって、3~5%位つけてあげると底まで良質な堆肥を作る事

が出来ます!

 


   

山を少し掘ってみると温度がしっかり上がっていて、外気温が高いにも関わらず湯気

がしっかり立ち上ってきました。

フムフム…アースジェネターの菌達もしっかり働いてくれているようです!

良い堆肥になるにはもう少し菌達がせっせと働く時間が必要なようです。

良い堆肥を作って飼料畑に還元し、良質な牧草を牛さん達に食べさせて上げてくださ

いねっ!

 

さて、一日の仕事が終わったら…ハイ!夜の部に入ります。

 

   

写真左から、ブログ「牛飼い初心者の独り言」(http://ameblo.jp/takashiushi/)の主

“みぃ♂”さん、前回ご紹介した必殺ブラッシャー?こと、可愛い栄さんの奥さん、

そして働き者の旦那さんです。


モチロン、みんなで盛り上がりました!

 

まずは…レディーファーストで奥さんの熱唱からです。

   

マイクを両手でしっかり…


そして次は旦那さん

   

大人の雰囲気でしっとりと?歌っています。

 

そしてトリは…

   

さすがに歌い込んでいるだけあって、余裕をかましてマス!

 

   

しかし、サビの部分はしっかり歌に入り込んで熱唱…


モチロン!

私も負けずに?飲み、歌いまくりましたっ!

その証拠は上の「みぃ♂」さんのブログでしっかりフォーカスされていました!!

みぃさん!

新しい牛舎で更に良い牛さんをしっかり育ててくださいねっ!

モチ、堆肥もねっ!

堆肥舎を作るときには是非一言声を掛けて下さい!

その時はまた一緒に…ですよね!

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2010/04/21 17:57

私は今、釧路地方に来ています。
 
十勝もそうですが、ここのところ気温が上がらす
 
昨日は雨→雪になりました。
 
何でも桜の開花が1週間以上遅れて5月中旬ぐらいになるそうです(涙)。
 
 
さて、この日は前回ブログで紹介いたしました発酵床研究会に参加されていた
 
Cめん羊牧場さん(HP http://charomen.com/)に寄ってきました。
 
昨秋から発酵床をはじめて春を迎えました。
 
 
敷料は麦ワラを使い、継ぎ足しで床を維持管理されておりますが、
 
羊は毛づやがよく、床は乾燥していて弾力性があり、
 
雰囲気も良く、とても良好な状態でした!!
 
 
興味深かったのは、羊が走り回ると発酵床が響いて
 
私の体に伝わってきたことでした。
 
その時なぜか発酵床が
 
『生きているんやなぁ』
 
と思い、何だかいとおしく感じました(まあ、微生物などが生きているんですけど・・・)。
 
 
今年、来年、再来年と発酵床が安定して羊の健康に役立ち、
 
美味しいラム肉生産に繋がれば・・・と思う今日この頃です。
 
 
時々、発酵床の現場をレポートします。
 
乞うご期待です!!

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2010/04/21 1:10

九州担当の岩本肉吾?のブログでも紹介されていましたが、私も昨日旅先で宮崎県での疑似口蹄疫の発生を知りました!

船の移動待合室での東国原知事のTV放映も見ました。

今回は以前に経験があるので、対応は早く大事にはならないとは思いますが、皆さん

も冷静にすべき事をしっかりやって、自分の農場を守って下さい!

私も旅先から口蹄疫が大事に至らず、無事終息する事を祈っております。

 

 

さて、今回は奄美大島の栄牧場さんでの微笑ましいブラッシングの様子をお知ら

せいたします。


まずは写真から…

     

子牛チャンと育成牛チャンのお世話は奥さんの持ち場です。

このブラッシングは“牛さん大好き奥さん”の日課です。

毎日朝晩2回、全部の牛さんをしてあげています。


最初はチョットだけと思ってやり始めたそうですが…

今はもう病みつきになって?これをやってあげないと一日が終わらない…

(イヤ、始まらないかな?)

状態になっているとか…。

やり始めて既に2ヶ月になってしまったようです。


旦那さんも、どうせ3日坊主だろうと思っていたそうですが、日が経つにしたがって奥

さんはますます気合いが入ってきたらしく、それに伴って牛さんの状態もとても良く

なった来たとか…。

 

 

     

 

     

 

牛さんたちも今では心待ちにしているようで、お腹の下をして貰うのに前足を柵に掛

けて順番を待っています!

 

ブラッシングが終わってスタンチョンを外しても、まだ奥さんにねだって…

           

     ホラッ! 甘えて来てスリスリ…です!

     旦那さんはヤキモチ状態…?


     

奥さんも押し切られてオマケの一掻きです。


とても微笑ましい風景でしょっ!

牛さん達もストレスが無く、スクスク育って旅立つ時には奥さんにもきっとこの恩返しを

してくれることでしょう!

 

皆さんも是非、トライしてみて下さいね!

但し、牛さん達が大きくなった時には押されて怪我しないように、用心して下さいね!

なんてたって、自分が300kg近くなっていることに牛さん達は気付いていませんか

ら…。    つづく  

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2010/04/20 17:45

 

宮崎で口蹄疫が出ましたね。

 

今朝9時半に、鹿児島の方から ”宮崎で口蹄疫が出たみたいよ” という連絡がありました。

 

その後は、色々な方に連絡したり、電話がかかってきたり・・・ の一日でした。

 

当たり前かもしれませんが、23日からの児湯家畜市場子牛セリは中止だと思います。

 

そして、これから、牛達の移動制限 や 出荷制限などあると思いますが、

 

牛達が無事、元気に出荷されますように・・・ 

 

実は明日から九州出張だったのですが、今回はキャンセルしました。

 

宮崎での焼肉大会や福岡での全国大会入賞記念パーティー!?などにも参加予定でしたが、延期です。

 

ちなみに、入賞したのは僕ではありません・・・ 

 

今、帯広は大雪です。

 

僕の気持の表れでしょうか・・・ 

 

といいますか、

 

口蹄疫が無事終息することを祈っております。 

 

 

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2010/04/17 18:48

さて、今回は鹿児島離島の現場から、試行錯誤している鳥対策の様子をご紹介いたします。


こちらの牛舎の側にはカラスの軍団が様子を窺っていました。

    

 

人が牛舎にいなくなるとすかさずやって来て…ご覧の通り!

 

    

           ホントに困ったもんです!

 


かといって、指をくわえて見ているわけにもいかず、皆さん色々と防御対策をしていますが…。

    

網を張ってもこのように隙間があったら、やっぱり進入は防げません!

 


    

こちらではカラスが子牛を虐めると言うので、やや大きめの網で子牛の居るところをガード。

カラスの進入は以前より少しは減ったとはいうものの、角で引っかけて破れてしまい補修が大変とのこと。

 

 

    

こちらでは水槽を囲むように網で覆ったにもかかわらず…

 


    

牛舎の方は牛のベロが届くのでご覧の通り!

 

 

    

こちらは壁の隙間に金網を張り巡らして鉄壁の守り…かと思いきや、牛が大きくなってくると…


    

ここもやっぱり身内?にやられちゃいました!

 

牛さん達のベロの届かないところに付ければ確かに防げるのですが、そのためには

牛舎周り全体を二重構造にしなければ…。

 


ア~、そんなぁ~!

やっぱり…た・い・へ・ん !

いったい…ど~したら良いのでしょう?

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2010/04/12 22:46

 

薩摩中央家畜市場に行って来ました。

 

 

出場頭数は二日間で594頭。

 

血統は、安福久 勝忠平 百合茂 平茂勝・・・

 

 

平均価格は、メス47.6万円 去勢43.0万円(セリ値) 前回平均より2.2万円高かったです。

 

メス高値の理由は、皆様ご存知の通り!?安福久です。 

 

素牛として導入しようと、青森や沖縄などから購買者さんが来ていました。

 

安福久のメスの場合、肥育としてもかなり成績が良いので、

 

肥育農家さんと繁殖農家さんが、ある程度の価格までセリあっています。

 

少し前の、安平がそうだったと思います。

 

ちなみに、去勢では、70万を超える牛もいました。

 

去勢の場合は、安福久よりも百合茂や勝忠平が人気だった気がします。

 

もちろん、血統だけでなく、表現型にもよるのですが・・・

 

ところで、

 

改めて言う必要は無いかもしれませんが、これからは間違いなく、安福久 母牛の時代になります。

 

今、少しずつセリに出ていますが、肥育農家さんの注目度が違います。 

 

もちろん、子牛価格も全然違います。   

 

ちなみに、昨日の豊肥(ほうひ)セリ(大分県)で、

 

”この牛は俺がセリ切るけん!!” と言って、

 

佐賀のMさんが、勝忠平ー安福久ー寿恵福 の 去勢 を 65万でセリ切りましたが、

 

このような光景が、今後よくある気がします・・・ 

 

 

安福久 母牛 恐るべし・・・ 

 

 

明日は玖珠セリ(大分県)に行って来ます。 

 

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2010/04/06 9:47

 

 

大分の繁殖農家さんを三人連れて、鹿児島の肥育農家さんのところへ行って来ました。

 

そこには、3月のセリで70万を超えた牛がいました(中央の牛です)。

 

血統は、金幸ー安福久ー平茂勝(去勢)。 

 

金幸じゃなくて、百合茂だったらもっと高かったのかも・・・ 

 

ところで、

 

”この牛は他の牛と何が違うのですか?” という質問があり、

 

”もちろん、血統も違うんだけど、この毛の密生度が違う” と肥育農家さん言われ・・・

 

なるほど、と思いながら見ていました。

 

↓↓↓ の牛です。 現場で見ると、確かに違います。 

 

その後、牛舎を見て話をしたり1時間ほどがたち、帰り際に、

 

一人の農家さんが ”もし良かったら、あの牛さわってもいいですか?” と尋ねました・・・

 

 

そして・・・

 

 

その牛をさわる佐藤さん。

 

さわって欲しそうに!?近づいてきた別の牛も可愛がる佐藤さん。

 

”さわってもいいですか?” って聞ける佐藤さんって、やるなぁ と思いました。 

 

この一歩って、なかなかムズカシイです。

 

ちょっと恥ずかしかったり、初対面なのにずうずうしいと思ってしまったり・・・

 

この一歩が、今の佐藤さんを作っていると思います。

 

もちろんですが、佐藤さん、管理バッチリで、元気な子牛を育てています。

 

もちろん!?、アースジェネターは使っていません・・・

 

 

エッ 

 

 

といいますか、僕が佐藤さんと出会ったのも、子牛セリの時、突然話しかけられたからでした。

 

出会えたのは、佐藤さんの 一歩 のおかげです。 ありがとうございます。

 

 

投稿者: 堀田忍 投稿日: 2010/04/02 9:31



社長が4月3日で還暦を迎えますv

おめでとうございマす ヽ( ・∀・)ノ


2日早いですが、

昨日の新入社員歓迎会で、

お祝いしてきましたv









赤いベストに、

赤いネクタイに、、

赤い靴下、、、


それなりにFUNKYなFASHIONなのに、

それなりにシックリしてるのはなぜでしょうか??

似合ってるじゃないですかW



あ、

タイトルに深い意味はアリマセン  ( ^ω^)











※追伸

ちなみに4月3日は、

己と、

己の息子のばーすでいでもありますv

はい(´・∀・`)