自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2009年12月>
293012345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789
月別の過去ログ
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: ブログ管理人 投稿日: 2009/12/29 16:38



お客様各位


拝啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素より格別のお引き立てを賜り厚くお礼申しあげます。

さて、当社年末年始休業のため、誠に勝手ながら12月30日(水)~1月6日(水)まで
業務を休ませていただきます。
何かとご不便をおかけ致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・敬具

投稿者: 堀田忍 投稿日: 2009/12/29 16:10



昨日の日記で牧場の景観の話をしましたが、

整理整頓をしておかなきゃいけない理由が他にもありますv



もしかしたら今後もブームが継続するかも・・・・ですv



と、いいますのは、

関東地方を徘徊する己は、

今年1年間で十数組、

赤ちゃんとお母さんが牛舎の周りをウロウロしているのを

見かけましたv


抱っこしていたり、

ベビーカーで来たり、

ズカズカ侵入してくる方もいらっしゃいました^^;



最初はなかなかマニアックな散歩コースやなぁ・・・と、

とくに気にしてなかったのですが、

とある酪農家さんトコで、

そのワケを教えてもらいましたv


なんでも、NHKで特集があったとか・・・

----------------------------
NHKスペシャル
病の起源 第6集 アレルギー 
~2億年目の免疫異変~
http://www.nhk.or.jp/special/onair/081123.html

-------------------------------------------



1年前だそうです。

知らなかった^^;




ということは、

ジュニアが生まれて半年くらいのときに、

肉牛農家さんトコに連れて行って、

飼料庫の稲藁とチモシーの上で、

コロコロさせて遊ばせたのは、




無駄ではなかった!・・・・・・・・・・と。




投稿者: 堀田忍 投稿日: 2009/12/28 11:03


とある農場にて・・・

      ------------------------------------------------
       数年前までは田んぼの真ん中にポツンとあった農場・・・

        今では数枚の田んぼを挟んで、

        周りは新興住宅地・・・
      ------------------------------------------------


よく聞く話ですね。

関東地方を徘徊している己は、

ほんとよく聞きます。


ほとんどの場合、

臭いに対する苦情等で、

農場主さんや、役場の担当者さんも、

頭を抱えています。


いろんな資材を利用したり、

農場内の環境を改善したり、

試行錯誤して、ある程度臭気は抑えれられたとしても、

苦情が無くならないケースにたまに遭遇します。


そりゃ、いくら臭気を抑えたとしても、

ゼロになるわけではございませんので、

畜産にまったく接点がない一般のかたには、

微々たる臭いでも不快に思う人もいるでしょう。


そんなときは、他の対策も考えてみてはいかがでしょうか?


農場内が散らかってはいませんか?

飼料袋が散らばってはいませんか??


人間の視覚ってのは迷惑なもんで、

見えただけでクサイと感じてしまう人もいるようで・・・


毎日キチンと整理整頓できる人なら問題ありませんが、

己のように自堕落的な人は(←)

思い切って隠してしまいましょう!


隠すっていうと、凄く閉鎖的な、、、マイナスなかんじがしますが、

それは刑務所みたいに塀で囲む場合で、

この場合は「緑」で囲っちゃいましょう!・・・

植物を植えましょうってことです。


農場が緑におおわれていると、

見た目のイメージも爽やかですし、

実際、この方法で苦情が無くなったケースも多々あります。


花が綺麗に咲けば、

堆肥の宣伝になるかもしれませんv

郊外の新興住宅地だと、

ほとんどの家庭でガーデニングとか、

家庭菜園とかしていますからね!








たくさん木を買うと、結構なコストになってしまいますが、

かといって苗木で始めてしまうと、時間がかかります。

これはみなさんのお財布と相談して下さいW


ちなみに常緑品種がお勧めです。

冬になると丸見えになるので^^;



以上、

何事も、“見た目重視” の馬鹿野郎からでした!

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2009/12/24 23:46

さて、いよいよ私の血が騒ぐ? 堆肥舎の様子です。

私がお伺いした日、岡村さんは丁度、牛舎敷料交換作業の最中でした!

作業している間に、私は勝手に牛舎や堆肥舎を探索、状況をチェック?してきました!!


まずは牛さん達の様子からです!

            

毛づやピカピカで、いかにも体調は良いぞ~って感じですよね!

モチロン!アースジェ…アッ!怪しい事?は敢えて云いません!!

 

排糞前の牛床の状態です。

           (牛床)

牛床は場所によって若干の違いはありますが泥濘化していず、部分的には粘土状に

なっているものの、牛さんが汚れてヨロイが付く程まで痛んでいません

 

岡村さんがちゃ~んと働いている様子もご覧にいれますねっ!

           


堆積する時には、新鮮糞と発酵している堆肥を混合して堆積しています。


こうして堆積すると発酵の立ち上がりは抜群!

またここでは初期発酵を促進するために、最初の堆積場にはブロアー施設を設置しています。

ブロアーをかけるのは、内部まで発酵が立ち上がるまでの3~4日間。

電気代ももったいないですからね!

あとは自然の力をフル活用!


             

堆積形状は理想的なカマボコ型


             

水蒸気がモクモク…良い発酵状況ですね!!

アースジェネターの特徴である白カビがアチコチに…

 

もう少し近づいてみます。


             

 

中をほじくってみると…ホラッ!

こ~んなになっています!

            

こうなると、ウンチも中から分解されて固まりもバラバラになり易くなります。

切り返しは月1~2回程度…これで十分です!

 

ここは仕上げ前の堆肥山です。

            

 だいぶ固まりが少なくなっていますでしょっ!


            

ホラ、堆積形状もきっちりカマボコ型を守っています。

 

岡村さんはこれから更にマニュアスプレッターで粉砕堆積して堆肥を仕上げます。

出来上がった堆肥は汚物感もなく理想的な土カビ臭。

 

スミマセン! 出来上がった堆肥の写真撮り忘れてました!!

 

この堆肥は地元のお茶生産者の方や有機栽培農家さんに

2トン車1台分を5、000~6、000千円で販売しています。

モチロン、その堆肥の評判は上々で、ほとんどがリピーターです。

耕畜連携地域循環型の畜産経営…やっぱりこれでなくっちゃあねっ!!
 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2009/12/24 7:51

先日、S町のN牧場(酪農業)にお伺いいたしました。
今年の春から準備を進めていました発酵床牛舎の建設中でした。
 
木造でシマシマ採光屋根を採用。
 
中に入らせて頂くともうすでに心地よい空間でした。
 
左側は牛床部分でこれから種堆肥を投入します。
 
そして同じく左側(南側)の側面は巻き上げカーテンにして
 
換気対策と日当たりを調整いたします。
 
日当たりは冬の寒さ対策として低い位置から光が入るようにします。
 
 
準備を進めていたのは後継者である20代のHさん。
 
『牛になるべく負担をかけない為に放牧と発酵床を併用していきたい。』
 
頼もしい限りです!!
 
牛舎完成後に牛さんが入ると雰囲気ががらっと変わり
 
今度は牛床の発酵安定が不可欠となってきます。
 
微力ながらお役に立ち続けたいと思っている今日この頃です。

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2009/12/15 10:24

 

子牛を元気に育てる農家さんがいます。

 

120日齢 160キロ なんていう和牛も たくさん育てています。 

 

その農家さんに行った時のことです。

 

☆今年取れた ふかふかの わらを床に巻いています

 

とても気持ち良さそうです。

 

床があるとお腹も冷えないので、子牛も風邪引きにくいです。

 

もちろん 1ロール お金で買うと3000円くらいします。

 

子牛が風邪を引いて、獣医さんが来ると、実は、4000円くらいかかっています。

 

どちらが良いのかは、皆様が決めることですが、成績の良い農家さんは、間違いなく、床の管理もできています。 

 

”俺のところは、親に喰わせるワラもないのに、ベッドになんかするかわけないだろ!!”

 

という方もいると思いますが、それはその方の経営なので、お任せします。 

 

 

牛達に お金 と 愛情 をかけてあげれば、必ず返ってきますよ。 

 

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2009/12/13 13:16

昨日、帯広に25センチもの積雪がありました。
今冬、帯広では一番のまとまった雪です。
実はこの冬、12月も半ばに差し掛かろうというのに
 
暖冬な上にほとんど雪景色にはお目にかかれない状況でありました。
この雪の影響で道路が凍結して車の運転が怖くなったり、
 
除雪作業が大変だったりするのですが、
 
辺り一面白銀の雪景色を見て
 
なぜかうれしい気持ちになってしまうのです。
 
あと、除雪作業は冬の運動不足解消にもなって一石二鳥なのです!
 
 
ますます年の瀬らしくなってきた今日この頃です。
 
 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2009/12/10 20:53

先日、S農場にお伺いいたしますと削蹄の最中でした。
特殊な削蹄用の枠場(機械)に入った牛さんは身動きがとれず
 
これまた、かわいらしい・・・。
S農場さんでは年3回の削蹄をおこないます。
 
目的は蹄病予防ですが、
 
もし足を悪くすると、
食い込みや繁殖成績、乳量等すぐに影響がでてくるとの事です。
また、削蹄師さんに蹄の状態を見てもらうことで
 
牛の栄養状態や牛舎環境(湿潤具合など)が把握でき
 
的確な対策を講じられるとの事です!
 
蹄ひとつでいろいろな事がわかり、
 
蹄の管理は最も重要な事のひとつだなと
 
改めて思ったひと時でした・・・・。
 
 
皆さん自身や皆さんの牛さんの蹄(爪)の状態はいかがですか!?
 
 
 
 
 
 
 

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2009/12/08 21:04

翌日の岡村牧場現地研修会は、参加者の皆さんの普段の行いが良いせいか雲一つない晴天に恵まれました!


岡村牧場さんはいつも富士山に見守られています。

前回の時は恥ずかしがって?顔を少し隠していたのですが、今回はしっかり出迎えてくれました!

 

放牧地から見える風景です。


            


ネッ!

素敵なロケーションでしょ!

モチロン、毎日拝観料?もいらず…ず~っとタダで好きなだけ見ることが出来ま

す!!

 

            

 

            

この放牧地では母牛さん達が、の~んびりと、そして「私たちこんな素敵な所で過ごせ

て良かったわよねぇ~!」 とでも言ってるのか、幸せそうに草を食んでいました。


放牧地の反対側からもモチロン…

            

富士山が見守ってくれています。

 

そして、この直ぐそばには

                    

肥育牛舎です

 

この肥育牛舎の前には…

            

ヌレ子導入哺育用のハッチ群が並んでいます。

ここは奥さんがボスで、女性ならではの細やかな子育てをしています!

モチロン、事故などはありません!



肥育牛舎の直ぐ横に堆肥舎があります。

            

牛舎から真っ直ぐ運び出せるので、作業効率も抜群です。

牛舎から出てきた糞は、ここできっちり発酵処理をし、良質堆肥として生産されていま

した

 

この堆肥舎の様子は次回にしますねっ!  

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2009/12/07 10:32

今年の2月にこのブログでも紹介させていただきましたが、約10ヶ月振りで富士山麓

朝霧高原でF1、350頭を肥育されている岡村牧場さん

http://www.satousi.com/okamura.html

にお邪魔してきました。


今回はこの旅の序盤、11月14日、15日に里山と牛研究会・畜産システム研究会

共催(http://wwwsoc.nii.ac.jp/chikusys/index.html)による富士山岡村牧場現地研修会に

参加するためにやって来ました!

14日には講演会、シンポジウム、懇親会、翌15日には岡村牧場で現地研修会が

開催されました。

消費者団体や畜産関係者など2日間で総勢約90名が参加されました。


今回はこの時の一部をシリーズでご紹介いたします。


私は前日から岡村牧場さんにホームステイ?させていただきました!

 


ここが私のお世話になった里山館です。

           


里山館を裏から見たところです。

           

 

そして、内部はというと…

           

ネッ!

とっても素敵な空間でしょっ!

ここは牧場の実習生を受け入れるための宿泊施設として、岡村さんが今年8月に

新築したものです。

冷暖房完備、TV、浴室、厨房、そして玄関脇には洗濯機も設置されており全く非の

打ち所がありません!!

 

モチロン、冷蔵庫もあって飲みたい人はビールやツマミなどストック可能です!

実習希望の方は是非…な~んて言っちゃって、岡村さん構いませんよね? 

 


前日雨だったせいもあるかも知れませんが、

翌日の朝はさすがに朝霧高原というだけあって、農場はすっぽり霧に覆われて幻想的

でした。

            

 

            

 

この霧もチョット散歩(徘徊ではありませんよっ!)している間に、みるみる視界が開け

てきて…

            

ご覧の通りです!


岡村牧場さんの標高は650mです。

この高さでもこんな調子ですから、登山される方はもっともっと大変!

直ぐに迷子になっちゃいますから、くれぐれもご用心ですよねっ!


この続きは次回に…