自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2009年11月>
25262728293031
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345
月別の過去ログ
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 植田秋良 投稿日: 2009/11/30 8:08

日に日に寒さが厳しくなってきたのと同時に
 
日が短くなってきました。
 
 
最近の帯広の日の出は6時30分ぐらいで日の入は16時すぎ。
 
あと3週間後ぐらいをピークに日はますます短くなります。
 
いよいよ冬将軍の到来です。
 
 
今年も残すところあと一ヶ月。
 
一年を締めくくる有意義な一ヶ月にしたいものです。
 
 

投稿者: 堀田忍 投稿日: 2009/11/29 23:59


出張中にたまに見る光景です。






あぁ~あ、、、、

もったいねぇえ、、、、

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2009/11/29 19:31

昨日、帯広にて北海道枝肉共励会が開催されました。
 
今回はたまたまI先生と一緒に枝肉を見ることができて
 
いろいろと勉強させていただきました。
 
ロース芯の大きさ、筋間脂肪、肉色、カブリの大きさ、モモ抜けの
良さ、などなど・・・。
 
(枝肉の一例)
 
ちなみにチャンピオンは21世紀-福栄(BMS12、枝重470kg)。
あと北海道を代表する北平安は10頭出場(ほとんど勝母体)し、
A5-2頭、A4-6頭、A3-2頭でした。
それと北乃大福は2頭のみの出場でA5とA4でした。
そのほか安茂勝、福栄の出場が多かったです。
消費低迷等でまだまだ枝肉価格は低いですが、
 
今後とも農家さんのために少しでもお役にたてれば・・・と、思ったひと時でした。

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2009/11/27 0:15

 

受精卵の勉強会(川上塾と名づけています)を熊本の菊池で開催しました。今回が二回目でした。

 

熊本の方だけでなく、福岡や鹿児島から獣医さんや農家さんも参加しました。

 

講師は鹿児島の指宿で開業している川上和也先生です。

 

今期待されている某有名種牛も川上先生が採卵した牛です。

 

☆勉強会風景

           

          ** 一番左の方が川上先生です        

 

勉強会が終わり、  

 

☆懇親会時、スピーチをする川上塾 塾長!? 東英俊さん

          

 

そして・・・

 

二次会にて・・・

 

☆歌う塾長

 

そして

 

☆飲む塾長

 

ということで、大変楽しい時間を過ごしました。 

 

この日の盛り上がりは、これらの写真に集約されている気がします。

 

いやいやそんなことないかも・・・ 

 

とにかく有意義な勉強会でした。

 

今回は、受精卵の話ばかりではなく、肉牛業界の情勢、今後どうやっていくべきか、という話も聞けました。

 

☆勉強会 スライドの一枚

 

確かに厳しい情勢なのですが、儲かっている方もたくさんいます。

 

先ずは、

 

・牛達を健康に育てること

 

・肥育農家さんであれば、導入した牛を無事出荷させること

 

・繁殖農家さんであれば、一年一産させ、事故をなくすこと

 

現状を嘆くより、やるべきことはたくさんあります。

 

人間には2種類しかいないと言われています。

 

 

やる人  と  やらない人。

 

 

今こそ、是非 何か行動して下さい。 

 

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2009/11/26 11:57

スミマセン! m●m

私、名前を間違えまてしまいましたっ!

訂正いたします!

           

この写真、向かって左側から西村さん、田中さん、長瀬さん、そして 中村さん」

です!

中村さん、本当に申し訳ございませんでした!!

次回は是非農場にお伺いさせてくださいね。

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2009/11/24 2:00

大分県の繁殖農家さんのところへ行って来ました。

 

限られた環境の中で、きちんと牛を管理している農家さんです。

 

翌日の子牛セリでも高い値段で売っていました。

 

嬉しかったです。 

 

ところで、その農家さんに、

 

”この前、トラックのナンバーを変えたんですよ。 分かります?”  と言われたのですが

          

 

16-59

 

イロ コク? 

 

色 濃く?

 

まさか

 

射ろ 悟空!? 

 

などと いろいろ考えていたのですが・・・

 

”165の9 ですよ”  

 

と言われ・・・

 

注)安福165の9 という名前の有名な種牛がいるのです。
  和牛関係者以外はおそらく分からないと思います。

 

佐藤さん 安福165の9 好きなのですね。  

 

おちゃめな佐藤さんでした。 

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2009/11/23 9:42

昨日からサーバーの調子が悪かったせいか?、2度も投稿拒否されちゃいました!

再度挑戦です!

 

一昨日は与論島で「与論献奉」の洗礼を受けてきました!

ホテルに戻り着いたのは23:00頃だったと思うのですが、かなりヘロヘロ状態でした!

ホントに、アレは効きますねぇ~!!


さて、前回の続きに突入します。


博物館の前にはもう一つ見張り番が居りました。

             

チョッピリひょうきん顔のカワイイ牛さんです。

 

顔の下に取手が付いているので、何でだろうと後ろに廻って見ると…。

             

 

あ~っ、望遠鏡だったんだぁ~!

でも、覗いてみるとどうも見え方が変…。

どうして?…と、その下に書いてある説明文を読んでみました。

             

な、な~るほど!

そう言う事だったんだ~っ!

読んでなっとく…。

(アレッ?この文句、どっかで聞いたことあるぞ~!松本先生の本にありましたっけ?)

 

これを創った人はアイディアマン?

さすがに但馬牛の本場

牛さんを飼う時には“牛さん目線”でってことですよねっ!

 

 

さて、この日のメインイベント会場、隣接しているバーベキューハウスです。

             

 この日はシーズンオフで夜遅かったこともあり、貸し切り状態でした。

他のお客さんが居なくてチョット寂しかったのですが、バーベキューパーティーは

牛さんの話で大いに盛り上がりました!

 


主役のお肉はこれです!

             

             

 このお肉は長瀬さんが丹精込めて創られたお肉です。

部位は肩ロースとモモ肉です。

今、思い出しただけでも生唾ゴックンです。

小ザシで脂質の口溶け良し、風味良し、後味も良く、たくさん食べても全く嫌みが有りません。

私もベルトがきつくなる程しっかり食い込んじゃいました!


因みに長瀬さんのお肉は近々(今年中?)には道の駅「村岡ファームガーデン」で精肉販売出来るように

手続き中との事です。


気になるお値段ですが、五一さん曰く…今日の程度のお肉だったら、部位によっても多少異なるが

1,000~1,500円/100gくらいでは?との事でした!

近くにお住まいの方は是非探してみて下さいねっ!

 


この日わざわざ集まってくれた皆さんです。

            

向かって左から、西村さん、田中一馬さん、長瀬五一さん、そして小林さんです。

長瀬さんこの日は体調が悪かったのですが、病院で注射を打ってから駆けつけてくれました!

もう全快しましたでしょうか?

 

田中さんもお仕事が忙しかったのですが、終えてから遅くに駆けつけてくれました!

 

皆さんお忙しい中、本当に有り難うございました。

来年もまたお邪魔いたしますね~っ!!

 美味しいお肉も楽しみにしています!!

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2009/11/21 17:23

久振りに但馬牛の本場、兵庫県美方郡で一貫経営されている長瀬牧場さんと、

田中牧場の牛飼い日記(http://beefcattle.exblog.jp/)でおなじみの田中牧場さんにお邪魔してきました。

長瀬牧場さんは、弊社がアースジェネターを製造販売開始した時(平成3年)からのユーザーさんで、長期ユーザーさんベスト3に入っています。

まず、オーナーの長瀬光吉さんからです。

但馬牛の世界では知らない方はいないくらい?著名な方です!

            

ホラッ! 左下にチャ~ンとアースジェネターの箱が鎮座していますでしょう!

今は、後の写真に出てきますが、後継者である息子さんの五一さん(イツカズさんと言います)と一緒に現役でバリバリ仕事をされています。

 

次は田中さんです。

            

田中さんご夫妻と今年2月に誕生した可愛い娘の咲チャンです!

こんな小さな内から牛舎でお手伝い(ご夫婦の癒しのお仕事)です!

お二人は今、とっても幸せな牛飼いをしています!

 

そして私の今夜の宿は五一さんが兵庫県立「但馬牧場公園内」にある「まきばの宿」に部屋を確保してくれました。

           

手前側がレストランで私が泊まった宿はその左奧です。

 

この但馬牧場公園は新温泉町にある湯村温泉からさらに10km位山奥に上った所に急に拓けて、冬場はスキー場、そして但馬博物館や色々な動物も飼っていて、動物ふれあい広場やテニスコート、そして後から登場するバーベキューハウスなど、様々な施設があります。

           

翌朝写したスキー場景観です。

 

             

 

 

                    

但馬牛博物館前で見張り番をしていた但馬牛親子です。

残念ながら、前日は夜遅く、翌朝早く開館前で中は見ることが出来ませんでした!

 

あっ!スミマセン!

これから飲み方があるので、この続きは次回にします!

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2009/11/12 7:51

佐賀県の農家さんのところへ行って来ました。

                   

 

ここは、奥さんと娘さんが牛達を管理していて、社長は牛の買い付けをしています。

 

ちなみに、奥様も娘さんもバリ美人なのです・・・ 

 

その奥様に初めて出会ったのは、今から約6年ほど前。

 

牛達が病気(コクシジウム)で困っていたため、アースジェネターの給与を始めました。

 

牛達の病気も良くなり(当り前なのですが、治療との併用です)

 

”これだけは絶対やめない” と言っていたのですが・・・

 

三年前、突然連絡があり、

 

”新しい彼氏ができたからもう来ないで” みたいな感じで
(これはあくまでも僕の妄想!?です)

 

アースジェネターの給与をストップしました。

 

この奥様に恋!?をしていた僕は、かなりショックだったので、そのことを忘れるため、がむしゃらに働き、時を過ごしていました。

 

先日、三年ぶりに、その奥様から電話があり、

 

”良かったら、もう一度やりなおさない??”、と言われました。
(アースジェネターをもう一度使いたい、という意味です)

 

理由は、以前のように、コクシジウムが多発した、ということ。

 

今は、牛達も元気になり、落ち着いている、ということです。 

 

今度は、僕を捨てないで下さいね・・・ 
(今度こそ、継続給与して下さいね)

 

☆☆かなり分かりにくい妄想!?文章で申し訳ありませんでした。 

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2009/11/10 9:49

前回の植田ブログに続き、堆肥製造に力を入れている三重県亀山市にある豊田畜産さんをご紹介いたします。

豊田畜産さんは以前、豊田春樹さんがシェパードホームページのゲストコラムで登場していますので概要は省略いたします。
http://www.shepherd-clc.com/column5/story_23.html

今回は堆肥場を中心に皆さんにご紹介いたします。

まずは写真から…

            

これは堆肥搬送車です。

亀山の農場から排出された敷料を、鈴鹿にある堆肥場に搬送している後を追跡いたしました。

よく見ると、車両ナンバーはやっぱり ”11-29”

これだけで豊田さんの牛さんにかける思いが伝わりますよねっ!

 

さて、いよいよ待望の?堆肥舎です。

お邪魔した時は丁度堆肥切り返し作業中でした!

             

これはトラックに取り付けた特別仕様マニュアスプレッターです。

通常の物とは違って、トラクターで牽引しなくても良く、作業性は抜群!

“必要は発明の母”というように、ナイスアイディアですねっ!

 

               

真後ろからみた姿です。

横に取り付けた板は、周りに飛び散らないようにガイドの役割をしています。

 

では、いよいよ作業開始です。

             

堆積してあった堆肥をショベルローダーで積み込み開始。

湯気で周りが見えなくなるほど、発酵が順調に進んでいます。

 

               

反対側からの様子です。

スプレッターを動かしながら堆肥を連続投入しています。

 

             

散布状況です。

こうすることによって、切り返しをしながら固まりを粉砕していきます。

チョット手間はかかりますが、一石二鳥 です。

何でもそうですが、本当に良い物を創ろうとするとやっぱり多少の手間は惜しんでいてはいけませんねっ!   

面倒くさがりではダメですよっ! 

 

             

こうして粉砕した堆肥は更にこのようにカマボコ型に堆積して、熟成させます。

発酵物は熟成期間をしっかり取ることが大切です!

品質が高くなりコク?が出てきて良い香りが出てきますよ! 

 

 

              

内部の方も同じ様な色で、品質の均一性が良く現れています。

さすが、手間をかけているだけのことはあります。

 

豊田さんの所ではこれを袋詰めにして、一般の人やホームセンターなどにも販売しています。

モチロン、評判は良く常連さんも多々居るようです!

 

また、一部は戻し堆肥として自農場で再利用しています。

 

皆さんも牛のお世話になっている以上、ウンチャンはつきものです。

是非、牛さんや環境や畑の土のためにも、
良い堆肥創りにチャレンジして下さいネッ!

 

春樹さん、お忙しい所時間をとっていただき有り難うございました!

 良い堆肥創り、これからも頑張って続けて下さいねっ!!