自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2009年4月>
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293012
3456789
月別の過去ログ
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 植田秋良 投稿日: 2009/04/29 20:37

さて皆さん、
 
今回は根室地区のとある酪農現場の素敵な取り組みをご紹介いたします。
 
まず簡単な牛乳の流通を下記に示します。
 
    搾 乳
 
 ↓
 
    バルククーラー ・・・・簡易検査!
 
 ↓ 検査①
 
    タンクローリー
 
 ↓ 検査②
 
    乳業メーカー工場 (検査③)
 
 ↓
 
    スーパーなどの小売店
 
 
 
着目したいのは検査(異物、抗生物質、雑菌混入の有無調査)に関する事です。
 
通常はJAなどの組織が行っていることがほとんどです。
 
が、検査①、②の場合、結果判明に時間を要するため、
 
もし万が一のことがあれば大量の牛乳を廃棄しなければなりません!
 
その時は当然、保険対応になりますが、
 
『そのリスクをもっと下げて更に信頼される牛乳を消費者に届けよう!』
 
との思いから、農場で自主的に簡易検査を実施されているところがあります。
 
 
 
 
このことはすべての農産物に当てはまり、
 
その取り組みをどんどん公開して消費者に理解していただくことで、
 
生産者と消費者との信頼関係が得られ、
 
良い方向へと向かっていくのでは?
 
そう思ったひと時でした。
 
 

投稿者: 堀田忍 投稿日: 2009/04/29 12:24

パクリます。

植田秋良の日記「カラス対策」を、

パクリます ^^;

書き込み見た翌日にこの現場に行ったもんで・・・

 

お勧めの鳥対策・・・ってわけではありません。

手軽に低価格で済ませるには、

こういう方法もあるってことで、

よろしくお願いします。

 

 

え~っと、低コスト防鳥ネットとでも言いましょうか・・・

わかります?

実は、こちら、魚網です。

漁師さんが使う網です。

 

 

網の目の大きさはこんなもんです。

いろんな大きさがあるみたいですが、

このあたりが無難なとこでしょうか?

 

 

上はこんな感じで縛って、

下は、牛さんが届かないあたりで、

ブロックかなんかで抑えとけばいいと思います。

 

価格は・・・この網の場合、

100m×100mで8,000円くらいだそうです。

川魚用の魚網だそうです。

 

カラスや野バトの侵入は防げますが、たまに鳥が絡まります(汗

猫もガンガン絡まります(汗

気合いの入った小型の鳥は貫通します^^

 

あんまり意味ないじゃん・・・と思われるかもしれません・・・

・・・駄菓子菓子、この農場で一番大きなメリットは、

「人が侵入してこない」

ってことだそうです。

 

農場が、川沿いの散歩道に面しているため、

犬や子供を連れた方が、

よく牛舎の横を通るのです。

外から見ている分にはイイのですが、

たまぁ~に、中に入ってくる人がいたようで・・・(汗

 

危ないですからね^^

誰もいない時に入られたら・・・

 

魚網を張ってからは入る人はいません。

っていうか物理的に入れませんotz

 

と、いうわけで、

「防人ネット」 

あるとおもいます!

 

 

 

 

投稿者: 堀田忍 投稿日: 2009/04/28 15:21


おひさしぶりです。

プラウザをGoogle Chromeに変えたら
ブログ更新ができなくなり、
さよならしたIEを再度インストールして、
トホホな感じの堀田です。


4月に入ってから、
暑かったり、
寒かったり、

暴風雨だったり、
ピーカンだったり、

帯広では雪が積もったり・・・


・・・気候の変化が激しいですが、
皆さんも牛さんも、
風邪なんか引かないように^^


GWは天気いいんですかね?
雨男の堀田が北海道に帰るので、
帯広の皆さん、
「ご愁傷様です」

一昨日、民宿に泊まったら、
そこのばあちゃんが弁当を持たせてくれました。

中身はなにかなぁ~

・・・と、包みを開けると葉っぱのイイ匂い^^

柿の葉寿司だ!!


うまそう・・・

めっさデカいし ( ゚Д゚)


ばあちゃんありがとう (n‘∀‘)

美味しかった♪

・・・・・・けど、3個はキツイよ(汗

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2009/04/27 18:42

皆さん、こんにちは。
 
昨日、大荒れだった北海道ですが
 
皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
 
 
さて、今回のテーマはカラス対策です。
 
釧路のとある牧場(Tさん)で
 
徹底的に対策をしている様子をご紹介したいと思います!
 
≪その1≫
子牛の濃厚飼料を根こそぎ横取りされたので小屋ごとネットをかけました。
 
すごい。
 
≪その2≫
パドックの水槽に大量の糞をするのでチェーンをぶら下げました。
 
牛さんは水が飲めますが、カラスは入っていかないとの事です。
 
す、すごい。
 
≪その3≫
基本的に農場内の小屋、パドックの水飲み場は上記のようにされている。
 
対策費用は100万円以上との事。
Tさん曰く、自称『カラス対策コンサルタント』。
 
全国どこでも出張いたします(笑)。
 
 
たかがカラス、されどカラス。
牛さんへの損失は計り知れませんよね!
 
特にカラスでお困りの所では価値のある対策だと思いました!
 
 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2009/04/21 19:24

先日、 山崎牛 焼肉大会を開催しました。

お肉は、宮崎県 野尻町 山崎浩二さんの肥育したメス牛をいただきました。
(ちなみに、山崎さんは肥育牛 1500頭 飼育しています)

お肉ってスゴイ!! みんなを幸せにします!!!

焼肉大会といいましても、焼肉だけでなく、すき焼き、しゃぶしゃぶ もありました。

☆奥様の素早い箸さばき!!  お料理も 美味しすぎる・・・

          ☆車で2時間半!?かけて 延岡から参加の福永さん と 横山さん

         

終盤は、皆様 リラックスし過ぎ!?でしたが、楽しい時間を過ごしました。

今回は、山崎さん御夫婦 木城の分林さん 延岡の福永さん、横山さん
日本全薬の中島さん、ラボジェネター佐藤、岩本 8人での開催でした。

大人数で食べるお肉って最高!!!

山崎さん ごちそうさまでした!!!!!

 

 

早くも、第二回!?が楽しみです・・・

 

☆山崎さんの牛達です。 彼女達も多くの方々を幸せにすると思います。


投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2009/04/21 8:25

一月の訪問以来、再度沖縄県の伊江島に上陸しました!

モチロン!

アースジェネターのPR活動ですよ~っ!!

今回は帰りのフェリー乗り場に向かう途中、交差点で誘導していた交通整理人の旗に従って行ったらナ~ント!お祭り会場の駐車場へ…。(ヤラレタ…

 

何でかと思ってキョロキョロしてみたら、運良く“伊江島ゆり祭り”に遭遇。

百万本のゆり畑を眺めてきました!

ラッキィーッ

 

まずは沖縄本島の北西に浮かぶ伊江島の位置から紹介いたしますね。

             

  はい!左上の赤い矢印の所です。本部(モトブ)港からフェリーで30分の所です。

 

で、ゆり祭りのポスターは…これ

            

 

そして、会場は…

            

 ほらっ! すんごいでしょっ!

 

 もう一枚…

            

                    こんな所まで…

 

ズームアップで…二連発いきます!

            

 

                  

 

            ネッ!綺麗でしょっ!

            ゆりの香りが漂ってきましたか?

 

飲み方続きの私の身体も、とっても癒されました!

 

今度は何処で良いことあるかなぁ~??

楽しみぃ~!!

今日もまた頑張ろう~っと!!           

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2009/04/18 11:39

みなさん、こんにちは。
 
今回ご紹介するのは使わなくなった飼料タンクの再利用です。
 
濃厚飼料を積んだ一輪車を野外に保管しておくのに
 
切り取った飼料タンクを逆さまにしてかぶせています。
 
雨、風、雪をしのいだり、鳥の侵入も防ぎます。
 
あと、もう一つの利点は何処にでも移動ができることなんです!
 
ちょっとした発想、工夫でリサイクルすることにより、
 
経費削減ができることはもちろん、
 
楽しみながら仕事をする大切さを感じたひと時でした。

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2009/04/14 23:04

豊肥市場(大分県)子牛セリに行って来ました。

二日間の平均価格は 去勢36.6万円 メス28.1万円(セリ値)でした。

ちなみに、某Aさんの去勢3頭は51万 53万 55万(セリ値)でした。

もちろん、牛も血統も良かったのですが、
ある肥育農家さん達は、明らかに!! Aさんの子牛を欲しがっていました。

その方達は、たびたび Aさんの子牛を買っていく、ということでした。

肥育農家さんが一人競ってくれるだけで、おそらく子牛一頭2~3万円は違ってくると思います。

もちろん、もっと上がることもあると思います。

シェパード家畜診療所の桐野先生の言葉なのですが、リピート買いしたくなる子牛を育てましょう!!!

その場限りで高く売るのではなく、肥育農家さんに喜ばれる飼養管理をして下さい。


ごまかし!?禁止です・・・


余談ですが・・・

今日 熊本の肥育農家さん Sさんに会いました。

Sさんは、去年一年間で、同じ農家さんから40頭以上買っているということでした・・・

肥育農家さんは、繁殖農家さんが思っている以上に、農家さんの名前を見て子牛を買っています。

☆Sさん 気合い!?の850キロ 勝忠平 と 忠富士 です。 事故なく、無事出荷できますように・・・


投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2009/04/10 20:53

先日、鹿児島の永野牧場へ行って来ました。

繁殖母牛 50頭 搾乳牛 20頭 飼育しています。

 

そこには、怪しげな車が・・・


この日は採卵の日でした。


採卵する先生は、(有)チームトドロキA.R.R 轟木淳一先生です。 昨年、開業されました。

この車の中に、色々なハイテク機器!?が搭載されています・・・

といいますか
先生の顔の分かる写真を撮っていませんでした。 先生 申し訳ありません。

 

☆採卵中の轟木先生と永野さん(写真 左側)

永野さんは昼 も 夜!?も バリバリ元気が良いです。

二人のやりとりはコントのようでした。

 

☆検卵中の轟木先生

写真では分かりませんが、検卵中もユーモアたっぷりです。

車の中に作業機器があるので、すぐ作業に取りかかることができます。

この日採れた受精卵が、活躍しますように・・・

 

九州では、受精卵移植が盛んな地域 と そうでない地域があります。

その理由の一つは、採卵 と 移植をきっちりやってくれる先生がいるかどうか です。

“採卵をやりたいんだけど、先生がいない” という話をよく聞くのです。

轟木先生のような プロフェッショナルな先生が増えてくれると嬉しいなぁ、と思う 今日この頃です。

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2009/04/08 8:23

牛さんの話題の次には牛肉の話題に…と行きたいのですが、

今回は地元なのに久々にお邪魔したので、

全国的にも知るヒトは知る(当たり前か…)

帯広の老舗、“ぱんちょう” の豚丼をご紹介いたします。

 

私は学生時代から出入りさせていただいていますので、

かれこれ40年弱のお付き合いになります。

 

当時はお店も結構ヒマで、お客さんのいない時は

コーヒーなどをご馳走になったりしていたのですが、

数十年前からは昼食時など外まで行列の出来るお店になっております。

 

豚丼といっても、イメージの湧かないヒトがいると思いますので、

例によって写真でお見せいたします。

 

まずはお店のメニューから…

           

で、これで全部です。

因みに私は今回“梅”とナメコ椀を注文してみました。

何故かと云えば、このお店の先代の奥さん(明治44年生まれ?)が

“ウメさん”といって、昔っから私が随分お世話になってたんです。

とても残念ですが、一昨年大往生されました。

尚、お値段の違いは”お肉の量”の違いです。

 

で…、来たのはこれです。

           

 

蓋をとってみると…

ジャジャ~ン!!

           

 

さらにズームアップ…

           

炭焼きされたお肉が溢れんばかり…。

ホラッ、ねっ!
ホンワカ良い匂いが立ち上ってきますでしょう?

蓋を取った瞬間から、炭のかおりの中に秘伝のタレの香ばしい香がブレンドされて、

空きっ腹にこたえます!!

 

モチロン私は…

            

        完食です!   大満足!!  ご馳走様でしたっ!!

 

            

先代の娘さんである幸子社長さんがお店を切り盛りしています!

貧乏学生の頃からホントにお世話になりましたっ!m●m

 

因みにお店はJR帯広駅北口の真正面に、こじんまりと有ります。

皆さんも帯広にお越しの際には是非立ち寄って、

豚丼の発祥地“ぱんちょう”の“元祖の味”を堪能してみて下さいねっ!          

ホント! ウマイっすよぉ~っ!!